挨拶

コンテンツへようこそ♪♪

挨拶

のページ


TOP >

挨拶




     話のお話?サイトへようこそ♪
    このコンテンツでは毎日何気なく行っている挨拶
    ついて、いろいろと考えています。挨拶の持つ意味や
    その力は、コミュニケーションを行う上で非常に重要な
    もので、積極的に行えば行うほど他人とのつながりが
    増えてきます。是非、挨さつの意味やその力を理解し
    お役立て下さい。








スポンサードリンク



話すとは?
上手なお話?
お話で性格が分かる?
お話の天敵「アガル」?
お話のテクニック!!
お話のマナー!!
正しい話し方とは?
お話の基本「挨拶編」
お話の基本「聞き上手編」
お話の基本「ほめ上手編」


管理人プロフィール






スポンサードリンク


  

あなたは一日に何回挨さつをしますか?少なくても3〜4回は行っているはずです。

「おはよう」「こんにちは」「お休みなさい」と最低でも3回は言っていると思います。



挨さつというのは、特に意識せずに毎日自然と口から出るものですから

特別に考える機会が無いと思います。挨さつは相手とのコミュニケーションを取る上で

欠かすことのできない話し始めの「きっかけ」を作ってくれるものなのです。


例えば友達や家族や同僚などの身近な知り合いと突然出会えば、「元気・久しぶり・オッス・

おはよう・お休み」などの軽い挨さつをしますよね。


また親戚などのたまにしか合わない人の場合も、「こんにちは・こんばんは・

いつもお世話になっております・いつもたくさん頂いてありがとう御座います・お元気ですか」などの

敬語交じりの軽い挨さつをしまうよね。もちろん毎日会う先生や上司に対しても、

「おはよう御座います・お疲れ様でした・お先に失礼を致します」などの

敬意を持った言葉で挨さつを行っていると思います。



このように挨さつというのは話し始めの「きっかけ」となる、とても重要な言葉ですから、

無意識に行ってもよいのですが、できれば毎日意識して行うことで

どんな相手に対しても印象や雰囲気を良くすることができます。



もちろん無意識でも、しないよりは遥かに良いので無理に「意識しろ」と

言うことではありませんし、良かれ悪かれ挨さつをすることで相手に対しての

「礼儀」を果たすことができると思うからです。意識して挨さつをした方が

良いという「意識」とは?挨さつする際の行動、例えばお辞儀をしたり・

握手をしたり・まんべんの笑顔を作ったり・天使?のような微笑を

作ったりすることなのです。このようなオプション?をプラスした挨さつをされたら

あなたは気持ちの良い印象を受けませんか?私なら嬉しくなります。




それが一日の始に「笑顔・微笑」いっぱいで挨さつされたとしたら、私自身が明るい一日を

おくることができると思いますし、相手も良い印象を与えたことで楽しい一日を過ごすことが

できると思います。元々「笑顔・微笑」は相手の心を開く方法であり距離感を縮小する効果があるし

お辞儀や握手をされると尚一層の親近感を与えることができます。


初対面の方であればなお更良い効果を与えられます。但し初対面の方の場合「握手」は相手の

反応を見てから最後に行った方が良いと思います。人によっては気嫌いされておられる方も

いますし、あまりにも近すぎる態度はかえって良くない場合もありますので注意が必要です。



従って、挨さつは人とのコミュニケーションを行うための「きっかけ」を作るものであり、

その表現方法によっては相手の気持ちを豊かにすることもできる重要な言葉なのです。

現代社会に生きる上でコミュニケーションは欠かすことのできない自己情報を伝達する一つの

方法なので、その「きっかけ」となる挨さつは人間関係においても非常に重要な言葉となります。



挨さつがしっかりできている人は心温まる人間関係が構築されていると思うので、

突然急な出来事があっても周りの人の助けを得ることができ、また相手も困ったことがあったら

素直にこちらの手助けを受け入れてくれると思うので、そのような社会的な「絆」を得ることのできる

方法だと思います。そのためにも日頃から近所の人に合ったら笑顔で挨さつをしたり

宅配便・郵便配達の人にも「お疲れ様」「ご苦労さん」「ありがとう」などの労いの言葉を

簡単でいいから挨さつしておくと「いざ」っと言う時に助けて貰えますよ。

決して無視だけはしてはいけません!!



また、実は「口下手」の方にとって挨さつが「話下手」を改善する特効薬になる場合があるのです。

「口下手」や「話下手」の人に限って話すネタが無いとか、突然では言葉が頭に浮かばないなどと

言われますが会話をする前にやることがあると思います。それはまず相手に対してご自身の存在を

アピールすることから始まるのです。ご自身の存在を相手に伝えておけばいつの日かちょっとした

きっかけでネタが見つかりスラスラと話すことができるようになる場合もあるからです。


一度話す「コツ」が見つかれば他の人とも同じように、

それなりのお話ができるようになると思います。そのためにも

初めの緊張や恐怖感に負けずに思い切って「挨さつをする」ことが

非常に大切なのです。どんなにご自身の容姿やスタイルが悪くても

心のこもった挨さつと動作ををすれば、相手にしっかりと伝わるものです。




ですから相手に無視されることを恐れずに日頃から廊下や道路で出会ったら思い切って

挨さつをすることで、いつの日かスラスラと話せる「きっかけ」が見つかるはずです。

挨さつ程度でしたら「口下手」や「話下手」な人でも簡単にできるはずです。なぜなら「話す」

必要がないからで、このことが「口下手」の方の改善方法につながる場合があるのです。



最後に、挨さつすることでご自身の感情をコントロールすることもできると思います。

人間は残念ながら心を持ち合せているため「感情的」な動物です。機嫌が悪ければ自然に

無愛想になるし、嬉しいときは顔が緩むし、悲しい時は切ない表情になるし、

楽しい時は笑顔になるし、といった喜怒哀楽の情を表面に出してしまいます。

喜びや楽しみを抱いた場合は良い感情を表に出すこで他人も幸せにできます。

逆に怒りや悲しみが起こった場合は悪い感情を表すことで他人も不幸にしてしまいます。


感情と言うのはご自身の問題なので自分の中で解決できれば良いのですが、

一度心が崩れるとドンドン堕落の底?に落ちて行き、「歯止め」が利かなくなります。


ところが、この「歯止め」を挨さつによって作り上げることができるのです。

「歯止め」が利かない原因はご自身の中だけで解決しようとして外からの手助けを

得ることがないので止める道具が見つからないためだと思います。


例えば不機嫌なのに無理して笑顔を作って挨さつをしたとします。

当然ながら心の底からの感情がこもった笑顔では無いので相手もそれ程万遍の笑顔で

対応してくれません。しかし相手は無表情ではないはずです。


しばらく作り笑顔でお話しをする中で徐々に本来の笑顔が顔に現れてくるはずです。

なぜなら相手も笑顔で対応されるうちに知らぬ間に笑顔が増えてくるためです。

ご自身に笑顔が戻れば気持ちも高ぶってきて不機嫌が解決できるはずですし、

もし相手も不機嫌だった場合に笑顔によって解決されると思うので、一つの挨さつから始まって

二人も幸せにすることができるのです。



従って、この「歯止めの道具」とは自分では作り上げることのできない同じ人間だけが持っている

「他人の心」つまり無償の感情のことだと思います。ですから、感情が落ち込んでいる時こを

無理して笑顔を作ってたくさんの人達と挨さつをすることで自分では解決することが難しい

「心の病」を他人の心を借りて解決する、つまり挨さつによってご自身の心や

感情をコントロールすることができると思います。


「挨さつ」の持つ力は、何気なく毎日習慣的に使っている私たちにとっては

知り得ることがありませんが、改めて考えてみると奥深いものだということが分かりますね。







スポンサードリンク


copyright 話のお話 all rights reserved