★★★★★★

人間が、”他人”とコミュニケーションを取る上で!様々な”情報伝達方法”がありますが、その”方法(やり方)”によって「話の内容」も変わってきます。

たとえば、何かを伝える講師が”教壇”に座ったままで話を続けた場合!その話は、聞き手の”頭の中”には残り難いモノです。

学校の”授業”でも、同じことですが!周りの”見た目の情報”を得ずに「耳だけで聞くお話」とは、聞き手の「心にまで届く内容では無い」ため、必要な情報だけを”脳”に伝え「自身の中で処理した上で記憶に残す働き」を、取るのが一般的です。

つまり、先生や講師が伝える”話の内容”は!ほとんど記憶に残さずに「自らが必要と判断した内容」だけを必要とする「その場限りの適当な内容の話」となる訳です。

同じように、何かを伝える講師や先生が”教壇”から立って話をしたとしても、”無表情”で!何の特徴も無い”静かな声”であれば、その話には「興味を持つことが無い」ために!同じように「その場限りの適当な話」と受けめるのです。

逆に、何かを伝える講師や先生が”教壇”から離れて!歩きながら「手振り身振りを加えたお話」を続けた場合、”耳”以外にも「目からの情報」が加わることで、聞き手が「興味を示し始める」ことから、”心の窓口”が「開き易くなる」のです。

一度!開いた”内心”に「印象が残る情報」を伝えることは、その人の”心”に大きな「刺激を与える」ことにつながり!”耳”から聞いて「自身の中で処理した記憶」とは別で【さらに!】脳内の「イメージを司る記憶」に残ることから!「比較的長く残したい内容の話」として、受け止められるのです。

【さらに!】”手振り身振り”の行動に加えて、”喜怒哀楽”を現した「表情」や!あるいは、”感情”を露わにした「発声」などが加わると【より一層!】”心”に「大きなインパクト」を与えることから!”脳内”への記憶の他に「心の中の記憶」としても、残されることから!「永遠に記憶に留めたい内容の話」となる訳です。

よく、大好きな”役者”の演劇鑑賞した時に!自身の”思い”とは無関係で、しばらくの間!その”演技”が「記憶に残っている」のは、興味を示した(心を開いた)状態で「心に響く大きな刺激」が加わると、自然に「心の記憶として留める働き」と、同じなのです。

なので、様々な”情報伝達方法”で「伝わる内容」が変わってきますが!いずれにしても、”人間”が他人に対して伝えたい「思い・考え・言葉…など」で扱う”お話(会話)”とは、一つの「コミュニケーションツール」であり!日常生活を営む上では「欠かすことのできない大切なツール」と言えます。

また、様々な”伝達方法”があるが故に!その中には、伝える側の「話のテクニック」も潜んでおり、たとえ!自身の「思い・考え・言葉…など」を伝えることに成功したとしても、その”感情”である「大きさ・量・度合い…など」を、”正確”に相手の心に届けるのは!難しいモノです。

なぜなら、人間は「心で生きている動物」だからです。



スポンサードリンク



“聞き手”に対して「伝えたい情報」を送ったとしても、その”内心”では!どのように「受け止めたか・理解したか・感じたか…など」は、話した側にとっては、到底!理解出来ないモノです。

つまり、発する「言葉で出来ること」には限りがあり!”目”にすることのできる「形や現実…」程度しか、正確に伝えることが出来ないのです。

文頭で”例”に挙げた、講師や先生が教壇で座ったまま話を続けた場合!その”言葉”は、耳にすることが出来るので「情報(伝えたい情報)伝達には成功」をしております。

また、”言葉”だけでは無く!その姿を見ると「口の動作も確認できる」ので、”話し手”が「伝えたいメッセージがある」ことだけは、理解できるモノの!実際に、その”お話”を聞いていると!眠く成る!直ぐに飽きる・・・などの「興味が沸かない(刺激の無い)つまらない話」となるのです。

なので、”学問”に興味を示さない「勉強嫌いの子供たち」を見れば!一目瞭然であり、授業中に「寝ている学生」が多いです。

それでも、講師や先生の話を聞かなければ「勉強にならない」ことを理解している以上!これも文頭に挙げましたが、聞き取った「必要な情報」だけを自身の中で処理した上で「脳に取り込む方法」を、行っているはずです。

また、目に前には!その”指標”となる「教材(教科書)」があるのですから!自分自身で、その文書を解読して「自らが描くイメージで内容を記憶する」方が、断然!”頭”に残り易いのです。

学校の先生に限って見れば、本来!この「独自のイメージ」を持たせる(沸かせる)役目を補うのが「教師の勤めである」と言えるのですが、教壇で座ったままの「教材(教科書)通りの棒読み」では、当然!”興味”が沸かない「つならないお話」となり得るために、聞く側は「イメージを浮かべる」ことなど出来ないのです。

【しかも!】初めて学ぶ”教材(教科書)”には、誰もが”興味”を示す傾向にあることから!”脳”の記憶装置も「活性化された状態」が続き!”最新情報”を「頭に取り込み易い環境が整っている」にも関わらず!伝える側が「教壇に座ったままのつまらないお話」となれば、せっかくの「良い環境を台無しにするケース」が、結構!あるのです。

つまり、”気づかない”ままに!先生が「先生の役割を果たしていないケース」が、近年になって増えているのです。





そこで、”脳内”に「イメージを描き易い環境」を作るためには、その前の段階で!”心の中”に大きなインパクトを与えるのような「強いメッセージ」が必要であり!聞き手が「興味を抱き易い情報」を提供するのも、話す上での一つの「テクニック」と言えます。

「興味深い情報」とは、これも文頭で挙げた通り!学校の授業であれば、ただ歩きながら「教材(教科書)通りの文書」を、そのまま伝えるのでは無く!お話する先生の、”個性”が露わになるような「手振りを交えた行動」あるいは、”素直”な感情を「そのまま表情に現した姿」などを披露することによって、聞き手が「興味を示し始める」モノです。

“興味を示す”とは「心の窓口を開放した状態」のことなので、直接!心に「問いかけること」が出来れば、その聞き手は”心”で「オジリナルのイメージを描き易い状態」となることから!脳内の「忘れ難い記憶場所!あるいは「心に刻まれる情報」として残るのです。

【しかも!】同じ人間が”お話”をする以上、伝える側の「経験を生かした話」は【なお一層!】”興味深く”捉えられるので!”オリジナリティー”溢れた「ユニークな内容の話」を駆使して伝えれば【さらに!】心の窓口が大きく広がり「最高の脳の活性化」につながることから、決して!忘れることの無い「思い出」として、脳や心に刻み込まれるのです。

授業を担当する先生たちの中で、始業から終業まで「冗談を交えた上手なお話」をする教師が!一人や二人居るモノですが、そんな先生の授業を受ける学生たちに「居眠りや暇を潰す生徒」など!見ることが無いのは【まさに!】生徒たちの”心の窓口”を「掴んだ(全開に開かせた)証拠と言えます。

なので、生徒たちの「心を掴んだ(開いた)教師」は!卒業してからも、学生たちの”脳”や”心”に残って居るのが一般的です。



スポンサードリンク



但し、伝える側が!”身振り手振り”を加えた「印象に残るお話を行った」と考えたとしても、必ずしも!それが「聞き手にまで届いているのか」は、”受ける側”にしか分らない話なので!直接、”面”と向かって話したとしても!「無表情」であったり、”声”をポツポツと「囁くような話し方」などでは!伝えたい内容は理解できたとしても「心にまで届く情報とは成らない」のです。

なので、本当に伝えたい情報を”お話”しながら!聞き手の”表情”や”目の輝き度”【さらに!】”仕草”や”態度”などを見極めながら!心の窓口が「開かれたか」あるいは、必要とする情報が「届いているのか」などを判断して、”空振り”と成らぬ様に「認識するテクニック」も、必要不可欠なのです。

たとえば、周りから”美味しい”と呼ばれるリンゴがあったとしても!”口先”だけの言葉では、それを信じることは難しく!通常であれば「疑ってかかる」のが”世の常”です。

しかし、”説明”する言葉に「力強さ」あるいは「説得力のある内容」であれば、自ずと”信用”が「目覚め始める」ことや【さらに!】体を使った、大きな”ジェスチャー”を駆使することによって【なお一層!】「信用力」が増すモノです。

聞き手の「信用を得ること」は、相手の”心の窓口”を「開くことに成功した証」でもあることから!本当に伝えたい”気持ち”を相手の”心”に届けることが出来ることから!実際に、リンゴを食べなくても「美味しい事実を納得させること」が、可能な訳です。





以上の様に、”無表情”で”口先”だけの言葉では!実際には”心の窓口”を「開いていないケース」が多く、その”判断”を「見極めるのが非常に難しい」ことから【まさに!】話のテクニック(慣れ)が必要なのです。

なので、まずは!相手の「耳に問いかける」のではなく、意識的に!相手の「心に問いかける気持ち」で接した上で、聞き手の”心”に「響く(残る)ような”語り口”で言葉を伝える」ことから、スタートさせることが!「心の通じ合ったお話(会話)」をする上での、最も大切な「話のテクニックの一つ」なのです。