★★★★★★

地球上に生息する動物の中で【唯一!】「心で感情が左右する動物」とは”人間”だけですが、それだけに!相手を「褒めたい時」に一番適した方法として、その人の「長所」を見つけ出し!徹底的に褒めまくることなのです。

少なくても、その人の”長所”を褒めて「悪い気がする人」など、一般的には居ないはずです。

その人だけが持つ”長所”とは、この世に「一つしか無い貴重な宝物」であり!その”良い気質(性格)”に触れられることは意外に少ないため、突然「告げられたり・褒められたり」すると、喜びもひとしおのはずです。

また、”長所”とは!自分では気づくことの少ない気質(性格)ですから、その”内容”によって「隠れた才能など」と呼ばれることが多く、褒めながら!その”長所”を伸ばすことで「素晴らしい結果」を生んだりする方が、中には居るモノです。

それだけに、”心”で感情が左右する人間の中には「単細胞な動物」が多く居ることを、証明していると言ってもおかしくはありません。

たとえば、魚店で働く一人の青年が!中々、本業の「魚を捌くことが上達しない」としても、他の仕事(商品の陳列や整理整頓、洗い場や店内の掃除など)を得意とし、真面目に熟していれば!”文句”の付けようが無いはずです。

その時に、魚を捌けないことを「叱る」のか?あるいは、青年が最も”得意”とする店内の掃除や整理整頓を「褒める」のか?によって、その青年の「勤務先(魚店)に対するモチベーション(勤勉力や働き甲斐)」が、大きく異なって来るのです。



スポンサードリンク



魚店などの”専門職”に付く方は、その業務(魚の捌き方)を最も得意としても!他の業務(雑用や付帯作業)などを「不得意とする方」がほとんどであり!今回の「魚店の例」では、他の業務を”女将さん”任せにするケースが多いモノです。

なので、”店主”が最も不得意とする仕事を!その分野に”長けている”人物を「褒めながら伸ばす」ことは、本業の「魚を捌くこと」が不得意であったとしても!その青年が、”機能麻痺”を起こすよりかは、遥かに「店全体の希少価値に大きく貢献する結果」につながるのです。

【しかも!】働き手が、”本気”で仕事に取り組み始めれば!間違いなく「早い段階で仕事を覚える(慣れる)」ことにつながるモノなので、仕事を”辞めない”限り!いずれは「魚の捌き方」も習得するはずです。

【すると!】整理整頓された「綺麗な店舗」と成るばかりだけではなく、調理場にも”活気”が生まれ!店の雰囲気が良くなることは「来客数にも影響を及ばす」ことから、店側にとって「喜ばしい結果を生むこと」に、大いにつながるのです。

このケースの様に、人には「得意・不得意なモノ」が!必ずあるように、それにつながる”気質(性格)”面の「短所と長所」があり、”長所”の部分を伸ばしてやることは「隠れた才能を開花させるポイント」でもあるだけに!長所を伸ばす(活かす)ための”後押し”こそが【まさに!】「褒め上手」と言えます。

逆に、”短所”を伸ばすことにつながる「欠点を叱る指導」を繰り返し行った場合!仕事に対するモチベーションを”下げる結果”を生み出すことから、いつになっても魚が捌けない状態が続き!”怒り”は「怒りしか生み出しません」ので、何の”改善策”にもつながらず!最終的には、青年が”辞める”ことを選ぶはずです。

一世代昔の「叱ってなんぼ・叱って覚えさせる」考え方もあるのでしょうけど、現代の若者には!それが「通用しないこと」は明らかであり!敢えて、”短所”を伸ばす「叱る指導」を行うよりも!”長所”を活かす「褒める指導」を行った方が、遥かにメリットが大きいのです。

そのためにも「褒め上手」と呼ばれることは、現代社会において!”社会的”な面や”コミュニケーション”を図る上でも、非常に大切な「術の一つ」であり!”心”で感情が左右する人間にとっては、お話(会話)する相手の”気分”を高めたり、心に隠す”秘密情報”を表面化させる作用に!大きな”役割”を果たすのです。





もちろん、ケースによっては「叱る行為」が必要となる”場面”も大いにあるのですが、”物事”を「人に教えるケース」に限れば!現在社会においては「無意味な方法」と言えます。

一昔前の学校教育では「ゆとり教育」が行われたことから!”精神面”の弱い子供たちが増えて、その影響から「我慢が続かずに直ぐ飽きる子供たち」が急増したことで、”叱り”ながらの教育方針など!”もってのほか”等と、呼ばれるようになりました。

なので、会社に就職しても長続きしなかったり!上司に怒鳴られると直ぐに辞めたり!する”若者”が増えたことから、大きな「社会問題」につながり!現在では「ゆとり教育の見直し」が行われている次第です。

【さらに!】”SNS”の普及も重なって、本人も気づぬまま「仮想対抗意識の特訓(強化)」につながるメッセージのやり取りを、頻繁に行うようになったことから「切れ易く・攻撃性の強い気質(性格)」に陥っている方が急増しているのです。

なので、相手の”欠点(短所)”を見つけて”叱る”行為など!本人も気づかぬ”悪い面”を「引き出すキッカケ」を与える恐れもあり、その意味でも「叱ることでの教育にはデメリットしかない」と言えます。

逆に、”物事”を教える立場として!相手の”良い面”を「探してやる努力」を見せた方が、”先生”としての意味が成り立つし!教わる方の”心”を掴む(引き寄せる)結果につながります。

そのためにも、相手を”褒める”ことが「効果てきめん」であるならば!それを続ける必要性が高く、どんな状況下でも褒めることの”優しさ”を与えてやることが「人を育てたり・隠れた才能を見出したり・思いやりの心が芽生えたり…など」の、”褒め上手”になる「メリット(大切さ)」を理解することにつながるのです。



スポンサードリンク



また「ただ褒める」よりも、状況にあった”褒め方”に配慮を見せることで!その効果にも、大きな違いが生まれます。

たとえば、”文頭”で挙げた「魚店の例」では!”整理整頓”を最も得意とする青年に、”全体的(行ったこと)”の評価をするのでは無く!部分的な細かい評価(気配りを感じる点など)をすることによって、「褒める回数が増える」ことにつながります。

【さらに!】相手が「喜ばれることを期待した行い」に対して、希望通りに”褒めて”やれば!誰もが「気持ちの良い気分」になれることや、仕事の”効率化”にもつながることから!”褒め方”のやりようによっては「計り知れない大きな効果」を生み出す可能性が否めないのです。

なので、全体的な”主体”を褒めるのではなく!出来るだけ”ピンポイント”に絞って、相手の”努力”を「踏みにじらないような認め方」をすることが「上手な褒め方」と言えます。

つまり、”心”で感情が左右する動物の人間だけに!”褒める”ことを上手く活用することによって、お互いに”価値”のあるモノを想像したり、同じ”方向性”を見出したりすることが出来るのです。





そのためにも、決して「上辺だけの褒め方」をして!相手から”軽い気持ち”と思われることだけは、避けなければなりません。

【寧ろ!】”上辺”だけの褒め方をするくらいなら、行わない方が”得策”と言えます。

「上手に褒める」ことの意味とは、少なくても!褒める相手の”気分”を上昇させて「モチベーションを高めること」が、大前提なのです。

なので、”上辺”だけの軽い気持ちで「心無い褒め言葉や態度」を示されても、誰も嬉しく感じることが無く【寧ろ!】”態と”らしい仕草とは、人の心に”不快感”を与えるモノです。

よく、ファッション店などに訪れた”背の低い”女性に対して!態とではありませんが、”ハイヒール”を求めるお客に対して、店員さんが「とてもお似合いのハイヒールです…など」と対応した場合、少なくても”背の低い”女性としては「心良い気持ちにはならない」はずです。

逆に、店員さんの”本心”とは無関係に「ステキなハイヒールですね…など」と、女性の”身長”に「触れない言葉」を見つけて紹介することによって、少なくても!その女性からの”不信感”を招かずに、”購買意欲”に「刺激を与える」ことに、成功をするはずです。

なので、”物事”を教える立場の場合!”軽はずみ”の言葉には「上辺だけと思わせる要素」が含まれているだけに!本人の”意思”とは無関係で、何気なく放つ言葉には!時に、人を”傷つける要素”も含まれていることを「予め理解しておく必要」があるのです。

その意味では、人を”褒める”ことは「簡単な行動」と思われがちですが!自身の”立場”や”状況下”においては、単純に「褒めまくることが良いとは限らない」こともあると言えます。

但し、上手に褒めることの”本質”である「相手の気持ちに配慮した心からの褒め言葉」であれば、間違いなく!相手の”心”に響く(伝わる)言葉となるはずであり、少しくらい”乱暴”でも「誰も悪い気分」にはなりません。

“心”で生きている人間は「褒められたい」とか「認められたい」等と、常に願っている生き物ですから!どんな”形”であれ、その言葉を受ける「歓びを誰もが知っている」モノなので、是非!”褒め上手”と呼ばれる「お話(会話)の上手な方」になれるように!願っております。