★★★★★★

一般的な、”日本在中”の方なら!一日にする”挨拶数”とは、少なくても3~4回は行っているはずです。

なぜなら「おはよう・こんにちは(こんばんは)・お休みなさい」と、最低でも”3回”は話ているはずなので!それだけ、”他国”に比べて「日本人」にとっては!”挨拶”は「大切な礼儀」として、扱われているのです。

もちろん、”日本人”にとっては!生まれてから「自然に見に付いた言葉」なので、特別!”意識”して行うモノでは無く、毎日の「生活習慣に組み込まれた言葉」と言っても過言ではありません。

また、”挨拶”とは!”お話(会話)”をする相手との「始まりの一歩」・・・つまり、話の”キッカケ”を与えることに、大いに役立ち!コミュニケーション・ツールには、欠かすことのできない「一つのパーツ」でもあります。

たとえば、身近な存在の「友達や家族!あるいは、同僚や親友など」と突然!合えば、”無条件反射”で「久しぶり・元気・おはよう・オッス」などの”挨拶”を交わした上で、次の「話のプロセス」に移るモノです。

日常では、ほとんど顔を合わせる機会が無い”親戚”などでも!久しぶりに会えば「こんにちは・こんばんは・いつもお世話になります・いつもたくさん頂いてありがとう御座います・お元気ですか」などの、”敬語”を交じえた「軽い挨拶」からスタートして!話の”糸口”を見出して行くのが、一般的な日本人です。

また、毎日のように顔を合わせる機会が多い!”目上”の「先生や上司…など」にも、身近で行っている挨拶に!”敬語”を交えた「礼儀正しい挨拶」を行った上で、話の流れを作るモノです。

このように、他国に比べて!”日本人”が「積極的に行っている挨拶」とは、お話(会話)の”キッカケ”を作る!素晴らしいコミュニケーションツールの「パーツの一つ」であり、古くから伝えられた「生活習慣」ではあるモノの、毎日「意識的に行う」ことで!新たな”パーツ”の発見につながったり、何よりも!特に”初対面の相手”に対して「無条件反射で挨拶を交わす」ことは!必然的に「好印象を与える結果」に、大きくつながるのです。



スポンサードリンク



なので、”意識的”に挨拶をすることが「望ましい」と言えますが!”無理”を重ねた挨拶で、相手から「態とらしい」と思われることは!逆に「好ましい結果」とは言えませんので、”意識的”に行う挨拶であっても!毎回、行う度に「心を込めて行うこと」が大切なのです。

また、挨拶には!コミュニケーションを取る相手との「お話(会話)のキッカケを作る働き」がありますが、その他にも”握手”などの「行動」や”感情”を表した「表情」などを、加えることによって【さらに!】”お話(会話)”の流れに入り易い「スムーズ作用」が生じるのです。

「他人」に対する一般的な”日本人”の挨拶と言えば、”ぶっきら棒”な姿で挨拶を行う方などはおらず!必ず「握手を求めたり・お辞儀をしたり・笑顔を振りまいたり・天使の微笑みを浮かべたり…など」の、何かしらの「行動」を取って、相手の”興味”を引くものです。

たとえば、一日の始まりの早朝に!”意識的”に「笑顔や微笑み」で挨拶をされたら、気持ちの良い一日が向かえられるような”感覚”が与えれるモノのです。

【実は!】人間が作る”表情”の「笑顔や微笑」には、相手の”心”を動かす作用が強く!そのため、お話(会話)を伝えたい相手との「距離を縮める効果」につなげることが出来るのです。

また、礼儀正しい「お辞儀」や親しみを与える「握手」などでも、相手との「親近感を招く作用」があることから、特に!”初対面”の相手には【なお一層!】良い効果(印象)が期待できます。

但し、”握手”に限っては!お国柄「気嫌いする文化の国」があることや、初対面であれば!日本人の中にも「近すぎる態度を嫌う方」も居ることから、その辺の配慮に注意する必要があります。





現代社会において、他人との”コミュニケーション(お話)”は!生きて行く上でも欠かすこのできない「情報伝達方法の一つ」であり、その意味でも”お話(会話)”のキッカケ(ヒント)を与える「挨拶」は、より良い”人間関係”を作るための「重要な要素」と言えます。

日頃から、”意識的”に挨拶を行っている方の周囲を見ると!心が通い合った「人間関係の構築に成功されている」ことに気付かされますが、それは時に「お互いを助け合う絆」に結びついていることから、何気ない挨拶の中には!より良い”人間関係”を結びつける「大きな役割」を果たしていることが、よく分かります。

なので、何気ない”毎日の挨拶”でも!日頃から”意識的”に行うことで、たくさんの”メリット”が生まれることから、積極的に行って”損”は無いのです。

身近に居る方とならば!”笑顔”の挨拶を交わすことで「良好な関係」を築けたり、仕事関係で働く方には!”労い”の挨拶を交わすことで「イザという時の助け」につながったりするなどの、普段は目にすることの無い「重要な効果」に!大きく貢献しているのです。

なので、”意識的”に行いながらも「態とらしくない普通の流れの挨拶」に、受け止められることが大切なのです。



スポンサードリンク



【しかも!】お話(会話)のキッカケを作る”挨拶”から、一番!”恩恵”を受けるのが、”口下手”や”話下手”の「話すことを不得意に感じている方々」なのです。

「口下手や話下手の方」と言うのは、そもそも!話の取っ掛かり(始め方)・・・つまり、話す「テーマやネタ選び」が見出せないことに問題があるモノで、突然!コミュニケーションが要求される場面などでは、到底!対応することなど出来る訳が無く、それが原因で「話すことを不得意に感じている方」が多いのです。

そこで、誰もが毎日行っている「何気ない挨拶を活用する」ことで!お話(会話)の”取っ掛かり”となるキッカケを見出すことが可能であり!それを”活用”して話を広げて行けば、誰でも簡単なコミュニケーションを取ることが可能となるのです。

“滑舌”が良く口先が軽い「話し上手」な方でも、”口下手”で口先が重い「話下手な方」でも!伝える側に「ご自身の存在をアピールすること」が最も大切なことであり!どんな”些細”なテーマ(ネタ)でも、まずは”口先”を動かすことから始める必要があります。

少なくても、伝える相手に「話す気持ちがあること」を示しておけば!”口下手”と理解されていても飽きること無く、話に乗って(付き合って)頂けるチャンスに恵まれるからです。

「お話(会話)」とは、話した”経験値”で!誰もが「上達するモノ」なので!まずは、”聞き手”が居ることが大切であり、少しづつでも”話し続ける”ことで「気持ちがこもった上手な話」と、成長するのです。

また、一度「話すコツ」さえ見出す(掴む)ことが出来れば!”お話上手”の方のように、”スムーズ”な流れで語り続けることが出来るようになるモノです。

特に、語ることを「不得意と感じている方」には!お話(会話)始めの”取っ掛かり(キッカケ)”を、見つけることが出来ない意外にも!そもそも、語ることへの”恐怖心”や過度な”緊張”を抱い易い傾向にあることから、”精神面”での「苦手意識を招いているケース」が多いのです。

なので、まずは!伝える相手を”恐れず”に「話始めること」が、何よりも大切なことであり!日本人であれば、一日の生活の場面で「挨拶をする機会が訪れる」はずなので、何事にも恐れずに「話掛けること」を意識していれば、必ず!話始めの”取っ掛かり(ヒント)”を見つけ易くなります。

「挨拶」を交わす程度ならば、”口下手”や”話下手”でも!誰でも出来る「簡単な声掛け」のはずです。





【実は!】”挨拶”することで「自身の感情をコントロール」することにも、つながるのです。

残念ながら、この世の人々は!”心”を持ち合せている動物であるが故に「感情で左右され易い」モノです。

なので、その時の「心境の様子」は!”機嫌”が悪かったり”怒った”時は、自然に「無愛想な表情」を浮かべ!”嬉しい”時や”楽しい”時は、顔がほころび「笑顔や明るい表情」を浮かべ!”悲しい”時や”寂しい”時は「辛く切ない表情」を浮かべるなどの「喜怒哀楽」を、表情に露わにする生き物です。

お話(会話)する相手が居た場合、”心の表情”を露わにすることによって!「笑顔や明るい表情」を現した時には、話す相手や周囲の人々を巻き込んで「幸せ生む作用」があります。

逆に「怒りや悲しみの表情」を現した時には、話す相手や他人に「不幸な気持ち」を与え兼ねないのです。

“話し手”が抱く感情を、個人の中で”解決”することが出来て!表面(表情)に現すことが無ければ、”聞き手”や周囲に影響を及ぼすことはありませんが、”感情”でコントロールされている人間は!その”吐け口”を「外に求める(ストレス発散)傾向にある」ことから、感情を隠し通すことが難しい(出来ない)生き物なのです。

【ところが!】個人の中で”解決”できない感情を「挨拶をする相手が居る」ことで!自身では出来ない「感情の変化」をもたらすことが可能なのです。

そもそも!個人の中で”解決”できない「感情の吐け口」を外に求めるのは、他人に「吸収(共感)して欲しいと願う生理現象」であり!その”作用”によって、少しでも「ストレスの発散」につながっているのです。

そのため、”感受性”豊かな女性の方が!話す量が多かったり、お話(会話)を持ちたがる傾向にある訳です。

たとえば、お話(会話)を持つ側が”不機嫌”なのに!無理して「笑顔を作って挨拶をした」とします。

当然ですが、その挨拶を”受けた側”には「人を見極める心」がありますので!直ぐに「心無い挨拶」と判断をされて、同じように「気持ちの悪い挨拶」で返すことでしょう。

あまりにも”酷い”挨拶の場合!最悪「無視されるケース」も往々にしてあります。

・・・とは言っても、どんな挨拶でも!相手は”無表情”で返すことは無く、何らかの”反応”を「表情で返す(示す)」のが一般的です。



スポンサードリンク



つまり、話を伝える側”ご自身”が気づけていない現在の”心理状態”を、話す相手の”表情”を使って!気づくことが出来るのです。

よく「他人は自分を映し出す鏡」等と呼ばれていますが【まさに!】その時の”心中”を、話す相手を使って映し出している訳です。

“挨拶”によって気づけた「ご自身の心理状況」は、良かれ悪かれ!他人と話すことによって、徐々に「感情の吐け口(ストレス発散)」へとつながり!”聞き手”も次第に、相手の気持ちを「理解しようと務める」ことから、お互いに「気持ちの通った心良いお話(会話)」と変わって行くモノです。

その”お話(会話)”の中で、次第に!笑いや「笑顔」が増えたり、楽しい話で「元気」を取り戻したり、共感できる話題で「優しさ」を育んだり・・・と、当初の「不機嫌な心境」が!いつの間にか”解消”に向かうことから、一つの”挨拶”が話し手の「感情のコントロールすることに結びついた」と言えます。

話し始めは、”不機嫌”であった話し手が!相手の”お話(会話)”を通して「上機嫌に転換する」ことは、話を持った二人!あるいは”複数人”を含めて、最終的には全員「幸せな時間を送る結果」となるのです。

なので、”お話(会話)”に「気持ちが乗らない」ときでも!積極的に「挨拶」を行っていれば、周りからの「手助けを受け易い環境」を作り出すことにつながり、自分ではコントロールすることが難しい”心理状況”を「自分を映し出す鏡」を活用することで、良かれ悪かれ!”解消”に結びつけることが可能なのです。

つまり、我々”日本人”にとって「挨拶の持つ力(意味)」とは!日々、何気なく行っている「軽視されがちな生活習慣」ではあるモノの!その”奥深さ”には「計り知れない力を秘めている」のです。