★★★ ★★★

話は相手がいて行う行動ですから、話す際に一つのテーマ「情報」をベースにして
会話をするのが一般的方法です。

しかし、話すテーマはベースになるだけなので話の中身は自身の性かく「個性」が
多くでます。

この個性を大切にしてお話することが非常に重要で、もし無理に個性を抑えて
「上手いことを言わなくては」とか「難しい言葉を使わなければ」などと無理に
普段使い慣れていない「空想だけの言葉」を選んで話しても、いずれ表面に表れて
結局恥ずかしい思いをすることになると思います。

それならば初めから自分自身をさらけ出し自分の持っている個性、すなわち長所・短所などを
素直にアピールした方がお話を聞く側にも気持ち良く伝えることができるし
納得のできる内容になると思います。

例え口下手でも、人前でお話をするのが苦手な人でも、相手が同じ言語の人間であれば
真剣に真面目に真心を込めて心の底からお話をすれば、きっと納得いく内容の話が
できるはずなので、相手に対し「強い印象」や「感動」を与えることができると思います。

 

スポンサードリンク

 

「空想だけの言葉」と記したのは、普段使い慣れていない難しい言葉を引用したところで
本当に自分自身が理解した上で話す「心の言葉」では無くなく、見方を変えれば嘘をついて
話している印象がもたれる恐れもあります。

嘘っぽい?話をしてしまえば誰も良い印象を与えませんし、話が長くなるほど嘘っぽい話は
相手に不快な思いをさせてしまいます。

なので私は相手に印象良く見せる方法として、理解ができていないような難しい言葉を使った
話し方をせずに、話の中で自身の個性を生かし相手に素直な印象を与えるような言葉で
話した方が、たとえ間違っていたり乱暴な言葉になったとしても、相手に不快な思いを
されることはないと思います。

むしろ「嘘のない言葉」は聞いている人のみならず周りにも好印象を与えるので、
自身の性格までも「良い人」とされることでしょう。

なので、特に勉強したことも無く実際の意味や使い方などをしっかりと理解していないで
使っていないのだから「空想だけの言葉」と記しました。

無理して難しい話で失敗するよりかは、思い切って自分の個性を生かして、ありのままの
自分で素直に正直にお話をする方が相手に対して良い印象を与えることができると思います。

 

 

従って、自然に話の中に出てしまう「個性」すなわち長所や短所を上手く使うことが話すことでは
とても重要なことだとお分かり頂けると思います。

人の性格を示すことわざの中に「人間の人格は12の性格で成り立っている」と聞いたことが
ありますが、一人の人間に12個も性格が与えられると考えると個性を生かして話す場合
「12個の武器」を駆使して話すことができるはずです。

また1つの性格に長所と短所があるならば、長所が12個、短所も12個あることになり
自身を見つめなおし、それを見つけることができれば個人にしか知り得ない「最強の言葉」で
周りとのコミュニケーションができるようになります。

なので、誰一人として同じ性格の人などこの世に存在しないのですから、長所・短所の内容や
大きさは全て違っており、だからこそ飽きないで楽しい話が続くのだと思います。

 

 

一人に対して全く違った一つの「個性」というものが必ず存在するはずですので、
個性こそがその人が唯一持った独特な性格となるのです。

この独特な性格を構成している「長所」と「短所」が複数あるからこそ、話をする上で
上記で紹介した「個人の武器」となるのです。

この武器を上手く利用してご自身しか持っていない「独特な性格」を言葉にすると同時に
態度や行動、すなわち体全体を使って相手にお話を伝えることによって相手の心に
「響き渡る素敵な言葉」で感動を与えることができるはずです。

そのためにも前記したように、決して他人の真似をして無理に意味不明?な言葉を引用したり
自分の持っている力以上に背伸びして話をしようなどと考えないで、自分には生まれ持った
世界に一つだけの独特な性格、すなわち長所と短所を持っていることを自覚し、
自らの言葉で自分らしく表現し自己中心的な話にならないように気をつけて話することが
とても重要なことだと思います。

また自分らしく素直に正直にお話することは相手に対して「好印象」を与えることができるし
周りで会話を見ている観衆にも気持ち良く見せることができると思います。

以上のように上手にお話をすると言うことは、必ずその人の個性、すなわち長所や短所などの
性格が見えてくるものなのです。

 

スポンサードリンク