★★★★★★

“コミュニケーション”とは、伝え合いたい”言葉”の「キャッチボール」によって成立つモノであり!そのためにも、伝えたい”言葉”を大きな声で!しっかり!ハッキリ!と、相手に”分かり易く”伝えることが「正しい話し方の基本」と言えます。

もちろん、”聞き手”が少数ならば!対面での”お話(会話)”が可能なため、無理をして”大声”で伝える必要が無く!逆に、そんな時こそ「丁寧でゆっくりと相手の心に届けるような語り口」で、言葉を届けることによって、相手に”好感”を与えることにつながるのです。

また「大衆の前」などの”大人数”が対象の場合は、マイクなどで!広範囲に”お話(会話)”を伝えることが出来たとしても、周囲の”雑音”などによって!話が聞き取れないケースも多いことから、しっかり!とした”口調”で伝えることによって「口形で言葉を届ける」ことも可能であり!そのことを”意識”しながら語ることが大切です。

そのためにも、”早口”にならないように気を配りながら!”一語一句”を「丁寧に伝えようとする気持ち」も、大切なことです。

一般的な学生たちは、低学年の頃から「話をする相手の顔に視線を向けて話なさい…など」と!親や先生たちから言われたモノですが、このことは「心の通った”お話(会話)”」を行う上で!最も「重要な方法」と言えますが、”不特定多数”を相手とする「大衆の前」だと!ほぼ無理です。

しかし、伝える相手が見つからないと「話しづらい」ことは間違いなく!”部分的”でも「自分の話に興味を示している方」を見つけながら、その方に向かって”語り続ける”ことで!意外に「スムーズに語ること」が、出来るモノです。

逆に、過度な「緊張を受け易いケース」では!”周囲”の環境に飲み込まれないためにも、伝える相手を見ずに!どこか”一点”を見つめながら語ると、意外に「緊張に悩まされず」に、話すことが出来るのです。

なので、不特定多数の”聞き手”が居る時こそ!”口形”で言葉を届けることに、大きな”意味を成す”モノであり!”部分的”に話す相手を見つける時でも!あるいは、”一点”を見つめながら語る時でも、しっかり!とした”口調”で話すことを「意識すること」が、何よりも大切なことなのです。



スポンサードリンク



子供の頃から「話をする相手の顔に視線を向けて話なさい…」と、言われ続けてきた「効果」が!最も”発揮”されるケースとして、誰れもが”人生の中”で!一度は経験をされたことのある”場面”が「就職試験での面接」であると思います。

昔から、一般雑貨店などで発売されている「就職面接の仕方」や「就職のための面接」などの”付属DVD”を見ると、決まって!この「相手を見て話す」を、”重要視”されている教材が多いです。

就職面接などの”試験監”は、自社の採用試験も兼ねていることから!どうしても、受ける側は「重い口調」や「優しい言葉」に成りやすい傾向にあるのは、当たり前の話ですが【さらに!】特に”目上”の試験監の場合「相手の顔を見ながら話をしているのか」にも、注目しているモノです。

就職面接で無くても、”目上の方”と話す場合!「昔気質の性格」が多いことから、話の”内容(中身)”よりも、相手の「顔をしっかり!見て話す」ことの方が、聞き手に対して「好印象を与え易い」ことから!話す側にとって「プラスの作用」をもたらすのです。

逆に、伝える側の「顔をよく見ないで話す」ことは!特に目上の「昔気質の性格」の方に対しては、”悪い印象”を与え兼ねず!就職面接などの「特別の場面」では、”目上の方”で無くても「試験監の顔を見ずに話したり・軽々しい言葉を使ったり・ペラペラと長話をしたり…など」が目立つと、否応なしに「失敗するケース」が多いモノです。





もちろん、伝える側の「個性を披露する」ことは!非常に大切なことですが、”特別な場面”の中では!ある程度の「お話の形式」は、決まっているモノであり!敢えて、”個性”を生かしたアピールは!逆に「悪い効果を与える恐れ」が高いです。

その人の”個性”とは、この世に”一つ”しか無い!その人だけに与えられた【唯一!】の”魅力”であり!”自己アピール”には、欠かすことのできない「武器につながるモノ」なので!その”武器”を「有意義に活用してこそ!意味がある」と、言えます。

【寧ろ!】ある程度、決まっている”面接教材”の資料などを参考にして「態度の良い真面目な姿勢」をアピールした方が、年齢を問わずに!僅かでも、話す相手に「良い印象を与える」ことが、出来るのです。

なので、各種”面接教材”でも「相手の顔をよく見て話す」ことを、積極的に推奨している訳です。

もしも、”個性”ある話の「魅力」が発揮される場面(友達とのお喋り・簡単な挨拶・冠婚葬祭でのスピーチ…など)では、積極的に「自身の魅力をアピールする」ことは!結構な話ですが、ご自身を「軽く見せてはいけない場面」では、極力!”個性”を抑えて「軽々しい言葉・ペラペラ口調・長話…など」は避けて、”凛々しい姿”をアピールすることが!”お話(会話)”を伝える側への「正しい話し方」と、なるのです。



スポンサードリンク



最近の”若い世代”には、見られなくなりましたが!特に「昔気質の目上の方」を目の前にすると!自然に、”重い口調”や”優しい語り口”などの「話し方」に変わるのは、なぜなのでしょうか?

一般的な、”動物”の中でも「心を持った人間」は!”緊張”をすると、血液の循環が加速し始めて「心臓の心拍数が増加する」と共に!”血圧”も上昇し初めて、大きな負担を与えます。

【実は!】過度な”緊張”や気持ちの”興奮”によって「血圧が上昇し始める」と、”筋肉”が収縮することによって!前身の動きが鈍くなり「口元」も例外では無く、思うようなコントロールが!利かなくなることから、自然に「重い口調」と、成り易いのです。

また、”語り口”が「優しく聞こえる」のは!”心”にストレス(プレッシャー)が掛かると「消極的な姿勢」につながることから、必然的に!伝える言葉の”語尾”が「弱い発音となるから」なのです。

つまり、話の”語尾”に使われる「…です。…ます。…せん。」…などの”終止語”を!弱く発音することによって「おどおどしい態度・気抜けた言葉・弱々しい姿」に見られ易いのです。

逆に、”終止語”を強く発音した場合は!伝えたい内容に”締まり”が加わり「強調された言葉」となることから「強気の姿勢」と、受け止められ易くなります。

そのため、受け止め側に「喧嘩口調と勘違いされるケース」も多く!扱う”場面”や”相手”を選ばずに発すると!ご自身の「印象」を悪くしたり、複数人居る場合は「険悪な雰囲気」を招く恐れもあるのです。





元々、”重い口調”や”優しい語り口”は!伝える言葉の「発音力が弱い」ことから、話す”姿勢”を「キョロキョロしたり・落ち着きがなかったり・下を見続けて話したり…など」を見せると、”挙動不審の人物”と勘違いされるケースもあります。

なので、”昔気質”の「目上の方」から!良く思われるために使う”重い口調”や”優しい語り口”を「有効的に利用する方法」として、”初分”でも説明した通りに!しっかり!ハッキリ!と、相手に”分かり易く”伝えることで「正しい話し方」に、つながるのです。

それから、直接の”お話(会話)”とは!深く関係しませんが、相手に何かを伝える方法として!顔の”表情”である「微笑み・笑顔・明るさ…など」も、心への”アプローチ”に!大きく役立つのです。

このブログで、再三!説明しているように、お話を伝える相手は「耳からの情報」だけでは無く!「目からの情報」や「伝える側の雰囲気」などを、全て受け入れることによって!初めて、伝える側の「真意を読み解き理解する」ことが、一般的です。

その中で、”目”からの情報とは!聞き手が、”目の前”に居るケースが多いことや【さらに!】”光”のスピードは、奏でる”音”よりも断然!早いことから!人間は、”目”からの情報を「優先的に重要視する傾向」に、あるのです。

なので、伝えたい”言葉”の「バリエーションを増やす」ためにも!あるいは、伝える側の”心の窓口”に、アプローチするための「興味を示す話」と感じさせるためにも!顔の”表情”を活かすことも「話のテクニックの一つ」と言えます。

また、顔の”表情”の中でも「微笑み」は!伝える相手との「距離感を縮める働き」があることから、”老若男女”問わずに「親近感を持って話すこと」が、可能となるのです。

特に、女性の場合!”笑顔”は「女性の最大の武器」等と、呼ばれているのですから!ある意味で、周囲から「正しい話し方をする女性」と思われるためにも「必要不可欠な武器」と、言えるのでしょう。