★★★★★★

コミュニケーションを行う際に、相手に対する”マナー”として!最低でも「相手の話をよく聞くこと」が大切です。

普通に考えれば「当たり前の話」ですが、特に”お喋り”な方は!自身の話に”酔い”しれて、気づかぬ間に「相手の発言を聞き入れずに一方的に話す方」も、目にする機会が多いのです。

【実は!】続けて「長くお話をする」ことは、自然に「自己主張の内容」に変わるケースが非常に多く!気づかぬ間に「伝えたい内容と食い違っていたり・意図しない発言があったり・方向性がズレたり・暴言を吐いたり…など」の、聞き手を「不快に思わせるリスク」が、高まるのです。

なので、当初は”良かれ”と思い「語り始めた会話」なのに、最悪の場合「人間関係を損なうお話」となるケースも否めないのです。

現代人の”暮らしの中”では、コミュニケーションを取ることで「生活が成り立っている」と言っても過言では無く!”お話”をすることは「情報伝達の一つの方法(手段)」でもあり、”会話”を通して「人間関係が保たれている」のです。

もちろん、”言葉”や”お話”などは!語り手が作り上げる「一種の個性」と言えるので、話す”場面”やその時の”気分”【さらに!】伝える”相手”などによって、様々な”言葉”が生まれるモノです。

そのため、特に「親しい間柄との会話」となれば、気の緩みから!良かれ悪かれ、様々な”軽い言葉”や”嘘の発言”などが多くなり易く!何も”考えず”に「思ったままの言葉を口にする」ことは、非常に危険を秘めており!その場で気づかなくても、自身の知らぬところで「悪者にされるケース」が、よくあります。

なので、よく聞く「親しき仲にも礼儀あり」ではありませんが!身近な方との”お話(会話)”であっても、最低限の「話のマナー(相手の話も聞くこと)を”意識”して話す」ことが、非常に重要なことであり!それが「自身を守る結果にもつながる」のです。



スポンサードリンク



では、より良い「人間関係が築けるお話(会話)」とするためには!どのような”方法”があるのでしょう?

“身近”で行う、一般的な”お話(会話)”では「難しい言葉」や「言葉を選んだ話」などは必要なく!伝える側を「良く見せる必要性は無い」モノです。

また、他愛もない!”身近”な話だからこそ、伝える側の話が「長く成り易い傾向」にあるため、”独り善がり”の話に陥り易く!”聞き手”の話を「疎かにするケース」が、非常に多いのです。

「独り善がりの話」では、何の「生産性(広がり)」を生まずに!いずれ、”聞き手”が「飽きる結果」へとつながることから「人間関係を築く”お話(会話)”」とは、成らないのです。

なので、伝える側は「上手なお話」に気を使うのではなく!相手の”心”に届く「話し方や内容」に気を使いながら、一方的に”お話”を続けるのでは無く!時に、相手の「反応や伝えたいこと」に気を使いながら、相手の”本心”を「口にさせる(話させる)」ためにも!積極的に「相手の話を聞く努力」が必要不可欠なのです。

【しかも!】”聞き手”が伝えたいことを、”話し手”が「素直に受け入れる姿(気持ち)」を見せれば!相手の”本心”を「引き出せる」だけでは無く!お互いの「心が通じ合った気持ちの良いお話(会話)」となることから、結果的に!より良い「人間関係の構築」に成功するのです。

本当の意味での「話し上手」と呼ばれる方を見てると、意外にも!自身が「話す量」と相手の「聞く量」を比較した時に、若干「多いか、あるいは同等より少ないか」の姿を、拝見するのですが!それは、積極的に相手の話を聞きつつも【実は!】言葉のやり取りの中から「話すヒント(興味を示す話)を見つけながら語る様子」が、窺えるのです。

つまり、独り善がりの”内容(話題)”に陥らないように!聞き手の「興味のある話」に、気を使いながら「共通認識を持ったお話(会話)」に徹するように!務めている訳です。

【まさに!】”聞き手”を気遣った「話のマナーを守ったお話(会話)」となるのです。

確かに、お話の中に登場する”話題(ネタ)”に触れた方が!話が弾む(膨らむ)し、もしも周りに”複数人”居たのならば、その「お話(会話)に溶け込み易い環境作り」にも!一役買うのです。

なので、少なくても!”話し上手”に気を使うよりも「聞き上手」に徹した方が、より良い「人間関係の構築につながる」ことが間違い無く【さらに!】話す”相手”、あるいは”周り”から見た時に「話のマナーがある人物」と、受け止められるはずです。





【さらに!】”話のマナー”として、大切な事として!伝える側が「聞き手の立場を考慮して話す」ことも重要です。

コミュニケーション”とは、必ずしも!”友達”や”家族”などの「近親者」だけで、行うものではありません。

学校の”先生”や会社の”上司”、病院の”医師”などの「目上の方」あるいは、学校の”同級生”や”後輩”たち、会社の”同僚”や病院の”スタッフ”などの「身近な存在」等と!一日に一回は、必ず誰かと”お話(会話)”を取るはずです。

その中で、お互いに”気持ちの良い”コミュニケーションを「成り立たせる」には!”聞き手”のお話を、「よく聞く」ことも然る事乍ら!相手との「話の距離感」・・・つまり、できるだけ「同等な立場で話をする」ことも、とても大切なことです。

特に、伝える側が「目上」の場合!その”権威”を利用して「無理難題を押し付けたり!他人の意見を無視したり!怒鳴り声で制圧したり…など」の、聞き手の”言葉”に「全く耳を貸さない態度」を見せれば、当然!お互いに「気持の良いお話」とは成らず【寧ろ!】「紛争の原因」と成り易いのです。

コミュニケーションとは、”聞き手”が居るから成立つものであり!それを”自覚”した上で、ある程度の「同じ立場として”お話(会話)”を持つ」ことをしなければ、相手に対する「命令にしか過ぎない」のです。

なので、伝える側が「先生や上司などの目上」の場合!”目下”の気持ちを理解した上で、話す”内容”や”言葉のニュアンス”などに気を配り、伝えることが大切であり!逆に、伝える側が「後輩や部下などの目下」の場合は!中々、同じ”立場”で「モノを申すのは難しいケースが多い」のですが!相手が「話を受け入れてくれる」ことを前提に!”お話(会話)”を続けても、構わないのです。

なぜなら、それが「話のマナー」であり!お互いが”同じ立場”で話すことだけが「より良い(心の通じ合った)コミュニケーションを作るための方法」と言えるからです。



スポンサードリンク



【さらに!】”話のマナー”として、大切な事として!”お話(会話)”に臨む前に、必ず!伝える”内容”の「イメージ作り」を行うことも、”スムーズ”なコミュニケーションを図る上でも大切なことです。

予め、伝える”内容”や”要点”などを整理することで!お話(会話)が”途切れる”こと無く「スムーズで調和の取れたお話」となることや!事前に、伝える”姿”の「シュミレーション」をすることによって!「途中で伝える内容が乱れたり・急に路線が変わったり・言葉が詰まったり…など」の、”緊張”した姿を見せずにすむのです。

また、”お話(会話)”の途中で!困ったり!悩んだり!などの「困惑した姿」を見せることは、聞き手に対して「良い印象を与えない」ことから、できるだけ避けるべきであり!「調和の取れた情報」を伝えるためにも「滑舌の良いスムーズな”お話(会話)”」と、することがベストなのです。

通常、話の”内容”とは「一つのテーマ」に沿いながら、それについての”考え”や”思い”を語り!聞き手と”共有”しながら、その「テーマに絞って語るケース」が多く!伝える情報の”方向性”が急激に変わったり・同じ内容を何度も繰り返したり・終わりの見えない話を永遠に繰り返したり・・・などの、伝える側が!何を届けたい(言いたい)のか「変わらないケース」は無いはずです。

もちろん「一つのテーマ」に絞っても、時には”路線変更”が余儀なくされる「話の流れ」もあることから!複数の”子テーマ”との「組み合わせ」が必要になるケースも、往々にしてあるモノです。

その様な時は、最初の”テーマ”が振れると「全体の話が見えなくなる」ことから!必ず、最初の「テーマに戻れるような工夫」が必要であり、そのためにも!事前に「話す内容のイメージを図っておく」ことが、大切なことであり【さらに!】話す”姿”を「シュミレーション」することによって!どんな場面に遭遇しても、”緊張”すること無く「無難なお話(会話)」が出来るのです。





しかし、人間が”十人十色”であるように!話し方にも「様々な方法」があり、一般的には!一つの”テーマ”に沿った「イメージ作りを大切にする方法」がある一方で、人によっては!その場の、一瞬の”閃き”や”発想”を「上手く取り入れながら話す方法」や、徹底的に一つのテーマに”限定”して!最初から最後まで「その話で押し通す方法」を、取る方なども居ります。

つまり、どのような”話し方”でも!相手の話を「よく聞くこと」から始めて、”独り善がり”の話にならない!最低限の「マナー(ルール)を守ること」を”遵守する”ことが、何よりも大切なことなのです。

なので、”ベース”となる「話し方の方法」は!色々ありけりですが、全てに置いて”共通”して言えることは、日常から積極的に”お話(会話)”に臨んでることであり!たくさんの経験から、その人にあった「より良い方法を見つけている」ことなのです。

たとえ!毎日行っている「何気ない日常会話」であっても、”お話上手”の方とは!たくさんの”経験”から「話のテクニック」や「失礼のない話し方(マナー)」を見つけ出し、その「オリジナルな方法」を駆使して!お互いに気持ちの良い”お話(会話)”に、持ち込むことに「慣れている」のです。

「一つのテーマ」に沿わずに、”お話(会話)”中で「一瞬の閃き」で!上手な話を構成するのに「慣れているプロ級の方」に!その”極意”を尋ねると、最低でも「話出しのテーマは持っている」とのことです。

その中で、”聞き手”との話の流れでヒント(ネタ)を見つけ出し!相手の”雰囲気”や”容姿”【さらに!】話題への”食いつき具合”などを確認して、次の流れを作るそうです。

但し、”全体的”な話の構成は!聞き手と”お話(会話)”を始めた「前半から既に見えている」らしく!話を終える”終着点”は「その時点で既に決まっている」ことが、大きな”ポイント”なのです。

確かに、”お話(会話)”の途中とちゅうで!様々に”内容”が変化したとしても、終わる”方向性”が見えていれば「迷うこと無くスムーズに話せる大きな要因」であることは、間違いありません。

このような”ケース”では「お話(会話)に慣れていることが大前提」となるので!伝える側の”度量(経験度)”によって、話す”内容”の「全ての調和を図っている(制御している)」のです。

以上のように、お互いに「気持ちの良い!心の通ったお話」を行うためにも!”お話(会話)”する内容で「全体の調和を図り易くする工夫」につなげるためにも「話のマナー(相手の話を良く聞く)」が最も重要な”要素”であり!「上手なお話手」とは、その辺を良く理解されている方が多いのです。