最近の日本”俳優界”は、”若手”が多数登場していることから男女問わず様々な”役柄”を熟す
“カメレオン”俳優が急増中です。

しかしその代表格の男性俳優と言えば・・・そう!「中村倫也」氏ではないでしょうか!!


引用元【インスタグラム(ranmao_com)】

テレビドラマ”ホリデイラブ”や”凪のお暇”などの話題作に数多く出演し、作品に合わせて見せる
“独特の演技”は、お茶の間を”釘付け”にしたりドラマ関係者からは”好評”を得ているそうです。

また同様に最近、テレビドラマの話題作に数多く出演し”業界”問わず注目を浴びているのが
俳優の「田中圭」氏ですね!


引用元【インスタグラム(tnkkei)】

特に自身の代表作でもあるテレビドラマ”おっさんずラブ”や”あなたの番です”などの話題で
活躍し、最近ではバラエティー番組などで”レギュラー”でご出演を果たしておりますね!

そんな二人が2020年度にテレビ朝日系列で放送が決まったスペシャルドラマ「不協和音
炎の刑事vs氷の検事」で共演することが決まり話題になっております。

題名が”不協和音”ですが、あくまでもドラマ”ノンフィクション”の話であり、本当に二人の仲が
“不調和音”ではありませんので誤解なく・・・!!

今、日本のテレビドラマ界を”牽引”している名俳優の二人に注目が集まっておりますが、今回は
「中村倫也」氏にスポットを当てて見ました。


スポンサードリンク


◇ 中村倫也氏の昔(中学・高校・大学)とは?

中村倫也氏は1986年12月24日生まれの32歳(2019年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に

有る学校に通うのが一般なので、中村倫也氏も(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと
推測できます。

お兄さんは二つ年上のようなので、中村倫也氏は次男となります。

父親の職業は”建築関係”と数多く紹介されておりますが、正確な所は分かっておらず、母親は
“専業主婦”ではないか?と伝えられております。

小学時代は”泣き虫坊主”なのに性格的に”お節介”な部分があったらしく、よく人にちょっかいを
出すものの”反撃”を食らって、自身が”泣く羽目”になっていたそうです。

また”感情”が表に出難いタイプの子供らしく、よく周りから”何考えているか分からない!”等と
言われていたそうで「独特な一面」を持ったお子さんのようです。

しかし、それは後に仕事とする”俳優”で生かされる事になるとは・・・!!

ただ性格はちょっと変わった部分があったものの”運動神経”はかなり良かったらしく、小学校
三年生頃から”サッカー”を始めたそうで、ちょうど日本ではプロサッカーリーグ(Jリーグ)が
発足した時期でしたので”サッカー人気”が高く、それに便乗したのか?高校一年までサッカーで
汗を流していたそうです。

“腕前?足前?”も非常に優れていたそうで関係者から”高評”で、ご本人も”プロ”を目指して
練習に励んでいたそうです。

今では殆ど見かけることが無くなった”オーバーヘッドキック”などが”持ち前”であったそうで
それを武器に注目を集めていたようです。

家庭生活では”映画観賞”が好きな子供だったらしく、まさか!自身がテレビの向こう側の立場に
なるとは誰も想像していなかったことでしょう。

また映画観賞の他に”動物(特にペット)”が好きな子供でもあったらしく、よく兄と共に動物と
親しんでいたそうです。

中学生になってもサッカーを続けていたそうで、”学力”の方はどのレベルであったのか?は
定かではありませんが、運動神経の方は相当良かったらしいです?

思春期を向かえた”倫也少年”も「恋愛」に興味を持ち始め、中学校二年生の時に気になっていた
同級生の女子生徒に電話をかけ”告白”し、自身初の”交際”を体験したそうです。

以前出演されたテレビ番組で以下の様にコメントされておりました↓↓↓

「吉祥寺に所縁があるんです!ほぼほぼ地元ですが人生”初デート”も吉祥寺の映画館でした」

※ 引用元【テレビ(火曜サプライズ)】


つまり、ご出身地が”東京”とされておりますが”吉祥寺(杉並区)”近辺にご自宅がある可能性が
高いことや、この頃も少年期から興味のあった”映画”を好んでいたことが分かります。

とは言っても”デート”と言えば映画観賞はパッケージみたいなものですが・・・?

“恋”と”サッカー”に情熱を燃やしていた中学時代も終わりを向かえ高校は”スポーツ”の強豪校で
有名な東京都世田谷区にある”国士舘高等学校”へご入学されました。

この高校は元々「柔道」の強豪校として知られており、全国大会の”常連校”として知名度が
高いことから、中学校で強かった選手が選ぶ高校の代表校でもあります。

最近では”野球”や”サッカー”も強豪校になっているらしく中村倫也氏も”サッカー部”を希望して
この高校を選択したものと思われます。

ところが、一年生の時に”入部”はしたものの直ぐに退部しております。

その理由として女性ファッション誌でお馴染み”ViVi”のインタビューで答えております↓↓↓

高校でサッカーの強豪校に入ったら、勝ち負けがシビアになってきて。試合の勝敗然り、レギュラー争い然り。そのとき、僕は楽しいからサッカーをやっていたのであって、勝ち負けにこだわるようになったら楽しくない、と気づいたんですよね。それで「違う」と思ってやめちゃったんです

※ 引用元【サイト(ViVi)】


どんなスポーツでも高校の”強豪校”へ進むと、中学校レベルとの差があまりにも違うことを
眼の当たりにして驚き、付いて行けず辞める生徒が非常に多いです。

私も”柔道”を行っておりましたが、その点は良く理解できます。ただ辞めませんでしたが・・・。

なので、中村倫也氏も理由はともあれ”興味”が薄れて辞めてしまったのでしょう!

しかしその事が思わぬ”方向転換”のきっかけとなったらしく、友達が持っていた中村倫也氏の
“写真”を芸能事務所関係者の目に留まったらしく、”俳優養成所”への誘いを受けたそうです。

その時、サッカーに終わりお告げ、アルバイトの日々、好きな彼女への告白が失敗×六回!、と
“世知辛い”学生生活を送っていたことから、軽い気持ちで養成所に通い始めたそうです。

その時の”養成所”とは現在所属している事務所(トップコート)が運営を行っていた「Artist★
Artist」のようで、現在は廃止されているようです。

養成所には高校二年生から約一年間”真面目”に通い演技やダンス、ヴォイストレーニングなどを
基礎から学び”俳優”の道へ一歩一歩、近づいて行きました。

養成所に通い出し、初めて受けた”オーディション”では見事「不合格」に終わったらしく、
それで眠っていた役者魂?に火が付いたのか、次のオーディションでは見事「合格」を勝ち
取ったそうです。

その後、養成所に所属中?卒業後?なのか定かではありませんが、高校三年生の2005年に
1月からTBS系列で放送されていたテレビドラマ”H2~君といた日々”に出演し、念願であった
自身初の「俳優デビュー」を飾りました。




このテレビドラマでは、主演が俳優「山田孝之」氏、ヒロインが女優「石原さとみ」さん、
その他のキャストも「中尾明慶」氏、「貫地谷しほり」さん、「市川由衣」さん、と層々たる
俳優陣が出演するドラマとして話題になり、当時大人気であったマンガ”タッチ”を彷彿させる
「野球ストーリー」として人気を博しておりました。

しかし新人俳優の中村倫也氏の”役所”は「主要人物」にすら手の届かない役柄で”目立たない”
俳優デビューではありましたが、芸能活動を隠してた高校で”俳優”を行っていることがバレて
“校内”で噂が広まり、一部では目立った存在になったようです。笑;

さらに、同年8月13日から公開された映画界の巨匠「黒澤明」氏の代表作”七人の侍”を
オマーシュした作品で、たけし軍団のメンバー「ダンカン」氏が始めてメガホンを握った映画
“七人の弔”に出演し、自身初の”俳優デビュー”&”映画デビュー”を一挙に飾りました。




ただこの時までの芸能活動は、現在の所属事務所「トップコート」に所属して行ったのか?
あるいは”単独”で行っていたのか?定かではありませんが、どのタイミングで現在の事務所に
所属したのか?分かっておりません。

その後、無事に高校生活を終えると”大学進学”をされたようで、東京都練馬区にある”日本大学
芸術学部”の「演技学科」にご入学されております。

ただ入学スタイルは”推薦入学”であったようで、一般受験をされたのではないようです。

たぶん既に”俳優業”に準じていたので、演技に”将来性”を感じた大学側が推薦を承諾したのでは
ないでしょうか?(推測です)

一部の”トレンドブログ”では、中村倫也氏の大学を東京都八王子にある”中央大学商学部”と
ご紹介されているサイトを目にしますが、それは中村氏の本名”中村友也”と「同姓同名」の
プロバスケットボール選手が通われた大学であり、中村倫也氏が通われた大学ではありません。


引用元【インスタグラム(tomoya_nakamura19)】

しかし大学に進学した年(2005年)に俳優人として”大きな仕事”が舞い込み、そのため一年が
経たないまま”大学”を「中退」しております。

その大きな仕事とは!NHKでお馴染み”連続テレビ小説”の同年10月から放送がスタートした
テレビドラマ「風のハルカ」への出演で、このドラマでは”主要人物”の役所に抜擢され、さらに
撮影場所が大阪ロケであったことから、地元(東京)から通う訳にも行かず長期間”大阪”に出向く
覚悟で、”大学”に別れを告げたそうです。



引用元【サイト(YouTube)】

大学”中退”以降は”俳優業”に専念し、芸能活動を「本格化」し始めました。

その後は数々のテレビドラマをメインに、映画・舞台などで活動し”地道”に俳優人としての
“キャリア”を積んで行きます。

元からテレビドラマをメインに活動していたので、お茶の間に登場する機会が多く”役”に
恵まれれば直ぐにでもブレークする可能性があったのですが「単発」の仕事を多く、中々
“ブレーク俳優”にはなれずにおりました。

しかし徐々に知名度が広がり人気も上がり始めると”CM”にも抜擢されるようになり、大手外食
チェーン店でお馴染み「吉野家」や住宅メーカーの「ダイワハウス」等のCMに登場し、俳優
ファン達を”ザワつかせ”始めました。




すると2016年に入ると”遅咲俳優ブーム”が訪れ「斎藤工」氏「加藤和樹」氏「黄川田将也」氏、
「高橋一生」氏、「田中圭」氏などの”今を輝く”層々たる俳優人と共に「中村倫也」氏にも
注目が集まり始め”遅咲俳優人”にもブレークのチャンスが到来します。

そして2018年にNHKでお馴染み”連続テレビ小説”で放送された「半分、青い。」に出演し
主要人物”朝井正人”役に抜擢され、一挙に注目が集まり”ブレーク”を果たしました。

するとこの年は中村倫也氏にとって”当たり年”だったのか、テレビ朝日系列のテレビドラマ
“ホリデイラブ”や、日本テレビ系列のテレビドラマ”今日から俺は!!”、TBS系列のテレビ
ドラマ”凪のお暇”など、数々の”話題作”からのオファーが殺到し日本人俳優として認められる
“役者”へと成長して今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 中村倫也氏の彼女結婚事情?

まずは中村倫也氏の”タイプの女性”から見て行きましょう↓↓↓

・ ヲタクっぽい人
・ 可愛くて美人
・ バカな事を言っても笑ってくれる人
・ 料理が上手い人
・ 家事をする人
・ 言葉づかいが正しい人
・ 落ち着いた人
・ シャイな人
その他多数・・・


中々、女性のタイプには”拘り”が多いようで、そのため今だに”独身”なのでしょうか…?

中村倫也氏はデビュー当時から”三枚目”的役者としてご活躍され、それほど”ルックス”に定評が
あるとは思えませんが、外見からは予想もつかない”女性観”があるようです。

しかも”ファッション”とは言え”衣服”をしっかりと着ずに、中途半端な着方をしている女性が
苦手だそうで、そういう女生徒は友達すらご免だ!とのこと。

つまり自身の”くだらないギャク”に付き合ってくれて、家事も熟し”キャピキャピ”せず大人しく、
“外”よりも”家”が好きなタイプの「しっかりとした素敵な大人の女性」が好みの様です?

その点を踏まえて?以前”噂”された三名の女性をご紹介します。

まずは女優の「佐々木希」さん。


引用元【インスタグラム(itorin0831)】

“噂”が勃発したのは2010年頃で、”俳優の恋愛事情”でお馴染み共演による恋愛ネタからです。

二人はTBS系列で放送されたテレビドラマ”土俵ガール!”で共演しており、ヒロイン役を
“佐々木希”が務め、相撲部員役で”中村倫也”氏が出演しておりました。

実はお二人!同じ芸能事務所(トップコート)に所属しており「先輩後輩」の間柄であったらしく
普段からも仲が良かったそうです。

それを知らないファン達の間で、中村倫也氏が佐々木希さんを始めて見た時に「奇麗なお顔の
良い子だな~」と告げていたことから共演をきっかけに”熱愛”説が浮上したらしいのです。

確かに佐々木希さんは”秋田県”にもそうそう居ない”稀”にみる「秋田美人」なので、多数の
芸能人との”噂”が尽きませんが、中村倫也氏もその中の一人となったようです。

しかし、佐々木希さんはご存じの通り既に”既婚者”で、お笑いコンビ”アンジャッシュ”の
「渡部 建」氏とご結婚されました。

続いても女優の「堀北真希」さんです。


引用元【インスタグラム(horikitamaki_fanpage)】

“噂”が勃発したのは2014年頃で、こちらは「共演」絡みの”恋愛ネタ”ではなくて「友達」絡みの
“恋愛ネタ”でした。

実は当時!中村倫也氏は同じ俳優の「松坂桃李」氏とメッチャ仲が良かったのですが、
堀北真希さんと松坂桃李氏はNHKの冠番組”連続テレビ小説”の「梅ちゃん先生」で共演し、
同じ”主要役”を務めてドラマの人気に貢献しました。

そこで、松坂桃李氏から堀北真希さんに仲が良かった中村倫也氏を紹介し”交際”が始まった!と
ちょっと”考え難い”構造で?二人の”恋愛説”が「ファン達の間だけ」で広まったようです。

なので”表沙汰”ではマスコミ等から恋愛ネタで取り上げられる事もなく、両所属事務所も
対応する動きもなく、あくまでネット界だけの”噂”でしかなかったです。

結局の所は、堀北真希さんはご存じの通り既に”既婚者”で、2015年に俳優の「山本耕史」氏と
ご結婚されました。

最後に元AKB48でタレントの「小嶋陽菜」さんです。


引用元【インスタグラム(nyanchan22)】

“噂”が勃発したのは2012年頃で、”俳優の恋愛事情”でお馴染み共演による恋愛ネタからです。

二人は日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ”メグたんって魔法つかえるの?”で共演し、
さらに2014年にテレビ東京系列で放送された”アオイホノオ”でも共演しております。

なので二人は「カタカナ・ドラマ共演者」として話題になり、2作品で共演した事がファン達に
とっては”不満”だったのか?変な所(ネット界)から噂が起こりました。

しかし当時はAKB48の絶頂期であり、中でも小嶋陽菜さんは”一期生”であり、しかも独特な
“個性”がウケてメディアから引っ張りだこだったので、ファン達から”絶大な指示”を受けており
チョットやソットじゃ手の出せる女性ではありませんでした。

そんな一番輝いていた時期の”アイドル”と”二枚目”で活躍していた俳優との”恋愛ネタ”には
首を傾げる男性が多くおりました。

なので、この”恋愛ネタ”は一部の”女性ネット住民”のファン達間だけで盛り上がった話です。


スポンサードリンク


◇ 中村倫也氏の超動物が好き!

中村倫也氏は少年期から”動物”が大好きなお子さんでして、大人になった今でも動物と触れ合うことを好んでいるそうです。

実は中村倫也氏!以前このようなことをSNS(ツイッター)で呟いておりました↓↓↓


引用元【ツイッター(中村倫也)】

“公私”共に動物と触れ合っていたい思いが良く伝わってきますよね!

“動物番組”でお馴染みの日本テレビ系列で放送されている番組”天才!志村どうぶつ園”にも
ご出演されたことがあり、その動物好きの”姿”を満遍なく披露しておりましたね!

しかも”ただ好き”なだけではなく、動物に関する知識が豊富でファン達からは「筋金入りの
動物マニア」等と称されて、動物に対する”愛情”が深いことを示しておりました。

その知識は”レギュラー”出演しているアイドルグループ「嵐」のメンバー”相葉くん”も敵わず、
“面目丸潰れ”の姿を見せて、志村園長から”白い目”で見られておりました。笑;

しかし何故?そこまでして動物を好むようになったのでしょうか?

実は!”母親”の影響が大きいようで、幼い頃から母親が動物達を飼っている姿を見ていた事から
自分も動物に興味を持ち始めたらしいです↓↓↓

母親が動物や昆虫が好きで、幼少期からよく飼っていた。小学生の時、自宅リビングにハムスターの飼育ケージがたくさん並び置かれていたことから、友達に「ハムスター団地」と呼ばれていた。

※ 引用元【サイト(スポニチ)】


その「ハムスター団地」には20匹以上飼育していたらしく、夜になると騒ぎ出しうるさくて
“幼少期”の頃は眠れない時もあったそうです。

母親が動物好きで飼育していたことが、いつの間にか”家族の一員”として動物達を大切に思う
気持ちが芽生えたのかも?ですね!

ちなみに将来の”夢”として「老後は郊外に移り住み、動物をたくさん飼って生活したい!」と
話しているそうです。

最近まで飼っていた動物達は↓↓↓

・ ゴールデンハムスター
・ 古代魚
・ 熱帯魚
・ ポリプテルス

※ 現在の”生死”は不明?


スポンサードリンク


◇ 中村倫也氏の歌が上手い?

今や”老若男女”問わず、前世代の誰もが知る「ウォルト・ディズニー」シリーズ!

その中でも”不動の人気”を誇ているアニメーションはご存じ「アラジン」ですよね!

2019年度に、その”アラジン”の実写版で主人公のアラジンの”吹き替え”を担当したのが
「中村倫也」氏で”俳優業”とは違った初仕事(声優)をどこまで熟せるか?に注目が集まって
おりました。

さらに大きな話題になったのがヒロイン(ジャスミン)の声優を務めた女優「木下晴香」さんとの
コラボで、両名共に”声優”の経験が浅く、中村倫也氏は初めて!木下晴香さんもキャリア的には
豊かとは言えず、二人の”初々しさ”や”新鮮さ”がいかに発揮されるか!を関係者から期待されて
いたそうです。

また劇中で二人が行う”デュエット”に注目が集まり、事前に歌唱経験が殆どない”中村倫也”氏を
心配する声が多くあったものの、実際に合わせると”柔らかい声質と甘い歌声”が木下晴香さんの
“高音”にマッチし、さらに歌唱テクニックの”ビブラート”も使い分けていたことから、とても
“声優”が初めてとは思えぬ歌声で「聞く者達を魅了」し、当初心配された”不安”が嘘のような
「安定感」を醸し出して大きな話題になりました。




ご本人としては相当”緊張”していたらしく、思っていた程”実力”が出せず残念!等と話して
いたそうですが、関係者や観客からの反応は「上々」で、十二分な美声を披露して頂いた!と
大いに喜ばれていたようです。

果たして第二作の起用はいかに・・・?



■ 中村倫也氏のプロフィール
本名
中村 友也
読み
なかむら ともや
生年月日
1986年12月24日
仕事
俳優
出身地
東京都
所属事務所
トップコート
血液型
A型


スポンサードリンク