卓越した”演技力”と!可愛らしい”ルックス”を兼ね備え、テレビドラマから映画や舞台【さらに!】声優などの仕事を熟しながら、”マルチ”な才能を発揮されている女優でモデルの「飯豊まりえ」さん。

何やら?”役者”として!自身初となる”単独主演”での「ホラー系の映画」に挑戦され、大きな注目を浴びた模様です。


引用元【ツイッター(映画『シライサン』公式サイト 主演 飯豊まりえ×監督・脚本 安達寛高(乙一) 2020年1月10日 )】

その!ご自身初となる”単独主演”を飾ったホラー映画とは、2020年1月公開の”シライサン”です。

10年以上の”芸歴”を持つ飯豊まりえさん”21歳”にして、ようやく!”役者”として「単独主演」を飾ったモノの、記念すべき作品は「ホラー系の映画」とのことです(笑;)。

ホラー映画”シライサン”は「既にクランクアップされた」ご様子で、公開を控えながらも”ヒット”に
向けた「祈願」をされている模様です。

映画公開五日前には、”主演”を飾る飯豊まりえが【なんと!】”誕生日”を迎えられたらしく!ご自身にとっても記念すべき今年(2020年度)の新作一発目の作品が”主演作”でもあり!映画ファンや関係者から大きな”注目”を集めながら新年を迎えられたご様子です。

記念すべき”単独主演”を飾る映画公開が待ち遠しいところですが、”芸能界”での今後のご活躍が非常に期待されている「飯豊まりえ」さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(marie_iitoyo)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ 可愛いけど性格は
・ ニコルの豪邸暴露
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校


飯豊まりえさんは1998年1月5日生まれの21歳(2020年)で、ご出身は「千葉県千葉市」です。

ご出身の”千葉県千葉市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、飯豊まりえさんも(千葉県千葉市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の千葉県千葉市にある”千葉市立生浜小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”との三人家族であるため、”一人っ子”の「長女」として生まれ育ったご様子!

ご自宅では”事業”を行っているらしく”ガソリンスタンド”を手掛けている会社経営・・・との”ネット情報”が流通しているご様子です。

なので実家は相当の”お金持ち”で、更に”一人っ子”の「長女」であることから「お嬢様育ち」の可能性が高いです。

幼少から、かなりの”人見知り”であったらしく自宅に”来客”があると逃げていたのだとか?

そのためか?かけっこ(走り)が得意?であったらしく”体育祭”があるとリレーの”クラス代表”に選出されていたとのこと。

【しかも!】”男女別”ではなく「混合のリレー」とのことなので、男子も”顔負け”のスピードを誇っていたそうです。

小学校五年生の七月に、詳しい経緯は分かりませんが女性”中国人歌手”として人気があった「alan」さんの”バック・コーラス”を担当していた時期があるそうです。


引用元【ツイッター(alan_fan_music )】

なので、もしかすると小学校時代から歌の”レッスン”に通っていた可能性が高く【さらに!】当時の”alan”さんの所属事務所は、現在の飯豊まりえさんが所属している芸能事務所”エイベックス・マネジメント”と「同事務所」であることから、何らかの”関係性”があったように思えます。

【しかも!】その後”人見知りの性格”を「克服したい!」と受けた同事務所”主催”のモデルオーディション「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」にエントリーして、応募総数約800人の中から見事!「グランプリ」に輝いています。


引用元【ツイッター(さやしの )】

ちなみに、後に分かったのですが”やはり”このオーディションを知ったのは同事務所の「ダンス教室」に通っていたことからエントリーにまで至ったそうです。

その後、小学校六年生になると同事務所所属のダンス・ヴォーカルユニット”EXILE”がリリースした楽曲「愛すべき未来へ」のテレビ用CMに出演し、自身初の「CMデビュー」を飾ります。



引用元【サイト(YouTube)】

仕事の”時系列”な流れから見て、この当時から既に現在の所属事務所”エイベックス・マネジメント”に「籍」を置いていた可能性が高いと思われます。

芸能デビューを飾った小学時代を終えると、中学校も地元の千葉県千葉市にある”千葉市立生浜中学校”にご入学されました。

中学校に入ってからも”積極的”に芸能活動を行っておりますが中学”一年生”の頃に、同事務所の関連企業が行っている”若手”を輩出するためのプロモーション市場”東京俳優市場”の舞台に立ち、第2話の”ヒトカケラ”に出演して自身初の「舞台デビュー」を飾りました。

ちなみに、この頃はまだ”本名”で”芸名”であった「飯豊万理江」で活動を行っておりました。

そして翌年の中学校二年生になると、専属モデルを務めていた”ニコ☆プチ”から「ご卒業」され、芸名も本名の「飯豊万理江」から現在の「飯豊まりえ」さんに”改名”されました。

また同年には、女学生向けファッション誌でお馴染みの”nicola(ニコプチの姉妹誌)”へ移籍して同誌の専属モデルに起用されます。

この頃から、既に”同誌”で活動していたタレントでモデルの「藤田ニコル」さんと”親しく”なり、藤田ニコルさんの”家庭環境”が悪かった為に、飯豊まりえさんから”服”を貰っていたそうです。

そのため二人は今でも”ケンカ”できるほど「仲が良い」のだとか?


引用元【ツイッター(SmartFLASH )】

その後、中学校三年生の6月に専属モデルを務めていたファッション誌”nicola”の表紙に登場し、”nicola”では初となる「表紙デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(飯豊 まりえ )】

【さらに!】同年には、同じように”nicola”で活動していた「中川可菜」さん「田中若葉」さん「藤麻理亜」さんらで、”ユニット”を結成し「ニコラ盛り上げ隊」として同誌内で行われた企画(総選挙)に立ち向かいました。

すると見事!人気投票で「一位」を獲得し、後に”読者”や”ファン”応募で決まる予定であった”ユニット名”が「TiFN★」に決定したことが発表されました。


引用元【ツイッター(飯豊 まりえ )】

また、同年にはフジテレビ系列で放送されていたテレビドラマ番組”世にも奇妙な物語’12春の特別編”に出演を果たし、自身初の「テレビドラマデビュー&女優デビュー」を飾りました。

しかし当時は、初めての”女優業”であったことや”一人”での活動であったことで非常に”不安を感じて”いたらしく、”演技”が思うように行かずに何度も怒られていたそうです。

なので、ご自身の”人生”の中で初めて経験した”芸能活動”や”忙しさ”であったことから中学校のご卒業時には「中身の濃い学生時代」を振り返り、相当「号泣」したそうです。




”モデル”中心で活躍した中学時代を終えると、更に芸能活動に慢心することを決めていたらしく東京都目黒区にある芸能人ご用達でお馴染み”日出高校”の「芸能コース」にご入学されました。(現在:目黒日本大学高校)

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

但し、普通科と言っても”特化型コース別”となっているため”大学”を目指す生徒向けの「進学コース」と卒業後の”方向性”が決まっている生徒向けの「スポーツ・芸能コース」と別れております。

なので、飯豊まりえさんは”芸能活動”を行う「意志」が決まっていた為”芸能コース”を選択し、”仕事”に支障が出ないように、この”高校”を選んだ模様です。

当時の同級生には、お笑いタレントでお馴染み「岡田圭」氏の息子「岡田隆之介」氏や、専属モデルを務めていた雑誌”nicola”で同じように活動していた「中川可菜」さんが居るようです。

特に”中川可菜”さんとは「古い付き合い?」であることから”今”でも親しくしているのだとか?



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

高校一年生の頃も”専属モデル”を務めていた”nicola”の活動をメインに行い、この年だけで【なんと!】「表紙」に”9回”も出演を果たし、翌年になると自身初の「単独出演」を飾ります。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

また、同年7月にテレビ朝日系列で放送されていた特撮ドラマ”獣電戦隊キョウリュウジャー”に出演し、「役者(女優)」の仕事も熟すようになって行きます。

さらに、翌年の1月から公開された↑の劇場版シリーズ”獣電戦隊キョウリュウジャー”に出演し自身初の「映画デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(同田貫@stay home, enjoy Eorzea?? )】

高校二年生になると、専属モデルを務めていた”nicola”から「ご卒業」することが発表され、”nicola”の「まりえちゃんファンたち」から”悲痛”の声が上がりますが、同年8月からは”ティーン”から”シニア”向け女性ファッション誌”Seventeen”の専属モデルに抜擢されたことを、ご自身の「公式ブログ」で発表して”ファンたち”を安心させます。




【しかも!】同年の年末頃には、週刊漫画雑誌でお馴染み”週刊ヤングジャンプ”にて、自身初となる水着の「グラビア姿」を披露して、一挙に”若い世代”の男性達から注目を集め出し、「大人の女性」へと”一歩”前進させます。

一方、”テレビドラマ”でも数多くの”話題作”に出演し、特にTBS系列で放送されたドラマ”S~最後の警官~”に出演した時には、女優の「新垣結衣」さんに似ている美少女は誰だ!と世間をザワつかせたことがありました。



引用元【サイト(YouTube)】

【さらに!】同年7月にフジテレビ系列で放送されてたテレビドラマ番組”あすなろ三三七拍子”に
出演を果たし、着実に”女優”としての「キャリア」を重ねて行きます。

またこの頃からは”テレビCM”からの出演オファーも増え始め、お茶の間にも”知名度”が広がって行きます。

高校三年生になると”モデル”から「女優業」の方が”メイン”になり出し、同年に放送されたNHKの冠番組”連続テレビ小説”の「まれ」への出演を果たし、自身初の「連続テレビ小説デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

【さらに!】”各局”の「話題ドラマ」に数多く出演を果たすものの「単発」での出演が多かったことで、中々「ブレイク」までには達しておりませんでした。

その後も女優業をメインに活動をされており、高校も”芸能コース”であったことから!大学には「進学せず」に、高校卒業後は芸能活動を”本格化”させて行きます。

社会人になると”女優”をメインに”単発”でのテレビドラマ出演で活動し【さらに!】毎年”1作品”へは必ず”映画出演”するようになって行きます。

【すると!】2017年にTBS系列で放送されたテレビドラマ”マジで航海してます。”に出演、当時同じようにファッションモデルや女優業で活動していた「武田玲奈」さんとの”W主演”を果たし、自身初のテレビドラマ「W主演」を飾りました。


引用元【ツイッター(映画ナタリー )】

【さらに!】同年にはテレビ東京系列で放送されたテレビドラマ”居酒屋ふじ”に出演し、ヒロイン役の”鯨井麻衣”に抜擢され、確実にドラマ関係者やファンたちから注目される”若手女優”へと成長して行きます。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

また、演じる役所も”清純派”に相応しい「清潔で穢れの無いキャラ」や、育った環境から既に身に備わっている「お嬢様キャラ」、一方では「コミカルな明るいキャラ」、学生っぽい雰囲気を醸し出している「大人しいキャラ」など、”作品”の「監督」が求める”キャラ”に沿うような”演技力”を発揮するようになります。

特に”記憶”に新しいところでは、2019年にテレビ朝日系列で放送された人気医療系ドラマ”白い巨塔”に出演し、浪速大学医学部第一外科の元教授「東貞蔵」の娘役「東佐枝子」を担当し見事な!”お嬢様キャラ”を務め上げました。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

一方の”モデル業”では2018年6月に、長らく務めてきた”Seventeen”の「専属モデル」から!ご卒業されます。

しかし、同年からは女性向けファッション雑誌”Oggi”への「レギュラー出演」を行うようになり、翌年(2019年3月)からは専属モデルに抜擢されております。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

【すると!】2018年頃から着実に”芸能界”での活動を慢心し始め、2020年に公開される映画(シライサン)では、自身初の”単独主演”を飾ることが決まっておりますので、これからの”芸能活動”を【さらに!】飛躍させて行くことでしょう。


スポンサードリンク


◇ 可愛いけど性格は


“ファッションモデル”を足掛かりに「芸能界デビュー」を果たした飯豊まりえさんですが、今では数多くの話題作”ドラマ”や”映画”に出演する機会に恵まれ、”メディア”への露出度が増えたことで”モデル”よりも「女優」として”定着”しつつある「正統派女優」さんですよね♪


引用元【インスタグラム(marie_iitoyo)】

大きな”ブレイク”は、まだ達成していたいものの着実に女優のキャリアを積んでいる人気若手女優の一人です。

そんな”気”になる若手女優の飯豊まりえさんですが、”ルックス”が可愛いのはもとより”本心”のキャラ(性格)も気になる所ではないでしょうか?

最近では”バラエティー番組”などにも出演されるようになり、徐々にご自身の”プライベート”な部分も明らかとなってきておりますが、先日出演したバラエティー番組ではご自身のことを「おっちょこちょい過ぎて困っている!」等と語っておられました。

その内容はと言うと「持ってきたはずの物が無かったり、ゴミと一緒に大切なものも捨てたり」挙句の果てには「お腹一杯(満腹)なことを忘れ、行きたかったラーメン店に出向き何も食べずに戻ったり」と、かなり”やらかしている”ご様子!

【しかも!】どうしてその様な”行動”を取ったのか?記憶にないとのこと!?

【さらに!】共演していた中学校モデル時代からの親友「藤田ニコル」さんによれば、ストレス発散の一種なのか?勝手に楽屋(控室)に来ては「自分の言いたいことを放って帰る!」模様です。

もしかすると、飯豊まりえさんと言えば”お嬢様キャラ”で有名で、幼い頃から”裕福”な生活で育ってきたことは良く知られている話ですが、何も”苦労”することがなかった分、今になって”普通”のことが「当たり前に行えない性格」になってしまったのでしょうか?

あるいは、元から「天然」の”キャラ”を兼ね備えていた(笑;)可能性もありますね!

いずれにしても”ファンたち”からは、そんな部分も含めて親しまれているようなので、総合的に「性格は良さそう!」との”高評価”を得ているご様子です。


スポンサードリンク


◇ ニコルの豪邸暴露


飯豊まりえさんは”ティーン”向け女性ファッション誌でお馴染みの”ニコプチ”や”nicola”の出身であることは有名な話ですが、そこから何故「お金持ち説(実家が豪邸)」が浮上するようになったのでしょうか?

【実は!】それらのファッション誌で”専属モデル”を担当していた時に「私服特集」と言う”企画”が模様されたことがあり、着用していた私服がどれも高級(高そうな服)であった事から、そのような”説”が伝えられるようになった!ことが「有力」とされております。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“掲載”されている衣服の”値段”が自己申告か?あるいは雑誌担当者の”予想”なのか?は定かではありませんが、見るからに高級そうな私服であることは一目瞭然だと思います。

【しかも!】表示されている衣服の”値段”は全て「数万単位」のものばかり!

安くても5,000円を切っている衣類・アクセサリーはありませんよね!

【さらに!】「ママのおさがり」と記されているバッグは”高級メーカー”の「ルイヴィトン」で、このモデル当時は「中学校~高校」にかけての時代であるはずですから、その年代で既に高級品「ヴィトン」を手にしていた!ことになります。

また、他にも私服姿の写真が掲載されておりますが、やはり周りのモデルに比べると遥かに「レベルの高い私服」を着用していることが、直ぐに分かります。

ただ「モデルの”ギャラ”で自ら買った!」可能性もありますが、”学生”の出演料で【しかも!】他にもたくさんの”専属モデル”を抱えている人気雑誌なので、余程の人気を博さない限り、一点!数万円近くする”アイテム”を購入できるとは容易に思えませんよね!

そのことからも「お金持ち説」に”拍車”がかかった理由の一つです。

そして「トドメ的暴露」を放ったのが、同じモデル仲間で中学時代からの親友「藤田ニコル」さんが伝えた「衝撃的な事実」でした!

【実は!】飯豊まりえさんが中学校二年生の時に専属モデルを担当していた”ニコ☆プチ”から、その姉妹誌でもある「nicola」に移籍されました。

その時も専属モデルに抜擢されたのですが、同様に藤田ニコルさんも同誌でご活躍されており、そこで二人が”知り合い”「息投合」して仲良くなったらしいのです。

当時、藤田ニコルさんは”ほぼ無名”のモデルでしたから”ギャラ”も少なく【さらに!】ご自宅が相当!の”貧乏”であったことから「私服」を買うのも容易なことではなかったそうです。

そのため、親友の飯豊まりえさんから”私服”を「恵んで貰っていた!」とのことなのです。

【しかも!】その私服の”質”が相当”良かった”だけに、雑誌の撮影でもその服を”着用”してモデルの仕事を熟していたのだとか・・・?

飯豊まりえさんにしてみれば「良心」で”軽い気持ち”で差し上げていたのでしょうけど、藤田ニコルさんにしてみれば、高価な服を”気楽に”プレゼントする彼女を「お金持ち」と感じるのは、ある意味”当然なこと”なのでしょうね!

その過去を以前出演した”バラエティー番組”で暴露?した事で、より一層「飯豊まりえ」さんの”お金持ち説”の「信憑性」を高める形となったのです。


引用元【インスタグラム(marie_iitoyo)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ MV

・ 2008年に、”alan”が手がけた作品”懐かしい未来?longing future?”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(たか&のり@山活diet部(未公認) )】

◇ テレビ番組

・ 2009年に、TBS系列で放送された番組”メガデジ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2009年に、”EXILE”が手がけた企業CM”愛すべき未来へ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2010年に、”エイベックス”によって公開された舞台”東京俳優市場 2010春”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ ファッションショー

・ 2010年に、”福岡アジアファッション拠点推進会議”が行ったイベント”福岡コレクション2010 『DoFamily』”に出演され「ファッションショーデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2011年に、”新潮社”が手がけた作品”ニコ☆プチ”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(飯豊 まりえ )】

◇ テレビドラマ

・ 2012年に、フジテレビ系列で放送された番組”世にも奇妙な物語”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(hanaガール )】

◇ 映画

・ 2014年に、”東映”によって公開された映画”獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ミア@脱流木 )】

◇ ネットドラマ

・ 2017年に、dTV系列で放送された番組”パパ活”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ゼブラ(zebra-meiji) )】

◇ 写真集

・ 2018年に、”集英社”が手がけた作品”NO GAZPACHO”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(週プレ@グラビア )】

◇ 吹き替え

・ 2019年に、”東宝”が制作した作品”名探偵ピカチュウ”に出演され「吹き替えデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(?わっち? )】

◇ アニメ映画

・ 2020年に、テレビ東京系列で放送された番組”ポケットモンスター”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(アリSKET )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
飯豊 万理江
読み
いいとよ まりえ
生年月日
1998年1月5日
仕事
女優・モデル
出身地
千葉県千葉市
所属事務所
エイベックス・マネジメント
血液型
B型