日本の”芸能史”の中で「女子3人組アイドル」の”元祖”と言えば、1970年代に活躍されたアイドルグループの「キャンディーズ」はご周知の通りですが、その”メンバー内”で唯一!「現役」でご活躍されている女優でナレーターの「伊藤蘭」さん。



引用【サイト(TRYSOME)】

何やら?2020年度に、全国で開催予定である「伊藤蘭コンサート・ツアー2020」が!同年に発生した、”全世界”で猛威を振るっている「新型コロナウイルスの感染予防」の影響から、次々と「延期・再延期・中止」に追い込まれているそうで、大きな話題となっているご様子です。

伊藤蘭さんの”ご年齢”からすると、今までに「様々な困難に遭遇されて来た」と思われますが、今回の「難題」は相当!”厄介な症状”らしく、思いのほか「一筋縄では行かない現実に直面されている」模様です。


引用元【ツイッター(伊藤蘭情報【skyrandies】キャンディーズ )】

伊藤蘭さんの”コンサート活動”は、2019年6月中旬より!”TOKYO DOME CITY HELL”で開催された「あれから41年…奇跡のソロ・デビュー・コンサート」を皮切りに、”大阪NHKホール”などでも執り行われ!往年の「キャンディーズファン」や「ランちゃんファン」たちを、大いに盛り上げたのです。

なので、”キャンディーズ”のメンバー内で【唯一!】”女優業”や”ナレーター業”などの活動を行っている伊藤蘭さんに対して!今でも”根強いファン”たちから親しまれ「たくさんのファンが存在することを物語っていた」だけに、今年(2020年)の”コンサート開催”を!楽しみにしていたファンが大勢いた模様です。

一方の”ご本人”も、コンサート開催の”宣伝告知”のために!多数のメディアに出演されて「昨年以上の規模に拡大された旨を紹介しながら盛り上げていた」のですが、次々と公演の”延期”や”再延期”に追い込まれて「開催の実現までも危うい状態」に陥ってしまったのです。

ファンたちのためにも、必ず”実現”出来ることを祈りつつ!伊藤蘭さんについて紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ キャンディーズの解散理由とは?
・ 娘とは?
・ 韓国とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


伊藤蘭さんは1955年1月13日生まれの65歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、伊藤蘭さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の東京都にある”武蔵野市立大野田小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”六歳年上の兄”が居て、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、母親が”洋裁教室”を行っていた関係で!その日に製作された、子ども用”洋服”の「モデル(試着)をさせられたり、伊藤蘭さん用に作られた洋服を着せられたり【まるで!】「着せかえ人形」のように!何度も着替えをさせられていたそうです。

なので、”幼心”でも自然に「オシャレに対する拘りが芽生えていた」らしく!今の”ファッションセンス”の良さは、既に!この頃から「磨きが掛かっていた」可能性が否めません。

一方で、”体”を動かすのが大好きな少女であり!”室内”よりも「野外で遊ぶことが多かった」ことから、比較的に”真っ黒”に「日焼け」していたそうです。

その割に、非常に「内気な少女」であり!今の”お姿”からは想像がつきませんが、人前に出るのが苦手な「恥ずかしがり屋さんであった」とのことです。

【ところが!】小学校三年生になると、学校で模樣されたイベント(学芸会)で「司会者を担当した」ことが、大きな”ターニングポイント”につながり!今まで”心”に抱いていた「内気な性格(心理)が”克服”されて」人前に出ることに「抵抗感が無くなった」そうです。

また、小学校六年生の時に!六歳年上の”兄”が「バンド」を行っていた関係で、ご自身も「音楽に興味を抱くようになった」のです。

地元で通っていた小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”杉並区立荻窪中学校”にご入学されました。

その時も、母親の”職業”を生かして!ご自身が”着用”していた「制服」は【なんと!】母親の「手作りのモノを身に着けていた」とのことです。

中学校時代に入ると、元から「口数の少ない内気な性格(心理)」であったことから【さらに!】それを”克服(改善)”するためにと「口数が必要な演劇部」に入部されます。

また、幼少期から「体を動かすのが大好きな少女であった」ことから!その当時、流行していた”フォーリーブス”のバックダンサーを勤めていた「スクールメイツの”ダンス”」に興味を抱き初め、”将来”の夢は「ダンサーになりたい」と、本気で考えていたそうです。

【すると!】中学校三年生の時に、当時!”芸能人”の養成に力を入れていた「有限会社東京音楽学院」に、自ら応募されて!念願であった「スクールメイツのメンバー入り」を果たします。

ちなみに、有限会社東京音楽学院とは!今でも音楽に関する専門的レッスン(声楽・楽器類)などは行っているモノの「レッスン料が高い」として有名です(笑;)。

そのメンバー内には、後に”アイドル人生”を共にする「故・田中好子」さんや、”歌手”として大成功を収める「太田裕美」さんが居りました。

その後、”スクールメイツ”のレッスンに参加するモノの!元から「内気な性格(心理)」であったことから、他のメンバーに比べて「目立つ存在では無かった」とのことです。

”夢”の第一歩を踏み出した!中学時代を終えると、高校も地元の東京都杉並区にある”日本大学第二高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

但し、現在のこの高等学校は「中高一貫教育」となっており!伊藤蘭さんは”高校”から進学されておりますので、当時は「入試を受けた上でのご入学」の可能性が高いです。

【さらに!】今も昔も”男女共学”なことに、変わりはありませんが!伊藤蘭さんの時代は「男子部と女子部に分かれていた」とのことです。

また、”部活動”も非常に盛んで!中高一貫校の”強み”でもある「六年を通しての指導」が可能であり、運動部から文化部に至るまで!様々な”部活動”が設けられております。

なので、この学校を育った”著名人”たちも非常に多く!政治・経済者からスポーツ選手【さらに!】芸能・マスコミに至るまで、あらゆる”分野”の中で「現役でご活躍されている有名人たち」が、数多く存在しております。

伊藤蘭さんの高校時代は!既に”スクールメイツ”に加わって活動を行っていたことから、”部活動”には参加されておりません。

高校時代の詳しい情報が無いので、学校生活や私生活【さらに!】成績などは、一切!分かっておりません。

但し、高校三年生の1972年に!”スクールメイツ”で共にしていた「故・田中好子」さん一緒に、当時!”歌唱番組”として大きく人気を集めていた、NHKが放送していた番組「歌謡グランドショー」の”マスコットガール”のオーディションに参加されて、見事に”合格”を果たすと!同じ”合格”を得ていた「故・田中好子」さんと「藤村美樹」さんと共に「キャンディーズ」が結成されたのです。

もちろん、”マスコットガール”としての活動であったことから!仕事の大半は、番組の”宣伝広告”や”アシスタント業務”などがメインであり「芸能人らしい活動」は行っておりませんでした。

なので、この当時は!後にこの”三人”が「日本を代表するアイドルグループに成長する」とは!誰もが想像すらしていなかったのです。

芸能界に近づいた高校時代を終えると、大学に進学されて!東京都千代田区にある”日本大学”の「芸術学部演劇学科」に、ご入学されます。

大学時代に入ると、ようやく「キャンディーズ」としての活動が!本格的にスタートされると、徐々に”知名度”が広がり「ファンが付き始めた」ことから、個々に”愛称”で呼ばれるようになります。

伊藤蘭さん  ⇒ らんちゃん
田中好子さん ⇒ スーちゃん
藤村美樹さん ⇒ ミキちゃん


“可愛い愛称”で親しまれる様になると、人気も急上昇し始めて!”キャンディーズ”として初となる「歌手デビュー」を果たす事となります。

【すると!】1973年に、楽曲「あなたに夢中」をリリースされて「歌手デビュー」を飾り!故・田中好子さん(スーちゃん)が”メインボーカル”を務めた「新生キャンディーズ」が誕生したのです。

“歌手デビュー”を果たした、1975年2月には!”5th”のシングル曲「年下の男の子」をリリースすると、見事に!”大ヒット”を記録されて、オリコンチャートでは!自身ら初となる”トップ10”にエントリーされ【さらに!】この曲を引っさげて、”年末”に行われたNHK紅白歌合戦に「歌手としての出演デビュー」を飾りました。

【実は!】この曲(年下の男の子)がリリースされる前までは、”人気”はあるモノの!中々”ヒット”に恵まれない期間を過ごしており!それまでに”センター”を務めていた”故・田中好子さん(スーちゃん)”から「伊藤蘭さんにチェンジした」頃から、急激に”人気”が集まり始めて!レコードのセールスが大幅にアップしたことから「人気アイドルグループへの足掛かりを見つけた」のです。

後に分かったのですが、この”曲(年下の男の子)”を制作された「穂口雄右」氏によると!楽曲の”イメージ”の参考としたのが、この曲から「センターを務めることになった伊藤蘭さん」とのことで、”5th”のシングルを制作する”段階”から、既に!伊藤蘭さんの「センター像を構想していた」のです。

それが見事に!ハマって、”大成功”を収めたのです。



引用【サイト(FANDOM)】


スポンサードリンク


◇ キャンディーズの解散理由とは?


“キャンディーズ”の大躍進によって「アイドルブーム」が到来し、日本の”音楽業界”は「アイドル一色の時代」へと、突入を始めました。

【ところが!】デビューから、たった”約五年”後の1977年に!東京都千代田区の”公園内”にある「日比谷野外音楽堂」で行われた「キャンディーズのコンサート」で、突如!グループを「解散すること」が発表されて、会場に居た多くのファンたちからは”どよめき”が起こり!各メディア関係者からは「驚きの声」が響いたのです。

“解散”が告げられたコンサートの、最後付近に放った!伊藤蘭(らんちゃん)の名言「普通の女の子に戻ります」が、今では彼女たちの”代名詞”として!多くのファンたちの「記憶の中に残っている」のですが、あまりにも”突然”の発表で!その”破壊力”と言ったら、相当な!”モノ”でした。

あまりにも、突発的な「解散宣言であった」だけに!その”解散理由”については、様々な”憶測”が伝えられ、”SNS”など無かった時代だけに!一時は”ファンたち”の間で「紛争が起こるほどの激しさ」を見せたのです。

しかし、結論的な”解散理由”に挙げられたのは【実は!】”キャンディーズ”が結成させる際に、自分たちで「三年で活動を辞めると決めていた」ことからでした。

なぜ「三年に決めていたのか」と言うと、キャンディーズで”一番年下”であった「田中好子」さんが!グループ結成後の”三年後”に「成人を向かえる年であった」ことから、その”節目の年”に合わせて、アイドル業界から「卒業すると決めていた」ようです。

但し「大人の関係」で!”二年間”だけ伸びたご様子であり、結局「五年間の活動となった」モノの!当初の「プロダクションとの契約は”三年間”であった」とのことです。

また、今では考えられませんが!その当時のアイドルの”寿命”は「二十歳まで」と、阿吽の呼吸が業界内に漂っており!その”年令”を過ぎると事務所側も「活動内容を変更したり、扱い方に変化が伴った(引退を迫った)」ようです。

【さらに!】伊藤蘭さんに限って見れば、学生時代から「内気な性格(心理)」であり!その当時に”克服(改善)”をされたモノの「超売れっ子アイドル」となっていまった以上!ファンの”視線”や、メディアの”注目”が、想像上に厳しかったご様子で!順調なグループの活動中も「心から楽しむことが出来なかった」ことから【寧ろ!】”歌手”よりも「女優」に憧れを感じていたそうです。

【しかも!】他のメンバーも、当時としては”異常”な程の人気ぶりであった!だけに、寝る暇も無く「働かされていたことに飽き飽きしていた」らしく!”解散”が近づいた頃には「普通の女の子に戻りたい」と、”本気”で思っていたそうです。



引用【サイト(フォト蔵)】


スポンサードリンク


◇ 娘とは?


伊藤蘭さんは、1989年1月に!俳優の「水谷豊」氏と”ご結婚”をされて、現在までに「一人娘さん」を授かっております。

“水谷豊”氏とは、日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ「あんちゃん」での”共演”がキッカケとなり「交際をスタートさせた」のです。

【実は!】”水谷豊”氏は、昔から「キャンディーズの大ファン」であり!特に「らんちゃんとの共演」が決まった時には「宙に舞う程の嬉しさであった」とのことです。

当時の”水谷豊”氏は「二枚目を気取っていた」こともあり!”アイドル”との共演には「前向きではなかった」のですが、お相手が”キャンディーズ”で【しかも!】”伊藤蘭”さんと聞いた!だけで「即効で承諾をされた」らしく【しかも!】あまり”メディア”に登場する機会を設けていなかった水谷豊氏ですが「らんちゃんと一緒なら…」と、”雑誌”などの取材に応じたことから!ファンや関係者の間から「驚きが起きた」のです。



引用【サイト(Muuseo)】

その後、”ご結婚”を果たされると「ハワイでの挙式シーン」が!ほとんどの”ワイドショー”から報じられて「その姿に憧れた女性たち」が!たくさん現れたことから、”ハワイ”で挙式を上げる日本人カップルが”急増”したのです。

ご結婚後の1990年に、二人の間に”一女”が授かり!その時に誕生された娘さんが、現在の「趣里(しゅり)」さんです。



引用【サイト(ザ・テレビジョン)】

現在は、母親と同じく!「女優として活動中」ですが、幼い頃から「超”お似合い”カップルの娘」として!多くの注目を集めながらの生活であったので、何れは「芸能界に進むと誰もが感じていた」ようです。

但し、小さい頃は「クラシックバレエ」に取り組んでいたらしく!その当時の”ご本人”は「バレリーナになることを夢見ていた」とのことです。

“初舞台”に上がったのは、”6歳”の頃であり!自身が最も憧れてた作品「くるみ割り人形」に出演されて【しかも!】”主演”に起用されたことから、なお一層!「クラシックバレエへの憧れ」が!強くなったご様子です。

高校時代になると、バレエの本場である”イギリス”へ渡り!地元の”レッスン”を体験する中で、バレエに対する思いが「一段と強くなり初めた」ことから、無我夢中でレッスンに取り組んでいたそうです。

しかし、それが”裏目”となり!バレエの”命”でもある「足のアキレス腱」を痛めて、それが原因で「バレエのレッスンが困難となった」ことから、一時「活動を休止」されて治療に専念されます。

その後、”バレリーナ”を諦め切れずに!リハビリを行いながら「復帰に向けて治療を続けた」のですが、思うような”復活”が出来ず「バレエに対する向上心を失った」ことから、諦める事となります。

その後、”定職”には付かずに「アルバイトで生計を立ていた」らしく!諦めたはずの「バレエで培った表現者としての思い」を、いつまでも消すことが出来なかったことから!”役者”を目指して「演技学校にご入学する事」となります。

もちろん「名俳優の二人から生まれた子供」なので、その”DNA”は直ぐに目覚め始めて!”表現人”としての「面白さに気づき始めた」ことから、本格的に”女優”を目指すようになります。

子供の頃から「親の背中を見てきた」だけに!”その道”へ進むことへの「厳しさ・苦しさ・辛さ…など」を理解していたことから、”戸惑い”や”不安”を抱えながらも「強い覚悟で臨まれた」ご様子で!演技学校で、”女優”に向けてレッスンを担当してくれた「塩屋俊」氏の”献身的”な協力のお陰で!”ヘコタレル”ことなく「役者道に精進された」模様です。

恐らく、担当していた”塩屋俊”氏も!名俳優の”水谷豊”氏と”伊藤蘭”さんの「娘さんであることは、当然!知っていた」上で、大きな”期待”を込めてレッスンに臨まれていたことでしょう。

その後、ご自身の初となる「女優デビュー」を飾った作品が「3年B組 金八先生ファイナル~ 最後に贈る言葉」であり!”初出演”とは思えぬ「堂々とした演技ぶり」を披露されて、”レギュラー”出演と勘違いさせる程の「ドラマに溶け込んだ姿」で、輝かしい”デビュー”を飾ったのです。

その後も、数々の”人気”ドラマや”話題作”映画などに出演されて!親に劣らぬ「個性派女優」としての雰囲気を醸し出し、出演する”作品”の「人気集め」に大きく貢献されます。

多くの方は「女優としての趣里さんのイメージ」は、以前TBS系列で放送された医療ドラマ「ブラックペアン」に出演された時の「女医役」に、強く感じているそうです。

【しかも!】この時の”ドラマ”を通して、趣里さんが「名俳優の”娘”であることを知った方」が!非常に多くいたそうです。

確かに”ドラマ”を見る限り、その”個性的”な演技からは!父親の”水谷豊”氏の「雰囲気」を感じられず【さらに!】”演技派女優”として名高い!母親の”伊藤蘭”さんの「面影」すら!感じさせない「独特の演技」を披露させていたことで【まさか!】「二人のお子さんだと気づく方」が、居なかったのでしょう。

また、ドラマ内で演じていた”女医(猫田麻里)”の役柄も!趣里さんのイメージとは結びつかない「クールな医療従事者役であった」ことから、なお一層!「この子は誰だ?」と感じた方が多く居たようです。

それでも、母親の”伊藤蘭”さんは!2011年頃から、テレビ朝日系列で放送されている人気ドクターシリーズの「木曜ドラマ DOCTORS~最強の名医~」に出演されて、女医の”皆川和枝”役を演じていることから、その意味では「同じ女医役の一面」を覗かせているのです。

子供時代は、近所でも評判の「母親(欄さん)に似ている娘」等と、呼ばれいたそうですが!今の”お顔立ち”を見る限り、両親とは「似つかぬ”お顔立ち”に育った」模様です。



引用【サイト(シェアチューブ)】

なので、両親とは全く違った”個性派女優”として!徐々に”キャリア”を積んでいるご様子です。

最近では、日本映画の”祭典”としてお馴染みの「アカデミー賞」において!”最優秀主演女優賞”でを獲得されたり、”アカデミー賞新人俳優賞”に選考されるなどの「躍進ぶり」を見せておりますので、今後のご活躍が楽しみです。


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
上野樹里の話|インスタで朝顔は天然娘の一人好きなことを暴露
“個性派女優”として人気が高く、最近!特に”女医役”でのご活躍が目立ち、テレビドラマに引っ張りだこの女優「上野樹里」さん!何やら?2020年3月にご自身の公…
https://www.restcma01.com/material_talk/instu_actress/ueno_jyuri_ina/

矢口真里の話|元モー娘であり結婚&出産後もスッピンは現役級
“超”売れっ子アイドルグループ”モーニング娘”の元メンバーでありながら、”不倫アイドル”の「汚名」で世間をザワつかせたタレントの「矢口真里」さん!何やら?…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/instu_woman_talent/yaguchi_mari_ina/

後藤久美子の話|ごくみブーム再来|ハーフ説|娘はエレナ|小中高校
1986年頃に、日本では稀に見る「美少女が登場した!」として旋風を巻き起こした子役出身の女優でタレントの「後藤久美子」さんが、1996年頃に元F1レーサーであ…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/actress/goto_kumiko/



スポンサードリンク


◇ 韓国とは?


伊藤蘭さんには、以前から「韓国人説」が伝えられることがありました。

しかし、伊藤蘭さんは!生まれも育ちも”都会人”であり!ご両親も”日本人”であることは、間違いないので「生粋の日本人」です。

では、なぜ!”韓国人”と勘違いされるケースがあるのでしょうか?

その大きな”要因”として、”韓国ドラマ”では!スッカリお馴染みとなった、日本の”オバサマたち”から絶大な人気を誇ったテレビドラマの「冬のソナタ」で、ヒロインを演じた「チェ・ジウ」さんに「とても良く似ているから」と、言われているからなのです。



引用【サイト(WoW!Korea)】

“横顔”の雰囲気は、どこか「似ている面影」を感じますが!”輪郭”や全体的な”膨らみ”意外の「各パーツ」は、然程!似ているとは言い難いと思われます。

但し、透き通った”美白”や!瑞々しくて艶のある”美肌”などは【まさに!】”そっくり”と言っても過言ではないでしょう。

それと、もう一つの”要因”として!韓国人の名前の”姓”の中で、一番多いのが「金」とのことですが!それに続いて多いのが「尹(ユン)」の文字も多いようです。

この「尹(ユン)」の文字自体が、”伊”藤蘭さんの苗字「伊」に!非常に似ていることから「韓国人の中で勘違いをされた方」が、多く居た模様です。

日本では、”伊藤”の苗字など「珍しいモノではない」ことから、”外人”と勘違いされるケースなど!あり得ない話ですが、”漢字圏”の「中国や台湾」【さらに!】”ハングル圏”の「韓国」などでは、似ている”文字体”が多いことから、勘違いされるケースがあるようです。

そのため、”ご自身”よりも!親が「在日韓国人ではないか…など」と”噂”されたケースもあるらしく!それを根拠に、”韓国人説”が生まれた可能性もあるようです。


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
伊藤蘭キャンディーズ解散秘話を披露?気になる娘とは?韓国との関係は?
日本の「女子3人組アイドル」の元祖と言える1970年代に活躍していたアイドルグループ「キャンディーズ」の一員「伊藤蘭」さんが日本テレビ系列で放送されているトー…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/actress/ito_ran/

HKT48宮脇咲良の今と昔!韓国語力はどうなん?韓国で変わり過ぎ?
日韓国悪化に伴って「アイドル界」までその影響が出始めている昨今、日本アイドル界でも代表的存在のAKB48グループの姉妹グループ「HKT48」メンバー「宮脇咲良…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/woman_idol/miyawaki_sakura/

吉田羊アナ雪2へ!|歌うまHITSUJIとは|チェジウ似で韓国人|若い頃はモテた
“後咲女優”で”個性派俳優”、言えば誰を思い出しますか?昭和生まれ(1970年代)の方なら大塚製薬”ポカリスエット”のCMでお馴染みの「吉田羊」さんではな…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/actress/yoshida_yo/



スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 1980年に、TBS系列で放送された番組”春のささやき”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(伊藤蘭情報【skyrandies】キャンディーズ )】

◇ 映画

・ 1980年に、” 日本アート・シアター・ギルド”によって公開された映画”ヒポクラテスたち”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(BON )】

◇ CM

・ 1980年に、”イオン”が手がけた企業CM”ライオン エチケットαライオン “に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(山本寛 )】

◇ 舞台

・ 1981年に、”夢の遊眠社”によって公開された舞台”少年狩り”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(伊藤蘭情報【skyrandies】キャンディーズ )】

◇ ラジオ

・ 1982年に、”ニッポン放送”局が放送した番組”伊藤蘭 通りすぎる夜に”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(キャンディーズMemo )】

◇ ネットドラマ

・ 2018年に、Hulu系列で放送された番組”ミス・シャーロック/Miss Sherlock”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

◇ アルバム

・ 2019年に、”ソニー・ミュージック”が手がけた作品”My Bouquet”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(産経ニュース )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
水谷 蘭
読み
みずたに らん
生年月日
1955年1月13日
仕事
女優・歌手
出身地
東京都武蔵野市
所属事務所
トライサム
血液型
O型