日本の”女優界”の中でも、最も「個性派」と呼ぶに相応しい役者の一人であり!”芸能界デビュー”当初は「小悪魔的な美少女」として、多くの男性を虜にされたタレントで女優の「岩佐真悠子」さん。

何やら?最近、世間をザワつかせている「検察庁法改正案」について!多くの”芸能人”たちが「反対に賛同するツイート」をされて、”巷の話題”となっているご様子ですが!その中に、往年の女優「岩佐真悠子」さんも”噛み付い”たらしく、根強いファンたちから「歓迎の声」が!非常に多く寄せられている模様です。

岩佐真悠子さん”33歳”にして、久しぶりの「メディア登場」で!世間のファンたちを”喜ばした”ご様子です。



引用【サイト(ザ・テレビジョン)】

岩佐真悠子さんと言えば、2013年12月に、映画監督で脚本家の「吉田良子」さんが手掛けた映画「受難」に、”主演”で起用され!世の男性たちの”度肝”を抜く「大胆な姿」を露わにされて、その年の”映画祭”では「女優賞」などを獲得され、その”存在ぶり”を披露されておりました。

以前までは、数多くの”人気”テレビドラマや”話題作”映画などに出演され【しかも!】”主演”や”ヒロイン”級の役所に起用されるなど、多くの”男性ファン”から支持されている「個性派女優の一人」として、人気を集めていた役者です。

【さらに!】”演技力”だけではなく、アイドル級の”ルックス”と!持ち前の「ダイナマイトボディー」でも、多くの男性を魅了されて「グラビアの世界でも活躍された」女性でもあります。

多くの男性たちから愛された、その”スタイル”とは!スリーサイズは「B83・W58・H86」であり、バストは「Dカップ」の【まさに!】”ダイナマイトボディー”と呼ばれて相応しいスタイルを兼ね備えていたのです。


引用元【ツイッター(30%OFF!アイドルの水着動画 )】

【さらに!】”芸歴”が長くなるにつれて、グラビアや女優業の他に「タレント業」なども熟すようになり、”ファン”でも知り得なかった”独特”な「語り口や表情」を現し始めると、意外にも「毒舌キャラ」であることが明らかとなり!一時期、世間からは「悪女や女王様」等と呼ばれるようになると、瞬く間に「個性的なキャラ」を発揮初めたのです。

【しかも!】”バラエティー番組”などにも進出し始めると、今までの”役柄”や”経歴”【さらに!】男性を”虜”にする「ダイナマイトボディー」を兼ね備えていたことから!世間からは「スケバンやヤンキー」のイメージが、定着される様になったのです。

しかし、”一時期”を過ぎた頃から!”メディア”や”ドラマ作品”から、一切”姿”を見せなくなり!多くファンたちから「心配する声」が、非常に多く伝えられていたのです。

なので、様々な”憶測”が!世間やネットで広まり始めた頃に、日本テレビ系列の人気バラエティー番組「有吉反省会スペシャル」に出演することが決まったらしく!その「宣伝・告知」を、ご自身のSNSで発表されて、多くの男性ファンの注目を集めたのです。


引用元【ツイッター(PLATINUM PRODUCTION )】

その気になる”往年”の女優、岩佐真悠子さんについて紐解いて行きます。



追記)2020年10月1日、岩佐真悠子さんは日本の芸能界から引退をされました!!


一報は、ご自身の公式SNS(インスタグラム)で発表された模様です。


引用元【インスタグラム(mayuko.iwasa)】

今後の”活動”は、社会貢献の一環として「介護職」につくらしく「新しい道に専念して精進したいと思います」と綴っている所を見る限り、恐らく!多くのファンを抱えながらも「芸能界復活」は無さそうです。

また、所属していた芸能事務所(プラチナムプロダクション)も「円満退社」をされたご様子なので、”芸能ニュース”で盛り上がることも無さそうです。(笑;)

新たな”船出”を祝うと共に、今後のご活躍を期待しております。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 結婚相手とは?
・ 劣化したとは?
・ 元ヤンキー説とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


岩佐真悠子さんは1987年2月24日生まれの33歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と兄の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、岩佐真悠子さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の東京都”杉並区内”にある学校に!ご入学されておりますが、所在地などは分かっておりません。

また、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”四歳年上の兄”と”二歳年上の兄”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

母親が、元”ピアノ教師”であったことから!その影響を受けて、小学校時代に”ピアノ”のレッスンに通っていた模様です。

【ところが!】ご自身の”性格”が、非常に「活発的な少女」であったことから!”落ち着き”が無く【しかも!】”怪我”の絶えない子供であり、一時は「何針も縫う傷を負ったことがある」とのことです。

つまり、俗言う「お転婆娘」であり!恐らく、通っていた”ピアノ”のレッスンは「長続きしていなかった」と思われ【寧ろ!】”三歳”から始めていた「水泳のレッスン」の方に!”興味”を示していたはずです。

なので、小学生時代には!その「男勝りの気質(性格)」から、”体格”の大小に関わらず!男性生徒たちを「泣かせていた」とのことです。

また、父親も!大の”音楽好き”であったことから、”娘”の「破天荒ぶり」とは裏腹に!生活環境の中に「クラシックを取り入れた生活」を、目指していたようです。

そのため、毎年!”クリスマス”の時期を向かえると、本格的な”飾り付け”や”料理”などで、イベントを盛り上げていたそうです。

なので、”破天荒”な気質(性格)でありながらも「温かい家族に恵まれていた」ことから!”乙女心”は「失っていなかった」ご様子で、小学校二年生の時に!”兄”の親友に「恋心を抱いていた」とのことです。

”ピアノ”よりも「水泳のレッスン」を好んだ小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”杉並区立井草中学校”にご入学されました。

中学時代に入ると、学校に設けられていた”吹奏楽部”に入部されて「男勝りの気質(性格)」も影響しされたのか?”重量”のある「ホルン」を担当することになります。

また、その「男勝りの気質(性格)」は!他の”女性たち”までにも波及されて【なんと!】”後輩”の「女生徒からモテモテであった」ご様子です。

【しかも!】その当時から、既に「毒を吐いていた」らしく!”性格(心理)”的にも「あっさり系の竹を割った様な性格」であったことから、”悪魔”や”姉御”等と呼ばれていたそうです(笑;)。

なので、学校生活でも!クラスを”ダンボール”で覆い「教師が入れないようにする行為」を行ったことがあるらしく、相当!叱られても「耳を貸さない態度の悪い生徒であった」とのことです。

その一方で、昔から「ルックスが可愛かった」ことも影響されて、よく「下半身を露わにする変態」に”遭遇”していたらしく!その度に「罵り合って追い返していた」と、後に語られております。

その”影響”であったのか?ある時期から、急に「筋トレにハマっていた」らしく!”筋肉増強”のために「プロテインを服用していた」とのことです。

中学校二年生になると、意外にも「男子生徒と交際をしていた」と語っており!表向きは「破天荒な振る舞い」を見せつつも【実は!】”心理”の奥底には「乙女心を秘めていた」模様です。

“筋肉強化”で作り上げた体は【なお一層!】”鋼”に近づき!学校で、毎年行われている”体育祭”では!男勝りの「応援団長の姿」を披露され【さらに!】引き締まった”肉体”を活かそうと、将来の夢は「女子プロレスラーを目指す」と、真剣に考えていたそうです。

先生たちでも「手がつけられない破天荒な生活」を送っていた中学時代を終えると、高校も地元の東京都にある”第四商業高校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は商業高校らしく「商業科・情報処理科・ビジネス科」の”三科”が設けられております。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

なぜ、”縁”の程遠い!”商業高校”を選択されたのか?詳しい事情は分かっておりませんが、その当時も「荒い性格」は変わっておらず、高等学校には”進学”したモノの「登校しない日が続いた」のです。

なので、高校一年生の途中で「退学(中退)」をされております。

その後、ご自身「17歳(2003年)」の時に!東京都の”渋谷”で遊んでいたところ、芸能事務所から”スカウト”を受けて、そのまま「芸能界の道」へと進み始めます。

【すると!】「芸能界入りを果たした」その年に!”週刊マンガ”でお馴染みの「講談社」が、毎年開催している「ミスコン」で【なんと!】いきなりの「グランプリ」に輝き!それをキッカケに、”芸能活動”を本格的にスタートさせます。



引用【サイト(eltha)】

なので、その当時の”主な仕事”は「モデル業が多かった」らしく!他の”モデル”には居なかった「魔性雰囲気を醸し出していた」ことから、多くの”グラビア誌”から「引っ張りだこ」であった!ご様子です。

翌年には、周囲の関係者からの”熱い希望”により!テレビ東京系列で放送された、女子高生を中心に人気が高かったドラマ「Deep Love」に出演されて、ご自身初となる「女優デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(えりぴ )】

その後も、”個性的”なキャラを生かし!数々のテレビドラマや映画などに出演され【しかも!】”主役”や”ヒロイン”などの「主要人物役」に起用されつつ、”脇役”などの「バイプレーヤー」としてもご活躍されて、”マルチ”な役柄で「女性ファンたちを中心に多くのファンの拡大」に、つなげて行きます。

なぜ、”女性ファン”が多いのか!と言うと、昔から「男勝りな性格(心理)」であったことが!今でもその「雰囲気を醸し出している」ことが要因であり、見た目の”ルックス”は可愛いモノの!放つ言葉には「毒やトゲが混ざっていた」ことから!その「強気な姿勢」が、多くの女性ファンにウケていたのです。

・・・とは言うモノの、2007年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」に出演された時には、女子学生の”花屋敷ひばり”役に起用され!超お似合いの「セーラー服姿」を披露されて、女性ファン並びに「男性ファンからも多くの注目を集めた」のです。



引用【ブログ(エントピ)】

つまり、何気なく出演する”ドラマ”や”映画”を通して「男女のファン獲得(拡大)」に!大きく成功していたのです。

なので、岩佐真悠子さんの”女優人生”で!この時期が一番「ビュジュアルの全盛期」等と、よく”巷”で言われていたモノです。

【しかも!】それを”裏付ける”かの如く、この年に!大ヒットを記録したフジテレビ系列で放送されていたテレビドラマ「LIAR GAME」に起用され【さらに!】前年には「ピアノブーム」を巻き起こした、連続テレビドラマ「のだめカンタービレ」にも、出演を果たしております。

その後も、順調に!テレビドラマや映画・舞台などに出演されて、”女優人”としての岩佐真悠子さんの存在をアピールされて行きますが、その一方で!彼女の「独特な個性」が際立つ、バラエティー番組への進出も行い出すと、その「自由奔放ぶり・毒舌トーク・歯に着せない口調…など」が、視聴者からウケけ出し「タレント」としてのオファーも、増え始めたのです。



引用【サイト(RaKuTenTV)】

そして、世の男性たちを”虜”にした話題作映画「受難」に出演され!主演の”姫野カオルコ”役が、映画関係者からの”評価”を受けて、第23回日本映画プロフェッショナル大賞では「新進女優賞」を獲得されて、2014年度の”映画界”を!大いに盛り上げたのです。



引用【ツイッター(BiBi)】

この作品では、女性の”性”を掘り下げた要素が多く「R15+の指定を受けた映画」となっているため!”メガホン”と撮った「吉田良子」監督曰く、主役の「フランチェス子役を演じる女優が見つからずに困っていた」と、後に語っております。

確かに、この作品の”売り”でもある「女性の大切な部分に人面瘡のおじさんが登場する」などの”奇抜”な演習が数多くあり!通常の”若手女優”では「気嫌いする”性”にまつわる内容であった」だけに!出演する「キャストの選考」には、相当!困難を極めたはずです。

そんな中で、”手”を挙げたのが!超演技派女優の岩佐真悠子さんであり、ご自身も「奇抜な演出など気にすることの無い気質(性格)であった」ことから、見事に!監督が描く”人物像”を見つけ出したのです。

【しかも!】作品内では、ご自身初となる「フル○ード」にも挑戦されており【さらに!】”裸”で走るシーンなども披露され【まさに!】世の男性たちの”心”を鷲掴みにされたのです。

今までは、主に”グラビアモデル”として!世の男性たちから”好評”を得ておりましたが、この作品に巡り会えたことによって、それまで人気を集めていた”女性ファン”以上に「男性ファンの獲得にも結び付いた」のです。

【しかも!】それまで”ベール”に包まれていた、”岩佐真悠子”さんの「本質を表す映画」とも成り!新しく「彼女のファンになった男性たち」にとっては、”週刊誌”などに添付されている「袋とじ」を開ける際の「ドキドキ感と同じ様な心境が味わえた一作」と、なった模様です。

常に「予想外」の驚きの行動を見せたり!女優とは思えぬ「斬新なスタイル」を披露されたり!あるいは、たまに表す「悪女の美しさ」であったり!と、視聴者やファンたちを「飽きさせないキャラ」は【まさに!】彼女の”真骨頂”と呼ばるのでしょう。



引用【インスタグラム(mayuko.iwasa)】


スポンサードリンク


◇ 結婚相手とは?


岩佐真悠子さんは、現在「三十路を超えた年代」なので!既に”結婚適齢期”からは外れておりますが、今だに「未婚者」なのです。

彼女ほどの、”美女”ならば!既に「ご結婚をされていてもおかしくない年齢」と言えますが【やはり!】”男勝りの気質(性格)”が、現代男性には「ウケない時代」であるらしく、”彼氏”の存在すら!聞いたことがありません。

あるいは、ご自身が掲げる”理想”が!あまりにも「高過ぎる可能性」も否めず、恐らく!ご自身と”同等”か、それ以上の男性を求めていることから!中々、”理想”とする「男性に巡り会えていない」のでしょう。

但し、年を重ねるごとに!お顔の”パーツ”や”輪郭”【さらに!】”ヘアースタイル”などが、今まで以上に「悪女感を増している」と見られており、”可愛かった”頃の学生時代とは!一味違う「大人の魅力を感じさせる悪女美人」へと、”変貌”を遂げており「可愛いタイプを好む男性たち」の”理想”とは、かけ離れた”美女”となったことから【さらに!】彼女を選ぶ”男性層”が減ったことも「相手が見つからない理由の一つ」なのでしょう。

しかし、そんな中で唯一!過去に”噂”された男性が「二人」居るのです。



引用【サイト(劇団青年座映画放送部公式)】

その一人が、俳優の「窪塚 俊介」氏です。

“窪塚俊介”氏とは、同じ俳優業の「窪塚洋介」氏の”弟”であり【さらに!】”三男”は、レゲエ・ミュージシャンの「RUEED」氏です。

二人の”関係”とは、2011年2月に!東京世田谷区にある民営劇場の「本多劇場」にて、公開された舞台「西荻の会」で”共演”されたことがキッカケで「交際に至った」として、話題を呼んだのです。

その頃は「半同棲生活を送っている」として、多く注目が集まり【さらに!】その”自宅マンション”から「仕事に通っているところ」を、マスコミから”スクープ”されたのです。

なので、誰もが「二人は本当に”交際”をしている」と見ており【しかも!】岩佐真悠子さんは「結婚願望が強かった」ことから、窪塚俊介氏に対して「堂々とした付き合いを臨んだ」とのことです。

【ところが!】”肝心”の窪塚俊介氏側は、今まで通りの「密会」を臨んだらしく!それに”激怒”した岩佐真悠子さんが”キレ”て、自ら「別れを告げた」ことから!「交際の終焉」を向かえた形なのです。

当時の”メディア”が、詳しく報じた内容によると!連日のように「二人の交際話」が伝えられる中で、その「事実が明らかとされていた」にも関わらず!”窪塚俊介”氏の考えとしては「結婚する女性では無い」と決めつけていたらしく、元から「男勝りの気質(性格)の持ち主」である岩佐真悠子さんなので、当然!その考え方を認める訳にはいかず「あくまでも結婚に拘っていた」ことから、最終的には「大きな怒り」を買ったのです。

その後は、メディアから「二人の破局」が伝えられ!長引くことも無く、世間でも”フェードアウト”したのです。




次に、”噂”に登った人物とは!普通の”一般男性”とのことで、”約2年間”に渡って「交際をされていた」との情報でした。

こちらの男性とも、”同棲”をしていたらしく「顔を見合わせる機会が多い」と踏んでいた岩佐真悠子さんでしたが、ご自身の思いとは裏腹に!この男性の”仕事”が「外資系サラリーマン」であったことから”出張”が多く!逆に「お互いの時間が合わずに、すれ違う時間が増えた」とのことで、ご結婚までには至らなかったのです。

なので、”メディア”のインタビューには!このように答えております。↓↓↓

「やはり仕事と家庭?の両立は難しく、またサラリーマンの彼の生活に合わせる事に限界を感じまして。」と説明し、テレビでも「(元彼は)ちょっと口うるさくて、私が酒を飲みに行くのを文句言うので」と破局原因について触れていたが、ブログでも「飲みの席も(※自分にとっては)仕事っちゃー仕事なんです。そしてストレス解消必要なんです。」と補足。


スポンサードリンク


◇ 劣化したとは?


“若手”の頃から、ご活躍されている多くの「女優さん」にとって!”年齢”を重ねる毎に、通れぬ「特有の事情」として、見た目の”劣化説”が!必ず浮上するモノです。

そもそも、女優さんとは!”演技”も然る事乍ら「ルックスの良さ・スタイルの良さ・人間性の良さ…など」も、”芸能”の一つであり!それらを踏まえて、”不特定多数”の方から評価を受けいる!以上は、「見た目の大切さ」が非常に重要であり!少しの”変化”にも敏感な「ネタ探しをする輩」にとって、取り組み易い話題が「お顔の劣化情報」なのです。

【しかも!】今では、”SNS”の普及に伴って!直ぐに情報を「拡散することが出来る」ことから、たとえ!”事実無根”の情報でも「先走ってしまうと後戻りできない大きな大惨事」に、陥りやすい現状です。

その点から見ても、岩佐真悠子さんも”例外”ではなく!”若い頃”の「お姿」とは、こんな感じでした。↓↓↓


引用元【ツイッター(ハイパー見届け人~DVD&BD編 )】

若い頃は、お肌の”艶”が良く!生まれ持った「ダイナマイトボディー」で、世の男性たちを”虜”にされて、多くの支持を得ていたのです。

【さらに!】普段では、決して見せることのない「お淑やかな姿」の時代もあったのです(笑;)↓↓↓



引用【ブログ(毒女ニュース)】

“舞台挨拶”でのショットなのでしょうか↑今と比べて、断然「真ん丸なお顔立ち」をされており!少し”緊張気味”に見えるところに「初々しさ」を感じさせます。

“大人”の仲間入りを果たした「25歳を過ぎた頃」のショットです。↓↓↓



引用【サイト(NAVERまとめ)】

女優としての”貫禄”さえ!感じさせる「お顔立ちに成長されていること」が、よく分かります。

その後の「お肌の衰えが見え始めた年代」でのショットの模様です。



引用【インスタグラム(mayuko.iwasa)】

最近は、”釣り”が趣味のご様子で!ご自身の公式SNS(インスタグラム)にも、たくさんの「釣りでのシーン」が投稿されている模様です。

その投稿される”ショット”を見る限りでは、然程!お肌は「劣化している」様には見えません。

恐らく、本質的な「お肌の状態」は!今の岩佐真悠子さんは「劣化されていない状態」であり!たまに”日光浴”を行っている模様なので「メラニン色素の活性化」も、図っている様です。


スポンサードリンク


◇ 元ヤンキー説とは?


岩佐真悠子さんと言えば、”男勝り”の「元ヤンキー」として!その”破天荒ぶり”が、多くのメディアから伝わることが多いのですが、その”実態”は「誰も分かっていない」のが現状です。



引用【インスタグラム(mayuko.iwasa)】

しかし、以前に!メディアからの”質問”に対して「自分は昔からヤンチャだった…など」と、語ったことがあり!”ヤンキー”レベルまでには陥っていないモノの、相当!幼い頃から「暴れ者であった」ことは、容易に想像が付きます。

【さらに!】小学生時代には、二人居る”兄たち”と!しょっちゅう「ケンカが絶えなかった」らしく、エスカレートすると「殴り合いのケンカにまで発展することもあった」とのことです。

また、高校時代には!担任の”先生”を「教室に入れまいと、ダンボールでクラスの出入り口を塞いだ」経験があるらしく、その際に「生活指導員」から、相当!”叱られた”のですが「態度の悪い姿勢を見せて反省する様子を見せなかった」ことから、先生たちに「悪い印象を与えていた」そうです。

なので、それらの”エピソード”を聞く限り「筋金入りのヤンキー」では無くて!学校内部だけの「室内ヤンキー」であったご様子です(笑;)。



スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ シングル

・ 2003年に、”ミスマガジン”が手がけた作品”ユウキ”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2004年に、テレビ東京系列で放送された番組”Deep Love?アユの物語?”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ポスター小町 )】

◇ 映画

・ 2004年に、”東宝”によって公開された映画”スウィングガールズ”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(邦画JAPAN -絶対みたい名作おススメ邦画探し- )】

◇ ラジオ

・ 2004年に、”MBS”局が放送した番組”ヤングパーク”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2004年に、”ワニブックス”が手がけた作品”SIX TEEN BLUE”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(hanatane music )】

◇ テレビ番組

・ 2006年に、フジテレビ系列で放送された番組”働くおっさん劇場 “に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2006年に、”読売新聞”が手がけた作品”岩佐真悠子の我が道を行く”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2007年に、”シアターコクーン”によって公開された舞台”橋を渡ったら泣け”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2007年に、”エイベックス”が手がけた作品”キャバギョ!”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(これにしよう )】

◇ CM

・ 2008年に、”ロッテ”が手がけた企業CM”モナ王”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2008年に、”音速ライン”が手がけた作品”ポラリスの涙”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 2018年に、フジテレビ系列で放送された番組”不倫食堂”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(みそら )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
岩佐真悠子
読み
いわさ まゆこ
生年月日
1987年2月24日
仕事
女優・タレント
出身地
東京都練馬区
所属事務所
プラチナムプロダクション
血液型
A型