多くの”人気若手女優”を排出している、日本を代表する”俳優オーディション”の一つである「東映シンデレラ」のご出身であり!”飲料メーカー”の企業CMで、一挙に人気を集め!”芸歴”は浅いモノのモデルから歌手活動に至るまで、幅広い活躍を見せている女優で歌手の「上白石萌歌」さん。

何やら?最近、久々に”ファッションモデル”に挑戦されたらしく!女性ファッション誌でお馴染みの「bis」で、”表紙”を担当されたとして大きな話題を読んだ模様です。


引用元【インスタグラム(moka____k)】

普段は、”二歳年上”の姉としてお馴染みの「上白石萌音」さんと非常に似ているため、一瞬!”勘違い”をされるケースが多いのですが、今回は!”妖艶”を漂わせた「アートチック」な演出で、”グリーン”をモチーフにされた「マーメードをイメージさせる姿」を披露していることから、”姉”と「混合されない魅力を発揮されている」ご様子です。

特に、今回のモデル誌では”表紙”以外に「複数の中綴り」にも登場をされており!そちらでは、普段では決して見ることの少ない「意外な魅力」を披露された模様です。

久々に「ファッションモデルの一面」を披露された、上白石萌歌さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(moka____k)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ ハーフ説とは?
・ 魔女の宅急便との関係?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


上白石萌歌さんは2000年2月28日生まれの20歳(2020年)で、ご出身は「鹿児島県」です。

ご出身の”鹿児島県”にあるご自宅で、ご両親と姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、上白石萌歌さんも(鹿児島県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の鹿児島県にある”鹿児島市立皇徳寺小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”二歳年上の姉”が居り、ご自身は「次女」として生まれ育ったご様子です。

ご周知の通り、その”姉”とは!同じ芸能界で活躍をされている”女優”の「上白石萌音」さんです。


引用元【インスタグラム(mone_kamishiraishi)】

父親は”社会科教師”を勤めており、母親も”音楽教師”を務めていた「教員一家」に生まれ!幼い頃から「しつけの厳しい家庭」で育ったご様子です。

なので、叱られる時は「頭越しに怒る」のでは無く!”先職者”らしく、”正論”を「ハッキリさせた上で叱られていた」とのことです。

但し、それでも”親の怒り”が激しい時には(笑;)”おしおき”の一貫として、”真冬”に「外に追いやられて」厳しいシゴキを受けていた模様です。

もちろん「怒り任せに叱る親」とは一味違い、”風邪”を引かないようにと「厚着にさせた」上で!外に出されたそうです。

この姉妹の”共通点”と言えば、本名に”音楽”にまつわる「漢字が使われていること」ですが!”姉”の名前には「音」、”妹”の名前には「歌」が語尾に含まれておりますが【実は!】”音楽好き”の母親が、娘たちが生まれた時に「音楽にまつわる名前を付けたいとの願い」から、”名付け”られた形です。

そのため、妹の”萌歌”さんは!幼い頃から”クラシックバレエ”や”ミュージカル”の教室に通っていたらしく、母親の”願い通り”に「音楽にまつわる活動」を行っていたようです。

なので、”活動的な少女”と思いきや【実は!】生まれ持った”気質(性格)”が「人見知りであった」ことから、”人前”に出るのが大の苦手であり「直ぐに母の陰に隠れているような子供」と、後に語られております。

一方で、姉の”萌音”さんは!”妹”とは全く「逆の気質(性格)」であり、何事にも”前向き”で「活発な少女」であったようです。

恐らく、その”気質(性格)”を見抜いていた母親が!妹の”性格”を変えるためにと、多くの「習い事に挑戦させた」と思われます。

地元の小学校に進学する頃に、父親の”赴任”の関係で「メキシコに渡る」事となり!小学校一年生から三年生までの”三年間”は「海外で暮らしていた」そうです。

“メキシコ暮らし”の時は、非常に「治安の悪い地域であった」らしく!そのため、毎日が”ドキドキ”の生活を送っていた様です。

但し、その”刺激”が強かった分!町並みが「アートに包まれていた街であった」ことから、たくさんの「芸術的な刺激を体験された」とのことです。

その時の”体験”が今日の「タレント業に行きている」と、後に語っております。

日本に”帰国”されて、地元の小学校に通い始めた五年生の時に!姉の”萌音”さんが、映画製作会社でお馴染みの「東映」が不定期に開催している「シンデレラオーディション」に参加する事となり、最初は”東京観光”を含め「姉に便乗する形」で、ご自身も”応募”をされました。

【すると!】”芸能界”には「興味が無かった」にも関わらず【なんと!】応募総数”44,000人”以上の中から「グランプリ」を受賞されて、思わぬ「奇跡を手に入れた」のです。

ちなみに、最初に応募をされた姉の”萌音”さんも「審査員特別賞」を受賞されております。

この時は、当時16歳で現在女優の「山崎紘菜」さんとの”ダブル受賞”でした。


引用元【ツイッター(映画ブロガーのミギー )】

意外な”才能”に目覚めた小学時代を終えると、中学校も地元の鹿児島県にある”鹿児島市立皇徳寺中学校”にご入学されました。

【ところが!】二つ年上の姉の”萌音”さんが、高校進学と共に「上京する事となった」ことから!ご自身(萌歌)も、それに”便乗”する形で「東京に移り住む」ことになります。

なので、ご自身”中学校二年生”の時に!東京都にある中学校へ「編入」をされています。

一度は、地元の中学校に進学をされたモノの!”芸能界進出”の「切符を手に入れていた」ことから、一路”上京”をされて!東京都中野区にある”実践学園中学校・高等学校”にご入学をされました。

東京に”上京”をされた時には「”本線”の多い電車に戸惑ったり・逆方向の電車に乗り間違えをしたり・人混みの多さに驚いたり」と、同じ日本に住みながら軽度の「カルチャーショックを受けた」そうです。

【しかも!】日本中でも、”人混み”の多さの「代表格である渋谷の交差点」に訪れた時には!対面に居る”集団”が向かてくる様に「戦争を連想された」そうです。

なので、今ではスッカリ”都会っ子”へと様変わりをされて「歩くスピードが早くなった」とのことです。(笑;)

東京の中学校へ移り変わると、”シンデレラオーディション”で手に入れていた「芸能界への切符」を生かして!”芸能活動”をスタートさせます。

【すると!】中学校二年生の時に、関西テレビ系列で放送されていたテレビドラマ「幽かな彼女」に出演をされます。

また、中学校三年生の時には!日本テレビ系列で放送された、”ミステリー探偵ドラマ”として人気が高いテレビドラマの「金田一少年の事件簿N(neo)」や、女優「沢口靖子」さんの”冠ドラマ”としてお馴染みのテレビ朝日系列で放送されている「科捜研の女~年末スペシャル」などに出演をされて、立て続けに「役者の仕事」を熟しております。

なので、中学校時代は「部活動」などは行っていなかった模様です。


引用元【ツイッター(めしだ?? )】

本格的に”芸能活動”をスタートさせた中学時代を終えると、高校も”系列校”である”実践学園高等学校”にご入学されました。

この学園は、その名の通り「中高一貫教育」であるため、通常は中学校に進学すると”内部審査”のみで!高等学校まで「エスカレータ式」で進学(進級)することができます。

もちろん、上白石萌歌さんの場合!地元(鹿児島県)からの”編入進学”のため、学園の「入学試験」は受けておりません。

但し、入学の際は「面接程度の試験」は行われたことでしょう。

この高等学校の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

但し、普通科は”コース別”に分かれており「特別進学コース・文理進学コース・リベラルアーツ&サイエンスコース・スポーツサイエンスコース」などが設けられているようです。

上白石萌歌さんが、”どのコース”を「選択されたのか?」までは分かっておりません。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

ちなみに、姉の”萌音”さんも!この学園に通われておりました。

その意味では、”親御さん”も安心して!東京での「芸能活動が学校生活」を見守っていたことでしょう。

この学校の”部活動”は、様々な運動部や文化部が設けられておりますが!その中でも特に「男子卓球部や女子バスケットボール部」が、全国的にも有名な”強豪校”として知られており!”インターハイ”に出場する程の「実力校」とのことです。

上白石萌歌さんは、既に”芸能活動”を行っていたことから!部活動には”入部”をされておりません。

なのに、徐々に”知名度”が広がり”人気”も上昇していたことから、”部活”に入らなくても「文芸両道が相当!大変であった」ご様子です。

しかし、ご本人曰く「勉強も、お仕事も、どちらも中途半端にしたくない」との思いから!仕事で忙しい日々の中でも、勉学をサボること無く真面目に熟していたそうです。

【しかも!】通っていた実践高等学校は”進学校”のため、当たり前に「定期試験による単位取得」があり!芸能人だからといって特別扱いされなかったことから、ご自身としても相当な!「覚悟」と妥協しない「強い気持ち」で臨んでいたそうです。

なので、その”強い気持ち”は授業中に現れていたらしく!仕事で”疲れ果てた状態”で、授業に向かった時には!”姿勢”を伸ばした正しい姿勢で「居眠りをしていた」そうです。(笑;)

但し、幸いのことに!”学業”の方では、クラスメイトの中に”親友”と呼べる「友達が出来た」ことから、”お互い”に助け合う友達の存在によって!より良い学生生活を送っていた模様です。

また、その”親友”も絡んでいるのか?どうかは!定かでありませんが、初めて”恋心”を抱いた男性に「ラブレターで告白をした」そうです。

“芸能活動”を行いながらも、平然と”彼氏”を作る姿勢など【まさに!】”大物感”を漂わせているエピソードです。

一方の”芸能活動”では、高校一年生の時に!ご自身初となる”1st”シングル「ス・マ・イ・ル」をリリースされて「歌手デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(まさいぬ☆9.26さくちゃん@オーチャード )】

また、高校二年生の時には!姉の”萌音”さんが担当していたミュージカル「赤毛のアン」を”引き継ぐ”形で、主演の「アン・シャーリー役」に起用をされております。

上白石萌歌さんと言えば、”魔女の宅急便”の舞台をイメージされる方が多いと思いますが【実は!】”赤毛のアン”の舞台にも出演されていたのです。


引用元【ツイッター(アニメハック )】

ご自身の”人生”の中でも、最高に「学業と芸能活動」に打ち込んだ高校時代を終えると、大学に進学をされて!東京都港区にある”明治学院大学”の「社会学部」にご入学をされました。

当初は、上白石萌歌さんが”進学”された大学とは「不明確な状況」でしたが!後々、時間の経過と共に!様々な情報が”SNS”を介して伝えられ、この大学に通っていたことが明らかとなったのです。


引用元【ツイッター(たよちゃん )】


引用元【ツイッター(りん???? )】


引用元【ツイッター(OKR )】

大学時代も【かなり!】”勉学”に励んでいたらしく!”芸術理論”を始め「語学や社会学など」を中心に、講義を受けていたそうです。

また、大学の”文系(社会学部)”を選んだ理由としては!高校の時から”政治経済”や”倫理”に興味があったことから、この”学部”に決めたそうです。

“私生活”の面では、東京の高校を卒業するまでは!事務所の”寮”に「母親も同居」しておりましたが、大学入学を堺に!母親は地元の鹿児島県に戻ったそうです。

なので、大学時代は姉の”萌音”さんとの二人暮らしをスタートされた模様です。

“芸能活動”の面では、大学一年生の時に姉の”萌音”さんと「映画初共演」となる作品「羊と鋼の森」に主演をされて、”姉妹”出演映画として!世間の注目を集めます。

この作品での”演技”が高評価を受けて、翌年の年始に開催された日本映画の祭典”第42回日本アカデミー賞”において「新人俳優賞」を受賞されました。


引用元【ツイッター(映画.com )】

【さらに!】同年には、アニメ映画「未来のミライ」の主人公である”くんちゃん”役に起用されて、自身初となる「声優デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(5ATO5H1??(サ ト シ)@目指せ!フォロワー1000人w )】

大学二年生になると、急激に”メディア出演数”が多くなり!バラエティー番組などへの出演を行うようになりますが、その中でも!TBS系列で放送されている”落語家”でお馴染みの「笑福亭鶴瓶」師匠の冠番組「A-Studio」で、第11代目となる”サブMC”の抜擢を受けて!一挙に「注目の的」となります。

この番組では、翌年の2020年3月までの”一年間”「サブMC」を務めました。

ご自身の中でも、”メディア出演”としては異例の「長期MC就寝」であったことから!恐らく「思い出に残る番組」となったはずです。


引用元【ツイッター(日刊スポーツ )】

【さらに!】同年には、NHKで放送された”大河ドラマ”の番組の中の「いだてん~東京オリムピック噺~」で、元五輪”水泳選手”の「前畑秀子」さん役を演じて!自身初となる「大河デビュー」を飾ります。

【なんと!】このドラマでは、当時の前畑秀子選手に似せるため!ご自身の”体重”を「7kgも増加させた」そうです。

【しかも!】”幼少期ぶり”となる「本格的な水泳の練習」を行ったらしく、寄り”アスリート”の「体型に似せるための努力」を怠らなかったそうです。

“女優”としての「意気込みが伝わってくるエピソード」です。

その後も順調に、”学業”と”仕事”の「文芸両道」を熟しながら!忙しい日々を送っているようです。


引用元【インスタグラム(moka____k)】


スポンサードリンク


◇ ハーフ説とは?


上白石姉妹の”ルックス”と言えば、独特な「エスニック系の雰囲気が漂うスパイシーなお顔立ち」が”特徴的”と言えると思いますが、それだけに!昔から「ハーフ説」が伝えられることが多く、”別の”意味で注目されることが多々あります。


引用元【インスタグラム(moka____k)】

しかし、”結論”から言って!上白石姉妹は”鹿児島県”生まれの「生粋の日本人」です。

ご両親の”出身地”までは分かっておりませんが、父親は”社会科”の教師であり!母親も”音楽教師”として「ピアノ」を教えていたそうです。

つまり、この両親が”日本人”であることは!ほぼ間違い無いので、その”子供たち”である「萌音・萌歌」も”日本人”となります。

では、何故この”二人”に「ハーフ説」が伝えられのか?と言うと【実は!】小学校一年生から三年生まで、父親の仕事の関係で「メキシコへ移住していた」ことがあり!そのため、地元の”常用語”である「スペイン語」に長けており【しかも!】元から”秀才の血筋(両親)”を引き継いでいることから「語学の才能(英語)」が相当!高いのです。

そのため、幼いながらも地元”メキシコ”の「情熱を感じさせるエスパニョール系の雰囲気」を!自ら”体験”をされていることから、恐らく!”体”に染み付いている「エスパニョール系の雰囲気」を醸し出しているのでしょう。

なので、特に”初対面”の方に会うと「ハーフと思われ易い」らしく!実際の”出身地”を伝えないと、勘違いされるケースが多いそうです。

そのため、それも大きな要因につながり!”ネット界”で広く「ハーフ説を唱える方」が多いのです。

但し、姉の”萌音”さんは!どちらかと言うと”ヨーロピアン”よりも、”アジア系”の「特に中国系ハーフ」の方が、お似合いのように感じます。


引用元【ツイッター(lala-news )】


スポンサードリンク


◇ 魔女の宅急便との関係?


上白石萌歌さんと言えば、日本アニメ映画の巨匠「宮崎駿」監督が手掛けた作品の「魔女の宅急便」を、”ミュージカル”として再現された舞台での主演「キキ」役を演じたことで有名です。


引用元【インスタグラム(moka____k)】

実際の”舞台”を務めた時に、ご自身の公式SNS(インスタグラム)でも!その”様子”が窺えるショットを公開されておりますが↑”特徴的”である「赤い大きなリボン」を装飾されて、マンガの世界の”キキ”を「連想させる見事な演技」を披露されて、多くの注目を集めたご様子です。

【さらに!】その時のインスタグラムの”コメント”では、冒頭に「キキです!はじめまして~~」と切り出して、”名作”の主人公を務めることをファンに向けて報告した上で「初日を迎えました。もう舞台上でキキとして息を吸うのみです」と、少し”緊張”が窺えるコメントを残されて!”舞台”の幕が切って落とされたことを伝えた模様です。

続けて「みなさんにわたしの気持ちをしっかり配達します!!お待ちしてます!」等と、舞台に対する”意気込み”を宣言した上で、たくさんの”皆さん”に「足を運んで欲しい旨」を伝えた形です。

【すると!】ファンやフォロワーたちからは「可愛い(´;ω;`)・めっちゃ可愛い・今まで見たキキの中で一番可愛い!・キキちゃん今日会いに行きます・たのしみ…など」の、”絶賛の声”が多数!寄せられたご様子です。

この舞台では、その他の”キャスト陣”として!”少年トンボ”役にジャニーズjr.の「阿部顕嵐」氏、”パン屋のおかみさん”でお馴染みの優しい店主”おソノ”役に宝塚歌劇団の星組や雪組を歴任された、元トップ娘役の「白羽ゆり」さんなど、錚々たる顔ぶれで話題を呼びました。

ちなみに、1993年の”初代キキ”役は!女優の「工藤夕貴」さん、続けて「小高恵美」さん「持田真樹」さん…などが担当をされております。

その中でも【やはり!】上白石萌歌さんの”キキ役”が、一番「好評であった」とのことで、”魔女”らしく!少し「いわく感のある雰囲気」・・・つまり、日本人離れした”お顔立ち”が!マンガの世界で登場する”キキ”を「連想される要因につながった」ことで、ご自身の”ファン”のみならず!原作の”ファンたち”からも支持を得たのでしょう。


引用元【インスタグラム(moka____k)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 映画

・ 2011年に、”東宝”によって公開された映画”空色物語 『虹とシマウマ』”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(研究室で眠る猫 )】

◇ PV

・ 2011年に、”HOME MADE 家族”が手がけた作品”スターとライン”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2012年に、WOWOW系列で放送された番組”分身”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(芸能怪獣 ニュースカ β )】

◇ DVD

・ 2012年に、”東宝”が手がけた作品”上白石萌歌 ?虹とシマウマ?”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(あなたのお悩み解決します! )】

◇ 写真集

・ 2012年に、”PARCO出版”が手がけた作品”aBUTTON VOL.9_青春 上白石萌音/上白石萌歌 (PLUP SERIES)”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2013年に、”JA共済”が手がけた企業CM”三谷家”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(よすが )】

◇ シングル

・ 2015年に、”東宝”が手がけた作品”ス・マ・イ・ル”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(グラム91円 )】

◇ 雑誌

・ 2015年に、”学研”が手がけた作品”ピチレモン”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(yutasira改めyutarasi )】

◇ 舞台

・ 2016年に、”2万人の鼓動 TOURSミュージカル”によって公開された舞台”赤毛のアン”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2018年に、毎日放送系列で放送された番組”水野真紀の魔法のレストラン”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ アニメ映画

・ 2018年に、東宝系列で放送された番組”未来のミライ”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2020年に、”J-WAVE”局が放送した番組”バイノーラル・ラジオ・ドラマ『ファミリーサマービュー~』”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(東宝芸能 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
上白石 萌歌
読み
かみしらいし もか
生年月日
2000年2月28日
仕事
タレント、ファッションモデル
出身地
鹿児島県
所属事務所
ソニー・ミュージック
血液型
A型