俳優界では「ベテラン域」に達しており、舞台や映画でご活躍中の超個性派女優
「片桐はいり」さんが日本系列で放送されている21:00~の人気トークバラエティー番組
「今夜くらべてみました」に出演し、謎に包まれたプライベートや独特の「髪型」について、
さらに謎に包まれた特技など披露し話題になっています。


引用【ツイッター(片桐はいり)】

 

元々「舞台」を得意としている「片桐はいり」さんですが、最近ではチョクチョクバラエティーや
トーク番組に出演し「頭の上から足の根元」まで、更に考え方・仕事に対するモチベーション、
全てにおいて独特な個性を醸し出す彼女の魅力に虜にされる視聴者が続出し人気を博しています。

そんな今、注目度No1の俳優「片桐はいり」さんについて勉強してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

◇ 片桐はいりさんの経歴は?

「片桐はいり」さんは東京都大田区生まれの「シティーガール?」なのですが、学生時代から顔の
「骨格やパーツ類」は今とほぼ同じだったようで「シティーガール?」に相応しい女性では
なかったようです。


引用【ブログ(なんJコレクション)】

 

出身校は東京品川区にある中高一貫校の「香蘭女学校」を卒業し、都内でも屈指の有名大学
「成蹊大学文学部日本文学科」を卒業されています。

この大学の卒業者には内閣総理大臣「安倍晋三」氏や「直木賞作家」で有名な石田衣良氏・
井上荒野氏・桐野夏生氏・小池真理子さん等の著名人が卒業されている有名校です。

小池真理子さんと言えば「直木賞受賞」以外にも様々な作品で賞を受賞している人気小説家さん
ですよね!

特に2012年作の「無花果の森」では国の賞(文部科学大臣賞)を受賞された時のシーンは今でも
私の記憶に残っております。

この作品はご自身の中でも「小説家冥利に尽きた」作品となったのではないでしょうか?

そんな素晴らしい著名人を発掘している大学で片桐はいりさん「演劇部」に所属していたそうです。

学生時代から「名門校」に進める環境だったようなので、もしかしたら「片桐はいり」さんの
ご自宅は「お金持ち?」だったのかも知れませんね。

しかし大学時代は、演劇部で活動しながら「アルバイト」で映画館や文化劇場の受付をする
入場券の「もぎり」をしながら「劇団員」に入っていたそうです。

「お金持ち」ならアルバイトをする必要が無いと思いますが、役者を「自生」するためにあえて
厳しい道を選んだのでしょうか?

ちなみに、この当時(1970年代)に子供達から絶大的人気を博していたマンガ「アルプスの少女
ハイジ」の主人公「ハイジ」の名前から「はいり」と芸名に選んだそうです。

大学卒業は、学生時代に入った劇団「ブリキの自発団」でしばらく活動し舞台業に専念していた
そうです。

その後少しずつ「テレビCM」や「映画」の仕事に恵まれるようになり「知名度」も少しずつ
広がり始めました。

特に「映画」は自身の独特な「個性」を発揮するに相応しい場所であったらしく様々な役柄を演じ
数々の映画に引っ張りダコになり、そこから一気に人気がアップし始めました。

さらに「独特」さはルックスや顔形だけではなく「話し方」や「考え方」にも個性があり各社トーク
バラエティー番組からのオファーが急増中のようです。

またテレビドラマでも見かけることが増えていますが、女優の「小林聡美」さんや同じく女優の
「もたいまさこ」さんとの共演シーンが多いのが目立ちますよね!

確かに良く見るとこのお三方、皆様「独特の個性」を持っている俳優さんであることが分り
かなり親しい仲と伺っているので「片桐はいり」さんも気楽に友達感覚でその時の役柄を
演じることができると思うので、周りの関係者も「片桐はいり」さんとの共演者を考えた時に
このお二人を選びやすい部分があるのではないでしょうか?


引用【サイト(ORICON NEWS)】

 


引用【サイト(ORICON NEWS)】

 

スポンサードリンク

 

 

◇ 片桐はいりさんの結婚願望とは?

 

「片桐はいり」さんは1963年1月生まれの「56歳(2019現)」ですが、今までにご結婚歴は
ありません。

つまり「現役の独身女性」です。

見た目が結構「老けて」見えるので年齢が高いことは一目瞭然で、性格は「物怖じしない」
ハッキリした口調で物申す女性なので、とても良い印象を受けるので「結婚」していても
おかしくはないと思われがちなのですが実は独身・・・

逆に、性格が「ハッキリ」しておりテキパキと仕事もプライベートも熟す雰囲気があるので
「離婚」の経験や「子供」の一人二人いても不思議ではないキャラの女性でもありますね。

そんな「片桐はいり」さんですが「結婚願望」については意外に真面目に考えているようで
以前出演したトークバラエティー番組の中で、今までの人生の中で「一度でも結婚しておけば
よかった」等と語っていたことがあります。

そのトークバラエティー番組とはフジテレビ系列で放送されている番組「ダウンタウンなう」で
「片桐はいりの知られざる恋愛トーク!」と題されて放送されたものです。


引用【サイト(excite.ニュース)】

 

その中で司会の「浜ちゃん」が「結婚のチャンスはあったんですか?」と尋ねると「はい」と答え
「明確なのは一回だけ」と恋愛歴が少なかったことを暴露していました。

しかし自身の中では全く恋愛に興味が無かったのではなく、共演者への淡い恋心を抱いたり
ハリウッドスターへの恋心があったらしいのですが、ただ「チャンス」に恵まれなかったことを
悔やんでいるそうです。

なので「片桐はいり」さん自身は今で結婚しなかったのは「したくない」とか「諦めていた」では
なくて「チャンスに恵まれなかった」からが正解のようなので、今まで結婚願望がなかったのでは
無いことを認めています。

あるいは「片桐はいり」さんの「キャラやイメージ」が先走って「結婚欲望が無い女性」と周りの
男性が勝手に思い、近づいても「意味なき女性」と思われていたのかも知れませんね?

私なら少しくらい顔が落ち目でも、同じ女性でも「キャラ」があり個性豊かな方が長続きすると
思うし、気兼ねなく接することができると思うので「個性のある女性」の方が魅力的だと
思うのですが・・・

早く素敵な旦那さまに巡り合えることを祈っております。

スポンサードリンク

 

 

◇ 片桐はいりさんの弟は誰?

「片桐はいり」さんのご兄弟はズバリ!俳優で芸術家の「片桐仁」氏です・・・と言うのは噂です。

 


引用【ツイッター(片桐仁なう)】

 

↑似てますか?キャラ的には「雰囲気」は似ていますが顔・形などは似ていませんよね!

「片桐仁」氏は「小林賢太郎」氏と組んで活動していたお笑いコンビ「ラーメンズ」の片側で
1996~7年頃にかけ「舞台」を中心に活動をしていたお笑いコンビです。

しかしお笑いコンビでは「舞台」中心の活動だったこともあってか人気が今一つで、仕事も少なく
コンビとして活動する場面が少なくなる一方で、元々芸術的才能があった「片桐仁」氏は独特な
「個性感」を発揮しテレビドラマやバラエティー番組への露出度が多くなり個性派俳優として
人気を博して今に至っています。

この「独特な個性感」がある俳優・・・の部分では「片桐はいり」さんと一致しております。

そのため二人が「兄弟」で、「片桐はいり」さんの方が芸歴が長いことから「片桐仁」氏が
弟では・・・の「噂」がネット界で伝わっていたそうです。

実は「片桐はいり」さんのプロフィールを確認すると「実弟」が居ることを明らかにしているし
↑の理由から「片桐仁氏の弟説」の「信憑性」が増し噂になったのだと思います。

さらに、もちろん苗字も同じ「片桐」だし「片桐はいり」さんの親戚に「仁」のつく名前の
叔父さんがいること等が相まって「弟説」が拡散したようです。

ただ両者の出身地を見ると「片桐はいり」さんは「東京都大田区」、一方の「片桐仁」氏は
「埼玉県南埼玉郡」と記されているので、たとえ隣同士の都道府県であっても生まれが違うので
兄弟ではない可能性が高く、また「片桐はいり」さんには「弟」が居ると伝えられてはいますが
ご自身曰く「グアテマラのアンティグアで、日本人向けのスペイン語学校を経営している」等と
著書で記されていることから「片桐仁」氏の弟説は木端微塵に砕けたのです。

「片桐はいり」さんが著書で記したのは、当時の「弟説」が間違っていることを世に広めたかった
「意図」があったのかも知れませんね?

※ 2007年6月書籍(幻冬舎社)ー「グアテマラの弟」

スポンサードリンク

 

 

◇ 片桐はいりさんの元彼は俳優向井理?

 

片桐はいりさんの女優人生で一度も起こりえなかったことに「男性関係」がありますが、一度だけ
大きく「恋愛」の噂が持ち上がった俳優さんがいます。

それが超イケメン俳優の「向井理」氏です。


引用【サイト(HORI AGENCY)】

 

実はお二人は2014年10月に公開された映画「小野寺の弟・小野寺の姉」で共演した経歴があり
「片桐はいり」さんは当時「51歳」で一方の「向井理」氏は「32際」。

あまりにも年齢がかけ離れていたのに「噂」が広まった理由として、共演したこの映画「小野寺の
弟・小野寺の姉」は元々2012年に出版されていた「小説本」で人気が高く、小説ファンなら
誰もが一度は読んだことのある人気小説で、それを映画化したものなのですが、あまりにも
主人公役に2人がハマっている演技を見たファン達が、兄弟以上の「何か」を感じたらしく
それが「恋愛説」へと変貌したのだと思います。

元から二人はプライベートでも仲が良かったらしく、この映画の告知コメントに登場した際に
毎回その「仲の良さ」が分かるシーンを見せつけていたので、もしかしたらそれが誤解を招いた
要因の一つなのかも知れませんね?

私としてはどう見ても「姉・弟」にしか見えず「恋愛中の2人」とは思えなかった思い出を
今でも記憶しています。

 

なので、恋愛説で楽しんだ?のはこの小説を深く知っているファン達の間だけで一般世間では
それほど興味のある「恋愛ネタ?」ではなかったように思います。

現に、二人の恋話?が伝えられた後も、女性ファンを多く抱える「向井理」氏側からは騒がれる
こともなく、むしろ「ウエルカム」くらいの冗談で「片桐はいり」さんを向かい入れる女性ファンが
多くいたことが伝えられていましたね。

それよりも大騒ぎになったのが同年の年末頃に女優の「国仲涼子」さんとの「結婚予定」が
発表されたことでした。


引用【サイト(RISINGPRODUCTION)】

 

「国仲涼子」さんとは2012年にテレビドラマ「ハングリー!」での共演を境に交際していると
噂されていたのですが案の定!同年12月28日に結婚したことで話題になっていました。

つまり、「片桐はいり」さんとの噂された2014年の年末に「国仲涼子」さんと結婚したので
「片桐はいり」さんとの恋愛話など「全くなかった」かのように消え去ったのです。

もしかしたら二人がこの映画のインタビューをする際に、毎回「片桐はいり」さんが姉ではなく
彼女的に思っていた!ような「強気なコメント」を放っていたように感じるので、それも誤解を
招いた原因だったのかも知れません。

当時見ていた時はキャラ的にも面白いし二人の会話も絶妙な間具合でトークしていたので
私的にはインタビューを楽しんだ記憶があります。

今では懐かしい、まさに当時の「ブスと美獣」の恋愛話でしたね♪


■ 片桐はいりプロフィール

本名

片桐 由美

読み

かたぎり ゆみ

生年月日

1963年1月18日

仕事

女優

出身地

東京都大田区

所属事務所

スターダストプロモーション

血液型

B型

 

スポンサードリンク