2007年後にフジテレビ系列で放送されていた連続ドラマ「ライフ~壮絶なイジメと闘う
少女の物語」で初出演を飾り「イジメ」問題を生々しく描き、当時の学生達や中堅クラスの
ママ達から大反響を受けていたドラマ主人公「椎葉歩」を演じたのが「北乃きい」さんでした。

 

引用元【ツイッター(北乃きいマネージャー)】

 

実は私も「北乃きい」を知ったのはこのドラマがきっかけなのですが、あまりにも「いじめ」に
対して「生々しい」演出で毎回放送し「イジメ」の「悪質性」を強く訴えていたドラマだと
思いますが、私は逆に毎回「イジメ」られる姿を見て、その態度に「イライラ」感を与えられた
「リアルでな現実性」の高いドラマでした。

私が感じたのと同じようにドラマを見ていた「学生」や「親達」にも影響を与え、中堅クラスの
ママ達からこのドラマに対し「2000件」以上の抗議の声が寄せられ、さらにBPO「放送
倫理番組向上機構」へも55件に及ぶ「抗議や批判」が伝えれらていたそうです。

それだけ「当事者」達への影響力が強過ぎドラマで、あまりにも「リアル」過ぎた演出に
「批判」する人、一方で主人公から「勇気」を貰った人、間違いに気づき「反省」した人
などの「感謝」した人、様々な意見や感想が多く伝えられた「近年」では珍しく盛り上がった
ドラマでした。

もちろん主人公「女子高校生の椎葉歩」役を務めた「北乃きい」さんの「演技力や表現力」が
素晴らしかったことは当然なのですが「いじめ」グループのリーダー「安西愛海」役を務めた
女優「福田沙紀」さんの演技力も抜群で、逆に福田沙紀さんの「本気・気迫」度がなかったら
このドラマの成功には至っていなかった!と言えるほど福田沙紀さんのキャスティングは
大成功だったと思います。

 

引用元【インスタグラム(sakifukuda_official)】

 

元々この作品は日本の漫画家「すえのぶけいこ」先生が手がけた「2006年」の一作で、
大手出版社「講談社」が主催している「少女漫画部門」で受賞を得た「名作品」で、それを
2007年にフジテレビ社がテレビドラマ化したものです。

なので女優「北乃きい」さんの名を大きく世間に広げた「代表作」でもあり、女優への道を
切り開き「大ブレーク」のきっかけになった「大切な一作」ではないでしょうか?

その後も数々のテレビドラマ・映画・CMに出演しご活躍されていますが、その中で2010年頃に「歌手」デビューも果たしていましたね。

確かデビュー曲は「サクラサク」と記憶しております。

 

 

この楽曲を「足掛かり」に更に人気を集めるか?と思っていたのですが意外に「ヒット」に
恵まれず、その後2年くらいで歌手「北野きい」での存在が消えていったように思います。

ミニアルバム・全アルバム・タイアップ・DVDなどで頑張っている姿は拝見しておりましたが
なぜか?大ヒットにまでは至らず「ファンの間のみ」で盛り上げっていたことを覚えています。

その後は芸能活動の「路線」を変更したのか?2014年から日本テレビ系列で放送されている
朝の情報生番組「ZIP!」の総合司会を任され「トークメイン」の仕事も熟すようになり、
お茶の間の皆さんからも親しまれる女優さんへと「変貌」して行きました。

2016年には約2年間勤め上げた「ZIP!」から卒業し今は、各局のバラエティー番組や
舞台などをメインに活動なされているようです。


引用元【サイト(NAVERまとめ)】

 

ところで「松村沙也加」とはいったい何なのでしょうか?

実はこの名前、北乃きいさんの「本名」らしいのです。

北乃きいさんは本名を「非公開」としておりネットで調べても、所属先事務所「フォスター
プラス」のプロフィールを見ても、ウィキペディアで調べても分かりませんでした。

ところが、ネット界では学生時代の「卒業アルバム」の写真が公開されており「可愛らしい」
お顔と一緒に本名も掲載されています。


引用元【ブログ(芸能人の〇〇なワダイ)】

 

このお名前「松村沙也加」でも十分に「芸能性が強い」名前に思えるので、別に北野きいに
する必要がなかったように思えるのですが実は、「松村沙也加」では「とあるタレント」と
「売り二つ」であることから変えたと言われています。

その気になる「とあるタレント」とは、ディズニー映画の名作「アナと雪の女王」で注目を
独り占めしたタレントの「神田沙也加」さんです。

 

引用元【ツイッター(神田沙也加)】

 

苗字は違うものの名前が「同名」であることから「避けた」と言われています。

この卒アルがネットで拡散され「本名」が伝えられ始めた当初、面白い「現象」が起こり
北野きいさんの「ウィキペディア」の本名未公開部分が「松村沙也加」に書き換えられると
即座に削除され、また書き込まれると削除される・・・が繰り返し起こり、所属事務所と
本人が確認しながら訂正しているのでは?等の「噂」が起こっていました。

ただ不思議なのは当時「北乃きい」さんが芸能界デビューを果たした2005年頃、確かに
「神田沙也加」さんは既に芸能活動を行っておりましたが、その時使っていた芸名は親が
芸能界切っての王御所、俳優「神田正輝」氏と歌手「松田聖子」さんの「長女」であることを
隠すがごとく「SAYAKA」で活動をしていたので、「沙也加」の名義を使っても
何ら問題がなかったと思います。

ところが現所属事務所(フォスタープラス)社長が「げん(きい)っぱい」と松村沙也加さん?の
イメージ色を「黄」と連想したらしく「北乃(きい)」と名付けたそうです。

では苗字の「北乃」はどこから?とツッコミたいところですが、それは置いといて・・・?

当時もし、事務所の社長が芸能界の王御所二人の「娘さん名」でデビューする事について
「おこがましい」と感じたのか?あるいは、いずれ娘さんが本名を名乗る日が来る!と予想し
「同名」を避けたのか?詳しいことは分かりませんが、もしそうだとしたらこの社長相当の
「先見の明」があったことになりますね!凄い♪

実際2006年末頃から娘さん「SAYAKA」から「神田沙也加」に改名し芸能活動を
再開しています。

ちなみに、北乃きいさんは以前「北乃紀伊」の名で活動していた時期もあるそうです。

なぜ?そこまでして「芸名に拘る」のか?は分かりませんが、今となっては「北乃きい」で
落ち着いたようなので、やはり自身最大のヒット作で世に知名度を広げた名作ドラマ
「ライフ」の影響は、ご自身の芸能界での「方向性」までも導いてくれら大切な一作品で
あることは間違いないでしょうね!

 

スポンサードリンク

 

◇ 北乃きいさんの彼氏歴?

 

「お茶目」な表情と「清楚」なイメージがある「北乃きい」さんですが実は、今までに
たくさんの「彼氏説」あるいは「彼氏候補説」があり世間やネット住民さんをザワめかした
経験があります。

その先陣?を切ったのが元ジャニーズの「赤西仁」氏でした。

 

引用元【インスタグラム(jinstagram_official)】

 

2010年に小説「グッドドリームズ」を映画化され公開された「BANDAGE バンデイジ」で
二人が共演し、あまりにも「熱過ぎる」シーンを演じ、まるで本当の「恋人通し」と思える
演技を披露したことで、ファンの間から「本当に付き合っている説」が生まれ出され、
ネット界では赤西仁ファンの女性達の「嫉妬心」からなのでしょうか?北乃きいさんへの
「誹謗中傷」を行う非常識なファンがいたくらいです。

それだけ二人の「演技力」が変え見えた映画だったのでしょう!もちろん「根も葉も」無い
事実であったと思いますが、映画で観客達に「恋人同士」と思わせた演技について、陰では
二人して「シメシメ思い通り」と「にや笑い」していたのかも?ですね!

ちなみにその後「赤西仁」氏は女優の「黒木メイサ」さんと結婚していますが「魅惑の
ボディ」を持った女性で知られている「黒木メイサ」さんと北乃きいさんとでは「雲泥の差」
てやつなので「赤西仁」氏の「好み」ではなかったはずです。

続いての彼氏説に浮上した人物は、一時イケメン俳優として人気のあった「林遺都」氏です。

 

引用元【インスタグラム(kentotwfan)】

 

こちらも2008年に公開された映画「ラブファイト」で共演したことがきっかけでの
「彼氏説」が浮上しましたが、「赤西仁」氏と噂されたのが2010年であるため
「それ以前に噂さ」れておかしくない話なのです。

なのにその噂が伝えられたのは2010年です。

実はこの噂の発端は、芸能誌で「お馴染み」の写真週刊誌「週刊女性」が報じたことから
大きく取り上げられ、芸能ネタの大ファン達から彼氏「本命」として噂されていました。

「週刊女性」が報じた内容としては、二人で「いちご狩り」に行ったところをスクープした
らしく、あまりに「仲睦ましい」様子を担当記者が見たことから「本命」とされたようです。

確かに「林遺都」氏のその後のコメントを見るとハッキリ交際していない!とのお言葉は
伝えられず、逆に交際していることに対し「曖昧な」表現をしていたので「交際前」では?と
推測する関係者が多くいたようです。

現在はどのようになっているの?かは分かりませんが・・・?

そして最後のご紹介?するのは俳優「佐野和真」氏です。

引用元【インスタグラム(kazuma.sano)】

 

当時はイケメン・・・よりも「ベビーフェースで可愛い」との世のママ達から好評で、中高年の
ファンがたくさんいたと記憶しています。

流石に北乃きいさんの数々の「彼氏説」に世の芸能ファンや関係者らも「飽き始めた」頃で
誰も興味を示さない時期に入っていたのですが、それを覆すかのように突如浮上した彼氏説が
「佐野和真」氏とのお泊り情報でした。

今までは数ある「彼氏説」でも具体的に「交際」している核心的証拠がなかった最中
「目をみはる」情報を伝えてくれたのが芸能誌で「お馴染み」の「フライデー」様でした。

それによると「ホテル」から二人で出てくる様子や「路チュ」するシーンが激写されており、
「ブレイク女優」と「イケメン俳優」との交際として話題になっていました。

二人でいる様子を映した写真が数枚掲載されており、逃れられない事実であることを示す
スクープ写真として「佐野和真」氏が確信犯?つまり「本命」であることが広く世間に
広まったのです。

なので当時、北乃きいさん運営側(所属事務所)では「清純派女優」として売り出す準備を
していた矢先のことだったらしく、相当焦った様子が伺えられました。

一方の「佐野和真」氏陣営?には何の動きもなく静かに様子見?を行っていました。

多分「交際の事実」を聞いており相手の出方を伺っていたのかも知れないですね!

その後も二人の関係を示すスクープが度々登場し、流石に事務所も諦めたのか?二人に関して
コメントが求められると「プライベートは二人に任せている」的な返答をし、メディアから
「結婚説」まで伝えられるように発展して行きました。

その後二人がどうなったのか?は分かりませんが、今までの「彼氏説」の中でも
「佐野和真」氏との関係が一番あり得る話なので、本命は「佐野和真」氏だった!です。

 

スポンサードリンク

 

◇ 北乃きいさんの枯れた声は酒が原因?

 

北乃きいさんと言えば、とてもハッキリした口調で語りセリフなどが正確に聞こえる女優として
私は評価しているのですが以前、なぜか突然「声が枯れた」状態でテレビ番組に出演していた
シーンを見たことがあります。

それが日本テレビ系列で放送されている朝の情報生番組「ZIP!」です。

ZIP!では総合司会を任されていたのでトーク数は他の出演者よりも多く、ちょっとでも
違いを見せると直ぐに分かってしまいます。

多分ZIP!の「プロデューサー」が北乃きいさんを抜擢した「理由」として「健康的で
フレッシュ」感があり、朝の清々しいイメージの強い女性として選んだと思われいます。

なので「表情や衣装」が大切ですが、それ以上に「トーク(声)」が非常に重要です。

メインキャスターの声が「汚い」と番組を含め「朝の気分」も台無しにしてしまいます。

初めの頃は「プロデューサー」の狙い通りの印象と、尚且つ緊張した初々しを見せていたので
「新鮮な朝」のイメージガール?的要素が大きく、バッチリハマっていました。

ところが日に日に「声」の調子が悪くなって行くのが分かるほど「枯れて」いたのです。

北乃きいさんと言えば「いじめ」を舞台にしたテレビドラマ「ライフ」で一躍人気女優として
名を馳せたことで有名ですが、その時にイメージから「元ヤンキー説」が浮上するようになり、
声の枯れた原因は「タバコ・酒」ではないか?と囁かれていました。

しかし後に分かるのですが当時、北乃きいさんは「声帯結節」という病気を発症していたらしく
「話すことが不便」な状態であり、それでも無理して番組に出演していたらしいのです。

この症状が出始めたのが自身初となったデビューシングル「サクラサク」をリリースした頃で
それから約2年の歌手活動も行っていましたが、その期間も症状が良くならず病を持ちながら
歌手として活動していたそうです。

流石にこれ以上放置はできないと思ったのか?6枚目のシングルをリリースした後、治療のため
全ての芸能活動を控えるようになったそうです。

私はてっきり音楽活動を止めたのは「ヒットに恵まれないから」と思っていましたが、
もっと深い「理由」があったのですね!ごめんなさい・・・涙;

ただ最近ではバラエティー番組などで見かけるし普通にトークできているので、その病は
「改善」されたと思われるので一安心です♪

 

■ 北乃きいプロフィール

本名
松村 沙也加
読み
まつむら さやか
生年月日
1991年3月15日
仕事
タレント・女優
出身地
神奈川県横須賀市
所属事務所
フォスタープラス
血液型
O型

 

 

スポンサードリンク