【まさに!】日本”古風”の香りの残る「演技派若手女優」として大きな注目を集め、今は亡き!”演劇界”の巨匠「蜷川幸雄」劇(あゝ荒野)のメンバーでもある、大阪ご出身の女優「黒木華」さん。

何やら?最近、滅多にお目見えすることが無い”バラエティー番組”に登場をされて!出演映画(甘いお酒でうがい)の”番宣”を含めた出演を行った!として、ファンたちの間で話題を呼んだ模様です。

普段は、”メディア”などへの「露出度が低い女優さん」だけに!ファンたちにとっては「貴重なシーン」として、受け止められたご様子です。


引用元【ツイッター(クイズ!THE違和感【公式】 )】

番組では、お笑いコンビ「千鳥」でツッコミを担当している「ノブ」氏が”MC”を務めており!一風変わった”クイズ番組”として人気が高く、その中で!当日出演された”黒木華”さんが【なんと!】何の「つながりが無いはず」の、お笑い芸人”ノブ氏”と「メル友であることを暴露」した上で、真面目にクイズに向かっている様子が放送されたのです。

【すると!】”視聴者”の間では、意外な「組み合わせの親友関係」に、驚いたファンが大勢いたそうです。

その気になる”意外な一面”を披露された黒木華さんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(クラムボン )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 旦那問題とは?
・ 韓国ハーフ説とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


黒木華さんは1990年3月14日生まれの30歳(2020年)で、ご出身は「大阪府」です。

ご出身の”大阪府”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、黒木華さんも(大阪府)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の大阪府にある”茨木市立三島小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”弟”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、近所でも評判の!非常に「可愛らしい少女であった」らしく、誰からも親しまれる子供として育ったそうです。

・・・とは言っても、ご本人の”気質(性格)”的には!あまり「人前を好むタイプの少女」では無かったらしく!軽度な”人見知り”であり、率先して「前に出るタイプ」では無かった様です。

【実は!】黒木華さんの”実名”には、大きな「親心」が含まれており!”華(はなやか)”と書いて「はる」と呼ぶのですが、ちょうど誕生した年月が「早春を迎える三月中旬」とあって!「春のように華やかに生きて欲しい」との、親の強い願望から名付けられたそうです。

また、子供を”健やか”に成長をさせるためにも!自分が好んだことを”否定せず”に、何でもやらせるような”教育方針”を行っていたそうです。

但し、”母親”が「大の映画好き」であったことから!そこは、比較的”強制的”に「映画館に連れられていた」そうです。

また、”演劇好き”の両親でもあったことから!地域の子供たちが集って行っていた「児童演劇(ミュージカル)」にも参加させられていたようです。

なので、幼心にも”役者の心得”が「身についていた」こともあり!好きな”俳優”と言えば、意外にも”女優”では無く!地元の”大阪”を代表する「ミナミの帝王」と呼ばれていた俳優の「竹内力」氏とのことです。(笑;)


引用元【ツイッター(カミーユ@ぴえろ魔法少女とプリキュアにハマり中 )】

一方、”体”を動かす面では「剣道やトランポリン」などの”スポーツ”に取り組んでいたらしく【やはり!】”団体競技”よりも、人と関わりの少ない「個人競技」を好んで行っておりました。

小学校時代に入ると、続けていた”剣道”や”トランポリン”に取り組みながら!体を鍛えていたそうです。

また、小学校六年生の時に!始めて「本格的な恋心が芽生えた」らしく!”意中の男性”に対して「生まれて始めての告白」に挑みますが、残念ながら”フラれた”そうです。

【さらに!】同年には、関西地区で”人気”の高い朝日放送系列で放送されているバラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」に出演された経験があるらしく、スタジオを代表する”探偵局員”の捜査対象に「黒木家が選ばれた」らしく、家族を含めた”インタビュー”に参加されております。


引用元【ツイッター(風化させないbot )】

番組内では、ご自身が”依頼者”として登場をされて「母親に特技が無いと言われたが、自身は足を高く上げることが得意である」ことを”証明”された模様です。

つまり、その”依頼内容”が見事に!番組内で「採用となった」かたちなのです。

”スポーツ”や”演劇”に取り組んだ小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府にある”茨木市立三島中学校”にご入学されました。

中学校時代に入ると、学校に設けられていた”合唱部”に入部をされますが!恐らく、長く続けてきた”剣道部”や!好んでいた”演劇部”が無かったことで、その一環(声出し)として合唱部を選んだものと思われます。

なので、”本心”からの「活動では無かった」ことから!”真面目”に練習には取り組んでおらず、部活の時間はグランドで”バレーボール”を行って遊んでいたことを、後に語っております。

つまり、ご本人曰く!”合唱部”の「幽霊部員であった」とのことです。

中学校時代の”成績”などは分かっておりませんが、”高等学校”を選択する時期になると!昔から好んでいた”演劇(ミュージカル)”に「真面目に取り組みたい」と考えたらしく!母親に対して、その”旨”を明らかにしたところ「演劇の実績がある学校を選ぶようにススメられた」そうです。

そのため、高等学校は地元でも有数の「演劇の実力校」として名高い学校に進学をされております。

”演劇(お芝居)”に夢を見出した中学時代を終えると、高校も地元の大阪府にある”追手門学院高等学校”にご入学されました。

この”学院”の正式名称は「追手門学院中学校・高等学校」であり、その名の通り「中高一貫教育」であるため!通常は、中学校に進学をされると高等学校までは「内部審査によるエスカレータ式」で進学(進級)することが出来ます。

しかし、黒木華さんの場合!途中から”高校入試”を受けての「進学を決めている」ことから【いかに!】”演劇(お芝居)”に「本気で取り組みたかったのか」を、物語っております。

この高等学校の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

但し、”コース別”となっており「特選SS・I類・II類」の三コースが設けられております。

また、”通学期”も一般」的な「三学期制」を導入されているご様子です。

“演劇部”に関しては、全国レベルの実績を持つ「実力校」として知名度が高く!学校内に設けられている部活動の中でも「練習や上下関係が非常に厳しい部活の一つ」として有名です。

一方、学科中の”II類コース”には「スポーツコース」が新設されており!2012年度から、地元のサッカークラブでお馴染みの「ガンバ大阪」と提携をされて、”ユース生徒”の育成に取り組み始めたらしく!そのため、卒業生には「プロサッカー選手」を多く輩出されている高等学校でもあります。

ちなみに、”芸能人”としては!タレントの「飯星景子」さんや、舞台女優の「笠松はる」さんが卒業をされているそうです。


引用元【ツイッター(俺スナ )】

そのため、もちろん!黒木華さんは「演劇部に入部」をされており、校内でも「上下関係や練習の厳しい部活」として有名であったことから!他の”生徒”のように「遊び惚ける」ことも無く、毎日!”猛稽古”を行っていたそうです。

【すると!】直ぐに「秘められた才能」が開花を向かえて、入部仕立ての”一年生”の頃から「主役」に起用されるケースが多く!そのまま、部活を”引退”するまでは「主演を担当していた」ことから!演劇部の「エース」として親しまれていたそうです。

もちろん、”エース”として!部員たちからの「信用を勝ち取る」までは、並ならぬ”努力”を築き上げた賜であり!”土日”も休むこと無く、直向きに練習に向かった結果【なんと!】”引退”するまでの三年間は「一度も休むこと無く演劇に取り組んだ」そうです。

その意味では、”本心”から演劇が「大好き」なことや!役者としての”才能”が、この時期に「開花を向かえた」こと【さらに!】”将来”の「方向性が見えていた」ことなどを、窺え知ることができます。

【さらに!】この時期に、舞台の”演出家”であり!自ら”役者”も熟すことで有名であった「野田秀樹」氏が手掛けた舞台「贋作 罪と罰」を観賞されて、大きな”衝撃”を受けたそうです。

【なんと!】この舞台の”キャスト”には、後に大活躍をされる俳優の「古田新太」氏「段田安則」氏「宇梶剛士」氏や、同様に”女優”や”歌手”として大人気となる「松たか子」さんが担当をされております。


引用元【ツイッター(hashimoto )】

この舞台での”主演”は「松たか子」さんが担当をされておりましたが、舞台内容に”衝撃”を受けたと同時に「圧巻の演技力に魅了された」ことで、この舞台を通して”松たか子”さんに「憧れを感じるようになった」そうです。

ちなみに、”憧れの人”とは!映画監督としてお馴染みの「山田洋次」監督が手掛けて話題を呼んだ、2014年に公開された作品「小さいおうち」にて、”待望”の「共演」を叶えており!自身の”熱い思い”を告げてからは「親しくなった」ようです。


引用元【ツイッター(小諸橋マイルス@歌謡曲生活者 )】

また、”演劇”に青春を享けていた高校時代は「演技の肥やし」として、多くの”本”を好んで読んでいたそうです。

なので、人前に立つことには”抵抗”が無かったモノの!意外にも、”独り”でいる時間を「好む気質(性格)であった」ことから!今の”お姿”からも想像が付きますが、他人と”話す”ことが「不得意であった」とのことです。

”演劇”で青春を送った高校時代を終えると、大学に進学をされて!京都府にある”京都芸術大学”の「芸術学部映画俳優コース」にご入学をされました。

この頃から既に、”将来”は「女優になりたい」と定めていたことから!”映画”に携わる学部・学科がある大学【さらに!】”演劇に精通”する大学進学を志望していたそうです。

そこで【さらなる!】上(役者)を目指して、一路”上京”をされて「都心の大学進学も考えた」のですが!自ら「一人暮らしをしながら女優を目指す自信がなかった」とのことで、担任の先生や親との話し合いの結果!大阪の”自宅”から「通える距離の大学に決めた」と、後に語っております。

大学時代に入ると、”映画俳優コース”で講師を務めていた映画監督の「林海象」氏や!同じく映画監督で脚本家の「東陽一」氏などから”演技”を学んでいたそうです。

なので、その講師たちの”伝手”である「主宰を務めていた劇団」への作品参加が出来たり、他の大学にある劇団に参加されたりと「多方面での活動が目立っていた」ようです。

なぜ、”多方面”での「活動が多かったのか」と言うと【実は!】”学部内”で作られた「作品への出演が少なかった」ことが大きな要因でもあり、”演技の経験”を積むためにも「出稽古に臨んだ」のです。

そのため、”映画学科”でもあるのにも関わらず!”俳優”に「のめり込んでいた」ことに対して、”罪悪感”を抱いていたそうです。

しかし、”女優”を目指して活動をする中で!”心中”としては「田舎出身者では女優になるのは難しい…など」と、勝手に決めつけていたことから!”役者”を目指しつつも、心の片隅では「幼稚園の先生になりたい」と考えていたようです。

学部内で作られる”作品”への「出演が少なかった」こともあり、”高校時代”に大きな衝撃を受け!”役者”に対する「考え方に大きな変化(転機)を与えた作品」である舞台”贋作 罪と罰”を手掛けた、演出家で役者の「野田秀樹」氏が行った”ワークショップ”のオーディションに参加をされて、見事に!”合格”を果たしたことから、大学三年生の6月から公演された舞台「ザ・キャラクター」に”アンサンブル”として出演を果たし!自身初となる「俳優デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(RennSaito )】

【しかも!】立て続けに、同劇団(NODA・MAP)・同劇場(東京芸術劇場)で行われた!同年9月から公演された”番外編”の舞台「表に出ろいっ!」での”オーディション”にも参加をされて、”約1,200名弱”の応募者の中から、見事!ヒロインの”娘役”を手に入れて!周囲からは「野田劇団の一員」と認められる様になります。

しかし、各劇団への参加で!多忙な毎日を送る中でも「経済的には余裕が無かった」ことから、地元にある”お化け屋敷”で「お化け役のアルバイト」を行いながら!”時給800円”を、稼いでいたそうです。

その後、大学をご卒業をされると!社会人となり、俳優業(女優業)に専念するようになります。

“俳優一筋”での活動をスタートさせると、ご周知の通り!日本の”映画の祭典”としてお馴染みの「日本アカデミー賞」で”各賞”を総なめにする活躍ぶりを見せたり!他の”イベント”でも、多くの”賞”を獲得され!”新人若手女優”の中でも「群を抜いた演技派女優」として、多くの映画ファンや関係者から”認知”がされ始めて行きます。

特に、”テレビドラマ”への出演数が増え始めた2012年からは!NHKで放送されている人気「連続テレビ小説」への出演を行い始めて、ドラマ内で放送された番組「純と愛」の”第一話”に出演をされて、自身初となる「NHK連続ドラマデビュー」を飾ります。

【さらに!】続けて、2014年には”高視聴率”を叩き出したテレビドラマ「花子とアン」への出演や、同局の”夜間”の連続ドラマとしてお馴染みの「大河ドラマ」への出演も飾り、”テレビ視聴者”を中心に!若手女優としての”知名度”を「徐々に広げて行くことに成功」をされます。


引用元【ツイッター(ひぞっこ )】


スポンサードリンク


◇ 旦那問題とは?


黒木華さんは、1990年3月生まれの30歳(2020年)ですが!”年齢”から見ると「ご結婚」をされていてもおかしくはありません。

【寧ろ!】”適齢期”が過ぎた年齢!と言えます。

そこで、気になるのが”旦那”の存在ですが!結論から言うと、黒木華さんは”ご結婚”をされておらず!もちろん、”子供”も居りません。

【なのに!】以前に「既婚者」としての情報が伝えられたことがあります。

【実は!】同じ”女優”として活動をされている、東京出身の俳優「小野ゆり子」さんと!”ルックス”が「非常に似ている」として、”女優ファン”の間では有名な話であり!それが「誤解を招いた始まり」なのです。


引用元【ツイッター(きっちょむ )】

“小野ゆり子”さんと言えば、2012年3月に俳優の「大森南朋」氏と”ご結婚”をされ!2019年5月に、第一子を”ご出産”されております。

ご結婚をされた当初は、”18歳”も離れた「年の差夫婦」として大きな話題を呼び!”旦那”となる「大森南朋」氏に対して、世の”男性陣”たちからは「羨ましい限り…など」と!嘆かれたモノです。

つまり、”奥さん”となられた「小野ゆり子」さんと!全く”無縁”の「黒木華」さんが「非常に似ている」ことで、世間の方々に「誤解を招いたしまった」ことから!広く”黒木華”さんが「ご結婚をされたと勘違いが生じた」訳です。

【しかも!】”別件”ですが、上の画像を見て頂ければお分かりの通り↑黒木華さんは、同じく女優の「蒼井優」さんと!非常に似ていることに気づきます。

お察しの通り、”蒼井優”さんは2019年度に!お笑いコンビ「南海キャンディーズ」でツッコミ担当の「山里亮太」氏と”ご結婚”をされました。

【実は!】この時も「あり得ないカップルの誕生であった」ことも重なり、”山里亮太”氏のお相手が女優の”蒼井優”さんと信じる方が少なく!当初、伝わっていた情報では「女優」にフューチャーされていた頃に!蒼井優さんに似ていたる”黒木華”さんと「勘違いされる方で溢れていた」のです。

つまり、その時も!”そっくり誤解”を招いてしまったことから、黒木華さんが「ご結婚をされたと勘違いされたケース」があったのです。


引用元【ツイッター(家康 )】


スポンサードリンク


◇ 韓国ハーフ説とは?


【かなり!】昔に、黒木華さんに対して「ハーフ説」が伝えられたことがありました。

しかし、その時も!見るからに”古風”を漂わせた”ベビーフェース”のお顔立ちであり【まさに!】”純和風”が似合う「生粋の日本人」であることは明らかであり!なぜ、”ハーフ説”が浮上したのか?を、疑問視する方が多くいたのが記憶に新しいところです。


引用元【ツイッター(NHKアーカイブス )】

【しかも!】事もあろうに、”純アジア系”のハーフと呼ぶのなら未だしも!”西欧”に近い「フィリピン系のハーフ説」なども、伝えられたこともあったのです。

なので、”アジア圏”の「韓国人レベルのハーフ」と呼ぶのなら!まだ話が分かりますが、全く”血筋”がつながっていない「西洋家の血統」が混じっているとは、とても思えません。

【実は!】”旦那”の「人違い説」と同じように、”フィリピン系”のハーフ説でも!”人違い”の「勘違い説」から生まれた話であり!芸能事務所の「ライズプロダクション」に所属する”モデル”の中に、”フィリピン系”の「ハーフモデル」として活動をされている人物に、黒木華さんと「同姓同名」の”女性モデル”が居るのです。



引用元【サイト(黒木華のブログ)】

つまり「生まれ育ち・出身地・姿形」が全く違うのに!”同姓同名”だけで「勘違いをしたモデルファンたち」によって、広くネット界でに”浸透”してしまったのです。

そこから、”大阪出身”の女優である「黒木華」さんに”フィリピン系”のハーフ説が伝えられた訳です。


また、黒木華さんは2013年10月からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「リーガルハイ」に出演されて、主人公の弁護士事務所に所属する”弁護士役”の「本田ジェーン」を演じたことがありますが、その際に「ヒッピー風のファッション姿」を披露したことがあり、この”姿”が「日本人離れをしていた」ことから、”韓国人ハーフ説”が伝えられるようにもなったのです。


引用元【ツイッター(ロベルト )】

もちろん、全く”根拠のない話”なのですが!あまりにも”演技”がウマすぎて、その”テンションの高さ”から!”外国人”と「勘違いした視聴者」が居た模様です。

但し、フィリピン系の”ハーフ説”よりかは、断然!こちら(韓国人)の方が「信憑性が高い」と言えます。

なので、結論的には!”黒木華”さんは見た目の通り「生粋の日本人」で間違いありません。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2003年に、ABC系列で放送された番組”探偵!ナイトスクープ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(エドガワライト )】

◇ 舞台

・ 2010年に、”東京芸術劇場”によって公開された舞台”ザ・キャラクター”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(法水 )】

◇ 映画

・ 2011年に、”京都造形芸術大学映画学科”によって公開された映画”MADE IN JAPAN ?こらッ!?”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2012年に、NHK系列で放送された番組”連続テレビ小説 純と愛”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(NHKアーカイブス )】

◇ CM

・ 2012年に、”スカパー”が手がけた企業CM”BS日本映画専門チャンネル “に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ アニメ映画

・ 2012年に、東宝系列で放送された番組”おおかみこどもの雨と雪”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(さらねみく )】

◇ 写真集

・ 2016年に、”リトルモア”が手がけた作品”黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(リップヴァンウィンクルの花嫁 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
黒木 華
読み
くろき はる
生年月日
1990年3月14日
仕事
俳優、女優
出身地
大阪府
所属事務所
パパドゥ
血液型
B型