日本の女優なのに業界から”消えた!”と一時心配された若手女優と言えば誰を連想しますか?

そう!それは!!「鹿児島県にもの凄い美少女がいる!」として業界から注目され、鳴物入りで 女優デビューされた俳優の「桜庭ななみ」さんではないでしょうか?



引用元【インスタグラム(nanamisakuraba_official)】

上の写真は彼女の公式インスタグラムですが、非常に”着物”がお似合いの風貌が和風チックで “〇〇県美人”と言われても遜色ない”ルックス”、まさに「東洋の魔女」と言っても過言では ないほどの”正統派女優”さんですね!

芸能界入りの”きっかけ”は「鹿児島県に美少女がいる!」と嗅ぎ付けた芸能事務所からの “スカウト”との事ですが、地元に”美人説”が広がった理由には納得させられます。

そんな”鳴物入り”で芸能界デビューを飾った桜庭ななみさんがNHKの国民的テレビ番組 連続テレビ小説の”スカーレット”で主人公(戸田恵梨香さん)の「妹役」に抜擢されたことが 分かり注目を集めているそうです。


引用元【ツイッター(nanami_spmg)】

この役柄は、かなり”癖のある妹役”らしく以前から”不機嫌・やさぐれ感・ムカつくキャラ・反抗的キャラ”などの「嫌われ者キャラ」で定評を得ていた桜庭ななみさんだけに、まさに! “ピッタリの役所”として、お茶の間やドラマ関係者から好評を得ているそうです。

連続テレビ小説ファンや彼女のファン達からも↓↓↓

・ どこかでみたぞと、お名前なんだっけと。桜庭ななみちゃん、可愛い??反抗期か?
・ 桜庭ななみさんめちゃくちゃ朝ドラヒロイン顔な気がする
・ 私は桜庭ななみさんが不機嫌な演技をするのが好きなんですよ!
・ 桜庭ななみっていい感じにムカつきそうなところ持ってきてて、キャスティング素晴らしい
・ ついこの間まで、大河で母親してた桜庭ななみさんの制服姿も新鮮
・ 桜庭ななみが桜庭ななみオーラを全消ししてるの非常に良き

※ 引用元【サイト(Yahooリアル)】


様々な意見が寄せられているようで、世間からの彼女の”演技”の反応は上々のようです。

また見事な”キャスティング”も絶賛されているようです。

そんな芸能界から消えかけて……でも存在していた!若手女優の”桜庭ななみ”さんに スポットを当てて見ました。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 中国語堪能
・ バカの噂
・ 彼氏熱愛結婚は
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


桜庭ななみさんは1992年10月17日生まれの27歳(2019年)で、ご出身は「鹿児島県」です。

ご出身の”鹿児島県”にあるご自宅で、ご両親と姉と弟の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、桜庭ななみさんも(鹿児島県)内の小・中学校に通っていたと推測できます。

なので、最新の情報では中学校は地元にある”出水市立米ノ津中学校”と判明しておりますで
その近辺にある小学校は”米ノ津小学校”、あるいは”米ノ津東小学校”に絞られますので、その
どちらかに通っていたことは明らかです。

ご実家は鹿児島県出水市内から外れた、かなりの”田舎街”にあるらしく”海と山”が近くにあり、 家の周りには”竹藪”が茂ってるそうです。

それだけでも相当な”田舎”であると感じますが、更に最寄りの駅はもちろん!無人駅であり、一時間に一本のみの運行とのこと。

そのため実家の近辺には”有楽施設”が何もなく”映画館”へ行くにも”九州新幹線”を使って出向く必要があるそうです。

幼少期から”食べる事”と”運動する事”が大好きな「活発的」な子供さんであったらしく、小学時代は”バレーボール”が得意であったようです。

さらに”長距離走”も得意であったらしく、小学校一年生の時に鹿児島県内の陸上競技大会の1500m走で”優勝”したことがあります。

また全国大会でも”上位入賞”に入る活躍ぶりを見せて地元でも有望な”陸上小学生”として注目されていたそうです。

“足”ばかりではなく、その当時から”田舎街”では見かけることが少ない”美少女”でもあり、近所でも有名な子供さんであったらしいです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

”マラソン”と”縄跳び”が大好きであった小学生時代を終えると、中学校も地元の出水市にある”出水市立米ノ津中学校”にご入学されました。

中学生時代も相変わらず”スポーツ”好きな学生であったらしく、部活動は”テニス部”に入部して”青春の汗”を流していた様です。

成績はそれ程でもなく”市民大会”で優勝する程度であったようですが、部活内では副キャプテンに抜擢されていたそうで、部員からは”頼もしい先輩”として親しまれていたようです。

“青春”真っ只中の中学校三年生の時に地元の”ゲームセンター”で親友達と「プリクラ」を撮っていた際、突然!芸能事務所の担当者から声をかけられ「スカウト」されたそうです。

【実は!】桜庭ななみさん!!以前から「鹿児島県に物凄い美少女がいる」との”噂”が業界内で広まっていたらしく、その情報を嗅ぎ付けた芸能プロダクションが「スカウト」に動いた
らしいんのです。

突然の”スカウト”されるがまま、中学校三年生の夏頃から「芸能界デビュー」を飾りました。

ただ当時は”地元を離れたくない気持ち”が強かったことから、毎回”鹿児島県”から上京して芸能活動を行っており、学校を”転校・転入”せずに頑張っていたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

その後、中学時代を終えると高校は上京して東京都世田谷区にある”日本女子体育大学附属二階堂高等学校”にご入学されました。

この高校は”学校名”が長いので”二階堂高校”と略されて呼ばれているらしく課程が”全日制”の男女共学校で、学科は”普通科”のみの”ごく普通”な高校のようです。

ただ最近では”学業優先”を条件に芸能活動を認めている高校として有名になりつつあり、芸能人ご用達でお馴染み”堀越学園”や”日出高校”に並ぶ人気上昇中の高校として有名です。

なのでご卒業生も”ビッグネーム”が並んでおり、元プロゴルファーの「樋口久子」さんや、タレントの「ビーバー」さん、女優の「土屋太鳳さん、久松郁実さん、内山理名さん、堀北真希さん、黒木メイサさん」等が”OB”にいるそうです。

特に「内山理名」さんに限っては、態々地元の通っていた高校から”芸能活動を優先にするため!”との理由で”転校”されたそうです。



引用元【インスタグラム(rinauchiyama_official)】

桜庭ななみさんも”芸能活動”を優先にしたい!との思い出この高校に進まれましたが入学時は一般試験ではなく「推薦入学」でご入学されておられます。

多分、中学時代に部活で”副キャプテン”を任されていた事や既に芸能活動を行っていた事が”内申書”で優位に働き、”推薦枠”を獲得したのでしょう。

そのため”芸能活動一本”に絞ったことで、高校当時は”部活動”には入部しておりません。

そして高校一年生の2008年に日本テレビ系列で放送されていたテレビドラマ”栞と紙魚子の怪奇事件簿”に出演を果たし、自身初の「ドラマデビュー&女優デビュー」を飾りました。

さらに同年五月に公開された映画”同級生や体育館ベイビー”では本格的な意味で、自身初の「映画デビュー」を飾り注目を集めました。

また、週刊誌でお馴染み”ヤングマガジン”に採用されるモデルを選ぶ、グラビアミス・コンテストで、応募者数”15,000人”以上の中から見事!2008年度の「ミスマガジン」に選ばれました。


引用元【ツイッター(ゆりゆう19 )】

中学二年生になると日本のマンガ”サマーウォーズ”を劇場版にしたアニメ映画「劇場版サマーウォーズ」でヒロイン”篠原夏希役”で「声優デビュー」を飾りました。

また同年(2009年)にはTBSの”ネットドラマ”から派生した五人組グループ”bump.y”のメンバーに選ばれ、音楽活動も始めました。

この”bump.y”は同事務所に所属していた女優で構成された女性グループで約6年間の活動後、2014年6月で”解散”となりました。

さらに同年の6月からスタートしたNHKで放送されたテレビドラマ”ふたつのスピカ”で自身初のテレビドラマ「レギュラー出演」を果たしました。



引用元【サイト(YouTube)】

中学三年生になると、公開前から超有名演出家「杉田成道」氏が手掛けた作品として注目を集まっていた映画”最後の忠臣蔵”のヒロイン”可音”役に抜擢され、見事な演技を披露して、その年行われた”日本アカデミー賞”で「新人俳優賞」を受賞されました。


引用元【ツイッター(映画.com )】

この当時は主に”テレビドラマ”や”映画”などをメインに活動されておられましたがCMからのオファーも増え始め、住宅事業を行っている会社”三菱地所”のCM出演が目立つようになります。

【なんと!】こちらのCM!!約8年の間”桜庭ななみさん”を採用しており、彼女の代表CMとして国民から認知されるほど有名となりましたね!




忙しかった高校も卒業の時期を向かえ、”大学進学”は行わずに芸能活動を本格化させます。

高校入学から芸能活動を”優先”するために、この学校を選んだのですから当然と言えば当然なのでしょうけど・・・。

その後、自身二十歳の誕生日を記念してリリースした”写真集”が話題を呼んでおりました。


引用元【ツイッター(Pin-up girl of today )】

日本アカデミー賞で”新人俳優賞”を受賞して、見事!女優としてブレークを果たし各局のテレビドラマや映画から引っ張りだことなり、休む暇もないスケジュールとなって人気”若手女優”としての地位を確立して行きました。

しかし何故か?ご自身”22歳”の時に”語学”に興味を持ち出し”中国語”や”韓国語”の勉強を始めたそうです。

今では”中国語”はかなり堪能なのですが【実は!】当時(2014年)仕事の撮影が無い時に中国上海に留学をしていたらしく、約一年間に渡って”ネイティブ”を体験していたそうです。

また仕事のマネージャーが”中国人”であるらしく、毎日のように中国に触れるチャンスがあり、それも称して中国語のレベルが上がったそうです。

さらに2016年には”韓国留学”もしており、韓国語は日常レベルで問題なく話せるレベルであるそうです。

今では”在日&訪日”中国人向けにインタネットで配信されている”中国語サービス「NHK華語視界」”に出演し「流暢」な言葉が評判で中国人から人気を得ているそうです。

様々な方面でご活躍しながら今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 中国語堪能


桜庭ななみさんと言えば”若手美人女優”として根強いファンをたくさん抱えている”俳優”で有名ですが、たまに見かけたり・・・全然姿が見られなくなったり・・・とブレーク女優にも関わらず頻繁に目にすることが少ない女優さんの一人です。

もちろん、テレビ番組やバラエティー番組などに出演されず”露出”が少ないことも理由だとは思いますが・・・。

【実は!】桜庭ななみさん!!学生時代を終えてからも時折、”海外”へ「留学」することが多くあったらしく、プライベートの殆どはそちらに力を入れていた事で、お姿が見えたり?消えたり?を繰り返していたそうです。

“留学先”とは中国上海や韓国、さらに台湾等らしく中国語をメインに勉強していたそうです。

台湾にも留学しているところを見ると、中国語でも”北京語”を勉強していたのでしょう。

中国語の標準語と言えば”北京語”ですからね!勉強に選んだ「語学選択」は流石です。

最近では、あまりに中国語が「流暢」であると評判となりNHKの中国語番組でMCに抜擢されるほどの腕前であるそうです。




これ↑を見たネット住民からは「彼女の中国語のレベルを知りたい!中国語の勉強方法は!台湾に留学していたの?」等と桜庭ななみさんの中国語に興味を示したネットユーザーが、かなり多く居るようです。

桜庭ななみさんは学生時代、特に”語学勉強”は行っておらず中学生から既に芸能界デビューを果たしおり、特別「語学」との関係はありませんでした。

しかしご自身”22歳”頃から突如、「語学」に目覚め始め?仕事の合間を見ては”本場”に留学するようになり本格的な勉強を始めたのです。

なので、桜庭ななみさんの”中国語”や”韓国語”の殆どは「独学」で学んだものでしょう。

なのに、”韓国語”は日常レベルで話せるほど、中国語は広範囲の話題に通用する話しが行えるレベルの「4級」を取得しているそうです。

そして、その”実力”を公の場で有名と知ら占めた出来事が、香港映画監督として有名な「ジョン・ウー」氏が手掛けた作品”マンハント”に出演したことで、中国人俳優の「チャン・ハンユー」氏と日本人俳優の「福山雅治」氏が”ダブル主演”を果たすとして注目された映画で上映前から話題を誘っておりました。




この映画に桜庭さんもご出演されておりますが、直接”中国語”で話すシーンはそれほどなく、何故”中国語”が関係しているのか?疑問に思うと思います。

しかし【実は!】キャストを選ぶ際に監督の「ジョン・ウー」氏と面接したそうですが、その時に、あまりにも”流暢”な中国語で会話されたことから驚きをかったそうです。

その時の監督曰く”日本女優の中で、これ程のレベルで中国語を話せる人は見た事がない!”と驚きながら語ったそうです。

なので、元から”ルックス”が可愛く”有名女優”であったことから”キャスト”に抜擢されるのは当然でしたが、その”出来事”があったことで主演の「福山雅治」氏よりも注目されたそうです。

また、この映画が公開される前の記者会見にも”福山雅治”氏と登場したのですが、そこでも中国人記者の質問に”通訳”を通さずに流暢な中国語で答えて、マスコミ人から”驚き”をかい
記者会場がザワついたそうです。



引用元【サイト(MOVIE WALKER)】


スポンサードリンク


◇ バカの噂


桜庭ななみさんは以前から”情報番組”や”バラエティー番組”などのトーク番組に出演する事がほとんどなく、ファン達からはもっと”プライベート”な部分(素顔や性格など)が知りたい!と注文が多い女優さんの一人です。



引用元【インスタグラム(nanamisakuraba_official)】

なぜ”ブレーク女優”でありながら、公の場にでるシーンが少ないのか?疑問に感じる方も多いと思いますが、私も以前から「不思議」に感じておりました。

もっと”公の場”で自身をアピールすれば、さらに”大ブレーク”につながるのは間違いないのに、非常に勿体ない様に感じますよね!

なので”根強い”ファン達からは”正統派女優で可愛いのに親近感が湧かない女優」等と言われ、身近に感じないイメージを持たれているそうです。

最近の”アイドル”なら”致命的”な悪いイメージですよね!

そこで”噂”されたのが【実は!】そもそも”おバカ”であって公の場にでれば”おバカキャラ”が根付く心配があり”若手美人女優”の名に傷がつくことを恐れた事務所対応によって、多くのテレビ番組に出演しないのでは・・・との理由が大きいと伝えられているそうです。

まして、今一番”視聴率”を稼げる”クイズ番組”に出ようものなら番組内容が成立しない程の”おバカっぷり”を披露する可能性が高く、絶対に事務所OKはでないであろう!と言われてもいるそうです。

しかし、桜庭ななみさんの”学力”は「普通高校卒」程度であっても中国語を”流暢”に話す程の”才能”の持ち主で、とても”おバカ”だとは思えません。

ましてや”韓国語”も生活レベルで話すこともできます。

そんな”語学力”豊かな女性がおバカであるわけがなく、何故そのような”噂”が流れたことがあるのでしょうか?本当に不思議です。

【実は!】以前!!テレビ出演の”超”少ない桜庭ななみさんが、あるお笑いタレントがMCを務めるバラエティー番組へ出演したことがあるらしく、その時にMCから誰でも答えられる様な質問を受けた時「分からない」と連発して番組を”混乱”させたことがあるらしいのです。

それを知った事務所側がイメージダウンにつながる!として,その後はテレビ番組の出演を極力!控えたのでは?と”噂”が広まったそうです。

それが今だに続いている様で、あまり”フリートーク”を聞く機会が本当に少ない女優さんの一人ですよね!今後に期待しましょう♪


スポンサードリンク


◇ 彼氏熱愛結婚は


嬉しいことに?今までに桜庭ななみさんの”彼氏・熱愛”等の恋愛ネタは多くありませんね!

“公の場”で目にする機会が少ないことも働いてか?ブレーク女優なのに本当に”恋愛ネタ”が少ない”珍しい”タイプの女優さんです。

ただ唯一”恋愛ネタ”として”結婚した!”などの情報が流れたことがありました。

それは実際にご結婚されたのではなく、以前フジテレビ系列で放送されたスペシャルテレビドラマ”私と彼とおしゃべりクルマ”に出演した時に、俳優でタレントの「バカリズム」氏に伝えた一言の中で”私たち結婚したんです!”と放った言葉が注目され、いかにも「結婚した」かのように誤解を招いたのです。


引用元【ツイッター(NP)】

このドラマで桜庭ななみさんは”ヒロイン”を演じていたことから、なおさら”恋愛ネタ”としてネット住民やドラマファン達の間で盛り上がったそうです。

現在の”恋愛事情”についてはよく分かっておりませんが、きっと彼氏もいないと思われます。

【実は!】桜庭ななみさんが所属している芸能プロダクション「スウィートパワー」の社長「岡田」氏は、所属タレントの”恋愛”について非常に厳しいと業界では有名で、事務所の方針として「25歳まで恋愛禁止!所属タレントは寮で生活すること」等と決めているらしく、所属タレントを相当”管理”しているそうです。

それが、桜庭ななみさんに”恋愛ネタ”が湧かない”要因”なのかも?ですよね!

現在(2019年)は”27歳”を向かている桜庭ななみさんですが、年齢リミット?は解除されたはずなので、今後は恋愛ネタが期待できるのでしょうか?

乞うご期待・・・!


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 映画

・ 2007年に、”若手映画作家育成プロジェクト”によって公開された映画”天国のバス”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(桜庭ななみマネージャー【公式】 )】

◇ テレビドラマ

・ 2008年に、日本テレビ系列で放送された番組”栞と紙魚子の怪奇事件簿”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2008年に、”江崎グリコ”が手がけた企業CM”赤い糸×ポッキー”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(NP )】

◇ DVD

・ 2008年に、”バップ”が手がけた作品”ミスマガジン2008″がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(もきゅ速 )】

◇ 写真集

・ 2009年に、”講談社”が手がけた作品”N・P”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(仕事が早いっ! )】

◇ アニメ映画

・ 2009年に、ワーナー・ブラザース系列で放送された番組”サマーウォーズ”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(デジ@シネマ )】

◇ ラジオ

・ 2010年に、”TOKYO FM”局が放送した番組”SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2011年に、”FUNKY MONKEY BABYS”が手がけた作品”ランウェイ☆ビート”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2013年に、TBS系列で放送された番組”開運音楽堂”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ ネット番組

・ 2020年に、NHK系列で放送された番組”NHK華語視界”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
宮内 ひとみ
読み
みやうち ひとみ
生年月日
1992年10月17日
仕事
女優
出身地
鹿児島県
所属事務所
スウィートパワー
血液型
O型