今ではスッカリ!”女医”としての顔が定着し、その端麗な”ルックス”と演技派俳優としての魅力で”幅広い世代”から愛されている女優としてお馴染みの「沢口靖子」さん。

今や!”テレビ朝日”を代表する「二大巨頭ドラマと成長した」と言える程の人気を誇るテレビドラマの「相棒」と「科捜研の女」ですが、ドラマの”人気”を牽引する”主演”を務める役者と言えば、ご周知の通り!俳優の「水谷豊」氏と「沢口靖子」さんであることは、言うまでもありません。


引用元【ツイッター(女性自身【公式】 )】

その”二大巨頭ドラマ”の中で「科捜研の女」に、何やら”大きな動き”があったらしく!ドラマファンや沢口靖子さんファンたちの間で、大きな話題を集めているご様子です。

意外なことに!今まで”科捜研の女”は「映画化されていなかった」らしく、”主演”を務める沢口靖子さんの「悲願の一つ」として掲げていた”劇場版”が、ここに来て!ようやく「完撮された」そうです。

“相棒”は、”劇場版”の大ヒットを記録したことによって【さらなる!】人気を集めて、その後のテレビドラマの「シリーズ化に大きく貢献する働きをした」と言って間違いありませんので、同じように”科捜研の女”の今回の映画化が「成功するか否か?」次第では、今度のテレビドラマへの”影響”が「顕著に現れる」事となるでしょう。

その気になる、今!最も「虫眼鏡が似合う女性」の沢口靖子さんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(【公式】テレ朝動画 )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 母親のハーフ疑惑とは?
・ 熱愛彼氏とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


沢口靖子さんは1965年6月11日生まれの55歳(2020年)で、ご出身は「大阪府」です。

ご出身の”大阪府”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、沢口靖子さんも(大阪府)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の大阪府にある”堺市立平岡小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”三歳年上の兄”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、”お兄ちゃん子”であり!とにかく”三歳年上の兄”が動くところに「付きまとっていた」らしく!それだけ、”兄”のことが「大好きな少女であった」ご様子です。

また、幼稚園時代から”習い事”で「ピアノのレッスン」に通っておりますが!通い始めたのも「お兄ちゃんの影響が大きかった」とのことです。

父親は、元”国鉄職員”であるらしく!地元の大阪府にある会社に務めていた模様です。

母親についての情報はありませんが、”子供たち”が「たくさんの塾に通っていた」ことを踏まえると!恐らく、”専業主婦”では無く「共働きをされていた」可能性が高いでしょう。

小学校時代に入ると、兄の影響から!毎年、夏休みに入ると決まって地元の堺市にある「浜寺水練学校」に通っていたらしく、そこにある”海泳練習場”で「水泳の練習」を行っていたそうです。

また、学校以外でも!地域の”子ども育成協議会”によって作られ「堺市が発祥地」と呼ばれている”ポートボール部”に所属しており、意外に「行動派の少女」であったご様子です。

小学校の”高学年”に入ると、教師たちも認めていた”その美貌”や!”生活態度”の良さなどから、校内の人気票で”一位”になる「快挙を果たした」ことから、六年生の時には「生徒会の役員」を務めていたそうです。

また、部活動では”陸上部”に入部されており!今の”お姿”からは想像が付きませんが、意外にも「短距離選手として活躍をしていた」そうです。

たまに、出演ドラマ内で”小走りの姿”を披露することがありますが!その時の”機敏な動き”とは、この頃に「養われたモノ」なのでしょう。(笑;)

なので、小学校時代は【かなり!】学校内の”人気者”であり!この頃から既に「有名人となる気質(性格)」を兼ね備えていたご様子です。


引用元【ツイッター(童童(とんとん)@占師 )】

”学業”以外の「部活や生徒会」で活躍されて”人気”を集めた小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府にある”堺市立上野芝中学校”にご入学されました。

この中学校は、その昔”日本一”の「マンモス校として有名であった」らしく!一学年に”23クラス”準備されても足りなかったことから!校庭に”プレハブ”を設けて授業を行っていたそうです。

なので、運動会が催される時も!校庭から生徒が溢れてしまうために「一学年ずつに別れて」行われていたそうです。

この中学校に進学されると、小学校同様に”陸上部”に入部されたのか?と思いきや!”路線”を変更されて「体操部」に鞍替えした模様です。

しかし、中学校二年生になると!”家庭”の事情から、同じ大阪府堺市にある”泉北ニュータウン”に「引っ越しをした」ことから、中学校も同じ大阪府堺市にある「堺市立赤坂台中学校」に転校をされます。

“転校先”の中学校では、”体操部”が無かったことから「軟式テニス部」に、また鞍替えを行い!こちらは高校卒業まで「長く続ける事」となります。。

なので、”運動好き”な学生であったことや小学校時代から足が早く!体育祭では「クラス代表のリレーの選手」に選ばれて活躍されていたことから「健康的に日焼けをした少女であった」ご様子です。

また、この中学校は”泉北ニュータウン”に出来たばかりの学校であり!”顔見知り”では無い生徒ばかりであったことから!もの凄く”アットホーム”が感じられるクラスに迎え入れられたそうです。

その時の様子は、地元の”堺市”が運営している「公式ホームページ」にて、ご紹介をされております。



こちらはニュータウンにできたばかりの学校だったので、すごくアットホームでした。全学年がみんな仲良しみたいな感じ。転校を経験している人ばかりだから、すぐに声をかけてくれて、仲良くなって、転校生の孤独な気持ちにならずに済んでよかったです。上野芝中では体操部でしたけど、赤坂台中にはなかったのでテニス部に入りました
引用元【サイト(堺市ホームページ)】


そのため、部活動が”室内競技”から「野外競技」へと変わったこともあり!”日焼け”をする時間が多くなったことが大きく影響を与え【さらに!】元から「お顔立ちの整った美人さん」として有名であり!そこに「健康的な小麦色のお肌」となったことで【なお一層!】”人気”を独り占めにしたことで「伝説の美少女…など」と、呼ばれていたそうです。

一方、中学校生活の中では!勉強が優勝で、スポーツも万能な”男子生徒”に「思いを寄せていた」らしく、生まれて初めての「初恋」を経験されたそうです。

その”恋”が「実ったのか?どうか?」までは分かっておりません。(笑;)

自身初の”初恋”を経験された中学時代を終えると、高校も地元の大阪府にある”府立泉陽高等学校”にご入学されました。

この高等学校の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この高等学校は、地元にある学校の中でも「歴史のある高校」として”知名度”があり!多くの”優等生”を輩出している「進学校として有名」です。

【しかも!】入学試験の歳の”偏差値”は【なんと!】驚異の「68」であり!地元でも有数の”難関校”として有名なだけに、そこに合格をされた沢口靖子さんなので【いかに!】”成績”が優秀であったのか!を物語っております。

また、”難関校”であるにも関わらず!沢口靖子さんがこの高等学校を選んだ理由とは、”堺市”の公式サイトで語っております。



セーラー服に憧れて泉陽高校に入りたくて、私の頃は名前が違いましたけど、今の第一ゼミナールという学習塾に入って猛勉強しました
引用元【サイト(堺市ホームページ)】


つまり、”可愛い”制服を着用したいがために!学習塾の「第一ゼミナール」に通い、”猛勉強”を行って高校受験に望んだ結果、見事!”合格”を果たしたようです。

高校生活をスタートさせると、早くも!この学校へ「伝説の美少女」が通っていることが”噂”で広がり!毎朝、学校に登校する際の”電車内”は「沢口靖子専用車両」等と呼ばれる程の”男子学生”で溢れていたそうです。

それについて、ご本人は「え~、私は全然知らないです。のほほんと通学してました(笑)」とのことです。

高校時代の”部活動”は、中学校同様に”軟式テニス部”を続けており【まさに!】日本のマンガ「エースをねらえ!」の”ストーリー”にピッタリな、”主人公(岡ひろみ)”の姿を彷彿とさせる「美少女ぶり」で活躍をされていたそうです。

“堺市”の大会では”ダブルス”で「ベスト8」に入る飛躍を見せていたそうです。

なので、その姿に”惚れ惚れ”した近所の男子学生たちは!ご本人への”断り”も無く、勝手に「「沢口靖子ファンクラブ」を立ち上げ【しかも!】”会員証”までも発行していたそうです。

また、沢口靖子さんと同じ”学び舎”に入りたいと!わざわざ、”泉陽高等学校”を受験する生徒が!後を絶たなかったそうです。

そのため、言うまでもありませんが(笑;)多くの”ラブレター”が渡されていたことから!その姿に呆れた”友人たち”からは【まさに!】「神がかっている!」として、あだ名を「神さん」と呼ばれて親しまれていたそうです。

そんな、多くの”男子生徒”から愛されていた!肝心の”ご本人”はと言うと【実は!】野球部で”キャプテン”を務めていた男性選手と「密かに交際」をされており!”初デート”は地元の遊園地で行ったそうです。

高校三年生なると、”テニス部”を引退をされて!時間と余裕ができたのか?学校の”体育祭”では「応援団を務めていた」そうです。

大学入試が近づくと、元から”書道家”に「憧れを感じていた」ことから!狙う”大学”を、地元にある”奈良教育大学”の「教育学部書道科」に定めます。

そのため、無事に高校時代を終えると”大学受験”を行い!狙い通りの”奈良教育大学”に合格を果たし、誰もが「大学進学をされるモノ」と思います。

【ところが!】大学受験の頃に、友だちの強いススメによって!1984年から開催がスタートした”第一回東宝シンデレラオーディション”に応募されて【なんと!】”3万人”以上の応募者の中から「グランプリ」を獲得されて、予想もしていなかった「芸能界の切符」を手に入れたのです。

【すると!】ご本人の中では、グランプリ獲得に「運命を感じた」らしく【さらに!】思いの外!両親からの”反対”も少なかったことから、迷うことなく”大学進学”を「辞退」されて!芸能界の道へと進むことに決めたのです。

その後、本格的に芸能活動をスタートさせると!その”才能”は「すぐに開花」をされて、芸能界デビューを果たしたばかりの”新人女優”にも関わらず!その当時、大ヒットを続けていた!俳優「武田鉄矢」氏の代表作の一つ「刑事物語3~潮騒の詩~」に出演をされて、自身初の「女優デビュー」を飾ります。


引用元【インスタグラム(lovershair_masatoshiyukino)】

この作品は、自身初の”映画デビュー作”でもあり!昔から体に染み付いている”関西弁”が、なかなか抜けずに相当!”困った”そうですが!親族を含めて、出来るだけ「関西人と話さないように」と努力を重ねて、いつでも「標準語で話せるように務めた」そうです。

また、その当時!”角川映画シリーズ”で大人気を集めていた女優「薬師丸ひろ子」さんに、非常に似ていたことから!大きな注目を集めました。

【さらに!】その当時は、”歌手”にも挑戦をされておりますが!こちらは、ご周知の通り”才能”が「開花されず」に終えました。(笑;)


引用元【インスタグラム(mycollection80_90)】

その後は、”女優”をメインに活動をされ!テレビドラマを中心に、映画・舞台・企業CMなどの!数多くの”メディア”に出演をされて、その”人気”を「不動のモノへと確率する役者」へと、成長をされて行きます。


引用元【インスタグラム(kobayuu8)】


スポンサードリンク


◇ 母親のハーフ疑惑とは?


学生時代には「伝説の美少女」等と呼ばれ、今ではスッカリ「国民的女優」として有名になった沢口靖子さんですが、その”ご出身地”とは「大阪府堺市西区」です。

なのに、以前から「ハーフ」と呼ばれることが結構多く!”身内”の中に「”外人”あるいは”ハーフ”が居るのでは…など」と、疑われるケースがあります。

“大阪府”のご出身であることは、間違いないので!ご自身が”外国籍”である可能性も無く、もし本当に”ハーフ”ならば!恐らく、”両親”のどちらか?が「日本人で無い可能性」が考えられます。

では、どこの”ハーフ”なのか?と言えば、日本国内において大阪・京都・兵庫などの”関西地区”で占める割合の高い”ハーフ”とは「韓国人か朝鮮人」なので、恐らく!”どちらかのハーフ”の可能性が否めません。

しかし、沢口靖子さんの”見た目”からすると!”韓国人”や”朝鮮人”には見えないと言えます。

【寧ろ!】若い頃(学生時代)の”ショット”を見ると「フィリピン系やタイ系」に近いと思われます。


引用元【インスタグラム(kennys_english_dojo)】

“結論”からすると、沢口靖子さんは「ハーフである可能性は極めて低い」と考えられます。

では、なぜ「ハーフ説が伝えられ易いのか?」と言うと!”三つ”理由があると思われます。

一つは、ご自身が”出演”されたテレビドラマで「実際にハーフ役を演じた」からです。

1993年11月に、NHKで放送されたテレビドラマ「エトロフ遥かなり」に出演をされて、”ロシア人”の父と”日本人”の母から生まれた「岡谷ゆき」役を演じております。


引用元【ツイッター(ash報われないイケメン枠応援団 )】

このドラマでは、”演技じたい”では「ハーフぽく見えなかった」のですが!役柄の設定上”ハーフ”であったので、それに”こじつけた”アンチたちが!ネットで拡散しているのでしょう。

中には「日本人とイギリス人とのハーフ…など」と伝える輩もおり、見た目では「絶対にあり得ない組み合わせのハーフ説」を唱える方も居るようです。




それから、もう一つの”ハーフ説”が唱えられる理由として!母親の「韓国人説」です。

話が非常に”ややっこしい”のですが、まず!母親の「八重子」さんが”お付き合い”していた男性の中に【あの!】超有名な「西武グループ」の総称として名を馳せた!元オーナー「堤義明」氏が含まれている可能性があるそうです。

その堤義明氏の”両親”とは?”父親”がお馴染み「堤康次郎」氏であり!”母親”は内縁関係にあった「石塚恒子」氏との間に生まれた子供・・・と、呼ばれてはおります。

【ところが!】沢口靖子さんら見て”祖父”にあたる「堤康次郎」氏の”若い頃”とは!”乱暴狼藉”の「暴れん坊」として有名であり、それは”女性関係”においても同じであったらしく!”お手伝い”さんから周りの関係者【さらには!】社員・秘書・”女優”に至るまで、容赦なく「下々の世話をしていた」そうです。

なので、その後は「数百人の子供に恵まれた」との”伝説”があり!実質上、”子供”と認められている家族とは「”長男”の堤清~清二~義明~康弘~”五男”の猶二まで」と呼ばれてはいるモノの!この子供らが「本当の子供か疑われている」のです。

つまり、”誰の子”か分からない「堤義明」氏と!沢口靖子さんの母親が、もし”男女の関係”にあったとしたのから!昔から”噂”のあった「堤康次郎氏と関係があったとされる韓国人女優」との”血縁関係”が疑われてもおかしく無いのです。

相当!”深い話”なので、極めて「信憑性が薄い話」なのですが!元スーパー有名人であった”堤富豪”を知る人たちの間では、以前から「噂されている有名な話」のようです。




【さらに!】”ハーフ説”が唱えられる理由として!三歳年上の”独り兄”が、どうやら!韓国を代表する”半導体メーカー”でお馴染みの「サムスン電気」に”勤めている”との噂があるからです。

恐らく、日本人が!韓国を代表する”企業”に勤めていたことが明るみとなり!日本人の一般的な”就職先”としては「珍しい企業に勤めている」ことに対して、”不審”に思った輩が多く居たようです。

なので、何かの”コネ”や”権力”でもなければ!普通では「就職先の企業に選ばれることが無い」だけに、それも大きな”要因”につながたのでしょう。

以上の理由から、沢口靖子さんに「ハーフ説(特に韓国人とのハーフ)が浮上した」と考えられます。


引用元【インスタグラム(yujisuefuji)】


スポンサードリンク


◇ 熱愛彼氏とは?


「超美人や名女優」の名のもとに、広く”国民的女優”として親しまれる存在となった沢口靖子さんですが、2020年度で”御年55歳”となり!ほとんどの視聴者は「既にご結婚をされている」と思っている方が、結構多くいるようです。

しかし【実は!】今だに”未婚者”であり!もちろん「離婚歴やご出産」なども聞いたことがありません。

なぜ、50代過ぎの”結婚適齢期”を既に終えている!”超美人”で”名女優”なのに、今だに「ご結婚をされないのか?」非常に気になるところです。


引用元【ツイッター(女優ラブ )】

一般的に考えると、”国民的女優”と呼ばれる程の名女優なので「仕事一筋のために家庭に入ることを嫌って結婚しない」と考えられるのが普通であり!以前に、”ご本人の口”からも「結婚願望は無い」とハッキリ語っていたことがあります。

そのため、最低限でも!ご自身の”冠番組”であるテレビ朝日系列て放送中の「科捜研の女」のシリーズ化が中止、あるいは「放送の打ち切り」にならない限り!ご結婚の”意思”が沸かないのでしょう。

その意味では、沢口靖子さんの”ご結婚”の「方向性は国民(視聴者)が握っている」と言えそうです。

根っからの”役者”、あるいは!”他分野”からの「女優に挑戦される方々」も含めて、女優との”交流”を持ったキッカケの果てに!結婚をされて「そのまま芸能界を去るタレント」が多い中で、沢口靖子さんの場合!特に際立った「熱愛の噂」が伝えられたことが、ほとんどありません。

その中で【唯一!】毎回、”噂”が浮上する俳優としてお馴染みなのが「内藤剛志」氏です。


引用元【ツイッター(music.jp )】

この”二人”は「お馴染みのコンビ」として広く知られておりますが、共に「プライベートを知る仲」として”根強い関係”でありながらも、内藤剛志氏が”既婚者”であることから「恋愛に発展することはなず無い」と誰もが思っているようです。

但し、このコンビ!以前に「キスシーン」を経験をされており、それも含めて!何度も”熱愛”が「疑われたことがある」モノの、その都度!昔から二人を知る”根強いファンたち”によって「あり得ない話」として火消しが行われて来たのです。

しかし、”結婚願望が無い”と話している沢口靖子さんでも「男性の好みのタイプ」はあるらしく!それについてはハッキリと言及されているようです。

それによれば「誠実でユーモアがあり、価値観の合う!自分を引っ張ってくれる存在」とのことで、求める”男性のタイプ”とは、普通に「どこにでも居る一般女性と何ら変わりが無い」ご様子です。

つまり、”ルックス”や”スタイル”よりも「中身重視」と考えて居るらしく!その意味では、ある程度の俳優から見ると”結婚”に対する「敷居が低い女優」と言えそうです。

なので、もし”モテ期”が往来して!”ご結婚”をするタイミングが出来たとするのならば!恐らく、速攻で「芸能活動を中止、あるいは”引退”する」可能性が否めないのでしょう。

沢口靖子さんの様な”奥様”が、毎日!自宅に居ることを考えると「ヨダレが出そう」です。(笑;)


引用元【インスタグラム(movie_tvdrama_love)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 1984年に、日本テレビ系列で放送された番組”太陽にほえろ”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(明智小五郎先生 )】

◇ 映画

・ 1984年に、”東宝”によって公開された映画”刑事物語3 潮騒の詩”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(魔法使いフミ(海外アニメ、娯楽映画好き&レコード収集) )】

◇ シングル

・ 1984年に、”EMI”が手がけた作品”潮騒の詩”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ささもたん?@赤腹魔王 )】

◇ アルバム

・ 1985年に、”ファンハウス”が手がけた作品”春よ来い”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 1990年に、”TBSラジオ”局が放送した番組”沢口靖子音楽の玉手箱”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 1992年に、”東宝”によって公開された舞台”女ぶり”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ アニメ映画

・ 2001年に、東宝系列で放送された番組”千と千尋の神隠し”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(まっきー )】

◇ CM

・ 2013年に、”金鳥”が手がけた企業CM”タンスにゴンゴン”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(????????????@美しき正統 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
沢口 靖子
読み
さわぐち やすこ
生年月日
1965年6月11日
仕事
女優
出身地
大阪府
所属事務所
東宝芸能
血液型
A型