日本で最近ご活躍されている”若手俳優”の中では珍しい”アクション女優”として名を馳せ、
その卓越した身体能力や魅力的なスタイルで”ファッションモデル”までも熟す女優さんを
ご存じでしょうか?

そう!それは!!愛知県ご出身の「清野菜名」さんです。



引用元【インスタグラム(seinonana)】

最近では関係者から”演技力・表現力”が好評で「実力派女優」等と呼ばれるようになっており
話題作ドラマ・映画から引っ張りだこの人気若手女優として注目を浴びているようです。

その一方で【実は!】”身体能力”が高い女性でもあり、見た目の”ルックス”とは裏腹に過激な
アクションも熟す”肉体派”女優さんでもあります。

日本の女優では珍しい”多種多様”な一面を持つ清野菜名さんですが、来年度(2020年)早春から
日本テレビ系列で放送予定の話題ドラマへの出演が決まり、さらに”主演”に抜擢されたことが
分かり注目を集めているそうです。

但し、”主演”と言っても担当する役は「パンダ」であるらしく、同時主演を務める若手俳優の
「横浜流星」氏と共演し”名コンビ”を披露するとのこと。

「パンダ」と言っても動物の”パンダ”に変装するのではなく、特徴の”白黒”にかけて驚異的な
“身体能力”を持つ謎の女”ミス・パンダ”が難題に立ち向かい「シロか?クロを?」ハッキリ
させる”役所”とのことです。

実際の放送を見ないと内容が今いち理解できませんが、少なくても注目の”アクション姿”が
披露されるとあって、今から楽しみですね!

そんな”肉体派女優”で注目されているの「清野菜名」さんにスポット!


スポンサードリンク


◇ 清野菜名さんの昔(中学・高校・大学)とは?

清野菜名さんは1994年10月14日生まれの25歳(2019年)で、ご出身は「愛知県稲沢市」です。

ご出身の”愛知県稲沢市”にあるご自宅で、ご両親と姉と弟の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、清野菜名さんも「愛知県稲沢市内」の小学校・中学校に
通っていたと推測できます。

ご家族”構成”は、ご両親と”三歳年上”の姉と”二歳年下”の弟さんがいるそうです。

地元(愛知県稲沢市内)にあるご実家は、普通の”田舎町”の一角にあるそうで周りを見渡す限り
“田んぼ”が広がっているそうです。

現在の”運動能力”は少年期から培われた様で、小学校時代は”勉強”よりも”運動”が大好きな
子供さんであったらしく、特に”球技”を得意としており”野球・サッカー・テニス・バスケ・
ドッジボール”等で「男勝り」の身体能力を発揮していたそうです。

なので”昼休み時間”になるとクラスの”男性生徒”に混じって、よく”ドッジボール”を行って
いたそうです。

またご家庭では、家の”男”どもとよく”キャッチボール”をして楽しんでいたそうです。

その当時からテレビで放送される”アクション”に興味を頂いてたのか?は分かりませんが、
小学生の頃は”スパイドラマ”にハマっていたらしく、たまにクラスメイトと”スパイごっこ”を
行って遊んでいたそうです。

その延長なのか?小学校六年生の時に、たまたま友達が持っていた少年少女向けファッション
雑誌で有名であった”ピチレモン”の「オーディション広告」を目にして”スパイ”が出来る!と
勘違いしたのか?そのオーディションに応募されました。

すると”多数”応募者の中から見事!”優勝”を獲得し、同誌の”専属モデル”を手に入れました。

予想だにしていなかった”雑誌デビュー”が決まると”家庭生活”も激変し、同年5月には同誌の
“表紙”に掲載れ「専属モデルデビュー」を飾ると共に、専属モデル”ピチモ”としての活動を
スタートさせました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

そんな”活発”であった少女も小学生を終えると地元の愛知県稲沢市にある”稲沢市立明治
中学校”にご入学されました。

中学校時代は”バスケットボール部”に入部しており、後に”アクション女優”として注目される
「脚力」はここで培われたと思われます。

また、その”脚力”は運動教師も認めていたそうで”バスケ部”とは別に陸上競技の”走高跳”の
練習にも参加していたらしく、臨時で参加した陸上大会の”走高跳”の部門で”全国大会”への
出場を果たした”経験”があるそうです。

もちろん中学時代も専属モデル”ピチモ”の活動も行っており、中学二年生の2009年に
人気”週刊誌”が開催したオーディション”グラビアJAPAN”に参加し16名の”最終候補者”に残り
見事!「準優勝」に輝きました。

徐々に”芸能界”への道に進み出した中学時代を終えると、高校は地元を離れ”上京”し東京都
国分寺市にある”日本芸術高等学園”にご入学されました。

この高校は普通の”私立学校”でありながら”芸能活動”を推進している高校として有名で、
芸能人ご用達でお馴染みの「堀越学園や日出学園」と並ぶ、多くの芸能人を輩出している
高校として有名です。

そのためご卒業された”OB”を見ると、層々たる”顔ぶれ”が揃っており俳優では「河相我聞氏、
長谷川晃誉氏、山田優さん、加藤夏希さん」声優では「小島幸子さん、小見川千明さん」
タレントでは「北村舞さん、若山愛美さん、千葉夏実さん」などの芸能人がおります。

高校に進学すると”モデル”の傍ら”アクション部”に入部していたらしく、元から備えていた
“運動神経”をさらに磨きをかけ、今まで経験したことがなかった”アクロバティック”な
動きや、演技に必要な”格闘技術”などをガッツリ学んだそうです。

ちなみに学校の”アクション部”とは別に高校二年生の時”アクション”に興味を持っていた事を
知っていた所属事務所からの勧めもあって、”アクションスター”としてご活躍されていた俳優
“坂口拓”氏が運営する「アクション養成所」に入り、約一年に渡ってガッツリとアクションの
“スキル”を身に着けたそうです。

そのため、この頃に務めていたファッション雑誌”ピチレモン”の「専属モデル」から卒業し、
本格的に”アクション”の世界へと”のめり込んで”行きました。

また”モデル”から退きたい思いが強かったのか?”モデル”のプロモーションを専門としていた
所属事務所(タンバリンアーティスツ)との”契約満期”を向かえた機会に合わせ事務所から離れ、
新たに芸能プロダクション「ステッカー」へと”移籍”を行いました。

所属事務所を改めた機会に”モデル”から「女優」へと転身をはかっております。

その後、関西テレビで深夜に放送されていた特撮テレビドラマ”神話戦士ギガゼウス”に出演し
自身初の「女優デビュー&テレビドラマデビュー」を飾りました。

このテレビドラマは”特撮もの”であったことから、自慢の”アクションシーン”を期待されて
抜擢された可能性が高いです。

さらに同年(2011年)7月からTBS系列で放送されたテレビドラマ”桜蘭高校ホスト部”に
出演し、更にその”劇場版”にも出演するものの特に目立った「活躍の場」も無く、”女優”に
転身してからは思っていたよりも仕事に恵まれず「挫折」の時期へと落ち込んで行きました。

仕事がろくに無く”アルバイト漬け”の高校時代を終えると”芸能界”に集中するため、大学へは
“進学”せずに学生時代を終えました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

芸能活動を本格化したものの”ろく”に仕事が無い日々を続けていたある時”女優業”に見切りを
付けるべく臨んだ映画”TOKYO TRIBE”のキャストオーディションでしたが、あえなく不合格に
終わりました。

ところが、その後行われた”アクションメンバー”のオーディションに参加すると、審査演技を
見ていたこの映画の監督「園子温」氏に魅入られ、主要人物キャスティングに落選したものの
急遽”ヒロイン役”に抜擢されました。

見事!「敗者復活戦」で勝利した?形となったようです!




当時の事は、清野菜名さんの”俳優人生”の中でも今でも記憶に残っている思い出で、自身が
女優業で悩んでいた時に、新たな道「アクション女優」へ導いてくれた出来事として今でも
大切に思っているそうです。

この時の演技が評価されて、翌年の2015年に公開された映画監督「押井守」氏が手掛けた
作品”東京無国籍少女”では”即効”で出演が決まったらしく、更に映画で「初主演デビュー」を
飾りました。



その後も普通の”女優”では難しい「激しい演技」が必要な”役所”に恵まれ、さらに自身初の
「舞台デビュー」を飾ったりして、知名度&人気を博して行きました。

すると”肉体派”が売りであったことから”健康的・清潔感”のイメージが強いことに目を付けた
各社の”CM”、特に飲食関係メーカーからのオファーが増え始め”多業種”のCMへ出演する様に
なりました。

最近では香川県の”うどん屋”でお馴染み”丸亀製麺”のCMに出演されておりましたね!




最近の若手女優としては珍しい”アクション系”を武器にご活躍されている俳優さんなので、
今後も”需要”が豊富で、しかも”ビジュアル”も悪くなく今までには”居ないタイプ”の
女優さんなので、これからのご活躍次第では”大ブレーク”を果たすチャンスがあり、今後
非常に期待される役者さんの一人です。


スポンサードリンク


◇ 清野菜名さんのアクションが凄い!

清野菜名さんは学生時代から”運動神経”が良く中学校時代は”バスケットボール部”に
所属していたり、臨時起用された陸上競技の”走高跳”で全国出場を果たしたりして
ご活躍されておりました。

芸能界へは小学時代に務めていた”モデル”で入ったものの、その後”女優”へと転身し
高校入学へのタイミングで上京した際、たまたま見た映画”バイオハザード”で主演を務めていた
「ミラ・ジョヴォヴィッチ」さんの影響で”アクション女優”への道を歩み始めました。



そのため”アクション俳優”としてテレビドラマ・映画に出演したり、あるいは映画作品の
メガホンを握り”監督”としてご活躍されている「坂口拓」氏の元で一年間”アクション修行”を
行い、”アクション女優”に必要な技術の”ノウハウ”をマスターされました。

“肉体的”には「格闘技術・高度なアクロバット技術」等を学び、いつでもアクションシーンに
抜擢されても対応できる”技術”も身に着けていたそうです。



引用元【インスタグラム(tak.sakaguchi19750315)】

この時の清野菜名さんの”夢”は、渡米して”ジョヴォヴィッチ”さんと共に、ハリウッド映画に
出演すること!と語っておられました。

そして”アクション女優”として脚光を浴びる事となる映画「東京無国籍少女」に出演し、
自身初の映画「初主演」を飾り、更に卓越した”アクション姿”を思う存分披露して全世界から
注目を浴びたそうです。



引用元【サイト(YouTube)】

この映画では”拳銃”を使うシーンが多くあるのですが、清野菜名さんは”銃操作”の経験が
無かったことから”練習”が必要で、しかし与えられた日数は”三日間”と決められていたらしく
早く”銃”に慣れるため”自宅”に持ち帰って練習を行ったそうです。

その”エピソード”から分かるように清野菜名には「ストリック」な一面もある様です。

最近では練習模様をご自身のインスタで公開されているので是非、そちらもご覧下さい↓↓↓



引用元【インスタグラム(seinonana)】


スポンサードリンク


◇ 清野菜名さんと生田斗真とは?

“アクション女優”として”多方面”でご活躍中の清野菜名さんですが、【実は!】以前ある
俳優と熱愛の”噂”が伝えられたことがありました。

その俳優とは”ジャニーズ・タレント”の一人「生田斗真」氏です。



引用元【インスタグラム(tomaikuta.ai)】

この”恋愛ネタ”が報じられたのは2017年の時で、二人で”お揃い”のスタイルでいるところが
目撃され、一緒に食事をしたり”生田斗真”氏の自宅マンションへ通っている!等と公の場で
公表されておりました。

しかもその時の話では、既に”生田斗真”氏は自身のご両親に”清野菜名”さんを紹介している!
等と報じて、身内では”公認カップル”として認められていることから、”半同棲生活”を
送っている!と書かれておりました。

二人の出会いは、2015年にTBS系列で放送されたテレビドラマ”ウロボロス~この愛こそ、
正義。”で共演したことが”きっかけ”であったそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

このドラマで二人が共演した際”生田斗真”氏の方が清野菜名さんに”興味”を抱いたような
“ニュアンス”を取っていたそうで、ドラマスタッフに”アクション”を自ら行ていたことや
“ルックス”が可愛くてお肌もの”ツルツル”であることを”ベタ褒め”していたそうです。

その時の表情は【まさに!】好きな女性に完全に”虜”になっている姿に見えたそうです。

また”清野菜名”さんは事前に”生田斗真”氏について調べていたらしく、出身が”北海道”で
あることや”出演作品”などの話で盛り上がり、上手くコミュニケーションを取っていた事も
“好印象”を買って”虜”につながった模様です。

そこから”急激”に二人の”仲”が縮まってよく食事に行くようになったらしく、更に”生田
斗真”氏の「酒の場」に呼び出して”関係者”に紹介をし”仕事”を回すよう頼んでいたそうです。

しかしその後は大きな動きが伝えらず数年が経ち、今では両名共にテレビドラマの話題作に
出演しご活躍中なので、本当に”熱愛”があったのなら今でも続いているとは、ちょっと思え難いです。

何故なら、特に”清野菜名”さんはNHKの冠番組”連続テレビ小説で放送された「半分、青い」や
令和元年を代表する日本テレビ系列で放送された大ヒットドラマ”今日から俺は!!”等に出演し
注目を集め、さらに”安定的”に続けているCM出演も数多く熟しており、今一番”旬”を
向かえている”アクション女優”さんなので、色恋をしている場合ではない!と思われるからです。



引用元【インスタグラム(seinonana)】

そんな今!注目を浴びている二人なのに、その”関係”をメディアが伝えていない所を見ると
やはり、そもそも”熱愛ネタ”はデマであった!あるいは既に”破局”している!可能性が
高いと思われます。


スポンサードリンク


◇ 清野菜名さんの出演cm数がヤバい!

アクション女優としてご活躍中の清野菜名さんですが【実は!】”健康・清潔・真面目”の
イメージが強いことから、”企業CM”への出演数が非常に多いことで有名です。

特に”飲食関係”の企業CMに抜擢されることが多く、キリンビバレッジ社の”生茶シリーズ”や
大塚製薬社の”カロリーメイト”、ミツカン社の”味ぽんシリーズ”、日本コカ・コーラ社の
“アクエリアス”、花王社の”エッセンシャルシリーズ”等が”有名所”ではないでしょうか?

さらに携帯会社の”ソフトバンク”や不動産会社の”オープンハウス”などの飲食とは関係しない
会社からのオファーも増えておりますよね♪




なので清野菜名さんは日本のテレビCMにおける”CM女王”と呼ばれてもおかしくない立場で
実際に2018年の”総合CM女王”は乃木坂46の「白石麻衣」さんで出演本数が18社で
堂々の第一位でしたが、それに近づく勢いで”上位タイ”の「9社」を記録しております。



引用元【インスタグラム(maiyan__o0)】

さらに今年(2019年)の上半期でもタレントの「渡辺直美」さんの13社を筆頭に、女優の
「広瀬すず」さんの12社、同じく女優の「有村架純」さんの11社、そして”前女王”の
乃木坂46の「白石麻衣」さんと同順の”10社”を記録しております。

残念ながら下半期は”伸び悩む”と予想されますので”王冠”を手にすることはできないと
思いますが、”前チャンピオン”に並ぶ「CM数」を誇っているのですから”CM女王”と
呼ばれて相応しいご活躍ぶりであると言えると思います。

是非今後も”記録”を伸ばし、いずれは”正真正銘”の日本の「CM女王」として君臨して
頂きたいものですね!



■ 清野菜名さんのプロフィール
本名
清野 菜名
読み
せいの なな
生年月日
1994年10月14日
仕事
女優・ファッションモデル
出身地
愛知県稲沢市
所属事務所
ステッカー
血液型
B型


スポンサードリンク