元”タカラジェンヌ”であり、宝塚歌劇団当時は”月組”を代表する「トップスター」として名を馳せ!”引退後”は芸能界に進み、卓越した”美貌”を持ちながらも!若干「天然ぽさが残るお嬢様キャラ」として、多くのバラエティー番組やトーク番組でご活躍中の「紫吹淳」さん。

何やら?最近、宝塚歌劇団引退後からお世話になっている現所属事務所の”オスカープロモーション”から「退社する旨」を明らかにされたとして、大きな注目を集めているご様子です。

芸能事務所の「オスカー」と言えば、ここのところ!事務所から”移籍”するタレントが大勢出ていることで注目を集め、”稼ぎ頭”であった「米倉涼子さんも手放した」として大きな話題を呼んでおりました。

【しかも!】タレントの「堀田茜」さん「岡田結実」さん、モデルの「長谷川潤」さんなど!次々と”退社”されていることから、その”原因”に多くの注目が集まっている模様です。

その中でも、”紫吹淳”さんと言えば!元宝塚歌劇団を代表する「貴重な人材」であることは間違いなく!一時期は、メディアからの”オファー”が「途絶えることの無い人気ぶり」を見せていたことから!タレントとしての”価値”は大きかったはずです。

その気になる”所属事務所”の「移籍問題」も含めて、紫吹淳さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(jun_shibuki_official)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 宝塚の経緯とは?
・ 実家は金持ちとは?
・ ばあやとは?
・ 歯の本数とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


紫吹淳さんは1968年11月19日生まれの51歳(2020年)で、ご出身は「群馬県」です。

ご出身の”群馬県”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、紫吹淳さんも(群馬県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の群馬県邑楽郡大泉町にある”大泉町立西小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”弟”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から「足の弱い少女」であり、”三歩”進むと倒れていた!等と称されるほどの子供であったことから、それがキッカケで「バレエ」のレッスンを受け始めたそうです。

また、三歳頃からは”モダン・バレエ”にも挑戦するようになり!その頃になると「三歩進んで倒れる」ことは無くなった模様です(笑;)。

小学生時代に入ると、”身長”も伸び始めたことから!本格的に”バレエ”へ取り組むようになり、この頃の夢は「バレリーナになること」と、決めていたそうです。

・・・とは言っても、普通の小学生と変わることの無い”精神年齢”であったことから!”バレリーナ”への憧れは持ちつつも、”食生活”では「肉・ポテトチップス・コーラー」などの!”スタイル”に影響が出そうな「お菓子類」を、好んで食べていたそうです。

本格的に”バレエ”のレッスンを行い始めた小学時代を終えると、中学校も地元の群馬県にある”大泉町立南中学校”にご入学されました。

中学時代も”バレエ”のレッスンに通っておりましたが、あまりにも”身長”が「伸びてしまった」ことから!バレエの発表会での”役柄”に、自ら「向いていない(不向き)と感じた」ことが原因で!一時、”バレエ”から「離れる」ことを決断されます。

しかし、しばらく時間が過ぎると!また「バレエに戻りたい」と感じたらしく、その”姿”を見ていた「バレエ教師の講師」から、”本気”でバレエが好きなら「宝塚を受験しなさい」とススメられたことがキッカケとなり!”宝塚音楽学校”への受験に臨む事となります。

そのため、中学校卒業後の”進路”は「宝塚歌劇団への入団」と決めていたことから!今まで以上に”バレエ”や”歌唱”の稽古に励むようになります。

中学時代を終えると予定通りに”宝塚音楽学校”へと進んだことから、一般の”高等学校”へはご入学されておりません。

高校”三年生”と同じ年代の時に、”宝塚音楽学校”を終えたことから!本舞台である”宝塚歌劇団”への「入団」を飾り、本格的な活動をスタートさせます。

“夢”であった宝塚歌劇団への入団を叶えると「花組」に配属することが決まり、そこから非常に厳しい「下積み時代」をスタートさせます。

その後、”一般の高校”であれば「卒業する年」を向かえますが!既に宝塚で、”下積み時代”をスタートさせていたこともあり!もちろん、”大学”へは進学をされておりませんし!”学歴”も「中卒」止まりで、学生時代を終えた形です。

その後、花組で下積み時代を続けながら!大学”二年生”にあたる年代の1989年に、”ニューヨーク”で開催された宝塚公演に”ダンサー”として参加を果たし【さらに!】1994年に、”ロンドン”で催された”海外公演”にも参加されて、徐々に「タカラジェンヌとしての頭角」を現し初めて行きます。

その後は、ご周知の通り!2004年3月に宝塚歌劇団から”退団”をされて、その翌月からは芸能事務所でお馴染みの「オスカープロモーション」に所属をされて、芸能活動に力を入れ始めて行きます。

この当時は、”女優”を目指しての活動をスタートさせますが、ドラマなどへの出演は果たすモノの「主演の座」に付くことが出来ず!”単発”での出演が続いていたことから、中々「ブレイク」が出来ない日々を送ります。

逆に、最近では”バラエティー番組”などの「ラフな番組」への出演オファーが増え初めており!”プライベート”などの「貴重なトーク」が非常に”好評”を受けて!徐々に、宝塚ファン以外の”大衆”からも「注目される存在」へと成りつつあるようです。


スポンサードリンク


◇ 宝塚の経緯とは?


【実は!】現在の”紫吹淳”さんからは想像が付きませんが、幼い頃は【かなり!】の「脆弱な子供」であり!家族や周囲から「将来を心配させる少女」であった模様です。


引用元【インスタグラム(jun_shibuki_official)】

特に、下半身(足・腰)が弱かったらしく!”三歩”あるくと直ぐに転倒するような(笑;)”ニュアンス”で、例えられる程の「脆弱な子供」であったことから!それを心配した両親が、”下半身強化”のために行わせたのが「バレエ」でした。

なぜ、”バレエ”を選択されたのか?は定かでありませんが!恐らく、”両親・親戚”の知人関係!あるいは、”土地柄”の関係などの要因があると思われますが、相当!幼い頃から「運動を始めていた」模様です。

なので、”三歳”の頃から「バレエのレッスン」をスタートさせており!両親が、”運動”をさせることで下半身の弱さを「克服させたいと発想した」ことが!その時点から「宝塚への道筋が描かれた」と言えます。

年齢を重ねる毎に、”体つき”が良くなり!中学校時代に入ると、通っていた”バレエ教室”が催していた「発表会」などにも出演するようになり!その頃には「脆弱な子供」のイメージがスッカリ無くなり、”足・腰”も【かなり!】鍛え上げられていたそうです。

【すると!】”体格”の変化が顕著に見え始めて、特に「身長が伸び始めた」ことがキッカケで!周りからの「差別」や、バレエの教室での「周りとの違い」が大きな”ネック”となり!長く続けてきた”バレエ”から、一時「離れたこと」があるそうです。

しかし、周りからの”意見”や!バレエから離れて「初めて気づいた気持ち」などが大きくなり、もう一度バレエのレッスンに戻り!一からやり直したそうです。

【すると!】その”姿”を見ていたバレエ教室の”講師”から「ある提案」を受けて、今までに考えたことも無かった「道への憧れ」を抱くようになります。

その「ある提案」とは、宝塚音楽学校の”入学試験”を受けることでした。

紫吹淳さんの通っていた中学校とは、出身地である”群馬県”であったことから!”宝塚”のある「兵庫県」までは【かなり!】離れており、その意味でも!この”講師”は「相当な覚悟を持って宝塚をススメた」モノと、容易に想像がつきます。

そして、中学校を”ご卒業”された1984年に!一般の”高等学校”へは進まずに、”宝塚音楽学校”の入学試験を受け、見事に!”一発合格”を果たしたことから「宝塚への一歩」を進み始めたのです。

ご周知の通り!その当時から、”宝塚音楽学校”であっても!入学希望者が多いことや、”入学基準”が高いことから、容易く「合格できるモノでは無い」ことで有名でした。

それでも最近では、年々”受験者”が減っているモノの!その当時に、入学を希望した生徒は!軽く”1000人”を超えていたそうです。

そんな、”高倍率”の音楽学校に!紫吹淳さんは「一発で合格を果たした」のですから、相当!”女優”としての「素質を見込まれていた」ことを物語っております。

その後、”二年間”の音楽学校を経た1986年に、”本舞台”である「宝塚歌劇団」への”入団”を果たします。

入団当初は、”花組”に所属が決まり!同じように”タカラジェンヌ”を目指す、若い団員たちとの”切磋琢磨”を経験しながら、徐々に”舞台女優”としての「頭角」を表すようになって行きます。

【すると!】宝塚の”花形”でもある「男役」に起用されたことがキッカケで、急激に「舞台スターの素質」が顕となり!1997年に、”月組”に移動したことも転機と重なって!本格的な「宝塚スターへの道」へと歩み寄って行きます。

・・・と言うのも、その当時!”月組”でトップスターを張っていた「真琴つばさ」さんの”次世代スター”として期待が大きかったことや、稀に見る「男役に向いている俳優」としての”評価”が高かったことが要因なのです。

その後、宝塚内で組まれた”新専科”に起用を受けて!他の組から”招集”されたメンバーと共に、大舞台で活躍をされて、徐々に”宝塚ファン”からの人気を獲得されて行きます。

2001年に入ると、”新専科”から本家である「月組」に戻り!当時、”トップスター”であった「真琴つばさ」さんの”後釜”を引き継ぐ形で、月組のトップスターに任命されて!自身の悲願でもあった「男役トップスターの座」を手に入れます。

ちなみに、この時の”女役スター”とは「映美くらら」さんでした。

その後、宝塚歌劇団の”月組”を代表するトップスターへと駆け上がり!宝塚ファンの間で、”知名度”が広がり”人気”を獲得しながら、宝塚人生の”キャリア”を重ねて行きます。


引用元【ツイッター(SAPI )】


スポンサードリンク


◇ 実家は金持ちとは?


紫吹淳さんの”出身地”は、群馬県邑楽郡の「田舎育ち」でありながら!幼い頃から”習い事(バレエ)”に通える程の「家庭環境であった」ことから、実家が「お金持ちでヤバい」として!世間の話題を集めたことがありました。

その”理由”として、以前に自身が出演されたテレビ番組で”お金持ち”らしき「発言を放った」ことがあるのです。↓↓↓

◎ 電車の切符を買ったことが無い
◎ コンビニへ行ったことがない
◎ お手伝いさんがいる
◎ 結婚相手に求める年収は8,000万円以上
◎ 財布には常に30万は余裕で入っている


この”発言”から、もし真実ならば”一般庶民”の「感覚から離れている」ことが明らかであり!もしかすると「お嬢様育ちでは・・・」との声が広まり始めたのです。

【さらに!】ご周知の通り、”宝塚”に入団するには「それ相当の費用が必要」であることは有名な話であり、その意味でも!実家が”お金持ち”であることの「信憑性を増す要因」へとつながったのです。

確かに、宝塚を退団後に”芸能界”で活躍されているタレント陣を見ると、幼い頃から”習い事”を受けていた方がほとんどであり!”バレエ”や”ダンス”、あるいは”音楽の経験”が無ければ「宝塚音楽学校への合格」が困難なことから、余程の”家庭環境”で育つ子供でなければ「入団することが難しい」ことは明らかなのです。

たとえば、女優として大成功を収めている「天海祐希」さんやタレントで人気を集める「遼河はるひ」さんなども、幼い頃に”習い事”を受けておられます。


引用元【ツイッター(Mariko )】

もちろん、その”固定観念”があるからこそ!「宝塚トップスター=お金持ち」のイメージが持たれ易く、庶民に対して「別の世界感」を与えることに成功しているが故に「夢や希望を与える華やかなステージ」を披露することが出来ていると言えます。

なので、紫吹淳さんが”タカラジェンヌ”として認知された以上は「お嬢様育ちの金持ち」と受け止められてもおかしな話では無いのです。

【ところが!】ご出身地にある実家では、”父親”は「普通のサラリーマン」をされていると伝えられており、また”母親”も働いている「ごく普通の一般家庭に育った」との見方が”有力情報”のようです。

もし、それが”事実”ならば!ごく普通の”一般家庭”から「宝塚への入団を果たした」ことなので、相当!紫吹淳さんに”魅力(実力)”があったか?あるいは、親の”努力”が物凄かったのか!に、尽きるのでしょう。


引用元【インスタグラム(jun_shibuki_official)】


スポンサードリンク


◇ ばあやとは?


紫吹淳さんは、以前に出演されたバラエティー番組の中で!”ある発言”がキッカケで「人気を集めるようになった」と言われております。

その”発言”とは「ばあやがいないと何もできない…など」と、告げたモノであり!それがキッカケで”お嬢様キャラ”と捉えられ【まさに!】元”宝塚”を象徴する「金持ちキャラ」が定着したことから、多くのメディアから引っ張りだことなる「人気ぶり」を見せ始めたのです。

【実は!】この”ばあや”とは、お嬢様の”召使い”をイメージさせる「お婆さん」を意味するモノでは無く!根強いファンたちの間では「有名な話」ですが、自身の”マネージメント・マネージャー”である「菅由美子」さんを意味するモノなのです。


引用元【ツイッター(関口メンディーりおん宏?? )】

但し、ある意味では!”芸能マネージャー”も「世話人」として捉えた場合、”ばあや”の仕事と「遜色が無い」ようにも感じさせますが、マネージャーを務める”菅由美子”さんは「まだ若く!」”ばあや”と呼ばれる年齢とは掛け離れていることから!紫吹淳さんが”ばあや”と呼ぶ「意図するところ」に、非常に興味が持たれます。

では、なぜ”マネージャー”の立場でありながら!”ばあや”と呼ばれても「怒ることなく接している」のか?疑問に感じるところです。

【実は!】この”菅由美子”さんとは、宝塚時代からの”知り合い”であり!紫吹淳さんの「大ファン」であったことから、二人の付き合いがスタートしたのです。

元々、宝塚には”マネージャー制度”など無く!たとえ”組”の「トップスター」であっても、自身の身の回りの管理などを!”自ら”行うか?あるいは”後輩”や”ファンクラブの皆さん”が「無償で補っている」らしく!その助けによって成り立っているそうです。

その中で、紫吹淳さんの”面倒”を!一手に引き受けていた人物こそが菅由美子さんであり【しかも!】紫吹淳さんの”私設ファンクラブ”の「代表」まで担当していたのです。

“身の回りの世話”と言っても、多岐に渡り!”食事”の準備から仕事の”送迎”、あるいは”公共料金”の支払いや自宅マンションの”家事”なども行い「プライベートな部分」を含めて!面倒を見ていたそうです。

つまり、紫吹淳さんと菅由美子さんは”約11年間”に渡っての!昔からの「腐れ縁」の”仲”なので、呼び名が”ばあや”であっても「何も気にしていない」とのことです。

紫吹淳さんが宝塚から”退団”をされた現在では、菅由美子さんも「宝塚から離れた」らしく!同じ芸能事務所である「オスカープロモーション」に所属され、紫吹淳さんの本当の意味での”マネージメント”を行っているそうです。


スポンサードリンク


◇ 歯の本数とは?


紫吹淳さんと言えば「笑顔の似合う女性」として、多くの”宝塚ファン”から愛された役者ですが!”お顔”の魅力に興味を示すファンが多いだけに、最近「顔がおかしい・表情が変わった・目が大きくなった…など」の、”整形”を疑う声が!非常に多くなっているのです。

但し、昔からの”根強いファン”たちによれば!その原因は「歯の数」あるいは「歯並び」によるモノらしく!”整形”では無く「歯医者に通っているから」との見解を示しているそうです。

そもそも、昔から「美人な宝塚女優」として有名であり!”歯”に注目するファンなど居なかったことから【それだけに!】”歯”のスタイルの変化によって「お顔全体の印象」までも、変えてしまったのでしょう。↓↓↓


引用元【ツイッター(ベルちゃん@ニッカン宝塚 )】

もちろん、宝塚を”退団後”は「化粧の塗が薄くなった」ことは言うまでもありませんが、その”影響”をモロに受けてしまって!元からの”白い歯”が「目立つポイント」となった可能性が否めません。

【しかも!】元から”鼻筋”の通った「綺麗なお顔立ち」をされているので、”目元”のラインに手を加えない(化粧をしない)ようになってから【なお一層!】”鼻筋”が長く感じられるようになり!そのため、”口元”に注目する方が多くなったと思われます。

“口元”に注目が集まるようになったことから、元々の「歯並びが良いこと」が目立つ要因につながり【さらに!】宝塚現役当時よりも、輪郭が”ふっくら”したことも!”口元”へ「注目度を増す結果」につながったのです。

但し、実際は周りが騒ぐほど「変化を見せている」訳では無く!下の”インスタグラム”のショットを見ると↓一目瞭然ですが、宝塚時代の”月組”の先輩である「真琴つばさ」さんとのツーショットですが、二人の”口元”を比較しても!何ら「遜色ない形」をされていることが理解できます。

【寧ろ!】”真琴つばさ”さんの方が「大きいように」すら!拝見できます。


引用元【インスタグラム(jun_shibuki_official)】

但し、”一説”によると!”芸能界”入りをする際に、今までの”歯”を「総入れ歯(入れ替え)」したと伝えられたことがあり!今だに”真相”は明らかにされておりませんが、昔と変わらない”綺麗”な「お嬢様キャラ」であることに間違いが無く!少なくても、”整形疑惑”では無いだけに!その意味では”ファンたち”も「一安心している」と言えるのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 舞台

・ 1986年に、”宝塚大劇場”によって公開された舞台”レビュー交響楽”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2004年に、テレビ朝日系列で放送された番組”松本清張 黒革の手帖”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2006年に、日本テレビ系列で放送された番組”シャル・ウィ・ダンス?オールスター社交ダンス選手権?”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(吉川ローガン有機[社交ダンス??エヴァンジェリスト] )】

◇ 雑誌

・ 2011年に、”PHP研究所”が手がけた作品”タカラヅカ式ダイエット “がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
棚澤 理佳
読み
たなざわ りか
生年月日
1968年11月19日
仕事
女優
出身地
群馬県邑楽郡大泉町
所属事務所
オスカープロモーション
血液型
A型