最近の若い”俳優陣”の中でも、一際「清純派女優」として注目を集め!関係者から「透明感が半端ない役者…など」と絶賛されている!若手の”ホープ”としての期待感も半端ない女優の「白石聖」さん。

何やら?最近、”恋愛系トークバラエティー番組”に出演されて「自身の恋愛観を語った」として!ファンたちの間で大きな注目を浴びた模様です。


引用元【ツイッター(はるちさ2???? )】

白石聖さんと言えば、最近!急激に”テレビドラマ”や”映画”への出演数が増えている若手女優の一人であり!その”人気”を「下支え」させるためなのか?バラエティー番組やトーク番組での「露出度」も増しているタレントの一人でもあります。

トーク番組では、学生時代は「(男性から)モテなかった…など」と謙遜された話を伝えた上で、その原因として「自分から前に出るタイプではない」ことを”自己分析”をされて、”クール(冷め易い)”な性格(心理)や”奥手なタイプ”であることを明らかにされた形です。

普段では、決して聞くことの出来ない「プライベート・トークである」ため、多くの”白石聖ファン”たちの間で話題となり!その「注目度の高さ」を物語ったようです。

その気になる”若手女優界”の中でも【一際!】異彩を放っている白石聖さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(sei_shiraishi)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 男前の走り方とは?
・ 熱愛彼氏とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


白石聖さんは1998年8月10日生まれの22歳(2020年)で、ご出身は「神奈川県」です。

ご出身の”神奈川県”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族(推測)で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、白石聖さんも(神奈川県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”ご本人のみ(推測)”であり、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

なので、”家族構成”についての情報が薄いため「一人っ子の長女」と捉えて!ご紹介して行きます。

幼い頃から、とても「大人しい少女」であり!あまり”人前”に出るのが得意で無かった子供のようです。

また、”性格(心理)”的には「内気な気質」であり!若干「人見知りが強い」お子さんであったご様子です。

それでも、小学校時代に入ると”バスケットボール”に取り組んでいたらしく!”内心”とは別に「体を動かすことは好んでいた少女」のようです。

但し、思うように「身長が伸びなかった」こともあり!ポジション的には、”センター”よりも!パス専門の「ガード」の方を担当していたのでしょう。

また、私生活では!大の”アニメ好き”であり!マンガを”読む”のはもちろん、口に出して”音読”をすることも好んでいたらしく!学校で披露をする他に、両親にも聞かせていたことから、将来は「声優になりたい」と憧れを感じていたそうです。

”声優”に憧れを感じていた小学時代を終えると、中学校も地元の神奈川県にある”日本大学高等学校・中学校”にご入学されたとの「情報が有力」です。

白石聖さんの”ご出身中学校”は明らかにされておりませんが、地元(神奈川県)にある”高等学校”やSNS(ツイッター)の僅かな情報!あるいは、小学校時代に「運動を好んでいた」ことを鑑みると、”日本大学中学校”が「打倒な学校」と言えます。

中学校時代に入ると、”吹奏楽部”に入部されたらしく!担当楽器が”太鼓”や”ドラム”などの「打楽器を担当」されており、”力強い”楽器を得意としていたようです。

ちなみに、”日本大学中学校”には「吹奏楽部が設けられている」ことから【さらに!】この”学校”に「進学された信憑性」が増してきます。

また、”吹奏楽部”に入部された”理由”として以下のように語っておられます。↓↓↓


もともとは友だち4人で『バンドをやろう』という話だったんです。当時アニメの『けいおん!』が流行っていて、感化されて。そのメンバーのなかでは私はギターで、バンドは結局やってないんですけど、『楽譜を読めないとダメだ』と思って吹奏楽部に入りました。それまでバスケをずっとやっていて、いきなり文化部に行ったから、母はビックリしていました。
引用元【サイト(HUSTLE PRESS 公式)】

つまり、小学校時代は”バスケットボール”に「本格的に取り組んでいた」ことが分かり!”運動部”に入部していた「スポーツ少女」であった可能性が否めず!その意味では、必然的に「運動系の中学校(日本大学中学校)を選んだ可能性が高い」と言えます。

また、その当時に流行っていたマンガの「けいおん!」とは、”軽音楽部”を略したモノであり!桜が丘高校に通う生徒たちが、学校生活で繰り広げられる「部活動の様子」をピックアップしながら、学校で催される”行事”の際には「ライブ活動」で盛り上げる役目を果たしながら!学校の”内外”問わずに「軽音楽部の活躍ストーリー」を描いたマンガです。

この軽音楽部で「中心的存在」として登場するのが「唯、澪、律、紬」の四人であり!白石聖さんの友だち”四人”と「重なり合っている」ことから「バンドをやりたい!」と思ったキッカケのようです。

【確かに!】登場する生徒たちは、いずれも「可愛らしいキャラ」なので!白石聖さんの”可愛らしさ”とマッチ!していることから、この”マンガ”に「興味を示されたこと」には納得できます。


引用元【ツイッター(マクラ )】

吹奏楽部で”青春”を送っていた中学時代を終えると、「一度」は”系列校”である地元の神奈川県にある”日本大学高等学校・中学校”にご進学(進級)されたと思われます。

もしも、この高等学校と”併設”している中学校(日本大学中学校)に”進学”をされていたのなら、学校名の通り「中高一貫教育」のため!学校の”内部審査”のみで「エスカレーター式」で、この高等学校へ進学(進級)したと思われます。

この高等学校の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

高校時代に入る(変わる)と、中学校で活動していた”吹奏楽部”から!本来、”部活動”に入るキッカケとなったマンガ「けいおん!」に、より近づくためか?「軽音楽部」へと切り替えて入部されたそうです。

ちなみに、”日本大学高等学校”には「音楽同好会や軽音楽部」も設けられております。

そのため、しばらくの間は!”学業”と”軽音楽部”での活動に励んでいたご様子です。

【ところが!】高校二年生の時に、元から「声優への憧れを持っていた」ことや!”アイドル”にも「興味を感じ始めていた」ことから、たまたま!出先であった”東京・原宿”で、芸能事務所からの”スカウト”を受けたことにより、学校での”音楽活動”を辞めると共に「芸能事務所への所属」を決めます。

もしも、通っていた学校が”日本大学高等学校”であれば!スポーツ選手の「育成には積極的」なモノの、”芸能活動”には「前向きな方では無い」ため!芸能事務所に”所属”が決まった白石聖さんにとっては!あまり「環境の良い学校」とは言え無くなります。

もちろん、この学校から育った”タレント陣”も居り!俳優の「神田正輝」氏や「石橋蓮司氏、お笑い芸人の「斉藤司」氏、元歌手の「坂本九」氏などが居りますが、いずれにしもて「最近の若いタレント陣の卒業生」は居りません。

【さらに!】卒業生の”有名人”としては、圧倒的に「スポーツ選手」が多く!”プロ”で活躍する「スポーツ選手を多く輩出している学校」として有名です。

そのため、白石聖さんは!芸能事務所への所属が決まった高校二年生の時に、この学校から「転校」をされて、”芸能人”ご用達でお馴染みの東京都目黒区にある「日出高校(現:目黒日本大学高校)」に移られました。

この高等学校の課程は「全日制と通信制」の「男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

但し、普通科は”コース別”となっており「進学コースとスポーツ・芸能コース」の”ニ科”が設けられております。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

最近の!この高等学校の”特徴”と言えば、ご周知の通り「芸能人ご用達の高校」として知られており!たくさんの”タレントたち”が「育っている高校」として有名です。

なので、白石聖さんも「芸能活動に専念するために」と!この高校へ転校をされた模様です。

“進学高校”を変更された三年生の時に、テレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ「AKBラブナイト 恋工場」に出演されて、自身初となる「女優デビュー」を飾ります。

また、立て続けに出演されたTBS系列で放送されたテレビドラマ「仰げば尊し」に出演され!その”透明感”のある「演技力」が関係者やドラマファンたちから「大好評を得た」ことから、一挙に!注目度を上げます。


引用元【ツイッター(RUN )】

また、高校三年生の終わり頃に公開された映画「きょうのキラ君」に主演をされて、自身初となる「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(泣きっ面は天使 )】

ここまでは、いずれも学園の”女生徒”役がほとんどであったことから!”年齢相当”の「役柄に恵まれていた」と言えます。

「芸能界デビュー」を飾った高校時代を終えると、大学には進学せずに社会人となり!芸能活動に専念するようになります。

学生時代を終えたその年(2017年)に、2018年度から放送予定が決まっていたテレビドラマ「I”s」での、ヒロインである”葦月伊織”役を巡って行われたオーディションに参加して!約700名の応募者の中から、見事!”主演の座”を手に入れます。

その後、日本テレビ系列で放送されたドラマ「PRINCE OF LEGEND」では、ヒロインの”成瀬果音”役に起用されて、自身初となる「ヒロインデビュー」を飾ると共に、既に”ヒロイン役”が決まっており!撮影もスタートしていた「I”s」にて、ヒロイン役を演じて大きな注目を集めます。


引用元【インスタグラム(sei_shiraishi)】

その後も、テレビドラマでは「主演級の役柄」に恵まれたり!多くの”話題作映画”への出演が決まったり!企業CMから引っ張りだこの人気ぶりを見せながら、幅広い活躍を見せ始めます。

最近では、出演作品の”番宣のため”にと!多くのバラエティー番組やトーク番組などへも”積極的”に参加をされており、順調に”知名度”を広げながら「人気を集めている」ご様子です。


引用元【インスタグラム(sei_shiraishi)】


スポンサードリンク


◇ 男前の走り方とは?


白石聖さんの”運動歴”とは、小学校時代に”バスケットボール”に励んでいた以外は!中学校から高等学校までは、”吹奏楽”や”軽音楽部”などの「文化部に入部」されており、その時代は”運動”から「離れて」おりました。

・・・とは言っても、”バスケットボール”で足腰が「鍛えられたはず」なので!普通の女性たちよりかは、”ランニング”などの基礎運動は「得意(まとも)」に行えるはずです。

なのに、世間では「白石聖さんの”走り方”がおかしい…など」と!賛否両論の”物議”が交わされたことがあり!中には”可愛い”や”面白”等と呼ばれる一方で「恐過ぎる・男前…など」の声も浮上したのです。

なぜ、”物議”が「二通り」に別れたのか?と言うと【実は!】出演された”テレビドラマ”に理由があり、その時の”走るシーン”での「姿」が!あまりにも「違いが大きかった」ことから、様々な”意見”が浮上した訳です。

“可愛い”や”面白”などの声が大きかったドラマとは、2018年12月から!衛生波の”BSスカパー”で放送されたドラマ「I”s」であり、ヒロインの”葦月伊織”役を演じた時!学園内を走っている姿に、多くの男性ファンからは”可愛い”と呼ばれ!女性たちからは”女性らしい”等と「好評を得た」のです。


引用元【ツイッター(ストッパー@聖ちゃん神推し )】

一方の「恐過ぎる・男前…など」の声が伝えられた”注目”のドラマとは!2020年8月からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「恐怖新聞」であり、このドラマでは主人公の”小野田詩弦”役に起用をされ!久々の”主演”を務めたことで、放送前から話題を集めておりました。

【ところが!】ドラマがスタートしたばかりの”第一話”で、早くも!後に「物議が交わされる」問題の”走るシーン”が放送されて、ある意味で!ファンたちから「多くの注目を集めるドラマ」へと、つながったのです。

その「走っているシーン」がこちらです。


引用元【ツイッター(トミー )】

ご覧の通りの【まさに!】”急な坂道”を駆け上る「アスリート級の走り方」を披露されており!”両肩”を左右に振りながら「重量感を感じさせる走り方」で、”急いでいる様子”が窺えるシーンを演出されたのです。

“走り方”と言うのは、その人の「個性が出やすい」として知られており!他の”女優さん”の中にも、様々な”走り方”で「注目を集めることが多い」のですが、白石聖さんの場合も!あまりにも「個性的な走り方であった」ことから、大きな注目を集める結果につながったのです。

もちろん、上記でもご紹介した通り!白石聖さんの学生時代は”バスケットボール”で鍛えていたはずなので、”ランニング”などの「基礎運動は無難に熟すことが出来るはず」なので!どう考えても”演技”としか思えぬ「走り方」と言えます。

【実は!】その件に関して、このドラマ(恐怖新聞)で監督を務めた「中田秀夫」氏が、ご自身の公式SNS(ツイッター)で、思わぬ”暴露”をされて!大きな反響を呼んだのです。


引用元【ツイッター(中田秀夫 )】

つまり、監督”ご自身”が「男前ダッシュを要望されていた」のであり!それが”出来る女優”であることを「見抜いていた」上で、猛暑の中の”男前スピリッツ”を期待していたのです。

そして、その”要望”に答えるために!白石聖さんが「演技混じりの本気なダッシュ」を披露された訳です。

白石聖さん”ご自身”も!監督の”呟き”に対して「コメント」を出されたご様子です。


引用元【ツイッター(白石聖 )】

また、これを見た”ファン”や”ネットユーザー”の反応として、


引用元【ツイッター(竜星 )】

【まさに!】その通りで、テレビ朝日の「深夜の顔」と成り始めている、”女性タレント”たちによる”全力猛ダッシュ”のシーンが熱い「ミニ番組の全力坂」から!”オファー”があっても「おかしくない走りぶり」を披露されました。

その意味では、白石聖さんの”今後の活動”の「幅を広めるためにも貴重なシーン」となったことは、言うまでもありません。


引用元【インスタグラム(sei_shiraishi)】


スポンサードリンク


◇ 熱愛彼氏とは?


白石聖さんは、高校二年生の時に!たまたま訪れていた東京原宿で、芸能事務所からの”スカウト”を受けて「芸能界デビュー」を飾りました。

高校二年生の時は”2016年”でしたので、”芸歴”は約4年であり!長くはありません。

【しかも!】”売出し”真っ盛りの女優であり「スキャンダル・ネタ」など!あろう筈が無いのです。

なので、狙っている”男性”も!特定の”彼氏”も!熱愛中の”男”など、一切!居ないと断言できますので、”根強い”男性ファンにとっては嬉しい話です。

しかしながら、例え”デマ”とは言え!”人気女優”であることに間違いが無く、過去には数名の”タレント”との「噂が伝えられた」ことがります。






その一人が、人気アイドルグループ”Sexy Zone”のメンバー「佐藤勝利」氏です。


引用元【ツイッター(ストッパー@聖ちゃん神推し )】

【実は!】この二人、2018年4月から日本テレビ系列で放送されたドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」で”共演”を果たしており、役柄的に「男女の関係にある二人」であったことから!そのシーンを数多く視聴された”ファンたち”の間から「密かな噂」が立ち上り!それがネット上で拡散されてしまったのです。

もちろん、”人気”男性アイドルと”売出し中”の女優との「あり得ない噂であった」ことから!芸能誌やメディアからは、特段!取り沙汰されることもなく!”自然消滅”されたのです。

それよりも、このテレビドラマでは!”Missデビル”こと悪女を演じた女優の「菜々緒」さんに大きな”スポット”が向けられて、”適材適所”の役柄に!どこまで近づかるのか?との「前評判」で話題を呼んでおりました。


引用元【ツイッター(ゆずひめ )】

実際の放送では、期待通りの”役柄”を見せつけて!大きな反響を呼ぶと共に、ドラマの成功に大きく貢献されたのです。

そのため、佐藤勝利氏との”噂”があったモノの!あくまでも「一部のネット界で噂された」だけであり、大きく噂が広がらなかったのは!恐らく「菜々緒様のおかげ」と言えるのでしょう。(笑;)






もう一人の”噂”の人物とは、ダンスパフォーマンス集団でお馴染みの”GENERATIONS from EXILE TRIBE”のメンバーである「片寄涼太」氏です。

こちらも、ドラマでの”共演”から生まれた噂であり!2018年10月から日本テレビ系列で放送され、”EXILE”の「HIRO」プロデュースのドラマとして話題を呼んだテレビドラマ「PRINCE OF LEGEND」であり!第三話の「野生で育った荒くれ者 お城の王子は勝てるのか?」へ出演をされました。


引用元【ツイッター(MANTANWEB )】

【実は!】この時に(現在も)、白石聖さんがご自身の公式SNS(インスタグラム)にドラマの”オフショット”を公開されたことから、一部の”女性ファン”たちから「嫉妬を買ってしまった」ご様子です。

もちろん、圧倒的に!”EXILE”の「女性ファン」が多く、白石聖さんの”男性ファンたち”からは!何の「反応が無い」にも関わらず!確実に、”焦り”の見える!片寄涼太氏の女性ファンたちの間から「デマが伝わり始めた」と言えます。


引用元【インスタグラム(sei_shiraishi)】

但し、片寄涼太氏の女性ファンたちの”気持ち”は分からなくも無く【確かに!】このドラマ内では、二人の仲が「急激に接近する間柄」であったことも手伝い!”根強いファン”としては「黙って居られない衝動に駆らた」のでしょう。

しかし、こちらも!”噂”がデマであることは明らかであった為に、芸能誌やメディアなどの動きが無く「公に広まることの無い噂」として、終焉を向かえたのです。






“番外編”として(笑;)白石聖さんは大の”マンガ好き”でもあり!特に、女性向けアドベンチャーゲームとしてお馴染みの「うたの☆プリンスさまっ♪」に登場する”男性キャラクター”の「美風藍」が大好きらしく!”リアル”に居るのなら「すぐにでも結婚をしたい」そうです。

なので、以前出演されたバラエティー番組では!マンガの「美風藍」について詳しく語り、その”熱狂ぶり”を広く世間に見せつけたのです。


引用元【ツイッター(りあ☆ちゃん )】

普段の”姿”からは、アニメなどの”マニアック”な世界とは「無縁の女優」に見られがちですが【実は!】大の”マンガ好き”であり!それこそ、マニアック中の”マニア”と呼べる「ゲームの主人公」に思いを寄せるとは【まさに!】見た目によらず「マニアックな気質(性格)」と言えます。

見た目の”ギャップ感”があることも【まさに!】「彼女の魅力」と言えるのでしょう。

なので、いずれは↓この方↓と「何らかの関係を持つ」のでしょうか?(笑;)


引用元【ツイッター(チャイ@ )】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 2016年に、テレビ朝日系列で放送された番組”AKBラブナイト 恋工場 第13話 噂の転校生”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2017年に、フジテレビ系列で放送された番組”痛快TV スカッとジャパン”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(白石聖 )】

◇ 映画

・ 2017年に、”ショウゲート”によって公開された映画”きょうのキラ君”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(logirl[ロガール] )】

◇ CM

・ 2017年に、”モスバーガー”が手がけた企業CM”かさばる理由 篇”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(Speakeasy )】

◇ MV

・ 2017年に、”The Super Ball”が手がけた作品”明日、君の涙が止む頃には”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(Speakeasy )】

◇ 雑誌

・ 2017年に、”LoGiRL”が手がけた作品”髪は短し恋せよ乙女”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(logirl[ロガール] )】

◇ ラジオ

・ 2018年に、”文化放送”局が放送した番組”白石聖のわたくしごとですが…”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(佐々木 陽吾 スパボ )】

◇ ネットドラマ

・ 2020年に、FOD系列で放送された番組”時をかけるバンド”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(映画ナタリー )】

◇ 写真集

・ 2020年に、”ワニブックス”が手がけた作品”白石聖”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(【公式】アイドルカレンダー2021 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
白石 聖
読み
しらいし せい
生年月日
1998年8月10日
仕事
女優
出身地
神奈川県
所属事務所
芸映プロダクション
血液型
A型