【まさに!】「月9の女」として相応しい俳優であり!月曜夜21時の町並みから”女性たち”を奪った名ドラマ「東京ラブストーリー」の”立役者”としてお馴染みの女優「鈴木保奈美」さん。

何やら?最近、”人気テレビドラマ”での「女優復帰を飾った」と思いきや!その後の”話題作ドラマ”へも「立て続けに出演される」として、”往年”を支えたファンたちを含め!”女優ファン”たちからも「大歓迎を受けている」として、大きな話題を集めているご様子です。

その”話題作ドラマ”とは、女優の「柴咲コウ」さんが”主演”を務めた日本テレビ系列のドラマ「35歳の少女」であり!主演の”母親役”である「多恵」を務めた模様です。


引用元【ツイッター(映画ナタリー )】

“ラブストーリー系”の第一人者と言っても遜色の無い女優の”鈴木保奈美”さんが【まさかの!】”母親役”での登場に!往年を支えたファンたちにとっては【かなりの!】「斬新過ぎる路線(イメージ)変更」であり、放送前から大きな話題を呼んだのです。

その意味では、今後の”役柄”を「考えての演出」と思われることから!女優復帰後【さらなる!】活躍が期待されるところです。

但し問題は、鈴木保奈美さんに”執着”し過ぎている旦那の「石橋貴明」氏が!どこまで「許すのか?」が、問われることでしょう。

“噂”では、女優復帰に大反発したことで「別居に踏み切った」などの!一部”報道があった”だけに、今後の展開から目が離せないところです。

その気になる最新ドラマ”連続出演中”の話題を含めて、鈴木保奈美さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(honamisuzukiofficial)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 髪型とは?
・ 熱愛ストーリーとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


鈴木保奈美さんは1966年8月14日生まれの54歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と妹の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、鈴木保奈美さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”妹”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

鈴木保奈美さんは”東京都大田区”のご出身(生まれ)ではあるモノの、育った環境は「神奈川県」であり!幼い頃から、神奈川県茅ヶ崎市周辺の”学校”に通っておりました。

なので、”生まれた”頃は!東京大田区の中でも「羽田空港寄りに自宅があった」ことから、飛行機の”発着”が喧しい環境で暮らしていた模様です。

幼い頃から、非常に”可愛らしい少女”であり!口数の少ない「大人しい気質(性格)の子供」とのことです。

また、血液型が”A型”でもあることから!非常に”礼儀”正しく、身の回りの”整理整頓”を行う「几帳面な性格の持ち主」でもあったご様子です。

但し、幼少期から小学生までの詳しい情報が無いので、通っていた学校の「所在地や校名」あるいは「校内での生活模様や習い事・部活動」などは、一切!分かっておりません。

それでも、”学業”に関しては【かなり!】「優秀であった」との情報がり、”性格(心理)”が大人しい分!勉強に励んでいた少女のようです。

また、小学校時代は”テレビっ子”であり!勉強の傍ら”息抜き”で、ドラマや歌番組を見ていたそうです。

【すると!】”ドラマ”にハマったらしく、同じように”ドラマファン”であった友だちが制作した”台本”を使い「ドラマごっこ」を行っていたそうです。

【さらに!】”歌番組”も好んでいたことから、その当時!大人気を誇っていたアイドルコンビ「ピンクレディー」のマネをして!歌いながら踊っていたようです。

神奈川県で通っていた小学時代を終えると、中学校も地元の神奈川県にある”茅ヶ崎市立北陽中学校”にご入学されました。

中学校時代に入っても、”勉強”に励んでおり!クラスの中では「トップクラスの学力」を誇っていた模様です。

その一方で、小学校時代と同様に!”テレビドラマ”にハマっていたらしく!特に、NHKでお馴染みの「大河ドラマ」で放送されたテレビドラマ「峠の群像」を見ては!感動を覚えていたそうです。

なので、今の女優(役者)の”礎”を築いたのは!恐らく、この時期に”ヒント”が有りそうです。

尚、中学時代の情報も!ほとんど”皆無状態”なので、詳しいことは分かっておりません。


引用元【ツイッター(V(-¥-)V ごとう さとき@駄文屋 )】

”勉強”に励み、真面目に過ごした中学時代を終えると、高校も地元の神奈川県にある”県立鎌倉高等学校”にご入学されました。

この高等学校の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、通学期は一般的な”三学期制”では無くて「二学期制」を導入されているご様子です。

この高等学校の”特徴”としては、”地元”や”東京都”を含めて「有数の歴史ある学校」として有名であり!そのため、非常に多くの”著名人たち”を「輩出している学校」として知られております。

また、”東京都”に近く【さらに!】神奈川県を代表する「鎌倉市」にあることから!地元に馴染みの深い”ドラマの撮影”が「校内」で行われたり、”学校名”を使った「マンガ・アニメ」などが豊富にあることでも有名です。

特に”映画”では、地元の”地名”がそのまま生かされ!主人公の”一色正和”の舞台となった高校でもある「鎌倉ものがたり」や、40代~60代の”若者時代”に人気を博していた”バスケット”マンガの「SLAM DUNK」の舞台となった”高等学校”が、この学校です。


引用元【ツイッター(ヤマグチ オサム )】

【さらに!】地元でも有名な”難関高校”としても知られており【なんと!】”偏差値”が「65」なので、ある程度の「レベルの学生」でないと進学することが難しいのです。

その意味では、中学校時代から”真面目”に勉強に取り組んで来た鈴木保奈美さんが「進学したのは当然」とは言えるモノの、その「学力の高さ」を物語っております。

高校時代に入ると、”部活動”に入部をされており!今の”お姿”からは想像が付きませんが、意外にも「チアリーディング部」で活動をされていたそうです。

恐らく、”成績”が良かったことから!高校入学当初から「大学進学を考えていた」はずなので、”将来”の方向性が定まっていた分「心に余裕ができた」と思われ、その当時から人気が高かった”チアリーディング”に挑戦をされていたのでしょう。

また、”勉強”の傍ら!よく「ラジオを聞いていた」らしく、特に”オールナイトニッポン”などの「若者ウケが良かった番組」などを、好んで聞いていたようです。

高校三年生になると、”元所属事務所”であった「ホリプロ」が毎年開催していた”タレントスカウトキャラバン”に参加されて、応募総数”約12万人”の中から見事!”審査員特別賞”を受賞したことから「芸能界への切符」を手に入れます。

自身では気づかなかった「意外な才能」を”開花”させた高校時代を終えると、大学に進学をされて!東京都世田谷区にある”成城大学”の「文芸学部マスコミ学科」にご入学をされました。

“大学進学”は、相当!前から「視野に入れていたはず」ですが、高校三年生の時に「芸能界への切符を手に入れていた」ことで!恐らく、”学力”よりも「芸能活動を有利に進めるため」と考えて、一般的な「文系や理系」よりも、”芸能(役者)”により密接な関係にある「文芸学部」を選んだモノと考えられます。

その”証拠”に、大学一年生の終わり頃に公開された映画「遊びじゃないのよ、この恋は」に出演されて、輝かしい「芸能界デビュー」を飾ると共に!自身初となる「劇場(女優)デビュー」も飾ります。

【すると!】一挙に”注目”が集まり始め、その年にTBS系列から放送されたテレビドラマ「おんな風林火山」では、いきなりの「主演デビュー」を飾ると、立て続けに”話題作ドラマ”や”人気ドラマ”への出演が重なったことから、大学を「中退」されております。

大学を”中退”されてからも、多くのテレビドラマや映画【さらに!】企業CMなどから「引っ張りだこの人気ぶり」を見せるようになり「一日に一度は見かける女優」として!”知名度”を広げて行きます。

そして、ご周知の通り!1991年1月からフジテレビ系列で放送されたトレンディードラマ「東京ラブストーリー」で、ヒロイン役である「赤名リカ」を演じて、見事に!「大ブレイク」を果たします。


引用元【ツイッター(りんたん??替え歌詞??火曜は空耳??土曜は曲当てクイズ?水と日曜は休み )】

その当時は、毎週”月曜21時(番組放送時間)”になると「街角から人(女性)が消える…など」と謳わる程の”人気ぶり”を見せた「伝説的ドラマ」であり!その時代に生きた”若者たち”の「今でも心に深く残っているドラマ」として、今だに語られるほどの「大成功を収めたドラマ」でした。

【さらに!】”東京ラブストーリー”でブレイクを飾った後は、その人気が”衰える”こと無く!多くの話題作ドラマや人気映画などに出演をされて、”昭和の時代”で「不動の人気を見せた女優の一人」として!語り継がれる「名女優」となり、今に至っております。


引用元【インスタグラム(honamisuzukiofficial)】


スポンサードリンク


◇ 髪型とは?


鈴木保奈美さんと言えば、”昭和”を代表するトレンディードラマの中でも!名作中の名作としてお馴染みの「東京ラブストーリー」で、”大ブレイク”を飾った女優として有名になったことは、言うまでもありません。

【しかも!】最近では、”東京ラブストーリー”での!もう一人の主人公である”永尾 完治”役を演じていた俳優「織田裕二」氏と、数十年ぶりとなる”共演”を果たしたドラマ「SUITSシリーズ」に出演されて、大きな話題を呼びました。


引用元【ツイッター(ザテレビジョン )】

その当時は、”同世代”の女性たちから大きな支持を受けていた「カリスマ的トレンディー女優」として注目を集めると共に、”ルックス”はもちろん!”スタイル”や”ファッション”【さらに!】「ヘアースタイル」に至るまで注目を集め!”赤名リカ”をマネする若い世代の女性たちが、街角に溢れて居たモノです。

【そこで!】気になるのが、比較的!”変化”の激しかった「髪型である」と思いますが!”東京ラブストーリー”時代の、同世代の女性たちから支持を得ていた1991年頃に披露していた”髪型”と言えば「セミロングのソバージュ」です。


引用元【ツイッター(J?宙太郎J???????kiss )】

なので、この当時!東京の町並みを出勤する”若い女性たち”のほどんどが!”OL”風の「ソバージュヘアーに極め込まれた姿」で登場するシーンが非常に多く【いかにも!】”赤名リカ”を意識していることが、ひと目で分かるスタイルを披露しておりました。

その後、他のドラマでの”役作り”のためか?一時期は「ショート」にされた時期もあります。


引用元【インスタグラム(honamisuzukiofficial)】

その”ショートヘアー”に「パーマ」をあしらったスタイルが!最近の傾向です。

元から、”ボーイッシュ”の一面もあったことから!”ショート”が非常に似合う「女優さんの一人」と言えますが、”パーマ”をあしらって「流れるようなスタイル」を作り上げたことによって「大人の女性の魅力」を醸し出すようになりました。


引用元【インスタグラム(honamisuzukiofficial)】

【さらに!】そこから(ショート)短くした「ベリーショート」も、非常にお似合いなのですが!そこに”パーマ”をあしらって「ボリューミーな雰囲気」を見せる姿は【まさに!】”ボーイッシュ”な「ボムヘアー」と言えます。

そこに、”黒縁が”太い眼鏡を掛けた姿は【まさに!】”清楚”で”インテリア風”の「やり手な上司」的なイメージを持たせてくれます。

そろそろ、”年齢的”にも「落ち着いた女性像」が必要となって来ると思われるので!今後も”女優”を続けるのなら、恐らく!以前のように「落ち着きのあるロングヘアー」に戻される可能性が高いでしょう。


引用元【インスタグラム(honamisuzukiofficial)】


引用元【インスタグラム(honamisuzukiofficial)】


スポンサードリンク


◇ 熱愛ストーリーとは?


鈴木保奈美さんの「現実のラブストーリー」と言えば(笑;)、1994年頃に”ご結婚”をされた!F1ジャーナリストで”解説者”として活動をしていた「川井一仁」であることは有名な話です。

【さらに!】その”三年後”に「離婚」をされて、その後に”再婚”をされた男性と言えば!お笑いコンビ”とんねるず”の「石橋貴明」氏であることは、言うまでもありません。


引用元【ツイッター(懐かしい昭和時代 )】

なので、今さら!過去の”恋愛話”に触れても、全く”面白く無い”ので!現在の夫である「石橋貴明」氏との”ラブストーリー”について紐解いて行きます。

石橋貴明氏とは、フジテレビ系列で放送されていた”とんねるず”の冠バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の”企画”であった「食わず嫌い王決定戦」に、鈴木保奈美さんが出演されたことで「顔見知り」となり!その後は”食事”を重ねる仲となります。

【実は!】鈴木保奈美さんの”元旦那”である「川井一仁」氏と”石橋貴明氏”は、以前からの”友人関係”でもあり!川井一仁氏が”結婚”を決めた時には、相当!”嫉妬”していたそうです。

その意味では、ご自身も”バツイチ(元モデルと1998年離婚)”であったことから!鈴木保奈美さんが”離婚”をされた後は「近づきやすい立場であった」ことは、間違いありません。

なので、たとえ”友人”の「元妻」であり!”バツイチ女優”であることが分かっていても!昭和を代表する”トレンディードラマ”の「名女優」であることに変わりがなく、何が何でも手に入れたい気持ちで居たことは、おおよその検討が付きます。

その「証拠」に、”再婚”を公にされた時は【なんと!】鈴木保奈美さんは既に「妊娠をしていること」が明らかとされ、俗に言う「出来ちゃった婚」となった訳です。

但し、石橋貴明氏には”前の奥さん”との間に「子供」が居りますが!鈴木保奈美さんは「初子」であり、その意味では!石橋貴明氏との”実子”なので「産みやすい環境にあった」と言えます。

なので、鈴木保奈美さんは”入籍”後!すぐに「芸能界から引退」をされて、”専業主婦”として石橋貴明氏に尽くすようになります。

【まさに!】この頃は、石橋貴明氏の「望み通りの結果につながっていた」と言えるのです。

もちろん、以前から「手に入れたかったダイヤモンド」を手に入れた訳ですから!”結婚生活”がスタートすると、異常な程までに「鈴木保奈美さんに執着」するようになり!”仕事”もろくに熟さずに、メディアから姿を消し始めて行きます。

しかし、逆にそれが功を奏して!世間からは「おしどり夫婦…など」と呼ばれるようになり!芸能界切っての「夫婦仲の良いカップル」と認められるようになるのです。

但し、”噂”では!二人の「記念日」や、たまに行う「夫婦デート」などを”マメ”に熟していたらしく!度々、その”シーン”が「週刊誌などのメディア」から報じられたことがありました。

その後は【さらに!】”妊娠出産”を重ねて!2020年度時点までに「子供の三人」を授かっており!子供たちが”大きくなった”と同時に「芸能界復帰」を考え始めます。

【ところが!】それに”猛反発”を見せていたのが、”旦那”である石橋貴明氏であり!2008年度から、石橋貴明氏の芸能事務所である「アライバル」に所属させて!仕事の”方向性”を模索されていたご様子ですが、どうも”女優業”には「否定的な考え」を持っていた模様です。

なので、一時は!あまりの”反発”から「別居している…など」の報道が流れ!”おしどり夫婦”として持ち上げられていた二人に「いよいよ持って離婚の危機か…など」と、”噂”されるようになったのです。

そのため、恐らく!”山あり谷あり”の厳しい中での「女優復帰」を飾った鈴木保奈美さんですが、今ではスッカリ「女優の顔」を取り戻されて!”話題作ドラマ”や”人気ドラマ”に引っ張りだこの活躍を見せております。


引用元【インスタグラム(honamisuzukiofficial)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 1986年に、大映系列で放送された番組”遊びじゃないのよ、この恋は”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(しがない三四郎 )】

◇ テレビ番組

・ 1987年に、TBS系列で放送された番組”ゲーム・史上最大の作戦”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 1987年に、”東宝”によって公開された映画”刑事物語5 やまびこの詩”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(明石組・幹部 岩井信一(お店公認赤坂美療応援広報団長) 真っ当な政党、政権支持。 )】

◇ ラジオ

・ 1987年に、”文化放送”局が放送した番組”東京スーパーエンジェル”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 1989年に、”東京証券”が手がけた企業CM”東京証券”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(針急電鉄 東横目黒線 )】

◇ 舞台

・ 1997年に、”PARCO劇場”によって公開された舞台”郵便配達夫の恋”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(買取中古ミュージカル屋ストレートライフ★しまったままのミュージカルパンフ買取り中、少しでも大歓迎です )】

◇ ネットドラマ

・ 2017年に、Netflix系列で放送された番組”Samurai Gurumet”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
石橋 保奈美
読み
いしばし ほなみ
生年月日
1966年8月14日
仕事
タレント、女優
出身地
東京都
所属事務所
アライバル
血液型
A型