“後咲女優”で”個性派俳優”、言えば誰を思い出しますか?

昭和生まれ(1970年代)の方なら大塚製薬”ポカリスエット”のCMでお馴染みの「吉田羊」さん
ではないでしょうか?


引用元【インスタグラム(yoshidayoh_official)】

その”吉田羊”さんが【なんと!】自身初の”声優デビュー”作でもある2018年に公開された
“日中合作映画”として話題になった”空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎”の「吹き替え」に続いて
2019年11月から日本で公開される超人気ディズニーアニメ”アナと雪の女王2”でエルサと
アナの母親(イデュナ)役”の日本語「吹き替え(声優)」を担当することが分かりました。


引用元【ツイッター(アニメイトタイムズ公式)】

今作もヒロインの日本語吹き替えは”エルサ”役を女優の「松たか子」さん、”アナ”役を歌手の
「神田沙也加」さんが担当し、その主要人物でもある”母”(イデュナ)役に”個性派女優”の
「吉田羊」さんが抜擢され、公開前から話題となっております。

“ディズニーアニメ”大好きの日本人ですが、前作の”アナ雪”は2014年3月に公開され主題歌
“Let It Go”が大ヒットしつつ映画の興行収入が約250億円を超えるメガヒットを記録し、
当時の日本は”アナ雪”旋風が吹き荒れて話題となっておりました。

なので、今作にも公開前から注目が集まっておりその他のキャスティング人が誰になるのか?
非常に楽しみなところです。

そんな”声優業”の一面を見せる個性派女優「吉田羊」さんにスポットを当てて見ました。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 歌うまHITSUJIとは?
・ チェジウ似で韓国人?
・ 若い頃はモテた?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 吉田羊さんの中高大学は?

吉田羊さんは1974年2月3日生まれの45歳(2019年)で、ご出身は「福岡県久留米市」です。

ご出身の”福岡県久留米市”にあるご自宅で、ご両親と兄二人と姉二人の七人家族で
生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、吉田羊さんも(福岡県久留米市)内の小学校・中学校に
通っていたと推測できます。

最新の情報ではやはり、地元の福岡県にある”久留米市立西国分小学校”にご入学されたと
伝えられております。

ご家族がもの凄く多い”大一家”で、父親は同市内にあるキリスト教で”牧師”をなされ、母親も
地元の”幼稚園”で働いていたそうです。

ご兄姉も多く、兄二人と姉二人が居るそうですが詳しい事が分かっておらず、たぶん末っ子で
女優の”吉田羊”さんとは違い”ごく普通”の一般人なのでしょう。

幼少期はかなりの”父親っ子”であったらしく、さらに”末っ子”でもあったことから”激愛”され、しょっちゅう父親の”バイク”の後部座席に座り遊びに連れて行かれてたそうです。

そのため、その様子を見ていた母親は”親”にも関わらず「嫉妬」していたそうです。

またご家庭は”来客ウェルカム”の一家であったらしく連日、たくさんの来客で”にぎやか”な
ご家庭でらしたそうです。

その頃から”歌唱”が大好きだった「吉田羊少女」は来客ある度に”歌”を披露したり、
大ファンであった「松田聖子」さんの”モノマネ”等をして来客を楽しませていたそうです。

今では”グラマラス・スタイル”な吉田羊さんですが【実は!】その”源”は子供時代から
“毎日”のように飲んでいた「豆乳」に秘密があるのです。

“台湾女性”の殆どに”豊胸人”が目立ちますが、幼い頃から”豆乳”を多く飲むのが文化?であり
日本人が毎朝”牛乳”を飲む”感覚”で台湾女性は”豆乳”を飲んでおります(近年の”若子”は
分かりませんが?)

そのため今の”グラマラス・スタイル”な吉田羊さんが誕生したのでしょう?

引用元【ツイッター(GYAO!)】

小学校では性格が”内弁慶”であったことからよく”イジメ”を受けていたらしく、そのため
友達も少なく休み時間になると決まって一人で”人形”で遊んだり、”おままごと”を行って
楽しむような”内気”な少女だった様です。

なので今の”男勝り”の姿が嘘のように、幼少期は「静かなお子さん」であったらしいです。

少年期から歌手の「松田聖子」さんが大好きでしたが、当時は大のピンクレディーブーム!
そのためピンクレディーも好んでいたそうです。

その後小学校をご卒業すると、中学校も地元の福岡県にある”久留米信愛女学院中学校”に
ご入学されました。

この中学校は後に進まれる”高校”との関連校であるため、中高校でよくある”一貫校”の様な
スタイルのカトリック系の中学校です。

中学時代は”学年”は分かりませんが、大好きだった男子生徒に自身手編みのマフラーや手袋を
“プレゼント”するような”おませ”なお嬢さんだったそうです。

また中学校一年生頃まではトイレよく”一人三役”の「一人芝居」を行っていた、ちょっと
“変わった生徒”であったことを後にバラエティー番組で語っておられました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

そんなちょっと”変わった女子生徒”も卒業を向かえ、同じ”久留米信愛女学院”の関連校である
“久留米信愛女学院高校”へ「内部審査」により”エスカレーター式”でご入学されました。
(2019年度からは久留米信愛中学校・高等学校と改名され全日制の”男女共学”に変更)

この”高校名”を聞いて”ピン!”と思い出す”女性歌手”がおりませんか?

そう!それは!!福岡県久留米市が生んだ大スター「松田聖子」さんですよね♪


引用元【インスタグラム(seiko_fan)】

松田聖子さんのご活躍により”カトリック系のお嬢様校”として有名になりました。

その当時は”当たり年”であったのか?校内には相当”美人”さんが多く居たらしく、地元にある
“他校(特に男子校)”から最も注目を浴びていたようです。

なので元から”内向的性格”の吉田羊さんでも”チヤホヤ”されたく黙っていられなかったのか?
“自身”が無くても”目立ちたがり屋”の存在であった!と後に語っております。

すると高校三年生の時に何の”きっかけ?”か分かりませんが、体育祭で「応援団長」を
務める事となり、”気合”を入れて短髪にし”大声”を響かせていたそうです。

当時は”女子高”であったことから、その姿に”惚れる”女生徒が多数出現し、校内にファン
クラブが結成されるほどの盛況ぶりだったそうです。

その”出来事”があったからこそ今日の”個性派女優”の誕生につながったようです↓↓↓

その”出来事”があったからこそ今日の”個性派女優”の誕生につながったようです↓↓↓
は女子高だったのですが、体育祭の応援団長になったんです。思い切って髪をショートにしたら妙にハマって、周囲からも大好評。私のファンクラブまでできちゃいました(笑)。今思えば、それが赤の他人が自分を評価してくれる初めての体験で、当時はもう嬉しくて。やっぱり進むべき道はオーディエンスの前なんだ…と。

※ 引用元【サイト(役者魂.jp)】


この”挑戦”があったからこそ、元の”内向的な性格”が克服できたのかも?ですね!

もし、校内に”男子生徒”がいたら相当モテたことでしょうね♪

高校の先輩に「松田聖子」さんが居り、さらに幼少期から大ファンであったことから
当時は”何の楽曲”でも直ぐに歌えたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

そんな”活発的”にご活躍された高校時代もご卒業を向かえ、”大学進学”を行ったそうですが、
その情報が少なく正確なところは分かっておりません。

ただ”中高校”とお世話になった”久留米信愛女学院”にはもう一つ”久留米信愛短期大学”と言う
関連校があり、またそちらに”エスカレーター式”で進学した!との情報が一番「有力」です。

しかし、どの”短期大学”に進まれたのか?は正確には分かっておりませんが”短大”を途中で
「中退」し、その後”上京”して新たに通常の”四年制大学”に「再入学」された様です。

上京して”再入学”された大学も正確には分かっておりませんが、現在までの情報によると
“多摩南部”にある「カトリック系」の大学で、お笑い漫才コンビ”U字工事”が「卒業」した
大学であるとの事から”東京都町田市”にある「桜美林大学」が”有力”と伝えれております。

正確な学校名までは分かりませんが、大学進学中に”女優”への道を模索し始め自身三年生の時
ついにその”扉を開く”チャンスが訪れます↓↓↓

大学3年のとき、パラパラとみていた「ぴあ」の演劇欄外に「三ヶ月後の公演に出演できる女優募集」っていう広告を見つけました。養成所とかじゃなく、すぐに役者をしたいと思っていたので、飛びつきましたね。とんとん拍子に合格して、なぜか準主役。はじめての舞台でいい役をいただけて、それは面白くなりますよねえ。そこで見てもらった人に声をかけていただいたり、またそれが次につながったり…と、年に2~3回小劇場でやっていましたね。

※ 引用元【サイト(役者魂.jp)】


当時は大学三年生で”就職活動”真っ只中であり、サラリーマンになるのか?芸能界(女優業)へ
進むのか?の選択を考えていたそうですが、毎日”満員電車”に揺られて会社務めするのは
自身の性格には向かない!と判断し、普通に”就職”するのは止めて芸能界(女優業)の道を
選んだそうです。

そんな経緯で大学三年生の時に”準主役”で小劇場の舞台に立ち、自身初の「女優デビュー」を
飾りました。

その時の”エピソード”として初舞台を向かえる前の初期頃、稽古中に緊張のあまり”吐き気”を
何度も感じる機会があったそうで、しばらく舞台に慣れるまで時間が掛かったそうです。

ただ公演が始まってからは”観客”からの声援に感動し、その時の”感触”がもの凄く良かった
ことからドンドン舞台へ”のめり込んで”行ったそうです。

その後大学をご卒業されると就職は行わず、さらに特定の芸能プロダクションにも所属せず
芸名は本名の”吉田 羊右子”を名乗り”フリー女優”として活動をスタートさせたようです。

フリーで活動を始めた2001年に女優で演出家の「比佐廉」さんと、元フリーアナウンサで
CMモデル等で活躍された「石津陽子」さんの三人で、劇団”東京スウィカ”を旗揚げされました。

【なんと!】この劇団には元プロレスラー”長州力”のモノマネでお馴染み「長州小力」などが
出演されていたそうです。


引用元【インスタグラム(koriking1972)】

この劇団には2007年頃まで出演されていたそうですが、その間”主演女優”を務め”舞台”の
「牽引役」として大いに盛り上げていたそうです。

そこからしばらくの間は”小劇場の舞台”をメインに活動し”女優業”を慢心させていたそうです。

また舞台と言えば”お酒!”と呼ばれているように、吉田羊さんも役者の”演技”に磨きながら
同時に「お酒の腕」も鍛え上げていたそうです。

当時の様子をご本人が語ってらっしゃいます↓↓↓

私も劇団でお酒を学んだと言っても過言ではないですね。舞台を始めた時に「これから女優を続けるなら、お酒のひとつも飲めた方がいい」と言われました。実際、小劇団の世界ではお酒の席で仕事が入ることも多い。「来月、空いてる? これ、出てみない」とキャスティングが決まっていくんです。

※ 引用元【サイト( SPORTS COMMUNICATIONS)】


当時から”お酒の場”には「ビジネスチャンス」があったことを物語っておりますね!

ただ、その当時ちょっと勉強し過ぎたのか?今では”酒好き女優(称号)”の一員に選ばれる様に
なっちゃいましたね。笑;

引用元【インスタグラム(yoshidayoh_official)】

また劇団だけでは”食べて行けない”時にはアルバイトを行っていたらしく「引っ越しや、
葬儀屋(受付け)、コンパニオン」などの経験もあるそうです。

そして自身”30歳”を向かえたある日、出演していた”舞台”を見ていた観客の中に芸能事務所
“関係者”が居たそうで、その方から”舞台以外に映像をやりませんか!”とスカウトされて
2007年4月より自身初の芸能プロダクション”ORANKU”への「所属」が決まったそうです。

しかしこの芸能プロダクション!【実は!】大手芸能事務所でマネージャーを行っていた
スタッフがそこを辞めて立ち上げた”個人事務所”であったらしく、非常に小さな事務所で
あったことから唯一”一人だけの所属タレント”として活動をスタートさせたそうです。

また当時使っていた芸名”吉田 羊右子”を先輩の強い勧め(シンメトリー効果)があった事から
“運気”が上がるとの理由から「吉田 羊」と改名されました。

ところが”劇団貧乏生活”を送っていたものの何とかアルバイトで凌いでいたのに、事務所の
方針で”女優業に専念するため!”との理由からアルバイトを一切「禁止」されたそうです。

そのため生活が”カツカツ”となり、収入も少なかったことから事務所から借金をして何とか
“食いつないで”いたそうです。

そこから女優人として「不屈の闘志に火がついた」のか?あるいは「貧乏脱出のために
本気になったのか?」分かりませんが、どんな”役所”でも熟す女優として活動しテレビドラマ
映画、CMなどに数多く出演し、徐々に”知名度”を広げ”人気”を得て行きます。

そして自身を大ブレークさせた作品、アイドル歌手で俳優の「木村拓哉」氏が主演を務めた
フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「HIRO」に出会います。

そこから一挙に知名度&人気を博すようになり同時に仕事も増え始め”名ドラマ”&”名映画”と
呼ばれた”有名作&話題作”から数多くオファーされる”名女優”へと変貌して行きました。

最近では”どんな役でも無難に熟す「安定感」のある女優!”として関係者から好評で、
テレビで見ない日がないほど「ドラマ番組、バラエティー番組、CM、雑誌」などの
“メディア”でご活躍されながらで今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 吉田羊さんの歌うまHITSUJIとは?

“個性派女優”として一枚目~五枚目まで見事に熟す人気俳優で、さらにはトーク番組・
バラエティー番組などにも多く出演し”マルチ”なご活躍を見せている「吉田羊」さんですが、
【実は!】最近では歌手活動も盛んに行うようになっており、その”魅力的”な「歌唱」にも
注目が集まっているそうです。


引用元【インスタグラム(yoshidayoh_official)】

しかし”よくよく”話を聞いてみると、どうも”歌手活動”を盛んにしているのではなく、
女性シンガーでお馴染み「JUJU」さんに”担ぎ上げられ”仕方なく歌唱している模様です?


引用元【インスタグラム(yoshidayoh_official)】

吉田羊さんは幼い頃から”歌”が大好きで、自宅に来客があるとファンであった「松田聖子」
さんや「中森明菜」さんや「ピンクレディー」のマネをして喜ばしていたのですが、今でも
“役者”と同じくらい”歌うこと”を好んでいるそうです。

カラオケボックスでは、ご自身のみで”三時間”も歌い続け、喉が「カラカラ」になるまで
“熱唱”し続けたことがあるそうです。

最近では”好みに変化”があったらしく「中島みゆき」さんや「椎名林檎」さん、さらに「中山
美穂」さんなどの楽曲を好んで歌っているそうです(これでも古い歌手ですが・・・笑;)

“歌声”は舞台で鍛えた”強靭な喉”のお陰なのか?「粘りがあり&低域圏のヴォイスが奇麗」と
音楽関係者から”好評”を得ているそうです。

よく”プロ歌手”は歌声だけではなく”詞、感情、気持ち”を届けるものだ!と言われていますが、
その辺は”舞台(表現者)”で培ってきた経験がバックにあるから”プロ”でなくても名歌手として
評価されているのではないでしょうか?

そして、それに”目を付けた”のであろう?人物こそが女性シンガーの”JUJU”さんなのです。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース))】

【実は!】”JUJU”さんは2018年2月21日にアルバム「I」をリリースされているのですが、
このアルバムの中の03曲目に”かわいそうだね(with HITSUJI)”の楽曲があります。






引用元【サイト(JUJU Official site)】

この「with HITSUJI」とは何を隠そう!「羊」こと吉田”羊”さんのシンガーネームなのです♪

つまり”HITSUJI”の歌手名で「デビュー」を飾ったのです。




ただ”ソロ”ではなく、あくまでも”JUJU”さんとの「コラボ」としてアルバム内に参加している
だけなので、単なる”ネタ作り”と言われればそれまでなのですが・・・?

さらに同年10月に開催されたJUJUさんの武道館ライブへゲストとして担ぎ出されておりました。

それでも注目すべきはこの楽曲【なんと!】男性ヴォーカリストの「平井堅」氏が作詞&
作曲を手掛けたもので、この楽曲に相当”力”を入れて制作されたことが良く分かります。

もちろん今までに”CM”などで「歌声」を聞いたことがありましたが、ここまでマジマジと
聞いたのは私は初めてなのかも?です!

とても落ち着いてて”低音域”が奇麗で、とても心が「癒される」歌声に驚かされました!!

もちろん”プロ”ではないので完璧か?と問われれば何とも言えません、”歌唱”よりも
「表現力や感情力」がもの凄く伝わって来て、さすが名女優だな!と思える印象を持ちました。

とはいえ結局の所は”プロジェクト”の一環に過ぎなかったのか?今後の”HITSUJI”さんの
活動内容は明らかとされておらず、本格的に”歌手”としてやって行くのか?疑問に感じるのは
私だけではないと思います。

願わくは”HITSUJI”としてご活躍頂ければ嬉しいですよね!お忙しだと思いますが・・・。


引用元【インスタグラム(yoshidayoh_official)】


スポンサードリンク


◇ 吉田羊さんはチェジウ似で韓国人?

皆さんは韓国女優の「チェ・ジウ」をご存じでしょうか?

若い方(10代~20代)は知らないと思いますが、韓国女優でありながら日本で大ブレークを
果たした女優さんなのです。

そのきっかけとなったのが韓国で放送されていたテレビドラマで、日本語翻訳された後、
日本で放送されていたテレビドラマ「冬のソナタ」でヒロインを演じて話題となったのです。

引用元【インスタグラム(kokoro_ru)】

ちなみに主演は韓国人俳優の「ペ・ヨンジュン」さんでしたね!

この”チェ・ジウ”さん!よ~く見ると日本の”著名人”の誰かに似ていると思いませんか?

そう!それが!!”吉田羊”さんである!とファン達の間では有名な話なのです♪



引用元【サイト(soKKuri?そっくり?)】

そしてそこから浮上した”疑惑”が「韓国人説」なのです。

確かに”吉田羊”さんのルックスを見ると、”美白”で”スッキリ”していて韓国人女優に多く
見られる”卵タイプ”のお顔立ちをされておられます。

なので韓国人女優と言われても”遜色ない”完成度?のため、ネット界では”韓国人説”が
伝えられるようになったそうです。

しかし、吉田羊さんは歴とした福岡県久留米市生まれの”生粋”の「日本人」であるため
韓国人では一切なく、”一液”も韓国人の血が混じっておりません。

韓国人説は全くの”デマ”なのでご注意を!!


スポンサードリンク


◇ 吉田羊さんの若い頃はモテた?

今では「時代劇~現代劇」に至るまで、数多い”話題作”に引っ張りだこの”個性派女優”
吉田羊さんですが、その”ルックス”は学生時代から人気が高かったとお聞きします!

なんでも学生時代はそれ程”目立つ”存在の生徒では無かったらしいのですが、高校生になると
今までの”人格”が嘘であったかのように「化け」て、学園祭では”応援団長”を務め勝手に
学校内に”ファンクラブ”が結成される程の人気を誇っていたそうです。



引用元【サイト(ファニップ)】

当時の模様は”ショートカット”に整え、いかにも”ボーイッシュ”な雰囲気を漂わせる
応援団で決めていたようです。

やはりお顔立ちが”卵タイプ”だと親しみ感を持てますよね♪

なので”奇麗”なお顔立ちに整い「安定した演技」を披露する”名女優”へと成長したのでしょう。

そんな”名女優”の美人さんであるが故に以前、良からぬ”騒動”が勃発しておりましたね!

それは人気男性アイドルグループ(ジャニタレ)”Hey!Say!JUMP”のメンバー「中島裕翔」氏との
“熱愛”が報じられたことです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

この”情報源”は芸能誌が報じたことから”噂”が広まったもので、2016年4月頃に吉田羊さんの
自宅マンションへ”中島裕翔”氏が頻繁に出入りをしている!と報じられ「年齢差”20歳”の
カップルが誕生!?」と題されて話題となっていたのです。

ただ、アイドルの中島裕翔氏を”推す”ファン達からは「写真の人物と身長差が合わない!
服のセンスがダサ過ぎる!そもそも年齢差が!」などの理由から、この報道は”デマ”であり
“別人”であると強く訴えておりましたね。

二人の馴れ初めは、行きつけのバーの”オーナー”を介して知り合ったそうで、そこから
食事を共にするほどの”仲”に発展したそうです。

しかし両名(特にジャニーズ事務所側)の所属事務所によると”役者仲間であり仕事の相談を
受けていただけで交際の事実は無い!”と強く否定していたのです。

ところが、元から吉田羊さんは”年下好き”であることが有名で、一方の中島裕翔氏は
“年上好き”であったことをファン達が知っており、その証拠として以前”女優”の
「水川あさみ」さんとの”熱愛報道”がされたことがあるのです。

そのため”信憑性が高い!”と思ったファン達が相当”警戒”したらしく、ご本人ではないとの
情報をSNS(ツイッター)上で”知ら占めて”いたのです。

引用元【ツイッター(017ry__59l)】

しかし、あまにりも”年齢差”があることや中島裕翔氏がアイドルとして売り出し中であり、
さらにこの時の”熱愛報道”が続かなかったことから、話題性が欠け一挙に沈静化されました。
(但し、事務所側が揉み消した可能もありますが…)

なので若い頃から”人気”があり”ルックス”もイケていた吉田羊さんはだいぶ離れた年齢の
“異性”からも好まれておかしくない女性!であることを証明した”熱愛ネタ”となったようです。
(“事実”であれば!ですが・・・?)


スポンサードリンク


◇ 吉田羊さんのプロフィール

本名
吉田 羊右子
読み
よしだ ようこ
生年月日
1974年2月3日
仕事
女優・声優
出身地
福岡県久留米市
所属事務所
元ORANKU
血液型
O型