【まさに!】日本を代表する「カメレオン女優」の名に相応しい、”色取り取り”の役柄を熟す「名女優」であり!各局ドラマから引っ張りだこの”人気ぶり”を見せている女優の「吉高由里子」さん。

何やら?最近、以前から”親交”のある!女性お笑いコンビ「ハリセンボン」で”ツッコミ”を担当している「近藤春菜」さんから、意表を突く”イタズラ”を受けたとして話題を呼んだ模様です。

・・・とは言っても、その”情報”をもたらしたのは!ご本人(吉高由里子)では無く!近藤春菜さんが、ご自身の公式SNS(ブログ)の投稿記事で明らかにされたモノなのです。

その”ブログ”によると、テレビ局の”楽屋”でお互いに「隣通しになった」らしく!実際には「会えなかったけどうれしいうれしい…など」とコメントを綴りながら、親友の”証”でもある(笑;)「イタズラを決行された動画と画像」を公開されたのです。





もちろん、すぐに分かる”レベル”の「イタズラに抑えた」モノのであり!それでも”お互い”の「仲の良さが伝わるサプライズ」に挑戦されたらしく!最近、芸能界で続いている暗いニュース(痛ましい自殺)を払拭するような「明るいニュース」を届けた形です。

その気になる”芸能界の親友たち”を含めて、吉高由里子さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(yurikoyoshitaka_fan)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 実家がヤバいとは?
・ 熱愛彼氏とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


吉高由里子さんは1988年7月22日生まれの32歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、吉高由里子さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の東京都にある”世田谷区立東深沢小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼少期から、今と変わらずに(笑;)「ちょっと変わった部分がある少女であった」らしく!幼稚園時代から既に、”保育士の先生”に「初恋を抱いていた」そうです。

【しかも!】その先生の「足の指の毛」を抜くのが大好きで、恐らく!”近づきたい”がための「口実として」そのような行為に至っていたのでしょう。

また、その当時から既に「霊感に目覚めていた」らしく!”女の子”の「子供の霊と仲良くしていた」そうです。

【さらに!】その”仲の良さ”を生かして、部屋の”スイッチ類”を勝手に付けさせたり!翌朝の”モーニングコール”までも、頼んでいたそうです。(笑;)

小学校時代に入ると、周りの”生徒たち”から「魚の死んだ目のような顔をしている…など」と馬鹿にされて、”軽いイジメ”を受けていたそうです。

但し、その当時から!今と変わらずに、”エクボ”の似合う「可愛らしいルックスであった」ことは間違いなく、死んで見えたのは”目”だけであり!全体的には、近所でも”評判”の「美少女」であった模様です。

また、

“自宅”では「コンビニエンスストア(セブンイレブン)」を営んでいるそうですが!そこで働いてる従業員の「お客の接待に対する変貌ぶり」を見て、幼心に!人間の”本心(裏表)”に衝撃を覚えたことから「人間不信に陥った」そうです。

ちなみに、現在ではスッカリ「有名な話」となりましたが!吉高由里子さんのご自宅兼ショップである”コンビニエンスストア(セブンイレブン)”とは、東京世田谷区にある「世田谷日体大店」です。





そのため、学校では「友だちがほとんど居なかった」らしく!”独り”でいる時間が多かった模様です。

また、独りで居る時は!”ナメクジ”に塩を掛けて「縮まる(溶ける)」のを楽しんだり!一般家庭の”呼び出し音”をイタズラして「ピンポンダッシュ」を行ったりしたそうですが、ある時!全力で逃げた際に「車に引かれた経験」があるそうです。(笑;)

学校以外では、”水泳”や”新体操”などの運動を行ったり、”そろばん塾”に通ったりと!多くの「習い事」を受けていたそうです。

小学校六年生になると、元から”ルックス”が良かった事と!下級生の”面倒見”が良かった事が、たまたま小学校に訪れた”詩人”で”写真家”の「銀色夏生」さんの目に止まり【なんと!】吉高由里子さんの自宅へ「写真を撮らせて欲しい…」との”手紙”でアポイントを取ったらしく!それに応じた”少女”は、たくさんの「写真を提供された」とのことです。

ちなみに、その時に”撮影”された一部のシーンは!”銀色夏生”さんが2001年度に手掛けた詩集「バイバイまたね」に収められているそうです。


引用元【ツイッター(ストロベリーパフェ )】

なので、吉高由里子さんの”ファンたち”の間では!幼い頃の”彼女”を知ることのできる「プレミアムな一冊」として、取り扱われているそうです。

学校では、あまり”冴なかった”小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”世田谷区立深沢中学校”にご入学されました。

中学校時代に入ると【さらに!】”可愛らしさ”に磨きが掛かり!元から「近所でも評判の少女であった」こともあり、相当!”モテた”そうです。

その時の”様子”が窺えるをプリクラを、後にご自身の公式SNS(ツイッター)で公開されております。↓↓↓


引用元【ツイッター(吉高由里子 )】

“見た目”の通り、当時は若干「ギャルぽい雰囲気を醸し出している」ことが理解できますが、それも!そのはず!!【なんと!】”遊び場”は「渋谷がメインであった」とのことです。

また、”隣”に映っている人物が気になるとこですが!残念ながら”女性”であり「彼氏では無い」そうです。(笑;)

“順風満帆”な中学時代を送ってた!と思いきや【実は!】中学校の”卒業”を向かえた頃に、”両親”が「離婚をされた」ことから、その後は”父親”に引き取られ、精神的に相当!「厳しい生活」を強いられていたそうです。

ちなみに、同じ”学年(同級生)”には!後に”モデル”として活躍されるタレントの「豊田エリー」さんが居るそうです。


引用元【インスタグラム(ellie_toyota)】

”思春期”を向かえ「精神的に不安定な時期」に突入していた最中【突如!】”両親”の「離婚に遭遇」された中学時代を終えると、高校も地元の東京都にある”都立深沢高校”にご入学されました。

この高等学校の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

高校時代に入ると、既に両親が”離婚”をされ「父親に引き取られていた」関係で!ご自宅の”コンビニエンスストア(セブンイレブン)”を手伝う様になり始めますが、”店頭”に立ち始めると常連のお客から「可愛い子がコンビニでバイトしている…など」と噂が広まり!”同世代”の若い学生たちが、急激に増えたそうです。

高校一年生の時に、”遊び場”の一つであった東京原宿で”買い物”を行っていた際に!芸能事務所からの”スカウト”を受けて、そのまま!その当時の事務所(ウィルコーポレーション)に所属する事となります。

その際に、”スカウト”を受けた担当者が「女性であった」ことから!”警戒心”が薄れ、言うがままに事務所入に応じたそうです。

また、その当時に所属した芸能事務所は!後に、現在所属している事務所の”アミューズ”と「吸収合併された」ことから、そのまま”アミューズ”に所属する形となります。

芸能事務所に所属されると、”最初の仕事”となったのが!ゲーム会社でお馴染みの「バンダイナムコ」が手掛けていた”企業CM”への出演であり!最新ゲーム「ゼノサーガII」のCMにて、自身初となる「芸能界デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(翠桜?? )】

【さらに!】立て続けに、コーヒーメーカでお馴染みの「ネスレ」が手掛けていた企業CM「キットカットウェブCM “帰宅”篇」に出演されて、順調に「芸能界の道」へと進み始めました。

その後、高校一年生の終わり頃から公開された映画「ZOO『SEVEN ROOMS』」に出演されて、自身初となる「女優デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(kina?? )】

高校二年生になると、自宅の家業(セブンイレブン)を手伝う傍ら!非常に好んでいた”焼肉屋”の味を「探求するために」と、その店で”アルバイト”を行ったそうです。

但し、既に”芸能活動”を行っていたことから!然程、長くは勤めていないと思われます。

また、”芸能活動”によって「前向きな気質(性格)に変わった」のか?その頃に、同じ学校に通っていた”男子生徒”へ!自身の”誕生日”に、勇気を振り絞って「夕日の綺麗な放課後に自ら告白をした」そうです。

しかし、残念ながら「友だちにしか思えない…」との理由から!”返り討ち(振られた)”に合ったことを、後に語っております。

それが、ご自身の”人生観”に「変化を与えたのか」までは定かでありませんが、同じ頃に!より「芸能活動を盛んにしたい」との思いから「通信制の高等学校」へと”編入”をされます。

残念ながら、編入先の”所在地”や”学校名”などは分かっておりませんが!”全日制課程”から「通信制過程」へと変えた上で、芸能活動に慢心する様になります。

芸能活動を本格的に取り組み始めた、高校三年生の”年”に!”映画監督”や人気テレビドラマの”脚本家”としてお馴染みの「園子温」監督が手掛けた作品「紀子の食卓」に出演されて、その年に行われた日本映画の”祭典”の一つ「ヨコハマ映画祭」において、この映画での”演技”が認められ!自身初となる「最優秀新人賞」を獲得されました。


引用元【ツイッター(ながみ )】

”芸能活動”を本格的にスタートさせた高校時代を終えると、大学には進学をせずに”社会人”となり【さらに!】芸能活動に専念するようになります。

もちろん、高校時代から「通信制の学校に編入した」ことから!”芸能活動一本”に絞っていた様子が窺えますので、当初から”大学進学”は「考えていたかった」のでしょう。

「一般の高校」の”ご卒業時期”と同じ年(2007年度)に行われた”ある映画”のオーディションに参加をされて、見事!「主演の座」を手に入れました。

その映画とは、後の2008年9月から公開された映画「蛇にピアス」であり!この映画の”大ヒット”共に、ご自身の”知名度”も一挙に広まったことから「大ブレイク」を果たします。

【ところが!】この映画での”主演”が決まった頃に【なんと!】”交通事故”に遭遇をされており!”顎の骨”を折るなどの「大惨事に見舞われた」のです。

【すると!】医師の”診断”では「全治六ヶ月の大けが」であることが伝えられますが、どうしても「この映画に出たい思いが強かった」らしく、誰もが予想をしていなかった!驚異の”治療期間”僅か「一ヶ月間だけで現場復帰」をされたのです。

その出来事がキッカケで、ご自身の中での「女優業(芸能活動)に対する考え方」に変化(転機)が生じたそうでうす。

その後は、順調に!”話題作”ドラマや”名作”ドラマに恵まれながら、”女優”としての活躍ぶりを見せながら!”役者”としての「キャリア」を積んで行きます。


引用元【インスタグラム(yurikoyoshitaka_fan)】


スポンサードリンク


◇ 実家がヤバいとは?


今ではスッカリ”有名な話”となった、吉高由里子さんの「ご実家情報」ですが!ご周知の通り、コンビニ大手「セブンイレブン」の”チェーン店”である「日本体育大学店」でオーナーを務めているのが、ご自身の”父親”です。

つまり、ご実家が「コンビニエンスストア(セブンイレブン)」なのです。



【実は!】この”情報”は「意外なところから判明した」ことでも有名であり!通常は、友人や知人!あるいは、周囲の関係者などの!僅かでも「縁のある人物」が、”SNS”などのメディアを介して「情報流出されるケースが多い」中で【なんと!】ご本人とは、全く”無縁”の「テレビ番組のディレクター」によって暴露されたのです。

その時に、扱われた”SNS”とは「ツイッター」でしたが!投稿された”呟き”の中で、吉高由里子さんの”実家”が「セブンイレブン」であることを明らかにされたのです。



昨日は、久しぶりに以前、住んでいた世田谷区の深沢不動の前を通った。この交差点のところにあるのは、早瀬由里子こと、今は大女優の吉高由里子の実家のセブンイレブン日体大店。昔、吉高もレジに、たまに立っていたなあ。懐かしいなあ。


【なんと!】この”呟き”の中には、”非公開”とされていた吉高由里子さんの「本名」が明らかとされており【さらに!】具体的な”ご実家”の場所!あるいは、”早瀬由里子”時代に「コンビニの店頭に立っていたこと」などの、滅多に知り得ない「貴重な情報」が含まれていたことから、その当時!大いに話題となったのです。

また、この”ディレクター”は!担当していたドラマ番組への「出演オファー」のために、吉高由里子さん側に”コンタクト”を取ったのですが!残念ながら”スケジュール”が合わずに「断られた」ことから、その時の”思い”や昔の”記憶”などを「ツイッターを通して呟いた」のです。

この”暴露”によって、今まだ「伏せていた(非公開であった)」タレントの吉高由里子さん情報が、オープンとなってしまったのです。

その後、”事務所対応”が入らなかったところを見ると!恐らく、ご本人も”諦めた(認めた)”のでしょう。


引用元【インスタグラム(yurikoyoshitaka_fan)】


スポンサードリンク


◇ 熱愛彼氏とは?


“透明感”のある「演技力」や、若干!手に負えない”不思議ちゃんキャラ”が「魅力的」な女優の吉高由里子さんですが、高校三年生の”CMデビュー”以来【さすがに!】芸歴”15年”となると、複数の”色恋の噂”も伝えられて来ました。

ご本人も、好きな”男性のタイプ”として「ご飯を食べることが好きな男性」と語っているので!基本的に「男子を食べたい心理」を持っているはずです。

また、その”理由”として「食の好みが合えば仲良くできそうな気がする」と語っている以上!恐らく、好みさえ合えば”どんな男性”でも「幅広く見れる意思(視野)を持っている」ことを、明らかにされているので、その意味でも「男食いの気質(心理)」を兼ね備えているはずです。

それを踏まえた上で、今までに「噂れたタレントたち」の中でも!特に”信憑性”の高い男性として注目が集まったのが俳優の「玉木宏」氏です。


引用元【ツイッター(ゆゆ )】

【実は!】この二人、2009年にTBS系列で放送されたドラマ「ラブ・シャッフル」にて”共演”を果たしており、それがキッカケで「交際に至った」と噂されたのです。

また、その当時は既に!”人気芸能誌”としてお馴染みの「女性セブン」から”スクープ情報”として報じたれており、複数名による会食(炭火ダイニングバー)に出向いた時に!この二人は、周りとは掛け離れた「雰囲気で接していた」とのことです。

つまり、”オープンデート”を行っている!として、芸能誌が受け止めた反応を見せたのです。

【しかも!】同年には、二人で「みちのくデート」ならぬ!青森県八戸に「旅行に出向いた…など」と報じられており、地元での”ショッピング”や海産物の”試食”【さらに!】地元の食材を使った「料理」などを、多能された模様です。

この”旅行デート”が発覚した段階で、交際期間は”二ヶ月”と報じられており!恐らく、二人が共演をされたドラマ(ラブ・シャッフル)の”撮影”は、既に「クランクアップを向かえていた」と考えられます。

なので、その”慰労”の意味を込めて「二人だけの旅行」を決行されたのでしょう。

【さらに!】当事者である”玉木宏氏”も、二人の関係について「共演させて頂いてから、すごく仲良くさせてもらっていることは事実です…など」と、語ったそうです。

【ところが!】その時期は、二人の”人気”は上昇傾向にあり!そのため、仕事が「多忙であったことも要因」となり、”すれ違い”の時間が重なったことから!約”一年間”で「破局した」と報じられました。

【しかも!】吉高由里子さんには「新たな恋人が出来た…など」と報じられて【まるで!】吉高由里子さんが原因で「二人の関係が終わった・・・」的な、報じられ方をされたのです。

いずれにしても、相変わらず!人気俳優同士の”恋愛”は「成就しない傾向にある」ことを!改めて痛感させる”噂”でした。


それと、もう一人!”信憑性”の高い男性として注目が集まったのが俳優の「生田斗真」氏です。


引用元【インスタグラム(tomaikuta.ai)】

生田斗真氏と言えば、2010年に女優の「清野菜名」さんと”ご結婚”をされて話題となりました。

二人は、2015年1月からTBS系列で放送されたドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義」で”共演”を果たしたことがキッカケとなり、そこから”約五年”の「交際期間を経て、ご結婚まで辿り着いた」のです。


引用元【インスタグラム(tomaikuta.ai)】

なので、もちろん!吉高由里子さんとの”噂”が立ったのは、それ以前の2012年頃でした。

こちらも、”週刊誌”による「報道で熱愛の疑惑が噂された」のですが!2012年3月から公開された映画「僕等がいた 前・後篇」で共演を果たしており、それがキッカケで「交際に至った」とのことでした。


引用元【ツイッター(??????? ?? )】

この映画では、吉高由里子さんの「可愛い制服姿」でも話題を呼びましたが!二人の「仲睦まじい様子」に感化されたファンたちの間でも”噂”が広まり、それを”後押し”するように大手芸能誌でも「熱愛を報じた」ことから【より一層】”信憑性”が増したのです。

報道によれば、映画(僕等がいた)に出演された”キャスティング陣”の「男女六名」で!朝まで”ダーツ”や”カラオケ”を楽しんでいたらしく!その際に、”早朝際”のカラオケ店から出てきた”吉高由里子”さんと”生田斗真”氏が【まさに!】”映画”を彷彿とさせる「手をつないだカップル姿で登場した」とのことです。


引用元【ツイッター(みきママ )】

但し、所詮は「大勢でのカップルデート」であり【しかも!】他の”スタッフ”も「同行していた」ことが!後に明らかとなったことから、一挙!に”信憑性”を失いました。

また、”当事者”である吉高由里子さんが語ったコメントによれば「朝まで飲んだ勢いで”開放的”になったことで手をつないだ」と、釈明をされたのです。

恐らく、”若い”とは言え「酒を浴びながら徹夜で遊んでいた」のですから、相当!頭が”ハイ”になっていたのでしょう。

もちろん、”スクープ写真”を取られた以上「言い逃れは出来ない」ことは、今でもありません。

しかし、既に!”生田斗真”氏が「結婚を果たされた今」となっては、二人の「恋仲の履歴」よりも【寧ろ!】吉高由里子さんの「お嫁に行くタイミング」が、非常に気になるところです。


引用元【インスタグラム(yurikoyoshitaka_fan)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ CM

・ 2004年に、”ナムコ”が手がけた企業CM”ゼノサーガII”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ヌーヴ )】

◇ 映画

・ 2005年に、”東映”によって公開された映画”ZOO『SEVEN ROOMS』”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2006年に、テレビ朝日系列で放送された番組”金曜ナイトドラマ 時効警察 第6話”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(miwa?chocolat?? )】

◇ ネットドラマ

・ 2006年に、GyaO系列で放送された番組”性病先生”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2008年に、”集英社”が手がけた作品”吉高由里子写真集”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(TAD Kleb )】

◇ アニメ映画

・ 2009年に、フジテレビ系列で放送された番組”ミチコとハッチン”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2013年に、”アナ”が手がけた作品”WEST”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2015年に、”シアターコクーン”によって公開された舞台”大逆走”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(WOWOWステージ )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
早瀬 由里子
読み
はやせ ゆりこ
生年月日
1988年7月22日
仕事
女優
出身地
東京都
所属事務所
アミューズ
血液型
O型