日本のダンス&ヴォーカルユニット”AAA”で「メインヴォーカル」としてご活躍されており!個人でも”Nissy”の愛称で親しまれている俳優で歌手の「西島隆弘」氏。

何やら?最近!”喉”に違和感を覚えたらしく、都内の病院で検査を行ったところ”声帯”に「ポリープがある」ことが分かり、そのまま”除去手術”を受けたとして話題になっているご様子です。


引用元【インスタグラム(nissy24_)】

“除去”された病院までは分かっておりませんが、2019年3月から”AAA”のライブが開催された「四大ドームツアー」に出演された時に、初期段階では”喉”に「違和感を感じる程度」でしたが、そのまま熱唱し続けたところ!ツアー後半あたりから、急に「痛みに変わり始めた」らしく【さらに!】”声”が出し難い状況が続き「無理して”発声”しなければ、圧声や高音が出ない状態」まで、悪化したそうです。

そのため、ヴォーカリストとしての「最高のパフォーマンスが出来ない状態」が続くと判断されて、ドームツアー後に病院を訪れて”検査”を受けたところ、声帯から”出血”していることが確認されたようです。

検査を行った主治医によると「全治一か月の治療が必要」との診断が下り、”安静”が要求されましたが!大阪ヤンマースタジアム長居での「a-nationライブ」が控えていたこともあり、治療を一時ストップし「病状そのままの状態で無理してイベントに臨む」ことを決断された模様です。

その後、無事にイベントを終えると、急遽!都内の病院に「入院されて再度、検査を受けた」ところ!声帯に「ポリープ」が発見されて、直ぐに”除去手術”が行われたようです。

無事に手術は”成功”されて、現在は「既に退院されている模様」ですが!次回、行われる”AAA”のライブまでは「リハビリや健康管理を行いながらの安静な生活」が必要と判断されたことから、大人しく「療養を生活」を送っている模様です。

何はともあれ!日本を代表する「美声を持ったヴォーカル」であるだけに!大事に至らなくて本当に良かったです。

その気にある”喉”の「ポリープ除去手術」に成功された、”美声”の持ち主「西島隆弘」氏について紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ メガネやサングラス美男とは?
・ 彼女とは?
・ 性格悪いとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


西島隆弘氏は1986年9月30日生まれの33歳(2020年)で、ご出身は「北海道」です。

ご出身の”北海道”にあるご自宅で、ご両親と姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、西島隆弘氏も(北海道)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、中学校は地元の札幌市にある”札幌市立八軒中学校”に通っていたので、恐らく!小学校も地元にある”札幌市立八軒小学校”にご入学されたはずです。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”姉”がいて、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

幼少期から”水泳教室”に通っていたらしくスポーツが得意な”お子さん”だったようです。


引用元【ツイッター(Kyoko)】

また、時間があると”祖父”の自宅に遊びに行っていたらしく!祖父宅にあった”カラオケ”で、当時!大好きだった「田原俊彦」氏の歌を熱唱して、家族を盛り上げていたようです。

たまに、ふざけて!”姉”の机の上に登り「田原俊彦」氏の”振り付けモノマネ”をしながら、勉強の邪魔をしていたようです。

その時から”登る”ことに興味があったのか?学生時代は「登山をすることが大好きな少年」であったご様子です。

小学時代は【かなり!】”お調子者”のキャラであったらしく!”担任”の先生や”同級生”を笑わせるのが好きな子供で、たまに!羽目を外して怒られることもあったようです。

また、”冬季間”になると!学校の廊下で「雪合戦を行い担任に叱られたことがある」ようですが、それだけ「人気者のキャラとして親しまれていた」ことを物語っていたのです。

その一方では、生まれた時から「可愛いお顔立ち」をしていたことから、学年の”女子たち”からモテモテであり!”バレンタイン時期”には【なんと!】段ボール一箱分のチョコレートを、貰ったことがあるようです。

また、”田舎”の小学校であったことから!”高学年”になると、学校内中の人気者となり!”生徒会長”に選ばれるほどの人気を集めていたようです。

小学生時代を終えると、中学校は地元にある”札幌市立八軒中学校”にご入学されました。

中学時代は、主に”スポーツ”が得意な少年であり!部活動は”陸上部”と”バレーボール部”を「かけ持ちして活動していた」そうで、”大会”が重なると!どちらに参加するか迷うことがあったそうです。

どこの”都道府県”でも言えることですが、中学・高校のスポーツ競技は「県・市・町」”単位”で行われるために「タイミング重なるのが普通」であり、”個人”競技の場合!かけ持ちしてのエントリーは、相当!困難であることから、大変な事態に追い込まれるケースが多いです。

競技を掛け持ちしなければならない状況から見ても!中学時代でも「人気が衰えずにいた」ことは明らかであり【やはり!】小学時代同様に!”生徒会”の「会長」に選ばれたそうです。

中学校二年生になると、”音楽”に興味を持ち初め!”アコースティックギター”にハマっていたらしく、たまに地元の”路上”に出て「路上ライブにチャレンジしていた」とのことです。

【すると!】同じ様に、路上で”ブレイクダンス”をしていた集団と出会い、その勢いに”魅了”されて路線変更をしたらしく!”ダンス”のパフォーマーに挑戦し始めます。

その”ダンス・パフォーマンス”は、地元で徐々に有名になって行き!北海道に本部を構える大手芸能養成スクールの「アクターズスタジオ北海道本部校」から、”スカウト”を受けたらしく!そのまま同校に入学されたようです。

そのため、学校では”かけ持ち”をしていた”部活”がありながらも!通いながら勉強を行い【さらに!】アフターズスクールにも通い!”ダンス”に本気で取り組んでいたそうです。

中学三年生になると、”文芸両道”の生活が慣れて来たのか?学校の”応援団”にも入部され【なんと!】”団長”を務めていたそうです。

そのため、中学校時代は「生徒会の会長・応援団長・部活動の兼任・ギターが弾ける・ダンサー…など」を、匠に熟していたことから【かなり!】「目立つ存在であった」ことが分かりますが、そのため、中学時代も女生徒から人気が高く!卒業式の時には「下級生の女生徒たち」から学生服の”ボタン”を全て取られ【さらに!】上半身の全てが盗られたことから、残った”ズボンのみ”で帰宅したそうです。

その後、無事に中学校をご卒業されると、高校も地元の札幌市にある”北海道札幌工業高等学校”の「建築科」にご入学されました。

もちろん、”アクターズスタジオ”も続けており!”ダンス”に磨きを掛けていた高校二年生の時に、同スクールに通っていた生徒の中から「栃山剛」氏「矢島博明」氏「北村和也」氏「松島洋平」氏の5人で結成されたユニット「Japs」のメンバーに選ばれ「男性ヴォーカルユニット」として、芸能活動をスタートさせます。

また、後に兄弟ユニットの「Japs-jr」も、誕生しました。

「Japs」の活動が本格化すると!同年9月には、1stシングル「プレシャスラヴ/止まらナイ」をリリースされて「歌手デビュー」を飾りました。

【すると!】翌年(2004年)2月に開催された”アクターズスタジオ”が主催するライブイベント「ACKEN RECORD」に”個人”で参加されて、単独で「EXILE」の楽曲を熱唱すると!会場からの注目を大きく集めたのです。

その後「”ソロ”活動の方が自身に合っている」と判断されたらしく!3月になると、加入していたユニットの「Japs」から”脱退”をされます。

以前に受けていた、大手レコード会社の「エイベックス」が主催していた”オーディション”に「合格”を果たしていた」こともあり!高校三年生の時に、通っていた”工業高等学校”から「東京の通信制の高等学校」へと”転校”をされて、そのまま「上京」を果たします。

その後、”通信制の高校”をご卒業されると「芸能活動を本格的にスタート」させて!2005年頃に、現在の所属事務所である「エイベックス」によって、男女8人の混合ダンス・ヴォーカルユニット「AAA]が結成されます。

“AAA”の結成後、直ぐに1stシングル「BLOOD on FIRE」で「メジャーデビュー」を飾ると、当時のダンス・ヴォーカルユニットとしては「大勢の男女混合グループは珍しかった」ことが功を奏して!直ぐに人気が上昇すると、同年に行われた”日本レコード大賞”で「新人賞を受賞」され、その勢いのまま「日本武道館ライブ」も決行したのです。

【しかも!】年末開催されている恒例の「NHK紅白歌合戦」に、先輩であり同じ事務所所属の歌手「鈴木亜美」さんの出演が決まっていたことから、その「バックダンサー」として!他のダンサーと共に、紅白「初出演」を飾りました。

その後は、”AAA”としての音楽活動をメインに【さらに!】”個人”での仕事も熟すようになり「舞台・テレビ・ドラマ・映画・CM…など」に出演されて、”役者”として活動される時は「主演デビュー」も飾ったり!仕事に追われる毎日を、送るようになります。

特に!”ミュージカル”には「昔から強い憧れがあった」らしく、「舞台デビュー」の前に!アメリカのニューヨークに「二週間ほど滞在していた経験」があったことで、連日!本場の”劇場”に足を運び、”舞台”の勉強に励でいたそうです。

そのため、”AAA”の人気が低迷期に入ると!同様に”個人”の人気も低迷し始めた頃、”鬼監督”として超有名であった”演出家”の「蜷川幸雄」先生から”オファー”を頂いたらしく「役者に興味を持っていた」ことから、”厳しいレッスン”と分かりつつも!舞台稽古に臨んだご様子です。

元から「負けず嫌いな性格」であったことから!”蜷川先生”とは「何度もぶつかって、厳しい”ダメ出し”に耐えながら続けた」ことで!先生の言うことには、真面目に”耳を向けて”いたことから、徐々に”演技”が上達し「先生から褒められるほどの実力を身に着けた」らしく、同じ”役者仲間”からも「信頼される存在」へと成長されて行きます。

つまり、この頃になると!立派な「蜷川ファミリーの一員」となっていたのです。

その後は、”ソロ”での活動が目立ち始めて「ソロシンガー・舞台・バラエティー番組…など」に出演されながら【さらに!】人気を集めて行ます。


スポンサードリンク


◇ メガネやサングラス美男とは?


【実は!】西島隆弘氏は「メガネに超ハマっている」らしく!”メガネコレクター”として有名なのです。

また、そのことは「眼鏡業界でも有名な話し」らしく!2015年に、ご自身の出身地である”北海道札幌市”に本社を構える「株式会社メガネのプリンス」の企業CMに、起用されたことがあります。

この企業CMでは「メガネ選び篇」と「お出掛け前篇」の二作品が設けられ!”イケメン”のルックスにメガネを着用した「軽快な身の熟しを披露」されて、同社のメガネをアピールされております。

その”CM”が放送されると、一挙に!”AAA”のファンや”個人”のファンたちから「西島隆弘氏と”メガネ”との関係性」が強くなり!ご自身もメガネを着用しての”メディア出演”が、増え始めて行くのです。

【すると!】メガネの”イメージ”が定着し始めて!”眼鏡業界”にも広く浸透したことから、2019年度に行われた!メガネの祭典として有名な「日本メガネ・ベストドレッサー賞」の部門の中で、”サングラス部門”を受賞されました。

この”サングラス部門”とは、その年度内で「メガネが一番似合っていた人物に送られる賞」であり!メガネ業界の関係者の中で選出され、一番”支持”を集めた人に送られる”賞”なのです。

西島隆弘氏は、ご自身の”デジタルコンテンツ”を使って「メガネ姿を披露」されたり!ミュージックビデオで「サングラスを着用した姿で撮影に臨んだり」されて、大いに!メガネをアピールされておりました。

その”貢献度”が評価されて!メガネ業界からの”賞”につながったのでしょう。


引用元【ツイッター(NissyStaff)】

また、この”受賞”を記念して!同年7月31日から”数量限定”で、西島隆弘氏(Nissy)による”オリジナルブランド”の「メガネやサングラスの製品」がリリースされました。

この製品は「男女兼用の部分」が特徴的であり!デザインは少し”大き目”に設定されており、どんなシーンでも着用できるような「かけやすいスタイルが魅力的」とのことです。

但し、”度”が入っておりませんので「近老眼者向け」ではありません。


引用元【ツイッター(wwschannel)】


スポンサードリンク


◇ 彼女とは?


最近!”ソロ”での活動が増えている「Nissy」さんですが、そろそろ「恋愛ネタが伝えられても、おかしくない年齢」なのに!今だに「浮いた話」が聞こえて来ません。

現在の”恋愛状況”が「どのようになっているのか」は、定かでありませんが!以前、”喉”の治療のために「しばらくの間、自宅で安静にしていた時期」があり!もしも、”彼女”が居たのなら!寄り添って回復に向けて協力された”パートナー”がいても、おかしくはなかったはずです。

そんな「Nissy」さんですが、以前に!”囁かれた”女性たちが数名おりますが、何れも「その真相は闇の中に消えた女性たち」が、ほとんどでした。


その① ファッションモデルでタレントの「ダレノガレ明美」さんです。


引用元【インスタグラム(darenogare)】

【実は!】”ダレノガレ明美”は、以前から”AAA”の大ファンであり!もちろん、メンバー”個人”ではなく「AAAじたいが好きであった」とのことで【なんと!】”メンバー入り”をしたいがために!所属事務所に「履歴書を送った過去がある」ようです。

メンバー入を希望した理由として、ご自身の名前にある「A」が”グループ名”に入っていることや!AAAの楽曲「ハリケーンリリ、ボストン・マリ」を、非常に気に入っていたから!とのことです。

2015年2月に、「TOKYO DOME CITY HALL」で行われた映画の”プレミア試写会”では【なんと!】ダレノガレ明美さんとAAAとの”共演”が実現されて、ちょうどその時は「バレンタインデーの期間」であったことから、トークの中で”チョコネタ”に触れられたらしく「大好きなAAAにチョコを渡そうか悩んでいる…など」と、話したようです。

【すると!】それを聞いていたAAAの”ファンたち”の間から「誰に渡すか?本命か?義理か?」などの話が持ち上がると、その矛先が!メンバー内で大きく人気を集めていた、メインヴォーカルを担当する「Nissy」へと向かい「思わぬ疑惑が浮上してしまった」のです。

しかし、ダレノガレ明美は!”個人”ではなく「AAAのグループが好きであった」ことから、ご本人としては「チョコの行き先はメンバー全員(女性含む)」と考えていたに違いありません。

なので「Nissy」さんと「交際している事実」は無く!バレンタインデーが招いた”誤解”に過ぎなかったのです。

【寧ろ!】メンバー内なら!こちらの方が怪しいでしょう。↓↓↓


引用元【ツイッター(ダレノガレ明美)】




その② 若手女優No1の「有村架純」さんです。


引用元【インスタグラム(kasumi_arimura.official)】

有村架純さんとは、2016年1月からフジテレビ系列で放送された!お馴染み”月9”時間帯のテレビドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で”共演”をされておられます。

このドラマでは、有村架純さんが”主演”を務めて!グループ企業の御曹司である”井吹朝陽”役を西島隆弘氏が演じており、あまりにも「熱愛シーンが多かった」ことから!それを見ていた「両名のファンたちの嫉妬を買った」らしく、現実の”恋愛話”へと発展してしまったのです。



引用元【ツイッター(NAVERまとめ)】

【さらに!】悪いことに!このテレビドラマでの「二人のシーンが好評価を得てしまった」ことから!西島隆弘の次回の作品で予定されていた「Nissy名義」の6枚目の楽曲「まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL」のPVに【なんと!】有村架純さんの出演が決まったことから【さらに!】ファンたちの間で「熱愛の印象を強く寝付けた」のです。


引用元【ツイッター(有村架純応援垢)】

但し、ファンたちの間やネット界では「大いに盛り上った」モノの、主要な”芸能メディア”などからは一切!”スクープネタ”にされることも無く【さらに!】マイナーな”スポーツ誌”からも、特に”ネタ扱い”も受けずに「自然な形で噂が消え去っていった」のです。

なので「その後の恋の行方」は、誰にも分かっておりません。


そして、”一番本命”に近い!と言われ続けていた!同じグループの「宇野実彩子」さんです。


引用元【インスタグラム(misako_uno_aaa)】

同じ”グループ”で活動をする以上!一番近い存在の女性であり、同じメイン・ヴォーカリストとしてご活躍されたことも、何度もあります。

以前は、度々!「週刊誌でネタに取り沙汰されたことが何度もある」のですが、二人の”プライベート”な部分は誰も知らず!”噂”が立っても直ぐに消え、そして「仲の良い二人が登場するとまたネタになり…」を、繰り返したのです。

つまり「火のない所に煙は立たぬ」ではありませんが(笑;)、メンバー以上の関係に「陥ることは無かった」のです。

そもそも!二人共は、”ファンたち”なら良く理解しておりますが、以前から「恋愛感情が無いことをハッキリと伝えていた」らしく、西島隆弘氏は「女性としてみていない!」、宇野ちゃんは「メンバーは恋愛対象にならない!」等と、発言していたのです。

確かに、仕事で「二人の仲の良い姿は見たことがある」のですが「ラブラブで居るシーン」は、見たことがないような気がします。


引用元【ツイッター(risa)】

ファンたちの間では、この二人を「たかうの(隆&宇野)の愛称」で親しんでおり!それだけに「仲の良さは”ビジネス”であることを理解している」のです。

なので「恋愛に発展することは決してない」と分かっているだけに!安心して二人の”ファン”を続けていられる訳です。


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
ダレノガレ明美の話|実名福住明美|猫好き|兄は福住龍司|中高大学
ファッションモデルや、最近ではタレント業(毒舌)をメインに活躍されているブラジル生まれの…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/woman_talent/darenogare_akemi/

ダレノガレ明美の話|インスタでボランティアする尻フェチの人魚
ファッションモデル出身の”ハーフ”タレントで、”クール”なイメージがありつつも若干!”天然”混じりの「おバカキャラ」で、何かと世間をザワつかせる女性モデルの「ダ…
https://www.restcma01.com/material_talk/instu_woman_model/darenogare_akemi_ina/

有村架純の話|インスタで艶肌メイク術と顎ホクロが魅力
最近!メッキリ!!「大人の魅力」を醸し出すようになり、女優として「風格」さえ感じさせる”実力派女優”の「有村架純」さん!…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/instu_actress/arimura_kasumi_ina/



スポンサードリンク


◇ 性格悪いとは?


以前の、ダンス&ヴォーカルユニット”AAA”は!男女混合グループであるため「悪かれ!良かれ!一人ひとりの”個性”が目立つことが多かった」のです。

その中でも、特に!メインで活躍している”西島隆弘”氏や、「紅一点」の”宇野実彩子”さんに注目が集まり易く!メディアに出演すると「トークが多く迫られるケース」があるため、人の”受け止め方”によっては「性格が悪いような発言」をする”割合”が、他のメンバーに比べて高いのです。

もちろん、西島隆弘氏も”人間”なのですから!時には”不機嫌”なこともあるはずで【さらに!】プライベートにまで踏み込まれば「アーティストなので一般人とは違った感覚・感性を持っている」ことから、場面によっては「暴言と受け止められる発言」を、発することもあるでしょう。

但し、一方では!人気男性アーティストとしては珍しい「天然キャラの部分も兼ね備えている」ことから、たまに「お惚けた」間違いや「勘違い発言」などを繰り出して!周囲の”笑い”を誘うケースも多いのです。↓↓↓

・ 自由の女神 ⇒ 勝利の女神
・ 安全運転 ⇒ 運全安転
・ シュークリームの生地 ⇒ シュークリームの聖地
・ オーケストラに入って歌いたい
・ ヨーロッパという国
・ 太陽は西から昇る
・ 泣きもろい

・・・その他多数!


話す度に、”名言”を放つことから!ファンやメンバー間では「西島語録」と呼ばれているそうです。

ご自身でも語られておりますが、元から西島隆弘氏の”気質(性格)”は「基本!ネガティブで短気、しかも頑固」とのことなので、人によっては「気嫌いされるタイプ」と思われても仕方がないのでしょう。

【しかも!】血液型が、おおらかな”O型”なのに!見た目の”性格”は「ドS」の態度を取っていることから、その”アンマッチ”した部分から「おかしな発言を招いている」可能性が否めません。

なので、たまに”ボケキャラ”を噛ますことを理解した上で!ある程度の「暴言と感じられる言動」には、大きな”心”で対応して行きましょう。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2007年に、テレビ東京系列で放送された番組”音時間”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(macco )】

◇ テレビドラマ

・ 2007年に、テレビ東京系列で放送された番組”美味學院”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(?SssS? )】

◇ 舞台

・ 2007年に、”パルコ”によって公開された舞台”LOVE LETTERS”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(? あや ? )】

◇ PV

・ 2007年に、”奥村初音”が手がけた作品”恋、花火”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(MARIA )】

◇ 写真集

・ 2008年に、”Nissy”が手がけた作品”西島隆弘ファースト写真集 / Nissy”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(mim@AAAふりま? )】

◇ 映画

・ 2009年に、”ファントム・フィルム”によって公開された映画”愛のむきだし”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(しんのすけ )】

◇ 雑誌

・ 2009年に、”主婦と生活社”が手がけた作品”JUNON “がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(あゆ )】

◇ CM

・ 2010年に、”イトーヨーカ堂”が手がけた企業CM”セブンアンドアイ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(? )】

◇ ネットドラマ

・ 2011年に、BeeTV系列で放送された番組”湘南☆夏恋物語”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(らぷ )】

◇ アニメ映画

・ 2012年に、フジテレビ系列で放送された番組”ONE PIECE エピソードオブナミ ?航海士の涙と仲間の絆?”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(酒井直斗@青つなぎ芸人ラジオMC )】

◇ シングル

・ 2014年に、”エーベックス”が手がけた作品”どうしようか?”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(みのっぺ )】

◇ アルバム

・ 2016年に、”エーベックス”が手がけた作品”HOCUS POCUS”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(Billboard JAPAN )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
西島隆弘
読み
にしじま たかひろ
生年月日
1986年9月30日
仕事
タレント・歌手・俳優
出身地
北海道札幌市
所属事務所
エイベックス
血液型
O型