人気音楽グループ「いきものがかり」で、”ギタリスト”や”ハーモニカ”などを担当されて!グループの”発起人”としても有名な、ミュージシャンで作詞作曲も手掛ける「山下穂尊」氏。

何やら?所属グループ「いきものがかり」で”ヴォーカリスト”を務めている「吉岡聖恵」さんが、先日!一般男性との”ご結婚”を発表されたことに対して、メンバーの「水野良樹」氏と共に”祝福のコメント”を発表したとして、注目を集めたご様子です。


引用元【インスタグラム(kiyoe_yoshioka_official)】

吉岡聖恵さんの”ご結婚”の一報は、ご自身の公式SNS(インスタグラム)から届けられ【なんと!】メンバーである”山下穂尊”氏には、結婚発表の”数日前”に告げられた模様です。

そのため、”祝福”のコメントにも「このコメント出す3日ほど前に撮影のサプライズで知りました」と語り、”驚き”が隠せない様子が窺えるメッセージを届けつつ!「楽しいことも悲しいことも受け入れてまた明日へ。それぞれが素敵な人生を」と、”作詞家”らしい「奥深い意味を含めた祝福のコメント」を送った模様です。

そんな、メンバーを”祝福”する「優しい一面」を見せつつも【実は!】”裏の側面”では、様々な「顔を持つ」と呼ばれている、山下穂尊氏について紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(kiyoe_yoshioka_official)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 仰天ニュース元彼女が暴露とは?
・ 結婚して子供が居る?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


山下穂尊氏は1982年8月27日生まれの37歳(2020年)で、ご出身は「神奈川県」です。

ご出身の”神奈川県”にあるご自宅で、ご両親と妹の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、山下穂尊氏も(神奈川県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の神奈川県にある”海老名市立杉久保小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”妹”が居り、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

父親が高等学校で、”生物の教員”を行っていた関係で!”しつけ”が厳しい家庭環境に育ちましたが、ご本人は【かなり!】”元気な子供”であったご様子です。

また、”一人妹”が居りますが!兄妹仲が良く「面倒見の良い兄であった」模様です。

小学校時代には、その”元気”を生かして「サッカーにハマっていた」そうで!外で体を動かすのが大好きな少年であった一方で、クラスでは「生き物係」を担当されており!飼っていた”金魚”の面倒を見るような「心優しい面のある子供」でした。

【実は!】この「生き物係」を担当していたのが、ご自身と!後に”運命のバンド仲間”となる「水野良樹」氏であり、小学校一年生の時から既に!”面識”があったのです。

なので、現在のバンド名である”いきものがかり”とは、この時の「係名が由来」なのです。

但し「水野良樹」は、”野球部”でしたので!”スポーツ”のスタイルは違っていた模様です。

小学校の高学年頃になると、”元気な性格(心理)”から「ヤンチャな気質(性格)」へと変わり!”水野良樹”氏とは、然程!”親友”では無かったことから、他のツルンでいた「気の合う仲間たち」と”秘密基地”などを作って遊んでいた様です。

【かなり!】元気な小学時代を終えると、中学校も地元の神奈川県にある”海老名市立大谷中学校”にご入学されました。

中学校時代に入ると、”サッカー部”に入部されて!本格的に活動をスタートさせると思いきや【なんと!】”ラグビー部”に入部されて、スポーツの”路線”を変更された模様です。

また、後に”バンド”のパートナーとなる”水野良樹”氏も!この中学校に通っておりましたが、その当時は「一学年だけのクラスメイト」であったことから、”親友”のレベルでは無く!単なる「知り合い程度(声を掛け合う程度)」としての関係性でした。

なので、その当時は「遊んだ記憶がほとんど無い」と後に語っております。

中学校時代も”ヤンチャな気質(性格)”は変わること無く、既に”反抗期”を見せていたことから!他人と”違ったこと”を求めていた模様で、学校で決められていた”カバン”では無く!一人だけ「リュックサック」を背負って登校していたそうです。

【しかも!】学校の”規則”に反して、指定以外の”腕時計”をはめて登校していたことから相当!”反発精神”を見せいてた学生でした。

一方で、放課後!あるいは、部活動が終わってから”進学塾”に通っていたらしく!その時の”講師”がキッカケで「ギターを手にする機会に巡り合った」とのことです。

”反発的”な態度を示しながらも、”進学塾”で「真面目に勉強を行った」中学時代を終えると、高校も地元の神奈川県にある”県立厚木高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、通学期は一般的な”三学期制”ではなく「二学期制」を導入されているご様子です。

特徴的な事として、入試時の”偏差値”が【なんと!】「70弱」とのことで、相当な!”難関校”であると同時に、県内有数の”進学校”だけではなく!”歴史”ある「伝統校」としても有名なのです。

なので、この学校を育った”生徒たち”の中には「政治家・法律家・研究者・医師・経済学者・美術家・スポーツ選手・芸能人」などの”著名人”たちを、数多く輩出している高等学校なのです。

その意味では、山下穂尊氏が【いかに!】「学力が高かったのか」を、物語っております。

高校時代に入ると、”部活動”などには所属せずに!普通の学生生活を送っていた中で、中学校時代までは”知り合い程度”の仲であった「水野良樹」氏も、同じ”高校”の「同級生」であったことがキッカケとなり!急激にお互いの”仲”が縮まって行くのです。

【すると!】中学校一年生の時に、”意気投合”した二人は!当時、大ブレイクを飾っていた”フォークデュオ”「ゆず」をマネて、バンド名「いきものがかり」を引っさげて!”路上ライブ”を決行するようになります。

・・・とは言うモノの、この時は「音楽活動の一環」として行っていたのでは無く!女性を”ナンパ”する目的の「不純な理由」で行っていたのです(笑;)。

山下穂尊氏は、この時の”心境”について「とにかく楽しかった!初めて夢中になれるものを見つけた気がした」と、後に語っているように!これがキッカケで、充実した”学生生活”を送ることが出来たのです。

当初は、女性を”ナンパ”する目的で始めた路上ライブでしたが!その後、本格的な”音楽活動”に目覚め始めると、”ゆず”をマネた「デュオのスタイルでは限界がある」ことに気づき始めて!二人の同級生であった”友だち”からの紹介で、その妹である「吉岡聖恵」さんをバンドに加入させます。

なので、本格的な”いきものがかり”の誕生は!二人が”路上ライブ”を始めた「半年後」に結成されたと言えます。


引用元【ツイッター(ねここ )】

三人が”意気投合”するには、相当!時間が掛かった模様で、当初は”吉岡聖恵”さんの兄である同級生から!”バンド”に対して「ダメ出しを受けていた」そうです。

それ以降は、主に地元の”本厚木駅”や”海老名駅”の近辺で路上ライブ活動を行い!あまり深く”将来のこと”は考えずに「楽しみながら音楽活動」を行っていたそうです。

なので、高校三年生になると”山下穂尊氏”が「受験勉強に専念する」との理由から、バンドを「解散する事」となります。

バンド”いきものがかり”に「見切り」をつけた高校時代を終えると、大学に進学されて!東京都千代田区にある”法政大学”の「社会学部」にご入学されました。

大学には”進学”をされましたが【実は!】”一年間”の「浪人生活」を経ての入学であり!クラスでは”一歳年上”の「先輩的な立場」でした。

なので、元バンド(いきものがかり)で”ヴォーカリスト”を務めていた「吉岡聖恵」さんも、ちょうど大学一年生(昭和音楽大学短期大学部)となっており、三人ともに「大学生」であったことから!一度解散した”バンド”の「再結成」に向けて動き出します。

ちなみに、”水野良樹”氏は「一橋大学の社会学部」に進まれております。

【そこで!】水野良樹氏が吉岡聖恵さんに対して、”再結成”の打診を試みますが!吉岡聖恵さんが”大学生活”を「エンジョイしていた」ことから、一年近く!”承諾”をしなかった模様です。

恐らく、吉岡聖恵さんの中では!”バンド”での活動を「良く思っていなかった」可能性が否めません。

しかし、山下穂尊氏が直接出向いて”交渉”をしたところ!約30分の話し合いで、あっさり”承諾”したそうです。

なので、大学二年生になった頃から!バンド「いきものがかり」を”再結成”した上で、路上ライブに復帰されています。

本格的に”バンド活動”をスタートさせたこともあり、路上から「ライブステージ」へと活動の拠点を移し始めたことから、徐々に路上ライブでの”活動数”が減少して行きます。

その後は、自分たちの”音楽”を追求するようになると!”作詞”を手掛けていた水野氏と、ヴォーカルであった吉岡さんが、しょっちゅう!”些細”なことで揉めるようになり、その”仲買的”立場であったのが山下氏の役目となって行った模様です。

つまり、”バンド再結成”をする時に!吉岡聖恵さんが水野良樹氏からの”打診”を承諾しなかったのには「それなりの理由」があったのです。

大学の”卒業”が近づいた頃に、その当時からお世話になっていた”レコードレーベル社”の「エピックレコードジャパン」から!山下穂尊氏が”スカウト”を受けて、それがキッカケで”就職”を蹴り「ミュージシャン」になることを決断します。

そして、2006年3月に!全員大学を卒業されて、メジャー1stシングル「SAKURA」をリリースして、本格的に日本の”音楽業界”へと進出して行きます。


引用元【ツイッター(たな@映画アカ )】


スポンサードリンク


◇ 仰天ニュース元彼女が暴露とは?


人気バンド「いきものがかり」は、2017年から”放牧宣言”と題して!音楽活動を「休止」されたのはご周知の通りです。

その後、2018年11月から活動を再開されて!通常通りの”音楽活動”を行って参りました。

【ところが!】その”バンド休止状態”の時に【なんと!】バンドの”主軸柱”である「山下穂尊」氏が、”強制わいせつ罪(性的暴行)”に匹敵する行動を行っている!として、世間をザワつかせたことがあるのです。

その一方を報じたのが、芸能週刊写真集でお馴染みの「フライデー」によるモノでした。

それによれば、バンド活動休止中でありながら!都内にある自宅マンションへ、短期間に”二人の女性”を「お持ち帰りした」とのことでした。

元から、”女性関係”に対して「厳しく指摘されていた部分」があり!メンバーや関係者からも、山下穂尊氏の「女性に対する”軽率”さ」が問題視されていたらしく!ご本人へも”注意”を呼びかけていたそうです。

なので、以前から「女性関係がふしだら…など」と!メンバーや周囲の関係者【さらに!】一部の”ファンたち”の間では「有名な話」として受け止められていたらしく!常に、メディアや雑誌の記者から”マーク”されていた最中、”確信的事実”として!大々的に公表されてしまったのです。

つまり、バンド”いきものがかり”の存続(解散危機)が危ぶまれたのです。

そもそも、山下穂尊氏の私生活での”女性問題”が!浮き彫りとなった背景には、”裏社会事情通”として有名な評論家で作家の「沖田臥竜」氏が、ご自身の公式SNS(ツイッター)で取り上げたことから!問題視されるようになったのです。

☆ 削除記事内容 ⇒ 「超人気3人組バンドの中に【強制性交した】メンバーが居る」
(2019年7月15日現 ツイッター削除済み)


「超人気3人組バンド」とは、”いきものがかり”を示していることは間違いなく!その後の情報では「メンバーが強制性交渉の疑いで事情聴取、または逮捕された…」として、”警察沙汰”になっているとの憶測が伝えられるようになったのです。

そして、再度!”確信的事実”として紹介されたのが、芸能週刊誌でお馴染みの「文春」からでした↓↓↓


引用元【ツイッター(文春くん公式 )】

そちらの記事では、その当時に交際していた”女性”が!同じ様に「乱倫な性生活」や「不誠実な態度」を続けていたことから!それに”激怒”して、週刊誌の記者に「今までの経緯を暴露した」とのことです。

具体的な内容とは↓↓↓

私の彼を思う気持ちなども、すべて裏切られました。いきものがかりの心に響く楽曲とは、真逆の印象でした


“世間一般”から見られている「いきものがかり」と、心に響く”歌詞”を「世に送っているバンド」とは思えないメンバーが居ることを、理解した彼女の中で「整合性が崩れた瞬間」と言えます。

その内容については、”長文”を交えて詳しく紹介しておりますが!昨年(2018年)に、その彼女が”友達”に呼ばれて「飲み会」に出向き、そのメンバーの中に「山下穂尊」氏が居たらしく!それから、友達として”連絡”を「交換する程の仲」に、なっていた様です。

その後、食事に誘われて会う機会が増え始めると、”男女の関係”にまで!発展したらしく、”交際”をしているのか?と疑問に感じた彼女が、ある時!直接本人に尋ねたところ「付き合っているよね…など」と答えたことから、彼女も”その気”になって「両想い」と確信していたそうです。

【ところが!】バンド(いきものがかり)の活動を再開させた頃から、急に”会う機会”が激減したらしく!”心配”しながらも、連絡を取ると「多忙のため」との理由であったことから、彼女としては”信用”をして「割り切った付き合い」と思い込んでいたそうです。

しかし、”共通”の友達情報によると!仕事に戻った山下穂尊氏は、以前に増して「飲みに行く回数が増えており、生活も乱れている」との”悲報”を耳にして、たまらずに!その辺の”事情”を聴きくためにと、自宅マンションに乗り込んだ様です。

【すると!】そこには、リビングのテーブルの上には”女性用”の「化粧品」が置かれており【さらに!】ゴミ箱には”使用済み”のコン○ー*が捨てられており!唖然としながらも”事情”を取り糺すと「男友達が女性を連れてきたんだよ…など」と答え、はぐらかしたそうです。

その場から去った、”浮気をされた”彼女が!腹を立てながらもSNS(LINE)で「そんなことばっかしてたら仕事無くすよ」と忠告すると、山下氏は「あ、気にしないでよいよー。NHKが俺らのこと好きだから、無くならないですわ…など」と!全く”反省”を見せる「気持ちのないメッセージ」を返信したことから【さらに!】彼女の”逆鱗”に触れたのです。

そのSNSでの”やり取り”の様子がこちら↓↓↓


引用元【ツイッター(ジャストニュース )】

【さらに!】”心配”するメッセージを送ったところ「ソニーミュージックにとって俺らは稼ぎ頭だからな…など」と、メッセージを返信したことから!その”自覚の無い態度”に呆れた彼女としては「自惚れているただの裸の王様」と、感じていたようです。

それでも「人気グループのメンバー」であることを理解していた彼女としては、”浮気”されて「悔しい思い」を抱きながらも、心配して!何度も”注意勧告”を伝えて「自制することを求めた」のですが、全く「聞く耳を持たなかった」そうです。

結局、それがキッカケで”連絡”が途絶えるようになり!ハッキリとした”別れ”が無いままに「裏切られて悲しみだけが残った結果」となったことから、今回の”暴露”に至った模様です。

ちなみに、前所属事務所であった「株式会社キューブ」に!その当時、週刊誌の担当記者が”事実関係”を問い合わせたところ「アーティストのプライベートに係る事項なので回答は差し控えさせて頂きます」との答えが返って来たそうです。

つまり、その当時の”所属事務所”の立場としては「肯定も否定も示さなかった」ことから、”事実関係”が曖昧のまま、現在までに至っているのです。


スポンサードリンク


◇ 結婚して子供が居る?


日本の芸能界に飛び交う”麻薬問題”は、2019年度に大きく表沙汰となり!トップアイドル「酒井法子」さんから始まり、俳優の「ピエール瀧」容疑者、超有名女優の「沢尻エリカ」容疑者、アイドルグループ”KAT-TUN”の「田口淳之介」容疑者、女優の「小嶺麗奈」容疑者などが、逮捕されたのは記憶に新しいところです。

【さらに!】お笑い界では「闇営業問題」が大きく取り沙汰されて、選りに選って!その”相手”となったのが”反社会的勢力”であったことから【さらに!】大きな”震撼”を世に伝えました。

あまりにも、”衝撃的”なニュース(事実)が!連日”メディア”から伝えられていたことから!大きな”話題性”には欠けたモノの、”警察沙汰”までには至らずに!密かに、音楽ファンやバンドファンたちに大きな”激震”を与えたのが、人気グループ「いきものがかり」のメンバーでギターリストの「山下穂尊」氏による「乱倫な性生活問題」なのです。

現在では、ほぼ!「忘れられた過去」として、誰も”触れる”ことのない様相を呈しておりますが!万が一、その”性生活”に巻き込まれた女性たちが”声”を挙げて「裁判沙汰」にでもなれば、現在のような”涼しい顔”をしていられない様相に、追い込まれることでしょう。

もちろん、その”当事者”であるのがギターリストの「山下穂尊」氏ではあるモノの!”個人”のレベルでは済まされない問題であるだけに!”真実”が明らかになれば間違いなく”グループ”の「解散の危機に発展する」はずです。


引用元【インスタグラム(kiyoe_yoshioka_official)】

以前の”事務所”が「介入できる範囲」の話であれば、”事の収集”は可能でしょうけど!現在は、当時の事務所(キューブ)から「独立」をさているし、万が一”警察沙汰”となれば!間違いなく”グループ”の「解散」に陥ることでしょう。

そんな最中!、先日(2020年8月)メンバーのメイン・ヴォーカリストである「吉岡聖恵」さんが”ご結婚”をされたことで、グループとしても「新たなステージ」に入ったばかりです。

しかし、幸いのことに!メンバーの中で【唯一!】ご結婚をされているのが「吉岡聖恵」のみと伝えられていることから!現在(2020年)の山下穂尊氏は、”結婚”をしておらず「嫁や子供」は居りません。

但し、以前に伝えられた「乱倫な性生活」が事実ならば!子供の一人や二人「身籠った女性」が居てもおかしくはなく、あるいは「死産」させた可能性もあり得るので!”子供”が居ないとは、断言できません。

【しかも!】”年齢的”にも「36歳(2019年)」を向かえ【さらに!】メンバーの”結婚”によって「大きな刺激を受けた」はずなので、女性に”興味”を示しているご自身の中でも!”結婚願望”が「高まっている」はずです。

なので、”女性遊び”も結構ですが!真面目に音楽活動に取組み、グループを含めて!これからの”将来”を「考えて頂くこと」を、期待しております。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ アルバム

・ 2003年に、”エピックレコードジャパン”が手がけた作品”誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(のまんじゅう )】

◇ ラジオ

・ 2005年に、”FMヨコハマ”局が放送した番組”超 寄り切り!押し出し!!上手投げ!!!リターンズ!!!!”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(エビジョイ 海老名情報サイト ?? )】

◇ シングル

・ 2006年に、”エピックレコードジャパン”が手がけた作品”SAKURA”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(歌が大好き!わかものがかり\(^o^)/ )】

◇ CM

・ 2007年に、”LISMO”が手がけた企業CM”LISMO!”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(さとみん? )】

◇ PV

・ 2009年に、”エピックレコードジャパン”が手がけた作品”とってもええぞう”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(Kin-chan )】

◇ テレビ番組

・ 2019年に、いきものがかり系列で放送された番組”BSいきものがかり”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(内村 麻美 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
山下 穂尊
読み
やました ほたか
生年月日
1982年8月27日
仕事
作詞家
出身地
神奈川県
所属事務所
株式会社MOAI
血液型
O型