2000年代の「歌姫」として大ブレイクを果たし、”あゆ”の愛称で親しまれているシンガー・
ソング・ライターの「浜崎あゆみ」さんが、クリスマス(2019年12月25日)の日に、
ご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新し、”21年間”共に音楽活動を歩んできた”スタッフ”を
亡くしたことを明かし、胸の中の”悲しみ”を告げたようです。

“両国国技館”でのライブを控え、気分を上昇させなければいけないこの時期(先月)に、”難聴”の
歌手としては「生命線」でもあるイヤーモニターを担当していた仲間を失っていまったことを
世間に伝え”クリスマス”のこの日を機会に、その大切な”パートナーの存在”を紹介されたご様子!

きっと先月に、その”パートナー”を亡くしてからこの日の発表を「望んで」いたのでしょう!

その”悲しみ”を届けた「報道」について紐解いて行きたいと思います。


引用元【インスタグラム(a.you)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 速報!最速情報
・ 世論の反応
・ 突発性難聴とは?
・ 何歳?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇【速報!】最新メディア報道内容


浜崎はこの日、両国国技館でライブの通しリハーサルを行ったことを報告し、「私事ですが、先月のはじめに21年間ずっと一緒に歩んで来た歌のパートナーが天国へ旅立ってから初めてのステージが今日でした」と長年のパートナーとの別れを明かした。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

“身内”のことなので、公には晒されておりませんでしたが、浜崎あゆみさんにとって一番大事な
“イヤモニ”の「パートナー」を失ったことを告げております。

また、その大切なパートナーを亡くしてから初めてのライブであったことも明かしておりますね!



「私は片耳がほぼ聴こえないので、パートナーである彼が作ってくれるイヤーモニターの特別なバランスが命綱でした」と思いをつづった浜崎。「長年のクセで、何度も何度も卓を見るのに彼がそこに居なく、でもまた卓を見て話かけようとしてしまうのを繰り返しているうちに、よく見るとそこに彼の写真が飾られているのに気付いて嬉しくて嬉しくて哀しくて逢いたくてたまらなくなりました。写真、飾ってくれてありがとう」とスタッフの計らいに感謝しつつも、パートナーへの思いが募ったことを明かした。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

亡くなられた”パートナー”は「男性」であったようで、”手作り”の「イヤモニ」で陰ながら
浜崎あゆみを”支えていた”ことが分かるコメントを「ご自身」で語られているようです。

本当に「大切な存在の人物!」であったことが理解できますね。

多分まだ”若いご年齢”でのお別れとなったことでしょうから、浜崎あゆみも相当”悔やんでいる”
ことでしょう!

文面からよく伝わってきます。



そのうえで「彼から受け継いだバトンで私達らしく私達にしか作れない音を創ろうね。このチームでカウントダウンを迎えられること、本当に心から有り難く思います」と続けた。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

大切な”パートナー”を失ったチームで、今後も活動されて行く「新たな決意!」的な気持ちが
伝わってくるコメントを残したご様子です。

その”パートナー”の分まで、チーム一丸となって頑張って頂くことをお祈り致します。
(クリスマスだし・・・!)


スポンサードリンク


◇ 世論の反応(参考:Yahooリアルやツイッターより♪)

自分のやりたいことを貫くって 生き様がかっこいい

あゆは別に好きじゃないけど、この内容の投稿は全然変ではないし同情しました。悲しかったと思います‥

あまり落ち込まないでくださいね!

ライブ頑張っれ!!!

一緒のクリスマスを!



ファンのみなさんも”大切なパートナー”を失った気持ちに”共感”されているご様子!

“辛い”とは思いますが”令和元年”を飾る記念すべき年の”締めライブ”を頑張って成功を収め、
亡くなった”パートナー”と一緒に「良い年」を迎えて頂きたものですね。


スポンサードリンク


◇ 浜崎あゆみさんの突発性難聴とは?

“突発性難聴”とは、その名の通り”耳”に起こる「疾患」であり、過度な”ストレス”や”寝不足”・
多忙に”過労”、さらに生活習慣病からの”併発”などにより発症する!と言われている病です。

症状として一番多いケースが、突然”耳”が「聞こえなくなる」ことです。

その症状に焦って”耳鼻科”に出向き、その疾患を患っていることが明らかになるケースが
多いとのこと。

また場合によっては原因不明の「耳鳴り・めまい」などを患うこともあります。

その病に浜崎あゆみさんは、2000年に催したライブツアーで発覚したそうで、突如”左耳”が
全く聞こえなくなり、その時の一部公演を延長したそうです。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

その時”直ぐに”、主治医の治療を受ければ後の「後遺症」を軽減できたそうですがスケジュールが
押していたこともあり、耳が不調なままライブを強行したそうです。

【さらに!】”長期離脱”をさけるため、音楽活動を続けながら定期診断を受けてはいたものの
「早期治療」が遅れたことで”症状”が「悪化」し【しかも!】休暇をろくに取らなかったことも
原因となり、完全に”左耳”の「機能」を失ってしまったそうです。

後の2008年1月に、”ファンクラブ”を通してその事実を発表されました。

もちろん、その後の”音楽活動”に支障を来たす事となるのですが、周りのスタッフの協力や助けに
よって今日まで「シンガー」ソング」ライター」を続けてこられたそうです。


引用元【インスタグラム(a.you)】


スポンサードリンク


◇ 浜崎あゆみさんは何歳?

浜崎あゆみさんは1978年10月2日生まれの「41歳(2019年)」です。

当時の”若世代”を中心に「カリスマ的存在」として”一大ブーム”を引き越し、熱狂する女性たちで
溢れておりましたね!

【しかも!】着用した”グッズ”は、同じグッズを販売店していた”店頭”から直ぐに無くなったり、
“ヘアースタイル”や”髪色”を変えると直ぐにマネする女子たちが横行しておりました。

なので「時のファッションリーダー」としてもご活躍されましたよね♪

“スタイル”も、女性シンガーとしては珍しく中々の「変化量」を見せつけ、常に”話題”に登る程の
「太りっぷり!」や「激やせっぷり?」を披露し、世間の注目を集めておりました。

デビュー当初は「身長156cm、体重40kg」と可愛らしい体系を見せていた・・・と思えば
突如!身長は変わらないものの体重が50~60kgの「大変貌ぶり」を見せてファンや世間の
“驚き”をかったものです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

あまりの”変貌ぶり”を見せていたので、庶民感覚すると「衣装の数?」を心配する声さえ起こり、
「新作衣装」が作られる際には必ず2パターンの”サイズ”が準備されていた!との”噂”も・・・?

それほどの”激変ぶり”を見せつけ、ご自身の”ファン以外”の一般視聴者も楽しませておりました。

特に私服で「Tシャツ」姿を披露した時の”変貌ぶり”には誰もが目を疑ったものです♪



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

浜崎あゆみさんとしては、”ラフな格好?”的にしか思っていなかったのでしょうけど、周りの
「目」からすると相当な「激太りっぷり」であることがハッキリ分かりますよね!

特に”極度”に太くなった”首元”は【まさに!】同じ歌手の「マドンナ」をイメージさせるほどの
“太りっぷり”ですよね♪

なので、ある意味「全てにおいてカリスマな時代であった!」と後から”実感”させられます。


スポンサードリンク


◇ 浜崎あゆみさんのプロフィール

本名
浜崎 あゆみ
読み
はまさき あゆみ
生年月日
1978年10月2日
仕事
シンガーソングライター
出身地
福岡県福岡市
所属事務所
エイベックス・マネジメント
血液型
A型