サッカー日本代表の”FW”として定着されて、現座は日本を離れ!”ポルトガル”に活動の拠点を移し、地元の”1部リーグ”に所属するチーム「FCボルト」のメンバーとして活躍中の「中島翔哉」選手。

何やら?最近、現在”プレシーズン”の最中!所属チームである”FCボルト”の「練習に姿を見せた」として、久々のユニフォーム姿に歓喜したファンの間で話題を呼んでいるそうです。

【実は!】世界で猛威を振るっている”新型コロナウイルス”の影響で、地元の”リーグ”も3月から!「中断」が余儀なくされており、そのまま中島翔哉選手も”プレシーズン”に入るまで「姿を見せていなかった」ことから、その動向が心配されていたのです。

但し、ご本人は”家族”のために!公の場に姿を見せるのは控えていたらしく、そのためチームの練習にも姿を見せないでいた模様です。

・・・と言うのも、中島翔哉選手には2019年度に”誕生”した「第一子の女児」がおり!新しい家族に恵まれていたことから、決して”ウイルス”を「家庭に持ち込むことは許されない」と!考えていた可能性が否めないからです。


引用元【ツイッター(サッカーキング )】

中島翔哉選手は、2019年7月から南ヨーロッパに渡り!地元の”ポルトガル”に本拠地を置く”サッカークラブ”の「FCポルト」に移籍をされて活躍し、同年9月2日に所属チームの”マネジメント事務所”より「第一子の女児」が誕生したことが発表されました。

また、”マネジメント事務所”の発表後!ご自身の「公式ブログ」でもご報告されました。

この時は、日本を離れ”海外のチーム”での活躍が期待され【さらに!】日本代表としても忙しいシーズンを送っていたこともあり、誰もが”子供”が誕生するなど「夢にも思っていなかった出来事」であったことから!多方面から「驚きの声」が挙がっていたのです。

この時に授かった”女児”に対しては、詳しいコメントなどは発表されておらず!”本名”や”誕生日時”などの詳細は分かっておりませんが、恐らく!ご本人の”意向”が働いて「非公開」とされている模様です。

但し「子供の誕生」について、ご自身の”公式ブログ”で!僅かに触れている記事があるようです。↓↓↓

この度、第1子が誕生しました。元気な子を産んでくれた妻と元気に生まれてきてくれた「娘」にとても感謝しています。何よりも大切な家族と共にこれから毎日楽しく健康で過ごしていきます。より一層、責任感を持って頑張って行きたいと思います。


子供の”出産”が近づいた頃に、所属チームから離れ「一時帰国」をされていたらしく!子供の”誕生”に備えて、サッカー選手らしい「万全な体制を整えていた」とのことです。

【すると!】予定通りに、無事!”我が子”が誕生されて!喜びも”ひとしお”であったに間違いないことでしょう。

“子供”に恵まれて、今後の「サッカー人生」にも期待が持たれている中島翔哉選手について紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 結婚した嫁とは?
・ 移籍先はFCポルトとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


中島翔哉選手は1994年8月23日生まれの26歳(2020年)で、ご出身は「東京都八王子市」です。

ご出身の”東京都八王子市”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、中島翔哉選手も(東京都八王子市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の東京都八王子市にある”八王子市立別所小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”ご本人”のみで、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

幼少期から、”体”を動かすのが大好きな少年であり!”性格的”にも「明るく元気なタイプ」であった模様です。

中島翔哉選手が”サッカー”を始めたのは「小学生の頃」からで、その当時!両親が”離婚”をされておりますが、それに負けずと”運動”に積極的に取り組み「サッカー少年」として成長された模様です。

なので、”親権”は母親が持ったらしく!”母方”に引き取られた関係で「母子家庭」での生活をされていたご様子です。

小学校の”勉強”よりも「サッカー好き」であったことから、当時は!二つの”サッカースクール”に通っていたようです。

二つの”スクール”とは、一つは「通常のサッカー(野外)」、もう一方は「フットサル(室内)」のチームに加わり、練習に励んでいたそうです。

但し「母子家庭であった」だけに!クラブの”掛け持ち”は、”ひとり親”にとっては相当!容易なことではなかったはずなのに、”我が子”のためにと「大好きなサッカー」を自由に行わせていたに違いありません。

その甲斐あって、小学校5年生の時に!日本サッカークラブの一つ「東京ヴェルディ」の”下部組織”に加入することが出来て、小学生時代から早くも!サッカーの本場である”ブラジル”に渡り「サッカー留学」を行っていたそうです。


引用元【ツイッター(HAYATO )】

”サッカー人生”をスタートさせた小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”八王子市立別所中学校”にご入学されました。

中学生時代に入っても、”サッカーチーム”の名門「東京ヴェルディの下部組織」で活動されており!途中から”実力”が認められて、同チームの「ジュニアユース」に昇格されます。

【すると!】”下部組織”で磨き上げた「レベル」とは程遠い「環境・練習・体格差・スピード…など」の、様々な”面”で「一段回上の練習」がスタートし、そこから一挙に!”プロ”のレベルへと、近づいて行きます。

また、中学校時代に入っても!サッカーの本場”ブラジル”に渡り「サッカー留学」を熟していたそうです。

下部組織での”レベル”から、一挙に「プロのレベル」に近づいた中学時代を終えると、高校は東京都の調布市にある”東京都立調布南高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子!

中島翔哉選手は、一度は!この高等学校に”進学”をされますが「サッカーに専念するため」との理由から、途中で”通信制”の高等学校である「第一学院高等学校」に転校をされております。

高校時代になると、急激に「才能が開花」し始めて!所属していた東京ヴェルディの”ジュニアユース”から、その上の「ヴェルディユースU-18」へと、昇格を果たします。

また、2010年に開催され!第65回国民体育大会サッカー競技において、”東京選抜”に起用されたことから、全国の”サッカー関係者”に対する「知名度アップ」に成功され【さらに!】チームの”優勝”にも大きく貢献したこともあり!”サッカーファン”からの注目度が、急激に上昇するようになります。

なので、その当時から”サッカー関係者”の「評価」を得ており!2011年行われた”クラブユース選手権”では、見事な!”連覇”に貢献されて【さらに!】自身も「ベストヤングプレーヤー」を獲得されたので、その”大会”での「活躍の大きさ」を物語っていたのです。

“東京ヴェルディ”の「下部組織からのスタート」をされて、本格的に”トップチーム”へ合流したのが2012年度からなので、その当時の”トップチーム(東京ヴェルディ)”はメインリーグの”J1”では無く「J2」であったこともあり!同リーグで開催された”アビスパ福岡戦”にて出場したことが、自身初となる”Jリーグ”での「公式戦デビュー」となります。

当時、所属していた”東京ヴェルディ”は「低迷期に入っていた」ことから!”勝ち星”に恵まれず「連敗続きの試合」が続いていた最中に、中島翔哉選手の活躍によって!同試合を持って「連敗をストップ」させることに成功したのです。

つまり、中島翔哉選手からすると!たとえ”J2リーグ”であっても「輝かしいJリーグデビュー」を飾った訳です。

その”活躍”が認められ、トップチームの「一員として認められた」同年10月に、同チームと正式に「プロ契約を交わした」ことが発表されました。


引用元【ツイッター(ランドの芝生【9/5(土)味スタ】 )】

この時の”年齢”は、ちょうど「高校卒業に当たる18歳」の時なので!恐らく、進学していた”通信制”の「高等学校を卒業をされていた」と思われます。

晴れやかなJリーグ公式戦デビューを果たした高校時代を終えると、大学には”進学せず”に所属先のプロ・チーム「東京ヴェルディ」での活動を、本格的にスタートさせます。

その後は、所属チームの”東京ヴェルディ”で!しばらく活動を続けておりましたが、元からチームが”低迷期”に突入していたことや【さらに!】中島翔哉選手を買っていた”監督”の「交代劇(退任)」などが重なり!徐々に、”先発出場”の機会が少なくなって行きます。

そのため、”活躍の場”を失い始めたことから!同チームを”去る”ことを決断して、同じJリーグに所属するクラブ「FC東京」へと、”完全移籍”をすることが発表されました。

【ところが!】”経緯”は定かでありませんが、”FC東京”に所属が決まった直後!突然、”富山県”を本拠地とするサッカーチームの「カターレ富山」へ、”期限付き”の「電撃移籍をすること」が発表されて、サッカーファンの間では!誰もが予想だにしていなかった「移籍劇」に、衝撃が走ったのです。

但し、”カターレ富山”に移籍後!当初は、”順調”な滑り出しを見せていたモノの!徐々に、周りの”レベル”の低さと「噛み合わなく」成り初めて、自身の”才能”を「十分に発揮することが出来ない環境」であることに気づき、本来”移籍”すべきチームであった「FC東京」へと合流を行います。

そして、2014年度からは!本格的に”FC東京”でのプレーをスタートさせ、今までに!有ったようで?無かった!自身初の「J1での得点」を獲得されて、”FC東京”の「メンバーであることのアピール」に成功されます。

その後、しばらくの間は!FC東京や日本サッカー選抜「U-23」の代表に起用されながら、”Jリーグ”や”国際試合”での盛り上がりに貢献を果たし、サッカー選手としての「中島翔哉」の名を、世に浸透させながら!サポーターからの”信用”を勝ち取って行きます。

サッカー選手としての”全盛期”を向かえた2017年8月に、以前から”興味”を示していた「海外移籍」を視野に入れ始め!南ヨーロッパの”ポルトガル”にあるサッカー1部リーグの「プリメイラ・リーガ」のクラブチーム「ポルティモネンセSC」へと、”期限付き”で移籍することが発表されます。


引用元【ツイッター(OptaJiro )】

この2017年度は、ご自身の”人生”でも、相当!「転機になったシーズン」でもあり!同年8月には、現在の”奥さん”である「一般女性との結婚」を果たされます。

その一報は、自身の誕生日でもある”8月23日”に!「ポルティモネンセSC」への期限付き”移籍報告”と、ご自身の「ご結婚報告」を合わせて行って明らかとなります。

その後も、活動の拠点を”海外”に置きながら!所属するチームでの活躍や、他チームへの数回に渡る”移籍”を行いながら!”日本代表”に招集された時には、ほとんどの試合で使われる活躍を見せながら!”プロサッカー選手”としての実力を披露されます。


スポンサードリンク


◇ 結婚した嫁とは?


“サッカー選手”としてだけでは無く、”ルックス”にも定評のある男性スポーツ選手なので!女性の”サポーター”なら、誰もが気になるのが「ご結婚をされた奥様」ではないでしょうか?


引用元【ツイッター(asanao )】

“ご結婚”をされた2017年8月以降、今だに奥様の”詳しい情報”がオープン(公開)されていないので!根強い中島翔哉選手ファンなら、誰もが気になっていることでしょう。

そのため、ファンの間では”空想論”が飛び交うようになり!奥様の”職業”は「元モデルかタレント…など」と、”妄想”する女子ファンが増え始めたのです。

もちろん、今までの”凡例”で見ると!”プロスポーツ選手”の「奥様」と言えば、芸能関係者やスポーツキャスター!あるいは、アナウンサーやお嬢様などが多いことで知られており!特に、”サッカー選手”の場合「女優やモデル」などに多いことが”特徴的”と言えます。

なので、いずれも”美人”であったり!”スタイル”が抜群であったり!するので、誰もが”自慢”ありげに「堂々とアピールする傾向にある」のが一般的な中で、中島翔哉選手は”嫁”について「一般人とのみ」紹介している部分を鑑みると【やはり!】本当に「一般人の女性」である可能性が否めません。

・・・とはいっても、今後の”日本サッカー”を「牽引する若手選手」として!大きな期待を受けている”名プレーヤー”だけに!その意味では、”一般人女性”の中でも相当!「レベルの高い女性」であることに間違いないでしょう。

その”奥様”の分かっている「僅かな情報」として、ご結婚に至るまでは!”約二年間”を経てからの「婚約」であったらしく!中島翔哉選手の”下積み時代”を含めて考えれば、恐らく!”食事”の面や身の回りの”世話”、あるいは!”精神的”な部分や”モチベーション”の確保などを支えてきた「素敵な女性」であることは、容易に想像がつきます。

なので、とても綺麗な方で!”家庭的”な一面を持ち【しかも!】旦那の”仕事”に「理解のある素晴らしい女性」であると、誰もが感じているはずです。

また、ご結婚と同時に!旦那の”海外移籍”に「同伴された可能性が高い」と見られているので、その意味でも「一般人」で間違いなく【かなりの!】「肝の座った覚悟の持ち主」と言えます。

なぜなら、日本人の”海外移住”となると!もちろん”生活環境”が大きく変わるし【しかも!】”友達”や”知り合い”などが「居ないところからのスタート」となるため、軽い気持ちでは出来ない行動です。

【しかも!】見守る”旦那”が「プロスポーツ選手」となると、特に!”精神面”や”食事面”などへの「気遣い」が重要となることから、それだけに”サポート”の負担が大きくなることを「分かりきっている中での判断」をされたのですから、それだけでも「覚悟と勇気のある女性」とお見受けできます。

但し、2019年に生まれた”子供”の出産の際に!地元の”クラブ報道”によれば、”出産”に立ち会うために「一時帰国した」と伝えられていることから、もしかすると!現在の”奥様”は、日本で「暮らしている可能性」も否めません。


スポンサードリンク


◇ 移籍先はFCポルトとは?


中島翔哉選手は、ご周知の通り!2017年から、”海外”に「活動の拠点」を移し!南ヨーロッパの”ポルトガル”にあるサッカー1部リーグ「プリメイラ・リーガ」のクラブチームである「ポルティモネンセSC」へと、”期限付き”で移籍をされました。

そして、現在は(2020年)ポルトガルリーグ「プリメイラ・リーガ」のサッカーチーム「FCポルト」で活躍をされておりますが、”所属”の際の「条件」として!2024年6月までの「5年間契約」であり!背番号は「8」を託されたのです。

【ところが!】試合に出場すると、何故か「10」を身につけてプレーをすることが多く!現在でも変わること無く「背番号10」での出場シーンが定着している模様です。

なぜ、”8”から「10」に切り替わったのか?と言うと【実は!】当初「10」を付けていたチームの一員「オリベル・トーレス」が、”他チーム”への「移籍が決まった」ことから!”10”が「空席の状態」となっていたのです。

【そこで!】”白羽の矢”が立ったのが、中島翔哉選手であり!急遽、”8”から「10でのプレー」へと切り替わり、”ファンたち”も「納得した上での了承」となった訳です。

ちなみに、”FCポルト”へ移籍した際の「挨拶の模様」を紹介した、チームの公式ツイッターがあります。↓↓↓


引用元【ツイッター(FC Porto )】

移籍された”FCポルト”は、ポルトガルリーグでも「名門チーム」として有名であり!2010~2011シーズンにかけての”リーグ戦”では!史上初となる「無敗優勝」を飾たことで、大きな話題を呼びました。

また、”欧州”で開催される大会の中でも!特にビッグイベントである「UEFAヨーロッパリーグ」では、”優勝”に輝いたり【さらに!】他の大会でも、数々の優勝に絡む試合を演じて!ヨーロッパサッカーファンなら、誰もが知る”名門チーム”の一つです。

【さらに!】ポルトガルの”サッカークラブ”の中では、唯一!「クラブ世界一の座」に輝いたチームでもあり、ポルトガルサッカーの”発展”に「大きく貢献しているチーム」と言えます。

“歴代所属選手”の中には「ハメスロドリゲス・ルイスゴンサレス・リサンドロロペス…など」の”ビッグネーム”が揃っており!それだけでも「名門チーム」であることを物語っているのです。


引用元【ツイッター(やきそば )】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ FC東京サッカースクール

・ 2001年~、松が谷フットボールクラブで開催されていた”FC東京サッカースクール”に加入されます。

◇ 東京ヴェルディ

・ 2012年~、日本プロサッカーリーグに加盟するチーム”東京ヴェルディ”に入団されます。

◇ カターレ富山

・ 2014年~、”富山県”を本拠地とするチーム”カターレ富山”に「期限付き移籍」をされます。

◇ FC東京

・ 2014年~、日本プロサッカーリーグに加盟するチーム”FC東京”で、本格的な活動をスタートさせます。

◇ ポルティモネンセSC

・ 2017年~、ポルトガルのプリメイラ・リーガに加盟するチーム”ポルティモネンセSC”に移籍をさせます。

◇ アル・ドゥハイルSC

・ 2019年2月~、カタールのドーハを本拠地とするチーム”アル・ドゥハイルSC”に移籍をさせます。

◇ FCポルト

・ 2019年7月~、ポルトガルのプリメイラ・リーガに加盟するチーム”FCポルト”に移籍をさせます。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
中島翔哉
読み
なかじま しょうや
生年月日
1994年8月23日
仕事
サッカー選手
出身地
東京都八王子市
所属事務所
FCポルト
血液型
AB型