サッカー日本代表でお馴染みでもある「中島翔哉」選手に待望の第一子(女児)が誕生したことが
分かり話題になっております。

 

引用元【ツイッター(サッカーキング)】

 

現在「中島翔哉」選手は南ヨーロッパのポルトガルに本拠地を置いているサッカークラブ
「FCポルト」に2019年度から所属し活躍しておりますが、同年9月2日に所属チームの
マネジメント事務所より「第一子」が誕生したことが発表されました。
(マネジメント事務所発表後、ご自身の公式ブログでもご報告されておられます)

所属チームや日本代表などで忙しい日々を送っており、子供の誕生は誰もが予想していなかった
ことで「驚きの声」が各関係者から伝えられているようです。

今回生まれた女児の詳しい情報が明らかにされておらず「本名・誕生日時」等、一切分からない
状態で、ご本人の意向なのか「非公開」とされているそうです。

子供の誕生について中島翔哉選手が出しているコメントは↓↓↓

この度、第1子が誕生しました。元気な子を産んでくれた妻と元気に生まれてきてくれた「娘」にとても感謝しています。何よりも大切な家族と共にこれから毎日楽しく健康で過ごしていきます。より一層、責任感を持って頑張って行きたいと思います

 

以前から所属チームを休団し「出産」に合わせて一時帰国をしていたことは地元サッカー誌等が
伝えており「子供の誕生」に備えていたようなので、無事に我が子の誕生に出会えたことは
喜びも「ひとしお」だったことでしょう!

子供の誕生と共に日本代表として、あるいは所属チームでのこれからの活躍が期待される
ところではないでしょうか。

中島翔哉選手がサッカーを始めたのは小学生になる頃で、両親が「離婚」していた為「母方」の
母子家庭で育ちました。

学校の勉強よりも「サッカーが好き」だったらしく当時「2つ」のサッカースクールに通って
いたそうです。

その甲斐あって2004年からは日本サッカークラブの「東京ヴェルディ」下部組織に加入し
学生時代から早くも「ブラジル」へサッカー留学を果たしておりました。

2010年に開催され「第65回国民体育大会サッカー競技」の「東京選抜」に抜擢され、
チームの一員として優勝に貢献しました。

その当時からサッカー関係者からの評価も高く2011年行われた「クラブユース選手権」では
見事「連覇」を果たし、更に自身も「ベストヤングプレーヤー」に選ばれました。

「東京ヴェルディ」の下部組織で下積みを重ね、本格的にトップチームへ合流したのが
2012年からで、トップチームは「J2」だったことから同リーグの「アビスパ福岡戦」で
自身初となるJリーグでの「出場」を果たしました。

当時の「東京ヴェルディ」は低迷期だったことから勝ち星に恵まれず、連敗続きの試合を
繰り返していましたが、中島翔哉選手の活躍によって同試合で「連敗」をストップさせました。

その活躍が認められトップチームの一員として扱われるようになった同年の10月に同チームと
晴れて「プロ契約を交わした」ことが発表されました。

その後は「東京ヴェルディ」でしばらく活動しておりましたが、元からチームが低迷していた事
更に監督の交代(退任)などの影響によって「先発出場」の機会が少なくなり「活躍の場」を失い
始めたことから同チームを去ることを決め、日本サッカークラブの「FC東京」へと完全移籍を
することが発表されました。

ところが、何故か?その前に富山県を本拠地としているサッカーチーム「カターレ富山」へと
電撃期限付き移籍をすることが発表され、思わぬ事態で話題になっていました。

しかし「カターレ富山」ではチームのレベルが低かった事で、自身の才能が発揮されず得点に
恵まれなかったことから本来移籍すべきチームだった「FC東京」へと合流を行いました。

2014年度からは本格的にFC東京でプレーするようになり、同チームで自身初となる
「J1」での得点をゲットしました。

その後しばらくはFC東京や「U-23」代表に選ばれたりしてJリーグを盛り上げたり日本
代表として活躍したり、サッカー選手としての「中島翔哉」の名が世の中に広く浸透し
サポーターから「信用」されるサッカー選手へと成長して行きました。

サッカー選手として全盛期になり始めた2017年8月に「海外」へ興味を抱き始めたのか?
ポルトガル1部のリーグ「プリメイラ・リーガ」のサッカーチーム「ポルティモネンセSC」へと
期限付きで移籍することが発表されました。

この2017年度はご自身の「転機」となったシーズンでもあり同年8月に現在の奥さんとの
「結婚」もされておられます。

ご結婚後に自身の誕生日でもある「8月23日」にポルティモネンセSCへと期限付きでの
移籍とご結婚報告を同時に行いました。

その後は「海外チーム」で活躍し、他チームへ数回移籍を行いながら日本代表にも選ばれ活躍し
現在所属しているポルトガルリーグ「プリメイラ・リーガ」のサッカーチーム「FCポルト」で
ご活躍しながら今に至っております。

 

スポンサードリンク

 

◇ 中島翔哉選手の結婚した嫁とは?

 

「ルックス」でも好評がある中島翔哉選手ですが女性サポーターのファン達からは結婚した
「嫁」さんに興味を抱いている方が多くいるそうです。

 

引用元【ツイッター(asanao)】

 

それもそのはず!2017年8月6日にご結婚し、後の23日に「結婚発表」したことまでは
分かっておりますが、それ以上の情報は「非公開」なのか?何も分からず終いなのです。

そのため「空想論」が浮上するようになり、ファン達の間では奥様は元「モデル」あるいは
「タレント」ではないか?等の「噂」が伝えられていました。

もちろん、プロサッカー選手の奥様!となると一般人とは考え難く知名度のある芸能関係者か
あるいは女子アナあたりを想像する方が多くいたそうです。

ただご本人が唯一「奥様」に関して出している情報としては「一般人」であることを明らかとし
あまりマスコミなどのメディアから騒がれないようにしておりました。

また情報によれば、その一般人とされる奥様とは「2年間」経てご結婚されたらしく、ご自身の
下積み時代を陰で支えていた人物であるとされております。

なのできっと「綺麗」で「家庭的」で仕事に「理解」のある素晴らしい女性なのでしょう!

またご結婚」と同時「海外移籍」を決断し公式発表したところを見ると、奥様も同様に海外へ
出向き、一緒の生活をしていると考えられます。

なぜなら、日本人が海外へ活動の拠点を変えるとなると生活環境がガラッと変わりますし、
プレーに集中できず「実力が発揮」できないとなると大変ですから、本当の意味でのサポートが
必要となります。

特に「精神面&食事面」は重要で「食事面」はある程度の助けがあると問題ないかとは
思いますが「精神面」となるとやはり以前から「理解のある人物(奥様)」の存在が重要です。

なので一緒に海外で生活を共にしていると思いました。

しかし今回の「第一子」が誕生する際の地元サッカー誌のコメントによれば「出産に立会うため
一時帰国をしている」と伝えられておりました。

つまり奥様は「日本に居る」あるいは「一緒に居ない」ことが判明したのです。

ですから今は、海外生活にも慣れたのか?奥様とは一緒に生活をしておらないようです。

 

スポンサードリンク

 

◇ 中島翔哉選手の現在所属チームは名門ポルト!

 

中島翔哉選手は2017年から「海外」に活動の拠点を移し、海外チームでプレーを行って
おります。

そして現在はポルトガルリーグ「プリメイラ・リーガ」のサッカーチーム「FCポルト」に
所属し、移籍の際の条件は2024年6月まで「5年間」契約で背番号「8」を託されることが
決まってはいたものの、出場した大会では背番号「10」でプレーを行い現在でもそのまま
背番号「10」が定着しております。

なぜ「8⇒10」に変わったのか?は不明ですが10に定着したのは、以前10を託されていた
同チームの「オリベル・トーレス」が他チームへ移籍したことで「空」になり、そのまま10で
プレーすることが可能となったから?と伝えられておりました。

FCポルトへ加入する際、チームの公式ツイッターでご本人が呟いた(挨拶)コメントがあります。

引用元【ツイッター(FC Porto)】

 

FCポルトはポルトガルリーグでも「名門チーム」で、2010~2011シーズンのリーグ戦では
ポルトガルリーグ始まって以来の「無敗優勝」を飾たこともあります。

また「欧州」で開催される試合の中でもビッグイベント「UEFAヨーロッパリーグ」で優勝したり
その他の大会でも優勝に絡む試合を行っている名門チームです。

またポルトガルのサッカークラブの中でも唯一「クラブ世界一」の座についたチームでもあり
ポルトガルサッカーの発展に大きく貢献しているチームでもあります。

歴代選手の中で超有名な「ハメスロドリゲス・ルイスゴンサレス・リサンドロロペス」などが
所属していたチームであり、その中に背番号10番でフォワードとしてご活躍されております
「日本出身」の中島翔哉選手が居ります。

 

 

■ 中島翔哉プロフィール

本名
中島翔哉
読み
なかじま しょうや
生年月日
1994年8月23日
仕事
サッカー選手
出身地
東京都八王子市
所属事務所
FCポルト
血液型
AB型

 

 

スポンサードリンク