“気さく”な性格と”幼児体系”がお似合いで?、スッカリ!携帯会社のCMでお馴染み「金太郎」が定着した、国民的「お坊ちゃまキャラ!」の演技派俳優「濱田岳」氏!

何やら?2020年2月末日にご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、ご自身が出演されたテレビドラマ(NHK)の中で、演じた”ジャズバンド”の「サックプレーヤーの練習模様」を公開されたとして、注目が集まっているそうです。

濱田岳氏と言えば「個性的な演技!」が売りの俳優さんですが、”役者”意外の仕事ではメディア出演が少なく、意外にも「プライベート臭」を感じさせない役者です。

なので、ファンたちは集って濱田岳氏の公式SNS(インスタグラム)に注目しているそうですが、そちらもまだ「内容が薄め!」です。

そのため、今後!益々期待がかかる濱田岳氏の公式SNS(インスタグラム)なので、そちらについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(gaku_hamada_official)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 最新メディア(インスタ)情報
・ 世論の反応
・ なぜオデコ(額)が広い?
・ 実はイタズラ好き!
・ 生い立ちや学歴
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 最新メディア(インスタ)情報



引用元【インスタグラム(gaku_hamada_official)】

最近、頑張っている事。寒くなってきたから、皆様も体調お気をつけ下さい[ハート] #サックス

※ 引用元【インスタグラム(gaku_hamada_official)】


この日”濱田岳”氏はご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、2020年1月からNHKで放送が始まった、ご自身が出演されている「阪神・淡路大震災」を題材にしたテレビドラマ「心の傷を癒すということ」の中で、ジャズバンド演奏者役を演じておりますが、その「練習模様のシーン」を、公開された模様です。

今回の投稿では、高級そうな”サック”と”マイ・スマホ”を片手に、長く愛用していると感じさせる黒で”ラフ”なセーターを”トップス”に、”アンダー”もシックな黒のズボンで揃えたファッションで登場されております。

なので、見るからに「冬」を連想させる出で立ちですが、ご自身も「寒くなってきたから、皆様も体調お気をつけ下さい」と、ファンの皆様に注意を促したようです。

また「最近、頑張っている事」と前置きをした上で(笑;)ハッシュタグで「#サックス」と、音楽活動に取り組んでいることを明らかとされた模様です。

【実は!】今回出演されたNHKドラマ「心の傷を癒すということ」では、主人公の”安和隆”の親友として登場し、医師でありながら”ジャズバンド”を結成する事となり、バンド内でサックスを担当する「役柄」に起用されておりました。

その際に、全く楽器(サックス)の経験が無かった濱田岳氏に、楽器の指導をしたのが”テナーサックス奏者”で有名な「吉本章紘」氏で、ご自身のSNS(ブログ)でも”演技指導”を行ったことを、明らかにされておりました。


引用元【インスタグラム(yoshi_sax)】

それによると、練習回数は”通算三回”であったようで、初めて”役者”に楽器演奏の指導をされたのか?「覚えが早い!」ことに驚いたそうです。

なので、ご自身(吉本氏)としても「滅多に無い経験」であったようで「様々な勉強になった!」と、語っておられます。

サックスと言えば、金管楽器の中でも「音を出すのは簡単!」でありながら「奏でる(安定した音)のは難しい!」と呼ばれている楽器ですが、指導者を驚かす程の”マスター力”であったようで、濱田岳氏の「モノを覚えるセンス!」は、俳優業と重なる部分が大きかったのでしょう。

「サックス」と言えば、それに関連した当記事も御座います↓↓↓


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
武田真治歯科衛生士と結婚!筋肉で再ブレイク?サックスは!中高大学は?
“サックスプレーヤー”や”筋肉体操”でお馴染みのタレント「武田真治」氏ですが2020年度に…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/man_musician/takeda_shinji/


あるいは、今回のNHKドラマは1995年1月に兵庫県で発生した「阪神・淡路大震災」を題材にした”精神科医”の話であり【実は!】楽器演奏の指導をされた「吉本章紘」氏は”神戸市”のご出身なのです。

なので!少なくても、この「大地震との結びつきは大きいはず」で、ドラマへの参加には相当!「心が揺れ動いた」ことは間違いなく、それを”熟知”した濱田岳氏が”その思い”も含めて一生懸命!練習に勤しんだのでしょう。

“吉本章紘”氏も、相当!これまでに「音楽に助けられた」ご様子で、震災からの復興は「サックスに出会ったことが大きい!」と、思っているはずに違いありません。

しかし、なぜ!濱田岳氏は昔(学生時代)から「音楽との共通点」が無いのに、ドラマで見せた見事!な「テンポの良い演奏ぶり」を披露することができたのか…?疑問に感じませんか??

【実は!】濱田岳氏は昔(学生時代)から”ラグビーマン”であったのですが、パンク・ロック・バンド「ブルーハーツ」の熱狂的ファンで、小学校三年生の時に聞いた楽曲「リンダリンダ」に、もの凄い「衝撃を受けた!」ことをキッカケに、そこからの大ファンとのことです。


引用元【インスタグラム(yasu_835)】

それまでは、全く!音楽とは”無縁”の濱田岳少年であり「音楽の授業で少しだけ触れる程度!」でしたが、ブルーハーツの”常識破り”の音楽性や子供心に強い刺激を覚えた”表現力”に「驚きと感動」を受けたらしく、唯一!ブルーハーツの楽曲を聞き続けているそうです。

今では!その”影響力”は仕事(俳優)にも生かされているそうで、ヴォーカルである「甲本ヒロト」氏からの、世の中に対する「反発心」や何事にも流されない「自立心」的な部分にインスピレーションを受けて、濱田岳氏が「大人になるまでのバイブル」として生かされ、メッセージ性の強い”楽曲”や破壊力のある”歌唱”で、今でも辛くなったり・悲しくなったり!した時に聴いているそうです。

なので、”少年時”から「アップテンポの激しい楽曲」を耳にしていた事と、高校生時代(私立獨協高等学校)に”ラグビー部”に所属し、テンポが要求される”ボール回”しで、自然に「体にテンポを染み付いた!」ことから「スローテンポのクラシック」には、いち早く!対応出来たのかも?知れませんね。

「音楽の才能が窺えた?」今回投稿されたインスタグラムの”ショット”ですが、俳優としての巷の”人気”や業界関係者からの”評価”が高いにも関わらず、”インスタ”の方には「あまり力を入れていない!」ご様子で、”投稿数”も”フォロワー数”も今一つです。

“インスタグラム”を始めたのが約一年ちょっと前であり、それなりに”充実”していてもおかしくな!と思わる”期間”が経っているにも関わらず、今だに「元気が無い!」ご様子です。

投稿”ショット”類は、非常に”個性的”で”ユーモア”溢れた「プライベート・ショット」が多く、視ていて楽しめるインスタなのですが、多忙のためか?残念ながら「情報量」はイマイチです。

公開投稿された”ショット”を観ると「スマホを片手に写真に挑戦している!」的な様子が窺えますので、ようやく”スマホ撮影”にも慣れた?ご様子なので、これからの”インスタ更新”が期待されるところです。

芸能(役者)歴も長く「人当たりの良い人物!」として有名な濱田岳氏だけに、たくさんの”芸能人”との関係も多いことでしょうから、きっと!”インスタ更新”が頻繁になれば間違いなく「著名人の登場も期待される!」ところなので、是非とも”辞めず”に続けて頂きたいものです。

◇ なぜオデコ(額)が広い?

“僅かな”投稿数の中でも、特に「プライベートショットが多いことが特徴的」な、今の濱田岳氏のインスタですが、その姿を見ていると相変わらず「あの部分!」に目が行ってしまいます(笑;)。

その”部分!”とは・・・【そう!】メッチャ広い「オデコ(額)!」ですね。

今では濱田岳氏の「チャームポイント」として、広く有名に?なりました。

あまりに広過ぎて!しかもデカい!ので、頭の上のヘアーすら「疑いの目?」を持つ方が多いのだとか!?


引用元【インスタグラム(gaku_hamada_official)】

なぜ!ここまで”オデコ(額)”が「広く・デカく」なったのでしょうか?

もちろん、一番に考えられるのは「親の遺伝!」ですね。

残念ながら濱田岳氏の「ご両親の情報」が、ほとんど”皆無”なので詳しく分かっておりませんが、ご自身は”東京港区”で生まれ育っていますので、環境的には「禿げる要素」は無いと思います。

“ご両親”以外に、もし!”兄弟”でも居れば「比較対象」にすることが来ますが、残念ながら「一人っ子の長男」なのです。

“五年前(2015年)”頃の写真を見る限りでは”毛”がフサフサで”本数”も多く「禿げるイメージ」はありませんが、前髪を下ろしているので”オデコ(額)”状態は確認することができません。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

なので、もしかすると!昔から既に”オデコ(額)”の「拡大化が始まっていた」可能性が否めません。

そこで!昔(学生時代)を振り返ると、高校生時代(私立獨協高等学校)に所属していた”ラグビー部”に「秘密が隠されている可能性!」があります。

濱田岳氏は”ラグビー”で汗を流していた時代に「スクラムハーフ」のポジションを担当しておりました。

“スクラムハーフ”とは、日本ラグビー代表でお馴染み「田中史朗」選手のポジション!と言えば直ぐにお分かり頂けると思います。


引用元【インスタグラム(since._.2019)】

つまり、”スクラム”から出たボールを見方陣内に「正確なパスを供給する役割!」で、”戦略”の大きな「鍵を握っているポジション!」のことです。

逆に!”敵陣”から見ると、ここを叩けば”点数”に結びつく可能性が少なくなるし、自分らの”得点”に大きく結びつきます。

なので、普段は「前線に立つポジション」では無いため「小柄な選手」が起用されるケースが多く、”攻防”に加わった際は他の選手よりも「受けるダメージが大きい!」のです。

ところで「激しいスポーツ選手」に多く見受けられる「餃子耳」って、ご存知でしょうか?

“耳”がメッチャ「腫れ上がって」”餃子”や”カリフラワー”の形状になった人間の「耳」のことです。


引用元【ツイッター(Web Magazine VITUP! )】

良く目にする機会が多きスポーツとして「柔道・レスリング・ラグビー・プロレス・相撲」があります。

このスポーツ競技に「共通すること」が何か、お分かりになりますか?

【そう!】それは!!「耳に刺激(擦る・叩く)が受け易い競技!」なのです。

柔道やレスリングは「寝技」で耳を”擦り”ますし、その他の競技は対戦相手との「体当たり」で耳に”打撃”を与えます。

なので、耳に大きな”圧力”を加えることで「内出血(耳介血腫)」症状となり、耳が大きく腫れて、そのまま放っておくと血液の”塊”や骨の”異変”によって、耳が「膨張した状態」となるのです。

そのため、耳が腫れ始めたら”内出血”を止めるために「冷却する必要!」があり、軽度の場合は”自然治療”で元の状態に戻りますが、”大小”違いがあれど!ある程度は「ダメージ跡(腫れが無くても異変状)」が残るものです。

また「腫れ上がった状態」で!そのまま練習を続けたり、更にダメージを増やすことで内出血が止まらない状態へと「悪化!」して、腫れが引かない状態に陥ることで”自然回復”の可能性が期待できなくなります。

しかし!徐々に”痛み”が引くことで、そのまま「放置する選手が多い!」ことから、そのままの形状耳(腫れた耳)となるのです。

昨今では、見た目の悪い「餃子耳を嫌う選手!」が多くなっていることから、耳に”影響”を与える前、あるいは腫れ始めの段階で”過剰刺激”を与えないためにも、プロテクターやヘッドギア、専用ヘルメットを着用する選手が増えております。

最近の選手は「ガード・アイテム」を使う方が多いのですが…【実は!】その昔!そのようなアイテムが無かった時代は「テーピングを厚めに巻いて」餃子耳(耳介血腫)防止を行っていたのです(私も柔道で経験あり!)。

今でも”ラグビー界”では、アイテムよりもテーピングを使っている選手が多く、最近の「ラグビーブーム」によって、その「姿」がチョクチョクお目見えする機会が増えていると思います。

なぜ!今でもラグビー界では”テーピング”を利用した”耳保護”の選手が多いのか?と言うと、ラグビーの場合「長時間競技」であり、その分!耳への”ダメージ”を多く受けやすいのです。

そのため「内出血(耳介血腫)」では留まらず、切れる!破れる!壊れる!といった症状が多く【しかも!】”会場”が広いため首脳陣の”司令”・”サイン”などが、アイデム着用だと「聞き取り難く!」なるのです。

そのため、耳のダメージを完璧に”スルー”させるため!や、耳を塞ぎ過ぎないで「周りの声」を聞き易くするために「テーピングの使用」が、今でも続いているのです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

そこで!注目なのが、テーピングを巻く際に”頭”にグルグルと「オデコ(額)を含めて巻いている!」点です。

“オデコ(額)”が禿げる(広目)になる理由の一つとして「頭皮の環境」もあるそうです。

練習中!常に”オデコ(額)”にテーピングを巻いていたことで”汗”の「発汗作用」や余分な”油脂”の「排泄作用」が妨げられ、髪の生え際…つまり「毛穴」が塞がれることで「育毛効果」が失われる可能性が高いのです。

“短時間”で、常に”清潔”にしていれば話は別ですが、長時間!大切な髪の「土壌である頭皮」に、大きな”ストレス”を与えることで「オデコ(額)の頭皮環境」が悪化!して、毛が抜けるどころか!生えなくなるのです。

濱田岳氏場合も、これが原因だ!と断言することは出来ませんが、少なくても学生時代に”ラグビー”を行っていた事実がある以上!”オデコ(額)”に悪影響を与えていたことは、間違いないでしょう!

【しかも!】現在の濱田岳氏の”耳”を見ると「餃子耳の兆候」すら!窺えませんので、相当!頑丈にテーピングを巻いていたか?あるいは問答無用に練習になると!テーピングをグルグル巻いていた可能性が、極めて高い!と思います。

つまり、その分!”オデコ(額)”に対する「頭皮環境を悪くしていた!」あるいは「刺激(ストレス)が大きかった!」のです。

「オデコ」と言えば、それに関連した当記事も御座います↓↓↓


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
萩原みのりインスタで父親風スタイルでオデコ広め?骨盤なぜ広い!
日本の”若手”女優の中でも、多彩な”表情”や”演技力”が魅力的な美人女優として、最近!メキメキと”人気”を上昇させ、ご活躍中の女優「萩原みのり」さん!…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/instu_actress/hagiwara_minori_ina/


◇ 実はイタズラ好き!

学生時代は真面目な「熱血ラグビー選手!」として活動していた濱田岳氏ですが、それとは裏腹に、今ではスッカリ!携帯電話会社の”au”の企業CMに出演して「金太郎キャラ」が広く世間で”定着”され、お調子者?ひょうきん者?イタズラ好き?などの「やんちゃ坊主キャラ」で、親しまれております。

その中でも、”芸能界”では「イタズラ好きな性格!」には、関係者も悩まされているそうで、俳優界の大御所「石橋蓮司」氏と共演された時には、背中に”ガムテープ”を貼って「 知らぬ存ぜぬ!」で、いたそうです。

また、以前フジテレビ系列で放送された月9ドラマ「プロポーズ大作戦」に出演された時には、共演者であった女優の「榮倉奈々」さんの”鼻穴”、に突然!「指を突っ込んだ」ことがあるそうです。


引用元【ツイッター(たまご @ )】

【さらに!】2008年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「太陽と海の教室」に出演された時には、共演者で女優の「吉高由里子」さんが寝ている所に「木の枝を口に突っ込んで!」楽しんだ模様です。


引用元【ツイッター(ひろノリのパパ )】

当時はまだ、駆け出し中の”吉高由里子”さんや”榮倉奈々”さんであっただけに、然程!周りへの被害は少なかったそうですが、流石に!大御所の「石橋蓮司」氏へのイタズラには、周りは「青ざめた!凍り付いた」のでは、ないでしょうか(笑;)。

もちろん、他の”俳優陣”や”女優陣”へのイタズラも【かなり!】多いそうです。

ただ、行っているイタズラの”レベル”が小学生程度!あるいは、自身の「芸能キャリア」が”モノ”を言っているようで、文句が言えない芸能人が多数いるらしく、その意味では「悪趣味!」としか言えませんね。

では、なぜ!真面目な「元ラグビーマン」の濱田岳氏が、”イタズラ好き”となったのでしょうか?

ご存じの方が多いと思いますが、濱田岳氏は東京生まれ&育ちの「一人っ子で長男」です。

なので、幼い頃から「甘やかされて育った!」可能性が高く、性格的にも「おせっかい!自分勝手!プライドが高い!」傾向にあるはずで・・・しかも!几帳面な「A型」なのです。

“A型”であるが故に「真面目」な部分を兼ね備えていることで、その点が”男社会”の「ラグビー界」で、発揮されていたのでしょう。

昔から「プライドが高い」割には、”身長”や低く”小デブ”で”ブサ顔”であったことから?少なからず何らかの「コンプレックスを抱いていた!」はずです。

何らかの”コンプレックス”を抱いている方に「イタズラ好きになる傾向!」があるらしく、特に自分より「長けている部分がある」方を見つけると、ジッとしていられないのだとか!?

つまり!自分よりも「劣勢になる」ことを嫌がり、”邪魔”をする訳です。

上記で挙げた、女優の”榮倉奈々”さんへのイタズラが【まさに!】これに該当して、イタズラをした理由は「榮倉さんが可愛い子ぶっている!」との事なので、イタズラ…と言うよりも「嫌がらせ!」を行ったのです。

また、イタズラ好きには”自分勝手”…つまり「自己中!」も多く居るらしく、人の”気持”を考えないで行動するタイプが、多く見受けられます。


引用元【インスタグラム(gaku_hamada_official)】

なので、相手に対する”罪悪感”が非常に薄く、後先の事を考えずに直ぐに行動を取るため、自身には”イタズラ感”がなくても、相手にとっては「不快に思う!」ことがあるのです。

【さらに!】イタズラの”度合”を図ることが出来ず「謝る意識」が弱いため、なお一層!相手を怒らせることにつながります。

上記で挙げた、女優の”吉高由里子”さんへのイタズラが【まさに!】これに該当して、吉高さんが疲れて寝ているのにも関わらず、自身の”イタズラ心”が勝り、相手の気持ちなど考えずにイタズラを決行した訳です。

【しかも!】上記で挙げた「二人に共通している部分」として、”年下”であり”芸歴”も自身よりも浅く、それでいて”人気”は自身よりも高い!ため、「人を見下している!」部分もあるのです。

この側面から見ると、自身が「優位な立場でありたい」気持ちや、”演技力”から見ても自身の方が「優っていることを証明したい」気持ちが、顕著に窺う知ることができます。

「一人っ子育ち」で【しかも!】「長男」であるが故に、ワガママで育った影響が”大人”になってから徐々に出始めるケースですね。

濱田岳氏の現在の”表の顔”は「お坊ちゃま系」の親しまれるキャラでありつつも、”裏の顔”では”芸能キャリア”をチラつかせた「やりたい放題系」の模様なので、「表の顔」の印象が崩れないことを祈るばかりです・・・?


引用元【インスタグラム(gaku_hamada_official)】


スポンサードリンク


◇ 世論の反応


かっこいい?サックス応援してますね!濱田さんも体調にはお気をつけて下さいませー!

いつかがっくんのサックス聴きたいなぁ

auのCM観ました!!まさか金ちゃん姿でラグビーするなんて…!!ラグビーしてる姿最高に輝いてます!!

心の傷を癒すということ見ました!サックス姿もカッコ良かったです

わー!サックス。お似合いです


やはり”テレビドラマ”の影響が大きいご様子で「視聴に対する声!」が多いようです。

また「意外な一面!」を見たインスタユーザーも多いようで、”音楽”と”濱田さん”との「結びつき!」に驚いたファンも多く見受けます。

【しかも!】「音を出すまでが難しい!」と言われている”サックス”を演奏されているので、
その意味でも「驚いた方!」も、多くいたようです。

学生時代は「音楽(楽器)」経験!は、全くなかったはずですが・・・?


引用元【インスタグラム(gaku_hamada_official)】


スポンサードリンク


◇ 生い立ちや学歴


濱田岳氏は1988年6月28日生まれの31歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

家族構成は”ご両親”と”ご本人”がいて、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子!

国籍&人種は「日本国籍」であり、父親が”日本人”&母親も”日本人”のため「生粋」の日本です。

◇ 小学校

・ 進学された小学校は、地元の東京都内にある学校に通われていたと思われますが、詳しいことは分かっておりません。

◇ 中学校

・ 進学された中学校は、地元の東京都内にある”獨協中学校”に、ご入卒されました。

◇ 高等学校

・ 進学された高校は、地元の東京都内にある”獨協高校”に、ご入学されましたが途中で「中退」しております。

◇ 大学

・ 大学には進学されておりません。

◇ その他

・ 特に無し。

スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 1998年に、TBS系列で放送された番組”ひとりぼっちの君に”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(くりぃむ。 )】

◇ 映画

・ 1999年に、”松竹”によって公開された映画”ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ぐろ月?? )】

◇ CM

・ 2000年に、”株式会社トライ”が手がけた企業CM”家庭教師のトライ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2005年に、TBS系列で放送された番組”ミステリーハンター”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 2009年に、Wiiテレビ系列で放送された番組”未来は今”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

◇ MV

・ 2010年に、”HY “が手がけた作品”告白”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2012年に、”ニッポン放送”局が放送した番組”濱田岳のオールナイトニッポンGOLD”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ゆんゆん )】

◇ アニメ映画

・ 2015年に、東京テアトル系列で放送された番組”百日紅 ?Miss HOKUSAI?”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(川崎市市民ミュージアム )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
濱田 岳
読み
はまだ がく
生年月日
1988年6月28日
仕事
俳優
出身地
東京都
所属事務所
スターダストプロモーション
血液型
A型