ミッツの話|インスタでマツコ激ヤセ&はるな愛整形|豪華共演を披露





日本の芸能界で君臨する三代オネエさま集団「ミッツマングローブ、マツコデラックス、はるな愛」のお三人たち!

何やら?この最強お姉さま集団が一同に揃い、驚異の”スリーショット”の撮影に臨まれたらしく、そのシーンを2020年2月28日に「ミッツマングローブ」さんがご自身の公式SNS(インスタグラム)に投稿されたご様子!

ミッツ・マングローブさんのインスタと言えば、仲間である「ドラァグクイーン」たちとの”交流”シーンや、仕事先での”オフショット”シーンなどが多数掲載されており、その”道”の方々から人気が高いそうです。

その気になるミッツ・マングローブ氏の公式SNS(インスタグラム)について紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(mitz_mangrove)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 最新メディア情報
・ 世論の反応
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 最新メディア情報



引用元【インスタグラム(mitz_mangrove)】

地球生物2020。

※ 引用元【インスタグラム(mitz_mangrove)】


この日”ミッツ・マングローブ”氏はご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、日本の芸能界において、”オネエ”を牽引する筆頭株主「ミッツマングローブ、マツコデラックス、はるな愛」の三人トリオの”スリーショット”の模様を、公開されたご様子!

日本の芸能界に”君臨”している「オネエさま」方が一同に集まった!とあって、同じ”業界”の仲間たちからは「歓喜の声」が上がっているご様子です。

【しかも!】滅多に集まることは無いであろう「おネイ界のビッグスター」の登場とあって、インスタ”ユーザー”からも、注目を浴びているそうです。

その模様を代表してインスタに投稿したのが、普段から”更新頻度”が高い「ミッツ・マングローブ」さん!

この日の投稿では「地球生物2020。」とのコメントでスタートさせ、お三方の名前をハッシュタグに使い、”新種”の「オネエ生物?」を、ご紹介された模様です。

“ショット”に写っているお三方は、ワザとなのか?”ピンボケ”したシーンで撮影されており、ハッキリと写っていないところが”ミソ”らしく「激ヤセアプリ?」の効果が、より発揮されている様子が分かります。

しかし、一番”手前”に写っている「はるな愛」さんは、あまりにも”スマホ”の「レンズ」に近過ぎたのか?「激ヤセ」どころか!整形したと思われる”ノーズライン”がハッキリと窺い知ることができます。

【しかも!】他の二人との”遠近感”の関係で、逆に”太った姿!”に見えておりますね。

それが”狙い”なのか?は定かではありませんが”奥”に見える両名は、より一層!激痩せた”お顔”に目が奪われます。

「はるな愛」さんは、ニッコリと笑みを浮かべて”注目”を集めようとする”魂胆”が見え見えですが、むしろバックにいるお二人の「不気味な表情」の方に、注目してしまいます。

特に”マツコ・デラックス”さんの”変貌ぶり”は、想像を絶するほどの「完成度」で、ヘアーカラーが”白毛”に見えることで、若干!「お年を召した」ようにも見えますが、その”激変”ぶりに驚いたフォロワーたちが、数多くいるようです。

また、元から”小顔”の「ミッツ・マングローブ」さんも”遠近感”の関係と手前の”お二人”のビッグフェースも手伝って、なお一層!「小顔」であることに気付かされますので、結局!この”ショット”で一番「得」したであろう!人物は「ミッツ・マングローブ」さん!と言えるのではないでしょう?

流石ですね♪


引用元【インスタグラム(mitz_mangrove)】


スポンサードリンク


◇ 世論の反応


ツコさん別人にみえます!愛ちゃんかわいい??ミッツさんキレイ

すごい、すごすぎです。お三方ともきれいになっています。愛ちゃん(けんじくん)こんなに、きれいだった?ミッツさん、相変わらずきれいだし。マツコさんもおきれいだし。まさに、parfect

一緒に呑みたい

お姉様達、お綺麗

加工しすぎー!だれもわかれへん


やはり皆様の”食いつき”どころは「マツコ・デラックス」さんのようで、”激ヤセ”ショットに驚きを隠せないご様子!

一昔前なら「はるな愛」さんの”可愛度”に注目が集まるものでしたが、今は昔!そちらに”食いつく”「同類」の方は少なくなった模様です。

この撮影した”スマホ”の機種で扱われた「アプリ」は、相当!マツコ・デラックスさんとの”愛想”が良かったようで、その完成度は素晴らしい!ですね。

フォロワーの皆様も「マツコ変わり過ぎ!」的な声が、非常に多いです・・・(笑;)


引用元【インスタグラム(1031imatan)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ ラジオ

・ 2010年に、”ラジオ日本”局が放送した番組”(秘)ミッツラジオ”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ シングル

・ 2011年に、”コロムビア”が手がけた作品”若いってすばらしい”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(たかの )】

◇ テレビドラマ

・ 2012年に、テレビ東京系列で放送された番組”勇者ヨシヒコと悪霊の鍵”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2015年に、”サントリー”が手がけた企業CM”BOSS”に出演され「CMデビュー」を飾ります。



◇ 舞台

・ 2016年に、”新国立劇場”によって公開された舞台”ミュージカル『DNA-SHARAKU』”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ランランエンタメ )】

◇ ネット番組

・ 2018年に、AbemaTV系列で放送された番組”安室奈美恵ファッション総選挙”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(music.jp )】

◇ 映画

・ 2018年に、”ファントム・フィルム”によって公開された映画”レオン”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
徳光 修平
読み
とくみつ しゅうへい
生年月日
1975年4月10日
仕事
タレント
出身地
神奈川県
所属事務所
ソニー・ミュージック
血液型
B型


有吉弘行の話|インスタで米粒口元に経済語る|再ブレークの理由?





今や!レギュラー番組の”帝王”として、”毎日”のように目にする機会が増えたタレントの「有吉弘行」氏。

何やら?2020年2月21日にご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、可愛らしい普段では見せることがない「お茶目なショット!」を披露して注目を集めているご様子!

最近の”有吉弘行”氏と言えば、主に”司会業”でのご活躍ぶりが目立っており、お笑い番組に出演しても”先輩”の風格!を見せ始め「お笑いが欠けている!」として、”お笑い好き”からは「機嫌い」される傾向にあるそうです。

ただ、”芸能界”を離れた「プライベート」では、特に”インスタ”や”ツイッター”を通してファンたちに様々な”シチュエーション”の写真や情報を提供して、楽しませている模様です。

その気になる有吉弘行氏の公式SNS(インスタグラム)について紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(ariyoshihiroiki)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 最新メディア(インスタ)情報
・ 世論の反応
・ 再ブレークの理由?
・ 生い立ちや学歴
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 最新メディア(インスタ)情報



引用元【インスタグラム(ariyoshihiroiki)】

世界情勢を熱く語る有吉氏。

※ 引用元【インスタグラム(ariyoshihiroiki)】


この日”有吉弘行”氏はご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新して、何を思ったのか突然!「世界情勢を熱く語る有吉氏」と”コメント”をしつつ、熱く討論?しているであろう様子が伺える写真をアップされました。

もちろん”相手不明”なので、何の議題?で討論しているのか?は意味不明です。

最近では”司会業”を積極的に熟している有吉氏なので、別に!そのことに関しては何ら問題は御座いませんが、インスタユーザーやご自身のファンが注目を注いだのが”米粒”らしき物体を口元に添えながら、”トーク”するシーンに興味を示した模様です。

今回投稿したインスタ写真には、”木目”を基調としたモダンな会議室らしき”個室”に座り込み、白地のワイシャツに”品位”を感じさせるシンプルな黒ボタンがあしらわれた、”紳士”感が漂うスタイルで登場して、真剣な眼差しでお相手と話している様子が伺えるショットを公開されて
おります。

そして、その紳士姿との”ギャップ”感を与えるための「米粒」を口元に添え?ユーモア溢れた”絶妙な”ショットを、公開された模様です。

もちろん!その”ギャップ感”は、ご自身の「狙い」であるのは間違いなく、それに便乗?した”フォロワー”から、たくさんの反響を呼んで”大成功?”を収めたご様子です。

放送局の”弁当”を、たまたま食べていた時にこの”シーン”が出来て、面白がって撮影されたことは言うまでもありませんが、その”シーン”を逃さないのが”一流”タレント!の「証」なのでしょう。

「ボキャブラリー」とか「発想の転換力」などは流石です!


引用元【インスタグラム(ariyoshihiroiki)】


スポンサードリンク


◇ 世論の反応


おちゃめ

オモシロ過ぎます!だいぶ、お米ついてます。。

有吉~口元口元~!(志村うしろ~風に)

ありよし~おくち??

ご飯粒すらも感じさせないぐらい熱いです。

おべんとちゅいてまちゅよ?


まんまと、有吉弘行氏の”策略”にハマった皆様が多い様で、”お米”ネタへの反響が凄いです!

しかし、その中でも注目すべきは、一番最初?最後?のコメントを寄せいた”フォロワー”は…

【なんと!】タレントの「坂下千里子」さんです。

おもしろ”ネタ”に対して、おもしろ”コメント”で反応したご様子です。

元々、有吉弘行氏のインスタに登場したことがある彼女なので”フォロワー”としてすぐさま!対応したのでしょう。


引用元【インスタグラム(ariyoshihiroiki)】


スポンサードリンク


◇ 再ブレークの理由?


有吉弘行氏と言えば、日本テレビ系列で放送されたバラエティー番組”進め!電波少年”に出演し、番組の企画「ヒッチハイクの旅」で大人気を誇り一躍!ブレイクを果たしたことは有名な話です。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

また、その勢いのまま!結成していたお笑いコンビ「猿岩石」の名が世に広まり知名度を上げ、自身ら初となる1stシングル「白い雲のように」をリリースすると、大ヒットを記録して、当時の”メディア界”に「旋風の荒らし!」を巻き起こしておりました。

【ところが!】その後、”一攫千金”を得たことで急激に仕事を熟さないようになり、一挙に人気が低迷して行きます。

その後はご存知の通り「一発や芸人!」として芸能界から姿を消し、2004年に”猿岩石”を「解散」され、”個人”での活動をスタートさせます。

しかし、芸能界への復活を”模索”し始めた時には、”汚名”や”汚点”によって押し潰されて、中々”芸能界”のメジャーに生え上がり、息を吹き返すのが難しく、数年間!もがき苦しんだ模様です。

では、どうやってその「暗黒の時代」から息を吹き返したのか?・・・ご存知でしょうか?

その”キッカケ”となったのは、2016年10月からテレビ朝日系列で放送されているトーク・バラエティー番組”雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!”に出演したことから!と言われております。

その当時流行っていた「自傷ネタ」や、他のお笑いタレントが行っていなかった「毒舌トーク」を繰り広げると、一挙に注目が集まり初めて行きます。

その”人気”のまま、番組にレギュラー出演するようになると、共演者に「あだ名」を付け始め、お茶の間からその”センス”が大いに”ウケ”て、思いのほか”好評”を得たことで「あだ名職人!」等と称されて、一挙に”お笑いタレント”への復活?復帰?を果たします。

その”あだ名”とは一般的な単なるモノではなく、元”一発屋”のお笑いタレントらしく”後先”を考え見ず「クソ!だの野郎!だの」と”インパクト”の強い言葉を併用したことで、他にはない”個性”が発揮されたらしく、芸能界”復帰”への足がかりに大いに役立った模様です。

その後は、主に”先輩”を「イジる!」ネタを披露する様になり、特にお笑いトリオ”ダチョウ倶楽部”のメンバー「上島竜平」氏との”交流”が深まり、仕事が無い頃は”面倒”を見て頂いていたそうです。

今では、スッカリ!”親交”が深まって、上島竜平氏が主催する「竜平会」のメンバーとして有名になりました。

“竜平会”を表(メディア)に登場させ、有名にさせたのも有吉弘行氏ではないでしょうか?

それまでは”竜平会”など聞いたことがありませんでしたが、メディアで有吉弘行氏が上島竜平氏に”ツッコミ!”を入れる度に注目が集まり、二人の関係性にも注目するファンが増えたことで、”竜平会”の名が世間から認知されるようになった!と感じます。

なので、今!考えると有吉弘行氏の「復活劇」は、たくさの”芸人仲間”や”関係者”の「尽力」があったからこそ成し遂げられた!と感じているのは、私だけでしょうか?


スポンサードリンク


◇ 生い立ちや学歴


有吉弘行氏は1974年5月31日生まれの45歳(2020年)で、ご出身は「広島県」です。

ご出身の”広島県”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

家族構成は”ご両親”と”四歳年下の弟”がいて、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子!

国籍&人種は「日本国籍」であり、父親が”日本人”&母親も”日本人”のため「生粋」の日本です。

◇ 小学校

・ 進学された小学校は、地元の広島県内にある学校と判明しておりますが、詳しいことは分かっておりません。

◇ 中学校

・ 進学された中学校は、地元の広島県内にある”熊野町立熊野東中学校”に、ご入卒されました。

◇ 高等学校

・ 進学された高校は、地元の広島県内にある”熊野高等学校に、ご入卒されました。

◇ 大学

・ 大学には進学されておりません。

◇ その他

・ 特に無し。

スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 芸能界スタート

・ 1992年12月に、地元の広島県にある”熊野高校”に在学中に読売テレビ系列で放送されていた”EXテレビ”内の企画番組「公開弟子審査会」で見事!合格を果たして、お笑いコンビ”オール巨人”の「弟子」として、芸能活動をスタートさせます。


引用元【ツイッター(ヤレる奥田民度 )】

◇ バラエティー

・ 1996年に、日本テレビ系列で放送されたバラエティー”進め!電波少年”に出演され「バラエティーデビュー」を飾りました。この時の企画”ヒッチハイクの旅”が大いに当たり!一躍、注目を集めました。


引用元【ツイッター(レトロ系 )】

◇ 音楽関係

・ 1996年12月21日に、日本テレビ系列で放送された番組”進め!電波少年”の人気を牽引するように、その後CDをリリースし1st”白い雲のように”で「CDデビュー」を飾ります。





◇ 映画

・ 1998年1月から公開された映画”一生、遊んで暮らしたい”に出演され「映画デビュー&俳優デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(ケン・ソゴルは出張中! )】

◇ テレビドラマ

・ 1999年に、テレビ朝日系列で放送されたテレビ番組”青い鳥症候群”に出演され「テレビデビュー」を飾りました。

◇ 舞台

・ 2000年7月22日から公開された舞台”シンドバッドの大冒険”に出演され「舞台デビュー」を飾りました。

◇ グループ解散

・ 2004年に、長らく活動してきたお笑いコンビ”猿岩石”を解散し、”ピン”での活動をスタートさせます。

◇ ラジオ

・ 2006年5月に、ニッポン放送の番組”春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ”に出演され「ラジオデビュー」を飾りました。

◇ 出版

・ 2008年9月に、所属事務所である”太田プロ”から独立した出版社の”太田出版”から”オレは絶対性格悪くない!”をリリースし「書物デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Wara_Bot )】

◇ CM

・ 2010年に公開されたアメリカ映画”レギオン”の日本向けCMとして放送された企業 CMの”ナレーション”として出演され「CMデビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(長妻じゅるり )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
有吉 弘行
読み
ありよし ひろいき
生年月日
1974年5月31日
仕事
お笑い芸人
出身地
広島県
所属事務所
太田プロダクション
血液型
A型