一時期!”芸能界”から姿を消し、最近!”バラエティー番組”や”トーク番組”で息を吹き返しいる?バラエティータレントの「若槻千夏」さん!

何やら?2020年3月5日にご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、人気バラエティー番組への出演がキッカケで「汚文字」であることが判明するとネット界をザワつかせ、その「釈明」をインスタで行った!として、注目を浴びている模様です。

若槻千夏さんと言えば、一時期!メディアから「姿」を消してファンたちから心配されておりましたが、唯一!情報を公開されていたのが、ご自身の「SNS」でしたね!

特に”インスタグラム”の利用はかなり多く、たくさんの”ショット”を披露されておりました。

その気になる若槻千夏さんの公式SNS(インスタグラム)について紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 最新メディア(インスタ)情報
・ 世論の反応
・ WC時代のクマタンとは?
・ 汚文字で何故!小倉優子が犠牲?
・ 生い立ちや学歴
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 最新メディア(インスタ)情報



引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】

昔流行った丸文字の前からこの文字。丸文字が後だ。足がくさい人がいる運転が下手な人がいる!呟いた君そーゆー事だぞ。

※ 引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】


この日”若槻千夏”さんはご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、2020年3月4日に日本テレビ系列の人気バラエティー番組「今夜くらべてみました」に出演された様子が放送されて、その中でご自身の「メモ」が公開されたことで「汚文字(変形文字)」であることが明らかとなり、その「釈明」をインスタで行った模様です。

この日の番組のお題は「今夜は最強A型&B型美女が大集合!なぜ女子は…」であり、”血液型”にまつわるトークで番組が盛り上がっていたのですが、その中で”A型”である「若槻千夏」さんが「共演者の情報を小まめにメモっている!」として、その直筆内容をご紹介されたのです。

【ところが!】番組内では特に「触れられる!」こともなく、流れに沿った放送が行われたのですが、その後!それを見たネットユーザーたちから、あまりにも「個性的な文字」であったことから”賛否両論”が発生したのです。

“個性的”な文字に対して「可愛い!面白い!特徴的!」などの”肯定的”な反応があった一方で!「汚文字!何歳だ!読めない!勉強不足!」などの”否定的”な意見が、多く寄せられていたのです。

そこで今回!インスタを更新されて、その”賛否両論”に対して「釈明」をされたご様子で、物議が交わされた「汚文字」のショット!を公開しつつ、コメントで「昔流行った丸文字の前からこの文字。丸文字が後だ。」と、”丸文字”の「先駆けは自分である!」ことを、アピールされた模様です。

但し「丸文字と汚文字」が同じものか?と言われれば疑問を感じますが…、ご自身の中では特徴的な”丸文字”に対しての批判!と、感じたようですね?

別に!”丸文字”であることは「読めない文字」では無いので、そんなに深刻に受け止める必要は無いと思いますが・・・、逆に!人間味が溢れた”個性的”な文字であり「芸術性」さえ!感じさせて頂けます。

しかし「A型で几帳面?」な若槻千夏さんだけに、黙っていられなかった!のでしょうか?

コメントは続き「足がくさい人がいる運転が下手な人がいる!呟いた君そーゆー事だぞ。」と、世の中には「個性的な人」がたくさん居ることを訴えながら、ご自身の”丸文字”の「正当性・適格性」を叫ばれたご様子です。

また「反論?釈明?」として投稿された”ショット”には「直筆」であろう文字で「だって人間だもの」等と書かれており、”物議”が交わされた「丸文字」を、強調された模様です!

“賛否両論”でザワついた「ツイッター」とは対象的に、インスタのフォロワーからは「字に対して批判的?なんじゃそりゃ!文字めっちゃタイプです!個性的で可愛い字!ぐちゃぐちゃで読めない字よりかは全然いいです!」・・・等と、”好意的”な呟き!が多く寄せられており、「個性を歓迎するムード!」が、漂っております。

なので、何故?これ程までに若槻千夏さんの「丸文字(汚文字)」が叩かれるのか?疑問に感じますが・・・

やはり!”丸文字”よりも「個人へのバッシング!」が、今だに残っているのでしょうか?

つまり、今だに「アンチ!」がたくさんいることを「物語っている」ようで、突然!メディアから”姿”をくらました!と思いきや、突如!また芸能界に登場し始めた・・・ことを、良く思っていない方が大勢いるご様子!

最近では、以前のような”人気”を取り戻し始めているそうで、出演する番組などの”視聴率”も悪くはなかった模様ですが、自らの失態?によって「痛い目」を見る結果となったようです。

しかし”芸能界”では「個性」が、何者にも代えがたい唯一の「武器!」であるのは間違いなく、それが無ければ「ブレイクや売れること!」は有りえませんから、これに”へこたれない”で頑張って頂きたいものです。

・・・と言うもの、若槻千夏さんは「表(メディア)」では様々な”評価”で、中々「再ブレイク!」を果たせずにおりますが、「裏(SNS)」での活動では積極的に「努力」されており、”インスタ”ではたくさんの”ショット”を投稿され、根強いファンたちを楽しませております。

特に!以前に自らファッションブラインド(WC)をプロデュースされたご経験がありますが、それだけに”インスタ”では「ファッショナブルなシーンのショット!」が、数多く投稿されており、女性たちから見ると「とても楽しめるインスタ!」では、ないでしょうか?

また、有名「共演者」との”ツーショット”なども拝見することができ、普段では決して見ることのできない貴重な”オフショット”だけに「お得感!」させ与えてくれます。

【しかも!】長らく”インスタ”を行っているらしく、”投稿始め”の頃に戻ると「若くてピチピチ!」な若槻千夏さんを窺うことができるので、厳しい芸能界を渡り歩いてきた若槻千夏の「芸能ストーリー」を拝見することが出来る【まさに!】「”個性”溢れた”色彩センス”の良いインスタ!」と、言えると思います。


引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】

◇ 汚文字で何故!小倉優子が犠牲?

なので、今回の投稿で”物議”を交わした「丸文字(汚文字)のショット」は、今まで見たことがない「文字だけのショット!」であるだけに、非常に目を引く”珍しい”一枚!となったのです。

では何故?若槻千夏さんは「丸文字(汚文字)」なのでしょうか?

もちろん”真相”は定かではありませんが「汚文字の方の特徴!」を捉えると、見えてくる部分もあるかと思います。

また、今回話題に挙がった「血液型」も、大きく関わっている可能性も否めませんね!

若槻千夏さんは”生粋”の「A型」・・・らしいです。

なので”A型”で良く言われる「几帳面で真面目、しかし自己中!で面倒臭がり屋!」であるはずです。

それを踏まえて「汚文字」の方の特徴を見ると、代表的な性格として「面倒臭がり屋!」が非常に多い思います(実際に私もAで面倒臭がり屋です=汚文字です(笑;))。

学生時代を思い返すと、確かに教師の書いた黒板の”文字”をイチイチ!書き写すのが面倒で、「素早く!適当に!」書いていた記憶があります。

つまり、俗に言う「せっかちな性格!」なのですね♪

あの!音楽業界一「せっかちな性格!」で有名なバイオリニストの「高嶋ちさ子」さんも、何を隠そう!「A型」なのです。

“せっかちな性格!”であるが故に、教師の書いた黒板の”文字”を「素早く!適当に!」書き写す訳ですが、そうすると否応なしに「汚い文字!」でノートが埋め尽くされるはずです。

コンピューターでない限り?「高速ライティング」で、綺麗な文字の方を見たことがありません。

【しかも!】そのような”A型”の方は「自分が読むだけ!」が絶対前提であるので、自分だけが理解できればよく、それだけで「満足感」が得られることで「綺麗に書く努力!」を行いません。

それが「少しづつ…長く…癖となって!」終いには、大人になってからも「汚文字」が抜けないのです。

【さらに!】若槻千夏さんの場合「丸みを帯びた」象形文字(笑;)なので、尚更!無意識のうちに「早く終えたい、遅れたくない、負けたくない」などの、面倒臭がりの”気持ち”が全面に「優先していた!」ことが窺えます!

・・・とは言え!”汚文字”の方には、意外にも”おバカ”が「少ない!」のも特徴的です。

【しかも!】汚文字の方の性格が「せっかち!」なだけに、仕事の効率が良い(仕事が早い)ようにも感じられます。

もちろん!それが故に「完璧な仕事を熟すのか?」と言われれば、その通りになるとは限りませんが、周りからすると「気持ちの良い仕事!」に見えるのは間違いありません!

授業中に、文字を綺麗に書こうとする方はそちらに気が取られてしまい、満足に教師の「言葉」が頭に伝わりませんし、残り難いです。

一方の、文字を素早く!適当に!書こうとする「せっかちな性格!」な方は、文字を書くことに集中しませんから、教師の「言葉」を良く聞こうとします。

【しかも!】あまりにも”余裕”が出来ることで、要らないことを質問して怒られることもシバシバ・・・(笑;)。

しかし、その時に残る「印象」が脳から情報を取り出す際に極めて重要な「住所」となるのです。

「特殊能力!」ではありませんが、学生時代に「家庭勉強をしない!ノートも取らない!塾などにも通っていない!」・・・なのに、成績が”中クラス”を保っていた!などの学生を見たことがありませんか?

【実は!】この様な方の話を聞くと「徹底的に!授業に集中して教師の話に良く耳を傾けている!」と、仰る方が多いのです。

つまり、”教科書”から情報を得て…”解説”の黒板の文字を良く見て…”理解”するために教師の言葉を参考にする・・・ことで、しっかりと頭にインプットされるのです。

もちろん、文字を書いて「体感」しながら記憶することは最も大切なことですが、時間が限られた授業の中では「書く」よりも「覚える」ことが重要で、”体感”の部分を「短素化(適当!)」することで、別の部分↑に取り組むことが出来ます。

よく!”カラーペン”や”カラーマーカー”などを駆使して、教科書に勝るほどの「綺麗なノート」を描く方がおりますが、その方の「成績」を見ると「あまり振るっていない!」方が、多いように感じます。

つまり「勉強する”ポイント”がズレている!」のであり、他人からは良く見られても肝心な「中身」が伴わない訳です!

なので今回!若槻千夏さんの直筆が「丸文字(汚文字)」であることが明らかとなりましたが、それを「笑ったり!馬鹿にしたり!罵ったり!」するのは大きな間違いであり【寧ろ!】「秀才の可能性!」を秘めているのですから(笑;)一目置いて!「歓迎」する必要があるのです。

よく「馬鹿と天才は紙一重!」と呼ばれますが、若槻千夏さんは「トークに優れていたり!ファッションセンスが高かったり!ユーモアセンスが良かったり!」・・・と【まさに!】一般人では理解し得難い「着眼点!」に長けているのでしょう。

このような!才能豊かな”タレント”さんは、日本の芸能界にとって必要な「人材」であり、馬鹿にするどろこか!応援しなければ行けない人物ですね♪


引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】

【ところが!】ウエルカムの「丸文字(汚文字)」なのですが、以前に!その”文字”が原因で、この度のような「ネットをザワつかせる!」ことがあったのです。

その時の「ネットをザワつかせる!」話題を生んでくれたのが(笑;)、若槻千夏さんと同じ芸能事務所(プラチナムプロダクション)に所属しているタレントの「小倉優子」さんなのです!

その「火種」となったのは、小倉優子さんがご自身の公式SNS(インスタグラム)に投稿した、ある「一枚のショット」でしたね↓↓↓


引用元【インスタグラム(ogura_yuko_0826)】

この日”小倉優子”さんは、テレビ番組の出演でテレビ局の「楽屋」を訪れたそうですが、その時にご自身の名前が書かれた紙に・・・【なんと!】「イタズラ書き」を発見されたのです。

【しかも!】そのイタズラ書きには、堂々と「わかつきちなつ」と犯人?の名前が記されており、続けて「あこがれてます」等と、心にも無い?ことが書かれ紙と「苦笑い」を浮かべた”ゆうこりん”との”ショット!”が、小倉優子さん側のインスタで公開されました。

この時に投稿されたメッセージには「楽屋の名前に落書き発見!」と、”驚き”と共に”嬉しさ”が伝わるコメントを挙げて「同じ事務所の若槻千夏ちゃんからだ笑」と、犯人?が特定できたことをご報告されました。

何故?「あこがれてます」等と、態とらしい?メッセージを残したのか?は定かではありませんが、ゆうこりんも何も考えずに「悪ノリ!」で、面白おかしくインスタに投稿されたのでしょう!

※ 後に分かったのですが、同じ「子持ちのママ!」との意味合いがあったようです!

【ところが!】ネットのファンたちは「別の視点」に注目したらしく・・・

【それは!】そう!!若槻千夏さんが書かれた「文字」に”熱い視線”が注がれたのです。

この時の”文字”が【まさに!】今回!話題となっている「汚文字」であったのです!

この時は、ファンたちの間では「ギャル文字」等と呼ばれ「笑われる(ジョーク」)程度で治まっておりました。

しかし今回は!・・・その時の様には行かなかった!みたいですね(笑;)。


引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】

◇ WC時代のクマタンとは?
ところで!”インスタ”の話に戻しますが(笑;)、以前に自ら”プロデュース”された「ファッションブランド(WC)」のシーンも、たくさん投稿されておりました。


引用元【ツイッター(古着アウトレット情報bot )】

ご自身が25歳の時に、このファッションブランドに専念するために「芸能界から姿を消した!」とまで、呼ばれておりましたね!

なので、周りからは「アパレルブランドを立ち上げた実業家!」等とモテ囃されるようになって「歓迎派」と「アンチ派」とがハッキリと別れた!ことが、今でも記憶に新しいところです。

ちなみに、この「WC」とは若槻「(W)akatuki」と千夏「(C)hinatu」とを組み合わせたもので、名前が由来なのです。

あまり”タレント”の「事業化!」を、好んでいなかった「ネットヲタク」やご自身の「アンチ」からは「WC=トイレってなんだ!」等と、馬鹿にされていたものです(笑;)!

この当時の若槻千夏さんは”人気”が「絶好調!」であっただけに、新しい”分野”に取り組み易く【しかも!】知名度も誇っておりましたので、”メディア戦略”でも成功し大きな話題を呼んでいたのです。

そして、この時に誕生した「WC」のキャラクターとして扱われていたのが「KUMATAN(クマタン)」であり、このキャラクターの生みの親は”若槻千夏”さんと呼ばれておりました。


引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】

「WC」が本格的に稼働し始めると、この”KUMATAN”を使ったオリジナルバッグや私服、小物品類やアイテム全般などがリリースされて、子供を持つ「ママ世代」から大きく”支持”されていたのです。

しかし、ここまでは”芸能人”が「起業」する場合と何ら変わること無く、良くある話なので特に見新しいものでもなく、若槻千夏さんもスタートダッシュに”成功”しておりましたので、誰もが長く続いて行く!と思っておりましたが・・・?

【実は!】若槻千夏さんは「WC」を立ち上げた約4年後の2013年に、このブランドから「退いた!」のです。

その理由として最も大きかったのが、ご自身でデザインした?というキャラクターの”KUMATAN”で「痛い目!」を見てしまったのですね。

【なんと!】このクマタン!!実際にデザインした・・・つまり「生みの親」は若槻千夏さんではなくて、イラストレーターの「おかだ萌萌」さんであったのです!


引用元【インスタグラム(okada_momo)】

おかだ萌萌さんに「依頼したのか?」あるいは「たまたま描いたのか?」は、定かではありませんが、このデザインを目にした若槻千夏さんが”気に入って”しまって「当事者と確認した」上で、WCのキャラクターに採用したそうです。

【ところが!】おかだ萌萌さんが「KUMATANのデザインでグッズを作りたい!」と若槻千夏さんに提案したところ「猛反発!」を食らったそうで、そこからKUMATANの「著作権」を含めた”問題”が勃発して、ややっこしい事態へと発展して行ったそうです!


引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】

そこで、WC内の雰囲気が壊れていた最中!どうしても「KUMATAN」を手放したくない若槻千夏さんが打って出たらしく、”KUMATAN”の「著作権」を引き換えにWCから退く条件を提案したところ!それが認められて、”KUMATAN”を引き換えにWCから去ったようです。

そもそも!「WC」とは、ご自身の”名前”が由来↑なので、このブランドを離れる際は相当!な覚悟を持って、退いたことでしょう!

・・・とは言っても!「WC」は今でも”ご健在”のご様子ですが、若槻千夏さんも大好きな”KUMATAN”を自由に使ってご商売(スタンプなど)を、されている模様ですね♪


引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】


スポンサードリンク


◇ 世論の反応


いい歳したおじさんが中学生みたいな字を書くのはOKで、これはNGなの?謎

字に対して批判的?なんじゃそりゃ!笑

個性的で可愛い字

私も、今くら見ました!大丈夫です!若槻さん!人は、個性がそれぞれありますから!!!応援してます!

私はこの字にセンスしか感じないです!さすがデザイナーとしか思わない


皆様のご意見は”賛否両論”の模様です。

ただ、目に付くのは「読めい文字よりはマシ!」との声が多いように思います。

「個性が大事!」との声も多く、若槻千夏さんが気にされているほど、周りは「楽天的」な見方が多いようです。

なので、逆に”そっと!(無視)”しておいた方が良かったかも・・・?

その辺が、やはり!「A型」なのでしょうか・・・(笑;)。


引用元【インスタグラム(wakatsukichinatsu)】


スポンサードリンク


◇ 生い立ちや学歴


若槻千夏さんは1984年5月28日生まれの35歳(2020年)で、ご出身は「埼玉県」です。

ご出身の”埼玉県”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

家族構成は”ご両親”と”五歳年上の兄”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子!

国籍&人種は「日本国籍」であり、父親が”日本人”&母親も”日本人”のため「生粋」の日本です。

◇ 小学校

・ 進学された小学校は、地元の埼玉県内にある”吉見町立西が丘小学校”に、ご入卒されました(有力情報!)。

◇ 中学校

・ 進学された中学校は、地元の埼玉県内にある”吉見町立吉見中学校”に、ご入卒されました。

◇ 高等学校

・ 進学された高校は、地元の埼玉県内にある”埼玉県立滑川総合高等学校”に、ご入卒されました。

◇ 大学

・ 大学には進学されておりません。

◇ その他

・ 特に無し。

スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ CM

・ 2002年に、”全日本GT選手権”が手がけた企業CM”全日本GT選手権 2002年度イメージガール”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(リョウ@100系乗り(ドアに傷あり) )】

◇ DVD

・ 2002年に、”ドーガ”が手がけた作品”atrea – カトレア”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2002年に、”彩文館”が手がけた作品”千夏のカタチ”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。



◇ テレビ番組

・ 2003年に、フジテレビ系列で放送された番組”感動ファクトリー・すぽると!&ニュース”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(スツール専門店 スツール・パラダイス )】

◇ ラジオ

・ 2003年に、”毎日放送”局が放送した番組”オレたちのヒロイン”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ シングル

・ 2003年に、”avex “が手がけた作品”愛のカケラ”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(らうおう2 )】

◇ 映画

・ 2004年に、”及川中”によって公開された映画”NO NAME”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(心地よい電化生活 )】

◇ テレビドラマ

・ 2005年に、日本テレビ系列で放送された番組”ごくせん”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(青星天翔(あおぼしてんしょう) )】

◇ 雑誌

・ 2012年に、”東京ニュース”が手がけた作品”B.L.T.”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(表札の徹底比較サイト! オンリーワン )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
栗原 千春
読み
くりはら ちはる
生年月日
1984年5月28日
仕事
アイドル
出身地
埼玉県
所属事務所
プラチナムプロダクション
血液型
A型