安宅晃樹アナ年上女房と結婚!なぜイケメン?筋肉質の理由?中高大学は?





“端正”な顔立ちと内に潜めた”美筋肉”を持つフジテレビ社の”イケメン”アナウンサー「安宅晃樹」
アナが2019年12月にご結婚されたことが明らかとなりました。

安宅晃樹アナ”26歳”にして、”年上女房”とのバースデーゴールイン(ご結婚)のご様子!

その気になるご結婚された”年上女房”とは「一般人で会社務めの女性」とのことです。


引用元【ツイッター(Yahoo!ニュース )】

一報は”関係者”からの情報のようで、芸能誌やメディア発表ではないようです。

なので、今のところは”ネットニュース”で広く伝えられているご様子!

それによれば、お相手は”一般人”の会社勤務の女性らしく”笑顔”が可愛い”料理上手”な年上女房の
模様です。

この日(12月25日)は安宅晃樹アナの誕生日であり「バースデー婚」を叶えたご様子!

通常は、このような”記念日”に合わせるのは「女性側の記念日」なのが一般なのに安宅晃樹アナの
場合、ご自身の”記念日”に合わせたようです。

多分、”クリスマス”を絡めたかったのでしょうね?

その辺を伺うと、今から”亭主関白”になる可能性を秘めている事を”匂わせて”おりますね!(笑;)

その女性とは友達を通して知り合い、約”一年半”越しの交際期間であったらしく、既に”入籍”は
済ませてはいるものの、まだ「挙式・披露宴」は行っておらず今後も「未定」とのことです。

学生時代”ミスター東大コンテスト”で栄冠に輝いた”イケメン男性”をゲットした「年上女房」が
気になる所ですが、今回はご本人の安宅晃樹アナにスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ なぜイケメン?
・ 筋肉質の理由?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 安宅晃樹アナの中高大学は?

安宅晃樹アナは1992年12月25日生まれの26歳(2019年)で、ご出身は「山口県宇部市」です。

ご出身の”山口県宇部市”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、安宅晃樹アナも(山口県宇部市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

しかし幼少期から中学校までの”情報”が、ほぼ”皆無状態”なので詳しいことは分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄(未定!)”がいて、ご本人は”一番下”の「次男」で生まれ育ったご様子!

また”ご両親”の「ご職業」などは分かっておりません。

ただ、ご出身の山口県宇部市は”瀬戸内海”に面しているため、幼い子頃から遊び場は”海”であった
可能性が高く、ご両親の職業も”水産関係”であった可能性も考えられます。

ご出身の”小学校”を探してみましたが、山口県宇部市には”20以上”の学校が健在しているため
絞るのが不可能でした。(涙;)

なぜ”田舎”の平坦な土地柄なのに、これほどまでに”小学校”があるのでしょうかね?

ちなみに「私立&公立」を合わせた”中学校”も、約”10校”以上健在しているご様子です。

その中で、安宅晃樹アナは”宇部市立桃山中学校”にご入学されております。

では、”宇部市立桃山中学校”から”小学校”を調べてみると近辺にある学校は↓↓↓

・ 宇部市立小羽山小学校
・ 宇部市立上宇部小学校
・ 宇部市立琴芝小学校
・ 宇部市立新川小学校


以上に絞られますが”宇部市立上宇部小学校”は小中高とあるため、この小学校に入れば同中学校に
進むと思われることからこの学校ではなく、”宇部市立琴芝小学校”や”宇部市立新川小学校”は
「桃山中学校」から結構離れております。

なので、小学校の”規模”や”近辺”にある学校!と意味から考えても「宇部市立小羽山小学校」の
可能性が高い(推測!)と思われます。

また中学校の”情報”も、ほとんど”皆無状態”なので詳しいことは分かっておりませんが、”海辺”で
育った環境からでしょうか?「水泳」が相当”得意な少年”であったようです。

なので”学年”や”種目”、さらに”部活”に入っていたのか?は定かではありませんが県大会(山口)で
“上位”の成績を収めた経験があるとのこと。

【しかも!】さらにその上の大会(中国大会)では、上位入賞(六位)を果たしたそうです。

この時の種目は「50m自由形」との事なので競技種目は”自由形”で、ほぼ間違いないでしょう。

そのため、”運動神経”抜群の「筋肉男子!」しかも、そのスタイルは”細マッチョ!(水泳選手)”で
あったことから、相当”女生徒”から「モテた」可能性が高いでしょうね!

果たして結果はいかに!(笑;)

運動神経抜群!で育った?中学時代を終えると、高校は地元の山口県宇部市を”離れ”て、お隣の
広島県広島市にある”AICJ中学校・高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また”英語教育”が盛んなようで、この学校に入学すると決まりごとの様に「英語検定」を
“受験”させられるそうです。

なので、県内でも有数の”英検取得率”を誇っているのだとか・・・?

また、この高校は”学校名”の通り「中高一貫教育」であるため、中学校にさえ入学できれば系列の
高校まで”内部審査”のみの”エスカレーター式”で「入学(進学)」することができます。

但し”一般入試”でご入学する場合、偏差値が”60”を超えているため結構な「難易校」のようで、
そのため”一般募集”が少なく、通常は”中学校”に入って「進学する」のが普通(ベスト)とのこと。

なのに”理由”が定かではありませんが安宅晃樹アナの場合、地元の山口県宇部市を離れ態々お隣の
“広島県”にある高校を選び、さらに”応募者数”が少ない”中高一貫”の高校を選んだご様子!

もしかすると、”ご家庭”の「事情」が絡んでの高校進学となったのかも?ですね!

そのため、高校へは学校が管理している”寮”に入り、そこから通っていたそうです。

高校時代も、得意であった”水泳を生かすため「部活動」に入部されていたのか?定かでは
ありませんが、この高校は”教育重視”のようで”部活動”はあまり”盛んに”行われていないご様子!

なので、もしかすると”水泳部”じたい!無かった可能性もあります。

そのため”学力”は相当「優れていた!」ようですが、その他の詳しい情報は分かっておりません。

“勉学”に励んだであろう?高校時代を終えると、大学は【なんと!】名門”東京大学”の理科一類に
合格し「工学部」ご入学されました。

その点から見ても、いかに進学した高校(AICJ中学校・高等学校)が”優れた”学校であるか!さらに
「教育重視」の高等学校であることが理解できます。

東京大学の”工学部”にご入学後は、工学部システム創成学科の”環境・エネルギーシステム
コース”を専攻し、主に「原子力」について学んだそうです。

そのため、大学をご卒業される際は「原子力国際専攻修士課程」も”修了”されております。

本格的に”スポーツ”から離れ、”勉学”に勤しむようになった安宅晃樹アナでしたが、運動で培った
“筋肉”とイケメンの”ルックス”はご健在であったらしく、大学二年生の時に東大で開催されている
“ミスター東大コンテスト”に参加し、見事!「グランプリ」に輝きました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ご覧の通り、かなりの”イケメン”であり【さらに!】学校の人気イベント「ミスター東大!」に
選ばれたことから”知名度”が広がり、大学時代は相当”モテモテ”であったそうです。

すると当時、”支流”でもあった名門大学からの学生による”クイズ番組出演”の「一員」に選ばれ、
テレビ朝日系列で放送されている人気クイズ番組”Qさま”に出演し自身初の「テレビ出演」を
飾りました。

すると、この頃より”メディア”に興味を持ち始めたらしく、単発で売れる”秀才タレント”ではなく
長く続けられる”アナウンサー職”を目指して”芸能界入り”を志望するようになったそうです。

その後”東京大学・工学院”を無事にご卒業され、しばらくの間は”何を”されていたのか?情報が
ありませんが、2017年に大学で学んだ”原子力”に関係した「学会」に参加し、その”テーマ”に
関連した「公演」を行ったらしく、その後はそちらの道(原子力絡み)に進むであろう!と誰もが
思っていたそうです。

【ところが!】何故か?同年4月にフジテレビ社に入社し「アナウンサーの道」を選んだそうです。

もちろん”その前”から「入社試験」を受けていたはずで、もしかしたら”数年間!”何度も同社の
「入社試験」に挑戦していた可能性がありますね!

フジテレビ社に”入社後”の同年6月から放送されたテレビ案組”夜のアナウンサー研修”に出演し
「アナウンサーデビュー」を飾りました。

さらに同社の人気バラエティー番組”ダウンタウンなう”の番組企画「フジ新人アナ」に”ゲスト”で
参加し「バラエティーデビュー」を飾ります。

その後も立て続けに、同社の”クイズ番組”や”情報番組”、スポーツ番組などに出演し、確実に
“アナウンサー”の「キャリア」を積み重ねて行きます。

そして、2019年4月から同局で放送されている夜の冠ニュース番組「Live News it!」に
“フィールドキャスター”で抜擢され、アナウンサーの”メイン”である仕事(キャスター)に近き、
同社の「若手ホープ」としてご活躍(期待)されながら、今に至っております。


引用元【ツイッター(ライブニュース イット )】


スポンサードリンク


◇ 安宅晃樹アナはなぜイケメン?

安宅晃樹アナが”イケメン”である所以は、生まれ”故郷”の山口県宇部市(瀬戸内海)にあると
思いますが、その名を大きく広めたのは大学時代(東大)に勝ち取った”ミスター東大コンテスト”の
存在があるからでしょうね!



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

当時から相当な”イケメン”であり、”キャンパスライフ”を送っていた女生徒たちを”ブイブイ”と
言わせていたそうです?

しかし、”見た目”とは裏腹に”性格”が非常に「真面目」で”責任感”の強い「しっかり」した
男性とのこと!

フジテレビ社に”入社時(2017年)”には、新人アナウンサーの中では「最年長」でもあったことから、
“リーダー的存在”として、他の新人アナを引っ張っていたとか?

また、大学時代(東大)既に!”他社”のクイズ番組に出演し、その”イケメン姿”を披露していた
ことから、業界の間では”芸能界入り”を心待ちにしていた”スタッフ”が多く居たそうです。

その方たちは多分、”タレント”を望んでいたのでしょうけど、それに反してご本人が進んだ
“芸能界の場”は「アナウンサー職」となったようです。

今では”イケメン(ルックス)”だけではなく、学生時代に培った「肉体美」も披露しつつ、
人気アナウンサーを目指して日々、”尽力”されているご様子!


スポンサードリンク


◇ 安宅晃樹アナが筋肉質の理由?

【実は!】安宅晃樹アナは学生時代(中学校)に地元”山口県内”でご活躍された「水泳選手」で
あったらしく、その時に培った「肉体美」は今でもご健在のご様子!

「水泳選手」の”肉体”と言えば、”逆三角形”で”細マッチョ!”なイメージを持ちますが安宅アナも
例外ではなく、今でも相当な「肉体美」を誇っているはず・・・

しかし、最近のフジテレビ社の男性アナウンサーは筋肉自慢の「榎並大二郎」アナを先頭に、
“マッチョアナ”が多いことで有名ですが、安宅晃樹アナは”生々しい”お姿を披露されたことが
ありませんね!


引用元【ツイッター(榎並大二郎 )】

ただ、フジテレビ社の男性アナウンサーの中でも「榎並大二郎」アナを筆頭に、立本信吾アナ・
大川立樹アナ・内野泰輔アナ・黒瀬翔生アナなどが最近、”筋肉美”を自慢げにご披露される
ケースが増えてきましたが、それらは全て「作られた筋肉」ばかり!

安宅晃樹アナのように、学生時代に「鍛えられ磨きがかかった筋肉」とは違うため、見た目
“重視”の「デブマッチョ!」が多いのが特徴ですね!

やはり”水泳選手”のような”逆三角”の引き締まった腹筋が目立つ「細マッチョ!」の方が一般の
女性たちには好まれますよね♪

なので恐らくですが、今の安宅晃樹アナのスタイルを見る限り、今でも”細マッチョ!”が
“ご健在”だと思わることから是非、遠慮せずに世に居るご自身の”女性ファン”のためにも
披露して頂きたいものです。

逆に「ビール腹」であったなら、そのイメージとは違った”ギャップ”で「大ダメージ」を受ける
ファンが多いとは思われますが・・・(笑;)。


スポンサードリンク


◇ 安宅晃樹のプロフィール

本名
安宅 晃樹
読み
あだけ こうき
生年月日
1992年12月25日
仕事
男性アナウンサー
出身地
山口県宇部市
所属事務所
フジテレビ
血液型
B型






PL汚した上重聡結婚無理!美優破局!過去の不祥事とは?大学野球の実力は?

 

最近、テレビで殆ど目にすることが無くなった日本テレビ男性アナウンサーの「上重聡」氏が
以前から「交際」していると伝えられていたファッションモデルの「安座間美優」さんと完全
「破局」したとメディアから報じたれ話題になっています。

 

引用元【インスタグラム(satoshi18kamishige)】

 

上重聡氏は2003年から日本テレビに入社し「男性アナウンサー」として活動し始めました。

当時は「PL学園」卒で甲子園球児、しかも「平成の怪物」として野球界を盛り上げ名を馳せた
「松坂大輔」選手と同世代、更に甲子園で「対戦経験」があるとして日本テレビから大きな
期待を受けての採用だったそうです。

 

引用元【ツイッター(日本野球機構(NPB))】

 

入社後しばらくすると様々テレビ番組に出演するようになり、ご自慢の「PL学園卒」で野球部
しかも甲子園球児で「松坂大輔」選手と対戦経験があることを全面に出し、周りの共演者から
「ツッコミ」をもらいつつ視聴者からの注目を浴びていました。

その後も「PL学園卒」の甲子園時と「松坂大輔」選手といかにも「ライバル」的存在として
アピールし「スポーツ関係」の仕事が増え読売ジャイアンツの「原辰徳」監督を巻き込んだり
草野球球団で有名な「欽ちゃん」の茨城ゴールデンゴールズに入団しピッチャを務めたりして
日本テレビアナウンサーとしての知名度を広げていました。

そこまでは上重聡氏は公私共に「順風満帆」な人生を歩んでおり、日本テレビとしても
「思惑通り?」な結果を得ていたと思います。

ところが、2011年頃にお馴染み芸能誌「週刊FLASH」からファッションモデルの「安座間
美優」との「熱愛」が伝えられ、上重聡氏の人気に「限り」が見え始めて行きます。

 

引用元【インスタグラム(mew_azama)】

 

ただ報道された内容は「事実」であったことや、別に「やましい関係」ではなかったので
その後は二人して堂々と「交際」している様子をオープンにしていました。

二人が交際に至ったきっかけは、日本テレビ系列で放送されている朝の番組「ズームイン!!
サタデー」で共演したことから始まったらしく「密かに」付き合いながらも安座間美優さんの
仕事(報道関係)に上重聡氏が「アドバイス」を行ったり、食事を共にしたりして「愛」を
育んでいたようです。

しかし2014年に自宅マンション購入時、多額の融資を一般人から「無利息」で受けたとして
お馴染み芸能誌「週刊文春」から報じられ「ジャーナリズム」を扱っている「上重聡氏」の
立場が一挙に欠落し世間から叩かれるようになったのです。

なので唯一自分の「栄光と輝き」であった「PL学園卒で甲子園球児」に泥を塗る形となり、
さらに「松坂大輔」選手へも悪影響を与えたのは間違いありません。

このマンションには交際していた安座間美優さんも通っていたと見られ、上重聡氏が厳しく
マスコミから叩かれるようになると安座間美優さんの「態度」が一変したそうで、その事から
二人の間には「亀裂」が入り始めていたのではないでしょうか?

現に「メディア関係者」や「ネット住民」の皆さん達から二人の「破局説」が伝えられ、
もちろん実際のところはハッキリしていませんでしたが相当「疑われていた」ことは事実です。

そして今回、ネットメディアから今年(2019年)に入ってから二人の交際が「破局」した事が
伝えられ「8年間」の交際期間にピリオドを打ったことが公表されたのです。

昔二人の間に入った「亀裂」は元には戻らず「結婚」まで考えていたそうですが二人の時間が
立つにつれ、昔起こした問題が「薄れ始め」周りの環境や仕事にも変化が起こり始めたことで
二人の「将来・未来」を見つめ直した結果「別れる」道を選択したそうです。

なので上重聡氏は最近、テレビではあまり多く見られなくはなりましたが、以前の不祥事の
「イメージ」が視聴者から薄れ始め「アナウンサー」として頑張っているところで、この度の
「破局報道」が報じられ今後、どのように影響して行くのか?心配されるところです。

 

スポンサードリンク

 

◇ 上重聡氏の過去の不祥事とは?

 

上重聡氏は上記でお話したように「鳴り物入り」で日本テレビに入社し「スポーツ」関係の
アナウンサー・キャスターでの活躍が期待されていました。

しかし2014年に時に自宅マンションを購入する際、日本では「アウトレットモール」として
有名な「ABCマート」の創業者「三木正浩」氏から約1億7千万円の「融資」を受け
購入したと公表されました。

 


引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ところが、一般人同士での融資のやり取りなら問題ないのでしょうが、上重聡氏は「ジャーナ
リズム」を扱っている人物で、しかも世間から認知されている有名人。

その人物が高額の融資を一般人から受け、更に「無利子」で借りていたことから「利益供与」の
疑いがもたれ、また「一般のやり取り」だった事から申告漏れの可能性も浮き上がり「脱税」を
疑問視する専門家まで現れていましたね!

また、その事実関係を2015年に報じた芸能誌でお馴染みの「週刊文春」は三木正浩氏から
上重聡氏が自前の「高級車ベントレー」を借りて自宅マンションから会社に出勤していることを
伝えたことで、三木正浩氏とは相当「深い関係」であることも証明していました。

上重聡氏が「ジャーナリズム」を扱い、さらに正確な情報を提供する側の立場上「公私共」に
「中立な立場」でなければならず、その人物が「利益供与や脱税」の疑いを持たれることじたい
言語道断なことであり、ネット・メディアから相当「バッシング」を受けていました。

その後当時、担当していた情報番組「スッキリ!!」でその事実を認め謝罪し、疑惑付き?
マンションは2016年9月に売却したらしく、現在は都内一等地にある高級賃貸マンションに
「一人暮ら」しているそうです。

今となっては、その時の「売却値」が気になるところですね!

 

スポンサードリンク

 

◇ 上重聡氏の大学野球の実力は?

 

 

日本テレビ入社後「PL学園卒」と「甲子園球児」更に「松坂大輔」選手との関係等を武器に?
視聴者から注目を浴びていた「上重聡」氏ですが、本当にそれだけ「自慢」するほどの
甲子園球児として「実力」があったのでしょうか?

PL学園時は「投手」を任され野球部内では「エース」と呼ばれていたそうです。

確かに「エース」としての実力があり、野球部を甲子園に導き「準決勝」で横浜高校エースで
「投手」の「松坂大輔」選手と対戦したことがあるそうです。

その後も毎年「甲子園」に行き「準々決勝」まで上り詰めるものの敗退し「優勝」の経験は
なかったそうです。

ただ当時、野球部の監督であった「中村順司」氏がPL学園を「退任」した後に指揮した
「アジア野球選手権大会」の日本代表に選ばれ、投手として優勝に貢献したそうです。

その後「スポーツ推薦」枠で東京豊島区にある私立大学の「立教大学」福祉学科へ入学し
大学時代も「野球部」で活動していたそうです。

2000年に行われた大学野球ではお馴染みの「東京六大学野球リーグ」戦で登板し、
36年ぶりで史上「2人目」となる「完全試合」を見事達成したそうですが、但しお相手は
「東京大学(東大)」のようです。

そのためプロ野球界の「スカウト担当」から注目されていたらしく、プロ入り候補の一人として
その後の活躍が期待されていたそうですが、自身3~4年生の時に「右肘」を故障し思うような
投球ができなくなったことで「野球人生」を諦めたそうです。

なので「甲子園」に当時のPL野球部を導いたことは間違いなく、さらに「松坂大輔」選手と
対戦した事実もあり「ケガ」がなければ大学時代も活躍していた可能性が高いので、
野球人としての実力があったことは間違いありません。

 

■ 上重聡プロフィール

本名
上重聡
読み
かみしげ さとし
生年月日
1980年5月2日
仕事
アナウンサー
出身地
大阪府八尾市
所属事務所
日本テレビ
血液型
O型

 

 

スポンサードリンク