最近、テレビで殆ど目にすることが無くなった日本テレビ男性アナウンサーの「上重聡」氏が
以前から「交際」していると伝えられていたファッションモデルの「安座間美優」さんと完全
「破局」したとメディアから報じたれ話題になっています。

 

引用元【インスタグラム(satoshi18kamishige)】

 

上重聡氏は2003年から日本テレビに入社し「男性アナウンサー」として活動し始めました。

当時は「PL学園」卒で甲子園球児、しかも「平成の怪物」として野球界を盛り上げ名を馳せた
「松坂大輔」選手と同世代、更に甲子園で「対戦経験」があるとして日本テレビから大きな
期待を受けての採用だったそうです。

 

引用元【ツイッター(日本野球機構(NPB))】

 

入社後しばらくすると様々テレビ番組に出演するようになり、ご自慢の「PL学園卒」で野球部
しかも甲子園球児で「松坂大輔」選手と対戦経験があることを全面に出し、周りの共演者から
「ツッコミ」をもらいつつ視聴者からの注目を浴びていました。

その後も「PL学園卒」の甲子園時と「松坂大輔」選手といかにも「ライバル」的存在として
アピールし「スポーツ関係」の仕事が増え読売ジャイアンツの「原辰徳」監督を巻き込んだり
草野球球団で有名な「欽ちゃん」の茨城ゴールデンゴールズに入団しピッチャを務めたりして
日本テレビアナウンサーとしての知名度を広げていました。

そこまでは上重聡氏は公私共に「順風満帆」な人生を歩んでおり、日本テレビとしても
「思惑通り?」な結果を得ていたと思います。

ところが、2011年頃にお馴染み芸能誌「週刊FLASH」からファッションモデルの「安座間
美優」との「熱愛」が伝えられ、上重聡氏の人気に「限り」が見え始めて行きます。

 

引用元【インスタグラム(mew_azama)】

 

ただ報道された内容は「事実」であったことや、別に「やましい関係」ではなかったので
その後は二人して堂々と「交際」している様子をオープンにしていました。

二人が交際に至ったきっかけは、日本テレビ系列で放送されている朝の番組「ズームイン!!
サタデー」で共演したことから始まったらしく「密かに」付き合いながらも安座間美優さんの
仕事(報道関係)に上重聡氏が「アドバイス」を行ったり、食事を共にしたりして「愛」を
育んでいたようです。

しかし2014年に自宅マンション購入時、多額の融資を一般人から「無利息」で受けたとして
お馴染み芸能誌「週刊文春」から報じられ「ジャーナリズム」を扱っている「上重聡氏」の
立場が一挙に欠落し世間から叩かれるようになったのです。

なので唯一自分の「栄光と輝き」であった「PL学園卒で甲子園球児」に泥を塗る形となり、
さらに「松坂大輔」選手へも悪影響を与えたのは間違いありません。

このマンションには交際していた安座間美優さんも通っていたと見られ、上重聡氏が厳しく
マスコミから叩かれるようになると安座間美優さんの「態度」が一変したそうで、その事から
二人の間には「亀裂」が入り始めていたのではないでしょうか?

現に「メディア関係者」や「ネット住民」の皆さん達から二人の「破局説」が伝えられ、
もちろん実際のところはハッキリしていませんでしたが相当「疑われていた」ことは事実です。

そして今回、ネットメディアから今年(2019年)に入ってから二人の交際が「破局」した事が
伝えられ「8年間」の交際期間にピリオドを打ったことが公表されたのです。

昔二人の間に入った「亀裂」は元には戻らず「結婚」まで考えていたそうですが二人の時間が
立つにつれ、昔起こした問題が「薄れ始め」周りの環境や仕事にも変化が起こり始めたことで
二人の「将来・未来」を見つめ直した結果「別れる」道を選択したそうです。

なので上重聡氏は最近、テレビではあまり多く見られなくはなりましたが、以前の不祥事の
「イメージ」が視聴者から薄れ始め「アナウンサー」として頑張っているところで、この度の
「破局報道」が報じられ今後、どのように影響して行くのか?心配されるところです。

 

スポンサードリンク

 

◇ 上重聡氏の過去の不祥事とは?

 

上重聡氏は上記でお話したように「鳴り物入り」で日本テレビに入社し「スポーツ」関係の
アナウンサー・キャスターでの活躍が期待されていました。

しかし2014年に時に自宅マンションを購入する際、日本では「アウトレットモール」として
有名な「ABCマート」の創業者「三木正浩」氏から約1億7千万円の「融資」を受け
購入したと公表されました。

 


引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ところが、一般人同士での融資のやり取りなら問題ないのでしょうが、上重聡氏は「ジャーナ
リズム」を扱っている人物で、しかも世間から認知されている有名人。

その人物が高額の融資を一般人から受け、更に「無利子」で借りていたことから「利益供与」の
疑いがもたれ、また「一般のやり取り」だった事から申告漏れの可能性も浮き上がり「脱税」を
疑問視する専門家まで現れていましたね!

また、その事実関係を2015年に報じた芸能誌でお馴染みの「週刊文春」は三木正浩氏から
上重聡氏が自前の「高級車ベントレー」を借りて自宅マンションから会社に出勤していることを
伝えたことで、三木正浩氏とは相当「深い関係」であることも証明していました。

上重聡氏が「ジャーナリズム」を扱い、さらに正確な情報を提供する側の立場上「公私共」に
「中立な立場」でなければならず、その人物が「利益供与や脱税」の疑いを持たれることじたい
言語道断なことであり、ネット・メディアから相当「バッシング」を受けていました。

その後当時、担当していた情報番組「スッキリ!!」でその事実を認め謝罪し、疑惑付き?
マンションは2016年9月に売却したらしく、現在は都内一等地にある高級賃貸マンションに
「一人暮ら」しているそうです。

今となっては、その時の「売却値」が気になるところですね!

 

スポンサードリンク

 

◇ 上重聡氏の大学野球の実力は?

 

 

日本テレビ入社後「PL学園卒」と「甲子園球児」更に「松坂大輔」選手との関係等を武器に?
視聴者から注目を浴びていた「上重聡」氏ですが、本当にそれだけ「自慢」するほどの
甲子園球児として「実力」があったのでしょうか?

PL学園時は「投手」を任され野球部内では「エース」と呼ばれていたそうです。

確かに「エース」としての実力があり、野球部を甲子園に導き「準決勝」で横浜高校エースで
「投手」の「松坂大輔」選手と対戦したことがあるそうです。

その後も毎年「甲子園」に行き「準々決勝」まで上り詰めるものの敗退し「優勝」の経験は
なかったそうです。

ただ当時、野球部の監督であった「中村順司」氏がPL学園を「退任」した後に指揮した
「アジア野球選手権大会」の日本代表に選ばれ、投手として優勝に貢献したそうです。

その後「スポーツ推薦」枠で東京豊島区にある私立大学の「立教大学」福祉学科へ入学し
大学時代も「野球部」で活動していたそうです。

2000年に行われた大学野球ではお馴染みの「東京六大学野球リーグ」戦で登板し、
36年ぶりで史上「2人目」となる「完全試合」を見事達成したそうですが、但しお相手は
「東京大学(東大)」のようです。

そのためプロ野球界の「スカウト担当」から注目されていたらしく、プロ入り候補の一人として
その後の活躍が期待されていたそうですが、自身3~4年生の時に「右肘」を故障し思うような
投球ができなくなったことで「野球人生」を諦めたそうです。

なので「甲子園」に当時のPL野球部を導いたことは間違いなく、さらに「松坂大輔」選手と
対戦した事実もあり「ケガ」がなければ大学時代も活躍していた可能性が高いので、
野球人としての実力があったことは間違いありません。

 

■ 上重聡プロフィール

本名
上重聡
読み
かみしげ さとし
生年月日
1980年5月2日
仕事
アナウンサー
出身地
大阪府八尾市
所属事務所
日本テレビ
血液型
O型

 

 

スポンサードリンク