光ママ親子正体はしゃかりき?インスタデビューで有名に!光魔幻では無かった!?

 

吉本興業に所属しているお笑いコンビ「しゃかりき」が演じている「光ママ」が
日本テレビ系列で放送されている朝の情報番組「スッキリ」に出演し話題になっています。

その様子がこちら↓↓↓

引用【ツイッター(日本テレビ スッキリ)】

 

現在、日本のテレビ情報番組・メディア・ニュースではお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の
「山里亮太」氏と有名女優「蒼井優」さんとの結婚で盛り上がっている最中、突如乱入して
話題を作っているのが「光ママ」なのです。

 

スポンサードリンク

 

そもそも「光ママ」とは何か?と言えば「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に
所属しているお笑いコンビ「しゃかりき」のボケを担当している光(渡辺 光)氏が
自身が開設しているインスタグラムで、日常よくある親子シーンを独自の目線で捉え、
それを演じている様子をインスタグラムにアップし視聴させているものです。

コンビで「ボケ」を担当している光(渡辺 光)氏が、自身の名から「光ママ」と称し母役を演じ、
子役として相方の「おっくん(奥井浩之)」が出演しております。

このインスタグラムを見ると、始めの頃は「親子関係」を狙って始めたのではなく、
お笑いタレントやお笑いグループとの普段何気ない風景を捕え、それをインスタに
アップしていた中で、ある日から突然動画撮影に切り替え他のお笑い関係者と絡んでいる様子や
トークをしている場面を流すようになり、そこから自身達が考えたネタ「親子関係」を
演じるようになり、それをきっかけに多数のシーンをアップするようになったことが分ります。

始めの頃はこんな感じ↓↓↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一度は見た事ある、一度は経験した事あるモノマネ! #モノマネ #しゃかりき #しゅんしゅんクリニックP #美容室 #カツ丼 #瑞兆

しゃかりき 光さん(@hikaru_shakariki)がシェアした投稿 –

引用【インスタ(hikaru_shakariki)】

 

今はこんな感じ↓↓↓

引用【インスタ(hikaru_shakariki)】

 

「光るママ親子シリーズ」ばかりになっていることが分かると思います。

この親子シリーズは2019年2月頃にスタートしたらしく、現在まで120以上の親子シーンを
演じており、テレビやメディアへの出演よりも遥かにインスタでの活躍が目立ている形と
なっています。

主な内容としては

◇ 報告いらないお母さん
◇ たまにふざけてくる息子に笑が止まらないお母さん
◇ ちょっとしたことをめんどくさがってほしくなるお母さん
◇ 水の無駄使いはしてほしくないお母さん
◇ お礼の電話を息子にさせたいお母さん

お笑いコンビとしての活動よりも「光るママ」をメインとしてインスタで活動している方が
多くなっていることがよく分ります。

内容も無いよう?で私はこの番組の「面白さ」はいまいち分らないし、何故話題にされているのかも
疑問に感じているのですが、きっと「よしもとファン」や「お笑いファン」、あるいは普通の
「ママ」さんから共感され支持されているのでしょうね。

このお笑いコンビ「しゃかりき」は、吉本興業が開設している「養成学校NS」で出会ったらしく、
元々は別コンビとして活動していたようです。

コンビ名の「しゃかりき」は昔、一緒にバイトしていた居酒屋の店名「しゃかりき432」が
由来らしく、2011年11月22日(いい夫婦の日)を記念してコンビを結成したようです。

なので、今回の「親子関係」を画いて人気を博しているインスタは、この「夫婦の日」が影響して
日常生活を画いたシーンで成功したのかも知れませんよね!

コンビ結成後の2014年に上京し、大阪吉本から東京吉本本社へと移り変わったそうです。

お笑いスタイルは「漫才・コント」がメインで、今流行りの「リズムネタ」とは違った
「王道」のコントで勝負しているようです。

しかしテレビ・舞台出演も少なく、なかなかメジャーになれない状態が続いている中で、
今回朝の情報番組「スッキリ」で取り上げられたことで、ようやく知名度が上がったようです。

この番組を司会しているのが同クリエイティブ・エージェンシーに所属している「加藤浩次」氏で
もしかしたら「売れない芸人」を世に広めるため、会社からの依頼があったのかも知れませんね?

ようやく「光るママ」としメジャーに成りつつある「しゃかりき」ですが、そもそもお笑いコンビで
「親子ネタ」で脚光を浴びた元祖は同吉本興業所属のお笑いコンビ「中川家」であり、
ツッコ・ボケ両方を担当している「礼二」氏が「ママ」を演じたことで親子スタイルのコントで
人気を博していました。

なので今回SNSではありますが、また親子ネタで世間を盛り上げそうな雰囲気を作り上げている
「しゃかりき」には今後、尚一層の活躍を期待したいものです。

「一発屋」で終えぬようお祈りしております。

 

■ しゃかりきプロフィール

本名
渡辺 光
読み
わたなべ ひかる
生年月日
1987年6月21日
仕事
お笑い芸人
出身地
熊本県
所属事務所
よしもとクリエイティブ・エージェン
血液型
AB型

 

■ おっくんプロフィール

本名
奥井 浩之
読み
おくい ひろゆき
生年月日
1989年2月28日
仕事
お笑い芸人
出身地
京都府京都市
所属事務所
よしもとクリエイティブ・エージェン
血液型
A型

 

スポンサードリンク

 

横山たかしひろしの横山たかし死去!死去もほらふきであって欲しかった!?

 

「ホラふき漫才」で一世を風靡した「横山たかし」師匠が2019年6月1日に多臓器不全で
大阪市の病院で亡くなっていたことが分り話題になっています。

翌日、その朗報が発表されましたが「通夜」や「葬儀」は近親者で静かに営んだそうです。

 


引用【ツイッター(ライブドアニュース)】

 

「多臓器不全」が原因とされていますが通常、内臓のどこかが悪くなり連鎖するように
他の臓器も痛め、他の臓器も機能障害を併発し生命維持が困難になり起こる症状なのですが、
「横山たかし」師匠は以前から、どこか悪かったのでしょうか?

「横山たかし」師匠は漫才師としては珍しい「金色の車いす」で舞台に立ち、自慢のホラで
合方の「横山ひろし」氏と漫才を繰り広げていたことで話題になっていましたが、
もうその姿を見れなくなることが非常に残念ですね。

調べてみると、その「車いす」生活を余儀なくされたのが2014年の3月に発症した
「腰部脊柱管狭窄症」が原因らしく、その後しばらく休んでいたようですがリハビリの末、
今の「車いす生活」となったようです。

 

スポンサードリンク

 

ただ「腰部脊柱管狭窄症」は神経系の病気なので、今回死去の原因として伝えられた
「多臓器不全」とは関係ないように思うので、やはり他にどこか具合の悪かったところが
あったのかも知れませんね。

「横山たかし」師匠は「愛媛県」出身の漫才師で、愛知県と言えば超売れっ子お笑いコンビ
「オアシズ」の「大久保佳代子さん・光浦靖子さん」やタレントの「青木さやか」さん
「天野ひろゆき」氏などの有名芸能人を発掘した県として知られていますよね。

また漫才師としては今は亡き、同事務所(吉本興業)に所属していた「横山やすし」氏を師匠に持ち
当時師匠からの暴力がひどかったことで話題に上がっていましたよね。

その時の「横山やすし」師匠は、乗りに乗っていた「果敢な時期」で「暴力的な振る舞い」で
世間からの人気を集め「上方演芸界」を代表する漫才師として国民からの認知度が高かったことを
今でも記憶しています。

そんな師匠の下に「弟子入り」したのですから厳しい指導を受けていたことが想像されます。

ただ、だからこそ自身の漫才スタイルは人を傷つけない「ホラ」ネタを使い「笑」を集め、
「優しい芸風」で国民から親しまれていたのかも知れませんね。

また毎回舞台で着用していた衣装は「金ピカ」で「金持ちの坊ちゃん」キャラを演じ、
赤いハンカチを手に、自慢の「ホラ」に磨き?をかけ観客の爆笑を買っていました。

その様子がこちら↓↓↓


引用【ツイッター(デイリースポーツ)】

 

「横山たかし」師匠は大の「阪神タイガース」ファンであることでも有名で、2005年度に
阪神がリーグ優勝した際、それを記念して以前別れた女房に「復縁の願い」をしたところ、
見事に成功!当時その場面をテレビ放送されていたことを今でも鮮明に覚えています。

ただ肝心の奥さんは「広島カープ」ファンであったらしく、そこでも爆笑を買っていましたね。

今回の「横山たかし」師匠の死去に関してネット宅からは「横山たかし師匠、残念です」
「横山たかしさん…まだはやいよ」「もうこの漫才を聞くことはできないんですね」
「この訃報を聞いたら、つらいのぉ? お悔やみ申し上げます」「横山たかし師匠亡くなったんか
つらいのぅ~」「横山たかし師匠、亡くなりはったか」などの「悲しみの声」が多数
寄せられているようです。

私としても今回の朗報が「ホラ」ふきであって欲しかったな~と思ったのが第一でした。

漫才界の第一人者が亡くなったことは非常に残念なことですが「車いす」を使ってまで
舞台に上がり続け漫才を見せてくれた努力と「ホラ」で世の中を明るくしてくれた誠実さに
本当に「敬意」をはらいたいです。

どうぞ安らかなご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

■ 横山たかしプロフィール

本名
山高 考
読み
やまたか たかし
生年月日
1948年10月6日
仕事
元漫才師
出身地
愛媛県
所属事務所
元松竹芸能

 

スポンサードリンク