お笑い界でも”おしどり夫婦”として知られていた、お笑いコンビ”FUJIWARA”のツッコミ担当
フジモン(藤本敏史氏)が、令和元年最後の日(2019年12月31日)に「駆け込み離婚」
することが明らかになった模様です。

フジモンこと藤本敏史氏”49歳”にして”ユッキーナ”こと「木下優樹菜」さんとの離婚確定!

その気になるフジモンこと藤本敏史氏の”離婚”について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(Yahoo!ニュース )】

お二人はお笑い界・・・いえ!芸能界の中でも”おしどり夫婦”として有名であり二人の子供にも
恵まれておりました。

ところが、たまにメディアに登場すると”チョクチョク”ネット界を炎上させザワつかせる事が
あっても旦那(藤本敏史氏)が妻(木下優樹菜さん)を支えて来ました。

また、ご結婚当時は「野獣と美女の結婚!」として話題をさらい、そんな二人が”仲睦まじい”
姿を披露することで、周囲を”和ます”のも二人の「お得意のネタ」でもありました。

しかし”世間の目”とは裏腹に、正確な理由は定かではありませんが二人の間に入った”ヒビ”は
修復できなかったご様子で【なんと!】一年前から「別居生活」を続けていたそうです。

【しかも!】既に二人の”夫婦間問題”は、代理弁護士を立て”財産分与”や子供の”親権問題”の
「整理」に着手されているそうで、普段から”メディア”で視ていたフジモンの”顔”からは
想像もつかない”泥沼?”の夫婦問題の「ステージ」に入っていたご様子です。

そして、夫婦間整理は2019年12月31日(令和元年最終日)までに終えていた模様で、
同日に”離婚届け”を提出し、約9年間の”おしどり夫婦”にピリオドを打つ事となったそうです。

今後の子供達(姉妹)の行末も気になる所ですが、”タピオカ騒動”でスッカリ人気が”劇落”した
妻でタレントの”ユッキーナ”こと「木下優樹菜」さんにも注目が集まることでしょう!

離婚を果たし、これからのお笑い芸(ネタ)の変化?が気になるフジモンこと藤本敏史氏に
スポットイン!


引用元【インスタグラム(fujimooongram)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 娘(子供)は?
・ タピオカ騒動?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 藤本敏史氏の中高大学は?

藤本敏史氏は1970年12月18日生まれの49歳(2019年)で、ご出身は「大阪府寝屋川市」です。

ご出身の”大阪府寝屋川市”にあるご自宅で、ご両親と兄と姉の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、藤本敏史氏も(大阪府寝屋川市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の大阪府寝屋川市にある”寝屋川市立第五小学校”にご入学されたと
判明しております。

ご家族は”ご両親”と”兄と姉”がいて、ご自身は”次男”の「末っ子」として生まれ育ったご様子!

子供の頃は”今”と変わらず「人を笑わせること」が大好きなお子さんであったらしく、近所の
“おばちゃん”を見つけてはフザケテいたのだとか・・・?

また、かなりの”テレビっ子”でもあったらしくお笑い番組、特に1980年頃に大人気であった
“ドリフターズ”のTBS系列のバラエティー番組「8時だョ!全員集合」は、毎週欠かさずに
視ていたそうです。

また”視聴”した翌日には小学校で「コントのマネ」をして友達から笑いを買っていたそうです。

ちなみに、”ドリフターズ”の中でも推しは「志村けん」氏とのこと。

この頃から既に”お笑い路線”に目覚め始めていたのでしょう?

また”アニメ”や”特撮ドラマ”なども好んで見ていたそうです。

小学生時代になると「野球」を始めたそうで、”学力”についてはよく分かっておりませんが、
運動に関してはかなり積極的に取り組んでいたそうです。

なので、当時の”夢”は「プロ野球選手になること!」と決めていたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“野球選手”を夢見た小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府寝屋川市にある”寝屋川市立
第六中学校”にご入学されました。

中学生時代になると、小学校の頃に夢見た”野球”を継続すると思われていたのですが、突如!
「陸上競技」に鞍替え?して”陸上部”に入部したようです。

“走る”の意味では両方共に同じスポーツ?なのでしょうけど・・・?

しかし”陸上部”で活動を始めると意外にも野球で必要な瞬発力(短距離)ではなく、持久力が
必要な”中単距離走”に向いていることに気づき、長距離走の”実力者”として活躍を始めます。

すると、地元”大阪府”の陸上競技大会の「800m走競技」で【なんと!】上位に入賞した
ご経験があるそうで、陸上競技に関しては相当の「実力者」であった事は間違い無いご様子!

そのため、当時はスポーツ競技で”表彰”された選手は、中学校の「全校集会」でも表彰を
受けていたらしく、フジモンも何度も”賞状”を授与していたことから”部活内”は元より
学校の女生徒から”モテモテ”であった?とのこと。

そのため、陸上部は”本気”で取り組んでいたそうです(笑;)。

一方の私生活では、小学校時代と変わらず”テレビっ子”の「お笑い好き」で、お笑い時代に
沿うように?当時大人気であったフジテレビ系列のバラエティー番組”オレたちひょうきん族”を
“夢中”で視ていたのだとか?

この当時は、特にお笑いタレントの「明石家さんま」氏に注目していたそうです。

“陸上部”で人気を博した?中学時代を終えると、高校も地元の大阪府寝屋川市にある”東寝屋川
高等学校”にご入学されました。

この学校は現在、”東寝屋川高校”と”四条畷北高校”が「合併」をして”大阪府立北かわち皐が丘
高等学校”に生まれ変わっているそうです。

つまり、フジモンの”ご卒業”された高校は基本的には「閉校」された模様です。

現在の、この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

高校時代になると、中学同様に”陸上部”でご活躍されるのか?と思いきや、スポーツの盛んな
高校にも関わらず”無部”での高校時代を送っていたそうです。

そのため、スポーツ(運動)よりもお笑い(芸)の方に”力”を入れ始めます。

すると、学校のイベント(文化祭など)がある度に登壇して”コント”を披露していたそうです。

その辺も詳しいことは分かりませんが、多分「一人コント」に挑戦していたのでしょう!

なので、”面白い人”として学校でも「評判」であったのだとか・・・?

なんちゃって”コント芸人?”として学校で人気を博していた高校”三年生”になると、クラス
替えか?あるいは転校生であったのか?「運命の出会い」に遭遇されます。

それは、現在の相方「原西孝幸」氏との”出会い”でした。

原西孝幸氏も”お笑い”が大好きであったことから”気”が合い、高校三年生頃からは原西孝幸氏と
ほぼ毎日”つるんで”いたそうです。

するとある日、原西孝幸氏に”好きな女性”が出来たらしく、その”架け橋”をフジモンが
行ったようですが、敢え無く”撃沈”したそうです・・・

・・・とは言っても、チャッカリ原西孝幸氏は後に”この彼女”と「ご結婚」をされております。

“恋愛”に口を挟むほど二人の”仲”は「良好」であったご様子!

ちなみに、フジモンも高校ご卒業の際にクラスメイトの「福井知恵子」さんと言う学生に
「告白」をしたらしいのですが、敢え無く”フラれた”そうです。

高校のご卒業時期を向かえると”親友”であった原西孝幸氏は”大学受験”に進路を決めますが、
フジモンは大学へは「行き気がなく」”お笑い芸人”に進むことを決断します。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

そのため、高校時代を終えると大学には「進学せず」地元にある「お笑い芸人養成所」として
有名な「吉本総合芸能学院(NSC)」に入所し、”お笑い界の道”に進みます。

ちなみにこの時、”大学進学”が決まっていた原西孝幸氏に「同じ道」に進むようにと”誘って”
いたそうです。

なので、原西孝幸氏も大学に”通いながら”フジモンと「お笑いコンビ」を組んで”FUJIWARA”で
活動を始めていたのだとか。

但しフジモンは”一生懸命”でしたが原西孝幸氏は大学の”サークル程度”にしか思っていなかった
模様で、その考え方にフジモンは”怒って”いたそうです。

1989年から吉本総合芸能学院(NSC)で”お笑い”の勉強を始めますが【なんと!】その時の
同期に、現在も大活躍されている”千原兄弟”、あるいは一時期人気を博していた「なだぎ武」氏
さらに「バッファロー吾郎」氏が居るそうです。

その後、原西孝幸氏が大学をご卒業されたのか?は分かりませんが、”NSC”を終えた二人は
コンビ名”藤原”で「芸能界デビュー」を飾っております。

すると学生時代から”息が合っていた”二人は直ぐに”芸人の才能”が「開花」され、関係者から
注目される存在へと成長して行きます。

デビュー二年後には、現在ご活躍中のお笑いコンビ”ナインティナイン”や”雨上がり決死隊”も
参加していた事務所(吉本興業)主催の、若手お笑いユニット”吉本印天然素材”に抜擢されます。


引用元【インスタグラム(owaraiigram)】

ところが、当時は”お笑いブーム”であったことから、多数のお笑い”コンビ”や”ユニット”、更に
“ピン芸人”などが登場し「ブームの流れ」に上手く乗れなかったことで「ブレイク」迄には
至りませんでした。

そのため、二人の間には「険悪なムード」が漂う様になり一時は「解散」の話もあったとか?

それでも、諦めずに「地道な活動」でお笑い界に”しがみついて”いたそうです。

すると、全国放送でも”お笑い番組”が増えていたことから、テレビ東京系列で放送されていた
お笑い番組”吉本超合金”に「レギュラー出演」する事となり、一挙に”知名度”を広めます。

その”人気”を引っ下げ2003年頃からは”東京進出”を果たし、いよいよ”全国区”に挑戦する
事となります。

当時は各テレビ局で”お笑いタレント”が引っ張りだこであったことから二人も直ぐに多くの
メディアへ出演するようになり、”ネタ”を披露する”場”に恵まれて行きます。

すると、同年4月から始まったテレビ朝日系列で放送されている人気バラエティー番組
“アメトーーク!”に出演し”人気”が高かったことから、ほぼ準レギュラーのポジションで
ご活躍されると一挙に”ブレイク”を果たしました。



引用元【サイト(レジュメディア)】

全国区で”ブレイク”を果たしのは良かったのですが、その人気は”個人”に向けられる様になり
「別々の仕事」を熟すようになって行きます。

バラエティー番組をメインに、各メディアでの”露出”が増え出すと更に人気も”アップ”し始め
2004年にTBS系列で放送されたテレビドラマ”夫婦。”に出演し自身初の「テレビドラマ
デビュー」を飾りました。

さらに2008年に公開された映画”老人と木”に出演し自身初の「映画デビュー」を飾りました。

そして、2009年5月に”おバカキャラ”として大ブレイクを果たしていたタレントの「木下
優樹菜」さんとの”交際報道”が広く伝えられ、多数のメディアが連日その話題で盛り上がる中
ある”テレビワイドショー”に出演した際に、その「事実」を認めました。

すると翌年の2010年に”婚姻届け”を提出し「美女と野獣の夫婦?」が誕生したのです。

その後は二人の”馴れ初め”であり、さらに元妻”木下優樹菜”さんが”ブレイク”のキッカケと
なったバラエティー番組”クイズ!ヘキサゴンII”にて「ご結婚」を報告されました。

その後は主に、夫のフジモンが芸能界で活躍し木下優樹菜さんは、ほぼ芸能活動を”休止”した
状態が続き”主婦業”に専念する形となっておりました。

フジモンはその後も”精力的”にメディア出演を熟し、さらに2017年2月頃にはTBSラジオ
番組”火曜JUNK爆笑問題カーボーイ”に出演し、自身初の「ラジオデビュー」を飾りました。

さらに2019年3月から放送がスタートした洗剤メーカー大手の”P&G”のCM「ジョイ」に
出演し、ご自身の中では”メジャー”となる「CMデビュー」を飾りました。

その後も”個人”での「タレント業」をメインに、”お笑い芸人”や”トーク番組”などで活動し、
今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 藤本敏史氏の娘(子供)は?

フジモンこと藤本敏史氏は2010年12月に、当時”おバカキャラ”で一世風靡していた
「木下優樹菜」さんとご結婚され「美女と野獣の夫婦?」が誕生したと話題を呼んでおりました。

その後”二人”の「姉妹」に恵まれ、一人はご結婚”二年後”の2012年8月に誕生した”長女”の
「莉々菜」ちゃん。

もう一人は2015年11月に誕生した”次女”の「茉叶菜」ちゃんが居ります。


引用元【ツイッター(れい )】

長女の「莉々菜」ちゃんは現在、テレビ”CM”に出演し「子役デビュー」を飾ったご様子!


引用元【ツイッター(僕のまとめ-気になる情報まとめサイト )】

お名前の「莉々菜」とは、”莉”はジャスミンを表す漢字らしく、”菜”は生まれる前から妻の名
(優樹菜)から文字を拾うことを決めていたらしく、”々”を付けることで「字画が凄く良い」との
理由から”命名”したことを、ご自身の”ブログ”で語っておりました。

ちなみに、自宅では「ちゃんり~」の”愛称”で親しまれているそうです。

ただ、名前の”由来”や素敵な”愛称”で呼ばれていることは良いのですが、以前から”ルックス”が
父親の”フジモン”と似ていることから、”悪い意味?”で注目を浴びたことがありました。


引用元【ツイッター(ガールズVIPまとめ )】

画像↑の様に母親の”優樹菜”さんに似れば良かったのに、父親のDNAが強かったらしく(笑;)
“父似”となったご様子です。

“目元”や顔の”輪郭”などが父親そっくりですよね!

但し、母親の”ユッキ~ナ”さんは生まれる前(妊娠時)から「父親似でも性格が明るいブスなら
OK!」と腹をくくって(笑;)いたらしく”父親似”になってもある程度の「覚悟」はしていた!
とのことです。

残念ながら”現実”にその「覚悟が必要」となる”結果”になったようですね(笑;)

・・・とは言っても”性格”は母親を引継いだようで、かなり「”気”が強い女児」とのこと。


引用元【インスタグラム(yuuukiiinaaa)】


スポンサードリンク


◇ 藤本敏史氏のタピオカ騒動とは?

“タピオカ騒動”とは、フジモンこと”藤本敏史”氏に関係するものではなく、嫁の「木下優樹菜」
さんが起こした不祥事です!

2008年頃にフジテレビ系列で放送された人気バラエティー番組”クイズ!ヘキサゴンII”に
出演し「おバカギャラ」ブームの一員としてご活躍し、”ユッキ~ナ”の愛称で親しまれてきた
木下優樹菜さん!

その後、同人気番組で共演していたお笑いコンビ”FUJIWARA”でツッコミ担当の”フジモン”こと
「藤本敏史」氏と、2010年12月に”ご結婚”され「美女と野獣の夫婦?」が誕生したと
世間を賑わせておりました。

その後は、タレント活動を行いながらも”主婦”として二人の”姉妹”に恵まれて幸せな人生を
歩んでいたのですが、”プライベート”で起こした「不祥事」によって”芸能人生”が危ばまれ、
さらに”最愛”なる旦那(藤本敏史)との「離婚」にも発展したご様子!


引用元【ツイッター(иao )】

二人はしばらくの間、”仮面夫婦”を装っていたようですが、いよいよ令和元年最終日の12月
31日に”離婚届を”提出し「決別」した模様です。

では、そのプライベートでの不祥事とは何なのでしょうか(皆さんご存じだと思いますが…!)

【実は!】木下優樹菜さんには姉(さやか)さんが居り、都内の”タピオカ店”に勤めておりました。

その”姉”がこの店から”悪待遇”をされていたらしく、それに怒った木下優樹菜さんが店長に対し
“恐喝紛い”のダイレクト・メッセージを送っていたらしく、そのことが後に判明し”ネット”界が
“大炎上”したことで大騒ぎとなったのです。

この店長(店主)と言うのが”50代”の女性であるらしく、木下優樹菜さんよ”二回り”も離れた
“年上”の女性で、しかも”姉”の上司にも関わらず”恫喝紛い”の「誹謗中傷文」を送ったのです。

さらに、全く”知らい存在”であれば少しは話が分かりますが【なんと!】この店長(店主)と姉、
さらに木下優樹菜さんとは「顔見知り&プライベートでの交流」があったのです。

なので、この店が”オープン”する際は木下優樹菜さんも積極的に「芸能人面」を利用して?
宣伝広告(アピール)に協力しておりました。


引用元【ツイッター(ゆの氏 )】

ただ、当時は店の”オープン内容”が先走り、姉の”さやか”さんがオープンした店と勘違いする
“ファン”が殺到し「収集が付かない状況」となっていましたね!

さらにその後も、実際に店を”訪れた”模様や”商品”の紹介紛いのコメントを数多くSNSに載せて
店の繁盛に協力していたのです。

もちろん、”間違った情報”で店が盛り上がっていたことで、女性店長(店主)は”悪い感情”を
抱いていたらしく、それが今回のトラブルの”引きがかり”になった!と伝えられております。

その後、”真相”は明らかになっておりませんが、”姉”が店側から「酷い対応」をされた!として
退いたらしく、それを聞いて”腹を立てた”妹の木下優樹菜さんが今までの”店”に対する対応とは
「真逆の行動」に出たそうです。

もちろん、それによってファンは店に寄り付かなくなり、さらに店のイメージダウンとなった為
“通常”のお客さんも減ったことから「一時休業」に陥ったそうです。

そこで”休店の事情”を説明するためか?店長(店主)が”SNS”を通して、その”理由(社会に
影響力のある木下優樹菜さんが発した店の対応)”などを説明(暴露)されました。


引用元【ツイッター(わをん )】

すると、その”内容”は一挙に拡散されネット界に留まらず、”主力メディア”までもが取り上げる
“事態”に発展し「大騒動」となったのです。

すると、当然!木下優樹菜さんも黙ってはおらず「総攻撃」に出たのです。

ただ、その攻撃文の”内容”があまりにもお粗末で「下品極まりない!相手に危機感を与える!」
等の、いわゆる「恐喝紛い」のメッセージを伝え、”逆”に世間から叩かれる事態となったのです。

すると木下優樹菜さん側が”謝罪”することに陥り、公式SNS(インスタグラム)を通して”世間”に
その思いを伝えたのです。


引用元【インスタグラム(yuuukiiinaaa)】

それでも”世間”からの「批判」は避けらず、一時は”ハワイに逃亡した!”等と騒がれたものです。

その後、”鎮静化”を願った所属事務所側が間に入り、2019年11月より木下優樹菜さんは
“芸能活動”は「自粛」することが発表され、ご自身の”現状”の思いを綴った”コメント”と共に
正式に”メディア発表”をされました。

なので”現在”はある程度、その時の”騒動”は収まっておりますが、それよりもご自身の
“プライベート”が「グチャグチャ」になってしまったご様子です。

そこまで「悪化」するとは、ご本人も予想だにしておらなかったことでしょうね!残念!!


スポンサードリンク


◇ 藤本敏史のプロフィール

本名
藤本 敏史
読み
ふじもと としふみ
生年月日
1970年12月18日
仕事
お笑いタレント
出身地
大阪府寝屋川市
所属事務所
吉本興業
血液型
AB型