今や!”チャラ男”のキャラで人気絶好調のお笑いコンビ”exit”の「りんたろー&兼近」ですが、
とんでもない「過去」があったことが芸能誌でお馴染み”週刊文春”によって明らかとなりました。

詳しくは2019年9月5日に発売される「週刊文春」で紹介されておりますが、北海道出身の
兼近大樹氏が、過去に「売春あっせん罪!」で”逮捕”された経歴があるそうです。

まさに「ポンポンポ~ン」と、”ヤバい過去”が表沙汰になってしまったご様子!


引用元【ツイッター(EXIT 兼近

今までのお笑いコンビの”芸風”は珍しい「チャラ男」が売りにの二人で、更に最近流行っている
“リズムネタ”を取り入れてお茶の間を楽しませております。

その一方で兼近氏の私生活では、副業として”ベビーシッター”や”介護の仕事”などを熟し、安い
給料を補いながら活動していることがテレビ番組を通して紹介されると、一挙に視聴者からの
「好感度獲得!」に成功して、急激に人気が上昇している芸人です。

【さらに!】トーク・バラエティー番組では「高校中退」していることを明かし、貧しかった
生活のため”アルバイト”を行い、”家計”の足しになるようにと給料を全額援助していたそうです。

なので最近では、”チャラ男”のイメージよりも「善人」の印象が定着しつつあったことで、
“チャラ男”をモチーフにした芸を得意とするexitとしては「お笑い芸」が成り立たない事態に
追い込まれておりました。

しかし最近になり、”兼近”氏が以前起こした「不祥事」が明るみに出たことで、やはり本物の
「チャラ男だった!」とのイメージが復活?したご様子で、”コンビの芸”としては良かった?
ものの、ご本人たちにとっては「手痛い思い」を食らった模様です。

ご本人は「隠し通す?」つもりでいたのでしょうけど、いずれ”バレる”ことは容易に想像できた
はずなので、早い段階(ブレイクする前に)で発表していれば・・・と、今になって思っているに
違いありません。

但し”今回”分かった過去の”不祥事”は、所属事務所である”吉本興業”には既に伝えていたそうで、
事務所からの指示の元「誰にも言うな!、絶対ダメ!!」等と、”口止め”されていたそうです。

今の所、詳細については”事務所発表”がされていないようで、先日から問題になっている吉本
芸人におる「闇営業騒動」が明るみになったことで、そのトバッチリ?を食らった形で”兼近”氏
の過去の「誤ち(犯罪)」も、”暴露”される結果となったのです。

何故?今回の問題(闇営業騒動)で「兼近氏の過去の誤ち!」が”暴露”されたのか?は定かでは
ありませんが、きっと今回のことで芸能メディアが”感づいて、”情報が漏れる前に早めの対策
(情報公開)として、吉本側が踏み切ったのではないでしょうか?

なので今後、お笑いコンビ”EXT”としてやって行けるのか?あるいは「解散!」に追い込まれ
現在の所属事務所である”吉本”との契約が終了になるのか?注目されるところです。

ちなみに、今回分かった”兼近”氏の過去の”不祥事”とは、まだ地元の北海道札幌市に居た時に、地元に住んでいた女子高校生(3年)を携帯電話の「出会い系サイト」を悪用し、知り合った
男性と「不純異性交遊」を持たせ、現金1万5千円を相手の男性に支払わせた容疑で「逮捕」に
至った!とのこと。

逮捕後は、”容疑”を全面的に認め”罰金刑”となって、簡易裁判所へ10万円を支払って”保釈”
されたそうです。

つまり、”有罪”を受けた「犯罪人」なのです。

但し当時の”年齢”や”容疑”が考慮されて「重い刑」がま逃れ、”罰金刑”で済んだから良いもの!
これが「牢屋行き」ならば間違いなく今のポジション(芸人の道)は無かったことでしょう。

では、その「過去の誤ち」とは具体的にどんな罪であったのか?を知るため、EXIT兼近氏に
スポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 犯罪を母親が!
・ 相方もヤバい!
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 兼近大樹氏の中高大学今は?

兼近氏は1987年6月23日生まれの29歳(2020年)で、ご出身は「北海道札幌市北区」です。

出身の”北海道札幌市”にあるご自宅では、両親と兄と姉と妹の六人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、兼近氏も(北海道札幌市)内の小学校・中学校に通っていたと
“推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の北海道札幌市にある”札幌市立新川中央小学校”にご入学されたと
推測されております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しい(ほぼ皆無!)なので詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄と姉と妹”がいて、ご自身は「次男」として生まれ育ったご様子!

“兄”と”姉”との年齢差は分かりませんが、”妹”は二歳年下とのことです。

“叔父”も居たようですが以前、吉本興行の”札幌支社”に所属し「芸人」として活動をされて
いたようです。

つまり生まれた時から、”芸人”の「DNA」を兼ね備えていたのですね!

“父親”は会社を経営されていた”社長”とのことですが、兼近氏の小学校時代に”倒産”してしまい、
その後は、”経済的”に苦しい「貧乏生活!」に陥ったそうです。

倒産後の住まいは、夜になると”ネズミ”が走り回る「超・古びた家」に住んでいた!とのこと。

尚、後に”姉”が家出をしますが、その理由は”この↑ネズミ”が「姉の指を噛じった!」ことから、
愛想を尽いて”家出”を決行したそうです(笑;)。

【さらに!】”兄弟”が多かった!ことから、食事もまともに出来なくなっていたらしく、小学校
2~3年生の時には、”マヨネーズ”を紙に含ませて増量し、それを食べていたのだとか!?

なので”母親”は、”昼”は工場勤務・”夜”はスナックと、朝から晩まで働いていたそうです。

また、地元が”田舎”であったことから兄弟揃って近所の山に出向き「カブトム(クワガタ)」を
捕まえ、それを”父親”に渡して「お金」に変えていたようです。

小学校二年生のクリスマス時期に、枕元には”プレゼント”ではなく「サンタが来た!」との
メッセージが書かれた「置き手紙」を貰っていた!とのこと。

小学校高学年になると、地元にある少年野球チームの”新琴似シャーク”に加わっていたらしく、
勉強以外に”野球少年”として活動されていたようです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

貧しい”生活”が余儀なくされた小学時代を終えると、中学校も地元の北海道札幌市北区にある
“札幌市立新川中学校”にご入学されました。

中学生時代になると、学校の”野球部”に入部したらしく、その中でも”主力選手”として活躍し、
さらに「チームの盛り上げ役!」として勝利に貢献していたようです。

野球部に入る際、”ボロボロ”のグローブであった事から、母親が新たに「新品のグローブ」を
購入してプレゼントしてくれた!とのこと。

なので、卒業するまでの”三年間”は、大切にそのグローブを使っていたそうです。

当時の野球部は、兼近氏の活躍もあり相当強かったらしく、甲子園出場の”北海道代表”を決める
「道大会」までマコを進めたようですが、残念ながら代表(優勝)にまでは至らなかったようです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

その甲斐あってか?野球の”腕前”は、地元の野球関係者らも認める実力の持ち主であったらしく、中学卒業頃には、地元にある野球の”強豪高校”から「推薦の誘い!」を受けていたそうです。

なので、”後”に高校でも野球を続けていれば「甲子園出場」が夢ではなかったかも?ですね!

中学時代も「貧乏な生活」は続いており、自宅の”家計”を補うために新聞配達の”アルバイト”を
行っていたそうです・・・

・・・とは言っても、それほど「苦痛」には感じていなかったようで、野球の”トレーニング”
として「丁度良かった!」とのこと。

当然!冬になれば雪が積もり、その中を”チャリンコ”を使って配達しており「滑って転ばない
秘策!」などを編み出して、楽しみながら行っていた模様です。

中学校三年生になると”両親”が「離婚」したことから”母親”に引き取られ「母子家庭」の生活を
余儀なくされます。

中学時代を終えると高校も地元の北海道札幌市北区にある学校に入学された模様ですが、どこの
高等学校に進学されたのか?は、正確に分かっておりません。

但し、一度「普通高校」にご入学されていたようですが、自宅が貧乏(母子家庭)だったことから
妹の学費を稼ぐためにと高校を「中退」し、新聞配達と建設業のアルバイトを掛け持ちしながら
仕事に”精”を出していたそうです。

なので、家庭内は「順風満帆な生活!」とは行かず、家族と揉めた時はには”ホームレス”の
生活を経験した時もあったのだとか!

そのため、普通高校を”中退”した後は、仕事後に学べる「定時制高校」に進学したご様子!

なので、とにかく「お金」が必要であったことから、仕事の傍ら「悪行」にも手を染めて
しまったことでしょう。

忙しい毎日を送っていた自身20歳の時に、お笑いコンビ「ピース」でボケを担当している
人気小説家「又吉直樹」氏のエッセイ集「第2図書係補佐」を初めて目にし、叔父から授かった
「お笑い芸人のDNA」が目覚めたのか?又吉氏に憧れて「芸人の道」を志すようになります。


その後「上京」し、お笑い芸人になることを夢見て「吉本興業」が開業している吉本総合芸能
学院(NSC)の”東京校”へとご入学されます。

そして2013年の春に、第19期生としてご卒業し、吉本興業に所属した上で、芸人として
「お笑い界デビュー」を飾ります。

ちなみに、同期生には「相席スタート」の山添氏、「ネルソンズ」氏「世間知らズ」氏などが
居たそうです。

その後しばらくは「相方」に恵まれず「ピン」で活動していたらしく芸人としては「低迷期」に
入って行きました。

しかし2017年に「運命の出会い」が起こり、当時吉本興業に所属していたお笑いコンビ
「ベイビーギャング」でボケを担当していた「北見寛明」氏が無免許運転で逮捕され、更に
再犯で捕まったことで事務所から「解雇」され、相方だった「りんたろー」氏まで謹慎処分を
受けていました。

その後「りんたろー」氏の処分が解かれ吉本に復帰するとベイビーギャングは完全に解散となり
ピン芸人となった「りんたろー」氏に「兼近大樹」氏が声をかけたことがきっかけで2017年に
新コンビを組む事としたそうです。

結成当時はコンビ名「SCANDAL」で活動していたようで「M-1」グランプリに出場し意外にも
3回戦まで進出することができたことから「正式なお笑いコンビ」として活動して行くことに
決めたそうでコンビ名を「exit」に変え吉本興業所属の芸人として活動することにしたそうです。

その後はご存じ通りの活躍で今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 兼近大樹氏の犯罪を母親は知っていた!

兼近氏がこの度問題視されている「売春斡旋罪」の犯行に及んだのは2011年11月と
されており自身「28歳」の時です。

高校中退で早くから働きに出ていた事もあって社会人となったのは通常の学生よりも早かった
はずなので「28歳」であるなら親元は既に離れていたはずです。

両親は兼近氏中学3年生の時に「離婚」していたらしく「自身・姉・妹」の親権は母親が持ち、
長男(兄)は父親が持ったそうです。

なぜ離婚したか?は分かっておりませんが離婚前に父親が経営していた会社が倒産した!との
噂があるらしく、それが原因で離婚したと考えられます。

なので父親には一切財産がなく離婚をしたとは言え「慰謝料」はもらえず超貧しい生活が
余儀なくされ、母親は三人の子育てをするため「昼夜」と働き詰めの毎日だったそうです。

なので、それを見ていた兼近氏も高校を「中退」して働きに出始めたのでしょう。

ただそんな中でも持前の「明るさ」で笑いの絶えない家族を築いていたそうです。

それだけ母親に愛されて育てられたのですから「犯罪」等は「無縁のはず」であり母親も
そんな子供に育てた覚えはないと思っていた事から「売春をあっせんしていた」事実は
知らなかったと思います。

たぶん「逮捕」されてから知った事でしょう。

今となっては「時」が不祥事を解決してくれましたが、犯行を知った当時の母親の思いを
察すると、可愛い息子だっただけに相当「泣き崩れた」のではないでしょうか?


スポンサードリンク


◇ 兼近大樹氏の相方もヤバい!

今までは「exit」の話題になるとよく相方の「りんたろー」氏の名前が上がり「ヤバい奴」等と
言われるケースが多くあったのですが、調べてみると「りんたろー」氏がヤバいのではなく
以前組んでいたお笑いコンビ「ベイビーギャング」の相方だった北見寛明氏がヤバかったのです。




二人で「ベイビーギャング」で活動する前の2013年6月に北見寛明氏が「無免許運転」を
行い「道路交通法違反」で逮捕され懲役1年6ヶ月の刑を受けていました。

その後「執行猶予期間」とはなったのですが免許は当然「取り消し」となり運転することが
できない状態だったにも関わらず、無免許で運転したことからまた逮捕され「執行猶予中の
再犯」とされたそうです。

当初は「逮捕」され、更に「再犯」を起こした事を所属事務所の吉本興業には伝えていなかった
そうです。

たぶん北見寛明氏も「隠せるものなら隠し続ける」との思いでいたと考えられますが、ご本人の
裁判中に「傍聴」に居た人の中に芸能人がいたらしく、後にその事実をラジオで発表した事から
事務所にバレて重い処分を受ける事となったのです。

裁判では更に懲役刑が言い渡され、服役期間が延びたのですが所属事務所からは契約解除されて
事実上の「解雇」が通告されました。

服役を終え芸能界への復帰を望んだらしいのですが、社会が認めるわけが無くお笑いコンビ
「ベイビーギャング」は結成後約5年間の活動の後、正式に「解散」となりました。

北見寛明は現在、お笑いタレントで名映画監督の「ビートたけし」氏が営んでいる会社
「オフィス北野」に所属しているそうです。


スポンサードリンク


◇ 兼近氏のプロフィール

本名
兼近 大樹
読み
かねちか だいき
生年月日
1991年5月11日
仕事
芸人
出身地
北海道札幌市北区
所属事務所
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
血液型
O型