“ヒュイゴー”の掛け声で、”令和”の時代に旋風を巻き起こしている!お笑いコンビ「EXIT」で”ボケ”を担当しているメンバーであり、”北海道”出身の道産子芸人「兼近大樹」氏。

何やら?最近、”キャラ”には似合わない「ある重大発表」をされたとして注目を集めているご様子です。

その”重大発表”とは【なんと!】自身初となる「執筆デビュー」を飾るらしく!その一報を、ご自身の”公式YouTubeチャンネル”で明らかにされたのです。




その理由(執筆活動)として、現在!世界中で猛威を振るっている”新型コロナウイルス”の影響から「外出自粛が余儀なくされた」ことで仕事が”激減”しているらしく!その中で、以前から「ずっと書きたいと思っていた」と言う”持論本”の執筆作業を行っていたそうです。

“リリース日”については、正確なところは決まっていないご様子ですが、自身の”誕生日”である「2021年5月11」日を希望している模様です。

果たして!それまで”人気”が保つのか?が心配されるところですが、”芸人”後の将来を見据え始めた兼近大樹氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(EXIT 兼近 )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 売春斡旋で逮捕とは?
・ 犯罪を母親は知っていた?
・ 相方もヤバいとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


兼近氏は1987年6月23日生まれの29歳(2020年)で、ご出身は「北海道札幌市北区」です。

出身の”北海道札幌市”にあるご自宅では、両親と兄と姉と妹の六人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、兼近さんも(北海道)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の札幌市にある”札幌市立新川中央小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と”兄と姉と妹”がいて、ご自身は「次男」として生まれ育ったご様子です。

“兄”と”姉”との年齢差は分かりませんが、”妹”は二歳年下とのことです。

“叔父”も居たようですが、以前に!吉本興行の”札幌支社”に所属されて、同じ様に”芸人”として活動をされていたようです。

つまり、家系的に!生まれた時から既に”芸人”の「DNA」を【まさに!】”兼ね”備えていた訳です。

“父親”は、会社を経営されていたらしく!”社長”を歴任されておりますが、兼近氏の小学校時代に”倒産(破綻)”をされたことから、その後の”家庭環境”は相当!「苦しい貧乏生活」に陥ったそうです。

“倒産”後に住んでいた住居は、夜になると”ネズミ”が走り回るような「超古びた家」に住んで居た模様です。

尚、後に「姉」が家出をしますが!その”理由”とは、この”ネズミ”↑が「姉の指を噛じった!」ことから!”愛想”をつかして”家出”を決行したそうです(笑;)。

【さらに!】”兄弟”たちが多数いたことで、”食事”もまともに「食べれなかった」らしく!小学校2~3年生の時には、”マヨネーズ”を紙に含ませて増量させ!それを食べて腹の足しにされていたご様子です。

そのため、”母親”は!昼は”工場勤務”!夜は”スナック”…と、朝から晩まで働いていたそうです。

また、地元が”田舎”であったことから!兄弟揃って、近所の山に遊びに出向き”カブトム(クワガタ)”を捕まえては、それを”父親”に渡して「換金」させていたそうです。

小学校二年生の頃には、”クリスマス”時期になると!決まって”枕元”には、プレゼントでは無く「サンタが来た!」とのメッセージだけが残された”手紙”が置かれていたそうです。(笑;)

小学校高学年になると、地元にある少年野球チームの”新琴似シャーク”に加わり!勉強以外に、”野球少年”として活動をされていたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

貧しい”生活”を余儀なくされた小学時代を終えると、中学校も地元の札幌市にある”札幌市立新川中学校”にご入学されました。

中学生時代に入ると、学校の”野球部”に入部されて!その中でも”主力選手”として活躍をしつつも、今の”キャラ”から想像される通り「チームの盛り上げ役」として、野球部に貢献されていたそうです。

“野球部”に入部する際には、”ボロボロ”のグローブを使っていたことから!母親が新たに”新品のグローブ”を新調して「プレゼントを受けた」そうです。

なので、中学校を卒業するまでの”三年間”は!その”グロープ”を大切に使っていたそうです。

当時の野球部は、兼近氏の活躍もあって!相当「強かった」らしく、甲子園出場を決める”北海道代表戦”では!”道大会”まではマコを進めるモノの、残念ながら”道代表(優勝)”にまでは至らなかったようです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

なので、兼近大樹氏の”野球の腕前”は!地元の”野球関係者”らも認める「実力の持ち主」であったことから、中学校卒業後の”進路”は!地元にある「野球の強豪校」から、数多くの”推薦の誘い”を受けたようです。

後に高等学校を”中退”されますが、恐らく!高校でも野球を続けていれば「甲子園出場の夢」が、叶った可能性は極めて高かったことでしょう。

中学時代に入っても、相変わらずの”貧乏な生活”は続いており!自宅の”家計”を補うためにと「新聞配達のアルバイト」を行っていたそうです。

但し、”精神的”には!然程「苦痛には感じていなかった」ご様子で、”部活(野球)”の「トレーニングの一貫」として考えていたらしく!朝の”運動”には「ちょうど良かった」と、後に語っております。

もちろん、北海道なので!当然”冬”になれば雪が積もり、その中を”チャリンコ”で駆け走りながら配達を行い!滑って転ばない”秘策”などを編み出しながら「バイト生活」をエンジョイしていたそうです。

中学校三年生に入ると、”両親”が「離婚をした」ことから!”母親”に引き取られた関係で「母子家庭の生活」をスタートさせています。

中学時代を終えると、高校も地元の北海道にある”高等学校”に進学されたのか?分かっておりません。

但し、一度は”普通高校”にご入学された情報があり!”高校生活”を送っていたことは間違いありませんが、自宅が”貧乏(母子家庭)”であったことから!”妹の学費”を稼ぐためにと、高校を「中退」した模様で!元から行っていた”新聞配達”と、新たに”建設業のアルバイト”を掛け持ちしながら!生活の面倒を見ていたようです。

なので、常に”家族関係”は「ギクシャクしていた」ことから!頻繁に”家族”と揉めることが多かったらしく!その時は”ホームレス”の生活を送っていたようです。

そのため、普通高校を”中退”した後は!”仕事後”に学べる「定時制高校」に進学した模様ですが、とにかく「お金が必要であった」ことから、仕事の傍ら”悪行”にも手を染めていたそうです。

忙しい毎日を送っていた、自身”20歳”の時に!当時、お笑いコンビの「ピース」で”ボケ”を担当していた人気小説家「又吉直樹」氏が手掛けたエッセイ集「第2図書係補佐」を初めて目されてから、急激に”又吉氏”に「憧れを感じ始めた」ことから、”芸人の道”を志すようになります。


引用元【ツイッター(すぬ?? )】

【すると!】”定時制高校”をご卒業をされた後は、一路「上京」をされて!”お笑い芸人”に進むためと、大阪”吉本興業”が開校されている!”若手”お笑い芸人の養成所でお馴染み「吉本総合芸能学院(NSC)」の”東京校”へとご入学をされます。

そして、2013年の春に!”第19期生”としてご卒業をされて、吉本興業に”所属”した上で!本格的に”お笑い芸人”としての道を歩み始めて行きます。

ちなみに、この時の”同期生”には!男女お笑いコンビ”世間知らズ”の「両名」、お笑いコンビ”ドンダダ”の「古谷健太」氏、お笑い芸人「赤嶺総理」などが居るそうです。


引用元【ツイッター(古谷健太(こやけんた)公式??お仕事のご依頼DMにて?? )】

その後、しばらくの間は”相方”に恵まれず!”ピン芸人”での活動を行っていたのですが、中々”売れず”にいたことから!自身初の「低迷期(下積み時代)」を経験する事となります。

その一方で、2017年頃に!当時、吉本興業に所属していたお笑いコンビの「ベイビーギャング」で”ボケ”を担当していた「北見寛明」氏が、”無免許運転”で「逮捕」され!【さらに!】”再犯”でもあったことから、”所属事務所(吉本)”から「解雇処分」を受け!その時の”相方”であった「りんたろー」氏までも、”謹慎処分”を受けたのです。


引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】

その”事件”以来、相方であった「りんたろー」氏は!”フリー状態”となり!自ら受けた”謹慎処分”が解かれると、吉本興業に”復帰”をされて!結成していたお笑いコンビ「ベイビーギャング」を完全に”解散”とし、”ピン芸人”でのスタートを切ったところに!兼近大樹氏が「声をかけたこと」がキッカケとなり、2017年度から”新コンビ”を組む事とにつながったのです。

“コンビ結成”当時は、コンビ名「SCANDAL」で活動をスタートさせて!当時から人気が高かったお笑い番組「M-1グランプリ」に出場すると【なんと!】新人コンビでありながら、”3回戦”までコマを進める結果を残します。

【すると!】それをキッカケに、”正式”なお笑いコンビとして活動を続けて行くことを「決意した」らしく!コンビ名も新たに「EXIT」と改名した上で、吉本興業”東京事務所”の「お笑いコンビ」としての活動をスタートさせます。


スポンサードリンク


◇ 売春斡旋で逮捕とは?


今や「チャラ男」の代名詞で、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せている!お笑いコンビ”EXIT”の「りんたろーと兼近」ですが【実は!】この”二人”には、とんでもない「過去の経歴」があったことを!芸能誌でお馴染み「週刊文春」から、報じられたことがあるのです。

詳しくは、2019年9月5日にリリースされた「週刊文春」の中で詳しく紹介されておりますが、北海道出身の兼近大樹氏が、過去に”売春あっせん罪”の疑いで「逮捕された経歴」があるそうです。

【まさに!】自身らの”ネタ”である「ポポポ~ン」の様に(笑;)、”ヤバい過去”が「表沙汰になってしまった」訳です。


引用元【ツイッター(はちま起稿 )】

今となっては、お笑い業界でも珍しい”芸風”の「チャラ男キャラ」で人気を誇っている”二人”ですが!最近、流行の”リズムネタ”の相乗効果も重なって、飛ぶ鳥を落とす”人気ぶり”を見せているお笑いコンビです。

その一方で、兼近大樹氏の”私生活”では!副業として”ベビーシッター”や”介護の仕事”などを熟しながら、”安い給料”を「補いながらの活動」をしていることが!テレビ番組を通して明らかになると、一挙に視聴者からの「好感度獲得に成功」されて、思いもよらぬところからの!”人気”の手がかりを見つめます。

【さらに!】トーク番組やバラエティー番組などに出演をされた時に、”高校中退”をしていることを明かした上で、その”理由”として!”母子家庭(貧しい家庭)”で育ち、たくさんの”兄弟たち”が居る中で”、アルバイト”を行いながら「自宅の”家計”を支えていた…など」と伝えると!それも大きな要因となり【さらに!】”高感度”をアップに成功されたのです。

【ところが!】兼近大樹氏が自宅のある”北海道”に、まだ住んでいた頃!大きな「不祥事を起こしていた」ことが明らかになると、一挙に「本物のチャラ男だった…など」の声が広まり初め!せっかく上昇させた”高感度”が、一挙に「奈落の底」へと劇落し始めたのです。

恐らく、ご本人としては!過去の”出来事”を「隠ぺいするつもりでは無かった」と思いますが!人気が上昇し始めたことで「知名度」も広がり出す前に、早い段階で「公開しておきたい事務所側の企み」が働いた可能性が否めないのです。

もちろん、今回の”件”については!兼近大樹氏が吉本興業に入籍する前から既に「伝えていた」らしく!事務所からの「誰にも言うな!絶対ダメ!!」との”指示”のもと、その時まで「口止めをさえていた」そうです。

【実は!】この”不祥事”が発表された頃は、吉本芸人による”闇営業問題”が発覚して!世の中が「大騒ぎ」となっていた真っ只中であり!その”迸り”を受ける形で、兼近大樹氏の”過去の問題”もオープンに晒されたのです。

なので、”闇営業問題”や”反社会的勢力”との交際問題の方が「大きくクローズアップ」されていたことが手伝って!意外に、兼近大樹氏の「売春斡旋のネタ」に注目するメディアが「少なく済んだ」のです。

その意味では、何故!その時の”タイミング(闇営業騒動)”で、兼近大樹氏の”過去の誤ち”が「暴露されたのか」と言えば、”事務所側”の「関与があってもおかしくない話」であり!大きな”ネタ”で消されるかの如く!静かに「事の次第が収まった」ところを見ると【まさに!】事務所サイドの「狙い通り」と言えるのでしょう。

なので、その後の”展開”次第では!兼近大樹氏にも”謹慎処分”が下される可能性もあったのですが「過去のこと」であり、事務所側も「それどころでは無かった」ことから!メディアからの”注目度”も低かったことから「穏便に済んだ形」となった訳です。

ちなみに、具体的な兼近大樹氏の”過去の不祥事”とは、まだ!地元の北海道札幌市に居た時に、携帯電話の「出会い系サイト」を悪用し、地元に住んでいた女子高校生(3年)を仲間に引きずり込み!その”学生”と知り合った男性と「不純異性交遊」をさせた上で、現金1万5千円を相手に「支払わせた容疑」で”逮捕”されたのです。

逮捕後は、”容疑”を「全面的に認めた」ことから!”罰金刑”となり、簡易裁判所へ10万円を支払って”保釈”されたそうです。

つまり、少なくても!”有罪”を受けた「犯罪者」なのです。

但し、当時の”年齢”や”初犯”!あるいは、”容疑の大きさ”などが考慮されて!”重刑”とはならなかったモノの、捕まらなければ「繰り返し行っていた」可能性も否めないことから!その意味では、早い段階で「足を洗わせた」ことにより、今日の「EXIT」あるいは、お笑い芸人の「兼近大樹氏」が誕生した!と言っても、過言ではないでしょう。


スポンサードリンク


◇ 犯罪を母親は知っていた?


兼近大樹氏が、以前に引き起こした「売春斡旋罪」とは、2011年11月と伝えられておりますが、”犯行”に及んだのは、ご自身が”28歳”の頃でした。

両親は、兼近大樹氏が中学校三年生の時に”離婚”をされており!子供たちの”親権”は、母親が「自身・姉・妹」の三名を持ち、父親は「長男(兄)」を持ったそうです。

なぜ「離婚に至ったのか」などの、詳しいことは分かっておりませんが!”離婚前”に、父親が経営していた会社が「倒産したこと」が、大きな要因であることは間違いありません。

なので、”父親”には一切「財産」が無く!離婚を果たしたとしても”慰謝料”が払えなかったことから、母方に寄り添った子供たちも”貧乏生活”が余儀なくされて!母親は、三人の子供たちを育てながら!昼夜問わずに仕事尽くめの毎日であった模様です。

そのため、それを”見て育った”兼近大樹氏も!早くから高校を「中退」されて働き始めたのです。

但し、そんな中でも持前の”明るさ(キャラ)”を生かして!笑いの絶えない家族を築いていたそうです。

なので、高等学校には一度!”進学”をしておりますが「家庭の事情」により”中退”をされており!一般の学生よりも「早く社会人となった」こともあり!”犯行”に及んだ28歳頃は、自宅(親元)から「離れて生活をしていた」可能性が高いです。

それだけ、”母親”から「愛されて育った子供」だけに!本来は、”犯罪”に手を染めるタイプの子供では無かったはずであり!母親としても、”売春の斡旋”に手を貸していたとは「夢にも思っていなかった」ことでしょう。

今となっては、”逮捕劇”までに及んだ「犯罪行為」であり!その”事実”は変えることが出来ず、その意味では!母親も悲しく思っているそうです。

なので、高校生時代から!既に”自宅”から「離れていた可能性が高い」ことや!母親は、当時のことを今でも悲しんでいることを察すると!恐らく、その当時は、”犯罪”に及ぶまでは「知らなかった」と思われ、実際に”犯罪行為”を知ったのは!恐らく、裁判所に「保釈金を払ってから」なのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 相方もヤバいとは?


“犯罪経験”のある「兼近大樹」氏を抱えるお笑いコンビの「EXXIT」であるため、今前に”ヤバイ奴”と言えば!どちらかと言うと、”兼近”氏に脚光が浴びるケースが多いです。

【ところが!】相方である「りんたろー」氏も、過去に”ある出来事”で!事務所(吉本興業)から「謹慎処分」を受けた経験があり【まさに!】”異端児”が揃ったお笑いコンビが「EXIT」なのです。

【実は!】”りんたろー”氏が引き起こした「謹慎処分」とは、ご自身に”罪”があるのでは無く!兼近大樹氏と”コンビ”を組む前に、同じ吉本所属の芸人であった「北見寛明」氏と組んでいたお笑いコンビ「ベイビーギャング」時代に、北見寛明氏が起こした”問題”によって!自身にも「連帯責任が及んだ」ためです。




この”お笑い芸人”の「北見寛明」氏とは、2013年6月に”無免許運転”による「道路交通法違反で逮捕」された経験があり!その時の”処分(刑)”は「懲役1年6ヶ月の実刑」でした。

その後、”執行猶予”でシャバに戻るのですが!もちろん、その時は「免許取り消し期間」であったことから、車両を運転することが出来ない期間にも関わらず!再度”無免許運転”を行ったところ「現行犯逮捕」をされて、”執行猶予”が「取り消し」となったのです。

【実は!】その”事実”を、所属していた吉本興業には「伝えていなかった」らしく!事務所も、あまりにも”軽初的な行動”で「重い処分」を検討し始めていたそうです。

恐らく、北見寛明氏としては「隠せるものなら隠し続ける」との覚悟でいた模様ですが!自身の裁判中に、ある”芸能人”が「傍聴席に駆けつけて内容を見ていた」らしく!後に、その”事実”を「ラジオで公表した」ことがキッカケで、所属事務所に”バレ”て!重い処分を受ける事となったのです。

その時の”裁判”では「執行猶予中の犯行」であったことから!”懲役刑”が言い渡されて、服役期間が延びたと共に、所属事務所からの”契約解除”が言い渡されて!事実上の「解雇処分」が通告されました。

その後、”服役”を終えて「芸能界復帰」を試みますが!芸能界から”離れた期間”が長かったことや、受け入れ先の芸能事務所が見つからなかったことから!”りんたろー”氏と組んでいたお笑いコンビ「ベイビーギャング」を、完全に”解散”されて!結成約”5年間”の活動に終止符を打ちました。

「北見寛明」の現在は、お笑いタレントで名映画監督としてお馴染みの「ビートたけし」氏が運営する会社「オフィス北野」に所属しているそうです。


引用元【ツイッター(パンダ編集長@芸能パンダ )】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2017年に、TBS系列で放送された番組”水曜日のダウンタウン”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(白狐?? )】

◇ 舞台

・ 2018年に、”渋谷ドクタージーカンズ”によって公開された舞台”三ランポリン四アター 狂乱のsingたち”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2019年に、”EXIT株式会社”が手がけた企業CM”退職代行EXIT”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(じょん )】

◇ ラジオ

・ 2019年に、”ニッポン放送”局が放送した番組”EXITのオールナイトニッポン0″に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(お笑いナタリー )】

◇ MV

・ 2019年に、”YOSHIMOTO MUSIC”が手がけた作品”EXIT × Non Stop Rabbit 『ネオキング』”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(Skream! )】

◇ ネット番組

・ 2020年に、国連広報センター系列で放送された番組”『世界平和』のために、私は何ができる?”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ハフポスト日本版 / 会話を生み出す国際メディア )】

◇ シングル

・ 2020年に、”YOSHIMOTO MUSIC”が手がけた作品”EXSID”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ポン酢化 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
兼近 大樹
読み
かねちか だいき
生年月日
1991年5月11日
仕事
芸人
出身地
北海道札幌市北区
所属事務所
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
血液型
O型