“吉本興行”のお笑い芸人でありながら数々の”話題作映画”に出演し、さらにお笑いを離れた
プライベートでも、数々の”恋愛・熱愛”報道を引き起こし、私生活でも”芸”を披露している
“一流”お笑いタレントと言えば誰を思い出すでしょうか?

私なら【そう!】お笑いコンビ”ナインティナイン”のボケ担当「岡村隆史」氏を連想します。

その岡村隆史氏が”ちょっと”した話題を作り出し、自身が出演した”最新映画”の宣伝に”成功”
したとして話題を呼んでいるそうです。



引用元【インスタグラム(s_fuku_at)】

その”最新映画”が気になるとこですが今回の”話題”を呼んだのは”ちょっと”した方で、それは
共演した”子役”でお馴染み「鈴木福」氏が自身の公式インスタにアップした、ある”写真”に
「面白味」があったのです。

その写真とは↑ですが、普通に見るとごく普通のナイナイの岡村隆史氏と福くんの”ツーショット”
写真です。

しかし”よ~く”見ると、福くんが”膝”を曲げているのにお気づきでしょうか?

↑の写真ではナイナイの岡村隆史氏が福くんよりも背が高い【よう】に見えます。

ところが福くんが”膝”を伸ばした写真がこちらです↓↓↓



引用元【インスタグラム(s_fuku_at)】

福くんの”髪の毛”が多い分”高い”のか?と思いきや!顔のパーツを見て頂いてお分かりの通り
全てが”数cm”くらいナイナイの岡村隆史氏を「上回って」いるのがハッキリしております。

岡村さん、僕が身長を抜かしたのに「まだ抜かされていない!」と言っています。僕の方が高いです(笑)

※ 引用元【インスタグラム(s_fuku_at)】


この写真を見たインスタファン達からは「福くん岡村さん抜いたね!、大きくなったなぁ、
かっこいいです、いつの間にかめっちゃ大きくなってる!、岡村さん背伸びしてチコちゃんに
叱られますね、福くんの方が高いんだね」等と、福くんの”成長”に驚きや喜びの声が多数
寄せられております。(当時”フォロワー数”:14,000人以上!)

ナイナイの岡村隆史氏が年齢を重ねて”縮んだ!”とは考え難いので、やはり「福くん」が
成長したのでしょうね!

最近、ドンドン”若手”から身長が”負ける”ようになった岡村隆史氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ ダンス得意!
・ 熱愛結婚事情?
・ 出演映画とは!
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 岡村隆史氏の中高大学は?

岡村隆史氏は1970年7月3日生まれの49歳(2019年)で、ご出身は「大阪府大阪市」です。

ご出身の”大阪府大阪市”にあるご自宅で、ご両親と妹の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、岡村隆史氏も(大阪府大阪市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

最新の情報では中学校は地元の大阪府大阪市にある”大阪市立東淀中学校”にご入学されたと
判明しております。

ご家族は”ご両親”と一歳年下の”妹”がいて、父親は「公務員」母親は「専業主婦」との情報が
有力と伝えられております

また”妹”さんは現在、既にご結婚されているらしく、ご結婚の際”兄”の岡村隆史氏は仕事の為
出席できなかったものの”自作”の「VTR」を結婚式でお披露目し、最高の”余興”で妹の門出を
祝った!との話が有名ですよね!

なので、ご実家はそれほど”貧乏”ではなかったらしく沢山の習い事「器械体操、そろばん、
習字、空手」に通われていたそうです。



引用元【ツイッター(Hitomindesu )】

特に”器械体操”には力を入れていたらしく幼少期から小学校五年生頃まで行っていた様です。

そのため体が非常に”柔らかく”、さらに”バク転”が出来たことから一部の女生徒から”モテ”て
いたそうです。

なので普通は「体操でオリンピック!」と夢を頂くのが普通ですが、岡村氏の場合”将来”は
「スタントマン」になる事と決めていた様です。

また、性格は相当”一途”な少年であったらしく、小学校三年生の時に出合った教育実習生の
“女性教師”に「恋心」を頂き、暮れになると年賀状を出し続けていたそうです。

そんな”マセタ”少年も小学校を終えると中学校は地元の大阪市にある”大阪市立東淀中学校”に
ご入学されたそうです。



引用元【サイト(Narinari.com)】

中学に入ると”女生徒”から「モテたい」と思ったのか?当時”マンガ”でも人気が高かった
“バスケットボール部”に入部したそうですが、身長が”短身”であったので直ぐに”挫折”し、
長続きしなかった様です。

そのため”部活”には所属せず”ヲタク”の道に進み?当時大人気であった”おニャン子クラブ”に
熱中し、「ファンクラブ」に入会するほどの”熱狂ぶり”であったそうです。

その後中学時代を終えると、高校も地元の大阪府にある”茨木西高校”にご入学されました。

高校では、あまり”身長”が影響しない”サッカー部”に入部していたらしく主にポジションは
“フォワード”を任されていたそうです。



引用元【インスタグラム(okamuradesu)】

サッカー少年であった頃は、アルゼンチンが生んだサッカーの神様「マラドーナ」に憧れて
いたらしく、よく”マネ”をしながら練習に”没頭”していた様です。

なので”勉強”其方退けで学校に登校していたらしく、いつもバッグには「飴玉、弁当二つ、
サッカー用の靴、ウエアー」を持参するのが”ローテーション”であった様です。

この当時、現在は諸問題?でお姿を消しておられる(笑;)お笑いコンビ”雨上がり決死隊”の
「宮迫博之」氏も他の高校でサッカーをしていたらしく”対戦”した経験があるそうです。

そのため、二人はこの頃から”友人”であったらしく岡村隆史氏の初めて経験(H)した女性は
宮迫博之氏から紹介された”女性”とのこと?。

また二人の”ご自宅”も、相当近い位置にある様です。

そしてこの”サッカー部”で、将来の”仕事の伴侶?”となる”一歳年下”の「矢部浩之」氏と
出会うのです。

その当時の二人の関係は「先輩・後輩」の仲でしたので、岡村隆史氏の指示でよく”土曜日”に
なると”お好み焼き”を一緒に食べに行っていたとのことです。

また私生活では、ある日”妹”の机の引き出しに隠していた”避妊具”を見つけた事があるらしく
思春期で非常に”多感”な時期でもあったことから、かなり”へこんだ”らしいです。

そして高校卒業が近づくとサッカー部を”引退”する時期となり最後の試合では試合途中なのに
“人目”もはばからず「号泣」したそうです。

また卒業式では”生徒代表”で「答辞」を任されたそうです。

“思い出深い”高校時代を終えると、大学は「進学」を選択しましたが大学入試を受けたのか?
あるいは落ちたのか?それとも、そのそも受験しなかったのか?定かではありませんが一年間
“浪人”を経験されておられます。

その後、京都府京都市にある”立命館大学”の「経営学部二部」にご入学されました。

この”経営学部二部”とは「夜間部」であり”大学の学習”と”仕事”を熟す学生向けの学部として
設立されておりましたが、2007年に”廃止”となった模様です。

岡村隆史氏はこの大学に入るため、浪人期間中!一日”八時間”の猛勉強を行っていたらしく
見事!一年後に同大学を”合格”されておりますが”滑り止め”で受けた他の”関西外国語大学”や
“大阪芸大”にも合格を果たしており、最終的に”父親”の「助言」で同大学に進んだそうです。

【ところが!】せっかく苦労して受かった同大学ですが、岡村隆史氏が”浪人後”大学受験した
時期と、”一歳年下”の後輩で友人の「矢部浩之」氏の”大学受験”の時期と重なり、矢部氏が
ことごとく”大学受験”に「失敗」してフラフラしていた時期に、”お笑い”を選考していた
矢部氏の”誘い”を受けて、岡村隆史氏大学一年生の時に「中退」してその”誘い”に便乗し
吉本興行のタレント養成所(NSC)へと入所したのです。

NSCに入所した1990年に、相方「矢部浩之」氏と共にお笑いコンビ”ナインティナイン”を
結成されました。

その後”大阪”で様々なことがありますが、結局二人で”上京”して東京での「お笑い活動」を
スタートさせます。

すると”お笑い”の「頭角」は直ぐに”発揮”し始め、1992年に朝日放送が毎年開催している
若手芸人の「登竜門」として有名な番組”ABCお笑い新人グランプリ”に出場して、見事!
「最優秀新人賞」を受賞したのです。



引用元【サイト(YouTube)】

その後、お笑いタレントとしての”知名度”が広がり数々の”テレビ番組”からオファーを受け
稀に見る卓越した”お笑いセンス”で相方の”矢部浩之”氏と共に人気を博して行きました。

すると”お笑い”から離れた仕事も増え始め、1996年10月からフジテレビ系列で放送された
バラエティー番組”めちゃ×2イケてるッ!”にレギュラー出演するようになると一挙に
“個人”としての人気を集めるようになって行きます。

お笑いコンビを離れ”個人”としての仕事も熟す様になり出すと”映画”出演のオファーが
舞い込むようになり出し1995年公開の”BeRLiN”への初出演を皮切りに、翌年公開された
“岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS”では「初主演」に抜擢されました。

さらに2001年に公開された香港映画スター「ジャッキー・チェン」主演の映画”ラッシュ
アワー2”に出演を果たすと、”ジャッキー・チェン”と「親交」を持つようになります。




その後も当時の話題作「踊る大捜査線シリーズ、ゲロッパ!、妖怪大戦争、少林少女、土竜の唄、
決算! 忠臣蔵」などに出演を果たし、まさに”個性派俳優”としての魅力を発揮して各映画を
盛り上げる「役所」でご活躍されておりました。

特に印象深いのが2005年に公開された”妖怪大戦争”の「小豆洗い」役で、あまりにも
“適任適所”の「ハマり役」であっただけに、この役は”岡村隆史”氏以外には出来ない!等と
伝えられ、”絶賛”されていたことが記憶に新しいところです。




一方”私生活”では、2000年に”クレジットカード被害”に遭遇したり、お笑いコンビ”爆笑問題”の
「田中裕二」氏との不仲説!、さらに自宅マンションの空き巣被害!、激務による体調不良等
“様々”な「お騒がせ芸?」で常に注目を浴びてきました。

また【実は!】岡村隆史氏!!中学時代に、あの超有名ダンサー「マイケル・ジャクソン」に
憧れて”ダンス”を練習していたらしく、大阪では相当有名らしいダンスチームの「Angel
Dust Breakers」のメンバーであったそうです。

そのため、自身がレギュラー出演していたバラエティー番組”めちゃイケ!”の企画で登場した
ダンス&ヴォーカルグループ「EXILE」とのコラボで”派生”したコラボレーションユニット
「OKAXILE(オカザイル)」で話題を呼びましたね!

参加メンバーは”EXILE”でも「主力」の面子(初期メンバー)!↓↓↓

・ HIRO
・ MATSU
・ USA
・ MAKIDAI
・ ATSUSHI
・ AKIRA
・ TAKAHIRO


今では”EXILE”と聞くと”誰も”が一度は聞いたことのある人気”メンバー”が参加されていた
超人気”ユニット”でした。

また”テレビ”の中だけではなく”EXILE”のコンサートにも出演を果たし、”EXILE”ファン達からも
絶賛され、ライブを”盛り上げて”おりました。



引用元【サイト(YouTube)】

最近では長らく続けているラジオの”オールナイトニッポン”やバラエティー番組”おかべろ”や
“ぐるぐるナインティナイン”などに「レギュラー出演」でご活躍され、今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 岡村隆史氏はダンス得意!

岡村隆史氏は”幼少期”から”器械体操”が得意で、体を動かすことが大好きな少年でした。

そのため、中学生になると”ダンス”に興味を持ち出したらしくアメリカが生んだ超有名
ダンサー「マイケル・ジャクソン」のダンスに憧れを抱き出し、彼の”ブレークダンス”を
“マネ”して練習を行っていた様です。



引用元【インスタグラム(m_a_e_d_a_)】

また当時、大阪のダンスファン達からかなり有名であったダンスチーム「Angel Dust Breakers」の
メンバーであったらしく、今では想像がつかない”ロン毛”で”茶髪”に染め「キッド」の愛称で
親しまれていたそうです。

その風貌は【まさに!】大阪ダンス界の”レジェンド”!等と呼ばれていた様です。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

最近の”お笑い界”でも”若手”がダンスを披露する機会が多く、さらに”ネタ”にするお笑い
タレントも増えております。

なので、”お笑い”=”ダンス”の「融合」は珍しいものではないのですが、それでも「ブレーク
ダンス」と言えば、今でも「岡村隆史」氏の”右に出る者”は居ないそうな・・・?

ただ岡村隆史氏の過去のこと(ダンス経験者)を知る人物は地元「大阪のダンスファン」位で
関東地区の”ダンス関係者”以外の一般人では、誰も知る人はいなかったはずです。

ところが、フジテレビ系列で放送されていたバラエティー番組”めちゃイケ!”内の企画で
ダンス&ヴォーカル集団「EXILE」や同じくダンス・ヴォーカリスト「三浦大知」氏と”ダンス
コラボ”したことで一挙に有名になりましたよね!

そして、ただ”ダンス”を披露しただけではなくその完成度に注目が集まり、昔”本格的”に
ダンスをやっていたことが裏付けられ、プロのダンサーの”ド胆”を抜いたシーンが今でも
鮮明に私の記憶に残っております。





スポンサードリンク


◇ 岡村隆史氏の熱愛結婚事情?

岡村隆史氏は今までに、数々の”恋愛ネタ”が取り上げられて話題を呼んできました。

その中でも特に”本格的”に熱愛相手として注目されたのが、モデルの「熊田曜子」さんが
記憶に新しいところではないでしょうか?



引用元【インスタグラム(kumadayoko)】

“噂”が伝えられてのは2006年頃ですが、芸能誌で「お馴染み」の週刊誌”FRIDAY”によって
スクープされ「お泊りデート」等と題されて公になりましたね!

その時伝えられた内容によると、岡村氏の自宅マンションで他の友達と”鍋パーティー”が
催され、約17時間後の「早朝」に熊田曜子さんが帰宅した・・・的な内容でした。

しかしその後は大きな動きもなく、さらに熊田曜子さんは2012年に一般の男性と
“ご結婚”をされ、しかも現在(2019年)は”三人”の子供が授かっております。

なので、もしも”交際”の事実があったとしても岡村氏と結ばれることは”一生”ないでしょう!

そして当時、元祖”魔性の女”として芸能界の男達も”虜”にしていた女優の「葉月里緒菜」さんも
“噂”の一人ですよね!



引用元【インスタグラム(riona_hazuki)】

このケースの場合”葉月里緒菜”さんの方が”積極的”に岡村隆史氏へ”アピール”してた事で
有名ですが、大きな進展もなく”フェードアウト”して行きましたね。

と言うのも、”葉月里緒菜”が「魔性の女?」であったことから岡村隆史氏とは”不釣り合い”と
周りから囁かれ、さらにあまりにも過去に噂された”男性関係”の多さから岡村隆史氏が
“女性不信”に陥った!等と伝えられておりましたね。

なので、下手をすると今でも”葉月里緒菜”には「トラウマ」が残っている可能性があり、
“共演”などはもっての外!的な思いを持って居るのではないでしょうか?

そして最新(2019年)の”スクープネタ”では、既に”結婚”までに至っている?などの衝撃的な
“噂”が広まっております。

そのお相手とは2018年9月に芸能誌で「お馴染み」の”女性セブン”が報じた一般の女性で
この女性と”熱愛”か?あるいは既に”籍を入れた”のでは?と伝えられているのです。

岡村隆史氏は以前から、好きな女性のタイプに挙げていたのが「清純派の”女優”タイプで
“グラマラス”なスタイルの女性」と話しておられました。

この一般女性も”芸能人”ではありませんが、相当の”ダイナマイトボディー”であるらしく、
マンガ”ルパン三世”の恋人「峰不二子」タイプの女性の様です。



引用元【ツイッター(anone. )】

もちろん”正確”なところはご本人にしか分からない話ですが、相方の「矢部浩之」氏も
既に”ご結婚”されているし、ご自身ももう直ぐ”50歳”になるのですから、そろそろ本命を
決める時期にきているのではないでしょうか?

今後の動向が気になりますね!


スポンサードリンク


◇ 岡村隆史氏の出演映画とは!

岡村隆史氏は”お笑いタレント”の割に、結構!数々の”話題作”映画に出演をしており、
その映画を宣伝する際には、”重要”な「広告塔」としてご活躍されます。

自身初の「劇場デビュー」を飾ったのは1995年に公開された映画”BeRLiN”でした。

この映画は当時、男性から人気が高かった女優「中谷美紀」さんの映画”初主演”作でもあり、
同年に行われた日本映画監督協会で”新人賞”を獲得した作品です。

そして、お笑いコンビ”ナインティナイン”として相方「矢部浩之」氏と共演した処女作映画が
“岸和田少年愚連隊”です。




この映画では相方「矢部浩之」氏と”ダブル主演”を務め、中学生の悪ガキコンビ”チュンバ”と
“小鉄”の青春時代を描いた”コメディ映画”でした。

ただ、この映画のキャスト陣がほぼ吉本興業の芸人で埋め尽くされており「雨上がり決死隊の
「宮迫博之」氏、お笑いコンビ「FUJIWARA」、ブラックマヨネーズの「吉田敬」氏、宮川大輔、
当時はまだ無名だった「野性爆弾」などの、層々たる”お笑い芸人”が登場しておりました。

次に、岡村隆史氏が個人で出演し”主演”を飾った映画「無問題(モウマンタイ)」では、実質!
“個人”での出演でしたので、この映画で「主演デビュー」を飾ったと言っても過言では
ありません!




また二年後に公開された映画”無問題2”でも、もちろん「主演」を務めております。

そして2003年と2010年にはフジテレビが”誇る”大ヒット映画”踊る大捜査線シリーズ “にも
出演されております。

多分”メガフォン”を取った監督「本広克行」氏にムービー2の”レインボーブリッジを封鎖せよ!”で
好印象を残したことが「ムービー3」へつながったのでしょう!

確かどちらかの作品で”牙の生えた犯人”と言うの”主要人物”を演じていたと記憶しております。

そして岡村隆史氏の”個性”が思う存分発揮?された映画”妖怪大戦争”があります。




この映画では「小豆洗い」役で出演し、あまりにも”適任適所”の「ハマり役」であっただけに、
周りからの評判が良く、さらに映画を見たファン達からも”印象に一番残った!”等と
“絶賛”されておりました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

さらに2008年4月から公開された映画”少林少女”でも、”主演”ではありませんでしたが
「主要人物」に抜擢され、自身の得意な”ダンス”を生かした名”演技”で映画を盛り上げて
おりましたね!

【実は!】この映画のメガフォンを取った監督が”踊るシリーズ”の「本広克行」氏であったので
それも岡村隆史氏を”キャスティング”した「要因」の一つだと思われます。

最後にジャニーズアイドルでありながら”歌”を歌わない「俳優オンリー」のタレント!として
有名な「生田斗真」氏が主演を飾り、自身の代表作でもある2014年の映画”土竜の唄”へも
出演されております。




この映画では自身初の”暴力団系”映画への出演で、今まで出演してきた”パロディー系”の
役とは違い、暴力団組織の”組員”という新たな分野に挑戦されておりました。

なので、この映画では真面目?な”俳優”姿を披露しておりましたね!

この映画を境に、しばらく”映画”への出演は「途絶えて」おります。


スポンサードリンク


◇ 岡村隆史氏のプロフィール

本名
岡村 隆史
読み
おかむら たかし
生年月日
1970年7月3日
仕事
お笑いタレント・俳優
出身地
大阪府大阪市
所属事務所
吉本興業
血液型
B型