“サックスプレーヤー”や”筋肉体操”でスッカリ!お馴染みとなったタレントで俳優の「武田真治」氏。

何やら?2020年度に、”ご結婚”をされることを名言されたらしく!正月早々、大きな注目を集めた模様です。

注目の”お相手”となる女性とは!歯科衛生士ながら芸能活動(モデル・女優)をされている「静まなみ」さんとのことです。

武田真治氏”47歳”にして、初の「ご結婚」に踏み切る模様です。

その気になる歯科衛生士との”ご結婚”を含めて、武田真治氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(Yahoo!ニュース )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ 歯科衛生士と結婚!
・ 筋肉で再ブレイクとは?
・ サックスが得意?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 歯科衛生士と結婚!


最近の武田真治氏と言えば、NHKの人気体操番組”みんなで筋肉体操”で話題を呼びご自慢の鍛えあげた筋肉を披露され「再ブレイクを果たし」話題を呼んでおります。

また、2019年度の”NHK紅白歌合戦”では演歌歌手の「五木ひろし」氏との”コラボ”で注目を集めておりました。

そんな武田真治氏に【なんと!】”彼女”が居たらしく【しかも!】2020年度に”ご結婚”をされることが報じられたのです。

まだ”入籍”はされていないモノの、両名を良く知る関係者からは!二人の”意志”は既に決まっているとのことで、”ご結婚”は「秒読み段階」に入っているそうです。

ただ、それなら何故!芸能界で「令和元年婚がブーム」の時に、ご結婚に踏み切らなかったのでしょう?

その”お相手”となる女性とは、”歯科衛生士”の仕事を熟しながら芸能活動(タレントやモデル)も行った経験のある「静まなみ」さんと言う女性の模様です。


引用元【インスタグラム(manami_shizuka)】

残念ながら、一般の方なら誰もが”存じない人物”であろう!と思われますが【なんと!】スタイル抜群でならが、NHKの冠番組”連続テレビ小説”の「半分、青い。」に出演されていたようです。

・・・とはいうモノの【実は!】武田真治氏の”代名詞”でもある”サックス”が!最も”得意”であることを世に広めたフジテレビ系列で放送されていたバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」の放送内で、当時から”交際”していたことを”暴露”されていた模様なのです。

その時の話では、知人の「歯科医師から紹介されて知り合った」とのことで!その後、数年間の交際期間を経て、”ご結婚”までに至ったそうなのです。

【さらに!】イベントなどの”表舞台”に出る機会があった時などでも!その彼女と「交際が順調であることをアピールされていた」らしく、周りの関係者の間では!誰もが知っている「二人の関係」とのことです。

日本の東京で開催されるオリンピックを控えている「おめでたい2020年度(新型コロナウイルスの感染予防のため延期)」に、ご自身にも「HAPPYな出来事」が訪れる模様です。


引用元【インスタグラム(shinji.takeda)】


スポンサードリンク


◇ 小中高校


武田真治氏は1972年12月18日生まれの47歳(2020年)で、ご出身は「北海道札幌市」です。

ご出身の”北海道札幌市”にあるご自宅で、ご両親と姉と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので武田真治氏も(北海道札幌市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

なので、通ってた”小学校名”は定かでありませんが、中学校から推測すると!小学校は地元の北海道札幌市にある”札幌市立篠路西小学校”にご入学されていた可能性が高いです。

ご家族は”ご両親”と二歳年上の”姉と二歳年下の妹”がいて、ご自身は”長男”として生まれ育った
ご様子です。

幼少期から”家族仲”が良かったらしく、特に”姉”が面倒を見ていたそうで”姉ちゃん子”として育ったようです。

その”姉”は、今では元宝塚歌劇団の「遼河はるひ」さん似の”美人さん”とのことです。


引用元【インスタグラム(shinji.takeda)】

また、この”姉”の影響で”ピアノ”のレッスンを受けていたらしく【さらに!】「争いごとを好まない性格」でしたから!”武道(剣道)”を習っていたようです。

父親は地元のラジオ局で”音声スタッフ”として働いていたらしく、趣味は”写真撮影”とのことです。

また、その関係でたくさんの”イベント”に参加していたらしく、よく学校をサボらせて!子供たちをイベントに連れて行ったようです。

その様子を窺う限りでは、相当な!”子煩悩”であったご様子です。

少年時代は、かなりの”泣き虫少年”であったご様子で、起伏が激しく突然!”笑った”と思いきや”泣いたり”する、少し「変わった少年」とのことです。

しかし小学校時代になると四年生の時に、受け持っていた担任(女性)も同じように”感情”が激しい先生であったことから、それを見て”自身”の「起伏」に気づき”改善”されたそうです、

また、六年生になると”車のラジコン”にハマっていたらしく、学校が終わると近所の友達とよく遊んでいたそうです。

”運動好き”ではなかった小学時代を終えると、中学校も地元の北海道札幌市にある”札幌市立篠路西中学校”にご入学されました。

武田真治氏が入学した時期は、校舎が”老朽化”していた為に新しく”新設”することになっていたらしく、二年生の時に”新校舎”に移った模様です。

中学時代になると”大好き”であった二つ年上の”姉”が、当時!若者から”大人気”を博していた男性7人組バンド”チェッカーズ”の大ファンで、特に「藤井尚之」氏を好んでいたことから、その影響で「サックスに興味を持ち始めた」そうです。

そのため、学年は定かでありませんが父親に”サックス”を買うようにと!せがんだようですが、”高額”な「楽器」であるため、残念ながら購入までには至らなかったそうです。

【ところが!】大好きの”姉”の”興味”を引くために三年間!父親に”せがみ”続けたらしく、様々な条件をクリアーした上で、ご自身中学校三年生の時に「16万円のサックス」を買ってもらったそうです。

しかし、”楽器”は手に入れたモノの!肝心の指導者(先生)や、あるいは専門の”教室”がなかったことから「独学でサックスを練習するようになった」とのことです。

なので、当初は”音”が奏でられずに”空音”でしたが、とにかく”吹きまくって”いたそうです。

”音楽活動”に目覚め始めた中学時代を終えると、高校も地元の北海道札幌市にある”札幌北陵高校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また「部活動」も盛んな学校で様々な”運動部”や”文化部”、さらに”同好会”が設けられており、成績も”優秀”とのことです。

しかし、武田真治氏の学生時代とは「部活動に縁が無かった」ことから、中学時代から続けてきた”サックス”の練習に専念されていた模様です。

なので、”サックス”に集中するあまり!”学業”が疎かとなっていたことから「成績が相当!悪かった」とのことです。

高校時代になると地元の”アマチュアバンド”に参加することができたらしく、そこで【さらに!】サックスの演奏に磨きをかけていたそうです。

また、”学年”は定かでありませんが!学校では”バンド”を組んでいたらしく、イベント(学校祭等)がある度に、体育館の”ステージ”に立って”バンド演奏”を披露していたとのことです。

高校二年生の1989年に、男性向け月刊誌でお馴染み”JUNON”が毎年開催していた「美男子コンテスト(ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト)」に応募して、見事!”グランプリ”に輝き”、芸能界入り”の「切符」を手に入れました。

但し、ご本人としては”モデル”に興味を示していたのでは無く!あくまでも「サックスプレーヤー」に憧れを感じていたことから!芸能界入のチャンスを見つけるために、このコンテストに参加されたようです。

そのため、北海道から”仕事”のため東京に通うのが困難であったことから”上京”して通っていた”札幌市”の高校から”東京都内”の高校へと「転校」する事となりました。

流石に、当時の”サックス”の腕前では!芸能界で活動することが「不可能な状態」であったことから、とりあえず”俳優業”を熟すことに切り替えて、1990年3月からTBS系列で放送が始まったテレビドラマ”ドラマチック22″の「なかよし」に出演し、自身初の「テレビドラマデビュー」を飾りました。

その後、”転校”した都内の高校をご卒業され、大学には「進学せず」に社会人となり、芸能活動を本格的に行うようになって行きます。

“芸能活動”に専念するようになっても、当初は”俳優”としての仕事が多く!テレビドラマをメインに活動しておりましたが、1991年4月にMBSラジオで放送されていた番組”ヤンタン茶屋町学園 セーラー服のささやき2”に出演し、自身初の「ラジオデビュー」を飾りました。

また、1992年12月から公開された映画”七人のおたく”に出演し「国城春夫」役を務め、自身初の「映画デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(いおり枢機卿??(AI) )】

翌年の1993年12月には東京パルコ劇場の舞台”朗読劇 ラヴ・レターズ”に出演し、自身初の「舞台デビュー」を飾りました。

【さらに!】翌年の1994年には車メーカーでお馴染み”トヨタ自動車”のCM「スプリンター・トレノ」に抜擢され、自身初の「CMデビュー」を飾りました。



引用元【サイト(YouTube)】

そして、1995年になると、ようやく自身の”望み”でもあった「音楽活動」に恵まれ初め、同年4月に1stシングル”Blow up”をリリースし自身初の「音楽デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(jun ?? SDGs(SexDeathGang)CO2削減中?? )】

その後も、”俳優業”と”音楽活動”との「二足の草鞋」を掛け持ちしながら、芸能活動を慢心して行きます。

【すると!】2015年頃からバラエティー番組にも出演するようになり、当時大人気を誇っていたフジテレビ系列で放送されていたバラエティー番組「めちゃ×2モテたいッ!」への出演が決まり、自慢の”サックス”を披露する機会が増え始めたことが要因となり!一挙に「プロ・サックスプレーヤー」であることが”公の場”で認知されて、大きく「ブレイク」を果たしました。

【さらに!】同局の”新堂本兄弟”や”とんねるずのみなさんのおかげです”などの人気番組にも出演を果たし、一気に「大ブレイク」を果たします。


引用元【ツイッター(佐々木優至 )】

その後は「俳優業が低迷し始める」と、バラエティーや音楽番組などからオファーが増え始め!メディアへの露出度が増したことから”人気”を博して行きます。

ところが、ご自身”25歳”の時に「顎関節症」を発症し、その時の主治医から”筋肉不足”を指摘され、そこから「肉体改造(過剰なトレーニング)」を行い始めます。

【すると!】見る見る「筋肉量が増え始め」て、”運動”することに「生きがいを感じ始めた」ことから!毎日”ランニング”や”ベンチプレス”【さらに!】”腕立て”や”腹筋&背筋”などを行うようになります。

そして、ご存じの通り!いつの間にか「キン肉マンとなった」ことから、2018年頃にNHKで放送が始まった「みんなで筋肉体操」に”メイン”として出演されるようになると、大人から子供まで!幅広い人気を集めるようになって行きます。

【さらに!】それをキッカケに、”運動系”や”音楽系”の出演オファーが増え始めて、人気が絶えない”タレント”へと、成長されました。


スポンサードリンク


◇ 筋肉で再ブレイクとは?


日本の芸能界の中でも”筋肉バカ(マッチョ)”として名を馳せている人物と言えば!俳優の「金子賢」氏「鈴木亮平」氏、お笑い界で言えば「なかやまきんに」君「春日俊彰」氏「庄司智春」氏が有名どころですが、音楽界といえば「武田真治」氏が思いつくところです。


引用元【ツイッター(NHK大阪放送局 )】

2018年からはNHKで放送がスタートしたご自身の冠的番組”みんなで筋肉体操”で話題を呼びました。

但し、学生時代は「全くの運動とは無縁」であったにも関わらず!現在では「マッチョな体質」を誇っており、そのギャップに首位の同級生らを驚かせているそうです。

では、何故!マッチョになったのか?と言うと・・・【実は!】ご自身”25歳”の1997年に「顎の関節」を痛めたことがキッカケであり、その”原因”となったのが「筋肉不足(運動不足)」であることが主治医から伝えられたことから、運動に拘るようになったそうです。

【すると!】普段では決して行うことが無かった!毎日のウォーキングやベンチプレス上げ【さらに!】腹筋や背筋、腕立て伏せを行うようになったことで「質の良い筋肉」を手に入れたようです。

病を患っていた時は、さすがに自慢の”サックス”が演奏できなくなり、それがストレスとなって!自身が”無意識”のうちに、周囲へ「ストレス発散」をされていたそうです。

【すると!】そのストレスの発散を受けた周囲から「信用を失った」ことがキッカケで、忽ち!関係者が離れて行ったようです。

しかし、筋肉マン(マッチョ)になったことで!”人気”を取り戻し、徐々に周りの関係者が戻り始めると、世間の間でも大ブレイクを飾る結果となったのです。

また、NHKの冠番組”みんなで筋肉体操”は僅か5分の放送時間にも関わらず「効率の良い筋トレ」として話題を呼び【しかも!】「筋肉は裏切らない」などの”決めセリフ”が世間から認知されるようになると、大人から子供まで!幅広い世代から支持されるようになりました。


スポンサードリンク


◇ サックスが得意?


武田真治氏と”サックス”の「出会い」は中学校三年生の時に、父親から買って貰った16万円の”サックス”からスタートされました。


引用元【インスタグラム(shinji.takeda)】

【しかも!】その”サックス”を手に入れるまでには”三年間”の「長丁場」であったようで、父親から出される”難問”をクリアーしたことから、ようやく手に入れたそうです。

そして”独学”で練習を重ねてきたことで、今の”レベル”まで達して芸能界一上手い「サックスプレーヤー」として名を馳せております。

ただ、この「独学が悪かった」のか?”プロ”のサックスプレーヤーからすると、奏でる音に”雑音”が多く混じっているらしく、スムーズな”音色”に聴こえないとのことです。

なので、ド素人が聞くと一見!「プロ級に思える」モノの、その道の”専門家”が聞くと「今一つ」との認識を示すそうです。

長い間(30年以上)”サックス”とのつながりがありますが、もしかすると!間違った練習法を行って来た可能性が否めません。

“愛用”の「サックス」については、普段は”アルトサックス”を使っているそうです。

サックスには「ソプラノ用・アルト用・テナー用・バリトン用」などの種類がありますが、その中でも「アルトサックス」を好んでいる模様です。

【しかも!】本数も相当あるらしく、高いものでは60万円!安くても30万円以上の物を所有しているそうです。

【さらに!】愛用している”メーカー”はフランスの”セルマー”や”テナー”などの、世界でも超”有名メーカー”を扱っている模様です。

「まずは見た目から!」ではありませんが、扱っている楽器(サックス)はプロ級の物のようです。

今では芸能人でも元AKB48の「島崎遥香」さんや、お魚大使でお馴染み「さかなクン」【さらに!】人気アイドルグループ”嵐”の「相葉雅紀」氏なども演奏されておりますが、いずれも”数十万級クラス”の「サックス」を使用していることでしょう。






スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 1990年に、TBS系列で放送された番組”ドラマチック22″に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 1992年に、”東映”によって公開された映画”七人のおたく”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(富田 裕隆 )】

◇ 舞台

・ 1993年に、”パルコ”によって公開された舞台”朗読劇 ラヴ・レターズ”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 1993年に、”MBS”局が放送した番組”ヤンタン茶屋町学園 セーラー服のささやき2″に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 1993年に、”徳間書店”が手がけた作品”NIGHT HEAD -THE NEW ARK PHOTOGRAPHICS”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 1994年に、フジテレビ系列で放送された番組”殿様のフェロモン”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(O)))脳BRAIN )】

◇ CM

・ 1994年に、”トヨタ”が手がけた企業CM”スプリンタートレノ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ シングル

・ 1995年に、”ポニーキャニオン”が手がけた作品”Blow up”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

◇ アルバム

・ 1995年に、”ポニーキャニオン”が手がけた作品”S”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

◇ アニメ映画

・ 2000年に、パーフェクト・チョイス系列で放送された番組”AMON デビルマン黙示録”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Happy WiWi )】

◇ ネットドラマ

・ 2009年に、LISMO系列で放送された番組”ロス:タイム:ライフ第11節 ロックスター編”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

◇ 吹き替え

・ 2020年に、”ギャガ”が制作した作品”ランボー ラスト・ブラッド”に出演され「吹き替えデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Teru )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
武田 真治
読み
たけだ しんじ
生年月日
1972年12月18日
仕事
タレント・音楽家
出身地
北海道札幌市
所属事務所
ホリプロ
血液型
AB型