西川貴教の話|白髪美少女キャラ|筋肉凄い|浅倉大介の仲|小中高校





“小柄”な体格でありながら、”ダイナミック”な歌唱力と!”かすれた”ハスキーヴォイスが魅力的な男性ヴォーカリスであり!2020年度に、”一般女性”と「再婚」をされたミュージシャンでタレントの「西川貴教」氏。

何やら?2020年度にリリースされた、自身最新のシングル「As a route of ray」が!スマートフォン向けアプリとして有名な”株式会社Yostar”が手掛けているシューティングゲーム「アズールレーン」の”CMソング”に起用されたとして、話題を集めているご様子です。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

このゲームアプリは、”艦船シューティング”のストーリー展開となっており!”主人公”を含め、美少女キャラたちで編成された味方キャラを上手く使って、”敵艦隊”と戦うRPG要素も含まれたゲームです。

【なんと!】今回の”シリーズ”では、楽曲を提供された”西川貴教”氏もCMのプロモーション撮影に参戦しており!”主人公”である「戦艦の美女ボスキャラ」に扮した”コスプレ姿”で登場されている模様です。

【しかも!】”女子キャラ”をイメージさせるため、”胸”には「抜群の大きさのパッド」を忍ばせ!女性感を”ふんだん”に感じさせる演出を施された形です。

その気になる”美少女キャラ”を含めて、西川貴教氏について紐解いて行きます。




   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 筋肉が凄いとは?
・ 浅倉大介との仲とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


西川貴教氏は1970年9月19日生まれの49歳(2020年)で、ご出身は「滋賀県」です。

ご出身の”滋賀県”にあるご自宅で、ご両親と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、西川貴教氏も(滋賀県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”二人の妹”が居り、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、非常に「人見知り」の激しい子供であり!今の”お姿”からは想像も付きませんが、人前に立つのが苦手な少年であった模様です。

“父親”の職業は「地方公務員」であり、”厳格”な気質(性格)の持ち主であったことから!非常に「しつけ」に厳しく、特に”人見知り”が酷かったことから「前向きな姿」を見せないことに腹を立てていたそうです。

また、祖父も”公務員(警察官)”の経験者であり!概ね、父方の”親族”は「公務員職に就いた一家」なので、その”血筋”を引き継いだ父親も「厳格な気質(性格)」となったのでしょう。

しかし「お硬い職業」に付きながらも【実は!】大の”パチンコファン”であったとのことです。

“母親”の職業は、”歯科”関連の講師を勤めており!日中は、ほとんど家には居なかったご様子です。

なので、”共働き”の一家で生まれ育った関係で!幼い頃から「祖父母」に育てられたそうです。

特に、”祖父”から親しまれていたらしく!あだ名が”たー坊”と呼ばれ「おじいちゃん子」であった関係で、祖父の”晩酌”の付け合せで食べていた「珍味」を好んでいたそうです。

また、恐らく!祖父が”元警察官”であった影響もあり、小学校時代は「剣道に志していた」とのことです。

小学校時代に入ると、自宅での”厳しいしつけ”の反動もあり!学校では、”賑やか”で”元気”な性格を見せていたことから「アイドル的な存在」として、周りの生徒たちから親しまれていたそうです。

【すると!】その”キャラ”を気に入った年上の”少女”から「あなたは私の弟」等と、半強制的に宣言をされて!仕方なく、”弟”的な存在として近づいていたそうです。

その”影響”があったのか?は定かでありませんが、もっぱら!遊んだり、好んだりする”女性たち”は「年上が多かった」らしく、小学生時代から相当!”ませて”いた少年であった模様です。

小学校二年生の時に、大好きであった”祖父”に連れられて始めて”映画館”に出向き!その当時に上映されていた戦争映画の「二百三高地」を鑑賞させられて、幼心に「激しい戦闘シーン」や「エロいシーン」に、非常に”インパクト”を覚え!しばらくの間は「トラウマ状態」となっていたそうです。

自宅と学校との”ギャップ”が大きかった性格(心理)の小学時代を終えると、中学校も地元の滋賀県にある”野洲市立野洲中学校”にご入学されました。

中学生時代に入ると、自身の”体格”が周りに比べて非常に「小さかった」こともあり!”バカに”されないようにと、学校の”番長的存在”の生徒に近づき「媚びながら愛想を振りまいていた」そうです。

【すると!】その”効果”が絶大で、周りの生徒に対して「西川貴教氏に手を出したら殺す…など」と、”脅し”を掛けてもらっていたことから、”小柄”ながらも「いじめを受けることが無かった」そうです。

一方のスポーツ(部活動)では、”ハンドボール部”に入部されており!”小柄な体格”を生かした「機敏な動き」で、練習に臨んでいたご様子です。

その”機敏”さは「手先の器用さ」にも影響を与えていたらしく、非常に”絵を描く”ことに「長けていた少年」であったことから!将来の”夢”は「美術系の職業に就きたい」と望んでいたそうです。

また、”経緯”は定かでありませんが!友人たちと”ロックバンド”を結成していたらしく、学校の”学園祭”がある時は!決まってステージに上がり「ハードロック系の楽曲」を披露していたそうです。

そのため、”身なり”は制服でありながらも!”ロックバンド”をイメージさせるため、頭を”坊主頭姿”に決め込んで「暴れていた」そうです。

”バンド活動(音楽活動)”に目覚め始めた中学時代を終えると、高校も地元の滋賀県にある”県立野洲高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この学校は、地元でも”部活動”が非常に盛んな高等学校として知られており!特に「サッカー部の強豪校」であるため、たくさんの「プロサッカー選手」を輩出している高等学校として有名です。

現在、”海外チーム(スペイン)”に活動の拠点を移しており!”日本代表戦”がある時は、毎回!必ず招集される”FWの貴公子”としてお馴染みの「乾貴士」選手も、こちらの高等学校ご出身です。


引用元【ツイッター(デジサカ?? )】

高校時代に入ると、”部活動”には「入部されていなかった」らしく!中学校時代からハマっていた「ロックバンド」に”熱中”をされておりました。

【すると!】地元の”同年代”の生徒や一般女性から、この”バンド”が「好評を得ていた」ことから!多くの”ファン”の「獲得に成功をされていた」とのことです。

なので、特に”他校の生徒”から!サインや握手を求められることが多く!”身なり”がバレないようにと、”サングラス”をハメて出歩いていたそうです。

但し、その”人気ぶり”が大きな影響を与え!”深夜中”あるいは、”日中”からロックバンドの活動に精を出すようになり!学校への”遅刻”あるいは、”早退”が重なったことで、最終的には「中退」に追い込まれた形です。

”なので、もちろん!大学には”進学”をされておらず、中退後は地元の滋賀県に近い大阪府にある「大阪スクールオブミュージック専門学校」にご入学をされました。

音楽の”専門学校”とは言っても、ご卒業をされている”OB・OG”には相当!な”有名人”が揃っており!ロックバンド”SOPHIA”のヴォーカリスト「松岡充」氏や、同じく”マキシマム・ザ・ホルモン”でドラムを担当されている「熊本奈緒(ナヲ)」さん、女性シンガーソングライターの「植村花菜」さん、同じくシンガーソングライターの「岡本真夜」さん…などの、錚々たる”音楽人”が居ります。


引用元【インスタグラム(kanajpop)】

西川貴教氏は、この学校で!新たに知り合った親友たちとバンド「Luis-Mary」を結成されて、本格的に”音楽活動の道”へと進み始めて行きます。

【すると!】このバンド「Luis-Mary」にて、1991年度に”悲願”でもあった「インディーズデビュー」を飾り【さらに!】同年の7月には「メジャーデビュー」を飾ったことで、自身の”音楽人生”の「節目の年」を向かえます。


引用元【ツイッター(90年代ヴィジュアル系bot )】

その後も、バンド活動を続けながら!1993年の「バンド解散」までには、オリジナルシングル三枚とアルバム三枚をリリースされて、”高校中退”ながらも!その後の専門学校で知り合った、”縁”のある仲間たちと「有意義な青春時代」を送ったようです。

“バンド(Luis-Mary)”解散後は、ご周知の通り!”ピン”での芸能活動をスタートさせ、現在の”キャラ”の「構築に成功」をされて!多くの”人気を集める”スター”へと、成長をされます。


スポンサードリンク


◇ 筋肉が凄いとは?


見た目は”小柄”ながら【実は!】意外なことに「マッチョな体質であること」を、ご存じの方は少ないと思います。

但し、昔から”小柄”でありながら!ダイナミックな「歌唱力」や【唯一!】”無二”の!”独特”な「ハスキーヴォイス」などには”定評”が高く、その”歌声”を放つための源は!それなりの「努力の賜物」であることは、有名な話でした。

つまり、”ヴォイス・トレーニング”を含めた「正しい筋トレ」を!欠かすこと無く続けて来た結果が「マチョな体質」を作り上げた訳です。


引用元【インスタグラム(takanori9nishikawa)】

“チビマッチョ”の芸能人と言えば、サックス演奏者でタレントの「武田真治」氏が”先駆け”的な存在として有名ですが、最近では”西川貴教”氏も!負けずと「筋肉タレント」としての”知名度”を広げつつあるようです。


引用元【インスタグラム(takanori9nishikawa)】

もちろん、トレーニングは!今”始めたこと”では無く!ジム通いを「約15年~」も、続けていたことから「鋼のようなチビマッチョ」を構築された模様です。

では、何故?”ヴォーカリスト”でありながら「マッチョになる程」の、”筋トレ”を続けていたのか?と言うと【実は!】元々は、”ひ弱”な体格であったことから!長時間に及ぶ”ライブ”を行った時に、毎回「失神をして」周りに迷惑を掛けていたそうです。

そのため、せめて!長時間に及ぶ”ライブ”で「倒れないための体力」を身につけるために、”筋トレ”を始めたらしく!それが、長い時間の”積み重ね”によって「マッチョな体」を手に入れた次第です。

今では、”体脂肪率”が驚異の「10%以下」を達成されて!同年代の”平均(20%)”を大きく下回り、”声”の「張り」や”高音”の「伸び具合」などに大きな”改善”が見られるらしく【まさに!】”ダイナミック”で独特な”ハスキーヴォイス”のパフォーマンスを可能にしたのは、日頃の”体力作り”が功を奏したと言えそうです。




但し、”運動バカ”のように!トコトン自身を追い込む「トレーニング方法」を実践されているのかと思いきや!意外にも、”科学的根拠”に則った「正しい筋トレや食事管理」を行っているそうです。

特に、”食事管理”については!厳格な”ルール”を設けているらしく、基本的に一日の”食事(主食)”は「夜のみ」であり!夜食を”ガッツリ”食べる分、”朝”と”昼食”は軽い「野菜ジュース程度」で、すませているそうです。

元々、”体格”は「小柄な方」なので!”ガッツリ”食べなくても、筋トレによる「エネルギ量が不足することが無い」ことから、”体格”に合わせた「効率的な筋肉を付ける方法」を取り入れていると言えます。

もちろん、トレーニング前に”プロテイン”などの「サプリメント」を使用している可能性は否めませんが、”太い”筋肉を作るためのトレーニングでは無いので!無駄な”タンパク質”などの栄養素を避けて「良質な筋肉を付けることだけに特化したトレーニング法」を心がけているのでしょう。

【さらに!】”食事の面”だけでは無く、普段の”仕事の面”においても!常に「ゴムチューブ」を持参しているらしく、時間の空いた時を見計らっては!筋肉を引き締める要素が高い、”チューブ”による「反発筋トレ」を行っているそうです。

また、以前に出演された日本テレビ系列で放送されているバラエティー番組「ダウンタウンDX」の中では、ご自身”禁断”の「トレーニング方法」を明らかにされて、大きな反響を呼んでおりました。


引用元【ツイッター(music.jpニュース )】

それによると、”ランニング”から始めて「腕立て・腹筋・背筋・懸垂・腕立てジャンプ・ベンチプレス・エターバイク」などを、数十回程度に分けて行い!筋肉を”痛める”ことが無いように、無理を避けて”長時間”に及ぶ「有酸素運動」を意識しながら行っているそうです。

【しかも!】トレーニング中は、”低酸素トレーニング”用の「マスク」を着用して行っているらしく、よく運動選手が行っている”高地トレーニング”と同じ効果をもたらす「持久力の強化」にも、意識されたトレーニグ法を取り入れているそうです。

つまり、そもそものトレーニング”目的”であるライブでの「失神防止(持久力強化)」にも取り組んでいる訳です。


引用元【インスタグラム(takanori9nishikawa)】


スポンサードリンク


◇ 浅倉大介との仲とは?


西川貴教氏を日本を代表する”シンガー”として有名にした「恩師」と言えば、ご承知の通り!”音楽プロデューサー”の「浅倉大介」氏であることは、有名な話です。


引用元【ツイッター(歌謡ポップスチャンネル )】

なので、二人の”関係性”は!誰もが「良好」と思われている方が、ほとんどだと思いますが【実は!】そうでもなく!二人での”活動”が、盛り上がっていた時期とは!ほんの「一時に過ぎなかった」のです。

そのそも、二人の始まりは!1995年後頃からであり、その当時!”浅倉大介”氏がリリースしたシングル(BLACK OR WHITE?)に、便乗する形(ヴォーカリスト)で参加したのが「西川貴教」氏であったのです。

【すると!】そのキッカケから”意気投合”を果たした二人は、浅倉大介氏が1992年から活動を続けて来た音楽ユニット「access」の活動を一時”中断”されて!西川貴教氏との”コラボ”に、力を注ぐようになり始めます。

そこから、一挙に!西川貴教氏の”カリスマ性”が開花を向かえ、浅倉大介氏が最も得意とする”プロデュース業”を、西川貴教氏と共に”クリエイト”を行い始めます。

【すると!】”access”時代を豊富とさせる、”ポップ”で”メロディアス”なテンポの良い「楽曲」と、西川貴教氏の”ダイナミック”で独特な”ハスキーヴォイス”が効いた魅力的な「歌声」が、見事!に噛み合い、その年(90年代後期)を”代表”する「ユニット」として!大きな注目を集めました。

その後は、そのユニット名を「T.M.Revolution」と命名されて!西川貴教氏の”ソロプロジェクト”として立ち上げ、しばらくの間は”浅倉大介”氏による作詞・作曲の「楽曲」で!仲良く”音楽活動”を続けます。

【ところが!】1999年度に入ると、”T.M.Revolution”としての活動を!突如「封印する」ことが発表されて、そこから徐々に浅倉大介氏との”距離”が広まって行きます。

【実は!】この時に、西川貴教氏は女性ポップデュオとして人気を集めていた「PUFFY」のメンバーである「吉村由美」さんと”交際”をしており、その年の4月に「ご結婚」をされたのです。


引用元【インスタグラム(puffyamiyumi_official)】

それが、ファンたちの間では”T.M.Revolution”の「活動封印の理由」と思われていたのです。

もちろん、”真相”は定かではありませんが!少なくても、この”結婚”によって浅倉大介氏との”コンタクト”が減ったのは間違いありません。

【すると!】その頃から、二人の「不仲説」が持ち上がるようになり!元々、浅倉大介氏は”メディア出演”が多く無く「口数も少ない性格」なこともあり、然程!この件に関しては”言及”をされませんでしたが、一方の西川貴教は!全く”正反対”の気質(性格)の持ち主であるため、この件での”発言”により【さらに!】”疑惑”を招く「方向に向かってしまった」のです。

しかも、浅倉大介氏の”ファンたち”の間では有名な話ですが!その一件以来、”ソロ”での活動をスタートさせますが、その際に!西川貴教氏と取り組んだ”名曲”には一切!手を付けずに、自身のオリジナル曲だけを演奏していたそうです。

なので、それも”要因”となり!二人の”不仲説”に「信憑性が増す結果」とつながったのです。

しかし、2010年になると!お互いに”歳”を重ね「大人となった」らしく(笑;)西川貴教氏の出身地である”滋賀県”で、約”10年ぶり”となる「凱旋ライブ」を行った際に!浅倉大介氏も駆けつけて、久々の”共演”を果たすのです。

もちろん、誰よりも二人の”復活”を望んでいた「根強いファンたち」からは!熱い声援と感動の涙を流すファンで溢れたのです。

なので、ファンたちの間では!その”ライブ”を持って、二人の「ワダカマリは解けた(和解した)」と解釈された模様です。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ シングル

・ 1995年に、”ファンハウス”が手がけた作品”BLACK OR WHITE?”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(歌謡ポップスチャンネル )】

◇ ラジオ

・ 1996年に、”bayfm”局が放送した番組”JRA Power Revolution”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ アルバム

・ 1996年に、”アンティノスレコード”が手がけた作品”MAKES REVOLUTION”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(漏レル )】

◇ アニメ映画

・ 1998年に、明治系列で放送された番組”るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-“に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(十三矢 ノッキー )】

◇ テレビ番組

・ 1999年に、フジテレビ系列で放送された番組”お台場RevoRevo”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 1999年に、”天王洲アートスフィア”によって公開された舞台”リトルショップ・オブ・ホラーズ”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(るみるみ )】

◇ 雑誌

・ 1999年に、”角川”が手がけた作品”疾走(T.M.R.) (T.M.R-e) T.M.Revolution?the end of genesis”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ゲーマーズなんば店 )】

◇ テレビドラマ

・ 2000年に、TBS系列で放送された番組”ビューティフルライフ”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ミニケル『兄』しんや )】

◇ 映画

・ 2008年に、”ジョリー・ロジャー”によって公開された映画”コラソンdeメロン”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2011年に、”ヤマハ”が手がけた企業CM”ヤマハ・ジョグ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ ネット番組

・ 2017年に、ニコニコ生放送系列で放送された番組”西川貴教のイエノミ!!”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(TAIKI )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
西川 貴教
読み
にしかわ たかのり、
生年月日
1970年9月19日
仕事
タレント、俳優
出身地
滋賀県
所属事務所
フィット
血液型
A型


村田琳の話|2位じゃダメ|彼女や熱愛|双子姉の村田翠蘭|小中高校





東京都ご出身の”タレント”であり、男性アイドルグループ「VOYZ BOY」のメンバーとして活躍され!最近では、”イケメン”との呼び声が高いことから”役者”としてもご活躍中の俳優で歌手の「村田琳」氏。


引用元【ツイッター(村田 琳 )】

何やら?最近、バラエティー番組に出演されて!”母親”であり参院議議員の”立憲民主党”に所属する「蓮舫」議員の”名セリフ”としてお馴染み「2位じゃダメなのでしょうか?」の発言について!番組内で「言及された」として、大きな注目を集めたご様子です。

その”言及”とは、学生時代から!母親である蓮舫さんの”名言”によって、相当!”イジられていた”らしく、クラスメイトや学校の生徒たちと会うと、決まって「2位じゃダメなのでしょうか…など」と!頻繁に馬鹿にされていたそうです。

なので、今でも”トラウマ”として残っているらしく!”行政”でスパコン(スーパーコンピューター)の話題が浮上され、それを”メディア”で見たり聞いたすると!何気に「身の縮む思いをされている」とのことです。

蓮舫さんの「2位じゃダメなのでしょうか?」発言と言えば、2009年に日本の国会で起きた”民主党政権”による「政権交代」が記憶に新しいところですが、その中でも”目玉事業”として!大きな注目を集めたのが「事業仕分け」でした。

俗に言う”高級官僚叩き”と呼ばれるモノであり、その当時!”やりたい放題”であった”各官僚”による「分捕り予算」を見直して、開かれた場所で”オープンにした環境”の元で「正しい予算の使い道」を改める!いわば、民主政権を代表する”一大イベント”の「位置づけにあった事業」のことです。

また、”開かれた場所”での開催であったことから!今は亡き、”ロックミュージシャンの「故・内田裕也」氏も見学に現れて!大いに盛り上がったモノです。

その中で、”仕分け作業”の対象となった「文部科学省」が登場した際に!民主党側の”仕分け人”として参列していた”蓮舫議員”が、議題に上がった「コンピューターで世界一を取ることで、国民に夢を与えるプロジェクト」について、”噛み付いた”のです。

その当時は、”リーマンショック”による「全世界不景気時代」を向かえており!国の”予算”にも限りがあったことから、”多額の予算”を付けて!いまさら「世界トップ一位」に拘る必要があるのか?との思いで「2位じゃダメなのでしょうか…など」と問い質して、大きな話題を呼んだのです。

しかし、その年の”流行語”に入選する程に及んだ「名セリフであった」ことから!その”飛び火が”【まさか!】自身の”息子・娘”にまで及んでいたとは、”両親”でも「想像が付かなかった事実」なのでしょう。

そのため、”子供たち”にすれば!通っていた学校で「イジられるネタ」として扱われて、”イジメ”までには発展しなかったモノの!”心”に大きな「傷みを抱えていた」そうです。

その気になる「母親の名言」を含めて、村田琳氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(武士道くん )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 彼女や熱愛とは?
・ 双子姉の村田翠蘭とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


村田琳氏は1997年4月2日生まれの22歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と双子の姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、村田琳氏も(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の東京都にある”青山学院初等部”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”双子の姉”が居り、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

生まれ付きの”双子”でありながら【なんと!】もう”片方”は「女児(姉)」であったことから、非常に珍しいケースの”出産”で「生を享けた」のです。

ちなみに、もう片方の”姉”は「村田翠蘭」さんと呼ばれ!現在は、同じように”芸能活動(ファッションモデルやタレント)”をされております。

“母親”は、日本人なら誰もが知る!元”ニュースキャスター”で、現在は”国会議員”の「蓮舫」さんであり!”父親”も元”フリージャーナリスト”で、現在は”大学教授”を務めている「村田信之」氏です。


引用元【ツイッター(サスケ&オビト )】

双子の”姉”とは、”男女”の違いはあれど!もちろん「ソックリ」であったことから、幼い頃から非常に「仲が良かった」そうです。

この”姉”の「村田翠蘭」さんは、後に”ニュージーランド”に留学をされて!大学は、名門”早稲田大学”の「国際教養学部」にご入学されておりますが、”父親”の「村田信之」氏も”同大学”の卒業生であり!親子”二代”に渡って「同校の門」を潜ったのです。

村田琳氏は、小学校時代に入ると”可愛い顔”には似合わない「ラグビー競技」を行っていたらしく、その後の”高校”に至るまでの「10年間」は、”ラグビー”一筋でご活躍されていたそうです。

但し、”激しいスポーツ”を行っていた割には「少食系であった」らしく!それも”要因”につながり、”ラグビー選手”でありながら「小柄なタイプの選手」として活動をされていたご様子です。

但し、”自宅”では!どこにでも居る小学生と変わりなく、その当時!流行っていた”戦隊シリーズ”の「テレビに釘付けであった」模様です。

一方の小学校では、”五科目”の中で「国語が大の苦手」であり!学校で配られる”ドリル”以外に、母親である”蓮舫”さんが「独自のドリル」を作り、分かりやすく”工夫”を施したドリルで学ばせていたそうです。

また、蓮舫さんの”教育方針”として「やりたいと思ったことは全てやらせる」と決めていたことから!ラグビーによる”イギリス留学”を望んだ時も、反対すること無く「前向きにススメた」そうです。

その意味では、”何事”に対しても「理解のある親の姿」を見せていたご様子です。

”ラグビー人生”をスタートさせた小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”青山学院中等部”にご入学されました。

お察しの通り!”青山学院”の「初等部~中等部への進学(進級)」のため、青山学院の”系列学校”にご入学されており!”中学校への”進学(進級)”する際は、”入学試験”を受けずに!学校の「内部審査基準のみ」で、エスカレーター式で中学校に進まれたのです。

但し、この中学校へ”一般(入試有り)”で入学する際は【なんと!】驚異の偏差値「70以上」らしく!”超難関中学”として有名のようです。

中学校時代に入っても、小学校同様に「ラグビー少年」として活動をされていたらしく!”レベル”を一段回上げた「厳しい練習」を行い、着実に!”力”を付けて行きます。

【ところが!】”同級生”の中に【なんと!】ロックユニット「B’z」で”ギター”を担当している超有名ギターリストの「松本孝弘」氏の”息子さん”も通っていたらしく!それがキッカケで、両親どうしが”顔見知り”となり、村田琳氏が以前から”興味”のあった「ギターのレッスン」を受ける事となり!ラグビー以外の”趣味”が「一つ増えた」のです。

【しかも!】レッスンが進むにつれて、二人の”関係”も良くなり!松本孝弘氏が使用していたギターをプレゼントされたそうです。


引用元【ツイッター(BARKS編集部 )】

また、”有名人”の息子であることや!超スペシャリストの”松本孝弘”氏からギターを習っていたこと!などに、いち早く目をつけた”芸能関係者”から「何度かスカウトの話」を受けていたそうですが、自身が全く「そちらの道へは興味を示さなかった」ことから、この時点では芸能人になるつもりは無かったご様子です。

【寧ろ!】”経緯”は定かでありませんが「税理士に憧れを感じていた」そうです。

小学校時代から続けてきた”ラグビー”で体を鍛え【さらに!】超有名バンドの”ギターリスト”からレッスンを受けた中学時代を終えると、高校は地元の東京都を離れ!一路「イギリス」へと渡り!私立の”セドバーグ高校(Sedbergh School)”に留学をされました。

この高校は、イギリス北西部の都市”ランカスター”にある高等学校であり!イギリス国内でも「歴史のある伝統校」として、知られているそうです。

また、”スポーツ”も盛んな学校でもあるらしく!各種スポーツの「強豪校として有名」とのことです。

ほとんどの生徒は、高校を終えると”大学進学”をするそうなので!”ランカスター市内”にある高校の中では「進学校」と言えます。

【さらに!】”学生”のほぼ全て(97%)が「寮生活を行っている」のが”特徴的”と呼ばれているそうで【しかも!】その全てが「フルタイムボーダー」と呼ばれている!”土日”も自宅へ戻らずに、学校以外の時間は「全て寮で過ごす形態の生徒」であるそうです。

村田琳氏が何故、”留学”をしてまで!この”学校”を選んだのか?と言うと、この高等学校に設けられている”ラグビー部やホッケー部”が、地元でも有数の「強豪校であること」は元より【さらに!】以前から憧れを感じていた”職業”の「税理士」になるためには「海外留学が必要と考えた」ことが、大きかった様です。

なので、この高等学校では”ラグビー部”に入部しており!日本とは一味違う「海外のラグビー」を体験されたご様子です。

中学校を”ご卒業”された年と、ご周知の通り!海外(イギリス)の高等学校は、”9月”に新学期がスタートするために、その”ズレ”の関係で高校を卒業した年は!”4年後”の自身「二十歳の時」とのことです。

”海外留学”を果たした高校時代を終えると、大学には進学せずに日本へ戻り!”将来”の方向性を考え始めます。

【実は!】イギリス留学中の2016年度に、一度日本へ”帰省”されていたらしく!その時に、TBS系列で放送されたバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、母親の”蓮舫”さんの特集が組まれた企画の中で”自宅撮影”が行われた際に!息子である「村田琳氏も出演された」ことがありました。

このキッカケを機に「芸能界への興味」を持ち始めていたそうです。

但し、この時は!ご自身の”立場上”、芸能事務所からの「スカウトを断った」そうです。

その後、日本に帰国されてからは!憧れを感じていた職業の”税理士”になるために「大学進学を考え始めていた」のですが、その年の夏頃に!”友人”からの「代理面接での依頼を受けて」や、以前から”興味”を持っていた「芸能界の道」を希望するために、アイドル集団「VOYZ BOY」の”面接”を受けます。

もちろん、”歌唱”や”ダンス”の経験が無かったことから「メンバー入りは無理」と決めつけていたそうですが!”母親”の影響力が強かったこともあり、見事!”メンバー入り”を果たします。


引用元【インスタグラム(voyz_boy_official)】

しかし、当初は!”友人”の「代理面接での合格」でもあったことから、ご本人としては全く”アイドル活動”に「興味を示していなかった」ご様子ですが、メンバーたちと活動を続けて行く中で!徐々に「将来の方向性」に変化を見せ始めた模様です。

なので、”大学進学”を「諦めた」ことを母親の”蓮舫”さんに伝えると!以前から「やりたいことを行わせる」との”教育方針”であったことから、すんなりと「芸能界入に承諾をされた」そうです。

【すると!】そこからは、”大学進学”を諦めて本格的に芸能活動に専念をするために!アイドルグループ”VOYZ BOY”の所属事務所でもある「VOYZ ENTERTAINMENT」に入所されます。

そして、2019年度にTBS系列で放送されたテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演をされて、学生時代に培った「ラグビー経験」を買われて!自身初となる「俳優デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(炎の体育会TV【公式】 )】


スポンサードリンク


◇ 彼女や熱愛とは?


今ではスッカリ、日本の”若手”俳優陣の中でも!”イケメン”として人気上昇中の「村田琳」氏ですが、その「甘いマスクの裏側」には!どんな”恋愛歴”があるのか?女性ファンなら気になるところです。


引用元【ツイッター(健常者さん )】

当たり前の話ですが、現在の村田琳氏ファンとは、断然!”女性ファン”が圧倒的であり!まだ、”新人俳優”でありながら、有名人の”母親”を持つ「サラブレッド」でもあることから!今から”狙っている女性”たちも多く居るはずです。

但し、今のところ(2020年)は”芸歴”が浅いので「浮いた話」など無く!”色恋い”よりも、芸能活動に真面目に取り組んでいるご様子です。

その意味では、”母親”である蓮舫さんも「一安心している」ことでしょう。

そんな中の2019年2月3日に、TBS系列で放送された情報ワイドショー番組「サンデージャポン」に出演されて、普段は!あまりお目見えすることの無い”トークシーン”を披露されて、”表”には決して出ることが無かろう「母親と関係性」を語り、大きな注目を集めました。


引用元【ツイッター(村田 琳 )】

それによれば、”対談者”であったTBSの女性アナウンサーとしてお馴染みの「吉田明世」アナからの「彼女に対する質問」に対して、学生時代から”部活”が忙しくて「彼女を一度も母親に紹介をしたことが無い」ことを明らかにされたのです。

つまり、”学生あがり”の間もない!芸能活動に”没頭中”である村田琳氏の「恋愛事情」については、今のところ”彼女”が「居ないと見て間違い」ことを暴露されたのです。

もちろん、”好みの女性”が居るかどうか?については、定かではありません。

但し、いずれ「意中の人物」が見つかったとしても!”母親”の蓮舫議員が「待ち構えている」以上は、それが”弊害”になる恐れがあり!そう容易く”一般女性”が「近づけるタイプのタレント」とは言い難いです。

【しかも!】現在の村田琳氏の”心境”を窺う上で「重要な情報源」となっている、ご自身の公式SNS(ツイッター)を拝見すると!ほとんどが、所属するメンバーたちとの話題が多く!とても”色恋い”を行っている様子など、微塵も感じられません。

その意味では、常に”男性手段”の中に居ることで!それが大きな影響を与え、女性が近づく「環境に恵まれていない」と言えそうです。

もちろん、ご自身の”趣味”や友達との”付き合い”があるために!休みの日は、”プライベート”の時間を「大切に過ごしている」ようなので!それも、女性が近づけない大きな要因につながっているのでしょう。

また、現在の村田琳氏の”夢”は「VOYZ BOYのメンバー全員で東京ドームに立つこと…など」と語っておられるので、恐らく!芸能活動に明け暮れる日々を続けており、あまり”多い”とは言えない!所属先のグループ(VOYZ BOY)の人気獲得、あるいは”女性ファンたち”の「人気離れ」が無いように!”尽力”されていることでしょう。


引用元【インスタグラム(voyz_boy_official)】


スポンサードリンク


◇ 双子姉の村田翠蘭とは?


村田琳氏の姉弟には、”姉”が一人居りますが【実は!】”姉”と言っても、村田琳氏とは「双子の姉弟」であり!非常に珍しいケースの「男女の双子」なのです。

その気にある”姉”とは、お名前が”本名”の「村田翠蘭(すいらん)」さんと呼ばれる”ファッションモデルやタレント”で活動中の女性であり!同じ”芸能界”でご活躍中!とのことです。

一見、”中国人”と感じさせるお名前の「翠蘭(すいらん)」ですが、生まれも育ちも「日本」ではあるモノの!ご周知の通り、”母親”である「蓮舫」さんの”父親”は「台湾人」であり!”母親”が「日本人」であることから「ハーフ」なので、そのため”子供たち”も「台湾人の血が混じったハーフ」であるため!その影響もあり「中国系の名前になった」可能性が否めません。


引用元【ツイッター(徳田新之介(リプライは気まぐれです) )】

但し、”ハーフ”と言っても!母譲りの「鼻の通った美人顔」や、弟の”村田琳”氏のトレードマークでもある「可愛い笑顔」を兼ね備えていることから、非常に「可愛らしいお嬢さん」なので!既に、たくさんの”モデルファン”や”男性アイドルファン”たちから!多くの支持を集めているそうです。

この”子供たち”に関連している「男女の双子」とは、通常の”妊娠”では!ほとんど稀なケースの”準一卵性双生児”とか”半一卵性双生児”等と、呼ばれている現象の様です。

いずれも、一つの”卵子”に二つの”精子”が結びつき!それが後に分裂することで「双生児」となり、同じ”遺伝子”を受け継ぐことから「同性になるはず」のところが、何らかの「細胞レベルでの作用」によって”男女別”となる「稀なケース」とのことです。

これに、”他国(台湾)”の血統も受け継いでるのですから【さらに!】”複雑”な家族関係と言えそうです。

但し、”村田家”の場合は!父親が日本人の「可愛らしいお顔立ち」をした”DNA”と、母親が”ハーフ”でありながら「アジア系美人のお顔立ち」の”DNA”を引き継いだことから、その子供たちは!恵まれたことに「美男美女の姉弟」が誕生した訳です。

なので、逆に考えると!両親の”両方”?あるいは、”片方”が「失敗顔」であるとしたら!恐らく、その子供たちも「残念な姉弟」となっていたことでしょう。

その意味でも、非常に稀な”一卵性の双生児”として誕生した「美男美女の村田姉弟」を考えると【まさに!】「奇跡の中にも奇跡が起きた姉弟」と、言えるのでしょう。

現在のところ、”表舞台”に登場する機会が少ない”村田翠蘭”さんなので!プロフィールなどの詳しいことは分かっておりませんが、今後!益々、”年齢”を重ねて行くことで「大人の魅力」が増して、モデル業は元より!”高学歴”である「早稲田大学卒」を生かして、母親と同じ「女性キャスター」としての活躍が、見られる日もあるのかも知れません。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2016年に、TBS系列で放送された番組”中居正広の金曜日のスマイルたちへ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2019年に、TBS系列で放送された番組”ノーサイド・ゲーム”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』??5/24(日)よる8時??特別編・最終夜放送? )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
村田 琳
読み
むらた りん
生年月日
1997年4月2日
仕事
俳優、歌手
出身地
東京都
所属事務所
VOYZ ENTERTAINMENT
血液型
A型


星野源の話|耳が餃子(耳介血腫)|キスの女優|恋愛事情|中高大学は





日本の有名”音楽家”でありながら”日本変態協会”の会員でもある「星野源」氏!

その変態音画家?がこの度”耳介血腫”になり、耳が”餃子”になったらしく?注目されております。



引用元【ツイッター(モデルプレス )】

星野源氏が発症した”耳介血腫(じかいけっしゅ)”とは、外部から強制的に”圧力”や”摩擦”を与え耳たぶを中心に「内出血」して腫れ上がる症状のことですね!

なので、格闘技「柔道・レスリング・相撲・ラグビー」の競技者に発症することが多いです。

特に柔道の場合”寝技”があるため、”攻撃”以外に”防御”の際も相手から逃げるために耳に負担がかかり、自分の”意志”とは無関係のまま耳にダメージを受けるケースが非常に多いです。

なので”柔道家”で、特に”寝技”を得意としている選手に多く見られる症状でもあります。

【ところが!】何故か?格闘技とは”無縁”の音楽家”星野源”氏に耳介血腫が発症したらしく、その理由が非常に気になるところです!

また、その症状が”暴露”されたのはご自身が担当(パーソナリティー)している「ラジオ番組」に出演した際「インスタライブ」を行ったらしく、そこで”頭辺”に包帯を巻いて出演しているシーンを見たファンたちから心配の声が上がり、ご自身でも”耳介血腫”になったことを暴露?したことで分かりました。

ラジオ内での説明では「僕、耳介血腫になったんですよ!」からスタートし、”格闘家”に多く発症する病気であることを説明して、”直近”で「ライブ」があるため直ぐに病院へ行ったことを説明されておりました。

病院での治療後、しばらくは”頭辺”に巻かれた「包帯」を取らないように指示された為に、仕方なくラジオ番組に「そのままの状態」で出演し、ファン達の目に晒す結果となったご様子!

ラジオファンやご自身のファンたちからの反応は↓↓↓



引用元【ツイッター(zSh0 )】



引用元【ツイッター(森の泉 )】



引用元【ツイッター()】



引用元【ツイッター(うっちゃんまっちゃん@pixivFANBOXはじめましたっ☆ )】



引用元【ツイッター(おじうさぎ?? )】

かなり”心配”されているコメントが多数、寄せられているご様子!

“耳介血腫”の初期症状は、耳が”内出血”して熱を持ち、非常に痛みが伴うのですが格闘家の場合病院で治療をせずに放置し、そのまま”餃子耳”へと「変貌」させるのが一般です。

しかし、星野源氏の場合”直ぐに”病院で治療をされたご様子なので、格闘家の様に耳が「膨張」したままの”状態”には、ならないことでしょう!

そんな”餃子耳”を「ご経験」された星野源氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ キスした女優?
・ 恋愛熱愛事情!
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 星野源氏の中高大学は?

星野源氏は1981年1月28日生まれの38歳(2019年)で、ご出身は「埼玉県川口市」です。

ご出身の”埼玉県川口市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、星野源氏も(埼玉県川口市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の埼玉県川口市にある”川口市立前川小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”とご本人のみの「一人っ子」として育ったそうです。

ご出身は”埼玉県川口市”ですが、お生まれは同じ”埼玉県”でも「浦和市」とのこと。

ご実家では”八百屋”店を営んでいた様ですが、両親は”野菜”より「音楽」に興味があった事から”必然的”に幼少期の頃から”音楽”に触れる機会が多かったのだとか・・・?



引用元【ツイッター(粉子、 )】

そのため、ご実家には今でも”ジャズ”などの「レコード」類がたくさんあるそうです。

ちなみに当時、父親は”ジャズピアノ”母親は”ジャズヴォーカリスト”にハマっていたのだとか?

たぶん毎日二人で”コラボ”して演奏し楽しみ、お互い「趣味志向」が合った”仲良し夫婦”であったことでしょうね!

ただ、残念なことに”二人”の「趣味」が一致していたことから2016年10月に”八百屋”を畳み、ジャズ喫茶「Signal」をオープンされたそうです。

そのため、”星野源少年”はさらに音楽に触れる機会が多くなって行き、この頃からご本人の意志とは関係なく、”体”に音楽が「馴染んでいた」のでしょう!

しかし残念なことに、後に星野源氏が”大ブレーク”を果たすと同時に”店”にお客が殺到して、「密かなジャズ喫茶」でありたかったご両親の思いとは裏腹に大盛況した為、敢え無く閉店となったご様子。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

それでも”星野源少年”の小学時代は当時、大ブームでもあった「マイケル・ジャクソン」が大好きであったらしく、しょっちゅう”ダンス”の真似をして練習していたのだとか?

ご本人は”小学時代の思い出”には、あまり良い”印象”を持って居ないらしく、小学校でよく”イジメ”を受けていたと後に語られております。

その”イジメ”の原因も複雑?で、学校で行われた”マラソン競技”の際”我慢”できずに”うんち”を漏らしてしまい、その時の担任の”女性教師”からトイレで「下半身」を露わにさせられ”洗浄”を受けたとのこと。

その様子を他の生徒に”目撃”されて、それが”イジメ”のきっかけとなったそうです。

そのため、付けられたあだ名は「うんち!」

“汚名”を付けられてしまったことで”同級生”と会話する事も”ままならなく”なり、最終的には「パニック障害」を引き起こしてしまったのだとか?

今でもその時の”苦痛が原因”で「トラウマ」となり、よく”腹痛”を起こすことがあるのだとか?

“悲惨な思い出”を作ってしまった小学時代の影響もあったのか?中学校も同じ”埼玉県”にある学校に通っておられますが、川口市から離れ”飯能市”にある”自由の森学園中学校”にご入学されました。



引用元【ツイッター(ちゃんす )】

この学園は、中・高等学校が”系列”の「一貫校」であるため、中学校にさえ入学できれば高校まで「内部審査」のみで”エスカレーター式”で進学することができます。

しかも”校風”が他の学校とは異なり「定期テストがなく(順列を付けないため!)、通学着は自由(制服が無い!)、校歌や校章がない)とのこと。

“校歌”が無いのはどうなのか?と思いますが、かなり”自由”を意識したユニークな学園として地元では有名のようです。

ご両親も、その”校風”が気に入って、あるいは”パニック障害”を持った”我が子”を気遣って、その学園を選んだ可能性が高いと思われます。

「AB型」だから!”ああだ”&”こうだ”と言うわけではありませんが(笑;)学校の”校則”も”緩やか”であったことから”髪型”を「ロン毛」にしていたらしく、チョット変わった部分を兼ね備えた?学生であったようです。

後に”アーティスト”となるのですが、この頃から”普通の人”では考えられないチョット変わった「個性の持ち主」であった可能性がありますね!

その”ロン毛”&”メガネ”も着用していたことから周りの友人たちからは「お爺ちゃん」等と呼ばれていたのだとか?

「うんち」よりは遥かに良い?「あだ名」ですよね!

中学一年生になると周りの友人たちが”ギター”を使いだし、自身も元は”音楽一家”で育ったので直ぐに興味を持ち出し、それに「賛同」した父親から”ギター”をプレゼントされたそうです。

また”イジメ”を受けた「少年たち」と離れたことで”自己主張”する場が欲しくなったらしく、中学校では”演劇部”を求めていたのですが無かったことから、”学校生活”に慣れた頃に”一部の学生たち”と集まって、自身らで「演劇部」を立ち上げたそうです。

もちろん星野源氏が先頭を切って「リーダー的存在」ではなかったと容易に想像がつきますが?

何はともあれ?自ら集中できる”何か”を見つけられたことは非常に良かったことだと思います。

・・・とは言っても、やはり”元気満々な学生”とは行かず、しかもいつ”パニック障害”を発症するのか?分からない学生生活を送っていた為、クラスメイトとの「会話を行う」ことに対し”苦手意識”を感じていた!と後に語られております。

それでも、フリーな”校風”の学園を選んだ効果もあってか?徐々に”普通の学生”を送れるようになって行ったご様子!

“普通”の学生生活を取り持出した中学時代を終えると、高校も”系列”の学園に”内部審査”のみで進学し”自由の森学園高校”にご入学されました。

もちろん中学同様、”校風”は「自由な学校」を掲げているため”校則”が緩く、学生個人の魅力を育て上げる「学校理念」のもと、星野源氏の”高校時代”がスタートしました。

ちなみに、この”校風”を気に入って入学する学生の中には、将来「俳優やミュージシャン」になる”学生”が多いとのことです。

高校時代は実家(川口市)から高校がある”飯能市”まで通っていたようで、通学に”二時間”を要していたらしのですが、その時に毎日ラジオでやっていたタレントの「関根勤」氏の番組を聴きながら通学していたとのこと。

元から”音楽”や”舞台”に興味があり”自身ら”で立ち上げた”演劇部”でも活動していたことから高校時代の”部活”も継続して「演劇部」で活動しておりました。

すると高校二年生のある日”舞台”を鑑賞する機会があったらしく、その時に公開されていた「劇団大人計画」の作品を観て、”主宰”であった「松尾すずき」氏が行っていた”公開クラス”に参加したご様子!

この公開クラスを受講したことで、今まで星野源氏が持って居た”偽善心”や”役者”としての考え方に大きな”衝撃”を与えたそうです。

“思春期”真っ只中でもあったことから、その時に受けた”衝撃”が大きかった事も影響したのか?高校三年生になると”不登校気味”に陥ってしまいます。

それでも”クラスメイト”に誘われて「バンド」を組むようになり”内気な性格”の「殻」を破り思い切って!”人前”で初めて「歌唱」したそうです。

“複雑な思い”を抱えた高校時代を終えると、一度は大学進学を志しますが「進学せず」に社会人となります。

【実は!】ご卒業前に大阪府南河内郡にある”大阪芸術大学”を志望していたのですが、大学受験に”失敗”したことで、大学進学そのものを諦めたそうです。

但し大学には進まなかったものの”中・高等学校”と続けてきた”演劇”からは離れることが出来ず高校卒業後も「劇団員募集」の広告を見つけては”オーディション”に参加していたとのこと。

高校ご卒業後、ご自身19歳の時に同じ高校の卒業生でもある一歳年下の後輩「浜野謙太」氏と一歳年上の先輩「伊藤大地」氏と「野村卓史」氏の四人で”バンド”を結成し、インストゥルメンタルバンド”SAKEROCK”として「バンド活動」をスタートさせました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“バンド活動”をスタートさせると、東京中野区にあった”沖縄料理店”でアルバイトしながら音楽活動に専念する様になり、約”六年間”「バイト暮らし」を続ける事となります。

2001年には、劇作家で演出家の「倉持裕」氏が”主宰”をしていた舞台”ペンギンプルペイルパイルズ”に出演し、社会人になって自身初となる「舞台デビュー」を飾りました。

さらに2003年に、待望のバンド”SAKEROCK”で「メジャーデビュー」を飾りました。

その一方で”バンド”とは別で活動していた”劇団”探しで、劇作家で演出家の「松尾スズキ」氏が手掛けた作品”ニンゲン御破算”への「出演」が決まり、それがきっかけで松尾氏の芸能事務所”大人計画”への「所属」も決まりました。

つまり”音楽活動”よりも先に「俳優活動」で芸能事務所入りを叶えたのです。

・・・とは言っても”役者”が認められての所属ではなかったらしくバンド活動を行っていた事で”楽器”が弾けるから!との”自己主張”で、主宰を務めていた松尾氏に「直訴」して所属入りが許されたそうです。

この”大人計画”には後に”大ブレーク”を果たす「著名人」が何人も所属しており、女優の「平岩紙」さん、俳優の「阿部サダヲ」氏、脚本家で作詞・作曲家の「宮藤官九郎」などが居ります。



引用元【サイト(rockin’on holdings)】

その後も”舞台”をメインに活動し、確実に”役者”としての「キャリア」を重ねて行きます。

また”音楽活動”の方でも、たくさんの楽曲を制作し”リリース”しながらシンガーの”才能”も「開花」し始めておりました。

すると詳細は分かりませんが、テレビプロデューサーからの”オファー”があり2003年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ”WATER BOYS”に出演し自身初の「ドラマデビュー」を飾りました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

さらに翌年の2004年7月に公開された映画”69 sixty nine”に出演し自身初の「映画デビュー」を飾りました。



引用元【ツイッター(たらったったったー )】

その後も数々の”テレビドラマ・映画”に出演し、さらに”舞台”でも活躍されておりましたが、中々「ブレーク」を果たせずにおり”知名度”はあるものの「人気」が今いちの芸能活動を続けて行きます。

ただ、2006年にファーストフード店でお馴染み”マクドナルド”の「朝マック」のCMに抜擢され、自身初の「CMデビュー」を飾りました。

その後2007年に”テレビ情報誌”への連載がきっかけで、名ミュージシャンでお馴染み「細野晴臣」氏と出会い「映画・舞台・音楽」等について対談できる”機会”に恵まれました。

その細野晴臣氏の勧めと協力のもと、”バンド”ではなく「個人」で楽曲をリリースする事となり細野晴臣が主宰するレーベル”デイジーワールド”からアルバム「ばかのうた」で、自身初のソロシンガーとして「デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(じゅんちゃん★ )】

するとアルバム”ばかのうた”が意外にも「音楽関係者やファン」から好評だったことから立て続けに2stとなる楽曲”エピソード”をリリースし、オリコンチャートで”第五位”を獲得しました。

しかし、音楽活動が盛んになり始めた2012年に難病「くも膜下出血」の疑いがあるとして全ての”芸能活動”を一旦休止します。

その後、しばらくは”治療”のため”音楽活動”や”俳優業”から遠ざかりますが、翌年の2013年に”3rd”となるソロアルバム”Stranger”のリリースを機に音楽活動へ復帰されました。


引用元【ツイッター(じゅんちゃん★ )】

翌年には、この”作品”を携えて「日本武道館ライブ」を開催し、見事!大成功を収めました。

そして2015年になると”本格化”的に音楽活動を行うため、所属していたインディーズのレーベル”カクバリズム”から退き、大手音楽事務所の「アミューズ」へ移籍されました。

さらに同年6月には、長らく活動してきたバンド”SAKEROCK”を「解散」されました。

そして同年5月にリリースしていた”ソロシングル曲”8thの「SUN」が大ヒットを記録し、さらにオリコンチャートでも「2位」を獲得する程の「躍進」を見せます。

そこからは”ご存じ通り”の「ご活躍ぶり」を見せて今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 星野源氏のキスした女優?

星野源氏は”プライベート”でも「恋愛ネタ」で世間をザワつかせることが多いのですが、過去に出演したテレビドラマや映画でも、数々の名女優たちの「唇」を奪ってきました!(怒!)

なので、イメージ的は”純粋”とか”真面目”などの「好印象」が持たれやすい星野源氏ですが、【実は!】たくさんの”名女優”たちから「唇」を奪っている”軟派”な男性なのです笑;)

最初の犠牲者?は女優の「坂井真紀」さんでした。



引用元【ツイッター(ドルフィーニ・エレクトリコ )】

犠牲となった現場は”映画”で、作品は2008年12月公開の”ノン子36歳(家事手伝い)”です。

当初は”初心”な星野源氏でしたから、女優さん(年上)との”キスシーン”は好んでいなかったそうですが、スタッフが相手(坂井真紀さん)を伝えると「坂井さんだったらいいです」等と簡単に「承諾」したそうな・・・?

完成した作品を観ると、その”初心さ”があったとは思えぬほどシーンが進む度、坂井さんに「迫って」行きますよね!

“ロケ”では「己」を忘れてしまったのでしょうか・・・(笑;)



続きまして、次の犠牲者?は同じく女優の「夏帆」さんです。



引用元【インスタグラム(chamame78)】

犠牲となった現場は”映画”で、作品は2013年6月公開の”箱入り息子の恋”です。


引用元【ツイッター(LoG )】

この映画では、星野源氏は「主役」”天雫健太郎”役を演じ「主演」に抜擢されております。

女性との”交際経験”がほぼ皆無だった市役所職員役で出演し、”代理見合い”で知り合った奈穂子役の「夏帆」さんに”現力投球”で迫って行くシーンを描いた作品でした。

撮影前にお相手の「夏帆」さんについての感想では”可愛い人”と答えていたとのこと。

“当初”から”キスシーン”があるのは”知っていた”と思われることから、その日が来るまで「首を長くして」待っていたのでは・・・?

【ところが!】夏帆ファンの気持ちをよそに、星野源氏の”大ファン”であったらしく映画の世界(中)では本当に「両想いの恋人通し」になれたことでしょう!

確かに、実際の”キスシーン”を見ても「不自然さ」を感じられなかったような・・・?



続きまして、次の犠牲者?は同じく女優の「二階堂ふみ」さんです。



引用元【インスタグラム(adochan121212)】

犠牲となった現場は”映画”で、作品は2013年9月公開の”地獄でなぜ悪い”です。


引用元【ツイッター(ひろえるP )】

同年に立て続けでの”名女優”とのキスシーンとは!”羨ましさ”にも程がありますよね!

【なんと!】この作品では「血まみれ」になりながらの”キスシーン”に取り組んだそうで、今までとは違った星野源氏のイメージで登場しているのとか・・・!

さらに”白目”を向いたり”、変顔”を見せたりして「コミカル」なシーンもあるようです。

お相手の”二階堂ふみ”さんについての印象は「とてもカッコいい女優さん!この作品では彼女のキュートな部分が露わになっている」とのこと。



続きまして、次の犠牲者?は同じく女優の”ガッキ~”こと「新垣結衣」さんです。



引用元【インスタグラム(aragakiyui_fanspage)】

犠牲となった現場は”テレビドラマ”で、作品は2016年10月TBS系列で放送の”逃げるは恥だが役に立つでなぜ悪い”です。



引用元【サイト(YouTube)】

ご存じの通り、このドラマで”タイアップ”を受けた”主題歌”が星野源氏の「恋」で、誰もが予想だにしていなかった空前の「恋ダンス」ブームを巻き起こし、大ヒットを記録しました。





しかもドラマ内で行った”キス”は、突然の「不意打ちキス!」であった為、その言葉も話題を呼んだのです。

ただ”ガッキ~”ファンからすると”生々しい”キスよりは遥かに良かった!等と、歓迎(安心)されていたとか・・・?

そして最後にお伝えするのが、今一番”狙われて”いてファンの間や私も『心配』している女優の「吉岡里帆」さんです。



引用元【インスタグラム(riho_yoshioka)】

もちろんご存じの通り、犠牲となる可能性が高い現場は”テレビCM”で、作品は2017年度から出演されている日清製品の「どん兵衛」ですね!



引用元【インスタグラム(riho_yoshioka)】

今のところは、”お揚げ”による「空想のキス」でとどまって?おりますが、いつ「現実」と
なるかも知れぬ!と思うと”CMを見る度に心配させられます。

最近の”吉岡里帆”さんの作品を見ていると”事務所NG”が少なくなっているように感じていてどんな”シーン”にも「取り組む姿勢」を見せているだけに非常に心配です。

先日放送されたテレビドラマでも、平気で「泥まみれ」になっていたし・・・!

【まさか!】食品CMで”キスシーン”を見せることはないかとは思いますが、メイキングだの他の作品で”共演”した時などに「狙わる」心配があり、ファンとしては以上に心配です。

「現実」が起こらない事だけを毎日祈っております・・・!


スポンサードリンク


◇ 星野源氏の恋愛熱愛事情!

日本の”俳優陣”でも、中々の”プレーボーイ”として有名?な星野源氏でしが、過去に”噂”された女性陣たちも結構おり、簡単にご紹介してみたいと思います。



まずは、一番「彼女説」が高かった女性芸能人が”シンガー”の「aiko」さんです。



引用元【インスタグラム(mayu_akg)】

お互いの”ファン”のみならず、世間でも話題になりましたよね!

噂の発端は【勿論!】芸能誌でお馴染みの週刊誌”フライデー”によるものでした。

星野源氏が出席していたイベント会場に”aiko”さんも居たらしく、aikoさんの知人の方を通して二人が出会い、そのまま”良い仲”に発展し「交際」がスタートしたのだとか・・・?

もちろん、週刊誌の情報なので”正確性”には欠けている恐れもありましたが・・・【実は!】二人で共同で作り上げた”ライブグッズ”があったらしく、お互いの”ライブ”で販売していたらしいのです。



引用元【ツイッター(おちょぱ )】

“ライブグッズ”まで一緒のものを販売されると、流石に芸能レポーターでなくても”熱愛”の「疑惑」を持ちますよね!

それを裏付ける?かのごとく!フライデーでは”半同棲生活”を送っている等と伝えております。

しかも、運が悪く?2012年に星野源氏は難病の「くも膜下出血」の疑いがるとして入院を余儀なくされました。

そのため、芸能活動は一時”休業”とし、しばらくの間治療に専念していたのですが、その時に看護で助けてあげたのが【なんと!】噂の女性「aiko」さんであったと言うのです。

その”懸命”な看護のおかげで星野源氏は早い段階で”芸能界”に「復帰」し、また依然と同様に音楽活動を再開したのですが・・・。

2015年頃に二人は”破局”した!等と情報が伝えられ、世のファンたちを驚かせました。

しかし、その後は音楽番組で”共演”する「同じ”ポーズ”で出場した!」等とファン達の間で騒ぎとなり、ネット上でも”復縁した!”等と「根拠のない妄想」が拡散されておりました。

なので、その後は”ファン”を巻き込んでの”熱愛騒動”に発展しネット界では様々な声や妄想で埋め尽くされておりましたが、現在のところは落ち着いて二人の動向を見守っているようです?

二人は共に”シンガー・ソング・ライター”ですから、”個人”を売るのではなく「楽曲」を売りにしている芸能人なのですから、”ファンたち”も「個人」のプライベートには、あまり興味がないらしく、有名な俳優&女優との”熱愛”とは一味違った様相を見せておりましたね。



続きましては女優の「二階堂ふみ」さんです。



引用元【インスタグラム(redeye777)】

こちらは、あまり信憑性が無い”共演ネタ”であった為、あまり信じる方はいなかったのですが、”熱愛”報道の理由が「同じマンション内に住んでいた!」とのことから”噂”となった模様!



引用元【ツイッター(しゅー )】

“共演ネタ”としては2013年に公開された映画”地獄で何が悪い”であり、この映画で二人は”キスシーン”を披露しております。

“aiko”さんの時とは違って現実に「キス」をしていることから、映画ファンや二人のファン達の間で「勝手な妄想」が膨れ上がったのでしょう。

しかし「同じマンション内に住んでいた!」として”疑惑”が持たれた為、一番”スクープ”が撮られやすい状況であるはずなのに、その後”一枚”も「ネタ」が浮上しなかったことで、”熱愛”を「疑問視」するネット住民が増えだし、敢え無く”噂”が消滅されました。



続きましてはも女優の「新垣結衣」さんです。



引用元【インスタグラム(aragakiyui_fanspage)】

こちらも、あまり信憑性が無い”共演ネタ”であった為、あまり信じる方はいなかったのですが、ただこちらの場合!”二階堂ふみ”さんの場合と”様相”が違っていて、星野源氏の方が【かなり!】積極的に”新垣結衣”さんへ「アプローチ」をかけていたのだとか・・・?



引用元【ツイッター(モデルプレス )】

この時に”共演ネタ”となったのは、TBS系列で放送されたテレビドラマ”逃げるは恥だが役に立つ”であり、”タイアップ”された星野源氏の楽曲”恋”が主題歌で扱われ、そこで生まれた「恋ダンス」が空前の大ブームとなり、楽曲も見事に!大ヒットを記録しましたね!

また、ドラマが”放送中”であったのにも関わらず「番宣」のため出演したバラエティー番組で”ガッキ~”に対しての印象を聞かれた時「好きです!大好きです!!」等と発言したことで、それに”敏感”に反応した”ファン”や”ネット住民”の皆さんの間で”標的”となっちゃったのです。

しかもドラマの”大成功”と楽曲の”大ヒット”のおかげで同年の暮れに「紅白歌合戦」に両名共に出場する機会があったのですが、その際にガッキ~がしていたピアスが【なんと!】星野源氏からの「プレゼント」ではないか?疑惑が勃発したのです。

さらに、そのピアスは”40万円”クラスのものだ!として話題になり”熱愛疑惑”を疑っていた人々の間では「星野源氏は本気だ!」等と伝えられ、盛り上がっていたのです。

“指輪”でも40万円クラスとなると相当な品ですが、ピアスの”40万クラス”となると、確かに”好意”を寄せていない女性にはプレゼントするはずがありませんよね!

それが”国民的番組”で披露されたことで、全国に知れ渡ってしまい”ネット上”でも大騒ぎになっておりましたが、こちらも”芸能週刊誌”から注目されることなく「スルー」され、確信が無いまま今に至っております。

でも、今では大女優に近づいた「新垣結衣」さんですから”星野源”氏の立場としては「不釣り合いな二人」であると思えるので、残念ながら「交際の事実」はないのでしょう!


スポンサードリンク


◇ 星野源氏のプロフィール

本名
星野 源
読み
ほしの げん
生年月日
1981年1月28日
仕事
シンガー・俳優
出身地
埼玉県川口市
所属事務所
アミューズ
血液型
AB型



岡崎体育の話|BeverlyのMV乱入|英語がヤバい|代表CMは|中高大学は





日本の”ぽっちゃり系ミュージシャン”と言えば、お馴染み「岡崎体育」氏ですが、最近 “異国籍シンガー”のミュージックビデオに”乱入”したとして注目されている様です。



引用元【インスタグラム(okazaki_taiiku)】

その”異国籍シンガー”とは、フィリピン出身の「Beverly」さんで、2019年の”年末”頃に リリースされたアルバム”INFINITY”に収められた”一曲”のMVに岡崎体育氏が乱入した模様!



引用元【インスタグラム(beverly_official_)】

“Beverly”さんは、日本ではまだ「メジャー」ではない(2019年)ので知らない方も多いと 思いますが”ハイトーンボイス”の実力派!として世界的に有名なシンガーの様です。

なので、シンガーとしては”アメリカ”や地元”フィリピン”等では有名な”アーティスト”であり 【実は!】日本でも、フジテレビ系列で放送された刑事系テレビドラマ”CRISIS”の主題歌を 担当していたのです。




このドラマ(CRISIS)は、俳優の「小栗旬」氏が主演を務め話題となりましたが、その主題歌の “アーティスト”と聞けば、ドラマファンなら誰もがお分かりになることでしょう!

話によると、主演を務めた”小栗旬”氏が”Beverly”さんの楽曲を知っていて、このドラマ プロデューサーに進めたことがきっかけで採用となったそうです。

【しかも!】Beverlyさん!!、日本コカ・コーラ社のCMでお馴染み「爽健美茶」でも”楽曲”が 採用されているのです。




こちらなら、お茶の間の皆さんなら誰でも一度は”耳に”したことがあると思います。

なので、結構”既に”日本のメディアに”溶込んでいる”アーティスト”なのです。

そんな今、後注目度”No1”の「Beverly」さんのMVに岡崎体育氏が出演して話題を呼んで いるのですが一見、全く”接点”がない二人なのに、なぜ共演することになったのでしょうか?

【実は!】Beverlyさん!!以前から岡崎体育氏とは”親交”があったようで、Beverlyさんが 来日した際、”岡崎体育氏”のイベントに初参加したらしく、その時に見た”パフォーマンス”に “衝撃”を覚え、それから”親交”を持つようになったそうです。

自身が超”痩せ”なだけに、真逆の超”デブ”の激しいパフォーマンス(ダンス)に驚いたのは 当然のなのかも?知れませんね!

そんな”つながり”の仲で今回、「Beverly」さんのMVで共演することになったのですが【なんと!】共演した楽曲”尊い”は岡崎体育氏が作詞&作曲を「担当」したとのこと!




どこに居るのか分かりますか?皆、白パーカーを着用した”ぽっちゃり”集団ですが、その中の一人だけ「BASIN TECHNO」と書かれたフードを被ったパーカー姿の”おデブ”さんが居ることが
分かると思います。

それが”岡崎体育”氏なのです!一目瞭然で分かりますよね。笑;

周りの”ぽっちゃり”ダンサーズ?とは若干違う”ダンス”をしたり、隣の”おやじ?風おデブ”とふざけたり・・・と思いきや”キレキレ”のダンスを披露したり・・・

中々”個性溢れた”「演出っぷり」でミュージックビデオを盛り上げております。

そんな”今後”も話題性を生みそうな?岡崎体育氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 英語力がヤバい?
・ 代表CMとは?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 岡崎体育氏の中高大学は?

岡崎体育氏は1989年7月3日生まれの30歳(2019年)で、ご出身は「京都府宇治市」です。

ご出身の”京都府宇治市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、岡崎体育氏も(京都府宇治市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の京都府宇治市にある”宇治市立莵道第二小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と”ご本人”しかおらず「一人息子」として育った様です。

生まれは”兵庫県西宮市”なのですが、ご自身三歳の時に出身地の”京都府宇治市”に引っ越しをしたそうです。

母親は”司会業”を行っていたらしく、イギリス出身の超有名バング「Queen」の大ファンのため幼少期から既に”洋楽”を耳にしていたそうです。

現在の”ノリの良さ”は、その時期にルーツ?があるのかも?ですね!

小学校に入ると”ピアノ”を習い始めたらしく自宅近くに住んでいた”女子音大生”からレッスンを受けていたのですが、その学生が”就職時期”になったことから約三ヶ月のみで終えたそうです。

なので、小学時代から「音楽」に触れる機会が多かったご様子!

小学時代を終えると中学校も地元京都府宇治市にある”宇治市立宇治中学校”にご入学されました。

中学に入ると”テニス部”に入部して「青春の汗」を流していたらしく、この当時すでに”太っていたのか?」は分かっておりません。

また、この頃から音楽活動(作曲など)も始めたらしく”初め”て聞いたアメリカ人”ヒップホップ”MCの「エミネム」の楽曲に”衝撃”を受け、それ以降”自身”の楽曲の「ベース」としたのが「ヒップホップ」であったそうです。

もちろん当時、楽曲の制作場所は”マイルーム”であり「狭く&汚い」部屋ではあったものの自宅の”マイルーム”に籠って”楽曲制作”に慢心していたそうです。

“制作アーテイスト”を「夢見る」ようになった中学時代を終えると、高校も地元の京都府にある”京都府南陽高等学校”にご入学されました。

この高校は京都府内でも比較的に新しい”進学校”なのですが、偏差値が”60”超えの結構な”難関校”として知られている様です。

学校過程は”全日制”の「男女共学」で、学科は”普通科”と”サイエンスリサーチ科”が設けられているようです。

“スポーツ目的”で入学する生徒が多いらしく、毎年入学した生徒の約”八割”が何らかの部活に入部しているらしいです。

特に”男子ソフトボール部”と”なぎなた部”が強豪校として有名らしく、インターハイの”常連校”として知られているそうです。

その中で、岡崎体育氏は中学校同様に”軟式テニス部”に入部し、京都府の大会で「上位」に入るほどの”腕前”で、後輩達から”尊敬”される存在であったそうです。

部活に励む一方で”音楽仲間”達と”バンド”を組んでいたらしく、当初は自慢の”フェンダージャパン製”のエレキギターで「ギター」を担当する事と決まったそうですが、”コード”が弾けなくて挫折し、結局「ドラム」を担当することになった様です。


本格的に音楽活動を始めた高校時代を終えると、大学も地元の京都府にある”同志社大学”の「文化情報学部」に見事!合格を果たしご入学されました。

この大学には様々な”学部”や”研究学科”があるのですが、芸術や言語、社会経済などの文化を学ぶための”文化情報学部”を選考したそうです。

大学に入学後は、さらにバンド活動に専念するようになると”ライブハウス”等へ出演して演奏する機会が増え始め、学園内の音楽好きから”認知”されるバンドになったそうです。

なので、大学卒業後はミュージシャンになるか?あるいはゲーム音楽を制作するサウンドクリエーターになるか?を検討していたそうです。

しかし、”バンド”ではメジャーデビューを果たせず、さらに”サウンドクリエーター”では食って行けないと思ったのか?大学ご卒業後に一度「音楽活動」から離れられました。

そして一般企業(IT系)へ就職し社会人を試みますが、音楽で”食って”行く「夢」が忘れられず、”約半年”で退職したそうです。

その後、地元にある”スーパーマーケット”でアルバイトを行いながら”独自”で「音楽活動」を
始め、僅かな”資金”ながらも自制作のCDをリリースしたり”小規模”なライブへ参加したりと、”地道”な音楽活動に没頭して行きます。

そして、2014年に参加した”ライブ”での”パフォーマンス”が、会場に居た大手音楽事務所(ソニーミュージック)の担当者の”目”に止まったらしく、それがきっかけで同事務所へ「所属」する事となりました。

そこからは”プロ”の「ミュージシャン」として、新たな”音楽活動”をスタートさせます。

芸能界入りを果たし”プロ”のシンガーとして活動すると、2016年10月に”憧れ”でもあったテレビ朝日系列で放送されているお馴染みの音楽番組”ミュージックステーション”への出演を飾り、自身初の音楽番組「初出演」を果たしました。



引用元【ツイッター(極 -kiwami- )】

また同年11月には、女性アイドルグループ”私立恵比寿中学”に楽曲「サドンデス」を提供し、そのまま同楽曲の”MV”で自身初の「監督デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(まな?? )】

さらに翌月には自身初のシングル”潮風”で「メジャーデビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(ユシロン )】

その後も精力的に音楽活動、特に”楽曲制作”を中心にご活躍され、2019年6月に「悲願」でもあった”さいたまスーパーアリーナ”でのライブを決行されました。

すると来場者数「1万8000人」を集客し、ライブは無事に成功を収めました。

さらにその後は”俳優業”にも挑戦する様になり、NHKの番組で「営業部員」役を演じたり飲料メーカーでお馴染み”サントリー”のCM「BOSSシリーズ」に出演し、サボり癖のある”バカ息子役”を演じ、まさに「適任の役」!として関係者から評価され注目を集めておりました。

“話題”が絶えないご活躍ぶりを見せつけながら、今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 岡崎体育氏の英語力がヤバい?

岡崎体育氏は2017年に楽曲”Natural Lips”をリリースされておりますが、この楽曲では【なんと!】”英語”で歌っている!!と話題を呼んだのです↓↓↓





・・・と言うのは”冗談”で、実際は”日本語”で歌唱しているのですが、歌い回しの効果?でなぜか「英語っぽく」聞こえているのです。

しかし【実は!】この”ネタ?”は以前、自身の公式SNS(ツイッター)で紹介した”ツイート”が、その”前兆”と見られる”シーン”を披露しており、その頃から「いつか楽曲に利用しよう!」と
思っていたに違いありません↓↓↓




見ての通り、「発音」に限っては中々の”腕前”で、たぶん”頻繁”にこのような練習?を繰り返し行っていたのでしょう。

しかし何故、”英語っぽく”聴こえるのでしょう?

“英語”が堪能な学生に意見を問うと、以下の三点を押さえてれば”それなり”に英語の様な発音に聞こえるとのこと。

・ 舌を巻く
・ 母音をぼかす
・ リエゾンを意識する


もちろんご本人はそれら↑のことを”意識”して歌唱しているとは思えませんが”フザけ”ながらも「楽曲」がメッチャ・カッコ良い!が故に、自然に”英語風”に思わせるのでしょう!


スポンサードリンク


◇ 岡崎体育氏の代表CMとは?

岡崎体育氏の代表CMと言えば、やはり飲料メーカー”サントリー”でお馴染みの「BOSSシリーズ」ではないでしょうか?


引用元【ツイッター(音楽ナタリー )】

このCMでは日本の落語家でお馴染み「立川談春」氏との共演が話題を呼んでいるのですが、それと同時に岡崎体育氏の見事な!ペン回しテクニックにも注目が集まっているそうです。

…と言うもの【実は!】この”ペン回し”のテクニックを習得するために、わざわざ指導する先生を呼び寄せたそうで、その先生から撮影前に約30分間”ミッチリ”とマンツーマンで”技術”を仰いだそうです。

すると実際の撮影では見事!一発で「成功」を収め、周りのスタッフや共演者から拍手喝采を受けたそうです。

また、”父親”で”店主”役の立川談春演氏からも”役”に合わせて「大した息子だ!」等と賛辞を受けたそうです。

このCMに参加した感想については↓↓↓

コーヒーには、日々の生活における小休止という意味合いがあると思います。皆さんも人生で行き詰まった時とか、ちょっと辛いなと思った時、コーヒーを飲むことで何か新しい方向に自分の人生が展開するかもしれません。皆さんも僕と一緒にコーヒーを飲んで小休止しましょう

※ 引用元【サイト(rockin’on.com)】


“コーヒー”普及にために、”一役”買って出ている様です。

その他の出演CMと言えば、2017年頃に放送されたトヨタのCM「C-HR」で”英語風”日本語の”ナレーション”で話題を呼んでおりましたね!





また同年11月から放送されたお菓子メーカー”江崎グリコ”のCM「パピコ」へも出演し、”一人三役”という珍しいスタイルのCMで注目を集めておりました。





そして記憶に新しいのが2019年6月から放送開始したゲームメーカー”任天堂”のCM「スーパーマリオメーカー2」で、岡崎体育氏では珍しく”等身大の素な部分”を披露して、タレントの「バカリズム」氏とモデルの「藤田ニコル」さんと、楽しそうにゲームを楽しんでおりますね♪





“制作側”の「才能」もあるので、今後は各社から出演&”制作込み”でのオファーが増加する可能性がありますね!

今後の「新作」が楽しみです♪


スポンサードリンク


◇ 岡崎体育氏のプロフィール

本名
岡 亮聡
読み
おか あきとし
生年月日
1989年7月3日
仕事
シンガーソングライター
出身地
京都府宇治市
所属事務所
ソニー・ミュージック
血液型
A型




前川紘毅の話|母親とは|姉妹とは|浜田雅功との関係は|小中高校は





日本の演歌歌手「前川清」氏の長男で”シンガー・ソング・ライター”や”俳優”として活動中の 「紘毅」氏が”天皇陛下”様の即位を祝う記念パレード「祝賀御列の儀」と同日の2019年11月10日に 元アイドルの「渡辺亜紗美」さんと「入籍」したことが分かりました。

紘毅氏「34歳」、渡辺亜紗美さん「25歳」でのゴールインです!



引用元【インスタグラム(hirokinginging)】

二人は2010年に公開された映画「ラムネ」で”共演”したことがきっかけとなり、”交流”を スタートさせたそうです。

この映画は”紘毅”氏の芸能人生の中で「俳優デビュー」を飾った”記念”すべき映画で、 だからこそ、そこで知り合った”渡辺亜紗美”には「特別な思い」を感じていたのでしょう!

その結果、人生の”伴侶”とすることを決めたようです。

【実は!】渡辺亜紗美さん!!アイドル時代は異性との「恋愛が禁止」されていたらしく、 紘毅氏が思いを寄せていたにも関わらず”約束事”が壁となり”恋愛”まで発展しなかったそうです。

【ところが!】渡辺亜紗美さんがメンバー入りしていたの渡紘毅氏と”同事務所”所属の 元アイドルユニット”Cheeky Paradeg”が昨年(2018年)に「解散」したことが転機となり 交際をスタートさせ、そのままご結婚までに辿り着いた模様です。

つまり渡辺亜紗美の”恋愛禁止条例?”が解禁されたことがきっかけとなり”交際”に至った様です。

今回の結婚に対し父親の”前川清”氏からは「家庭を持った事を機に更に仕事に慢心する様に」と “激励”が送られたそうです。

“父親”の激励に対し紘毅氏も「守る者が出き、第二の人生をスタートしたと思っています。

今後は尚一層、皆様の笑顔になってもらえる様!素敵なライブを続けたい」等と語ってる様です。

そうなると次は!「ご懐妊」に注目が集まるところですが、今のところは”ノーベイビー”の ご様子!

そんなハッピーに包まれている”紘毅”氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 母親は?
・ 姉妹は?
・ 浜田雅功との関係?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 前川紘毅氏の中高大学は?

紘毅氏は1985年11月9日生まれの33歳(2019年)で、ご出身は「東京都世田谷区」です。

ご出身の”東京都世田谷区”にあるご自宅で、ご両親と姉&妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に 有る学校に通うのが一般なので、紘毅氏も(東京都世田谷区)内の小学校・中学校に通っていたと “推測”できます。

ただ、ご入学された高校は地元の世田谷にある”成城学園中学校高等学校”で、この学校は 「中高一貫校」であるため、中学校も「成城学園中学校」に通われていた可能性が極めて 高いと思われます。

ご家族は”ご両親”と”姉・妹”がいて、父親はご存じ!演歌界で”三枚目”としてご活躍中の大御所 「前川清」氏で、母親は”初代”が人気歌姫「宇多田ヒカル」さんの母親でお馴染み「藤圭子」さんで “二代目?”の「一般人」と出来た子が紘毅氏なのです。

親の”DNA”か?幼少期から”音楽”に触れることが大好きな子供さんであったらしく兄弟 (姉妹)が聞いていた「楽曲」に興味を示していたそうです。

しかしその”姿”を見ていた父親の”前川清”氏は同じ道(歌手)を目指すことに反対的であった為、自宅にあった楽器(ピアノやギター)に触れさせないようにと”隠して”いたらしいです。

“前川清”氏は若い頃、歌手として”売れない時期”が長く続いた経験があり、相当貧しい生活を 余儀なくされ”芸能界の厳しさ”を誰よりも知っていたことから子供達(紘毅氏)に「同じ道」に進んで欲しくない!と常々思っていたそうです。

そのため、父親として子供達(紘毅氏)の将来を心配してそのような行動を取ったそうですが、それに反して”紘毅”氏は「ミュージシャン」を選んでしまった模様です。笑;

ある意味”反対!”が「バネ」に変わってしまった様で、紘毅氏は”独自”の音楽を追求する様になり普通、音楽家(二世)のご家庭で育ったなら”幼少期”の頃から”ヴォイストレーニング”等のレッスンを受けさせるのが一般ですが、紘毅氏の場合”父親”の反発もあったことから”独学”で
音楽の勉強を行っていたそうです。

“ミュージシャン”に憧れを持った中学時代を終えると”高校”は地元の「世田谷区」にある”成城学園高等学校”にご入学されました。

この高校は↑でご紹介した通り、過程は”全日制”の”男女”共学であり中高一貫の学校です。

なので”中学”に入学さえ出来れば”高校”は「内部審査」のみで進学することができます。

ただ珍しいのが、高校では”一般入試”も行っているそうで外部から進学した生徒と内部審査で進学した生徒は一年生の”クラス”で「混合」される様です。

また”部活動”が盛んな高校でもあり「各種多彩な運動部」や「趣味・志向の文化部」など学生達の”ニーズ”にあった”部活”を多数、設けているとのこと!

なので、卒業された”著名人”が多く居り「政治家・経済学者・文化人・歌手・俳優・映画監督タレント・声優」など、各業界でご活躍の有名人をたくさん輩出させている学校です。

特に歌手では「森山親子、岩崎姉妹」俳優では「高島兄弟、田村正和氏、金田賢一、鶴田真由さん、伊藤裕子さん、木村佳乃さん」タレントでは「山口もえさん、なべやかん氏、坂口杏里さん、武藤十夢さん(AKB48)、三四郎氏(お笑い)」など、幅広い分野の”OB”が数多く居ります。

高校時代は、親(父親)の思いとは裏腹に”本格的”な音楽活動をスタートし始め”ロックバンド”を結成して、当時はヴォーカリストではなく”キーボード”を担当していた模様です。

すると徐々に”少年期”に行っていた”独自”の「音楽性」を思い返したのか?”ロック”ではなく”バラード”に興味を持ち始め当時、大人気であった元チェッカーズの「藤井フミヤ」氏やヴォーカルユニット「チャゲ and 飛鳥」の”楽曲”を良く耳にしていたそうです。



引用元【インスタグラム(yamei87)】

徐々に音楽に触れる機会が多くなりだした高校時代を終えると、”就職”ではなく「進学」を選択したそうで、大学は地元を離れ埼玉県にあります”尚美学園大学”にご入学されました。

元々この大学は”音楽”を専門とした”短期大学”であったそうですが、2000年から4年制大学に”改組”された様です。

なので今での”音楽系”の名残があり、学部には音楽に関係した”専門”の「コース」が多数あって「音楽家」を目指す”学生達”にとっては”適した”大学と言えると思います。

“改組”されてからは「総合政策学科やライフマネジメント学科」等が設けられた様です。

そのことを知ってか?知らずか…たぶん知ってだと思いますが、ミュージシャンを選考していた”紘毅”氏もこの大学を選んだ模様です。

“音楽系”の大学でありながら意外にも女子の”野球部”が「強豪校」であるらしく、全国大会へ何度も出場を果たし、更に”優勝”回数も多く”全日本”の代表へ何人も選ばれいるそうです。

なので、ご卒業生には沢山の「女子プロ野球選手」や「プロサッカー選手」を輩出しおり、今でも”ご活躍”されてるプロスポーツ選手が何人もいるようです。

そんな”個性”溢れた大学時代の紘毅氏は”バンド”を離れ個人(ソロ)でピアノやギターの練習を行い、本格的に「ソロ歌手」としての”勉強”に慢心するようになっていたようです。

そして大学二年生の頃、音楽事業大手の”エイベックス”と有線放送大手の”USEN”が共同開催したアーティスト発掘オーディション「a-motion」に参加し、約一万人の中から見事!優勝に輝き「アーテイストデビュー」の”チャンス”を掴みました。

その後、大学時代には楽曲”カエデ”や”二子玉”を立て続けにリリースし、まだ”無名”のシンガーであった為、路上での”ストリートライブ”やショッピングセンター内に設けられた「特設ステージ」で無料のライブを行ったりして”地道”な音楽活動を行っていたそうです。


引用元【ツイッター(SHiORi )】

もちろんこの時代は”親”の心配をよそに”売れる”ことのない音楽人生を歩んでいた模様です。

そのご大学をご卒業されると、本格的にミュージシャン(シンガー・ソング・ライター)を目指すようになりました。

2009年になると自身”3st”となる楽曲「君のいない左側」をリリースし、「シンガー・ソング・ライター」としての”力量”をはかりますが、やはり”ヒット”することなく”暗黒な音楽”人生の「予感」を感じ始めます。

すると、今まで”隠し”通してきた父親の存在「前川清氏」を”公の場”で公表し始めて、「親の七光り」で音楽業界への”旋風”を期待しましたが、それでも”ブレーク”を果たせずにおりました。

その後は”所属事務所”の「移籍」を行ったり、父親の”前川清”氏に楽曲(作詞&作曲)を提供したり、最近ではバラエティー番組やテレビドラマに出演し「ドラマデビュー」を飾ったりと、”音楽家”以外のジャンルでの活動が目立ってきております。

またテレビ業界以外では”ラジオ”や”舞台”にも出演し「マルチ」に仕事を熟しながら今に至っている模様です。


引用元【ツイッター(テイチクエンタテインメント演歌 )】


スポンサードリンク


◇ 前川紘毅氏の母親は?

紘毅氏の父親「前川清」氏は、今までの”二度”ご結婚をされております。

最初のご結婚相手は、超人気歌姫「宇多田ヒカル」さんの母親でお馴染み「藤圭子」さんで1971年(昭和46年)に入籍したものの、たった”数か月”で離婚されました。


引用元【インスタグラム(asianestheticsalon)】

当時は”女性ロックシンガー”と名を馳せていた「アン・ルイス」さんとの”噂”もあり、それが原因で離婚に追い込まれたのでは?などの”恋愛ネタ”で盛り上がっておりましたね!

ただ、公式発表?によると”藤圭子”さんとの離婚の原因は「すれ違い」で片付けらております。

ちなみに”一度目”のお相手「藤圭子」さんとの間には”お子さん”が授かっておりません。

その後10年に渡る”シングル”時代を過ごし1982年に”二度目”となるご結婚を”一般女性”と呼ばれていた方と果たしました。

約数十年間!この”一般女性”の存在が明らかとなっておりませんでしたが最近になって正体が”露わ”となっており「竹井朝美」さんと言う女性であることが分かっております。

しかし”詳細”については今だに分かっておらず、様々な”噂”がありますが一説にはご出身は”韓国では?”等と囁かれており、さらに旦那の前川清氏が長崎県佐世保市の”九州地方”が出身地であることから大学は”九州女子大学”をご卒業されたのでは?と伝えられているそうです。

もちろん”ご年齢”や”ご職業”なども分かっておりません。

この女性(竹井朝美)との間には三人の子供が授かっており、一番上が長女(身元不明)、二番目が長男の紘毅氏(シンガー)、三番目が次女の侑那さん(ミュージシャン)に恵まれました。

なので、長男「前川紘毅」氏の母親は「竹井朝美」さんと言う女性です。

ちなみに、父親(前川清氏)の”存在”はミュージシャンデビュー後も数年間”隠し通して”いたようで自らの”シンガー”としての「力量」を確かめるため!と思われますが、あまりも”ヒット”に恵まれずにいた時代に”暴露”されました。

それでも”ミュージシャン”としての「成功」は今だに”到来”しておらないようです・・・笑;



引用元【インスタグラム(hirokinginging)】


スポンサードリンク


◇ 前川紘毅氏の姉妹は?

紘毅氏には姉兄妹が三人いて、一番上が長女(身元不明)、二番目が長男の紘毅氏(シンガー)、三番目が次女の侑那さん(ミュージシャン)が居ります。

一番上の”姉”は、紘毅氏からみて”一歳年上”である程度しか分かっておらず”身元”は不明です。

ただご年齢的(35歳”2019年”)にみるとご結婚の適齢期”後半”ぐらいなので、もしかするとご結婚をされており自宅を離れ、その”男性”の家に”嫁いだ”可能性があります。

何故なら”紘毅”氏が「長男で」父親と仲良く音楽活動をされているようなので・・・?

一方の妹の「前川侑那」さんも紘毅氏同様に”ミュージシャン”を行っているそうで”超重量”級の男女ユニット「Dire Wolf」で、体重100kgオーバーの”ヴォーカリスト”として活躍中?です。




ご覧頂いてお分かりの通り”スリム?”なご家族からは想像がつかないほどの”おデブ”さんで一説にはたくさんの”病”で苦しんでいるらしく、”減量”に追い込まれているとのこと?

激しいスタイルの”ユニット”?みたいなので、ライブで痩せないのでしょうか?

ただ今までにはいない”スタイル”のバンドとして一部の音楽関係者から注目されているらしく、”楽曲”に恵まれるか?あるいは”売名行為”を行えばブレークするのでは?等と囁かれているそうです。

長男&末っ子!は大物演歌歌手の”DNA”を引継いでいるのですから、いつの日かブレーク?を果たすことを願っております。


スポンサードリンク


◇ 前川紘毅氏と浜田雅功との関係?

今や「浜田雅功」氏と言えば”お笑い界”を牽引している大物お笑い芸人ですが、なぜか?芸能界で”ペイペイ”の紘毅氏とつながりがあるそうです。


引用元【インスタグラム(hamachankyuzitsu)】

たぶん父親の”前川清”氏と”浜ちゃん”が知り合いのきっかけから・・・?

【実は!】”浜田雅功”氏と妻の「小川菜摘」さんの間にもお子さん(二世)がおり、”二世”の苦悩を知っていた”浜田雅功”氏に悩みを”ぶっちゃけた”ことがあるらしく、そのアドバイスに”感銘”を受けた紘毅氏が慕っているそうです。

その”こと”の発端は、紘毅氏が芸能界で”二世”の「レッテル」を張られて見られていた時に、非常に周りの”目”が気になり出し、自分を「見失いかけた」時期があったそうです。

その時に、自身の”誕生日”を祝福してくれる程の仲が良かった浜田夫婦に電話で相談した所、浜ちゃんから「お前はお前!自分の魅力を知らんでええ!お前はお前で居ればええねん! バーカ!!」と、アドバイスを頂き”励まされた”そうです。



引用元【インスタグラム(natsumi1230)】

その言葉がきっかけで「二世の重み」から”解放”されて自由に活動が行えるようになったそうです。

キャラクター的に”ゴッツイ感”のある浜ちゃんですが”身内”には優しい部分もあるらしく、 まして芸能界の”大先輩”である「前川清」氏の”ご子息”ですから、適当に”あしらう”ことができなかったのでしょうね?


スポンサードリンク


◇ 前川紘毅氏のプロフィール

本名
前川 紘毅
読み
まえかわ ひろき
生年月日
1985年11月9日
仕事
シンガーソングライター
出身地
東京都世田谷区
所属事務所
エイベックス・ヴァンガード
血液型
B型