日本の有名”音楽家”でありながら”日本変態協会”の会員でもある「星野源」氏!

その変態音画家?がこの度”耳介血腫”になり、耳が”餃子”になったらしく?注目されております。



引用元【ツイッター(モデルプレス )】

星野源氏が発症した”耳介血腫(じかいけっしゅ)”とは、外部から強制的に”圧力”や”摩擦”を与え耳たぶを中心に「内出血」して腫れ上がる症状のことですね!

なので、格闘技「柔道・レスリング・相撲・ラグビー」の競技者に発症することが多いです。

特に柔道の場合”寝技”があるため、”攻撃”以外に”防御”の際も相手から逃げるために耳に負担がかかり、自分の”意志”とは無関係のまま耳にダメージを受けるケースが非常に多いです。

なので”柔道家”で、特に”寝技”を得意としている選手に多く見られる症状でもあります。

【ところが!】何故か?格闘技とは”無縁”の音楽家”星野源”氏に耳介血腫が発症したらしく、その理由が非常に気になるところです!

また、その症状が”暴露”されたのはご自身が担当(パーソナリティー)している「ラジオ番組」に出演した際「インスタライブ」を行ったらしく、そこで”頭辺”に包帯を巻いて出演しているシーンを見たファンたちから心配の声が上がり、ご自身でも”耳介血腫”になったことを暴露?したことで分かりました。

ラジオ内での説明では「僕、耳介血腫になったんですよ!」からスタートし、”格闘家”に多く発症する病気であることを説明して、”直近”で「ライブ」があるため直ぐに病院へ行ったことを説明されておりました。

病院での治療後、しばらくは”頭辺”に巻かれた「包帯」を取らないように指示された為に、仕方なくラジオ番組に「そのままの状態」で出演し、ファン達の目に晒す結果となったご様子!

ラジオファンやご自身のファンたちからの反応は↓↓↓



引用元【ツイッター(zSh0 )】



引用元【ツイッター(森の泉 )】



引用元【ツイッター()】



引用元【ツイッター(うっちゃんまっちゃん@pixivFANBOXはじめましたっ☆ )】



引用元【ツイッター(おじうさぎ?? )】

かなり”心配”されているコメントが多数、寄せられているご様子!

“耳介血腫”の初期症状は、耳が”内出血”して熱を持ち、非常に痛みが伴うのですが格闘家の場合病院で治療をせずに放置し、そのまま”餃子耳”へと「変貌」させるのが一般です。

しかし、星野源氏の場合”直ぐに”病院で治療をされたご様子なので、格闘家の様に耳が「膨張」したままの”状態”には、ならないことでしょう!

そんな”餃子耳”を「ご経験」された星野源氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ キスした女優?
・ 恋愛熱愛事情!
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 星野源氏の中高大学は?

星野源氏は1981年1月28日生まれの38歳(2019年)で、ご出身は「埼玉県川口市」です。

ご出身の”埼玉県川口市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、星野源氏も(埼玉県川口市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の埼玉県川口市にある”川口市立前川小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”とご本人のみの「一人っ子」として育ったそうです。

ご出身は”埼玉県川口市”ですが、お生まれは同じ”埼玉県”でも「浦和市」とのこと。

ご実家では”八百屋”店を営んでいた様ですが、両親は”野菜”より「音楽」に興味があった事から”必然的”に幼少期の頃から”音楽”に触れる機会が多かったのだとか・・・?



引用元【ツイッター(粉子、 )】

そのため、ご実家には今でも”ジャズ”などの「レコード」類がたくさんあるそうです。

ちなみに当時、父親は”ジャズピアノ”母親は”ジャズヴォーカリスト”にハマっていたのだとか?

たぶん毎日二人で”コラボ”して演奏し楽しみ、お互い「趣味志向」が合った”仲良し夫婦”であったことでしょうね!

ただ、残念なことに”二人”の「趣味」が一致していたことから2016年10月に”八百屋”を畳み、ジャズ喫茶「Signal」をオープンされたそうです。

そのため、”星野源少年”はさらに音楽に触れる機会が多くなって行き、この頃からご本人の意志とは関係なく、”体”に音楽が「馴染んでいた」のでしょう!

しかし残念なことに、後に星野源氏が”大ブレーク”を果たすと同時に”店”にお客が殺到して、「密かなジャズ喫茶」でありたかったご両親の思いとは裏腹に大盛況した為、敢え無く閉店となったご様子。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

それでも”星野源少年”の小学時代は当時、大ブームでもあった「マイケル・ジャクソン」が大好きであったらしく、しょっちゅう”ダンス”の真似をして練習していたのだとか?

ご本人は”小学時代の思い出”には、あまり良い”印象”を持って居ないらしく、小学校でよく”イジメ”を受けていたと後に語られております。

その”イジメ”の原因も複雑?で、学校で行われた”マラソン競技”の際”我慢”できずに”うんち”を漏らしてしまい、その時の担任の”女性教師”からトイレで「下半身」を露わにさせられ”洗浄”を受けたとのこと。

その様子を他の生徒に”目撃”されて、それが”イジメ”のきっかけとなったそうです。

そのため、付けられたあだ名は「うんち!」

“汚名”を付けられてしまったことで”同級生”と会話する事も”ままならなく”なり、最終的には「パニック障害」を引き起こしてしまったのだとか?

今でもその時の”苦痛が原因”で「トラウマ」となり、よく”腹痛”を起こすことがあるのだとか?

“悲惨な思い出”を作ってしまった小学時代の影響もあったのか?中学校も同じ”埼玉県”にある学校に通っておられますが、川口市から離れ”飯能市”にある”自由の森学園中学校”にご入学されました。



引用元【ツイッター(ちゃんす )】

この学園は、中・高等学校が”系列”の「一貫校」であるため、中学校にさえ入学できれば高校まで「内部審査」のみで”エスカレーター式”で進学することができます。

しかも”校風”が他の学校とは異なり「定期テストがなく(順列を付けないため!)、通学着は自由(制服が無い!)、校歌や校章がない)とのこと。

“校歌”が無いのはどうなのか?と思いますが、かなり”自由”を意識したユニークな学園として地元では有名のようです。

ご両親も、その”校風”が気に入って、あるいは”パニック障害”を持った”我が子”を気遣って、その学園を選んだ可能性が高いと思われます。

「AB型」だから!”ああだ”&”こうだ”と言うわけではありませんが(笑;)学校の”校則”も”緩やか”であったことから”髪型”を「ロン毛」にしていたらしく、チョット変わった部分を兼ね備えた?学生であったようです。

後に”アーティスト”となるのですが、この頃から”普通の人”では考えられないチョット変わった「個性の持ち主」であった可能性がありますね!

その”ロン毛”&”メガネ”も着用していたことから周りの友人たちからは「お爺ちゃん」等と呼ばれていたのだとか?

「うんち」よりは遥かに良い?「あだ名」ですよね!

中学一年生になると周りの友人たちが”ギター”を使いだし、自身も元は”音楽一家”で育ったので直ぐに興味を持ち出し、それに「賛同」した父親から”ギター”をプレゼントされたそうです。

また”イジメ”を受けた「少年たち」と離れたことで”自己主張”する場が欲しくなったらしく、中学校では”演劇部”を求めていたのですが無かったことから、”学校生活”に慣れた頃に”一部の学生たち”と集まって、自身らで「演劇部」を立ち上げたそうです。

もちろん星野源氏が先頭を切って「リーダー的存在」ではなかったと容易に想像がつきますが?

何はともあれ?自ら集中できる”何か”を見つけられたことは非常に良かったことだと思います。

・・・とは言っても、やはり”元気満々な学生”とは行かず、しかもいつ”パニック障害”を発症するのか?分からない学生生活を送っていた為、クラスメイトとの「会話を行う」ことに対し”苦手意識”を感じていた!と後に語られております。

それでも、フリーな”校風”の学園を選んだ効果もあってか?徐々に”普通の学生”を送れるようになって行ったご様子!

“普通”の学生生活を取り持出した中学時代を終えると、高校も”系列”の学園に”内部審査”のみで進学し”自由の森学園高校”にご入学されました。

もちろん中学同様、”校風”は「自由な学校」を掲げているため”校則”が緩く、学生個人の魅力を育て上げる「学校理念」のもと、星野源氏の”高校時代”がスタートしました。

ちなみに、この”校風”を気に入って入学する学生の中には、将来「俳優やミュージシャン」になる”学生”が多いとのことです。

高校時代は実家(川口市)から高校がある”飯能市”まで通っていたようで、通学に”二時間”を要していたらしのですが、その時に毎日ラジオでやっていたタレントの「関根勤」氏の番組を聴きながら通学していたとのこと。

元から”音楽”や”舞台”に興味があり”自身ら”で立ち上げた”演劇部”でも活動していたことから高校時代の”部活”も継続して「演劇部」で活動しておりました。

すると高校二年生のある日”舞台”を鑑賞する機会があったらしく、その時に公開されていた「劇団大人計画」の作品を観て、”主宰”であった「松尾すずき」氏が行っていた”公開クラス”に参加したご様子!

この公開クラスを受講したことで、今まで星野源氏が持って居た”偽善心”や”役者”としての考え方に大きな”衝撃”を与えたそうです。

“思春期”真っ只中でもあったことから、その時に受けた”衝撃”が大きかった事も影響したのか?高校三年生になると”不登校気味”に陥ってしまいます。

それでも”クラスメイト”に誘われて「バンド」を組むようになり”内気な性格”の「殻」を破り思い切って!”人前”で初めて「歌唱」したそうです。

“複雑な思い”を抱えた高校時代を終えると、一度は大学進学を志しますが「進学せず」に社会人となります。

【実は!】ご卒業前に大阪府南河内郡にある”大阪芸術大学”を志望していたのですが、大学受験に”失敗”したことで、大学進学そのものを諦めたそうです。

但し大学には進まなかったものの”中・高等学校”と続けてきた”演劇”からは離れることが出来ず高校卒業後も「劇団員募集」の広告を見つけては”オーディション”に参加していたとのこと。

高校ご卒業後、ご自身19歳の時に同じ高校の卒業生でもある一歳年下の後輩「浜野謙太」氏と一歳年上の先輩「伊藤大地」氏と「野村卓史」氏の四人で”バンド”を結成し、インストゥルメンタルバンド”SAKEROCK”として「バンド活動」をスタートさせました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“バンド活動”をスタートさせると、東京中野区にあった”沖縄料理店”でアルバイトしながら音楽活動に専念する様になり、約”六年間”「バイト暮らし」を続ける事となります。

2001年には、劇作家で演出家の「倉持裕」氏が”主宰”をしていた舞台”ペンギンプルペイルパイルズ”に出演し、社会人になって自身初となる「舞台デビュー」を飾りました。

さらに2003年に、待望のバンド”SAKEROCK”で「メジャーデビュー」を飾りました。

その一方で”バンド”とは別で活動していた”劇団”探しで、劇作家で演出家の「松尾スズキ」氏が手掛けた作品”ニンゲン御破算”への「出演」が決まり、それがきっかけで松尾氏の芸能事務所”大人計画”への「所属」も決まりました。

つまり”音楽活動”よりも先に「俳優活動」で芸能事務所入りを叶えたのです。

・・・とは言っても”役者”が認められての所属ではなかったらしくバンド活動を行っていた事で”楽器”が弾けるから!との”自己主張”で、主宰を務めていた松尾氏に「直訴」して所属入りが許されたそうです。

この”大人計画”には後に”大ブレーク”を果たす「著名人」が何人も所属しており、女優の「平岩紙」さん、俳優の「阿部サダヲ」氏、脚本家で作詞・作曲家の「宮藤官九郎」などが居ります。



引用元【サイト(rockin’on holdings)】

その後も”舞台”をメインに活動し、確実に”役者”としての「キャリア」を重ねて行きます。

また”音楽活動”の方でも、たくさんの楽曲を制作し”リリース”しながらシンガーの”才能”も「開花」し始めておりました。

すると詳細は分かりませんが、テレビプロデューサーからの”オファー”があり2003年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ”WATER BOYS”に出演し自身初の「ドラマデビュー」を飾りました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

さらに翌年の2004年7月に公開された映画”69 sixty nine”に出演し自身初の「映画デビュー」を飾りました。



引用元【ツイッター(たらったったったー )】

その後も数々の”テレビドラマ・映画”に出演し、さらに”舞台”でも活躍されておりましたが、中々「ブレーク」を果たせずにおり”知名度”はあるものの「人気」が今いちの芸能活動を続けて行きます。

ただ、2006年にファーストフード店でお馴染み”マクドナルド”の「朝マック」のCMに抜擢され、自身初の「CMデビュー」を飾りました。

その後2007年に”テレビ情報誌”への連載がきっかけで、名ミュージシャンでお馴染み「細野晴臣」氏と出会い「映画・舞台・音楽」等について対談できる”機会”に恵まれました。

その細野晴臣氏の勧めと協力のもと、”バンド”ではなく「個人」で楽曲をリリースする事となり細野晴臣が主宰するレーベル”デイジーワールド”からアルバム「ばかのうた」で、自身初のソロシンガーとして「デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(じゅんちゃん★ )】

するとアルバム”ばかのうた”が意外にも「音楽関係者やファン」から好評だったことから立て続けに2stとなる楽曲”エピソード”をリリースし、オリコンチャートで”第五位”を獲得しました。

しかし、音楽活動が盛んになり始めた2012年に難病「くも膜下出血」の疑いがあるとして全ての”芸能活動”を一旦休止します。

その後、しばらくは”治療”のため”音楽活動”や”俳優業”から遠ざかりますが、翌年の2013年に”3rd”となるソロアルバム”Stranger”のリリースを機に音楽活動へ復帰されました。


引用元【ツイッター(じゅんちゃん★ )】

翌年には、この”作品”を携えて「日本武道館ライブ」を開催し、見事!大成功を収めました。

そして2015年になると”本格化”的に音楽活動を行うため、所属していたインディーズのレーベル”カクバリズム”から退き、大手音楽事務所の「アミューズ」へ移籍されました。

さらに同年6月には、長らく活動してきたバンド”SAKEROCK”を「解散」されました。

そして同年5月にリリースしていた”ソロシングル曲”8thの「SUN」が大ヒットを記録し、さらにオリコンチャートでも「2位」を獲得する程の「躍進」を見せます。

そこからは”ご存じ通り”の「ご活躍ぶり」を見せて今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 星野源氏のキスした女優?

星野源氏は”プライベート”でも「恋愛ネタ」で世間をザワつかせることが多いのですが、過去に出演したテレビドラマや映画でも、数々の名女優たちの「唇」を奪ってきました!(怒!)

なので、イメージ的は”純粋”とか”真面目”などの「好印象」が持たれやすい星野源氏ですが、【実は!】たくさんの”名女優”たちから「唇」を奪っている”軟派”な男性なのです笑;)

最初の犠牲者?は女優の「坂井真紀」さんでした。



引用元【ツイッター(ドルフィーニ・エレクトリコ )】

犠牲となった現場は”映画”で、作品は2008年12月公開の”ノン子36歳(家事手伝い)”です。

当初は”初心”な星野源氏でしたから、女優さん(年上)との”キスシーン”は好んでいなかったそうですが、スタッフが相手(坂井真紀さん)を伝えると「坂井さんだったらいいです」等と簡単に「承諾」したそうな・・・?

完成した作品を観ると、その”初心さ”があったとは思えぬほどシーンが進む度、坂井さんに「迫って」行きますよね!

“ロケ”では「己」を忘れてしまったのでしょうか・・・(笑;)



続きまして、次の犠牲者?は同じく女優の「夏帆」さんです。



引用元【インスタグラム(chamame78)】

犠牲となった現場は”映画”で、作品は2013年6月公開の”箱入り息子の恋”です。


引用元【ツイッター(LoG )】

この映画では、星野源氏は「主役」”天雫健太郎”役を演じ「主演」に抜擢されております。

女性との”交際経験”がほぼ皆無だった市役所職員役で出演し、”代理見合い”で知り合った奈穂子役の「夏帆」さんに”現力投球”で迫って行くシーンを描いた作品でした。

撮影前にお相手の「夏帆」さんについての感想では”可愛い人”と答えていたとのこと。

“当初”から”キスシーン”があるのは”知っていた”と思われることから、その日が来るまで「首を長くして」待っていたのでは・・・?

【ところが!】夏帆ファンの気持ちをよそに、星野源氏の”大ファン”であったらしく映画の世界(中)では本当に「両想いの恋人通し」になれたことでしょう!

確かに、実際の”キスシーン”を見ても「不自然さ」を感じられなかったような・・・?



続きまして、次の犠牲者?は同じく女優の「二階堂ふみ」さんです。



引用元【インスタグラム(adochan121212)】

犠牲となった現場は”映画”で、作品は2013年9月公開の”地獄でなぜ悪い”です。


引用元【ツイッター(ひろえるP )】

同年に立て続けでの”名女優”とのキスシーンとは!”羨ましさ”にも程がありますよね!

【なんと!】この作品では「血まみれ」になりながらの”キスシーン”に取り組んだそうで、今までとは違った星野源氏のイメージで登場しているのとか・・・!

さらに”白目”を向いたり”、変顔”を見せたりして「コミカル」なシーンもあるようです。

お相手の”二階堂ふみ”さんについての印象は「とてもカッコいい女優さん!この作品では彼女のキュートな部分が露わになっている」とのこと。



続きまして、次の犠牲者?は同じく女優の”ガッキ~”こと「新垣結衣」さんです。



引用元【インスタグラム(aragakiyui_fanspage)】

犠牲となった現場は”テレビドラマ”で、作品は2016年10月TBS系列で放送の”逃げるは恥だが役に立つでなぜ悪い”です。



引用元【サイト(YouTube)】

ご存じの通り、このドラマで”タイアップ”を受けた”主題歌”が星野源氏の「恋」で、誰もが予想だにしていなかった空前の「恋ダンス」ブームを巻き起こし、大ヒットを記録しました。





しかもドラマ内で行った”キス”は、突然の「不意打ちキス!」であった為、その言葉も話題を呼んだのです。

ただ”ガッキ~”ファンからすると”生々しい”キスよりは遥かに良かった!等と、歓迎(安心)されていたとか・・・?

そして最後にお伝えするのが、今一番”狙われて”いてファンの間や私も『心配』している女優の「吉岡里帆」さんです。



引用元【インスタグラム(riho_yoshioka)】

もちろんご存じの通り、犠牲となる可能性が高い現場は”テレビCM”で、作品は2017年度から出演されている日清製品の「どん兵衛」ですね!



引用元【インスタグラム(riho_yoshioka)】

今のところは、”お揚げ”による「空想のキス」でとどまって?おりますが、いつ「現実」と
なるかも知れぬ!と思うと”CMを見る度に心配させられます。

最近の”吉岡里帆”さんの作品を見ていると”事務所NG”が少なくなっているように感じていてどんな”シーン”にも「取り組む姿勢」を見せているだけに非常に心配です。

先日放送されたテレビドラマでも、平気で「泥まみれ」になっていたし・・・!

【まさか!】食品CMで”キスシーン”を見せることはないかとは思いますが、メイキングだの他の作品で”共演”した時などに「狙わる」心配があり、ファンとしては以上に心配です。

「現実」が起こらない事だけを毎日祈っております・・・!


スポンサードリンク


◇ 星野源氏の恋愛熱愛事情!

日本の”俳優陣”でも、中々の”プレーボーイ”として有名?な星野源氏でしが、過去に”噂”された女性陣たちも結構おり、簡単にご紹介してみたいと思います。



まずは、一番「彼女説」が高かった女性芸能人が”シンガー”の「aiko」さんです。



引用元【インスタグラム(mayu_akg)】

お互いの”ファン”のみならず、世間でも話題になりましたよね!

噂の発端は【勿論!】芸能誌でお馴染みの週刊誌”フライデー”によるものでした。

星野源氏が出席していたイベント会場に”aiko”さんも居たらしく、aikoさんの知人の方を通して二人が出会い、そのまま”良い仲”に発展し「交際」がスタートしたのだとか・・・?

もちろん、週刊誌の情報なので”正確性”には欠けている恐れもありましたが・・・【実は!】二人で共同で作り上げた”ライブグッズ”があったらしく、お互いの”ライブ”で販売していたらしいのです。



引用元【ツイッター(おちょぱ )】

“ライブグッズ”まで一緒のものを販売されると、流石に芸能レポーターでなくても”熱愛”の「疑惑」を持ちますよね!

それを裏付ける?かのごとく!フライデーでは”半同棲生活”を送っている等と伝えております。

しかも、運が悪く?2012年に星野源氏は難病の「くも膜下出血」の疑いがるとして入院を余儀なくされました。

そのため、芸能活動は一時”休業”とし、しばらくの間治療に専念していたのですが、その時に看護で助けてあげたのが【なんと!】噂の女性「aiko」さんであったと言うのです。

その”懸命”な看護のおかげで星野源氏は早い段階で”芸能界”に「復帰」し、また依然と同様に音楽活動を再開したのですが・・・。

2015年頃に二人は”破局”した!等と情報が伝えられ、世のファンたちを驚かせました。

しかし、その後は音楽番組で”共演”する「同じ”ポーズ”で出場した!」等とファン達の間で騒ぎとなり、ネット上でも”復縁した!”等と「根拠のない妄想」が拡散されておりました。

なので、その後は”ファン”を巻き込んでの”熱愛騒動”に発展しネット界では様々な声や妄想で埋め尽くされておりましたが、現在のところは落ち着いて二人の動向を見守っているようです?

二人は共に”シンガー・ソング・ライター”ですから、”個人”を売るのではなく「楽曲」を売りにしている芸能人なのですから、”ファンたち”も「個人」のプライベートには、あまり興味がないらしく、有名な俳優&女優との”熱愛”とは一味違った様相を見せておりましたね。



続きましては女優の「二階堂ふみ」さんです。



引用元【インスタグラム(redeye777)】

こちらは、あまり信憑性が無い”共演ネタ”であった為、あまり信じる方はいなかったのですが、”熱愛”報道の理由が「同じマンション内に住んでいた!」とのことから”噂”となった模様!



引用元【ツイッター(しゅー )】

“共演ネタ”としては2013年に公開された映画”地獄で何が悪い”であり、この映画で二人は”キスシーン”を披露しております。

“aiko”さんの時とは違って現実に「キス」をしていることから、映画ファンや二人のファン達の間で「勝手な妄想」が膨れ上がったのでしょう。

しかし「同じマンション内に住んでいた!」として”疑惑”が持たれた為、一番”スクープ”が撮られやすい状況であるはずなのに、その後”一枚”も「ネタ」が浮上しなかったことで、”熱愛”を「疑問視」するネット住民が増えだし、敢え無く”噂”が消滅されました。



続きましてはも女優の「新垣結衣」さんです。



引用元【インスタグラム(aragakiyui_fanspage)】

こちらも、あまり信憑性が無い”共演ネタ”であった為、あまり信じる方はいなかったのですが、ただこちらの場合!”二階堂ふみ”さんの場合と”様相”が違っていて、星野源氏の方が【かなり!】積極的に”新垣結衣”さんへ「アプローチ」をかけていたのだとか・・・?



引用元【ツイッター(モデルプレス )】

この時に”共演ネタ”となったのは、TBS系列で放送されたテレビドラマ”逃げるは恥だが役に立つ”であり、”タイアップ”された星野源氏の楽曲”恋”が主題歌で扱われ、そこで生まれた「恋ダンス」が空前の大ブームとなり、楽曲も見事に!大ヒットを記録しましたね!

また、ドラマが”放送中”であったのにも関わらず「番宣」のため出演したバラエティー番組で”ガッキ~”に対しての印象を聞かれた時「好きです!大好きです!!」等と発言したことで、それに”敏感”に反応した”ファン”や”ネット住民”の皆さんの間で”標的”となっちゃったのです。

しかもドラマの”大成功”と楽曲の”大ヒット”のおかげで同年の暮れに「紅白歌合戦」に両名共に出場する機会があったのですが、その際にガッキ~がしていたピアスが【なんと!】星野源氏からの「プレゼント」ではないか?疑惑が勃発したのです。

さらに、そのピアスは”40万円”クラスのものだ!として話題になり”熱愛疑惑”を疑っていた人々の間では「星野源氏は本気だ!」等と伝えられ、盛り上がっていたのです。

“指輪”でも40万円クラスとなると相当な品ですが、ピアスの”40万クラス”となると、確かに”好意”を寄せていない女性にはプレゼントするはずがありませんよね!

それが”国民的番組”で披露されたことで、全国に知れ渡ってしまい”ネット上”でも大騒ぎになっておりましたが、こちらも”芸能週刊誌”から注目されることなく「スルー」され、確信が無いまま今に至っております。

でも、今では大女優に近づいた「新垣結衣」さんですから”星野源”氏の立場としては「不釣り合いな二人」であると思えるので、残念ながら「交際の事実」はないのでしょう!


スポンサードリンク


◇ 星野源氏のプロフィール

本名
星野 源
読み
ほしの げん
生年月日
1981年1月28日
仕事
シンガー・俳優
出身地
埼玉県川口市
所属事務所
アミューズ
血液型
AB型