東京都ご出身の”タレント”であり、男性アイドルグループ「VOYZ BOY」のメンバーとして活躍され!最近では、”イケメン”との呼び声が高いことから”役者”としてもご活躍中の俳優で歌手の「村田琳」氏。


引用元【ツイッター(村田 琳 )】

何やら?最近、バラエティー番組に出演されて!”母親”であり参院議議員の”立憲民主党”に所属する「蓮舫」議員の”名セリフ”としてお馴染み「2位じゃダメなのでしょうか?」の発言について!番組内で「言及された」として、大きな注目を集めたご様子です。

その”言及”とは、学生時代から!母親である蓮舫さんの”名言”によって、相当!”イジられていた”らしく、クラスメイトや学校の生徒たちと会うと、決まって「2位じゃダメなのでしょうか…など」と!頻繁に馬鹿にされていたそうです。

なので、今でも”トラウマ”として残っているらしく!”行政”でスパコン(スーパーコンピューター)の話題が浮上され、それを”メディア”で見たり聞いたすると!何気に「身の縮む思いをされている」とのことです。

蓮舫さんの「2位じゃダメなのでしょうか?」発言と言えば、2009年に日本の国会で起きた”民主党政権”による「政権交代」が記憶に新しいところですが、その中でも”目玉事業”として!大きな注目を集めたのが「事業仕分け」でした。

俗に言う”高級官僚叩き”と呼ばれるモノであり、その当時!”やりたい放題”であった”各官僚”による「分捕り予算」を見直して、開かれた場所で”オープンにした環境”の元で「正しい予算の使い道」を改める!いわば、民主政権を代表する”一大イベント”の「位置づけにあった事業」のことです。

また、”開かれた場所”での開催であったことから!今は亡き、”ロックミュージシャンの「故・内田裕也」氏も見学に現れて!大いに盛り上がったモノです。

その中で、”仕分け作業”の対象となった「文部科学省」が登場した際に!民主党側の”仕分け人”として参列していた”蓮舫議員”が、議題に上がった「コンピューターで世界一を取ることで、国民に夢を与えるプロジェクト」について、”噛み付いた”のです。

その当時は、”リーマンショック”による「全世界不景気時代」を向かえており!国の”予算”にも限りがあったことから、”多額の予算”を付けて!いまさら「世界トップ一位」に拘る必要があるのか?との思いで「2位じゃダメなのでしょうか…など」と問い質して、大きな話題を呼んだのです。

しかし、その年の”流行語”に入選する程に及んだ「名セリフであった」ことから!その”飛び火が”【まさか!】自身の”息子・娘”にまで及んでいたとは、”両親”でも「想像が付かなかった事実」なのでしょう。

そのため、”子供たち”にすれば!通っていた学校で「イジられるネタ」として扱われて、”イジメ”までには発展しなかったモノの!”心”に大きな「傷みを抱えていた」そうです。

その気になる「母親の名言」を含めて、村田琳氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(武士道くん )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 彼女や熱愛とは?
・ 双子姉の村田翠蘭とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


村田琳氏は1997年4月2日生まれの22歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と双子の姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、村田琳氏も(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の東京都にある”青山学院初等部”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”双子の姉”が居り、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

生まれ付きの”双子”でありながら【なんと!】もう”片方”は「女児(姉)」であったことから、非常に珍しいケースの”出産”で「生を享けた」のです。

ちなみに、もう片方の”姉”は「村田翠蘭」さんと呼ばれ!現在は、同じように”芸能活動(ファッションモデルやタレント)”をされております。

“母親”は、日本人なら誰もが知る!元”ニュースキャスター”で、現在は”国会議員”の「蓮舫」さんであり!”父親”も元”フリージャーナリスト”で、現在は”大学教授”を務めている「村田信之」氏です。


引用元【ツイッター(サスケ&オビト )】

双子の”姉”とは、”男女”の違いはあれど!もちろん「ソックリ」であったことから、幼い頃から非常に「仲が良かった」そうです。

この”姉”の「村田翠蘭」さんは、後に”ニュージーランド”に留学をされて!大学は、名門”早稲田大学”の「国際教養学部」にご入学されておりますが、”父親”の「村田信之」氏も”同大学”の卒業生であり!親子”二代”に渡って「同校の門」を潜ったのです。

村田琳氏は、小学校時代に入ると”可愛い顔”には似合わない「ラグビー競技」を行っていたらしく、その後の”高校”に至るまでの「10年間」は、”ラグビー”一筋でご活躍されていたそうです。

但し、”激しいスポーツ”を行っていた割には「少食系であった」らしく!それも”要因”につながり、”ラグビー選手”でありながら「小柄なタイプの選手」として活動をされていたご様子です。

但し、”自宅”では!どこにでも居る小学生と変わりなく、その当時!流行っていた”戦隊シリーズ”の「テレビに釘付けであった」模様です。

一方の小学校では、”五科目”の中で「国語が大の苦手」であり!学校で配られる”ドリル”以外に、母親である”蓮舫”さんが「独自のドリル」を作り、分かりやすく”工夫”を施したドリルで学ばせていたそうです。

また、蓮舫さんの”教育方針”として「やりたいと思ったことは全てやらせる」と決めていたことから!ラグビーによる”イギリス留学”を望んだ時も、反対すること無く「前向きにススメた」そうです。

その意味では、”何事”に対しても「理解のある親の姿」を見せていたご様子です。

”ラグビー人生”をスタートさせた小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”青山学院中等部”にご入学されました。

お察しの通り!”青山学院”の「初等部~中等部への進学(進級)」のため、青山学院の”系列学校”にご入学されており!”中学校への”進学(進級)”する際は、”入学試験”を受けずに!学校の「内部審査基準のみ」で、エスカレーター式で中学校に進まれたのです。

但し、この中学校へ”一般(入試有り)”で入学する際は【なんと!】驚異の偏差値「70以上」らしく!”超難関中学”として有名のようです。

中学校時代に入っても、小学校同様に「ラグビー少年」として活動をされていたらしく!”レベル”を一段回上げた「厳しい練習」を行い、着実に!”力”を付けて行きます。

【ところが!】”同級生”の中に【なんと!】ロックユニット「B’z」で”ギター”を担当している超有名ギターリストの「松本孝弘」氏の”息子さん”も通っていたらしく!それがキッカケで、両親どうしが”顔見知り”となり、村田琳氏が以前から”興味”のあった「ギターのレッスン」を受ける事となり!ラグビー以外の”趣味”が「一つ増えた」のです。

【しかも!】レッスンが進むにつれて、二人の”関係”も良くなり!松本孝弘氏が使用していたギターをプレゼントされたそうです。


引用元【ツイッター(BARKS編集部 )】

また、”有名人”の息子であることや!超スペシャリストの”松本孝弘”氏からギターを習っていたこと!などに、いち早く目をつけた”芸能関係者”から「何度かスカウトの話」を受けていたそうですが、自身が全く「そちらの道へは興味を示さなかった」ことから、この時点では芸能人になるつもりは無かったご様子です。

【寧ろ!】”経緯”は定かでありませんが「税理士に憧れを感じていた」そうです。

小学校時代から続けてきた”ラグビー”で体を鍛え【さらに!】超有名バンドの”ギターリスト”からレッスンを受けた中学時代を終えると、高校は地元の東京都を離れ!一路「イギリス」へと渡り!私立の”セドバーグ高校(Sedbergh School)”に留学をされました。

この高校は、イギリス北西部の都市”ランカスター”にある高等学校であり!イギリス国内でも「歴史のある伝統校」として、知られているそうです。

また、”スポーツ”も盛んな学校でもあるらしく!各種スポーツの「強豪校として有名」とのことです。

ほとんどの生徒は、高校を終えると”大学進学”をするそうなので!”ランカスター市内”にある高校の中では「進学校」と言えます。

【さらに!】”学生”のほぼ全て(97%)が「寮生活を行っている」のが”特徴的”と呼ばれているそうで【しかも!】その全てが「フルタイムボーダー」と呼ばれている!”土日”も自宅へ戻らずに、学校以外の時間は「全て寮で過ごす形態の生徒」であるそうです。

村田琳氏が何故、”留学”をしてまで!この”学校”を選んだのか?と言うと、この高等学校に設けられている”ラグビー部やホッケー部”が、地元でも有数の「強豪校であること」は元より【さらに!】以前から憧れを感じていた”職業”の「税理士」になるためには「海外留学が必要と考えた」ことが、大きかった様です。

なので、この高等学校では”ラグビー部”に入部しており!日本とは一味違う「海外のラグビー」を体験されたご様子です。

中学校を”ご卒業”された年と、ご周知の通り!海外(イギリス)の高等学校は、”9月”に新学期がスタートするために、その”ズレ”の関係で高校を卒業した年は!”4年後”の自身「二十歳の時」とのことです。

”海外留学”を果たした高校時代を終えると、大学には進学せずに日本へ戻り!”将来”の方向性を考え始めます。

【実は!】イギリス留学中の2016年度に、一度日本へ”帰省”されていたらしく!その時に、TBS系列で放送されたバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、母親の”蓮舫”さんの特集が組まれた企画の中で”自宅撮影”が行われた際に!息子である「村田琳氏も出演された」ことがありました。

このキッカケを機に「芸能界への興味」を持ち始めていたそうです。

但し、この時は!ご自身の”立場上”、芸能事務所からの「スカウトを断った」そうです。

その後、日本に帰国されてからは!憧れを感じていた職業の”税理士”になるために「大学進学を考え始めていた」のですが、その年の夏頃に!”友人”からの「代理面接での依頼を受けて」や、以前から”興味”を持っていた「芸能界の道」を希望するために、アイドル集団「VOYZ BOY」の”面接”を受けます。

もちろん、”歌唱”や”ダンス”の経験が無かったことから「メンバー入りは無理」と決めつけていたそうですが!”母親”の影響力が強かったこともあり、見事!”メンバー入り”を果たします。


引用元【インスタグラム(voyz_boy_official)】

しかし、当初は!”友人”の「代理面接での合格」でもあったことから、ご本人としては全く”アイドル活動”に「興味を示していなかった」ご様子ですが、メンバーたちと活動を続けて行く中で!徐々に「将来の方向性」に変化を見せ始めた模様です。

なので、”大学進学”を「諦めた」ことを母親の”蓮舫”さんに伝えると!以前から「やりたいことを行わせる」との”教育方針”であったことから、すんなりと「芸能界入に承諾をされた」そうです。

【すると!】そこからは、”大学進学”を諦めて本格的に芸能活動に専念をするために!アイドルグループ”VOYZ BOY”の所属事務所でもある「VOYZ ENTERTAINMENT」に入所されます。

そして、2019年度にTBS系列で放送されたテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演をされて、学生時代に培った「ラグビー経験」を買われて!自身初となる「俳優デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(炎の体育会TV【公式】 )】


スポンサードリンク


◇ 彼女や熱愛とは?


今ではスッカリ、日本の”若手”俳優陣の中でも!”イケメン”として人気上昇中の「村田琳」氏ですが、その「甘いマスクの裏側」には!どんな”恋愛歴”があるのか?女性ファンなら気になるところです。


引用元【ツイッター(健常者さん )】

当たり前の話ですが、現在の村田琳氏ファンとは、断然!”女性ファン”が圧倒的であり!まだ、”新人俳優”でありながら、有名人の”母親”を持つ「サラブレッド」でもあることから!今から”狙っている女性”たちも多く居るはずです。

但し、今のところ(2020年)は”芸歴”が浅いので「浮いた話」など無く!”色恋い”よりも、芸能活動に真面目に取り組んでいるご様子です。

その意味では、”母親”である蓮舫さんも「一安心している」ことでしょう。

そんな中の2019年2月3日に、TBS系列で放送された情報ワイドショー番組「サンデージャポン」に出演されて、普段は!あまりお目見えすることの無い”トークシーン”を披露されて、”表”には決して出ることが無かろう「母親と関係性」を語り、大きな注目を集めました。


引用元【ツイッター(村田 琳 )】

それによれば、”対談者”であったTBSの女性アナウンサーとしてお馴染みの「吉田明世」アナからの「彼女に対する質問」に対して、学生時代から”部活”が忙しくて「彼女を一度も母親に紹介をしたことが無い」ことを明らかにされたのです。

つまり、”学生あがり”の間もない!芸能活動に”没頭中”である村田琳氏の「恋愛事情」については、今のところ”彼女”が「居ないと見て間違い」ことを暴露されたのです。

もちろん、”好みの女性”が居るかどうか?については、定かではありません。

但し、いずれ「意中の人物」が見つかったとしても!”母親”の蓮舫議員が「待ち構えている」以上は、それが”弊害”になる恐れがあり!そう容易く”一般女性”が「近づけるタイプのタレント」とは言い難いです。

【しかも!】現在の村田琳氏の”心境”を窺う上で「重要な情報源」となっている、ご自身の公式SNS(ツイッター)を拝見すると!ほとんどが、所属するメンバーたちとの話題が多く!とても”色恋い”を行っている様子など、微塵も感じられません。

その意味では、常に”男性手段”の中に居ることで!それが大きな影響を与え、女性が近づく「環境に恵まれていない」と言えそうです。

もちろん、ご自身の”趣味”や友達との”付き合い”があるために!休みの日は、”プライベート”の時間を「大切に過ごしている」ようなので!それも、女性が近づけない大きな要因につながっているのでしょう。

また、現在の村田琳氏の”夢”は「VOYZ BOYのメンバー全員で東京ドームに立つこと…など」と語っておられるので、恐らく!芸能活動に明け暮れる日々を続けており、あまり”多い”とは言えない!所属先のグループ(VOYZ BOY)の人気獲得、あるいは”女性ファンたち”の「人気離れ」が無いように!”尽力”されていることでしょう。


引用元【インスタグラム(voyz_boy_official)】


スポンサードリンク


◇ 双子姉の村田翠蘭とは?


村田琳氏の姉弟には、”姉”が一人居りますが【実は!】”姉”と言っても、村田琳氏とは「双子の姉弟」であり!非常に珍しいケースの「男女の双子」なのです。

その気にある”姉”とは、お名前が”本名”の「村田翠蘭(すいらん)」さんと呼ばれる”ファッションモデルやタレント”で活動中の女性であり!同じ”芸能界”でご活躍中!とのことです。

一見、”中国人”と感じさせるお名前の「翠蘭(すいらん)」ですが、生まれも育ちも「日本」ではあるモノの!ご周知の通り、”母親”である「蓮舫」さんの”父親”は「台湾人」であり!”母親”が「日本人」であることから「ハーフ」なので、そのため”子供たち”も「台湾人の血が混じったハーフ」であるため!その影響もあり「中国系の名前になった」可能性が否めません。


引用元【ツイッター(徳田新之介(リプライは気まぐれです) )】

但し、”ハーフ”と言っても!母譲りの「鼻の通った美人顔」や、弟の”村田琳”氏のトレードマークでもある「可愛い笑顔」を兼ね備えていることから、非常に「可愛らしいお嬢さん」なので!既に、たくさんの”モデルファン”や”男性アイドルファン”たちから!多くの支持を集めているそうです。

この”子供たち”に関連している「男女の双子」とは、通常の”妊娠”では!ほとんど稀なケースの”準一卵性双生児”とか”半一卵性双生児”等と、呼ばれている現象の様です。

いずれも、一つの”卵子”に二つの”精子”が結びつき!それが後に分裂することで「双生児」となり、同じ”遺伝子”を受け継ぐことから「同性になるはず」のところが、何らかの「細胞レベルでの作用」によって”男女別”となる「稀なケース」とのことです。

これに、”他国(台湾)”の血統も受け継いでるのですから【さらに!】”複雑”な家族関係と言えそうです。

但し、”村田家”の場合は!父親が日本人の「可愛らしいお顔立ち」をした”DNA”と、母親が”ハーフ”でありながら「アジア系美人のお顔立ち」の”DNA”を引き継いだことから、その子供たちは!恵まれたことに「美男美女の姉弟」が誕生した訳です。

なので、逆に考えると!両親の”両方”?あるいは、”片方”が「失敗顔」であるとしたら!恐らく、その子供たちも「残念な姉弟」となっていたことでしょう。

その意味でも、非常に稀な”一卵性の双生児”として誕生した「美男美女の村田姉弟」を考えると【まさに!】「奇跡の中にも奇跡が起きた姉弟」と、言えるのでしょう。

現在のところ、”表舞台”に登場する機会が少ない”村田翠蘭”さんなので!プロフィールなどの詳しいことは分かっておりませんが、今後!益々、”年齢”を重ねて行くことで「大人の魅力」が増して、モデル業は元より!”高学歴”である「早稲田大学卒」を生かして、母親と同じ「女性キャスター」としての活躍が、見られる日もあるのかも知れません。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2016年に、TBS系列で放送された番組”中居正広の金曜日のスマイルたちへ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2019年に、TBS系列で放送された番組”ノーサイド・ゲーム”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』??5/24(日)よる8時??特別編・最終夜放送? )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
村田 琳
読み
むらた りん
生年月日
1997年4月2日
仕事
俳優、歌手
出身地
東京都
所属事務所
VOYZ ENTERTAINMENT
血液型
A型