清楚な”正統派”美人アナウンサーとして人気が高いフジテレビ社員「永尾亜子」アナが以前から
“交際”していた「テレビ関係者」男性とのデート報道が報じられ”結婚”間近ではないか!として
注目されているご様子!

永尾亜子アナ”25歳”でのゴールイン(ご結婚)、あり得るのでしょうか?



引用元【インスタグラム(ako_nagao)】

2016年に”フジテレビ社”にご入社された永尾亜子アナですが、冠番組”めざましテレビ”や
“BSフジニュース”などで知名度を上げ、スッカリお茶の間でもお馴染みの”女子アナ”として
親しまれる存在となって来ました。

そんな”正統派美人アナ”の彼女だけに、誰もが予想だにしていなかった”熱愛報道”が浮上しのは
2019年8月でした。

お相手は各社テレビ局で”音楽番組”を担当している”イケメン男性”として紹介され「周囲の
信頼も厚い男性!」等と持ち上げられ、”好青年”と交際中!として注目を浴びておりました。

その男性と2019年に開かれた、渋谷でお馴染み”ハロウィンパレード”に出没?したらしく
【なんと!】高級ハンバーグ店で”デート”をしていたそうな・・・?

“交際期間”は永尾亜子アナがアナウンススクール時代に知り合い交際へと発展したらしいので、
“数年”は経っているのでは?と見られているそうです。

日頃から”真面目”で社内の女子アナたちの中でも”優等生”として高い”評価”を受けている人気
女子アナの永尾亜子アナ!

一方、お相手の男性も学生時代から”ボート部”に所蔵し”真面目”な選手として日本代表に選ばれ
“国際大会”への出場経験があるとされている「文武両道を熟せる人物」として仕事ぶりも”良好”
とのことです。

なので、俄然!”優等生”同士のご結婚が注目されるところなので、これからの二人の”動向”が
気になるところです。

そんな、”公私”共に「ハッピー中」の永尾亜子アナにスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 実家と姉がヤバい!
・ スッピン美人?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 永尾亜子アナの中高大学は?

永尾亜子アナは1993年12月7日生まれの25歳(2019年)で、ご出身は「長崎県」です。

ご出身の”長崎県”にあるご自宅で、ご両親と姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、永尾亜子アナも(長崎県)内の小学校・中学校に通っていたと
“推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の長崎県にある”新上五島町立青方小学校”にご入学されたと
判明しております。

“五島列島”と言えば、国内でも”小島が多い”「最西端の列島」として有名ですよね!

その島国の中にある”中通島”の「新上五島町」で生まれ育ったそうです。

ご家族は”ご両親”と”姉”がいて「姉妹」として育ってきたご様子!

ご実家では”写真館”を営んでいた(いる)そうで、店名は”苗字”と同じ「永尾スタジオ」として
近辺から親しまれてきた写真店とのことです。

また”母親”が非常に”手が器用”な人物であったことから、我が子が着用する”服”を作ったりして
“特性の服”を着て”幼少期”を過ごしたそうです。

永尾亜子少女は意外にも”活発”であったことから、髪型は”短髪ヘアー”にしていたとのこと。

今でもヘアースタイルは”ショート”、あるいは”セミロング”のイメージが「定着」しているので
その時の”お姿”も連想できまよね!

幼少期~中学校時代までの情報が”薄い”ので詳しいことは分かっておりません。

“活発”な小学時代を終えると、中学校も地元の五島列島にある”新上五島町立上五島中学校”に
ご入学されました。

“島国”なので?クラスメートはかなり少なかった!と予想されます。

そのためか、”個人教育”が自然に行われていたそうで”成績”はかなり優秀であったそうです。

“年齢差”は分かりませんが、きっと”お姉さん”も「優秀」であったのでしょう?

中学時代は”ソフトテニス部”に入部していたとのことですが、その部活は非常に”貧弱”チームで
あったらしく、大会へ出場しても”一回戦敗退”がザラであったとか。

永尾亜子アナも”活発”ではあったものの”運動神経”は鈍く、部活内でも”レギュラー”にはなれず
“補欠”までで精一杯であったご様子!

ただ唯一!”負けん気”だけは強かったそうで、”持久力”を要するスポーツは滅法”得意”として
いたようで、マラソンなどの”長距離走”では”実力”を発揮し「精神力の強さ」を見せつけていた
ご様子です。

その「精神力の強さ」は今の職(アナウンサー)にきっと”役立って”いることでしょうね!

“ソフトテニス部”で青春を「謳歌した」中学時代を終えると、高校も地元の五島列島にある
“長崎県立上五島高等学校”にご入学されました。

【実は!】住んでいた五島列島の”中通島”には高校が”二つ”しか無く、地元で高校を選ぶには
同校か?”長崎県立中五島高校”か?の「選択肢」しかなかったそうです。

両校共に”偏差値”は、かなり低い(35前後)のですが”選択肢”が二つしか無かった為に、地元
高校に入学を希望していた永尾亜子アナは”上五島高等学校”に進学されたそうです。

高校に入るとスポーツ系(運動部)の部活ではなく放送部(文化部)に入部したそうで、自身高校
二年生の時に”九州地区”で催された”高校放送コンテスト”に参加し「アナウンサ部門」で見事!
「優良賞」を受賞されました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

さらに、高校三年生になると”レベルアップ”し全国大会の「放送コンテスト」に参加した際も
“優勝”は逃したものの”第四位”に選ばれ「優良賞」を受賞されました。

なので、この時点(高校時代)で既に”アナウンサー”としての「素質」を十分に持っていたことが
伺える「才能ぶり」を見せつけていたのです。

偏差値が良くない高校でありながら”自身”の「才能」を見つけ出し”開花”させ始めた高校時代を
終えると大学には「進学して」地元の五島列島を離れ、本州にある長崎県長崎市の”長崎大学”に
ご入学をされ「環境科学部」で学ぶ事となりました。

ご存じの通り、この大学は”九州地区”でもかなりの「学部」が設置されている有名大学として
知られており、経済~医療に至るまで様々な分野で活躍する卵たち(生徒)を発掘している”名門
大学”として全国でも有名ですよね!

その中で永尾亜子アナは”環境科学部”を専攻され今、世界でも注目が高い環境エネルギー”風力”
“太陽光”などの研究に携わり、ご自身の”出身地”でもある五島列島で研究が進められている
「海洋上風力発電」にも関わりたい思いで、この学部を専攻されたのです。

なので、この時点では”才能”が開花し始めた「アナウンサー」の”方向性”は一度「休止」した
模様です。

大学時代も”部活系”のサークルには入らずに”アカペラ・サークル”に所属していたとか?

なので、たまに行われる”イベント”などに参加し「練習の成果」を発揮していたご様子!

多分この時の練習により、後に輝きを見せる「喉(声)」が鍛え上げられたと思われます。

大学三年生になると、大学内でも一番盛り上がる恒例のイベント”長崎大学ミス・コンテスト”に
“エントリー”されました。



引用元【ツイッター(長崎大学ミスコン2014 )】

しかし、残念ながら”グランプリ”や”各賞”を逃してしまいます。

ただ、”大きな舞台”に出場し堂々と「自己アピール」できたことは”人前”に出る「緊張感や
不安感」などの”貴重な経験”を味わったことでしょう!

それ以降は「環境学」から離れ、”アナウンサー”を目指して「本格的な活動期間」へと入って
行きます。

そのため、大学の”夏休み期間”にテレビ朝日が行っている”アナウンサー・リポーター”向けの
教育事業「テレビ朝日アスク」のスクールに通い、三日間に渡って”集中講座”を受講されたとの
ことです。

【実は!】”長崎市”には専門の「アナウンススクール」など無かったらしく、そのため同社の
スクールに通い”短期間”でアナウンサーとしての「基礎・基本」のみを学んで、後は”独学”で
アナウンサーの練習に励んでいた模様です。

…とは言っても、元から(中・高校時代)アナウンサーとしての”素質”は持っており、そのための
“手段”や”練習方法”は十分に「熟知」されていたことでしょうから”真面目”に取り組めば”地方
アナ”レベルくらいには容易になれたことでしょう!

後にご自身の口からも「キー局のアナウンサー試験に合格する自信はあった!」等と述べて
おりますので、それを”物語って”おりますよね!

その後、大学を終えた2016年4月から”フジテレビ社”に入社され”本格的”に女子アナとして
メディアに登場し始めて行きます。

ちなみに、同社入社の”同期”には「上中勇樹氏、藤井弘輝氏、鈴木唯さん、堤礼実さん」たちが
居るそうです。



引用元【インスタグラム(reimi_tsutsumi1123)】

この時代は相当数の”新人”を獲得しており”アナウンサーブーム”であったことが良く分かります。

その後、同年9月からフジテレビ系列の朝の冠番組”めざましテレビ”への出演が決まり、当時
“お天気コーナー”を担当していたタレントの「阿部華也子」さんの代役として登場し、”世間”に
フジテレビ社の「女子アナ」であることが少しずつ理解され出します。

すると、その時の”仕事ぶり”が評価されバラエティー番組の”司会”や情報番組への”出演”、
フジテレビ局でも”メジャー級”の番組への”代役出演”などを行いながら、確実に”キャリア”を
積んで行きます。

記憶に新しいところでは、2018年に同社”女性アナウンサー”のみで結成された”お台場
ワンガン娘’18”に参加して「メインボーカル」を務めておりましたね!



引用元【サイト(YouTube)】

その後も、”先輩女子アナ”の「背中」を負いながら着実に「人気女子アナ」の道を歩みながら
今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 永尾亜子アナの実家と姉がヤバい!

永尾亜子アナのご実家は、長崎県でも最南端の”五島列島”である「南松浦郡新上五島町」ですが
その島で「写真館」を営んでいる(いた)そうです。





そのため、永尾亜子アナは幼い頃から”カメラ”や”ファイル”に触れる機会が多くあったらしく
なので、”遊び場”も「撮影スタジオ」が多かった可能性がありますね?

“撮影スタジオ”には「精密機器」が多く並んでいたと思われることから”両親”に沢山、叱られて
いたのではないでしょうか?(笑;)

話では、かなり「活発な少女」であった!とのことなので・・・?

ちなみに、この写真館は名前の”苗字”に合わせて「永尾スタジオ」と呼ばれているらしく、周辺
地域から親しまれている写真館とのことです。

“苗字”を「店名」にしているところを見ると、かなり”歴史のあるお店”の可能性がありますね!

その影響もあってか?永尾亜子アナは今でも”バードウォッチング”を好んでいるそうで、歩く
機会があれば必ず空を見上げて、”珍しい鳥”が居ないか?探しているとのこと。

以前、”プロフィール・インタビュー”を受けた際に、自身で撮影した”鳥の写真”も一緒に
Webページに掲載されておりましたが、相当な”腕前”であることが分かる見事!な”写真”を
ご紹介されておりましたね!

“大自然”に囲まれた綺麗な”列島”で育ったことで、美しいものを探す”観察力”は誰よりも優れ
幼い頃から”磨かれて”いたのでしょう!

また”年齢差”は分かりませんが、永尾亜子アナには一人姉が居るそうです。

そのお姉さんは【なんと!】同じフジテレビ社員であるらしく、つまり”姉”の方が会社では
“部署”は違えど「先輩」に当たるのです。

ただ、その事がネットで広がると以前、永尾亜子アナがフジテレビ社に入れたのは姉の”コネ”の
お陰ではないか!等と”噂”を呼んだことがありました。

しかし、現在の”実力”を見てもお分かりの通り”アナウンサー”として立派なご活躍をされており
別に”コネ”がなくても”実力”で「入社」できたことが分かり出した途端、誰もその事に触れる
“ネット住民”が居なくなり、程好く?その”噂”に触れる者は居なくなりました。

・・・とは言っても、その”姉”がフジテレビ社員では?と”噂”された要因は、フジテレビ系列で
放送された”報道番組”で「永尾」の苗字の”女性記者”が居たことから”噂”されたもので、なので
今でも”正確”なところは分かっておりません。

そもそも二人”姉妹”の情報、特に”姉”の情報は元から薄かったので・・・!


スポンサードリンク


◇ 永尾亜子アナはスッピン美人?

永尾亜子アナは以前、”女性向けニュースサイト”として有名な「モデルプレス」が連載した
「女子アナの”素”っぴん」企画に参加したことがり、自らの”スッピン”を思う存分披露して
注目を浴びておりました。





しかも隠すことなく自らの”メイク術”を披露して、同じようなメイクで悩んでいる”世の女性”へ
“アドバイス的要素”を含めてご紹介されているようです。

特に、自身を”ズボラな性格”であること暴露?して、その部分を直すのではなく”アイデア”で
それを”カバー”するための「発想」なども紹介されているようです。

また、元から”肌”は「傷まないタイプ」ではあるらしいのですが、さらに”肌”にダメージを
与えないためにも”ベースメイク”は「薄目」にしているのだとか。

さらに、普段”オフ”の時には全くメイクをしないで「スッピン」で居るらしく、友達で一緒に
過ごす際も”平気”でスッピンで居るらしく、日頃から「必要最低限」のみの”メイク”を心がけて
いるそうです。

現在はどの世帯も”一般テレビ”は「デジタル化」されたので”映る側”のメイクに対する考え方が
以前に比べ恐ろしいほど「重要視」されており、男性タレントですら”気を遣う”ほどです!

その中で、毎日の様に”メディア”に登場している「女子アナ」であれば、なお更メイクに対する
“拘り”が凄いらしく一番良いのは、やはり”スッピンに近い状態”でも問題がないことの様です。

なので、永尾亜子アナの様に常に”薄い化粧”で「こと」が済むのなら、それに越したことがなく
“スッピン美人”と呼ばれている”所以”の一つの「要素」なのでしょう!


スポンサードリンク


◇ 永尾亜子アナのプロフィール

本名
永尾 亜子
読み
ながお あこ
生年月日
1993年12月7日
仕事
女子アナウンサー
出身地
長崎県
所属事務所
フジテレビ
血液型
AB型