NTTレゾナント社が運営する”安心・安全のポータルサイト”として有名な検索大手「Goo」の
“編集部”が行った”アンケート調査”によると、2019年度の”美人アナウンサーランキング”で
栄えある第一位に輝いたのは”ミクティ~”でお馴染みのフリーアナウンサー「夏目三久」さんとの
結果が表明されたそうです、

夏目三久さん”35歳”にして「令和元年」の”美人アナウンサー”に輝いたご様子!

そんな”美人アナウンサー!”「夏目三久」さんとはどんな女性か?注目して見ました。



引用元【インスタグラム(huedaytoevening)】

テレビをつけると毎日”一度”は目にする女性アナウンサーですが、近年では”アイドル化”の
影響も?あって”ルックス”も採用の「重要素」となってきました。

さらに”ルックス”が良くなったことで世代を通して”人気量”も昔と比較にならないほど大きくなり、
“フリー”に転向する「男女アナウンサー」も急激に増えております。

なので、今回行われた”美人アナウンサー”調査でも「上位を占めた女性たち」二人は”フリー”の
女子アナウンサーで、以下の結果となったそうです↓↓↓

1位 夏目三久さん(フリー)
2位 田中みな実(フリー)
3位 水卜麻美(日本テレビ)

※ 引用元【サイト(gooランキング編集部)】


夏目三久さんと言えば”何物にも動じないポーカーフェース”として「MC」のイメージが強く、
以前テレビ系列で放送で放送されていたトークバラエティー番組”マツコ&有吉の怒り新党”では
“キャラが濃い”お笑いタレントの「有吉弘行」氏とタレントの「マツコ・デラックス」氏の
毎回”毒舌が狩ったトーク”にも屈せずに、怯むことなく”タンタン”と番組を進行するスタイルが
お茶の間からウケおりましたね!

その”スタイル”が番組への「大きな貢献」を果たすと同時に、ご自身のキャラ(ルックス・髪型・
衣装・トーク)を思う存分披露し、その当時から”美人アナ”の一人として全国区でご活躍されて
おりましたよね♪

ようやくそれが”実って?”この度、堂々の「美人アナ第一位」に輝いた模様です!

第二位の「田中みな実(フリーアナウンサー)」も、最近では”写真集”のリリースなどを行い
以前と変わらず”男性ファン”を「虜」にして話題を呼んではいたものの、過剰すぎる”ぶりっ子
キャラ”は今でもご健在で女性ファンからは”気嫌い”されているために、そちらの票を「取り
溢した!」と思われます。

第三位の日本テレビ女子アナの”エース”「水卜麻美」アナも中々のご健闘ぶりを見せ、”安定した
人気!”を博していることは証明されたものの長らく”人気女子アナ”に君臨したためか?「需要の
減少」あるいは「世代交代」が進んでいる可能性があるように思えます。

“ルックス”の人気で女性フリーアナウンサーが増え始めた戦国時代において、堂々の”美人アナ”
「第一位」を獲得した夏目三久さんにスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 有吉結婚誤報問題?
・ フリー転向理由?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 夏目三久アナの中高大学は?

夏目三久アナは1984年8月6日生まれの35歳(2019年)で、ご出身は「大阪府箕面市」です。

ご出身の”大阪府箕面市”にあるご自宅で、ご両親と姉と弟の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、夏目三久アナも(大阪府箕面市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の大阪府箕面市にある”聖母被昇天学院小学校”にご入学されたと
判明しております(現在はアサンプション国際小学校)。

この学校は、その名の通り”カトリック系”の学校であるため、地元でも有数の”お嬢様校”として
名を馳せ、主に「お金持ちが通う学校」として有名であるようです。

また、学校の特徴として小学校から高校まで”系列の学校”であるため”小中高一貫”の学校であり、
小学校にさえ入学できれば”内部審査のみ”で高校迄”エスカレーター式”で進級(進学)することが
可能な学校です。

ご家族は”ご両親”と”姉と弟”がいて、ご本人は”二番目”の「次女」として生まれ育ったご様子!

亡くなった”祖父”が、かなり凄いお方であるらしく一代で”運送業”を営み”大盛況”を収めて後
“他界”された、地元でも「有名な人物」であったらしいです。

さらに”父親”も「IT系&人材派遣業」を営み、現在はWEB監視会社”イー・ガーディアン”の
「会長」を務めているそうです。

つまり”両名共に”個人で会社を”創設”し「大成功を収めた人物!」との事なので、もちろん大阪に
ある”ご実家”は「豪邸」であることは容易に想像がつくと思います。

ちなみに、夏目三久アナさんの名前に”三”をつけたのは、「祖父&父親」の名前にも”三”があり、
それを”引継ぐ”ためにつけられたのだとか?

“裕福”な家庭で育ったものの幼い頃に”両親”が「離婚」したそうです。

なので、正確には分かりませんが夏目姉弟は”祖母”によって育てられた可能性があります。

幼い頃から”習い事”に通っていたらしく「英会話・バレエ・能」などの”レッスン”を受けて
いたのだとか?

ただ、”性格的”に「人見知り」が激しく、中々”友達”が出来なかった!とのことです。

小学時代は”カトリック系”の学校であったことで”しつけ”に厳しく、あまり”賑やかな”クラスでは
なかった為に、一人で”国語”の「朗読」をすることを好んでいたのだとか?

すると”朗読”が得意となり、しょうっちゅう家族の前で国語の教科書を取り出し”朗読”を行い始め
“自慢”していたようです。

またスポーツの中では”サッカー”が大好きで、ちょうど地元を”拠点”として活躍していた”ガンバ
大阪”の存在があったことで、チームの”ファンクラブ”に加入していたとのこと。

後に女子アナとなるのですが、その当時から漠然と”アナウンサー”になることを夢見ていたらしく
クラスの文集には、将来の”夢異”を「アナウンサー」と書き記していたのだとか?

“お金持ち”の家に授かった小学時代を終えると、中学校は系列校の”アサンプション国際中学校”
ではなく、何故か?京都府京都市にある”同志社女子中学校・高等学校”にご入学されました。

この学校も”中学・高等学校”とは”系列校”であるため「中高一貫校」であり、中学校にさえ
入学できれば高校までは”内部審査のみ”で「エスカレーター式」で”進級(進学)”することが
可能な学校です。

なぜ元”一貫校”の「アサンプション国際学校」からこちらの中学に変わったのか?詳しいことは
分かりませんが、もしかするとご両親の「離婚」が影響している可能性もあるのかも?です。

中学時代は”新体操部”に入部していたらしく、今の”お姿”からは想像もつきませんが部活内では
「主力選手」としてご活躍されていたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

【しかも!】団体戦では地元”府大会”で第三位に入り、さらに個人戦(ボール)でも”上位”に入る
「活躍ぶり」を見せていたのだとか!

なので、クラスでも”人気”が高く”信頼”も強かったことから、「リーダー的存在」として学校の
イベントなどでも”先頭”に立ち、クラスをまとめ上げていたそうです。

“人望”を集めた中学時代を終えると、高校も系列校の”同志社女子高校”に「内部審査」のみで
“エスカレーター式”でご入学されました。

今や毎日放送されるようになった!と言っても過言ではない「クイズ番組」の人気影響もあって
“抜群”に知名度を誇るようになった京都府の”同志社大学院”ですが、その”系列校”の「一校」が
この”同志社女子高等学校”でもあります。

なので、その”優位性?”を利用して毎年、この女子高から同志社大学に進学する女子生徒が多く
いるのだとか!

夏目三久アナは高校時代も中学同様「新体操部」を続けております。

高校一年生の時に、海外にも”視野”を広めるためか?数日間”アメリカ”の「シアトル」に出向き
“ホームスティ”をご経験されたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

高校時代は、”サッカー”から鞍替え?して「野球」のファンであったらしく、特に地元大阪出身で
“阪神タイガース”でご活躍されていた「久保康友」投手が大好きであったとか。

現在は”海外球団”でご活躍されておりますよね!

ちなみに、あまりにも”大ファン”であったことから直接「ファンレター」を送っていたのだとか!

後に”国民”から親しまれる”美人アナ”と成長する事となる「夏目三久」アナから直々の”ファン
レター”であったことから当時、久保康友投手は”大チャンス”を逃してしまったのでは・・・?

「文武両道」を熟しながら”真面目”な高校生活を送っていた三年生の時、”短期”アメリカ留学の
経験が生かされたのか?高校生”英語スピーチコンテスト”に参加し【なんと!】「最優秀賞」を
受賞されたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“英語”が堪能になったことで、さらに以前からの”夢で”あった「女子アナ」に近づいて行きます。

その後、高校の”ご卒業”時期を迎え”大学進学”を考えますが、以前から「都会のキャンパス」に
興味を抱いていたらしく、大学は地元(京都)を離れ”上昇”することを選択されます。

すると高校時代を終えて大学は、東京都府中市にある”東京外国語大学”の「外国語学部」に
ご入学されました(現在は”言語文化学部”)。

大学時代は、中学からご活躍されていた”新体操部”ではなく「スペイン舞踏部」に入部し、
“魂のダンス”「フラメンコ」に慢心されていたご様子!

その”熱中ぶり”は相当なもので、部活内でも「副部長」を務めるほどであったのだとか!

【さらに!】その勢いは止まることが無く”全国学生フラメンコ連盟”にも所属されたご様子。

また、外国語の中でも”ベトナム語”を専攻されたようで大学生活は【まさに!】外国の雰囲気に
包まれた”毎日”を送っていた模様です。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

大学二年生頃からは”社会勉強”のためか?”アルバイト”を始めたらしく、大学ご卒業までの
“約二年間”、お好み焼き屋店「花いちもんめ」にお世話になっていたそうです。

さすが”大阪生まれ大阪育ち”の「生粋の大阪人」て感じでしょうか?



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

さらに学年は分かりませんが、”モデル”のアルバイトも熟していたそうで、バイトの”時間”が
多かったことで、”合コン”などに参加する機会がなかったそうです。

また、”外国語”を勉強する中で”母国語”である「日本語の大切さ」に気づく様になって行き、
“幼い頃”からの「夢」でもあった、言葉に精通する職業の”アナウンサー”になりたい!と
「現実的に思う」ようになったそうです。

そのため、業界関係者間では”アナウンサー養成学校”として有名なテレビ朝日が運営している
“テレビ朝日アスク”に入校していたのだとか。

この時の”同期生”には、後に”大活躍”される女子アナがたくさん居たそうで、フリー女子アナの
「大島由香里」さん「小川彩佳」さん、テレビ東京所属の「須黒清華」さん等と勉強をされていた
ご様子!

そして2007年に大学をご卒業され、内定していた”日本テレビ社”に入社されました。

入社後は淡々とアナウンサー”研修”に慢心し、同年7月から同局の”あすの天気”に出演し、自身
初の「アナウンサー」デビューを飾り、準レギュラー(不定期)での出演を熟します。

また、同年10月からスタートした”お昼”の日本テレビ冠番組”おもいッきりイイ!!テレビ”に
抜擢されました。

お昼の情報番組出演で”主婦層”から知名度が広がり”人気”が出始めた頃、子供達から”大人気”の
「それいけ!アンパンマン」の2008年度の映画版”妖精リンリンのひみつ”で”声優”に抜擢され、
自身初の”声優”での「映画デビュー」を飾りました。

2009年には、民放放送では”初”となる同社アナウンサーが一同に集結して結成された男女混合
ユニット”ベアーズ”に参加し、”女子アナ”だけではなく「歌手活動」も盛んに行うようになります。



引用元【ブログ(女性アナウンサー大図鑑)】

しかし、日本テレビ”三年目”の2009年7月に写真週刊誌でお馴染み”FLASH”から、当時
“交際”していたと言う男性との「スキャンダル報道」が伝えられ、一挙に人気が低迷し始めます。

また”社内”でも「陰湿な嫌がらせ」や「言葉のイジメ」などを受けるようになり、”長く”務めた
会社であったので”耐え忍んで”いたようですが「精神的」に参ってしまい、”退職”することを
決断されました。

そして、2011年1月いっぱいを持って”日本テレビ”から退社し、その後「フリー」に転向して
第二の「アナウンサー人生」をスタートさせます。

すると、”社員”アナウンサー時代にはあまり”ご縁”が無かった”テレビ朝日”が、同年4月から
放送スタート予定であったトークバラエティー番組”マツコ&有吉の怒り新党”から”声”が掛り、
自身初の「他局」への”出演”を果たしました。

すると、自身の”スキャンダルネタ”や共演者のお笑いタレント「有吉弘行」氏、タレント「マツコ
デラックス」氏からの”毒舌”や”絡み”が話題を呼び、一挙に”人気”を回復させます。

その勢いのまま、2012年4月からは自身の冠ラジオ番組”夏目三久 Tokyo~ナビゲッチュ~”を
担当して、自身初の「ラジオデビュー」を飾りました

「不人気は嘘だった?」かのように”爆発的”に人気が”上昇”する中で、2013年に”古巣”である
日本テレビ系列で放送されていた情報番組”真相報道 バンキシャ!”の「MC」を務めていた
「鈴江奈々」アナが”産休”に入ったことで「降板」し、その代わりとして同番組の”MC”に抜擢され、
“古巣”でのテレビ出演までも「復活」させました。

最近では”コーヒー”のCMとしてお馴染みの”サントリー社”「BOSS」に出演し、自身初の
「CMデビュー」を飾りました



引用元【サイト(YouTube)】

その後は”ご存じ”の通りの「ご活躍ぶり」を見せ、今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 夏目三久アナの有吉結婚誤報問題?

2009年の”スキャンダル放送”から”劇的”に復活を見せた夏目三久アナですが、その”立番組”と
なったのが、今ではスッカリトークバラエティー番組で有名となったテレビ系列で放送されている
“マツコ&有吉の怒り新党”ですよね。





しかし、その”マツコ&有吉の怒り新党”に出演したが故に、共演したお笑いタレントの「有吉
弘行」氏と”良からぬ噂”が浮上したことがありました。

それが”有吉弘行”氏との「結婚誤報道問題」です(笑;)

その一方が伝えられたのは2016年の【まさに!】夏目三久アナが「人気絶頂期」に、スポーツ
新聞社でお馴染み「日刊スポーツ」から”熱愛報道”がされたものです。

しかも、既に「妊娠している!」とまで報じられておりました。



引用元【ツイッター(Endia@NEWSマガジン )】

その後、”熱愛妊娠説”が拡散するか?と思いきや、意外に世間は”冷ややかな目”で見ていたらしく
大きな”話題”で取り上げられることなく【しかも!】各社の”芸能番組”でも「ネタ」にされず、
かなりの”割合”で「信憑性が薄い」ことが明らかとなって行ったのです。

・・・と言うのも、元から二人が知り立った番組”マツコ&有吉の怒り新党”での共演シーンを
見ていると”仲の良さ!”は伝わりますが「交際相手」とは思えぬ雰囲気を醸し出しておりました。

さらに、夏目三久アナの”過去のスキャンダル”から見ると「比較に値しない」くだらないネタ!と
誰もが思っていたことでしょう!

なので、この”情報”に対しては「他のメディア」も飛びつかず、世間の目は”冷ややか”で、一報を
放った当事者(日刊スポーツ)だけが”題材的”に自社の新聞でスクープネタで取り沙汰したりする
以外は、大きな話題に登ることは無かったのです。

【しかも!】報じられた当事者の”有吉弘行”氏はご自身の公式SNS(ツイッター)で、以下のように
“ツイート”されました↓↓↓



引用元【ツイッター(有吉弘行 )】

つまり「騙された気分」でいることを”ファン”に伝えていたのです。

その後、両名の”所属事務所”も「完全否定」の立場を表明し、夏目さんサイドでは”法的措置も
検討する”等と、強気のコメントすら明らかにされました。

それを受けて”日刊スポーツ”側も黙ってはおらず、さらに追い打ちをかけるように「両名年内に
結婚へ!」等と”ダメ押し”を行いました。

そのため、この”熱愛情報”は「泥沼に陥る!」と誰もが思っていた同年の11月に突如!”日刊
スポーツ”側が一連の報道内容は誤りであった!と伝えたのです。

日刊スポーツ側が、この”報道”を再度「精査」したところ『誤報』であることが判明したらしく
“謝罪”の言葉として「特に妊娠という女性にとって重大な事柄については、ご本人に確認して
おらず事実に反していました」とコメントを発表したのです。

これによって「熱愛&妊娠」報道は全て”デマ”であることが確定し、世間を大きく”ザワつかせる”
こともなく、”穏便”に「こと」が終息して行ったのです。


スポンサードリンク


◇ 夏目三久アナのフリー転向の理由?

夏目三久アナは2007年に大学(東京外国語大学)をご卒業され、念願でもあった”日本テレビ社”に入社されました。

その後、同局では”押しも押されぬ”「人気女子アナ」に成長し”若手No1”のアナウンサーとして
誰もが将来を期待しておりました。

【ところが!】2009年に芸能週刊誌でお馴染み”フライデー”から「熱愛疑惑」が報じられ、
一挙に”人気”が低迷し「奈落の底」に陥りました。

その”熱愛相手”と言うのが、”芸能関係者”ではない一般の老舗アパレルメーカー”三陽商会”の
「御曹司」と呼ばれていた男性であったのです。

初期の”熱愛理由”としては、チョクチョク”御曹司”が運転する「高級車」で”デート”を重ねて
いたらしく、その”姿”が同誌のスタッフから”目撃”されていたらしいのです。



引用元【サイト(i-article)】

お相手は”一般人”とのことなので”御曹司”程度にしか情報が伝えられず、そのため”疑惑”の
「矛先」は全て夏目三久アナに向けられる事となります。

ただ、この程度の”スキャンダル・ネタ”なら近年の”女子アナ”であればそれ程”珍しい”事ではなく
“スルー”されるのが一般でしたが・・・その”後”が悪かった・・・!

【実は!】この報道が報じられた際に、”追記”の写真として【なんと!】その男性とベットで
“添い寝”している写真や、使用したであろうコ〇ド〇ム(避妊具)との「一緒の写真」が流出して
しまったのです。



引用元【サイト(i-article)】

さすがに”避妊具”との「ツーショット写真?」は、”御曹司”との写真よりも”インパクト”が
強すぎたらしく、それまでのファンたちの間を”ザワつかせ”ました。

そこからは【まさに!】”地獄”の始まりで、世間一般からは「冷ややかな目」で視られ、根強い
ファンたちも離れだし、一番ご自身にダメージとなったのが、同社社員からの”イジメ”です。

会社に出勤すると、スキャンダルが載った”週刊誌”がデスクの上に置かれていたり、”陰湿”な
嫌がらせを受けたり、言葉による”暴力”も経験されたそうです。

そのため”精神的”に参ってしまい、長らく務めた”日本テレビ”を退社する事と決めたそうです。

その後2011年2月から”フリーアナウンサー”に「転向」し人気バラエティー番組に抜擢された
お陰もあって見事!テレビ界に「復活」をされました。

後に分かったのですが、その問題を引き起こしたお相手の”御曹司”とは「熱愛報道」後も
しばらくは”交際”を続けていたそうですが、”人気復活”の「兆し」が見えた?ことから「破局」を
したそうです。

なので、たぶん?フリーになってからも”人気低迷”が続いていたのなら、この”御曹司”と結婚を
果たして、芸能界を退いて「順風満帆」な生活を送っていたのでは!ないでしょうか?


スポンサードリンク


◇ 夏目三久アナのプロフィール

本名
夏目 三久
読み
なつめ みく
生年月日
1984年8月6日
仕事
フリーアナウンサー
出身地
大阪府箕面市
所属事務所
田辺エージェンシー
血液型
O型