NTTレゾナント社が運営する”安心・安全のポータルサイト”として有名な検索大手「Goo」の編集部が行ったアンケート調査によると、2019年度の「美人アナウンサーランキング」で栄えある第一位に輝いたのが、”ミクティ~”の愛称で親しまれているフリーアナウンサーの「夏目三久」さんであることが明らかとなりました。

夏目三久さん”35歳”にして、”令和元年”を飾る「美人アナウンサー」に輝いたご様子です。

夏目三久さんといえば、一時はテレビ朝日を代表する人気女子アナとして君臨されておりましたが、ご自身に湧いた”不祥事”によって奈落の底へと突き落とされ、一時はメディアから姿を消した女子アナとして有名でした。

そこから、同社の人気バラエティー番組への”MC起用”により「見事に!復帰されて」今では以前以上の人気を誇る、人気フリーアナウンサーとして返り咲きました。

その気にある女子アナ復帰された”美人アナウンサー”の「夏目三久」さんについて紐解いて行きます。



引用元【インスタグラム(huedaytoevening)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ 2019美人アナ?
・ 有吉結婚誤報とは?
・ フリー転校理由とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 2019美人アナ?


今では、スッカリ!テレビを付ける度に、一度は目にする!人気美人アナウンサーとして”返り咲いた”夏目三久アナですが、近年では女子アナの「アイドル化の影響」もあり!話すベテランであるはずのアナウンサー職でありながら、女子アナの場合!それ以上に”ルックス”も大きな「採用事項」となった各社のテレビ局です。

【さらに!】「ルックス重視」となった各社のテレビ局ですが、その分!若い世代からの”人気量”も昔とは比較にならないほどの激しさを増しており!一社に留まらずに「フリーに転向されて」メディアに多く出演するために、男女問わずにフリーアナウンサーへの”転校率”も高くなっているご様子です。

なので、今回行われた”美人アナウンサー調査”でも、”上位”を占めた女子アナの中には「二人の女性フリーアナウンサー」がランクインされており、調査の結果は以下の通りです↓↓↓

1位 夏目三久さん(フリー)
2位 田中みな実(フリー)
3位 水卜麻美(日本テレビ)

※ 引用元【サイト(gooランキング編集部)】


夏目三久アナと言えば、今になって見れば「何物にも動じないポーカーフェース」として”MC”のイメージが強く、その「頑固なイメージ」をもたらしたのが!テレビ朝日系列で放送されているトークバラエティー番組「マツコ&有吉の怒り新党」への出演であることは、皆さんご周知の通りです。

“キャラ”が非常に濃い(際立っている)お笑いタレントの「有吉弘行」氏と「マツコ・デラックス」氏の二人による「毒舌トーク」にも屈しない”美人MC”として、毎回番組進行を滞りなく熟し!、その”スタイル”が多くのお茶の間から支持されて一挙に!人気を集めました。

その「独特なスタイル」が番組人気へ大きく貢献を果し【さらに!】ご自身の個性(ルックス・髪型・衣装・トーク)を思う存分披露されて、唯一無二の!「美人フリー女子アナウンサー」として、、多くのフリーアナウンサーの代表格(お手本)として、ご活躍されていたことは言うまでもありません。

ようやく、それが世間の評価につながり、この度!堂々の「美人アナ第一位」に輝いた模様です、

“第二位”の「田中みな実フリーアナウンサー」も、最近では”写真集”のリリースなどで大いに世間を賑わかし!以前から定評のあった”ルックス”と”スタイル”を生かして「男性ファンたちを虜にされて」大きな話題を呼んでいます。

但し、夏目三久アナと「大きく異なっているポイント」として!過剰すぎる”ぶりっ子キャラ”が、今でも”ご健在”であるため、ネットでは「あざとい女子」として有名になってしまったことから、女子アナに”必須”の「清純派のイメージ」が崩れていることから、一部の”アンチ”や鼻についた”女性たち”から「マイナス要因」をもたらして、取り溢した票があった模様です。

“第三位”の日本テレビを代表する女子アナのエース「水卜麻美」アナも、中々のご健闘ぶりを見せて「安定した人気が今も続いている」ことを証明したモノの!やはり長らく”人気女子アナ”として君臨していたことから、それが大きな要因につながり「需要の減少が見られた」あるいは「世代交代が進んでいる」ことから、”獲得票”にはつながらなかった模様です。

“ルックス重視”で人気集めの女性アナウンサーの”フリー化”によって「女子アナの戦国時代に突入した」今般において、堂々の!「美人アナウンサー第一位」を獲得された夏目三久アナだけに!今後のご活躍が期待されるところです。


スポンサードリンク


◇ 小中高校


夏目三久アナは1984年8月6日生まれの35歳(2019年)で、ご出身は「大阪府箕面市」です。

ご出身の”大阪府箕面市”にあるご自宅で、ご両親と姉と弟の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、夏目三久アナも(大阪府箕面市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の大阪府箕面市にある”聖母被昇天学院小学校”にご入学されたと判明しております(現在はアサンプション国際小学校)

この学校は、その名の通り”カトリック系”の学校であるため、地元でも有数の”お嬢様校”として名を馳せ、主に「お金持ちが通う学校」として有名であるようです。

また、学校の特徴として小学校から高校まで”系列の学校”であるため”小中高一貫”の学校であり、小学校にさえ入学できれば”内部審査のみ”で高校迄”エスカレーター式”で進級(進学)することが可能な学校です。

ご家族は”ご両親”と”姉と弟”がいて、ご本人は”二番目”の「次女」として生まれ育ったご様子です。

亡くなった”祖父”が、かなり凄いお方であるらしく一代で”運送業”を営み”大盛況”を収めて後”他界”された、地元でも「有名な人物」であったらしいです。

【さらに!】”父親”も「IT系&人材派遣業」を営み、現在はWEB監視会社”イー・ガーディアン”の”会長”を務めているそうです。

つまり、両名共に個人で会社を創設されて「大成功を収めた人物」とのことなので、もちろん大阪にある「ご実家は豪邸である」ことが、容易に想像がつくと思います。

ちなみに、夏目三久アナさんの名前に”三”をつけたのは、祖父と父親の名前にも”三”があり!それを引継ぐためにつけられたようです。

裕福な家庭で育ったモノの、幼い頃に両親は「離婚」をされております。

なので、正確には分かりませんが夏目姉弟は”祖母”によって育てられた可能性があります。

幼い頃から”習い事”に通っていたらしく「英会話・バレエ・能」などのレッスンを受けておりました。

但し、性格的に「人見知りが激しい少女」であり!中々”友達”が出来なかった模様です。

また、小学時代は”カトリック系”の学校であったことで「極度に”しつけ”が厳しく」あまり賑やかなクラスではなかったことから、一人で「国語の朗読を好む少女」であったようです。

【すると!】いつのまにか”朗読”が得意となり!しょうっちゅう家族の前で国語の教科書を取り出しては”朗読”を始めて、自慢されていたそうです。

また、スポーツの中では”サッカー”を好んでおり、ちょうど地元を拠点として活動していた「ガンバ大阪が地元のチーム」であることを知り!”ファンクラブ”に加入して応援していたようです。

後に女子アナとなるのですが、その当時から漠然と”アナウンサー”になることを夢見ていたらしく、クラスの文集にも「将来の夢はアナウンサー」と書き残していたのです。

”お金持ち”の家に授かった小学時代を終えると、中学校は系列校の”アサンプション国際中学校”ではなく、何故か!京都府京都市にある”同志社女子中学校・高等学校”にご入学されました。

この学校も”中学・高等学校”とは系列校であるため、”中高一貫校”であり!中学校にさえ入学できれば、高校までは”内部審査のみ”で「エスカレーター式」に進級(進学)することが可能な学校です。

なぜ、以前の系列校である”アサンプション国際学校”に進級(進学)されずに、こちらの中学に変更されたのか?までの詳細は分かっておりませんが、もしかすると!「ご両親の離婚」が大きな影響を与えた可能性が否めません。

中学時代には、”新体操部”に入部していたらしく!今の”お姿(スタイル)”からは想像もつきませんが、部活内では「主力選手としてご活躍されていた」そうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

【しかも!】団体戦では地元”府大会”で第三位に入り【さらに!】個人戦(ボール)でも”上位”に入る活躍ぶりを見せていたようです。

なので、クラスでも人気が高く!信頼も強かったことから「リーダー的存在」として、学校のイベントなどでは「先頭に立ちクラスをまとめていた」とのことです。

”人望”を集めた中学時代を終えると、高校も系列校の”同志社女子高校”に内部審査のみで”エスカレーター式”でご入学されました。

今や、日本のテレビ業界では毎日放送されるようになった!と言っても過言ではない「クイズ番組」の人気影響もあり、抜群に知名度を誇る「京都府の同志社大学院」ですが、その系列校の”一校”が!
この”同志社女子高等学校”なのです。

なので、その”優位性”を利用して!毎年この女子高から同志社大学に進学する女子生徒が多く居るようです。

夏目三久アナは高校時代も、中学時代と同様に部活は”新体操部”に入部されております。

高校一年生になると、”海外”に視野を広めるため数日間「アメリカのシアトル」に出向き、”ホームスティ”をしながら、勉強の拠点を海外に移した模様です。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

高校時代になると、好んでいた”サッカー”から鞍替えされて「野球ファン」になったらしく!地元の球団「阪神タイガース」を積極的に応援されて、特に球団の中でも「久保康友」投手が大好きであったとのことです。

久保康友選手といえば、以前は「海外の球団」でご活躍された”投手”です。

ちなみに、あまりにも大ファンであったことから!直接「ファンレター」を送っていたようです。

後に、世間から「美人アナとして親しまれる夏目三久アナ」ですが、久保康友選手からすると【まさか!】”人気女子アナ”になるとは想像もしておらず!その女性から「ファンレターが届いていた」とは、夢にも思っていなかったことでしょう。

“文芸両道”を熟しながら真面目な高校生活を送っていた三年生の時に、以前”ホームステイ”をされていた「短期アメリカ留学の経験」が生かされて「高校生 英語スピーチコンテスト」に参加されて【なんと!】「最優秀賞を受賞」されたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“英語”が堪能になったことで、以前からの「夢に描いていた女性アナウンサー」に近づいて行きます。

その後、高校の”ご卒業”時期を迎え”大学進学”を考えますが、以前から「都会のキャンパス」に興味を抱いていたらしく、大学は地元(京都)を離れ”上昇”することを選択されます。

【すると!】高校時代を終えて大学は、東京都府中市にある”東京外国語大学”の「外国語学部」に、ご入学されました(現在:言語文化学部)。

大学時代は、中学から活動されていた新体操を止めて、何故か!スペイン舞踏部に入部されており「魂のダンス”フラメンコ”」に挑戦されていたようです。

その”熱中ぶり”は相当なモノであったらしく!部活内でも”副部長”を務めるほどであったご様子です。

【さらに!】その勢いは止まることが無く!全国学生フラメンコ連盟にも所属されていたようです。

また、授業の”外国語”の中では「ベトナム語」を専攻されたようで、大学生活は【まさに!】「外国の雰囲気に包まれた環境」の中で、毎日を送っていた模様です。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

大学二年生頃からは、社会勉強の一貫であったのか?自身初となる”アルバイト”を経験されたそうで、大学ご卒業までの”約二年間”は「お好み焼き屋店の花いちもんめ」にお世話になっていたそうです。

“お好み焼き店”を選ぶあたりは【まさに!】”大阪生まれ大阪育ち”の「生粋の大阪人」と言えます。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

【さらに!】学年は定かでありませんが「モデルのアルバイト」も熟していたようで、バイトに時間を費やしていたことから、当時の「大学生特有の合コン」などには参加する機会がなかったそうです。

また、”外国語”を勉強する中で「母国語である日本語の大切さ」に気づく機会に恵まれて、幼い頃からの”夢”であった「言葉に精通する職業のアナウンサーになりたい」と、強く思うようになったようです。

そのため、当時の”アナウンサー養成学校”として有名であった!テレビ朝日が運営している「テレビ朝日アスク」に入校されて、アナウンサーの”いろは”を学んでおりました。

この時の”同期生”には、後に大活躍される女子アナがたくさん居たらしく!フリー女子アナの「大島由香里」さん「小川彩佳」さん、テレビ東京所属の「須黒清華」さん…等と一緒に、勉強をされていたようです。

そして2007年に大学をご卒業されて、内定を受けていた”日本テレビ社”に入社されました。

入社後は、淡々とアナウンサーの研修を熟しながら、同年7月からは同局の「あすの天気」に出演されて、自身初の「アナウンサーデビュー」を飾り、”準レギュラー(不定期)”に起用されます。

また、同年10月からスタートした!お昼の日本テレビ冠番組「おもいッきりイイ!!テレビ」に抜擢されました。

お昼の情報番組出演で、”主婦層”をメインに知名度を上げて!徐々に人気が出始めた2008年に、子供達から大人気のマンガ「それいけ!アンパンマン」の映画版「妖精リンリンのひみつ」にて、”声優”として招かれて!自身初の「声優デビュー」を飾ると共に「映画デビュー」も果たしました。

2009年には、民放放送では初となる!各局アナが一同に集結して結成された”男女混合ユニット”の「ベアーズ」に参加されて、女子アナだけではなく「歌手活動も盛んに行う」ようになります。



引用元【ブログ(女性アナウンサー大図鑑)】

しかし、日本テレビで”三年目”となる2009年7月に、芸能週刊誌でお馴染み「フライデー」から、当時!交際していたと言う男性との「スキャンダル報道」が伝えられ、一挙に人気が低迷し始めます。

また、社内でも「陰湿な嫌がらせ」や「言葉のイジメ」などを受けるようになり!長く務めた日本テレビでしたが「精神的に参ってしまい我慢の尾が切れた」らしく!「退職」に踏み切ります。

そして、2011年1月いっぱいを持って日本テレビから退社されて、その後”フリー”に転向して「第二のアナウンサー人生」をスタートさせます。

【すると!】もちろん、社員アナウンサー時代には「ご縁が無かったテレビ朝日」が、同年4月から放送スタート予定であったトークバラエティー番組「マツコ&有吉の怒り新党」からの招きを受けて!自身初となる「他局での出演」を果たします。

その後、自身の”スキャンダルネタ”や!共演者のお笑いタレント「有吉弘行」氏、タレント「マツコ
デラックス」氏からの「毒舌や絡み」が話題を呼び!、一挙に”人気”を回復させます。

その勢いのまま!2012年4月からは、自身の冠ラジオ番組となる「夏目三久 Tokyo~ナビゲッチュ~」を担当されて、自身初の「ラジオデビュー」を飾りました

「不人気は嘘だった」かの如く!爆発的な人気を集める中で、2013年に”古巣”である日本テレビから、最新の情報番組「真相報道 バンキシャ!」での”MC”を頼まれて、同番組を担当されていた「鈴江奈々」アナが”産休”に入ったことで「降板が決まっていた」ことにより!その代わりとして同番組に起用されて、”古巣”へのテレビ出演で「復活を飾った」のです。

最近では、”コーヒー”の企業CMでお馴染みの”サントリー社”の「BOSS」に出演されて、自身初の「CMデビュー」を飾り、幅広いご活躍ぶりを見せております。



引用元【サイト(YouTube)】


スポンサードリンク


◇ 有吉結婚誤報とは?


2009年の”スキャンダル報道”から「劇的な復活を遂げた」夏目三久アナですが、その”立て直し番組”となったのが、ご周知の通り!トークバラエティー番組「マツコ&有吉の怒り新党」です。


引用元【ツイッター(マツコ有吉の怒り新党BOT )】

しかし、その「マツコ&有吉の怒り新党」に出演されたが故に!共演された、お笑いタレントの「有吉弘行」氏との間に「良からぬ噂」が浮上する事となるのです。

その”噂”とは「有吉弘行氏との結婚誤報道問題」なのです。(笑;)

その”噂の一報”を伝えたのが、スポーツ新聞社でお馴染みの「日刊スポーツ」からで【まさか!】2016年の「夏目三久アナが人気絶頂期」の頃に”熱愛報道”を公にされたのです。

【しかも!】その報道によれば「既に妊娠している」との、ちょっと考え難い(疑いが多い)情報を流したのです。


引用元【ツイッター(Endia@NEWSマガジン )】

その後「熱愛妊娠説が拡散するか」と思いきや!意外に世間は「冷ややかな目」で見ていたらしく!大きな話題へとは発展せずに【しかも!】各社の”芸能番組”でも「ネタ扱い」されずに【かなり!】「信憑性が薄い」として、盛り上がる”形相”を失ってしまったのです。

・・・と言うのも!元から「二人が知り合った」テレビ番組の「マツコ&有吉の怒り新党」での”共演シーン”を見ていると!その”仲の良さ”は伝わっていましたが、誰もが「交際相手とは思えぬ雰囲気を醸し出していた」ことを理解していたので、二人の関係性は「知り合い程度と全国区で思われていた」からなのです。

【さらに!】夏目三久アナの「過去のスキャンダルの衝撃」と比較しても「くだらないネタ」であることは明らかで!「交際を信用する人」が少なかったのです。

なので、この情報に対しては”他のメディア”も取り上げずに、世間の目が「冷ややか」であったことを理解していた上で、”誤報”を告げた当事者(日刊スポーツ)だけが「火消しに追い込まれた」のです。

【しかも!】報じられた当事者の”有吉弘行”氏は、ご自身の公式SNS(ツイッター)で以下のようにツイートされておりました。↓↓↓


引用元【ツイッター(有吉弘行 )】

つまり「騙された気分でいること」を、堂々とファンに伝えていたのです。

その後、両名の所属事務所も「完全否定の立場」を表明され!夏目さんサイドでは「法的措置も検討する…など」と、”強気のコメント”すら!表明されていたのです。

それを受けて、当事者の「日刊スポーツ」側も黙ってはおらず【さらに!】追い打ちをかけるように「両名年内に結婚へ…など」と、”ダメ押し行為”に踏み切って「泥沼の様相」を見せたのです。

そのため、この”熱愛情報”に関しては誰もが「泥沼に陥る」と思っていた矢先の同年11月に、突如!日刊スポーツ側から「一連の報道内容は誤りであった」ことを発表されたのです。

日刊スポーツ側が、この”誤報”を再度精査したところ!誤りがあったことが判明したらしく、”謝罪の言葉”として伝えたのが「特に妊娠という女性にとって重大な事柄については、ご本人に確認しておらず事実に反していました」と、誤報のコメントを発表されたのです。

これによって「熱愛と妊娠報道は全てデマであった」ことが確定し!世間を大きくザワつかせることもなく「穏便に業界内だけで終息した」のです。


スポンサードリンク


◇ フリー転校理由とは?


夏目三久アナは2007年に大学(東京外国語大学)をご卒業され、念願でもあった”日本テレビ社”に入社されました。

その後、同局では”押しも押されぬ”「人気女子アナ」に成長し”若手No1”のアナウンサーとして誰もが将来を期待していたところです。

【ところが!】2009年に芸能週刊誌でお馴染み”フライデー”から「熱愛疑惑」が報じられ、一挙に”人気”が低迷し「奈落の底に陥り」ました。

その”熱愛相手”と言うのが、”芸能関係者”ではない一般の老舗アパレルメーカー”三陽商会”の「御曹司」と呼ばれていた男性なのです。

初期の”熱愛理由”としては、チョクチョク御曹司が運転する「高級車でデートを重ねていた」らしく、その姿が同誌のスタッフから目撃されていたのです。



引用元【サイト(i-article)】

お相手は、御曹司とは言え!”一般人”なので、詳細な情報は伝えられておらず!そのため「疑惑の矛先」は全て、夏目三久アナに向けられたのです。

ただ、この程度の”スキャンダルネタ”なら!近年の”女子アナたち”であれば、それほど珍しいスキャンダルではなく、通常は”スルー”されるのが一般なのですが、夏目三久アナの場合!”その後”の対応がマズかったのです。

【実は!】この報道が報じられた頃に、ネット界では【なんと!】その男性とベットで「添い寝をするショット」や、使用したであろう「コ〇ド〇ム(避妊具)を載せたショット」が、流出してしまったのです。



引用元【サイト(i-article)】

さすがに「避妊具とのツーショット」は、御曹司との”ツーショット”よりもインパクトが強烈で、それまでの”根強いファンたち”ですら!「引いてしまうザワつき」を見せたのです。

そこからは【まさに!】地獄の始まりで!世間一般からは”冷ややかな目”で視られたのは当然であり、根強いファンたちも離れ出して、一番!”味方”であるはずの「同社の社員からも嫌われる存在」へと変わり果てたのです。

なので、会社に出勤すると!”スキャンダル”が掲載された週刊誌が作業デスクの上に置かれていたり!陰湿な嫌がらせを受けたり!言葉による暴力を受けたり!と、まるで「学生のイジメ」のような経験をされていたのです。、

そのため、”精神的”に参ってしまい!長らく務めた日本テレビを「退社する事」と決めたそうです。

その後、2011年2月から”フリーアナウンサー”に転向されて!人気バラエティー番組への起用ががキッカケとなり、見事!テレビ界に「復活」をされました。

後に分かったのですが、その問題を引き起こしたお相手の”御曹司”とは、熱愛報道後も!しばらくは「交際を続けていた」そうですが、人気復活の「兆し」が見えたことから、即”断絶”をされたそうです。

なので、あるいは!フリーになってからも人気低迷が続いていたのなら!もしかすると、この”御曹司”と”結婚”を果たし、芸能界を退いた上で「順風満帆な生活を送っていた」可能性も否めなかったことでしょう。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2007年に、日本テレビ系列で放送された番組”あすの天気”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 2008年に、”東宝”によって公開された映画”それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Women on Headlines )】

◇ ラジオ

・ 2012年に、”ニッポン放送”局が放送した番組”夏目三久 Tokyo?ナビゲッチュ?!”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2013年に、TBS系列で放送された番組”半沢直樹”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(芸能ニュースまとめたばい )】

◇ CM

・ 2014年に、”サントリー”が手がけた企業CM”BOSS シルキーブラック”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ アニメ映画

・ 2014年に、東宝系列で放送された番組”ドラえもん 新・のび太の大魔境 ?ペコと5人の探検隊?”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(CSテレ朝チャンネル )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
夏目 三久
読み
なつめ みく
生年月日
1984年8月6日
仕事
フリーアナウンサー
出身地
大阪府箕面市
所属事務所
田辺エージェンシー
血液型
O型