NHKの”女性アナウンサー”であり、見た目の”ルックス”も然る事乍ら!清楚で品のある「日本人女性らしい女子アナ」として人気を集め、”いずみん”の愛称で親しまれていた「田中泉」さん。

何やら?2019年6月10日付けで、同社を「退職」していたことが分り!多くのNHKを愛する「オジさまファンたちが悲しんでいる」として、話題を集めているご様子です。

【しかも!】いきなり、”メディア”から姿を消したことにより!今後の「去就」が分からず、しばらく!あるいは、今後一生「公の場で見れなくなる不安」が、伝えられているご様子です。

その気になる「去就」を含めて、田中泉アナについて紐解いて行きます。



引用【サイト(SANSPO.COM)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ NHKを退職とは?
・ カップやサイズとは?
・ 整形疑惑とは?
・ 結婚とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ NHKを退職とは?


以前に”語った”中で、ご自身は”民法”よりは「NHKの方があっている」と実感していることを、明確にされたことがあったのに、なぜ!NHKを「退職」されたのでしょう。

その”物議”について、ネット界でも大きな反響を呼んでいるご様子で「田中泉アナ退職されたんだ…結構好きだったのにな…・田中泉が離脱だと?!列島の時もよかったのに・田中泉アナ退職か…隠れファンとしては残念だ・クロ現の田中泉アナが退職していたのはショック・いずみん辞めたんだって・泉ちゃん……うう…寂しい…泉ちゃんのガッツある取材スタイル大好きだった…など」と、多くの「根強いファンが居た」ことが、今になって!明らかにされた形です。

【しかも!】”退職”が明らかとされたのは、ご自身が「既に去ってからの発表」であり!通常であれば、一般的な会社の”方針”として!”一ヶ月前”には「既に去就が分かっていた」はずです。

恐らく、NHKの”株主”と言っても!おかしくない、多くの”オジさまファンたち”からの「悪影響を避けるために行った処置」と考えるのが妥当でしょう。

【さらに!】その”証拠”として、退職が伝えられた翌日のタイミングで!既に、NHKの公式サイトサイトである「NHKアナウンスルームが閉鎖済み」となっていたことや、”メディア”を通しての「直接の挨拶」も無いまま!NHKを去っていたことなど、”有料放送”としては「あっては成らない対応の悪さ」といっても過言では無いし、何よりも”ご本人”が「不甲斐ない」と感じているはずです。

つまり、今回の”田中泉アナ”の「退職劇」は!誰が見ても、NHK側が最初から「密かに辞めていたことを企んだ策略」としか、言いようがありません。

なので、退職が明らかになった後の!”ネット界(SNS)”では、多くの「悲しみの声や残念な思い…など」のコメントが、綴られております。

既に「辞められた後の祭り」なので、周りが騒いでも!仕方の無い話なので、今後は「フリー」となって!業界に”復活”されることを願うばかりです。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


“田中泉”アナは、見るからに「純日本人女性」の印象が強い女性ですが【実は!】”イギリス”生まれの”日本国”育ちで、”アメリカ”での生活経験もあるそうです。

ご出身は、”東京都”であり!所在までは分かっておりませんが「慶應義塾女子高等学校」へ、ご入卒されておりますので、港区近辺にご自宅があった可能性が否めません。

港区近辺の学生と言えば「お嬢様育ち」が多く、恐らく!田中泉アナも「外国生まれのお嬢様」の可能性が高いです。

通っていた小学校・中学校の情報が無いので!”学校名”や”所在地”などは分かっておりませんが、小学校時代に「クラシックバレエ」を習っていたらしく!今でも、その時の”スタイル”が生かされており!出演されるメディアでの”お姿”を拝見すると、背筋の通った「足細の美脚姿」を披露されておりました。

東京都内の学校に、通っていたと思われる!中学校時代を終えると、高校も地元の東京都にある”慶應義塾女子高等学校”にご入学されます。

この高校の”創立者”は、ご周知の通り「福澤諭吉」氏であり!課程は”全日制”の「女子校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

歴史ある”私立学校形態”であるため、慶應義塾女子「中等部」から!高等学校までの「中高一貫教育」であり【さらに!】慶應義塾女子「高等学校」から!慶應義塾大学までの「高大一貫教育」でもあるため、”系列”の学校に進学できれば「内部審査のみのエスカレーター式」で、大学まで進学(進級)することができます。

田中泉アナの高校時代は、”チアリーディング部”に入部されており!「バトン」を担当していたようです。



引用【ブログ(最新ニュース!芸能エンタメまとめサイト)】

“チアリーディング”と言えば「組体操のイメージ」が強いのですが「バトンを担当していた」とのことなので、一般的な”団体技”よりも「個人技」を得意としていたご様子です。

なので、俗言う「バトン・チアリーディング」をされていたと思われ!”バトンチア”と言えば、チアリーディングの醍醐味である「組体操のお膳立てとなる役目が大きい」ことから、相当!重要なポジションでご活躍されていた模様です。

以前に受けた”インタビュー”の中で「なぜ!チアリーディング部に所属していたのか」の問いに対し、その当時のチアリーディング部は、校内の部活の中でも相当!「厳しい部活」として、知られていたそうで!その”厳しさ”を「チーム全員で協力し合って乗り越えて行きたい」との、強い「信念があった」からこそ!入部されたそうです。

但し、その分!”競争”も激しく、日々の練習を真面目に熟していたモノの「表舞台へ立つチャンスを掴めずにいた」とのことです。

しかし、同校系列の”野球部”が!2005年の春の大会で、45年ぶりに出場した際には!甲子園のアルプススタンドへ入ることが出来たらしく、その場で「渾身を込めて踊った経験」は!今でも良い思い出として、心に残っているそうです。

その後、高校を終えると「高大一貫教育」でもあったことから、系列校の”慶應義塾大学”の「法学部」にご入学されます。

大学時代に入ると、元々趣味が「ゴルフ」であったことから!大学に設けられてある「ゴルフ部」に所属されて、毎日のように!大好きな「ゴルフ三昧」を送りながら、楽しい大学キャンパスを送っていた模様です。

大学時代の詳しい情報が無いので、”成績”や”キャパスライフ”などは!分かっておりません。

大学をご卒業後の2010年から”社会人”となり、ご周知の通り!NHK社に入社されます。

但し、NHKに入社された年は!”東京勤務”では無く、富山県にある「NHK富山放送局」に配属となり!地方局からの「アナウンサーデビュー」を飾ったのです。

その後も、”地方局”を渡り歩きながら!2015年度に、ようやく”東京勤務”となり「東京アナウンス室」に配属となったのです。


引用元【ツイッター(原 一夫@高い買い物すると疲れる )】


スポンサードリンク


◇ カップやサイズとは?


田中泉アナと言えば、元勤務先のNHKや民法放送を含めても!”女子アナの世界”では「スタイルが抜群」として、知られておりましたが!その”スタイル”を生んだのは、幼い頃に”原点”があるようです。

・・・と言うのも【実は!】幼い頃から「クラシックバレエ」のレッスンを受けており【しかも!】高校時代に「チアリーディング」を経験されていたことで、”背筋”の通った「正しい姿勢を維持するだけの筋力を兼ね備えていた」からなのです。

“モデル”等と違い、女子アナなので「スリーサイズ」などは公にされていませんが!テレビ中継などを拝見する限り、”カップ(胸のサイズ)”は結構!有るように窺え知ることが出来ますので、概ね「C~Dカップ」くらいが妥当な線です。



引用【Yahooブログ(極東魔術)】



引用【ブログ(IT虎の穴)】

「ウエスト(W)」や「ヒップ(H)」についは、60~90cmが!推測の範囲と言えます。

また、日本の大手”化粧品会社”である「資生堂」によれば!日本人女性の30代”標準BWH値”とは「85-60.3-86.1cm」とのことです。

なので、田中泉アナの”スタイル”は!日本女性”30代”の「平均に近い」と言えますので、見た目が良いのはもちろん、健康的でエレガント感を醸し出していたのは!この「平均値」が、大きく影響されていたのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 整形疑惑とは?


【実は!】”東京都”ご出身の田中泉アナですが、NHK歴を見ると!”富山放送局”から始まって「大阪放送局」~東京渋谷にある「NHK放送センター」へと、職場を転々とされたのです。

地方局では、”ニュース番組”への出演が多かったことから、MCの”助手アナ”としての役目が多く!そのため、メディアでは「上半身のみの姿」を、目にする機会がほとんどでした。

【しかも!】上京されてからも、NHK放送センターでは!夜の報道生番組「ニュースウオッチ9」に就任されたことから、相変わらずの「上半身のみでの出演」となっていたのです。

しかし、その後!ご自身を”全国区”に導くキッカケとなった報道番組「クローズアップ現代+」に起用されて、2017年4月から「レポーター」としての仕事を熟す様になってからは、ようやく「全身のスタイル」を、目にする機会が増えたのです。



引用【ブログ(Twilog)】



引用【ブログ(nhkが好き!)】

【すると!】今までの「座りっぱなしの表情」とは、打って変わっての「明るい表情」に”激変”したことから!一部の”アンチ”の中には「整形疑惑」を唱え始めたモノもおり!ネット界をザワつかせたことがあったのです。

もちろん、それは”ネット界”での疑惑に過ぎず!信用する「田中泉アナ推しのオジさま方」は、誰も居なかったのです。

その当時、MCを担当していた「武田真一」アナの身長は!”172cm”とのことなので、それと比較すると、田中泉アナの身長は!約”170cm”位の「長身女性である」と、推測出来ます。

一般女性と比較しても、身長が165cm以上もあれば!”ファッションモデル”や”グラビアアイドル”などの「モデル級のレベル」と言えます。

なので、田中泉アナの「スタイリッシュな姿」や!女子アナに相応しい「衣装のコーディネート」を、目にする機会が増えたことで!世の”オジさまたち”は元より!一般視聴者のファンも増えたのです。

【さらに!】”スカート姿”の時は「足元が強調される」だけに!膝元から足元までの「美脚の持ち主」であることも、明らかとなったのです。

その、今まで「ベールに包まれていた抜群のスタイル(笑;)」が!公の場に、お目見えしてしまったことから、恐らく「整形疑惑の一要因」を招いてしまったのです。

【しかも!】その当時は「多忙を極めていた」らしく、”化粧の乗り”が悪いシーンも続いていたことから!それも影響されて「別顔」と思わてたのでしょう。

以前のように、毎晩!ニュース番組などで、”お顔”を拝見する時間が多ければ「整形の疑いなどを招く心配は無かった」はずなのに、”定期番組”や”立ち姿”が増えたことによって「良からぬ疑惑」が勃発したのです。


スポンサードリンク


◇ 結婚とは?


田中泉アナは、2018年5月に”ご結婚”をされております。

お相手は、”一般人”であるらしく!詳しい情報などは公表されておりません。

ご結婚後は、当時の”職場”を休業することも無く「アナウンサー業を続けていた」ことから!その事実(ご結婚)を知るものは、ごく一部に過ぎませんでした。

なぜなら、”マスコミ”ですら!ご結婚をした”事実”を「嗅ぎつけていなかった」からです。

田中泉アナの”職場(NHK)”は、誰もが知る!超”お堅い”会社です。

まして!”アナウンサー職”となれば、会社を代表する「花形職」でもあり【なお一層!】”プライベート”の管理には「厳重注意」をされていたはずです。

なので、田中泉アナの「ご結婚発表」がある前までは、特段!”不倫”だの”交際”だの「世のオジさま世代をザワつかせる噂」などは、一切!無かったのです。

但し、その分!突然の「ご結婚報道」が伝えられた時には、世の”オジさま世代”を驚かせたと当時に【なんと!】同じ”女性アナウンサー”として活動をしている、同局に勤務する「保里小百合」アナの”ご結婚”を告げられたことから!「同時ご結婚発表」として、大きな話題を呼びました。

こちらも、お相手が”一般人”であるため!詳しい情報は公表されておりません。


引用元【ツイッター(zakzak )】

但し、ある”メディア”によると!田中泉アナの方が「一年早く結婚していた」との報道もあります。

今回、NHKを”去る”ことを決断された際には!相当、旦那と「相談された」ことは容易に想像が付きますので、その意味では!とても「理解のある気質(性格)の持ち主」であることが、伝わってきます。

これか、もし”芸能界復帰”を果たす際は!”フリーアナウンサー”としての船出となり、今まで以上に「オジさまファンの目に触れる機会が増える」ことでしょうから、その意味では「ファン拡大」につながることでしょう。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 大阪府時代

・ 2013年3月22日に、”第85回記念選抜高等学校野球大会 “にて「大阪放送局デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(成川友仁 )】

◇ 富山県時代

・ 2010年5月22日から、”土曜スタジオパーク”にて「アナウンサーデビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(女子アナ誰が好き? )】

◇ 東京進出時代

・ 2015年3月30日から、”ニュースウオッチ9”にて「東京NHKデビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(流行チャンネル )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
田中泉
読み
たなか いずみ
生年月日
1988年2月18日
仕事
元女子アナウンサー
出身地
東京都
所属事務所
元NHK
血液型
A型