NHKで放送されているニュース番組「ニュースおはよう日本」で、スッカリ「朝の顔」として定着された、今!人気上昇中の神奈川県出身の女性アナウンサー「和久田麻由子」アナ。

何やら?2019年2月に、”一般男性”と「入籍されたこと」は記憶に新しいところですが、それからしばらくが経ち!同年8月31日に、ようやく”挙式”を迎えられて注目を集めているご様子です。

【ところが!】その”挙式”の際に、全ての式を終えて解散をされたのか?と思いきや【なんと!】都内の大型商業ビルの前に「純白のウェディングドレス姿のままで残っていた」らしく!その姿を、周囲の”一般”から目撃されて、世間がザワついかせた模様なのです。


引用元【ツイッター(ミラヅケ)】

その”情報”は、週刊誌でお馴染みの「FRYDAY」から報じられたモノで!東京千代田区にある高級ホテルで、結婚式や披露宴を終えた後に、”二次会”で訪れたと思われる日本橋「バーラウンジ」の”野外”で、目撃されたのです。

その時に【なんと】着替えもせずに「ウェディングドレス姿」のままで騒いでいたらしく!普通の挙式後の”二次会”となれば、参加するゲストとして”友人”や”知人”などが集まっている場合が多く、たとえ主役である”新郎新婦”でさえも!「ゆっくりとするために”一般着”に着替える」ことが、普通のはずです。

なのに、和久田麻由子アナは!周りに「自慢したかったのか」あるいは、嬉しさのあまり着替えることを忘れたのか?定かでありませんが、”ウェディングドレス”が汚れるリスクも考えずに!”野外”に出て、堂々とウェディングドレス姿を披露していた模様です。

元々、”和久田麻由子”アナは!同年2月に「入籍したことを明らかにせずに隠していた」ことや【さらに!】お相手の男性も”一般人”としか公表していなかったことから、今回のご結婚は「情報不足の状態が続いていた」ことで、”挙式”されたことする!公にされていなかったのです。

なのに、挙式後には「堂々とウェディングドレス姿を披露された」ことを、メディアを通じて報道されたのです。

確かに、挙式の際には!来席されたゲストたちから「メッチャ綺麗・かわいい・美しい…など」の声が、会場に響き渡っていたそうで、和久田麻由子アナも”満足気”に式を楽しんでいたご様子です。

そんな「幸せの絶頂期」を迎えた和久田麻由子アナについて、紐解いて行きます。



引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 旦那は箱根駅伝走者?
・ 趣味や性格とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


和久田麻由子アナは1988年11月25日生まれの31歳(2020年)で、ご出身は「神奈川県」です。

ご出身の”神奈川県”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、和久田麻由子アナも(神奈川県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~中学時代迄の情報が乏しいので、詳しいことは分かっておりません。

但し、幼少期は”父親”の仕事の関係で「アメリカ・テキサス州のヒューストン」で暮らしていたらしく、小学校にご入学する頃には帰国されて、そこから「日本での生活をスタートさせた」とのことです。

なので、”帰国女子”となるため!一時期は「クォーターとの噂が広まった」ことがありましたが、”家族構成”については、よく分かっておらず!しかし「お爺さんがフランス人」とのことなので、そちらが”クォーター”であれば、和久田麻由子アナも「クォーターの可能性」が否めません。

つまり、いつも見せている「日本のニュースを報じている”お堅い姿”」からは想像が使いない「外国人である可能性が極めて高い」のです。

但し、もちろん「外国在住が長い”帰国女子”」なので、”英語”が「非常に堪能」であり!”発音”も「ネイティブ級の上手さ」として、専らの評判とのことです。

地元の神奈川県にある小学校を終えると、中学校は東京都千代田区にある”女子学院中学校・高等学校”に、ご入学されました。

この学院は、その名の通り!”中高一貫校”であるため、中学校にご入学できれば!高校までは「内部審査のみでエスカレーター式」で、進学(進級)することができます。

但し、この学院は!非常に「エリートの集まる高等学校」らしく、2019年現在までの偏差値が「75」であり、都内では6位、全国では8位を誇っている「超難関校」として有名のようです。

中学時代は、”英語演劇部”に入部されており!日本語を使った”演劇部”とは「一味違った演劇」を、披露されていたご様子です。

【実は!】この学園は「キリスト系のミッションスクール」であるため!”英語教育”を「重視している学院」であり、演劇にも”英語”を採用されているのです。

ちなみに、当時の和久田麻由子は!部活内で「わくちゃんの愛称」で親しまれておりましたが、それが故に!仲間内では今だに「わくちゃん」と呼べているようです。

”超難関中学”を終えると、高校の”内部審査のみ”で!エスカレーター式に進学(進級)をされて、高校も”女子学院高等学校”にご入学されました。

この学園では、”一般入試”は行っておらず!”外部”からの「新入生」を応募しておりません。

中学校入試の時点で、既に偏差値が「75」なので!高等学校の”一般入試”を行っても、合格者が少ない恐れがあるため、”外から”の募集を行っていないのでしょう。

なので、東京都内でも”トップクラス”の女子高として有名らしく!毎年のように、名門”東京大学”に生徒を輩出している模様です。

ちなみに、2018年度では!合格者が【脅威の”33名”!】いたようです。

なので、高校時代は「才色兼備な女性」として!校内で人気があったようです。

高校時代は、”ブロードウェイミュージカル”を行っていたらしく!女性でありながら”男役”に起用されて「華やかな伸びのある声で熱演されていた」ことから、周りのメンバーたちを”圧倒”していたそうです。

【しかも!】ミュージカルの練習が相当!”厳しかった”らしく、特に「ダンスレッスン」がハードであったことから、いくら食べても「太らない体質」へと”肉体改良”がされた模様です。

ちなみに、後に入社する”NHK”で!一緒となる後輩の「石橋亜紗」アナが居ますが、和久田アナとは「同校であり”後輩”にあたる」のですが、学生当時から”和久田”アナの存在を知っていたらしく!相当!”格好良い先輩!”であったことから「憧れを感じていた」そうです。



引用元【ツイッター(k a z u m a )】



”ミュージカル”を満喫した高校時代を終えると、大学に進学されて!名門”東京大学”の「経済学部経済学科」にご入学されました。

“難関校”でお馴染みの名門「東京大学」には、一発!で”合格”を果たされたので【かなり!】”学力”が高いことを物語っております。

大学時代になると、”演劇”を熟していた女子とは!打って変わって「男子のラクロス部」に入部されて、”マネージャー兼トレーナー”を、担当することになります。

なぜ!”ラクロス”に入部されて”トレーナー”となったのか?の”理由”などは、一切!分かっておりません。

大学在学中に、”アナウンサー”に憧れを抱くようになったらしく!大学後の”就職先”を「都内にある”キー局”のアナウンサーを目指すこと」に決めたことから、それに向けた”準備”に取り掛かっていたようです。

しかし、実際の就職活動中は!”アナウンサー志望”だけではなく、念のため「他業種の就職試験も受けていた」らしく、この時点では!本気で「アナウンサー”一本”と決めていた訳ではなかった」ご様子です。

その結果「キー局」でも「他業種の会社」でも無く!幼い頃から、家族と一緒に視聴していた「身近な存在であった”NHK」の”内定”を受けたのです。

その後、大学(東大)をご卒業されると!2011年4月から、”内定”が出ていたNHK放送局の”岡山放送局”に従事されて、しばらくの間「地方局での勤務」となりました。

“地方局”の仕事にも慣れてきた、”3年後”の2014年に!東京の”アナウンス室”への移動が決まり、
同年に上京されて「NHK本社勤務」となります。

“NHK本社”の勤務となった間もない頃に、NHKの”朝の顔”として!国民から親しまれている番組「おはよう日本」の”メインキャスター”に抜擢されます。

最近では、アナウンサー職に慣れて「余裕を見せ始めていた」ことから!他の”番組”への出演も、頻繁に行うようになり、”朝の顔”だけではなく「ご本人にも注目が集まる」ような、人気ぶりを見せているご様子です。

しかし、今回の”ご結婚”により!「おはよう日本」を楽しみにしていた”サラリーマン”や、毎朝!お茶の間で「可愛い笑顔」に酔いしれていた”高齢者(爺さん)”たちにとっては、嬉しいような?悲しいような?心境でいるそうです。

なので、”会社幹部”によると!昔からの”根強いファン”たちが「NHK離れを起こさないか」と、危惧しているそうです。


スポンサードリンク


◇ 旦那は箱根駅伝走者?


和久田麻由子アナが、この度!”ご結婚”をされたお相手とは、公には”一般男性”とだけ!伝えられており詳しいことは分かりませんが、唯一!分かっている事として「早稲田大学出身の元箱根駅伝のスター選手」とのことです。

“箱根駅伝ファン”にとっては、非常に気になるところですが!2011年度の同大会で、毎年”デットヒート”の展開を見せている「山登りの区間(第五区)」を担当された、”元駅伝ランナー”なのです。

また、その”男性”の現在は「一般人の会社員務め」とのことで!正確には大手商社の「三菱商事」で”商社マン”を行っている「船舶・宇宙航空事業本部船舶部」という部署に所属されており、主に”船舶関連”の仕事に従事しているとのことです。

平均年収は、約1,300万円と言われており!社内でも「期待のホープ」として期待されているらしく、いずれは「海外転勤になる可能性が高い」ことから、妻である和久田麻由子アナの”去就”を心配する男性ファンが多くいるようです。

“箱根駅伝”に出場したスター選手とのことですが、情報によると「山の神」として有名となった「柏原竜二」選手と、同じ”第五区”でデッドヒートを繰り返した選手らしく!大学が”早稲田大学”であり【さらに!】2011年度に「優勝を飾っている」ことから、大凡!”選手”が絞れてきますが、この年(第87回)の”第五区”を走った選手と言えば、往路は「猪俣英希」選手、復路は「高野寛基」選手でした。

【そこで!】二代目の”山の神”として有名な「柏原竜二」氏とデットヒートを繰り返した選手・・・となると、”往路”の早稲田大学の出場選手とは「猪俣英希」選手となります。

確かに、2011年度(第87回)の大会では!早稲田大学の”飛躍”が目立ち【さらに!】山の神として君臨していた”柏原竜二”選手とのデットヒートを繰り返した”猪俣英希”選手に、大きな注目が集まっていたのです。

結局、この年の大会では「第5区以外」は!早稲田が、ほぼ”全区間”で「首位(一位)」で固め【しかも!】”大会新記録”をマークされて「総合優勝」も手に入れました。

後に、芸能週刊誌でお馴染み「FRYDAY」から!和久田麻由子アナの”お相手”が「早稲田卒の”猪俣英希”選手であること」が暴露されますが、それまでは”箱根駅伝”のファンたちの間で「お相手(選手)探しで盛り上がっていた」のです。


引用元【ツイッター(芸スポ魂)】

“猪俣英希”選手は、1988年4月生まれの31歳(2019年)で、ご出身で「福島県」です。

当時の、和久田麻由子アナが”30歳(同年)”なので「一つ上」の旦那様のようです。

学生時代は地元にあります「小・中学校」で学び、高校は福島県立会津高等学校にご入学された模様です。

身長が”170cm”以上あり、若い頃から”イケメン”として、女性のファンたちが多くいたそうです。

もちろん、高校時代から”陸上部”に所属され!地元(福島県)の”代表駅伝選手”に選抜されるほどの「実力の持ち主であった」とのことです。

その後、上京されて!東京にある”早稲田大学”にご入学されると、”陸上部”に入部され!輝かしい記録の数々を打ち立てたご様子です。

早稲田の”入試”の際に、陸上の「推薦枠で入学されたのか」と思いきや!”一般入試”を「合格されて進学された」とのことなので、”学業”の方でも【かなり!】”優秀である”ことが分かります。

早稲田大学”陸上部”での練習がスタートすると、全国から集まった精鋭(選手)の”レベル”が、あまりにも”ハイクラス”であったことに驚き!その時の心境は「続けて行くことの”不安”しかなかった」とのことです。

しかし、競争力の激しい”ハイレベル”の練習が功を称して!自身にも力が付き、大学4年目にしてご自身では初となる「箱根の舞台へと上がった」のです。

【ところが!】担当を任された”区間”が「心臓破りの山登り(第五区)」であったことから!二代目の”山の神”として名を馳せていた”東洋大学”の「柏原竜二」選手が居る区間であり!もちろん、同年もエントリーされていたことから、相当!”緊張”をされたそうです。

当時の早稲田大学で、陸上部の”監督”を歴任されていた「渡辺康幸」監督からは!競技前に「抜かれてもいいから全力で走れ…など」と、”発破”を掛けられたらしく!ご自身も「四年間待ち続けた大舞台でのレース」でもあったことから「そう容易く敗れるつもりはない」との、”強い気持ち”では臨んだモノの【やはり!】”途中”で抜かれてしまい!それまでつないできた「一位の座」から、”一歩”後退をされたのです。


引用元【ツイッター(箱根駅伝で活躍した選手名鑑)】

しかし「抜かれても途中から柏原選手について行く姿」には、多くのサポーターや箱根駅伝ファンたちの心を掴み!「デッドヒートを繰り返す猪俣英希の根性」に、結果はともかく!大学の関係者や駅伝部のメンバーから「大きな労いを受けた」のです。

そのため、”往路”を一位で終えた「東洋大学との差」は、それほど開かずに!早稲田大学が”逆転”するチャンスが大きく見込まれたことから【いかに!】”猪俣英希”選手の「貢献度が大きかったのか」を、物語る”往路”となったのです。

レース後の「猪俣英希」選手も、「笑顔で泣けるくらい素敵な舞台でした」と語り!”満足”できた箱根駅伝の経験と「駅伝生活に別れを告げた」のです。

その後、”早稲田大学”をご卒業されると、”社会人駅伝”には進まずに「就についた」らしく、”大手5大商社”の一社として有名な「三菱商事」に入社されたのです。


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
笛木優子の話|インスタで結婚・妊娠・出産を発表|旦那(夫)とは
お隣の国!「韓国」でも人気が高く、”四十代”とは思えぬ「美貌の持ち主!」として有名な女優の「笛木優子」さん!何やら?2020年2月20日に自身の公式SNS…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/instu_actress/hueki_yuko_ina/

鈴木えみの話|結婚記念に花束|旦那は|中国のハーフ|小中高校
日本人離れした”ルックス”と、抜群の”プロポーション”でご活躍中のファッションモデルの「鈴木えみ」さん!何やらご自身の公式SNS(インスタグラム)で、20…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/woman_model/suzuki_emi/

杏が旦那(東出昌大)と別居で離婚の危機|子供が居る|兄は渡辺大!
日本俳優界の王御所「渡辺謙」氏の一人娘で、2015年の元旦に俳優の「東出昌大」氏と「ご結婚」されたファッションモデルで女優の「杏」さんが、旦那の”東出昌大”…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/flash_news-_woman/an_a/



スポンサードリンク


◇ 趣味や性格とは?


和久田麻由子アナは、その”スタイル”や”プロポーション”からは想像が付かないほどの「食事が大好き」とのことです。


引用元【インスタグラム(kaoezhong6252)】

“ごはん”や”スイーツ”を、美味しく食べることが大好きなようで【さらに!】学生時代にハマっていた”ミュージカル”の鑑賞を初め!見かけによらず「洋裁も好き」と、豪語しているそうです。

学生時代には、本気で「ミュージカル・スターに憧れていた」らしく!自ら”男役”を務めて、ブロードウェイミュージカルでも人気が高い「ガイズ&ドールズ」に参加していたそうです。

もちろん、ご周知の通り!”ミュージカル・スター”には、成らなかったモノの!当時、練習していた”発生声”は「アナウンサーになってからも役に立っている」らしく、ニュースの原稿を読む時に”スラスラ”と読めるのは「発声がスムーズに出来る”喉”に鍛え上がっていた」ことが、大きいのでしょう。

一方の”性格”については、ご自身では「優柔不断と言っている」のですが!周りの意見では、”行動”はテキパキと行い「重要な決め事の判断力に優れている」らしく、とても「優柔不断な人物とは思えない」と、語っているそうです。

但し、”休日”などで遊びに行く際に!ご自身の”洋服(服装)”選びが、決まらずに困っているらしく【さらに!】”食事”に出かけると、メニュー選びにも難航するそうです。

なので、”心に余裕”がある時は!徹底的に”フヌケ”になるらしく(笑;)「甘えん坊さんで可愛らしい一面も見せる」とのことです。

たまの休みは、”精神的”にも”肉体的”にも「本気で”オフ”になる」ご様子です。


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
桐谷美玲の話|インスタで優柔不断なドSの性格を河北に露呈
日本の芸能界に所属する女性陣の中でも”超”が付くほどの「小顔」の持ち主で「世界で最も美しい顔100」の常連でお馴染みであったファッションモデルで女優の「桐谷美玲…
https://www.restcma01.com/material_talk/instu_actress/kiritani_mirei_inb/

武田梨奈の話|インスタで美肌美人を暴露|性格は良く超AB型
ご自慢の「頭突きによる瓦割り!」のCMで一躍!注目を集め、”肉体派”で”スタント無し”の撮影に挑戦することが多い空手家で女優の「武田梨奈」さん!…
https://www.restcma01.com/material_talk/instu_actress/takeda_rina_ina/

水川あさみの話|インスタで性格キツそうなきつね顔で中条にキス
“クール”な雰囲気を醸し出しながらも、どんな”役柄”でも匠に熟す”演技派女優”の「水川あさみ」さん!何やら?2020年3月6日にご自身の公式SNS(インスタ…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/instu_actress/mizukawa_asami_ina/



スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2011年に、NHK系列で放送された番組”土曜スタジオパーク”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
和久田麻由子
読み
わくだ まゆこ
生年月日
1988年11月25日
仕事
女子アナウンサー
出身地
神奈川県
所属事務所
NHK(東京アナウンス室)
血液型
O型