“後発組”の人気アイドルグループでありながら、今や!押しも押されぬ”人気ぶり”を見せている「乃木坂46」のメンバーであり、グループ内では”第一期生”として「キャプテン」を歴任されているアイドルの「秋元真夏」さん。

何やら?最近、乃木坂46”初代”キャプテンの「桜井玲香」さんから引き継いだ「二代目キャプテン職」が【なんと!】”一周年”を向かえたとして、大きな話題を呼んでいる模様です。

“乃木坂46”と言えば、今では”人気絶好調”のアイドルグループですが!結成当時は、AKB48の”ライバルグループ”として誕生したアイドルであり!AKBが活躍をされていた長い期間は「暗黒の時代を送ったグループ」として、48グループファンや坂道ファンの間では”有名”な話です。

その”暗黒の時代”を乗り越えた、初代キャプテンこそが「桜井玲香」さんであり!現在は、グループをご卒業されましたが、女優業やタレントとして活躍されているご様子です。


引用元【インスタグラム(reika_s16)】

その後、人気が”安定”した頃にキャプテンを引き継いだのが「秋元真夏」さんであり!その意味では、”人気”が「最高潮を向かえた時代のキャプテン」と言えることでしょう。

まだ、”ご卒業の兆し”は見せていないので!「何もなければ」しばらくの間は、”キャプテン”を続行されると思いますが、最近”卒業者”が「増えているグループ」ですが!今後の”飛躍”が期待されるところです。

その気になる!アイドルグループ乃木坂46”二代目キャプテン”としての「今後の健闘」を含めて、秋元真夏さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(manatsu_2nd)】







   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 彼氏熱愛とは?
・ 西野七瀬との不仲説とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


秋元真夏さんは1993年8月20日生まれの26歳(2020年)で、ご出身は「埼玉県」です。

ご出身の”埼玉県”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、秋元真夏さんも(埼玉県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”弟”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

プロフィールでは、出身地は”埼玉県”と記されていますが【実は!】生まれは「東京都」であり、都内の病院で”生を享けた”そうです。

その後、詳細は明らかにされておりませんが!”生後七ヶ月”の時に「埼玉県に移り住んだ」ご様子です。

生まれた時から、非常に”可愛らしい少女”であり【まるで!】「天使が舞い降りた」と思わせる”笑顔”を見せていたそうです。

また、生誕した”月”が八月であったことから!両親によって「真夏」と名付けられたご様子です。

なので、現在の”お顔立ち”でも分かる通り!その当時から既に「アイドル級の可愛さ」を備えていたようです。

また、”一人弟”が居りますが!弟が誕生してからは、非常に家族仲が良く!”姉弟”の面倒を良く見る「お姉さんの一面」も、兼ね備えていたご様子です。

その意味では、周りの”面倒見の良さ”から「グループキャプテン(乃木坂)に任命された」のは!その当時から既に「宿命であった」可能性が否めません。

幼稚園頃は、テレビに出演していた”アイドル”に「憧れを感じる」ようになり!その当時から既に「芸能界に興味を示していた」そうです。

しかし、それを知った”父親”は!娘のあまりの可愛さに、将来の”芸能界入り”には「言語道断の態度」を現していた模様です。

その頃になると、急に”人見知り”の気質(性格)を見せ始め!他人が近づくと、”母親の後ろ”に隠れるほどの「内気な少女」であったことを、後に語っております。

それでも、小学校頃までは!地元の「バトンクラブ」に加入されていたそうで、大好きな”黄色”の「ボンボン」で踊っていたそうです。

小学校時代に入ると、”運動音痴”であることが判明して!”自転車”に乗ることや”泳ぐこと”が、最も「不得意であった」ことから、いつも”体育”の成績は「最低」でした。

なので、その当時から既に!專ら”スポーツ(運動)”に関しては「観戦専門者」とのことで!今でも”見るスポーツ”に関しては「誰にも負けない」と豪語しております。

それでも、幼い頃から続けてきた”バトン”は!小学校でも継続していたらしく、学校に設けられている「バトン部」に!”四年生”から入部をされて、昔と変わらずに”ボンボン”を降って「ダンスを踊っていた」ご様子です。

一方、自宅では!テレビで放送されていた”セーラームーン”や”キューティーハニー”などの「少女マンガ」が、学校でも”流行っていた”こともあり!バトン部で鍛えた”ダンス”を活用し「キャラクターたちの真似」を披露されて、周囲を楽しませていたそうです。


引用元【ツイッター(あざらし )】

バトン部で”ダンス”に磨きを掛けた小学時代を終えると、中学校は地元に近い東京都の板橋区にある”東京家政大学附属女子中学校”にご入学されました。

この中学校は、”学校名”の通り「中高一貫教育」のため!中学校に入学できれば、高校までは”内部審査のみ”で「エスカレータ式」で進学(進級)することが出来る学校です。

東京都千代田区に、”東京家政学院”と呼ばれる学校があるそうですが!”学校名”が非常に似ていることから、そちらと「勘違いされるケース」が多いそうです。

なので、秋元真夏さんは「受験をクリアー(偏差値50)」されて!この中学校にご入学をされました。

中学校時代に入ると!あまり”目立つ存在”では無く、地味な”学生生活”を送っていたことから、数名の親友たちと仲良く過ごしていた模様です。

但し、一年生の頃から”生徒会”の活動に参加していたことから!生徒会の”副会長”を務めるなどの「活躍」を見せておりました。

また、部活動では”調理部”に入部されており!毎年、学校の”文化祭”が開催された際には、”模擬店”として「パン屋さん」をオープンしていたらしく!部活で作った美味しいパンを提供されていたそうです。

なので、今の”見た目”からは想像が付きませんが!意外にも、乃木坂内では”料理上手”として有名らしく、特に”お菓子作り”には自身があるそうで!その他にも、”和洋”に関わらず!何でも料理するそうです。

恐らく、その”腕前”は!この中学校時代の「調理部に入部をされたこと」が大きいのでしょう。

そのため、学校を卒業する頃には「家庭料理技能検定三級」を取得されております。

【実は!】この”調理部”には、後に同じアイドルグループ(乃木坂46)に所属する「西川七海」さんも入部をされていたらしく!西川七海さんとは、この当時から”面識”があったそうです。


引用元【ツイッター(もってぃー )】

西川七海さんは、後に”グループ(乃木坂)”から「脱退(研究生時代)」されますので!知らない方も多いと思われます。

また、秋元真夏さんとは違い!”二期生”として所属されておりますので、その意味でもグループ時代は!お互いに「親しい仲では無かった」可能性が高いです。

控え目な”性格”ながら「生徒会や部活動」でエンジョイした中学時代を終えると、高校も系列校の”東京家政学院大学附属女子高校”にご進学(進級)されました。

この高等学校の”課程”は「全日制の女子校」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この学校は、その名の通り!”大学”も併用していることから、生徒のほとんどは”系列校”あるいは、他校の大学に”進学(進級)”するため「進学率(95%以上)の高い大学」として有名です。

秋元真夏さんは高校時代に入っても、”一貫教育”の特徴を活かし!中学校同様に、”調理部”を続けており!仲の良かった友達と、そのままの活動を続けております。

また、高校時代に入ると”部活”の「部長」を努めていたそうです。

【しかも!】高校時代も、”生徒会”の活動に参加されておりますが!二年生の時からは【なんと!】「生徒会長」を任されていたそうで、”物静か”な性格でありながらも「誰もが知る学校の文化人」として、親しまれていたようです。


引用元【ツイッター(あやかじ )】

但し、”会長”に就任したのは「自薦では無かった」らしく、”会長選考”の際に「立候補者が居なかった」ことから、”副会長”であった秋元真夏さんが「自動的に会長に就任された」とのことです。

【ところが!】その”会長”に選ばれて、生徒会の活動を行う中で!”人前”に立つ機会が増えたことにより「緊張することの快感に目覚めてしまった」らしく、今までの「大人しい性格(心理)」とは打って変わって、率先して人前に出るようになり!その時の「胸の辺りに感じるワクワクする時のギュー」に”病み付き”になったことを、後に語っておられます。

今では、その”体験”が功を奏して「多勢の前に立っても緊張しない」とのことです。

なので、”生徒会長”を「しっかりと行っていたのか」と言うと、そうでもなくて(笑;)元々”性格的”に「抜けている」とか「フワフワしている…など」と、友達から言われていた通りの「天然キャラ」を見せていたことから、周りの生徒達から「親しまれる生徒会長」として!人気を集めていたそうです。

高校三年生になると、秋元真夏さんの”可愛さ”に注目をしていた「友達のススメ」を受けて、乃木坂46の第一期生オーディションに参加されます。

ご本人としては、その時に「アイドルに興味が無かった」ことから!”不合格”と決めつけて「軽い気持ちで臨んだ」ようです。

【ところが!】自身の思いとは裏腹に【なんと!】”第四次審査”までに残り!”予想外”の出来事に「驚きを覚える」と同時に、その時に知り合った!後に同じ”メンバー”となる「若月佑美」さんと”仲良く”なったそうです。

そして、結果的に乃木坂46のオーディションで”合格”を果たして!望んでいなかった「アイドルの世界」へと、進むハメになったそうです。

ちなみに、その時のキッカケが”縁”で!友達となった”若月佑美”さんとは、合格後も仲が良く!グループの活動中も親しくしていたそうです。


引用元【ツイッター(乃木坂46画像bot )】

その後、乃木坂の活動がスタートする頃になると【なんと!】”高校側”が「原則として芸能活動は禁止をしている」ことが明らかとなり【さらに!】元々、”芸能活動”に否定的であった父親の”猛反対”を受けたことにより、直ぐには乃木坂の活動に”合流”しなかったのです。

もちろん、今の高校を”転校”して「芸能活動の規則が緩い高校に移る手」もあったのですが!それは”母親”の反対を受けて断念したそうです。

【ところが!】粘り強く”父親”を説得したところ「大学に合格を果たし、真面目に進学して卒業すること」を条件に、アイドル活動の許可が降りたことから!そこからは、”大学進学”のための勉強に集中することに決めて、乃木坂46の活動を一切!ストップしたのです。

なので、高校卒業まで”乃木坂”には「合流」しておらず!ファンに紹介する「お見立て会」や他のメンバーの活躍などには「一切目を向けず」に!一心不乱に”大学合格”に向けて慢心されたそうです。


引用元【ツイッター(c?⊿ )】

乃木坂に参加するために”死物狂い”で勉強をされた高校時代を終えると、見事!に大学に進学をされて、”フェリス女学院大学”の「文学部英米文学科」にご入学されました。

【実は!】秋元真夏さんは、”数学”や”理科”などの「理系」が大の苦手であり!”国語”や”社会”などの「文系」が得意であったことから、この大学の”文学部英米文学科”を選んだと考えられております。

また、この大学は「お嬢様大学」として有名であり!”人形”を連想させる「ルックス」と、”清楚”な出で立ちの「スタイル」が特徴的な”秋元真夏”さんにとっては【まさに!】”理想的”な大学に進学されたと言えます。

その意味では、大の芸能界嫌いな(笑;)”両親”も「安心した」ことでしょう。

【ところが!】大学合格に満足された「父親」が、”アイドル活動”に対しての「了承約束」をしたはずなのに、また”反対”を言い出したことから!それが弊害となり、乃木坂46の活動に”合流”出来ないでおりましたが、何とか必死の”説得”によって!大学一年生の頃より、グループの”レッスン”に参加するようになります。

しかし、既に”グループ”は芸能活動を始めていたことから!当然ながら、メンバー同士での”派閥”的なスタイルも確率されていたことから、秋元真夏さんの入る余地もなく!しばらくの間は、”独り”での時間を過ごす事となります。

【さらに!】悪いことに、普段は「普通の仲間たち」の”素振り”を見せつつも!”メンバー間”での「激しい選抜取り」が行われていたことから、秋元真夏さんの”再活動”によって!”選抜枠”が「一つ失われる可能性」が生まれたのです。

案の定!”選抜メンバー”の「選考から外れる形」で落とされたのが、一期生の「中田花奈」さんであり!あまりの衝撃から、”楽屋”で激怒しながら!泣き叫んでいたそうです。


引用元【ツイッター(美女協会 公式 )】

【しかも!】その当時から、”八福神”と呼ばれていた!選抜の”フロントポジション”を飾っていたメンバーの「西野七瀬」さんと”入れ替り”、自身が”八福神”のポジションに付いたことにより!”西野七瀬”さんの怒りを買ってしまうのです。

もちろん、メンバーの”入れ替わり”は日常茶飯事なことであり!誰もが”恨みつらみ”が無いモノですが、秋元真夏さんの場合!”途中”から合流したことや、無理やり”ポジション”を「奪い取った形」となったので、西野七瀬さんの大きな怒りに触れてしまったのです。

【すると!】西野七瀬さんは、一切!秋元真夏さんと「口を利かなくなった」らしく【さらに!】「大阪に帰ります…など」と、”駄々”をこね始めたことから!二人の間に大きな「確執」が生まれてしまったのです。

これが後に、”乃木坂46”の「歴史に語り継がれるエピソード」となるのです。

そこから、本格的に”グループ内”での活動に参加されますが!元から”運動音痴”であり、中々”ダンス”が覚えられずに苦戦されたご様子です。

しかし、メンバー内では”お姉さん”的な存在であった「高山一実」さんや「伊藤万理華」さんの助けを受けて、何とか”レッスン”に追いて行くことが出来たそうです。


引用元【ツイッター(坂道推しのアンテナ )】

その後、大学二年生になると!日本テレビ系列で放送されていたテレビドラマ「BAD BOYS J」に出演されて、自身初となる「女優デビュー」を飾ります。

ちなみに、このテレビドラマは!後に”劇場版”となり映画化されておりますが、そちらにも出演を果たしております。


引用元【ツイッター(?橋本 奈々未(由本 久美)?幽族? )】

また、大学三年生の時には!同じグルームのメンバーでもある「橋本奈々未」さん「生田絵梨花」さんと共に出演した映画「超能力研究部の3人」にて、主演の「山崎良子」役を演じて!自身初となる「映画主演デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(乃木坂辞典 )】

【さらに!】立て続けに、大学四年生の時には!NHKの”Eテレ”で放送されたテレビドラマ「オトナヘノベル」に出演されて、自身初となる「テレビドラマ主演デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ショーン・ザ・タワーリング・インフェルノ )】

尚、”大学”を無事に「ご卒業をされたのか」は定かでありませんが!その後は、ご周知の通り”乃木坂46”としての活動に専念され!今では「キャプテンに就任」する程までに上り詰めて、大きな飛躍を見せながら、グループの代表としてご活躍されております。


引用元【インスタグラム(manatsu_2nd)】


スポンサードリンク


◇ 彼氏熱愛とは?


アイドルグループ”乃木坂46”の「二代目キャプテン」としてご活躍中の秋元真夏さんですが、見た目の「しっかり者のイメージ」とは裏腹に、”気質(性格)”が!”抜けて”いたり”フワフワ”している「天然キャラ」が【さらに!】”魅力的”な女性アイドルです。

恐らく、その”天然キャラ”が「親近感」を持たせ!誰からも親しまれる「人間性を生んでいる要因」なのでしょう。

また、今ではスッカリ!乃木坂の”キャプテン”としてポジションを確立させ、各テレビ局のバラエティー番組やトーク番組などに多数出演をされて、一般の方にも”知名度”を広げると共に!乃木坂の人気に大きく貢献されているようです。

そこで気になるのが、秋元真夏さんの「恋愛事情」ではないでしょうか?

原則として、乃木坂46も”48グループ”のアイドルなので「恋愛禁止令の対象」であるはずです。

【しかも!】秋元真夏さんの場合、乃木坂46の”主力メンバー”であり「キャプテン歴」がある以上!その意味でも「スキャンダルはご法度」と言えます。

【ところが!】今まで(2020年)に、”二度”に渡って「スキャンダル報道」が伝えられたことがあります。


引用元【インスタグラム(manatsu_2nd)】

最近の”噂”では、2016年に東京六本木にある”カフェ”で「喫茶店デートをされた」らしく!その”シーン”がスクープされたモノでした。

【実は!】以前から、秋元真夏さんには「一般人との交際説」があったのですが!そのデートシーンに映し出された”彼”も、どうやら!「一般人」と見られたことから!今までの”噂”に「信憑性を持たせてしまった」のです。

但し、ご本人曰く!その”彼”とは「専属のマネージャー」であり、単なる”仕事”の「打ち合わせをしていただけ」と、弁解をされました。

【しかも!】その席には、乃木坂のオーディションを受けた時からの大親友「若月佑美」さんも”同席”をしていた模様です。

なので、”証人”である「若月佑美さんの証言」によって!この”スクープショット”は、本当に!単なる「打ち合わせ」であることが判明されて、根も葉もない”デタラメ”であることが分かったのです。


続きまして、同じく2016年に!”ゴシップ”芸能ネタでお馴染みの「東スポ」から報じられた”スクープネタ”でした。

・・・と言っても、こちらは本当に”信憑性”に欠けた情報であり!乃木坂ファンとしては、誰も”信用”するファンは居なかったそうです。

なぜなら、”ある”三人組男性アイドルグループのメンバーたちが!大勢の女性をタクシーに乗り込ませて、都内の高級マンションへ連れ込んだ際に!その場に「秋元真夏さんも居た…」と言う【まさに!】絶対にあり得ない「ゴシップネタであった」ためです。

【ところが!】その報道を受けて、一部の”アイドルヲタク”たちが!ネット上で「妊娠説」などを告げたことから、”軽く”話題に持ち上がったのです。

しかし、その後の秋元真夏さんは!普通に仕事を熟しており、特に「お腹の膨らみ」が気になることも無く過ぎ去ったので、単なる”デマ”であったことから!自然消滅されたのです。

いずれの”噂(ネタ)”も、あまりにも「ズサンな話であった」ことから!ほとんどの方は、”信用”することも無く!”大騒ぎ”に発展することがあり得なかったことから、”48グループ内”で「問題視にすらされなかった話」なのです。

なので、結論的には!今までに”彼氏”が居たり、”熱愛説”の対象になる「真実の痕跡は無い」と言えます。


スポンサードリンク


◇ 西野七瀬との不仲説とは?


西野七瀬さんと言えば、2018年5月に乃木坂46から”ご卒業”をされており!今ではスッカリ”女優”として大活躍をされておりますが【実は!】乃木坂時代に、ファンたちの間では「伝説的エピソードの一つ」として受け継がれている!有名な「乃木坂神話」があるのです。

【実は!】秋元真夏さんが乃木坂46の”一期生オーディション”に合格をされた時に、通っていた高等学校の”校則”や!父親の”反対”によって、大学進学が決まるまではグループへの”合流”を避けて!しばらくの期間は”大学受験”に向けての勉強に!専念されていたのです。

もちろん、その間は!既に乃木坂46の”一期生”に合格を果たしていたメンバーは、ダンスや歌唱のレッスンで、毎日厳しいトレーニングを受けておりました。

その後、無事に!秋元真夏さんが”大学進学”を決めて、休止中であった乃木坂46への”合流”を果たした際に!既に”メディア”で活躍されていたメンバーたちの間では、ほぼ”定位置”の「選抜ポジションが確立されていた」のです。

特に、選抜メンバー列の”フロント”を飾っていたポジションのことを”七福神”から「八福神」等と呼ばれ!人気の高かった「生田絵梨花さん・生駒里奈さん・星野みなみさん・桜井玲香さん・橋本奈々未さん・白石麻衣さん・松村沙友理さん・西野七瀬さん」で構成されておりました。

【ところが!】メンバーとの”レッスン”を「共にしていなかった」秋元真夏さんが、突如!途中から加わり【しかも!】”八福神”に選ばれたことから、”西野七瀬”さんが「弾かれる形で降格が決まった」のです。

但し、”選抜メンバー”から「降格」をしたのでは無く!”立ち位置”が「一つ下のポジション(三列目)に移っただけ」でしたが、ご本人は相当!”ショック”を受けたらしく「大阪に帰る…など」と言い出して!怒りを露わにしたのです。

そこから、二人の間には!大きな「確執が生まれた」ことから、約一年に渡って!”一言”も言葉を「交わさなかった」そうです。

恐らく、”当事者”である二人よりも!その”姿”を見ていた周りのメンバーの方が、グループ内での「気不味い雰囲気」に戸惑っていたはずです。

なぜなら、その後に”二人”が「近いポジション」の選抜に決まった時にも、一切!口を利かずに居たらしく、その姿が!あまりにも「不自然過ぎた」ことから【なお一層!】二人の”確執”に「歯止めがきかなくなった」そうです。

そこで、他のメンバーたちも気遣って!出来るだけ”二人”を「近づけないようにと心掛けていた」ことから、アイドルにも関わらず!その後の二人の”ツーショット”写真などは、一切!存在していないのです。

“新人”のアイドルグループでありながら、あまりにも前例の無い!”長期”に渡る「確執の違い」を見せていたことから、それが乃木坂46の歴史に残る「伝説的エピソードの一つ」として!ファンたちの間で受け継がれているのです。

しかし、それから約一年が経ち!乃木坂46の”結成”から一周年を記念すべきライブが!2014年2月に横浜アリーナで催された時に!その中で「サプライズ演出」として、西野七瀬さんの”ナレーション”の下に「2012年後半からの乃木坂を振り返ったシーン」が、会場に描かれました。

【すると!】誰もが一番”気掛かり”であった「秋元真夏さんとの件」に触れた内容の”一幕”も含まれており、その中で!西野七瀬さんが”その当時”の本当の気持ち(子供過ぎて素直に接することが出来なかった)を打ち明けた映像が流れ!最後に「あの時は言えなかった言葉で、この曲を始めます。真夏、お帰り!一緒に頑張ろう…など」と語ったことから、一挙に!二人の”ワダカマリ(確執)”が「解消の方向」に動き出し、それを知っていた会場の盛り上がりに”後押し”をされる形で!二人の「和解」につながったのです。

その”映像”を観ていた、舞台袖に居た秋元真夏さんは!”号泣”をされていたらしく、西野七瀬さんとしても【まさか!】「号泣するとは思わなかった」と後に語っており、その”感動”が西野七瀬さんの胸に突き刺さったことから、秋元真夏さんの方へ寄り添い「抱擁を交わした」そうです。

【しかも!】一挙に!”和解”が叶った二人は、あまりの”ハイテンション”のまま!次の楽曲に入ったことから、”歌唱中”にも関わらず!何度も”すれ違いざま”に「抱擁」を交わし、通常では「あり得ないパフォーマンス」ではあったモノの、”事情”を理解していた会場のファンたちの”ヴォルテージ”も一挙に上がり!大いに盛り上がったのです。

【すると!】この”ライブ”を終えてから直ぐに、今までは「絶対にあり得なかった」二人の”ツーショット”の撮影に臨まれたのです。


引用元【ツイッター(Taka )】


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
西野七瀬の話|インフルエンザに|兄は西野太盛|出演CM|小中高校
人気アイドルグループ”乃木坂46”の元メンバーで、最近!タレントや女優で大活躍中の「西野七瀬」さん。なにやら?”海外ロケ”で訪れた現地で「風邪(インフル…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/woman_talent/nishino_nanase/



スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ シングル

・ 2012年に、”N46Div”が手がけた作品”制服のマネキン”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(乃木坂46 )】

◇ テレビドラマ

・ 2013年に、日本テレビ系列で放送された番組”BAD BOYS J”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(れな@ダビング専用アカウント )】

◇ 映画

・ 2013年に、”ショウゲート”によって公開された映画”劇場版BAD BOYS J -最後に守るもの-“に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2014年に、”東京ニュース通信社”が手がけた作品”季刊 乃木坂 vol.3 涼秋”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(原木⊿ボブ☆ )】

◇ アルバム

・ 2015年に、”N46Div”が手がけた作品”透明な色”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(* taku * )】

◇ ネット番組

・ 2016年に、ニコニコ生放送系列で放送された番組”乃木坂46 秋元真夏生誕記念 “真夏リスペクト軍団”全員生出演?真夏を全力チアー(応援)?”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(乃木坂46 )】

◇ ラジオ

・ 2017年に、”NHK”局が放送した番組”らじらー! サンデー”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(乃木坂46 )】

◇ 雑誌

・ 2017年に、”徳間書店”が手がけた作品”月刊ENTAME”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(あなたの坂道 )】

◇ 舞台

・ 2019年に、”明治”によって公開された舞台”サザエさん”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(りえ )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
秋元 真夏
読み
あきもと まなつ
生年月日
1993年8月20日
仕事
アイドル
出身地
埼玉県
所属事務所
乃木坂46合同会社
血液型
B型