48グループ内の”坂道シリーズ “で、今一番!ノリにノッテいるグループと言えば「日向坂46」ではないでしょか?

2019年度の「躍進ぶり」は、48グループ内でも”ダントツ”で、2ndシングル”ドレミソラシド”は、同年のレコード大賞で見事!「優秀作品賞」を受賞されましたね!

【ところが!】そんな最中の2019年に、一期生でもある「井口眞緒」さんに”熱愛疑惑”が報じられ「恋愛禁止令」のある”48グループ”では、有ってはならない「大スキャダル!!」となってしまったのです。


引用元【インスタグラム(yuuya8205)】

スキャンダルを齎(もたら)した根源は「ある男性と腕組みをしながら密着した写真」が、ネット上に流出(拡散)して、井口眞緒さんも”ご自身”であることを認めたことから「謝罪」した上で、グループでの活動を同年9月8日より「自粛」することが発表されました。

その際に「活動自粛期間」が約”2ヶ月”くらいに設定されたことで、根強いファンたちからは「遅い夏休み?、反省するには足りない!、ただの休暇なの?」等と、”皮肉”めいたコメントが数多く寄せられ、結果的には更に自粛期間が長引くなどの”エピソード”が起こりました。

なので、”不祥事”に次ぐ「不祥事」であったことから、誰もがこのまま”ご卒業”、あるいは芸能界からの”引退!”と思われおりましたが、数ヶ月経った翌年には「復活する!」との噂が流れているそうです。

その”噂”の根源は、テレビドラマ出演での「復帰」を見込んでいるらしく、既にその情報はネット界に広まっているとのこと!



引用元【ツイッター(緑の羊 ????? ?? てちほの????? )】



このドラマは、日本テレビ系列で放送される”深夜帯”の番組らしく、連続ドラマ「DASADA」と言うテレビドラマのようです。

ドラマには、日向坂46のメンバーが”総出演”するとのことなので、チャッカリそれに混じって出演し、少しづつファンに「免疫」を与える作戦なのでしょうか?

いずれにしても、根強いファンからすると、また元気な”井口眞緒”さんの姿が見れることは歓迎するべき!ことなのでしょうね。

そんな、芸能界でのポジションが”微妙な位置?”に居る”井口眞緒”さんにスポットイン!


引用元【インスタグラム(kosaka_nao_46)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学今は?
・ スキャンダルは?
・ 視覚障害とは?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 井口眞緒さんの中高大学今は?

井口眞緒さんは1995年11月10日生まれの24歳(2020年)で、ご出身は「新潟県」です。

ご出身の”新潟県”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、井口眞緒さんも(新潟県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しい(ほぼ皆無!)なので詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”弟”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子!

小学校は新潟県内の”公立校”である可能性が高いとされておりますが、詳しいことは分かっておりません。

小学時代は、”父親”の影響から「バスケットクラブ」に入っていたようで、”一人弟”も一緒に”バスケボール”に励んでいたそうですが、ご本人としてはクラブから辞められなくてイヤイヤ続けていたのだとか?

【しかも!】練習時間は放課後に、毎日”18時”までミッチリと行い、さらに”土・日”になると、一日がかりで練習を行っていたご様子!

なので、小学時時代は”遊ぶ暇”もなくバスケットに取り組んでいたようですが、それは”親”の「陰謀」であったりして・・・(笑;)

但し、出場した”大会”や”成績・実績”などの情報が無く、さらにご自身の”学業”の成績なども分からない状況です。

バスケットに勤しんだ小学時代を終えると、中学校も地元の新潟市内にある”公立校”にご入学されたようですが、詳しことは分かっておりません。

ただ、中学時代は”テレビドラマ”を好んで視聴していたらしく、小学校で練習していた”バスケットボール”をストーリにした、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ””ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~”のファンであったとのこと。



引用元【ツイッター(山下智久@sweetie )】



そのドラマに出演していた”主演”を演じた、歌手で俳優の「山下智久」氏に”興味”を抱いていた傍で、女優の「北川景子」の”役者ぶり”を見て「大ファン」になった!とのこと。

アイドルとなった今でも”北川景子”さんの大ファンで、出演されている”作品”は欠かさずに見ているとか?

但し、ご自身が中学校時代に”バスケットボール”を続けていたのか?は定かではありません。

“北川景子”さんに憧れた中学時代を終えると、高校もは地元の新潟県にある”新潟県立新潟東高等学校”にご入学されたとの情報が”有力”です。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、開校した年代が”1980年”とのことなので、新潟県にある高等学校の中でも比較的新しい高校のようです。

高校時代は、”後に”語られるご本人のコメントから”バスケットボール部”に入部された模様です。

その割にクラスでは、あまり”目立つ存在”ではなかったようで、学校の”イベント”がある時など、決まって静かにし、”役所”が回ってこないように努めていたのだとか?

また、”体育祭”のクラス練習の時も”参加”はするものの”積極的”に取り組まず、いつも端っこで見ていたのだとか?

なので、基本的に「団体行動が苦手なタイプ!」の少女であった模様です。

現在所属しているアイドルグループ”日向坂46”と言えば、総勢30名以上の大所帯のなので、そこで活動をしているところを見ると「団体行動」を”克服”されたのでしょうね!

そんな高校時代を終えると”大学”は地元の新潟県を離れ、神奈川県横浜市にある”フェリス女学院大学”にご入学されました。

この学校は”私立大学”で、学部は「文学部、国際交流学部、音楽学部」が設けられておりますが井口眞緒さんが進まれた”学部”は分かっておりません。

但し、元から井口眞緒さんは”音楽活動”は行っておらないので「音楽学部」ではない可能性が高いと思われます。

ご自身の”コメント”によると、大学時代には非常に「仲が良い友達」が出来たそうで、大学に居る時は、”ほぼ一緒”の時間を過ごしていたようです。

その女性とは、自宅が”近所”であったことから”同じ商”で遭遇していたらいしく、大学入学時に「昨日居たよね?」の一言で、”速攻”で親友になったのだとか?

井口眞緒さんは”新潟県出身”であったので、きっと”友達”や”知り合い”が少なかったことから、直ぐに”親しみ”を感じたのでしょう!

地元のカラオケ店で友達から「アイドル」に成ることを薦められ、自身もその気になったのか?2016年に”ひらがな”「けやき坂46」のオーディションが行われていることをネットで知り応募したところ、見事!”合格”した模様。

合格後は、ネットライブ配信サービスでお馴染み”SHOWROOM”から情報配信し、坂道グループのたくさんの”ファン”やアイドル”ヲタクの皆さん”に、知名度が広がったご様子!

アイドルとしての活動は、同年8月にリリースされた欅坂46のニューシングル「世界には愛しかない」にカップリングされた楽曲「ボブディランは返さない」と「ひらがなけやき」の「ひらがなけやき」で自身初となる「歌手デビュー」を果たします。


引用元【ツイッター(ぺりかん⊿ )】

また同年にテレビ東京系列で放送されている欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」にて自身初となるテレビ番組デビューも果たします。

更に同年10月に東京「赤坂」で行われたイベント「ひらがなおもてなし会」で生ステージの舞台に初めて立ちました。

同年11月には欅坂46の「3th」シングル「二人セゾン」で、収録されたミュージックビデオ「誰よりも高く跳べ!」でオリジナルDVDデビューも果たし、翌月12月には東京「有明コロシアム」で開催された欅坂46の「単独ライブ」で自身初となるコンサート出演を行いました。

なので「2016年」は自身のアイドル活動をスタートした記念すべき年であり、更に坂道グループの一員として忙しい日々を送り「貴重な体験」を得られた年でもありました。

その後はグループ名が”ひらがな”「けやき坂46」から「日向坂46」へと変わり、新たな「秋元ファミリー」の新グループとしての活動をスタートさせて今に至っておりました。


スポンサードリンク


◇ 井口眞緒さんのスキャンダルとは?

井口眞緒さんはメンバー内の「一期生」としてグループの前進でもある「ひらがなけやき坂46」時代からグループを支えてきた一人で、今回の「スキャンダル報道」によって個人のファン、並びにグループのファン、更にグループのメンバーから「ショック」と「落胆の声」が多数伝えられております。

現座は身勝手な行動を「反省」すべくグループの活動を「自粛」しているようですが、売り出し中のアイドルとしては決してあってはならない「スキャンダル」に巻き込まれてしまって今後の活動再開は期待できず「卒業」を「向」かえることでしょう。

実は井口眞緒さん!最近グループ内での活動を飛び出し「テレビ出演」する機会が増えており、先日(2018年11月)も日本テレビ系列で放送されているトークバラエティー番組「踊る!さんま御殿!!」に出演されて、司会の「明石家さんま」氏と「噛み合わないトーク」で番組を盛り上げ、共演者からの爆笑をかって「爪痕」を残しておりました。

その影響はかなり大きくネット住民や日向坂46のファン達から意外なキャラの人物発掘!と話題になり「踊る!さんま御殿!!」への出演は彼女にとって大ブレークの兆しを見せ関係者やグループのメンバーから期待されていた矢先でした!

今回の「スキャンダル」情報発信地は「ネット」で、2019年6月頃に開設されたという一部サイトで同年8月22日に「坂道グループメンバーが世界を股にかける俳優とお泊り&手繋ぎデート」と題して報じ、男女が腕組みをしながら歩いている様子の写真が暴露されました。


引用元【ツイッター(カギアケ!)】

両名「後ろ姿」だったので誰なのか?は分かりませんが注目されたのが「スカート」で、以前コンビニ大手「ローソン」のキャンペーンが行われた際に、ローソンの制服を着る機会があったのでしょうか?その時に着用していたスカートと今回報じられた写真のスカートが「一致」しており、日向坂46のメンバーと報じられていた事から「井口眞緒」さんに疑惑が浮上したのです。



引用元【ツイッター画像(長濱おきる)】

もちろん世の中には「同じスカート」が沢山あるので必ずしも井口眞緒さんとは限らなかったのですが、この報道があった後から「体調不良」の理由で、同年8月24日に行われた「握手会結成記」、翌日の「イベント欠席」、更に翌日の「ラジオ収録欠席」、立て続けて仕事をキャンセルしていたのです。

この態度によって「井口眞緒」さんへの疑惑の目が厳しくなり疑いがもたれるようになり、切羽詰まったのか?あるいは諦めたのか?自ら同年9月8日に公式ブログを通して「写真の人物は自分である!」ことを白状しました。


引用元【ツイッター(めみのみみ)】

となると、次に気になるのが報じられたお相手「世界を股にかける俳優」ですが、情報元もそう容易く全てのネタを公表する訳もなく「お相手」を伏せたまま「熱愛記事掲載を延期」とツイートして突然逃げたようです。

なので「世界を股にかけるお相手」は誰なのか分かっておりませんが、井口眞緒さん自ら自身であることを暴露しており、このネタの「旨味」は既に無くなってしまったので、たぶん!次回の報道分で明らかにされることでしょう。

お相手の「俳優」については写真(後ろ姿)を見る限りあまり「若い人物」ではなさそうで、もし大物俳優なら既にご結婚されている可能性が高い事から、今度は「浮気・不倫」のジャンルで世間をお騒がせするのでないでしょうか?笑;

いずれにしてもアイドルとしての「井口眞緒」さん生命は、もう終わったと思われるので、AKB48の熱愛報道から「復帰した例」からして「坊主にするか?」「他グループ(海外)へ電撃移籍するか?」「地元新潟でお騒がしている関連グループに便乗して移籍するか?」の道しか「秋元ファミリー」でいられる可能性は無いでしょう。


スポンサードリンク


◇ 井口眞緒さんの視覚障害とは?

見た目が”可愛く”、誰かも”愛されそう”な「ルックス」をお持ちの井口眞緒さんですが、【なんと!】”目”に「障害」を患っているとのこと!

その”目の障害”とは「斜視(しゃし)」と呼ばれいてるものらしく、俗言う「ロンパリ」の事です。

「片目が”ロンドン”・片目が”パリ”を見ていること」つまり片目が”正常”な方向を見つめても、反対側の目の位置が”上下左右”ズレて見える症状のことです。

この”症状”が井口眞緒さんにも”ある”と言うのです!



引用元【インスタグラム(soramade_todoke)】



確かによく見ると、向かって”左目”の位置が「内側に入り過ぎている!」様に見えます。

もちろん「真正面」ではなく、少し”左向側”から見ている様に見えますが・・・?

但し”ご本人は”あまり”意識”すること無く「普通に視えている」らしく自覚症状は無いとのこと。

ただ、あまり長く「放置する」と”美容”や”視覚機能”に良くない!と言われているそうです。

でも、”治った”?て話を聞いたことがないので「治療って?」できるのでしょうかね?

上記した通り、”斜視(しゃし)”にも様々なタイプ(形)があるらしいのですが、井口眞緒さんのように「内側に集まるタイプ?」は、女性の場合「可愛く!」見えるそうです。

言われてみれば確かに、井口眞緒さんは”綺麗”よりも「かわいい!」に見えます。

目の”障害”でありながら、逆に一つの「チャームポイント」として”特典”を受ける形となっているのでしょうか(笑;)?


スポンサードリンク


◇ 井口眞緒さんのプロフィール

本名
井口眞緒
読み
いぐち まお
生年月日
1995年11月10日
仕事
日向坂46のメンバー・アイドル
出身地
新潟県
所属事務所
ソニー・ミュージックレーベルズ
血液型
AB型