AKBグループの姉妹グループ「大阪難波」を拠点に活動しているNMB48ですが、その中で
主力のメンバー候補として活躍していた「武井紗良」さんがグループからのご卒業を向かる
事となり話題になっております。

 

引用元【ツイッター(武井紗良)】

 

ご卒業の意思を「第一報」で伝えたのが2019年8月26日に行われた大阪市中央区難波に
設けられてある特別劇場「NMB48シアター」で行われていた「チームN」公演で
発表されました。

それによると「最終ステージ」になるのが同年10月5日に行われる「大阪城ホール」9周年
ライブらしく、その後同年10月中旬頃にご卒業されるそうです。

ご卒業が発表された「チームN」公演では、突然の「ご卒業発表」に驚くファン達で溢れ、
一時会場内には「異様な空気」が漂っておりましたがご本人の意志が固くアイドルとしての
「踏ん切り」が既についていることを説明するとファン達も納得したのか?認める人・喜ぶ人
戸惑う人・悲しむ人・様々なファン達で溢れておりました。

ただメディアの発表によると「ご卒業後」の予定はハッキリとはしておらず、芸能界に踏み
留まるのか?新たな人生を歩むのか?社会人として生きて行くのか?決めていないそうです。

なのでハッキリしていることは「アイドルは辞める」と言うことで、いちを「ファンの前に
現れることがあったら応援して欲しい!」等と述べているようなので「芸能界」に踏み留まる
可能性は「無きにしも非ず」的感じのようです。

ファン達からのコメントは以下の通り↓↓↓

 

 

 

 

 

 

コメントはさらに続いておりますが、ほとんどが「女性」であることに驚かされました。

いかに「女性」ファンが多かったか!を今になって強調していますよね♪

「男性」のコメントを見つけるのが難しいほどです。

武井紗良さんは1998年生まれの20歳(2019年)で「だんじり祭り」で超有名な
大阪「岸和田市」のご出身です。

当初現在のアイドルグループ「NMB48」へは「正式オーディション」を経由して
加入しておらず、2013年11月にAKB48グループ初開催された「第1回AKB48
グループ ドラフト会議」でNMB48のチーム「M]より第一巡目で指名されました。

AKBと言えば日本で行われいてる「両議院選挙」をマネた「総選挙」だったり、誰もが簡単に
行っている「じゃんけん」を題材的に掘り下げAKBグループを代表する「選抜候補」を
決めたりと「青天の霹靂」で日本国民やAKB48ファンの度肝を抜いて話題性を誇って
いましたが、その中の一つに「AKBグループドラフト会議」もあります。

第一回大会は2013年11月に東京港区高輪にある「芸能人達のイベント会場」でお馴染みの
「グランドプリンスホテル新高輪」で開催されました。

応募対象者は11歳~18歳迄で、当時「AKB時代」真っ盛りだったので総応募者数は
ハッキリと分かっておりませんが第一次審査~第三次審査まで行われ、そこで合格者30名を
選抜しAKBグループ内(姉妹グループ含む)の各チームから「ドラフト」が行われチーム入りが
行われるイベントを開催しました。

その中で「武井紗良」さんがNMB48チーム「M」から指名され、そのままチーム内の
メンバーとして加入を果たしました。

ちなみに同じようにこの「ドラフト会議」でNMB48チーム「N」から指名されチーム入りを
果たしたのが「AKB総選挙」で突如「結婚発表」し関係者やファン達の度肝を抜いたことで
有名になった「須藤凜々花」さんもドラフト出身者です。

加入後「初お披露目」となったのが2014年に開催された「AKB48グループ リクエスト
アワーセットリストベスト200」で、開催3日目の「公演前座」で発表されました。

そこからNMBメンバーとして本格的に初動開始し同年3月に難波劇場で行われたチームMに
「初出演」を飾りました。

その後NMB内でも「可愛さ重視のチーム」として扱われていた?チームBⅡへ異動され、
さらに人気・知名度も上がりファン数も劇的に増えたことが評価され、NMB48を代表する
チーム「N」へ移動を果たします。

しかしチーム「N」への移動が行われた2019年8月にNMB48から卒業をすることを
発表し今に至っておりました。

 

スポンサードリンク

 

◇ 武井紗良さんの中学高校大学(学歴)は?

 

武井紗良さんの学歴は公には公開されておりませんでした。

なので正確に通っていた学校名は分かっていはおりませんが、ファン達やネット住民からの
情報によると「大阪府岸和田市」出身なので小学・中学校は地元にある学校に通っていたとの
情報です。

小学中学校は、基本的は「生まれ育った」自宅近辺の学校に通うのが常で「大阪府岸和田市」
出身なのですから地元の学校に通っていた可能性が極めて高いです。

限定的に「どの学校か?」と調べることは「少人数地区」なら可能なのでしょうけど、大阪府
岸和田市と言えば総人口20万近い世帯が集合している大人数地区なので学校も多く限定的に
絞るのは無理です。

「高校」については様々な「予想」が伝えられておりますが、こちらも地元大阪府にある学校に
通っていた?と噂され有力候補として伝えられていたのが「大阪府立岸和田高等学校」でした。

更にその「根拠」として伝えられていたのが「ご実家」に関係しているようで、武井紗良さんの
ご実家では「マンションの経営」や「墓石販売」等をなされているそうで、幅広く事業を行って
いるらしく、そのため「金銭面」には恵まれていると予想され「私立・府立」学校に入る事は
容易であったと思わることから上記学校が有力候補として伝えられていたようです。

しかしそれを「根底から覆す」事実があったことが明らかとなり、その「噂」の可能性は
低いのでは?と後に語られておりました。

その事実とは自身が身に着けている者から東京都目黒区にある「芸能人ご用達の学校」として
超有名な「目黒日出高等学校」が最有力候補として伝えられておりました。

まずはこれを見て下さい「日の出高校の女子制服」↓↓↓


引用元【サイト(NAVERまとめ)】

 

 

検証① 「夏服 編」

引用元【ツイッター(武井紗聖 (さら))】

 

 

検証② 「高校2年生 – ブラウス編」

引用元【ツイッター(武井紗聖 (さら))】

 

 

検証③ 「高校3年生 – ブラウス編」

引用元【ツイッター(武井紗聖 (さら))】

 

ポイントは制服についている「校章とワッペン」です。

もちろん制服の「色や生地」も写真を見る限り全く同じに見えるし、特に「モザイクや髪」で
隠されている「ワッペン」の色や形は全く同じにしか見せません(私感ですが・・・)

さらに「夏季シーズン用」でしょか?夏服姿の「色・形」も同じだし「芸能コース」で
選択できる「リボン」も青色の物と「色・形」がそっくりであることが分かります。

なので通っていた高校は東京都目黒区にある「目黒日出高等学校」の「芸能コース」で
間違いありません。

ただ武井紗良さんの場合AKBグループの一員であることは間違いありませんが「活動拠点」は
大阪府難波にある「劇場公演」なはずなので、なぜ東京都の学校に通っていたのか?疑問に
感じたのは私だけでしょうか?

もし「兼任」でAKB48のチームに所属したのなら話は別ですが、AKBと「兼任」した
話は聞いたことがありませんが・・・?

次に「大学」についてですが、こちらは武井紗良さんの学歴を調査する中でも全く分からない
閉まりでした。

ただ以前ご自身のSNS(インスタグラム)にこのような↓文書画像をアップしておりました。

 

引用元【インスタグラム(takei.sara)】

 

つまり「大学へ行く気がある」ことを示しており、この記事をアップしたご年齢は「20歳」の
時なので、高校卒業時に一度大学を「諦めた」か?あるいは一度「落ちた」可能性があります。

可能性としては「落ちた」が有力で、そのためNMB48から卒業し本格的に再大学受験のため
勉強に打ち込む!的なことだと想像できます。

なので現在のところ大学には「進学していない」が正解だと思われいます。

もちろんNMBをご卒業後来年の受験で成功すれば「通っている」に代わると思いますが、
果たしてどうなることでしょうか・・・?

 

スポンサードリンク

 

◇ 武井紗良さんが得意なタイキックとは?

 

武井紗良さんはNMB48時代にグループ内でも・・・いやAKBグループ内でも
「格闘家?」として有名でした。

それに目覚めたのがご自身NMB48チーム「BⅡ」に異動された頃の2016年で、
ご自身のツイッターで↓↓↓

本日より、 私武井が武井壮さんにあやかりまして48Gのメンバーを手当たり次第倒していきます! 題して「武井アイドル王への道」~NMB48編~応援よろしくお願いします!

 

このコメントを載せてから格闘家?として新たな真骨頂をスタートさせたのです?

一番初めに「犠牲?」となったの元NMB48の顔「さやねぇ~こと「山本彩」さんでした。

ツイート内では「第一回目は山本彩さんを倒します!」と喧嘩を売り⇒「いつでも相手に
なるよ 」との買い言葉!

その後「対戦」を行った結果「TENGA棒アタック」により敗戦!

その後のコメントで「いつか倒します!!」と再選を近い、ここからAKBグループを巻込んで
敵に回し各対戦相手との「壮絶な?」戦いの火蓋が切られました。

第2回戦では同じ「ドラフト出身」の「須藤凜々花」さんとのバトル!

こちらは見事「タイキック」にて快勝!

以降は以下の成績でした↓↓↓

3回戦 VS 上西恵 背後からのチョークスリーパー ○
4回戦 VS 川上礼奈 暗転からのチョークスリーパー ○
5回戦 VS 市川美織 奇襲(頭突き・膝蹴り)○
6回戦 VS 山尾梨奈 タイキック ○
7回戦 VS 薮下柊 凶器攻撃(ペットボトル)○
8回戦 VS 柴田優衣 不意打ち(タイキック)○
9回戦 VS 城恵理子 さや姉パネル攻撃→左ストレート ○
10回戦 VS 薮下柊 凶器攻撃(ペットボトル2回) ○
11回戦 VS 吉田朱里 PC動画編集中のシャットダウン ○
12回戦 VS 三田麻央 タイキック 〇
13回戦 VS 井尻晏菜 背後からのチョークスリーパー ○
14回戦 VS 林萌々香 タイキック ○
15回戦 VS 大段舞依 コブラツイスト ○
16回戦 VS 磯佳奈江 顔面ボールからのタイキック ○
17回戦 VS 加藤夕夏 払い腰 ○
18回戦 VS 沖田彩華 チョークスリーパー ○
19回戦 VS 森田彩花 右ストレート ○
20回戦 VS 石田優美 早口言葉(坊主がびょうぶに上手に坊主の絵を書いた) ○
21回戦 VS 松村芽久未 突っ込み(めーちゃんはダメみん) ○
22回戦 VS 植村梓 相撲二丁投げ ×
23回戦 VS 薮下柊 攻撃をしようとしたが防がれて凶器攻撃(ペットボトル)×
24回戦 VS 堀詩音 タコ焼きを一気に食べさせる ○
25回戦 VS 黒川葉月 箱の中身は・・・(自己紹介阻止)○
26回戦 VS 中野麗来 脱臼した反対側の肩を引っ張る ○
27回戦 VS 矢倉楓子 アイス早食い対決 ○
28回戦 VS 石塚朱莉 浣腸 ○
29回戦 VS 村中有基 市中引き回しの刑 ×
30回戦 VS 植村梓 相撲二丁投げ ○
31回戦 VS 東由樹 さや姉パネル身代わりからのタイキック ○
32回戦 VS 上西恵  林萌々香の裏切りによるモカパンチ ○
33回戦 VS 松岡知穂 気持ち悪い踊り→タイキック ○
34回戦 VS 薮下柊 凶器攻撃(阪神メガホン1回) ○
35回戦 VS 西中七海 三輪車搭乗時にTENGA棒アタック ○
36回戦 VS 近重光広 タイキック ○
37回戦 VS 渋谷凪咲 小指折り ○
38回戦 VS 上枝恵美加 タイキック ○
39回戦 VS 村中有基 市中引き回しの刑 ○
40回戦 VS 鵜野みずき 【引き分け】 △
41回戦 VS 久代梨奈 ジャンケン敗北後からのタイキック ○
42回戦 VS 木下百花 タイキック→もっとやって→引いて逃走 ×
43回戦 VS 木下百花 タイキック→シーブーツを脱がす ○
44回戦 VS 植田碧麗&中野麗来 きちんとつくろうの絵を捨てる→タイキック○
45回戦 VS 安田桃寧 拉致 ○
46回戦 VS 日下このみ 目薬で前後不覚に陥ったところを浣腸 ○
47回戦 VS 明石奈津子 歌っている最中に背後から口を抑えて妨害 ○
48回戦 VS 渋谷凪咲 反対側の小指を折る ○
49回戦 VS 川本紗矢 (AKB チーム4) タイキック ○
50回戦 VS 内木志 タイキック返り討ち ○
51回戦 VS 田島芽瑠 (HKT チームH) 銃刀法違反で逮捕 ○
52回戦 VS 岸野里香 腕相撲瞬殺 ×
53回戦 VS 岸野里香 背後からタイキック ○
54回戦 VS 横島亜衿 (AKB チームB) 口上からのタイキック ○
55回戦 VS 後藤萌咲 (AKB チームB) 口上からのタイキック ○
56回戦 VS 太田奈緒 (AKB チーム8) 口上からのタイキック ○
57回戦 VS 谷川愛梨 せやかて巨大化、手で押しつぶす ○
58回戦 VS 本郷柚巴 市川美織を召喚し纏めて蹴り飛ばす ○
59回戦 VS 川上千尋 口上妨害 ちっひージャンプ、ちっひーターン妨害からの放り投げ ○
60回戦 VS 山口夕輝 せやかて巨大化 おっぱいを狙うが断念 手で押しつぶす ○
61回戦 VS 惣田紗莉渚 口上から突き飛ばし ○
62回戦 VS 田北香世子 口上からのタイキック ○
63回戦 VS ダイアン津田 ボケからのおもろない突っ込みにタイキック ○
64回戦 VS 安藤愛璃菜 ドラフト2期生召喚からの退場 ○
65回戦 VS 渡辺美優紀 タイキック→走馬燈→倒れているみるきー ○
66回戦 VS 山田菜々 山田寿々と間違えてタイキック ○
67回戦 VS 門脇加奈子 せやかてを釣った→払い腰 ○
68回戦 VS 三秋里歩 飴玉で誘導して突き倒す ○
69回戦 VS 中井りか みるきー写真集で釣る→タイキック ○
70回戦 VS 荻野由佳 タイキック→効かず→払い腰 ○

 

 

いや~~こうして並べると、もの凄い対戦数だった?と言うよりも相手して頂いた方がもの凄く
多かったことが分かりますね?

ちなみに最終戦を飾った「武井紗良さん VS 荻野由佳さん」のみ実行中継↓↓↓

no title

 

 

ご自慢の「タイキック」が通用せず柔道技の「払い腰」で見事一本を決めたとされております。

(専門家から一言メモ⇒足を払っていないし「引手・吊り手」もちゃんと掴んでいることから
正確には「体落とし」という技です)

 

 

■ 武井紗良プロフィール

本名
武井紗良
読み
たけい さら
生年月日
1998年10月6日
仕事
元アイドル(NMB46所属)
出身地
大阪府岸和田市
所属事務所
元Showtitle
血液型
O型

 

 

スポンサードリンク