金原早苗の話|剛力をクリステル化|韓国ハーフ|錦戸熱愛|小中高校





今や”白目芸”、あるいは”寄り目芸”の使い手として注目を集め!フリーアナウンサーの「滝川クリステル」さんの”モノマネ”でブレイク中であり!”吉本新喜劇”から久々に誕生したヒロインで、お笑いタレントの「金原早苗」さん。

何やら?最近、”メディア”からのオファーが増えている関係で!多くの”仕事”が舞い込むようになり、主戦場である「吉本新喜劇」から離れ!”キー局”の有名バラエティー番組への「出演数が増大している傾向」に、大きな注目が集まっているご様子です。

【しかも!】お得の「滝川クリステル」さんの”モノマネ”を活用して、有名バラエティー番組で”共演”を果たした「超有名タレント」に、同じように”モノマネ”をさせ【さらに!】「変顔」までさせて!大きな話題を呼んだ模様です。

最近の”犠牲者”としては、タレントで歌手の「剛力彩芽」さんであり!”滝川クリステル”さんでお馴染みの「おもてなし」に掛けて、”剛力”の名前をヤジった「な・ま・え・ま・け…名前負け」等と言わせ【さらに!】自身の最も得意とする「寄り目芸」も真似をさせて、番組”ゲスト”にも関わらず「変顔」までさせたのです。


引用元【ツイッター(ウチのガヤがすみません!公式 )】

もちろん、金原早苗さんの”犠牲者”になっているのは”剛力彩芽”さんだけでは無く!他の番組で”共演”するゲストやタレントたちも”ターゲット”にされ「やりたい放題の人気ぶり」を見せているようです。

その気になる、吉本新喜劇の”お笑い芸人”でありながら「モノマネタレント化」している金原早苗さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(kiiiiin37)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 韓国ハーフとは?
・ 錦戸亮と熱愛とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


金原早苗氏は1987年3月19日生まれの33歳(2020年)で、ご出身は「大阪府」です。

ご出身の”大阪府”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、金原早苗氏も(大阪府)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”ご本人(姉弟不明)”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

“両親”は【なんと!】両名共に「自衛官の出身」であり、”自衛隊”に所属していた時に知り合った模様です。

幼い頃は、比較的”大人しい子供”であり!今のお姿からは想像も付きませんが【かなり!】人前には出たがらない「内気な気質(性格)」であった模様です。

但し、実家が”大阪人”の集まりなので!非常に「明るい家庭」に育ちました。

また、とても”音楽”を好んでいた少女であり!特に”ピアノ”に「興味を示していた」そうです。

なので、小学校一年生の時から”ピアノ”のレッスンを受けていたそうで!放課後は、ピアノ教室に通っておりました。

【さらに!】テレビドラマで活躍されていた”女優たち”を見て、将来の夢は「ピアノに関連した芸能人に成りたい」と思っていたそうです。

”音楽”や”芸能界”に興味を持ち始めた小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府八尾市内にある学校にご入学されましたが、詳しい”所在地”や”学校名”などは分かっておりません。

中学校時代に入っても、”音楽”が好きな少女であり!学校に設けられていた”吹奏楽部”に入部していたらしく!”金管楽器”の「トロンボーン」を担当していたそうです。

その”腕前”は、相当!”評価”が高かったらしく、部活内でも一躍!”注目”を集める演奏を奏でていたそうです。

恐らく、”見た目”のままに(笑;)「肺活量が相当!強かった」と思われます。

【さらに!】”くちびる”も厚いので「くちびるを振動させて音を出す楽器のトロンボーン」には、適任であったのでしょう。

もちろん、小学校時代から”ピアノ”のレッスンを受けていたことで「音程や音感」に優れていた可能性が高く、その”効果”が「吹奏楽部で開花した」ご様子です。

“吹奏楽部”での活躍を見せていた一方で、小学校時代から「憧れを感じていた芸能界」のことも!忘れずにいたそうで、”卒業文集”に書いた将来の夢とは!”音楽家”と思いきや【なんと!】「スーパースタになること…など」と、書き残していたそうです。

なので、その時代から既に「お笑いの可能性」を秘めていたのでしょう。(笑;)

”吹奏楽部”で活躍された中学時代を終えると、高校も地元の大阪府にある”四条畷学園高等学校”にご入学されました。

この学園の”正式名称”とは「四條畷学園小学校・中学校・高等学校」であり、その名の通り「小中高一貫教育」のため、四條畷学園小学校に”ご入学”されると高等学校までは内部審査のみの「エスカレータ式」で進学(進級)することが可能です。

この”高等学校”の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

金原早苗さんの場合は、”高校”からの進学のため「入試を受けてのご入学」と思いきや【なんと!】”トロンボーン”の「腕前を買われての推薦入学」とのことです。

この学校の”特徴”として、部活動が盛んな高校であり!その中でも「バドミントン部」が優秀で、全国でも屈指の”強豪校”として「知名度」が高く【しかも!】全国優勝を”30以上”も記録しているそうです。

なので、”インターハイ”や”国体”などの「大きな大会に選考される選手」が非常に多く、卒業生の中にも”実業団”で活躍する選手を、何人も輩出しているそうです。

金原早苗さんは、”トロンボーン”による推薦入学のため!もちろん、部活動は”吹奏楽部”に入部をされており、中学校同様に”トロンボーン”を担当しておりました。

また、部活内では!その”腕”が光り「注目される存在」であったことから!吹奏楽部の「部長」を任されていたそうです。


引用元【ツイッター(かめばかむほど亀井希生です! )】

【実は!】この高等学校の”吹奏楽部”は、大阪府内にある高等学校の中でも「強豪校」として有名であり!関東地区大会は素より、全国大会の「常連校として知名度が高い」のです。

その”強豪校”の中で、”部長”を努めていたのですから!金原早苗さんが【いかに!】”トロンボーン”の「名演奏者であった」かを、物語っております。

一方の”私生活”では、その当時!大人気を誇っていた歌手の「安室奈美恵」さんの大ファンであり、元から「芸能界に憧れを感じていた」ことも手伝い!高校時代も、将来の夢は「スーパースターになること」と決めいたそうです。

なので、もちろん!”卒業文集”には、中学校時代と同様に「スーパースター」と記されているそうです。(笑;)

その後、高校三年生になると”部活動”を引退をされて!”進路”の選択が迫られた時に、”両親”が共に「自衛隊員」であったことから!娘にも”自衛隊入り”をススメられたそうですが、既に”スーパースター”になるために「芸能界入りを希望していた」ことから、断ったそうです。

この時、両親が”自衛隊員”であることを「始めて知った」らしく!それが”影響”を与え、後に進む”吉本新喜劇”での「ご自身のネタ」に組み込むようになります。


引用元【ツイッター(小籔千豊(吉本新喜劇) )】

”吹奏楽部”で活躍された高校時代を終えると、大学には進学をせずに社会人とあり!吉本興業が手掛けている、若手の養成所として有名な”総合芸能学院(NSC)”の「女性タレントコース」に、ご入学をされます。

“吉本総合芸能学院”は1982年から創設されていたのですが「NSC女性タレントコース」として創設されたのが”金原早苗氏”さんが入所された年からであり!そのため「第一期生」として入所されます。

なので、金原早苗氏さんとしては!この”第一期生”に目が眩んだらしく「初代なら必ず売れる」との計算のもとで、入所を希望したそうです。

ちなみに、この時の”同期”には!お笑いタレントの「前田まみ」さんや、元お笑いコンビ”桜”の「稲垣早希」さん「増田倫子」さんなどが居るそうです。


引用元【インスタグラム(koromami24)】

その後、2006年に吉本新喜劇で行われた”金の卵オーディション”に参加され、見事!”合格”を果たしたことから、吉本新喜劇に所属することが決まり!2008年にオープンされた、大阪の京橋にある”京橋花月劇場”から「お笑い芸人のスタート」を切ったのです。


スポンサードリンク


◇ 韓国ハーフとは?


現在ではスッカリ!”白目芸”、あるいは”寄り目芸”の使い手として注目を集め「滝川クリステル」さんの”モノマネ”で話題を集めている”金原早苗”さんですが、見た目の”ルックス”が「日本人離れしている…など」と呼ばれているらしく、ネット界では「ハーフ説」が伝えられているそうです。

「フザケなければ美人…など」と好評の金原早苗さんですが【実は!】それも!そのはず!!主戦場である”吉本新喜劇”では「マドンナ役」として活躍をされており【しかも!】”吉本養成所”でお馴染みの「総合芸能学院(NSC)」では、第一期生の「女性タレントコース」の卒業生でもあるのです。

なので、吉本新喜劇に所属する”女性お笑い芸人”の中でも!もとから「美人」として有名であり、その当時から「滝川クリステルさんに似ている」と評判が挙がっていたのです。

そこで、東京進出の”武器”として携えたのが「滝川クリステルさんのモノマネ」であり!それを”筆頭”に、今では様々な”タレント”のモノマネまでも行うようになりました。


引用元【インスタグラム(kiiiiin37)】

もちろん、”完成度”には賛否両論があるようですが(笑;)”大阪魂(お笑い魂)”を糧に、”メジャー進出”に力を降り注いで居るご様子です。

最近では、”人気上昇”と共に!あまりにも「独特なルックス」に注目が集まり始めたことから、”外国人説”あるいは「ハーフ説」などが飛び出した模様です。

【しかも!】”滝川クリステル”さんと言えば、フランス人の”父親”と日本人の”母親”を持つ「ハーフ」でお馴染みですが、その”顔モノマネ”を行っている以上!否応なしに「ハーフ説」が疑われても、おかしくはないのです。

【さらに!】最近では、自身も”ハーフ”を意識し始めたのか?”新ネタ”のモノマネのほとんどが「ハーフタレント」が目立っており!今は亡き「梅宮辰夫」氏の長女「梅宮アンナ」さんや、ハリウッド女優としてお馴染みの「ミラ・ジョボビッチ」さんのモノマネを披露されております。


引用元【インスタグラム(kiiiiin37)】

生まれ持った”ルックス”もそうですが、”ネタ”のほとんどが「日本人離れしたモノマネ」が多いことから”ハーフ説”が唱えられている要因なのですが、本当に「ハーフ」なのでしょうか?

【実は!】金原早苗さんの”両親”は【なんと!】両名ともに「元自衛官」なのですが、日本の”自衛隊”に入隊するには「日本国籍」でなければなりません。

つまり、”両親”は「日本人」であることに間違いが無く!生まれた娘も、当然「日本人」となります。

但し、両親が元から”ハーフ”の可能性も否めませんが、恐らく!それはないでしょう。

なので、結論としては!金原早苗さんは、”大阪”生まれ育ちの「生粋の日本人」で間違いなさそうです。


スポンサードリンク


◇ 錦戸亮と熱愛とは?


【実は!】金原早苗さんには、過去に”スキャンダル”が報じられたことがあり!その相手が【なんと!】アイドルグループ「関ジャニ∞」の元メンバー「錦戸亮」氏なのです。


引用元【インスタグラム(ryonishikido_official)】

普通であれば、あり得ない「接点の二人」と思われるのが当然であり【唯一!】”接点”があるとすれば「大阪出身」くらいのモノです。

なので、結論からすると!恐らく、ただの「友達どうし」です。

【実は!】金原早苗さんがどうの!こうの!!よりも、以前から”錦戸亮”氏の方が元から”お笑い好き”として有名であり!”吉本新喜劇”に何度も足を運ぶ程の「生粋のお笑い好き」なのです。

なので、吉本新喜劇の”ヒロイン”として人気を集めていた金原早苗さんに「興味を持つ」のは、当然の話です。

そもそも、二人に”熱愛疑惑”が報じられた「発端」とは!錦戸亮氏が”うどん屋”のために作ったと言われる”トレーナー”と同じものを、金原早苗さんも「着用していたから」でした。


引用元【ツイッター(ゆりか )】

しかし、上記したように!二人は”交際している”よりも「仲の良い友達」である可能性が極めて高く、それならば!トレーナーの一つや二つ、金原早苗さんに”プレゼント”してもおかしな話では無く!”お笑い好き”の錦戸亮氏にしてみれば、金原早苗さんの”キャラ的”にも「うどんのトレーナー」で話題作りをしたい!と考えることは、あり得る話です。

また、二人で「深夜デートをした」との情報も!SNSから伝えられておりました。


引用元【ツイッター(matsuge )】

しかし、”忙しい”二人が会える時間帯と言えば「深夜のみ」であり!”友達同士”で食事に出向いても、何らおかしな話ではありません。

【しかも!】情報源となった”ショット”には↑二人意外の”関係者”も写り込んでいます。

【さらに!】この情報をSNSで伝えた”投稿者”は、ハッキリと「某事務所の圧力により掲載を拒否されたから暴露した」と語っている以上!”無理矢理感”が強く感じられ【しかも!】”大スクープ”にも関わらず!”事務所”の圧力に屈して「異例のSNSでの投稿」を行っているところを見ると【まさに!】”無理矢理感”しか感じられません。

その意味でも、二人の”熱愛”には「信憑性」が欠けており!”噂”に挙がった情報にも「証拠としての価値は、ほとんど無いに等しい」と言えます。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2013年に、毎日放送系列で放送された番組”よしもと新喜劇”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2019年に、”株式会社日経サービス”が手がけた企業CM”株式会社日経サービス”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
金原 早苗
読み
きんばら さなえ
生年月日
1987年3月19日
仕事
タレント、女優
出身地
大阪府
所属事務所
吉本興業
血液型
O型


だいたひかるの話|乳がん再発|フィリピン人|文具芸人|小中高校





女性”ピン芸人”としてご活躍し「私だけで!」の”ネタ”で一躍ブレイクを果たした女性芸人の「だいたひかる」さん。

何やら?以前、患った”乳がん”の治療にかかった”費用”を全面的に暴露され、同じ”病”で苦しんでいる女性たちから大きな反響を呼んでいるそうです。

だいたひかるさん”44歳”にして、再発した乳がんでの”治療代”を!大胆に暴露された模様です。

その気になる乳がん治療代を含めて「だいたひかる」さんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(デイリースポーツ )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ 乳がん再発で治療費暴露?
・ フィリピン人なの?
・ 文具芸人とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 乳がん再発で治療費暴露?


だいたひかるさんは2016年1月に、”乳がん検査”でお馴染み「マンモグラフィー検査」を受診したところ、右の乳房に”しこり”が見つかったそうで!「乳がんの恐れがある」として”右乳部分”の「全摘手術を受けたことを明らかにされていた」のです。

その一報は、ご自身が出演された日本テレビ系列で放送中のお昼のワイドショー「情報ライブミヤネ屋」の番組内で発表されたのです。

当時は相当!悲痛な思いをされていたそうで、苦しみの余り”自殺”も考えたそうです。

その当時は、また”女性芸人”として「多方面でのご活躍が最盛期であった」ことから、その真っ只中での”がん報告”でしたので、その衝撃は計り知れなかったことでしょう。

なので、周りの関係者だけではなく!お茶の間の”女性たち”からも大きく注目を浴びていたものです。

その後は、放射線治療を併用しながらの治療を行い、女性であれば誰もが気になる!乳がんについての気になる”費用(治療代)”の「詳しい情報」を、ご自身の公式SNS(ブログ)で明らかにされたのです。

それによると「当てる量や回数などによって金額は異なる」との見解を示しながらも、自身の経験では治療回数25回で約「257、420円掛かった」ことを暴露されました。

つまり!一回の放射線治療代が「約10,000円前後」であることを教えてくれたのです。

女性なら誰にも起こりえる病気であり、”最新治療”の開発が進む中とは言え!女性たちから大きな「注目を集めている疾患」であるため、その詳しい情報提供は、女性たちにとっては貴重な情報源となったはずです。

なので、身近になりつつある”疾患”ではあるモノの!あまり知られていない「治療代を暴露」されたことは、きっと!同じ病で闘病されている女性たちには「ありがいたい有力情報」となったようです。

疾患の規模の違いはあるモノの「現実の治療代」を知った!同じ”治療”を受けている、気になる情報を知った女性たちからは「かなり有り難い情報です…など」の、感謝の言葉が多数!寄せられております。

近年、急激に増えている病気なだけに!あまり知られることの少ない「治療に関する詳しい情報」の暴露は、相当!世間の女性たちに役に立ったことでしょう。

日頃から「人を笑顔にする仕事(お笑い芸人)」であるが故に!「人を幸せにする情報提供」までも、届けてくれた形となったご様子です。


引用元【インスタグラム(joseijisin)】


スポンサードリンク


◇ 小中高校


だいたひかるさんは1975年5月25日生まれの44歳(2020年)で、ご出身は「埼玉県東松山市」です。

ご出身の”埼玉県東松山市”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、だいたひかるさんも(埼玉県東松山市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では幼稚園は地元の埼玉県狭山市にある”けやの森学園幼稚舎”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しい(ほぼ皆無!)なので詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と二歳年上の”兄”がいて、ご自身は長女として生まれ育ったご様子です。

家庭環境としては、”父親”は一般社員として「サラリーマン」をされているとのことです。

幼少期から”軟弱”で、性格は「内向的」であったことから、”口数”の少ない少女であった模様です。

なので、時に”声”が出し難くなり、それが原因で”意識”が薄れ「死にかけた!」ことがあるそうです。

【さらに!】”ヘアースタイル”が「ポニーテール」であったことから!”髪”があちらこちらに引っかかり易く、ある時は「ドアのノブに引っかかて死にかけた」こともあるそうです。

また、”食事”になると決まって「納豆」を好んでいたらしく、今でも”食事”には「納豆」が欠かせない!とのことです。

小学生時代になると”無口”であったことから”友達”が居らず、いつも一人で遊んでいたようです。

なので小学校三年生になると、自ら”明るい性格”に改めようと、無理やり”笑顔”を作り始めたご様です。

同じ頃に”クラス”で遠足に行った際、”くしゃみ”が止まらなくなり、その勢いで”嘔吐”したことから、あだ名を「ハクションゲロ」と名付けられていたとのことです。

また、性格は”内向的”でしたが”運動”が好きで、バスケットボール部に入部していた模様です。

すると、意外にも部活内では”目を見張る”活躍ぶりを見せていたそうで、毎回行われる地区の大会には”レギュラー”として出場し「県大会出場」に大きく貢献されました。

一方、家庭では”テレビっ子”であったことから”しょっちゅう”、時代劇の”水戸黄門”を好んで視聴されておりました。

また、夏休みになると母親の実家(岩手県)に、ほぼ”強制的”に遊びに連れて行かれたようです。

小学校六年生になると、”理由”は定かではありませんが、同じ”埼玉県”にある「東松山市」に引っ越しをされた模様です。

なので、通っていた小学校は”所沢市立林小学校”でしたが、中学校は東松山市にある”東松山市立中学校”にご入学されております。

中学校になると、小学時代から行っていた”バスケットボール”は続けずに、理由は定かでありませんが「水泳部」に入部したそうです。

水泳部でも「意外な実力!」を発揮し、種目「自由形」では”校内”で定めていた記録を塗り替えて、”新記録”をマークされたようです。

なので”学生時代”は、かなりの「スポーツ女子」であったご様子!が伺えます。

但し、”学業の方”の情報が無いので「能力的にどうなのか?」については分かっておりません。

”水泳”でご活躍された中学時代を終えると、高校も地元の埼玉県鶴ヶ島市にある”埼玉県立鶴ヶ島高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子!

高校時代になると、”性格”がガラッと!代わり、一年生の時に恋に落ちたらしく!男子生徒に”初恋”をされ、そのまま「交際へと発展した」とのことです。

【ところが!】その彼を、一番の”親友”であった友人に「奪われて!」しまったらしく、過度な”ショック”を受けて「軽い登校拒否」となったそうです。

すると、そのことを知った母親が「プライドがあるなら負けるな!」と励まし、今まで”不仲”であった母親と”和解”して、急に「仲良くなった」ようです。

なので、ある意味”彼氏”を「奪われた」ことが、逆に”幸いし”て思わぬ「効果?」をもたらしたご様子です。

その頃からか?は断定できませんが、今まで見たこともない”スタイル”に「変貌」をしたらしく、ヘアースタイルが長髪!しかも当時、流行っていた”ガングロ”にして「ギャル風のキャラ」へと変わったそうです。

なので高校には”たまに”しか行かない様になり、”しょうちゅう”友達とカラオケボックスやクラブで遊んでおりました。

今のスタイル(キャラ)からは想像がつかないほど「荒れていた!」時期があったのです。

その結果?高校時代は、約”六名”の男子生徒と「交際」をされたご様子で、毎回”彼氏”に合わせて、自身のスタイル(性格や私服)を変えていたとのことです。

かなり”荒れた”高校時代を終えると、大学には「進学せず」に”美容系”の学校(たぶん専門学校)にご入学された模様です。

その後、その”学校”をご卒業されると社会人となり、どこか?(多分さいたま地区)の”美容院”で働き始め、”美容師”として約4年間、”真面目”に勤務されていた!とのことです。

その際に、”美容師”の命でもある手(指)を車の”ドア”に挟んだらしく、仕事が出来なくなったことから、しばらく”休業”を余儀なくされたご様子です。

すると、”何もできない”時間が余り切っていたことから”暇つぶし”に、お笑いを専門としていた”カルチャースクール”に入校して「お笑い芸」を学び、そのまま”ピン芸人”として芸能界の道に進んだとのことです。

つまり、その時点で「美容師を諦めた」のです。

カルチャースクール時代に生まれた”ネタ”の「私だけでしょうか?」を”武器”に、お笑い界に”進出”されますが、しばらくは「売れない時代(下積み時代)」へと入って行きます。

この当時は、”お笑いの事務所”などには所属せずに「自力」で仕事を見つけられました。

また”芸能界”へ進んだことは「親」には知らせず、密かに活動を行っていたようです。

その後は当時、お笑い番組として人気であった、NHKのお笑い番組”爆笑オンエアバトル”やフジテレビ系列で放送されていたバラエティ番組”歌うボキャブラ天国”に出演し、徐々に”知名度”を広げて行きます。

すると、2002年から放送がスタートした、お笑い事務所でお馴染み”よしもと興業”が開催している”ピン芸人”によるお笑いバトル番組”R-1ぐらんぷり”に出演し、見事!第一回の”グランプリ”に輝いて、一挙に”人気”を博して「全国区」となりました。



引用元【サイト(R-1GPアーカイブ – R-1GP2002)】

ちなみに、この時に獲得した賞金”100万円”のうちの数十万円は、銀座の”ホストクラブ”で”一晩”のうちに使い切ったとのことです。

そして、”お笑いブーム”が「再来した」2003年頃から始まった、日本テレビ系列で放送され、今でも”不定期”で放送されているお笑い番組”エンタの神様”に出演する機会に恵まれます。



引用元【サイト(YouTube)】

すると、今までの”芸風”にはなかった「歌を取り入れた毒舌ネタ!」で”大好評”を買い、一挙に「ブレイク」を果たしました。

その後は、お笑い番組やバラエティー番組から”引っ張りだこ”となり、知名度を広げると同時に”幅広い年代”の方から人気を集めるように成長して行きます。

お笑い界での”ポジション”を確率すると、さらにメディア出演が多くなり、テレビ朝日系列の番組”いきなり!黄金伝説”や日本テレビ系列で放送されている人気バラエティ番組”笑点”等に出演を果たし【さらに!】人気を博して行きます。

そして2006年1月になると、放送作家で脚本家の「北本かつら」氏とご結婚をされます。

【ところが!】、当時日本テレビ系列で放送されていたバラエティ番組”シャル・ウィ・ダンス?”で共演されたダンサーの「二宮清」氏との”不倫疑惑”が浮上して、一挙に”幸せ”から”不幸”へと陥って行きます。

その後、翌年の2007年に”僅か”一年余りでありながら「北本かつら」氏と”離婚”をされます。

また、同年には所属事務所が放送しているラジオ番組「おしおきピンキームーン」に出演され、”離婚ネタ”を匠に利用しながら、自身初の「ラジオデビュー」を飾りました。

さらに翌年になると、”NHKラジオ”内で放送されていたCM”夜はぷちぷちケータイ短歌”に出演し、”声のみ”ながら自身初の「CMデビュー」を飾りました。

そして、2013年のご自身”38歳”のバースデーに”アートディレクター”の「小泉貴之」氏と「再婚」をされました。


引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】

その後、しばらくは”メディア”から姿を消し、”家庭生活”に入ったのか?主婦業に専念されて行きます。

すると2016年に、ご自身に乳がん(ステージ2B)を患ったことが判明し治療に入ります。

その後、その”事実”をテレビ番組で明らかとすると”その辺”から、また”メディア”で見かける頻度が増え始め、各局のテレビ番組に出演するようになって行きます。

“ピン芸人”としての「姿」は、今では殆ど見かけることがなくなりましたが、情報番組やトーク番組、バラエティ番組などに出演するようになって行きます。


スポンサードリンク


◇ フィリピン人なの?


だいたひかるさんはに以前から”ハーフ”説”なるものが「噂」として伝えられており!ご両親のどちらかが「フィリピン人なのでは」と疑われておりました。

【さらに!】もう一つ「ハーフ説が噂された要因」として、情報サイトでお馴染み”ウィキペディア”に掲載されていた出身地に「フィリピン」と記載されていたことが一時期あったからなのです。



引用元【サイト(ウィキペディア)】

ウィキペディアは”個人”が勝手に書き換えることのできる情報源なので、一部のネット住民が書き込んだ情報と思われますが、正確なところは分かっておりませんでした。

但し!よく調べて見ると、”だいたひかる”さんのご両親は”父親”は「神奈川県のご出身」であり、”母親”は東北の「岩手県のご出身」であることは、間違いのない事実なのです。

なので、その二人(両親)に授かった子供ですから!もちろん「生粋の日本人」であることに間違いありません。

【さらに!】当事者のご本人も、2019年3月に”更新”された公式SNS(ブログ)の中で、このよう語っておられました↓↓↓

私がフィリピン出身という事で、とお仕事の話をいただいたのですが…私は神奈川県出身の父と、岩手県出身の母との間の子供です。なぜ?フィリピン出身だと思ったのか・・・自分なりに考えた結果。高校生の頃にあだ名が「フィリピーナ」だったからかな?とも思いましたが…日本人です





つまり「学生時代に名付けられたあだ名」が、そのまま”出身地”として掲載されたとの見解を明らかにされていたのです。

では何故!”あだ名”が「フィリピーナであったのか」と言うと【実は!】若い頃の”ルックス”が、あまりにも「フィリピン人に似ていた」からなのです。

写真を見る限り、確かに”東南アジア系”のお顔立ちに見えなくもありません。

【さらに!】高校時代は「長髪のガングロ」の”ギャル風スタイル”にしていたらしいので、なお一層”フィリピン人”に見えていたのでしょう。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】


スポンサードリンク


◇ 文具芸人とは?


だいたひかるさんは以前から、芸能界きっての「文具マニア」として有名でした。

なので「文具芸人など」と呼ばれて親しまれ!その噂が”文具業界”に伝わると・・・

【なんと!】文具メーカーの”株式会社ハピラ”が協賛された「オリジナル文具の商品」が開発されることになったのです。

しかも、そのオリジナル商品の”ブランド名”を「WATASHIDAKE?」と命名され【さらに!】公式SNS(ツイッター)の”専用アカウント”まで公開されて、大々的な事業展開を始めたのです。


引用元【ツイッター(furuko2015 )】

【さらに!】毎年行われている”文具祭り”スペシャルイベントの場でも、”新ブランド”の完成を報告したりと、”文具芸人”の名に恥じない?活動を、「精力的」に行っている模様です。

開発した商品の中でも、特に「ふせん」に注目したらしく、通常使われている”ふせん”は「筆箱に入れたり、”ノート”に挟んだりするからバラバラになりやすい!」との問題点を指摘されております。

そこで、”整理”しやすい三種類をデザインした”ふせん”を開発し、「用途」に合わせて使える”スタイル”の商品を提供されているそうです。

つまり、だいたひかるさんの「真心がこもったアイデア商品!」が開発された模様なのです。

また、今回のような”商品開発”をすることは昔からの「夢」でもあったらしく、初めて出来た商品を手にした時には、”涙”を浮かべたそうです。

“だいたひかる”さんが”ブレイク”を果たすキッカケとなったネタの「私だけでしょうか」に因んだ「WATASHIDAKE」でしょうから!必ずや成功することでしょう。


引用元【インスタグラム(buntobi)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 雑誌

・ 2004年に、”ワニブックス”が手がけた作品”ほやほやの冗談”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2006年に、”(RandC”が手がけた作品”ほっしゃん。&だいたひかる”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(aa.3rdock.com )】

◇ 映画

・ 2007年に、”吉本興業”によって公開された映画”おしおきピンキームーン”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2008年に、”NHK”局が放送した番組”夜はぷちぷちケータイ短歌”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(加藤治郎 )】

◇ テレビ番組

・ 2009年に、日本テレビ系列で放送された番組”エンタの神様”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(choco )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
小泉 ひかる
読み
こいずみ ひかる
生年月日
1975年5月25日
仕事
お笑い芸人
出身地
埼玉県東松山市
所属事務所
吉本興業
血液型
O型






鳥居みゆきの話|姉はモデル鳥居千春|旦那はタロフ|小中高校は





一時期「手の施しようがない美人」として大きな旋風を巻き起こし!”個性的”なキャラと”奇想天外”な行動で、芸能界や世間をザワつかせた、小説家でお笑い芸人の「鳥居みゆき」さん。

何やら?その鳥居みゆきさんが、自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、人気SF映画「”スターウオーズ”」に登場する”オビ=ワン・ケノービ”らしき人物に似た”モノマネ”や【さらに!】”スッピン”だと思われる「素顔を公開している」として、注目を集めているようです。

鳥居みゆきさん”39歳”にして、念願の「SF映画デビュー」を飾ったご様子です(笑;)。



引用元【インスタグラム(toriimiyukitorii)】

今回、インスタに投稿された”ショット”では↑恐らく!”家族”や”旦那”以外は、誰も見たことが無い鳥居みゆきさんの”スッピン姿”ですが【まさに!】”未来戦士”のような「フード姿」で登場されて、大き目の”フード”で顔面を覆い!今にも「ライトサーベルで襲って来そうな佇まい」を醸し出し、普段の”振る舞い”からは想像も付かない「格好良さ」を見せたご様子です。

その姿を見た”ネットユーザー”や”インスタファン”たちからは「恐ろしい程の美しさ・美しすぎる・
かわいい・公演観に行きます。モゾビー以来かも・コワ可愛い~・怖…など」の、”狙い通り”の反響を呼んでいる模様です。

“狙い通り”とは…【実は!】鳥居みゆきさんは、2020年3月から東京・新宿にある劇場「新宿村
LIVE」で行われる”単独ライブ”が予定されており、そこでお馴染みの「破天荒なキャラ」を生かした演技を披露されるらしく、その”公開前宣伝”を行うために!ご自身の公式SNS(インスタグラム)で「普段では見せない貴重な姿」をアピールされたと思われます。

なので、結果的に”インスタ”に反響を集めたことによって「単独ライブの宣伝へ!上手くつなげることに成功された」ご様子です。

その気になる”単独ライブ”を含めて「鳥居みゆき」さんについて紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 姉はモデルの鳥居千春?
・ 旦那のタロフとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


鳥居みゆきさんは1981年3月18日生まれの38歳(2019年)で、ご出身は「埼玉県」です。

ご出身の”埼玉県”にあるご自宅で、ご両親と姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、鳥居みゆきさんも(埼玉県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の埼玉県行田市にある”行田市立東小学校”にご入学されたと判明しております。

ご出身は”埼玉県”ですが、生まれは「秋田県」とのことです。

詳細は分かっておりませんが、生まれて直ぐに”埼玉県”に引っ越しをされたそうです。

ご家族は”ご両親”と二歳年上の”お姉さん”が居り、ご自身は「次女」として生まれ育ったようです。



引用元【ブログ(takoyakipurinさんのブログ)】

鳥居みゆきさんは、今のお姿からも想像が付きますが!小学生の頃から”活発な少女”であったらしく、いつも”ジャージ姿”の格好で「ガキ大将さながらの”親分肌”」として、周りの生徒を”仕切っていた”ようです。

その一方で、当時から「不思議ちゃんキャラ」が存在していたらしく!植物の”蜜”を吸っていたり、飼育しているペットに声を掛けたりと、若干「変わった小学生」でもあったようです。

また、小学生当時から”色白の肌”が目立っていたそうで「近所でも評判の色白少女」として、親しまれていたそうです。

但し、”体型”は「ポッチャリ」していたらしく!あだ名は「シロ豚など」と、呼ばれていたようです。

なので、普通では考えられませんが!”親分気質(性格)”でありながら、なぜか!”イジメ”を受けていたそうです。

しかし、元から「不思議ちゃんキャラ」として親しまれていたことから、それが功を称して!然程、”陰湿なイジメ”ではなかった模様です。

”不思議ちゃんキャラ”が目覚めた小学時代を終えると、中学校も地元の埼玉県行田市にある
“行田市立長野中学校”にご入学されました。

中学生になると、小学生当時に見せていた”活発な少女”は身を潜めて、中学生時代は”根暗なキャラ”へち変貌し!クラスでも目立たない存在へと”様変わり”したそうです。

・・・というのも!中学生になると”読書”を好むようになり、特に!”小説”にハマっていたらしく、その中でも”芥川龍之介賞受賞作家”で有名な「安部公房」氏の作品を好んでいた模様です。

また、中学生二年生の時には!知り合いからススメられた映画「アギーレ/神の怒り」を観て、初めて自身の中に”衝撃”を覚えたらしく!”主演”を務めていた「役者の演技・作品の描写・美しさ」に、心が惹かれ!将来は「表現者になりたい」と、思い始めたようです。

なので、この当時から既に”芸能界入り”を「示唆」されていたのです。

そのため、”姉”の「鳥居千春」さんが!既に”読者モデル”として「芸能界デビュー」を果たしていた関係もあり、ご自身も女性向けファッション誌でお馴染み「non-no」や「CUTiE」の”読者モデル”として活動していたことを、後に語られております。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ただ、学校では”根暗なキャラ”を装っていたことから”イジメ”を受けてしまい!室内用とは別に準備されていた”外ズック”を隠されたり、通学用に使っていた自転車を”パンク”させられたり・・・と、相当な!”陰険なイジメ”を受けていたようです。

文学少女に目覚めた中学時代を終えると、高校も地元の埼玉県にある”行田進修館高校”の
「商業科」にご入学されました。

この高等学校は、現在”少子化”の影響もあって!行田市にあった「行田女子高等学校と行田工業高等学校と進修館高等学校」の三校が合併されて、2005年から「埼玉県立進修館高等学校」と”校名”を改めた上で運営されております。

なので、課程は”全日制”の「男女共学」で、学科は「普通科・工業化・総合学科」の三学科が設けられているそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

【実は!】今の”お姿”からは想像も付きませんが、当時は「お嬢様の風格を感じさせる写真↑」を公開されている模様です。

高校時代は、”ワープロ部”に入部していたらしく!ここでは「将来”物書き”になる予感を感じさせる行動」を取っていたようです。

しかし、”ワープロ部”に入部した理由として「”文字”を簡素化する方法はワープロだ」と思って入部されたご様子ですが、その後「”商業”を生かすにはパソコン部に入部すれば良かった」と、改めて”後悔”されたようです。

・・・とは言え!”ワープロ部”で習った学習は無駄にはならずに!様々な”資格取得”に役立っていたようです。↓↓↓

・ ワープロ2級
・ 商業簿記2級
・ 情報処理1級
・ 工業簿記1級
・ 珠算準1級


いずれの資格も、”国家資格”には及ばないモノの!”民間資格”を数多く取得されているようです。

高校に入学された頃は「物静かなキャラ」を続いていたことで、クラスには「友達が居なく、周囲とのコミュニケーションが上手く取れなかった」とのことです。

しかし、高学年になりだすと!”考え方”を一新された模様で、身近に居た”クラスメイト”と「コミュニケーションを取るために、アルバイトで稼いだお金を手渡し”会話”をしてもらうように頼んだ」とのことです。

【しかも!】手渡した金額は、一人当たり”1,000円”とのことです。

高校生での”1,000円”といえば、相当な!金額であり、どんな生徒でも話すくらいの頼みなら応じたはずです。

【さらに!】ご自身を”目立たせる”ために、ヘアーカラーを「ピンク色に染めた」とのことです。

【ところが!】それらは全て”裏目”に出てしまい!クラスメイトの間では「変わった子と思われた」ようで、人によっては「遠ざける同級生」も居たようです。

但し、そんな”キャラ”であっても!「人と寄り添いたいと思って努力した」ことは立派なことだし、その”行動”が功を奏して!”イジメ”も激減したようです。

そんな高校時代を終えると、大学には進学せずに社会人となります。

学生時代に終わりを告げると、最初の就職先は”歯科医院”とのことで「歯科助手として仕事を熟していた」そうです。

また、それと同時に「舞台俳優も目指していた」ようです。

そのため、詳細は分かりませんが!2002年6月から公開された演劇「ジャッキー・ホイの小豆脳TV」に出演されて、自身初の「舞台デビュー」を飾りました。

その後、”美容室”に勤務していた”姉”のススメによって、大手芸能プロダクションに所属する事となり、なぜか!俳優から”お笑い芸人”へと「芸風の方向性」を変更し始めます。

芸能事務所に入ってからは、2004年8月に日本のマンガ「ブラック・ジャック」のCMに起用されて、で自身初の「CMデビュー」を飾ります。

【さらに!】2006年6月には、TBS系列で放送された金曜ドラマ「クロサギ」に出演されて、自身初となる「テレビドラマデビュー」も飾りました。

【すると!】ご自身”26歳(2007年)”の時に、当時!ネット動画で話題を呼んでいた”Gya0”の放送で、お笑いタレント「カンニング竹山」氏の冠番組であった「カンニングの恋愛中毒」に出演されて、ご自身の「個性溢れる出演シーン」が話題を呼び、一躍!「ブレイク」を果たします。


引用元【ツイッター(カンニング竹山 )】

そこからは、”知名度”や”人気”が急上昇し始めて、2008年1月に公開されてた映画「全然大丈夫」に出演されて、自身初の「映画デビュー」を飾りました。

また、同年の”ある日”突然!翌年(2007年)に「結婚していたことを電撃発表」されて、所属事務所ですら”知らなかった”ことから、世間で大きな話題を呼びました。

【さらに!】同年の夏に行われた「第13回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」に出演されて、誰もが予想をしていなかった”歌唱力”を披露されて【なんと!】”優勝”を果たして「未知なる才能を見せつけた」のです。

その勢いのまま、2009年には自身初となる「Vシネマデビュー」を飾り、DVD作品「みみずひめ」をリリースされました。


引用元【ツイッター(よっしー☆☆☆(麺類愛好会) )】

様々な「可憐な才能」を見せ始めると!自身の”活動領域”では無い「ファッション業界」からも注目が集まり始めて!2010年3月に行われた”東京ガールズコレクション”に出演されて、”モデル”とは無関係な「奇抜な格好で登場して会場を盛り上げた」のです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

その後も、バラエティー番組やお笑い番組などでは「タレント」として!一方、テレビドラマや映画・舞台などで「俳優(女優)」として、人気を集めて行きます。

しかし、ある日から突如!”表舞台”から姿を消すと、メディア以外での活動(DVDリリース・MVの監督・観光大使・一日警察官…など)に、力を入れ始めて!公の場では目にする機会が少なくなったのです。


スポンサードリンク


◇ 姉はモデルの鳥居千春?


鳥居みゆきさんには”一人姉”がおりますが、その”姉”のお名前が「鳥居千春」さんと言います。

“キャラ的”には「妹と真逆の正統派な美容系」の仕事を行っているそうです。

【しかも!】以前に”メディア”に登場した際には、相当な!「美人として取り沙汰された」らしく、世の男性たちから大きな注目を集めた模様です。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

また、以前に”読者モデル”の経験があるらしく!その”影響”で【実は!】鳥居みゆきさんも”中学時代”に、女性向けファッション誌でお馴染み「non-no」や「CUTiE」の”読者モデル”に起用されていたのです。


引用元【ツイッター(つかだ ゆう )】

鳥居みゆきさんとは、”二歳”離れており!年齢的には”40代(2019年)”に突入された模様です。

見た目は、とても「アラフォー世代」とは思えません。

そもそも!妹の鳥居みゆきさんも、昔から「年齢不詳な部分」があったことから!そこは「やはり”姉妹”だけあって」、”姉”も実年齢よりも若く見られることから「年齢を特定するのが難しい」と、よく言われるそうです。

但し、”性格的”には「妹と重なる部分もある」らしく!いわゆる”変人キャラ”とのことです。

・・・とはいっても、妹とは違い「”破天荒”では無くて、既に”ご結婚”をされている」模様です。

ちなみに、鳥居千春さんが勤めている”美容室”とは、東京都渋谷区にある「cuzco(クスコ)」と呼ばれているお店らしく!”美人”であるが故に、美容室でも【かなり!】の”人気者”であるらしく「鳥居千春さんを求めて来店する男性客」も、多いとのことです。


スポンサードリンク


◇ 旦那のタロフとは?


“奇想天外なキャラ”として、一時期は「お笑い界を一世風靡」された鳥居みゆきさんですが・・・

【実は!】既に「ご結婚されている」ことを発表されております。

【しかも!】発表当時は、所属事務所も”知らなかった”模様で!世間を驚かすと共に「関係者を戸惑わせた」とのことです。

その、ご結婚された”旦那”ですが!当時は”芸人”として活動されておりましたが、全く売れないまま芸能界を離れ、現在は”解散”されている!お笑いコンビ”パソコンズ”の「タロフ」と言う人物とのことです。

現在は、”一般サラリーマン”として働いているようです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“売れない芸人”当時は、鳥居みゆきさんの”収入”で賄っていたらしく!いわゆる”ひも男”として彼女の「身の回りの世話を行っていた」ようです。

現在は、一般”サラリーマン”として働いているらしく、そのため「旦那の面子は保たれている」模様です。

しかし、ご結婚はされたモノの!家庭では「ほとんど会話が無い状況」が続いているそうで【しかも!】鳥居みゆきさんは、他人から触られるのが大嫌いであることから「夜の営みもほぼ”皆無”」らしく、それが要因で?今だに「お子さんが居ない」とのことです。

その”事実”が、メディアで明らかにされると!視聴者からは、当初「面白おかしく捕らえられていた」のですが、徐々に”世の男性”からは「旦那が可愛そう…」との声が増え始めて、旦那に対して「同情する声」が、増え始めたのです。

もしも、今だに旦那が「芸能人として活動していた」のなら!間違いなく”仮面夫婦”として、マスコミから取り沙汰されていたことでしょう。

なので、ある意味では「一般サラリーマンになって大成功」と言えそうです(笑;)。



引用元【インスタグラム(toriimiyukitorii)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ CM

・ 2004年に、”日本テレビ”が手がけた企業CM”ブラック・ジャック”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(美少女力士 )】

◇ DVD

・ 2004年に、”グレード・コミュニケーション”が手がけた作品”お笑い吟醸ライブ 極み 赤”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Kurosaki )】

◇ テレビドラマ

・ 2006年に、TBS系列で放送された番組”金曜ドラマ クロサギ 第10話”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2006年に、”山崎まさよし”が手がけた作品”ADDRESS”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 2008年に、CLIMAXドラマ系列で放送された番組”ラブ・マシーン”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 2008年に、”stylejam”によって公開された映画”全然大丈夫”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(生きたまま腸に届く???????? ?? )】

◇ テレビ番組

・ 2009年に、GyaO系列で放送された番組”鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(小林雄司 )】

◇ ファッションショー

・ 2010年に、”東京ガールズコレクション実行委員会”が行ったイベント”東京ガールズコレクション”に出演され「ファッションショーデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(幵 Trimu-te。 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
鳥居 美由貴
読み
とりい みゆき
生年月日
1981年3月18日
仕事
お笑い芸人
出身地
埼玉県
所属事務所
サンミュージック
血液型
O型


スポンサードリンク





山﨑ケイの話|キス魔|結婚願望|相席解散|原作ドラマ|小中高校





名門”早稲田大学”の「第一文学部卒」の資格を持つ”才女”でありながら、吉本興業所属の”お笑い芸人”であり、お笑いコンビ”相席スタート”でボケを担当している!向かって”左側”がポジションの「山﨑ケイ」さん。

何やら?ご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、女優の「五十嵐いづみ」さん級の!「おちょぼ口」を披露されて、話題を呼んでいるご様子です。

山﨑ケイさん”38歳”になっても「可愛らしさを追求」されているご様子です(笑;)。

その気になる”才女”であるはずの、山﨑ケイさんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ キス魔とは?
・ 結婚願望とは?
・ 相席解散とは?
・ 原作ドラマとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ キス魔とは?


自称「丁度いいブス」として、特に!同世代の”シングル女子たち”から、絶大な”人気”を集めている山﨑ケイさん。

最近、”お笑いコンビ”を抜け出して「ピンでの活動を活発化させている」らしく、相方の「山添寛」から抜け駆けをして!多くのメディアで見かけることが増えております。

引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】

先日は、トークバラエティー番組に出演された時に、”キス”の話題(朝キス・夜キス)で盛り上がりを見せて、その流れはネット界までに広がり「山﨑ケイはキス魔では…など」と言う、”謎の疑惑”が浮上するようになったのです。

【しかも!】以前に、女性芸能人としては珍しく!自ら”キス”の話題を持ち出して【なんと!】”ファーストキス”は「高校時代に付き合っていた一歳年上の先輩」であることや【さらに!】自宅付近の公園で行ったことなどを暴露されたのです。

但し、昔から!山﨑ケイさんの”キスネタ”と言えば、超大物歌手「松崎しげる」氏との”ビジネスキス”が有名であり、その”キスネタ”からも「キス魔である証拠」として、ファンたちの間で盛り上がっているのです。

その”噂”の「松崎しげる」氏との”キスネタ”とは、バレンタイン時期に開催されたイベント内で!山﨑ケイさんが”頬キス”を狙った時に、不意に松崎しげる氏が正面を向いて「唇キス」となったのです。



引用元【サイト(YouTube)】

その時は、流石の「丁度いいブス」でも!珍しく”照れた表情”を浮かべながら「渾身のトーク術」を繰り広げて、イベント会場を盛り上がったのです。

一方の、”ハプニング”を起こした”松崎しげる”氏は、ご自身の「不意打ちによる成功」に”満足げ”な表情を浮かべながら、隣で照れながらトークを繰り広げている山﨑ケイさんに「合いの手を送りながら協力された」のです。

ここから、山﨑ケイちゃんの「松崎しげる氏とのビジネスキス」が有名となり【さらに!】「キス魔の疑惑」までも浮上するようになったのです。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


山﨑ケイさんは1982年6月13日生まれの37歳(2019年)で、ご出身は「千葉県柏市」です。

ご出身の”千葉県柏市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので山﨑ケイさんも(千葉県柏市)内の小学校・中学校に通っていたと推測できます。

ご両親、特に”母親”は非常に厳しい厳格な人物であったそうで!日頃から「マナーや礼儀」にうるさく、厳しい”しつけ”の環境で育ったようです。

一方、山﨑ケイさんの”性格”は、現在の姿からは想像が付きませんが!非常に「人見知りが激しい子供さん」であり、相当!”大人しい”少女であり「クラスでも目立たない静かな学生」であったことで、”友達”が少なかったそうです。

小学校をご卒業されると、地元の千葉県から離れ!お隣の茨城県取手市にある”江戸川学園取手中学校・高等学校”に、ご入卒されました。

この学校は、”中高一貫校”であり!中学校に入学されて、問題がなければ”エスカレーター式”で高校まで進学(進級)することができます。

但し、中学校の偏差値が「70」と言われており、普通の”学生レベル”は入れない「超難関校として有名」らしくて!県内でも有数の”進学校”とのことです。

なので、小学時代の山﨑ケイさんは、相当!「優秀な学生であった」ことが分かります。

中学生時代は、”読書”にハマっていたらしく!特に”太宰治”の作品を好んで読んでいたようです。

中学校時代も、母親の厳しい”しつけ”は続いており!ある日「自分の”価値観”を他人に押し付けるな」と言われた一言で、「人はみんな一緒じゃない」と反発心が湧いたらしく、それから「自分にされて嬉しいことをやっていこう」と思い、少しだけ”お笑い”に興味を持ち出したご様子です。

そんな、”思春期”を向かえた山﨑ケイさんは!中学校三年生の時に、一度”眼鏡”から「コンタクトレンズに変えてイメチェンを図った」ようです。

ちなみに、この頃に憧れていた芸能人に「天海祐希」さんを挙げており、女性でありながらて「男勝りの性格や行動【さらに!】歯に衣着せぬ発言」などに強く刺激され「ナイーブで物静かな女性像」を描き始め、求めるようになったようです。

中学時代を終えると、特に問題もなく!”エスカレーター式”で、一貫校である”江戸川学園取手高校”に「内部進学」されます。

この高校は、”一貫校”としては珍しく「外部からの入学も受け入れている」らしく!”入試”を受けて入学した生徒と、”内部進学”した生徒とが「混合したクラスを一学年としている」そうです。

・・・とは言っても、中学入試と同様に!高校試験での偏差値も「70」近い”超難関校”であり、容易く入学できる高等学校ではないのです。

その意味でも、たとえ”内部進学”で進学(進級)されたとしても!超難関校に通われていたのですから、学力が相当!高いことを物語っているのです。

しかし、以前”ネットニュース”でお馴染みの「exciteニュース」の中で、取り沙汰された「日刊サイゾー」のインタビューに対して次のように発言しております。↓↓↓

実はあんまり頭良くなくて、受験勉強がよくできるだけだったので……。クイズ番組に出させてもらったときも、全然答えられなくて。だから、インテリを売りにせずに、早稲田卒という知的なイメージだけをそっと出しておきたいです(笑)。バカで下ネタやってると下品になるけど、早稲田が乗っかると、知的なエロスになるというか……。
※ 引用元【サイト(exciteニュース)】


つまり「頭は良くないが”受験”で実力を発揮するタイプ…など」と、謙遜されたのです。

・・・とはいえ「偏差値70の進学校に入学されていたのは事実」なので、それだけでも凄いです。

高校時代になっても「性格は内気なタイプ」が変わることも無く!クラスでは、”暗いキャラ”で通していたそうで、一方で!たまに放課後になると、地元の”我孫子市(あびこし)”にある「カラオケボックスに行って熱唱しながらストレスを発散をしていた」とのことです。

また、高校が”男女共学校”であったことから!そんな”暗いキャラ”の学生にも「春があった」らしく!ある日、一つ上の”先輩”から電話があり「交際の告白を受けて、その男性と付き合うことになった時期がある」とのことです。

そんな、”甘い”高校時代も終わりを向かえ!”進路”を選択する時期になると、学業優秀であった山﨑ケイさんは、もちろん「進学を希望」されて、名門「早稲田大学」に進む事となります。

しかし、高校三年生の時に!早稲田大学の”模試”を受けていたようですが、判定は「最低の評価」であったらしく、担任からは「進学は厳しい」と告げられていたそうで、持ち前の「受験に実力を発揮するタイプ」を信じて、”猛勉強”の挙げ句!見事に「合格を果たした」と、語っております。

大学に進学してからは、自分を”一新”することに決めて!普通の”可愛い女性”を目指すために、今までの「暗い性格」を改めるべく!中学時代から興味を持っていた”演劇”を行うために、大学にある「演劇サークル」に入所したそうです。

【すると!】入所した”演劇サークル”とは、内容が「お笑い寄りであった」ことから、その”面白さ”に気づき始め「芸能界に興味を抱き始めた」とのことです。

しかし、”舞台”に立つ機会を与えられても!中々、”根付いた性格”が急変することも無く!サークルに入ってからも「独りで居る時間が多かった」ことから、友達が居ない寂しい時間を送っていたようです。

それでも、”彼氏”は居たようで!彼が好んでいた”シンガーソングライター”の「aiko」さんに似た”ファッションスタイル”をマネして、彼の興味を引いていたそうです。

その”彼氏”なのか?は、定かではありませんが!ご自身”20歳”の時に「初体験をした」ことを、後に語っております。

”性格”が変わらないままの大学時代を終えると!その後は、東京千代田区の丸の内にある会社に就職先が決まり、そちらで「約一年間OLの仕事に携わっていた」ようです。

“就職先”の会社について、詳しいことは分かっておりませんが「丸の内のOL」と言えば、昔から東京在中の女子たちの間では「女子の勝ち組」として有名であり、ブランド志向が高く「その名の響きだけで価値があるように捉えられていた」ことから、山﨑ケイさんも立派な”東京OL”として活動をされていたそうです。

但し、ご本人は2018年5月頃に!ファッションブランド「FABIA」の新商品発表記念イベントが開催された時に、お笑いコンビ「相席スタート」で参加されており、その際に以下のコメントを残しております。↓↓↓

あまり仕事ができなくて、失敗して泣いたこともあった。給料日後に奮発する1500円のランチを楽しみに、日々をやり過ごしていた


現在の”キャラ”からは「想像もつかないほどの意外な過去」を告白さており!参加した取材班や周りの関係者らは”驚きの顔”を見せていたらしく、”OL時代”は相当!「ご苦労をされていた」ことを、明らかにされたのです。

その仕事は、”約一年くらい”で辞めたそうですが!その後、ご自身”24歳”を迎えると、学生時代から興味を持っていた”お笑い芸人”を目指すべく!”吉本興業”が運営している「若手芸人養成所の吉本総合芸能学院(NSC)東京校」の門を叩きました。

養成所(NSC)に通いだすと、同期生であった奈良県出身のBB「馬場千晶」さんとコンビを結成されて、お笑いコンビ「KBBY」での活動をスタートさせます。





その翌年には、後に相方となる「山添寛」氏がNSCに入学されたことから、沖縄出身の「新崎喜朗」氏とコンビを組み!お笑いコンビ「ヒダリウマ」での活動を行います。





その後、理由は分かっておりませんが!同時期に「両コンビともに解散をした」ことから、”ピン芸人”となり、山﨑ケイさんがお世話になっていた”作家さん”から声があり、それをキッカケに現在の相方「山添 寛」氏と”コンビ”を結成することになります。

しかし、当初は!山﨑ケイさんは「あまり乗る気では無かった」らしく、コンビ結成をためらっていたようですが、様々な紆余曲折はあったモノの!最終的にはコンビ結成を承諾されて2013年度より、お笑いコンビ「相席スタート」を本格的にスタートさせました。

引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】

その後は、ご周知の通り!徐々に人気を集めながら”知名度”を広めて、山﨑ケイさんの方が「積極的にテレビ番組(メディア)に出演されて”知名度”を広げていた」ことから、”ピン”での活動でテレビドラマに出演し「女優の一面」を見せたり!”企業CM”や”著書(エッセイ集)”などを発刊されて「お笑い意外での活動」に、力を入れ始めたのです。



引用元【サイト(YouTube)】


スポンサードリンク


◇ 結婚願望とは?


意外にも!山﨑ケイさんは、”恋愛”に関しては「貪欲な部分」があり、結婚する相手に対しては”拘り”があるらしく!以前、このように語ったことがあります。↓↓↓

本当に好きな人とは結婚したくないです。好きよりも一生一緒に居れそうだなと思う方が重要だと思うんです。


なので「現実的な結婚願望を持っている」らしく!”ちょうどいいブス”として知られる女性でありながらも「それなりの拘りを持っている」ことを、伝えたのです。

この”発言”は、結婚情報誌でお馴染みの「ゼクシィ」に掲載されたモノで、”マナー企画”の中で語られたらしく、”自他”共に認める「恋愛マスターの山崎ケイさんからのアドバイス」として、取り上げられたのです。

なので、山﨑ケイさんの結婚願望は「好きよりも一生!一緒に居れそうな人物と結ばれたい」と、考えているご様子です。

今は、”お笑いコンビ”として!あるいは、”ピン芸人”でも人気が高く!忙しい毎日を送っていることから、たとえ!強い「結婚願望があっても行動に移す時間が無い」ことでしょう。

なので、”理想”を求めるのは諦めて!いつも誰よりも一番近くに居り、一緒の生活が長い「相方の山添寛氏と結ばれるのが最も手軽な方法」なのでしょう(笑;)。

但し、以前から「相方は無い(結婚)」とハッキリ仰っているので、それはなさそうです。

引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】


スポンサードリンク


◇ 相席解散とは?


【実は!】以前に「相席スタートが解散の時期を向かえている…など」の、”噂”が流れたことがあるのです。

以前から、ボケ担当の「山崎ケイ」さんは!相方について「性の対象(男女間)にはならない」と、ハッキリ仰っているので、誰もが「何かあったら直ぐに解散する」との”イメージ”を強く持たれており、それが大きな要因であるが故に!メディアで見る二人の姿から、ちょこちょこ!ネット界では二人の”解散説”が浮上することが珍しくないのです。

なので、以前はこのような”ネタ”から”解散説”が浮上したことがあります。↓↓↓

引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】

これは2017年4月に、山﨑ケイさんが!ご自身で開設されている「相席スタートインスタグラム」内に掲載されたショットであり!添えられたコメントには「そっちの女が良いならどうぞ」等と記し、これが”ネタ”となってファンたちの間で話題を呼んだのです。

諸事情について、詳しいことは分かりませんが!”バブルネタ”で大きく注目を集めた、お笑いタレント「ノラ」さんが登場されており、中央部に座っている相方の”山添寛”氏を「狙っている様子が窺えるがショット」を披露されたのです。

それに対して、山﨑ケイさんは「頭を抱えて困っている姿」のように見える”パフォーマンス”をされていることが分かります。

この投稿ショットを見たファンやフォロワーたちが、ネット界で一斉に「心変わりした・解散の危機・ケイちゃんの方がいい…など」と、”相席スタート”の解散危機とも思えるコメントを、多数寄せたのです。

【すると!】注目は「山添寛氏は”バブリーな女”を選ぶのか」に移り!それとも「”ちょうどいいブス”を選ぶのか」と、いつも影が薄い(笑;)”山添寛”氏に注目が集まったのです。

もちろん、この見解は”誤報”であることは間違いなく!今でも”相席スタート”はご健在のご様子です。


スポンサードリンク


◇ 原作ドラマとは?


山﨑ケイさんは、お笑い芸人(コンビ)として活動しながら!2018年4月に、”生活雑誌”としてお馴染みの出版社「主婦の友社」からエッセイ集「ちょうどいいブスのススメ」を発刊されております。


引用元【ツイッター(あさこん@ )】

この雑誌は「ちょうどいいブス=山﨑ケイさん」が、ご自身の”恋愛感”を「哲学的に分析した」モノであり、恋愛を導くための”メゾット”などを、紹介されております。

【さらに!】このエッセイ集を元に、”読売テレビ”と”日本テレビ”の共同制作によって”ドラマ化”をなされ!2019年1月から、”約二か月間”に渡ってテレビドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」と題した、ドラマが放送されました。


引用元【ツイッター(ytvドラマ【公式】)】

放送前から”話題作”として大きく取り沙汰され!大きな注目を集める一方で!”原作”が「山﨑ケイさんのモノである」と知ったドラマファンたちからは「好まれない傾向を見せた」のです。

【ところが!】放送前の”告知”で、ドラマに出演する”キャスト”が!女優の「夏菜」さん「小林きな子」さん、モデルの「高橋メアリージュン」さんなどの、”人気俳優”であることが分かると、一挙に!”動向”が好転されて、期待を持つドラマファンたちで溢れたのです。

また、このドラマに採用された”主題歌”は!女性歌手「TANAKA ALICE」さんの楽曲「Waiting For U」であり、”キュート”なポップスとノリノリの楽曲で!ドラマを大いに盛り上げたのです。






スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2015年に、日本テレビ系列で放送された番組”4コマコント 起笑転結”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2015年に、”TBSラジオ”局が放送した番組”Laughter Night”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 2016年に、Netflix系列で放送された番組”火花”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

◇ ネット番組

・ 2016年に、GYAO系列で放送された番組”よしログ”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2017年に、フジテレビ系列で放送された番組”でも、結婚したいっ!?BL漫画家のこじらせ婚活記?”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2018年に、”JR東日本”が手がけた企業CM”タッチでGo!新幹線”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2018年に、”主婦の友社”が手がけた作品”ちょうどいいブスのススメ”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(あさこん@ )】

◇ 舞台

・ 2019年に、”ムービー・アクト”によって公開された舞台”RUN!-3films- 追憶ダンス”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
山崎 恵
読み
やまざき けい
生年月日
1982年6月13日
仕事
お笑い芸人
出身地
千葉県柏市
所属事務所
吉本興業
血液型
B型




薄幸の話|納言とは|ビートたけしの関係|キャラとは|小中高校は


日本のお笑いコンビ”納言(なごん)”をご存じでしょうか?


引用元【ツイッター(納言 すすきみゆき)】

さらに、このコンビで”ボケ”を担当している相方「薄幸」をどのように読みますか?

一般なら”うすさち”ですが正確には「すすき みゆき」さんと読むそうです。

変わった芸名ですが、完全な”当て字”ですよね!

この”薄幸”さんが最近、メディアなどに出演が増えておりチョクチョク見かけるようになって
“スタイルが良い”とか”わかいい”等と持て囃(はや)されているそうで、女性お笑い芸人で
ありながら「ルックス」に注目する人が増えております。

しかし、お笑いコンビ「納言」では”見た目”や”喋り方”は”ヤンキー(巻き舌)”キャラのチャラい
芸人を演じており、最近人気上昇中のお笑いコンビ”EXIT”のチャラ男ネタに近いような”ネタ”を
披露しており、好評の「ルックス」とは”真逆”の姿で登場しております。

相方の「安部紀克」氏と”絶妙”なコンビネーションでテンポ良いネタが売りで、吉本興業が
主催しているお馴染みの漫才コンクール「M-1グランプリ」の2018年開催で”準々決勝”迄
コマを進めた経験のある”実力派”お笑いコンビです。

そんな今、女性お笑い芸人で注目度が高い「薄幸」さんにスポットを当てて見ました。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 納言とは
・ ビートたけしの関係
・ キャラとは
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


薄幸さんは1993年1月24日生まれの26歳(2019年)で、ご出身は「千葉県柏市」です。

ご出身の”千葉県柏市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族(推測)で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に

有る学校に通うのが一般なので、薄幸さんも(千葉県柏市)内の小学校・中学校に通っていたと

推測できます。

“出身地”と言えば、以前の公式プロフィールで”埼玉県秩父郡”と紹介しており、それを見た
ネット住民の方々は挙って”埼玉県”と記しておりましたが正解は「千葉県柏市」でした。

なぜ嘘のプロフィールを掲載していたのか?の理由について、自然豊かな”秩父”を出身地に
偽っておけば、チャラいイメージでも本当は良い子なんだ!と思って欲しいからとの事です。

所属事務所の”公式プロフィール”までも偽るとは!相当悪質な”ウソ”ではありますが、ご自身の
思いとしては本当に”良い子”に思って欲しかったのでしょう。

ではなぜ、他にも”自然豊かな地域”があるのに”秩父”を選んだのでしょうか?

実は!相方「安部紀克」氏の出身地は”埼玉県(これは本当)”らしく、たぶん一緒に埼玉県の
ご実家に出向いた時に”秩父”に行き”良い所”と強くご自身で感じて印象に残っていたのでしょう。

ちなみに現在の”公式プロフィール”には「千葉県柏市」と訂正されております。

小学校時代は五年生から”子役”として芸能界デビューを果たしていたそうですが、詳しい”所属
事務所”や”出演作品”などの情報は分かっておりません。

薄幸さんにも小学校時代があったらしく(笑;)少年期の”お顔”とか”エピソード”などが分かれば
ご紹介したいところでしたが残念ながら”非公開”のようで全く分かっておりません。

しかし唯一分かっている事として、芸能事務所に所属し”子役”で活動していた時に超人気テレビ
ドラマに出演していた経歴があるらしいのです。

それは女優「沢尻エリカ」さんの代表作でもあり、ジャニーズグループ”関ジャニ∞”のメンバー
「錦戸亮」氏を”俳優”としての知名度を大きく広げたヒューマンドラマ「1リットルの涙」です。


引用元【ツイッター(なつかしの〇〇ツィートbot)】

とは言っても”主要人物”役ではなく単なる”エキストラ”でのご出演らしく主演”沢尻エリカ”さんの
“後方”を何気なく通り過ぎる人物役で登場したそうです。

その時の様子(場面)が、どのシーンだったのか?分かってはおりませんが、当時の”話題作”に
ご出演されただけでも大したものです!

ただ最近出演したテレビ番組で、自らその時の様子を”暴露”したのですが、当時は”猫を被って
いた”らしく、ワザと”可愛く”見せさせて仕事を手に入れていたそうです。

もしかしたら現在のルックスを鑑みると、子供時代は相当”かわいい”お子さんだった可能性も
無きにしも非ず・・・ですかね?

その後無事に中学校をご卒業されると、高校は”農業高校”に進まれたそうです。

追記)有力高校は「秩父農工科学高校」との情報あり!

千葉県ご出身で”農業高校”にご入学されたのは”実家”が農家とかなのでしょうか?あるいは
農業高校によくある”生活科”などに進まれたのでしょうか?

高校についても詳しく分かりませんが、小学校から行っていた”子役”は高校まで続けており、
しかし二年生の時に”女優”を諦めたのか?辞めております。

さらに同学年の”いつ頃か?”ハッキリとは分かっておりませんが、通っていた農業高校から
“退学処分”を受けて「中退」しております。

どうも高校入学当時、相当”荒れていた学生”だったようで授業態度などがあまりにもひどく
“早弁”や”居眠り”は日常茶飯事!さらに学校を抜け出し地元の”ディズニーランド”へ遊びに行き、
担任から何度も注意を受けましたが聞き耳を持たず、終いには”停学処分”を受けました。

その後”復校”して学校では”トラブル”を起こさずにいたものの通学途中の”駅”で、詳しい理由は
分かりませんが”駅員”と揉める”トラブル”を起こしたそうで、それが原因で二度目の停学処分を
受けました。

そして極めつけは、高学年の先輩が所持していた野菜(トマト?)を”くすねた”らしく、窃盗の
疑いで一発「退学(停学が多かった事も含む)」を食らったそうです。

さすがに学校側も”盗み”は「大目に見る」ことが出来ず”断腸の思い”で?退学処分に踏み切った
のではないでしょうか?笑;

自身17歳(推測)の時に”停学”となりアルバイトの日々を送っていたらしく、溜まったバイト代で
昔から好きだった”バイク”の免許(中許)を取得したそうです。

また「暇だしお金があったから」の理由で、昔行っていた”芸能界”を思い返したのでしょうか?
同年(2010年)の10月から大手芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」が扱っている
タレント養成学校「ワタナベコメディスクール」にご入学され”お笑い芸人”を目指すように
なった様です。

しかしこの頃から”体調”に異変を感じるようになったらしく”ひどいめまい”が頻繁に起こり
場合によっては「立っているのもキツイ」状態となっており、病院で診察を受けましたが
“原因不明”と診断されたらしく、まともな治療を受けられないまま諦めたそうです。

高校で真面目に勉強せず、態度が悪かった事への「天罰」なのでしょうか?

養成所に入ってからは本名を”ひらがな”にした芸名”小泉みゆき”で活動をスタートさせて、
現在”お笑いタレント”としてご活躍中の「川口りえ」さんとコンビを組み、女性コンビ
「朝一番」で活動を行っていたそうです。


引用元【ツイッター(紺野ぶるま@お笑いライブ出たい)】

“農業高校”時代とは違って、途中で失敗することなく翌年(2011年)の9月で”ワタナベコメディ
スクール”を無事にご卒業されました。

スクールの卒業生としては”第13期生”になるそうで、同期には”バブルネタ”でブレーク中の
「平野ノラ」さん、M-1グランプリで上位入賞の経験があるお笑いコンビ「アントワネット」等
居るそうです。

高校は中退したものの”学費”を稼げたからか?改めて「通信制」の高校にご入学したらしく
“文芸両道”&仕事(アルバイト)を続けながら、何とか”高校卒業”の資格は手に入れた様です。

その後、お笑い女性コンビ「朝一番」で相方の「川口りえ」さんと一緒に芸能活動を続けて
いたのですが、2015年3月を持ってコンビを”解散”しました。

解散後は”独り立ち”してピンでの活動をスタートさせ、同年10月にフジテレビ系列で衛星
放送されていたバラエティ番組”たけしの等々力ベース”で100回目に放送された「命名!
ネーミング道を究める」に出演し、お笑いタレントの「ビートたけし」氏の考案で、芸名を
「小泉みゆき」から「薄 幸(すすき みゆき)」に改名されました。

大先輩から”ありがたい”芸名(薄幸)を頂いてからは”ピン芸人”として活動をスタートさせ、
“漫談”や”一人コント”を芸風にして、たくさんの舞台の仕事を熟しておりました。

そして2017年1月から、以前活動していたお笑いコンビ”すとろんぐカラ~”「安部紀克」氏の
誘いによって結成した、お笑いコンビ「納言」のボケ役として”コンビ”をスタートさせます。

コンビ結成前は”安部紀克”氏から”猛アタック”されていたそうで、コンビを組んでからの
“ネタ”を既に考案し”無理やり”薄幸さんへ送ったり、しつこい程”誘い”を行っていたそうです。

薄幸さんは”不快”に思っていたらしいのですが、”安部紀克”氏のキャラから「断ったらやべぃ
ことになりそうだから・・・」と身の安全を考えて(笑;)コンビを承諾したそうです。

そして最近では、薄幸さん”個人”でのご活躍が目立ちますがお笑いコンビは「解散」せずに
今に至っているようです。


スポンサードリンク


◇ 納言とは


“納言(なごん)”とはズバリ!お笑いコンビ名です。

何だか”古風”を感じるコンビ名ですが、二人からコンビ名(納言)の由来を明かされたことが
ありませんので正確なところは分かりませんが、日本古代の”律令制度”らしく↓↓↓

太政官(だいじょうかん)の役人のうち、大納言(だいなごん)、中納言(ちゅうなごん)、少納言(しょうなごん)の総称。下の言葉を上に奏上し、上の言葉を下に伝えるパイプ役で「言を納める職」であるのが語源。

※ 引用元【サイト(日本語表現インフォ)】


つまり「言葉の伝道師」的な意味合いでして、”お笑い”を言葉で提供している芸人には、
まさにピッタリ!の”言語”であることからコンビ名に選んだと思われます(あくまで推測!)

“その名の通り”のお笑いコンビとなっているのか?と言われれば疑問に感じますが、以前より
お笑い番組への出演数が増えている事から、少しずつお茶の間の皆さんに”知名度”が広がって
いるそうです。

コンビ(納言)でツッコミ担当の「安部紀克」氏は、自身が卒業した”東京アナウンス学院”で
同期であった「富田瑞基」氏とお笑いコンビ”すとろんぐカラ~”を結成して活動しており
2016年11月に”解散”しました。

その後、新たな”パートナー(相方)”を探していたところ同じ所属事務所(太田プロ)であった
“薄幸”さんに”白羽の矢”が立ったようで”熱烈”なラブコールを送った末、見事コンビ結成へと
辿り着いたのでした。

その際、コンビを組んでからの”ネタ”を既に書き下ろし、しつこい程”薄幸”さんに送って
“猛アピール”していたらしく”薄幸”さんにしてみれば非常に「ウザったい!気持ち悪い!」と
感じてはいたものの”ピン芸人”では中々ブレークしない状況が続いており、更に”猛アタック”で
あったことから”断った後の身の安全”を考えた時に、取り合えず組んでおいて後で考える!的な
軽い気持ちで判断したらしく、結成まで至ったようです。

とは言っても最近はコンビでの活動はたまに目にしますが、圧倒的に薄幸さん”個人”での
活躍が光っておりますので、お笑いコンビでの活動が非常に心配されるところです・・?


スポンサードリンク


◇ ビートたけしの関係


実は!薄幸さん!!芸能界の活動を始めた時は、芸名を”本名”の「名前」を”ひらがな”に変えた
「小泉みゆき」でスタートしました。

その時は女性コンビ「朝一番」のメンバーとして相方「川口りえ」さんと仲良くお笑い芸人を
目指して活動しておりました。



引用元【サイト(YouTube)】

しかし中々人気が出なかったのか?2015年3月に”解散”されました。

その後は”個人”での活動が余儀なくされ、しばらくはテレビ番組などに出演し所属事務所から
“クビ”にならない程度の仕事を熟したいたのですが、”朝一番”を解散した数日後にフジテレビの
仕事があり、それは”BSフジ”で放送されていた当時、お笑いタレント「ビートたけし」氏の
“冠番組”であった”たけしの等々力ベース”への出演で、記念すべき100回目の放送となった
“命名!ネーミング道を究める”に参加し「幸が薄そうに見える!」との理由から「薄幸」と
名付けられ、そのまま改名して”薄幸”で活動するようになったのです。

その際に、他の”候補”として上げられたのが↓↓↓

・ 肉便器実子
・ ヤマハ発情器
・ ヤマハ興奮器
・ ビーチクロイクー
・ インリンランラン
・ ライオネス&飛鳥
・ 泉しげ子
・ ドーラみゆき


お笑いコンビ”朝一番”の「解散時期」と「改名番組」への出演が、あまりにも偶然な流れで
重なったことから、ファン達の間では”所属事務所(太田プロ)が企んだ!”との”噂”が流れ
盛り上がっておりましたね。

その後はご自身でも「薄幸」が気に入ったのか?それとも諦めたのか?堂々と名乗って
“公の場”でご活躍されるようになりました。


引用元【ツイッター(納言 すすきみゆき)】


スポンサードリンク


◇ キャラとは


最近、ちょくちょくテレビ番組で”薄幸”さんを見かけるようになったことも幸いしてか?
お茶の間やネット住民達から”かわいい”とか”スタイルが良い”等と「キャラ」に逆行するような
イメージが持たれるようになっております。

確かに”薄幸かわいい”のキーワードでネット検索すると”すすきみゆき”さん関連のサイトが
見つかり、いかにも彼女が”かわいい”とか”美人”の印象を受けますが、それはあくまでも
“薄幸 かわいい”=「すすきみゆき かわいい」の場合です。

しかし、”薄幸 かわいい”=「うすいさち かわいい」と判断するなら話が全く変わります。

“薄幸”で有名な女優は代表格「木村多江」さんを始め「西田尚美」さん「石田ゆり子」さん等を
を示しており、”薄幸”を”すすきみゆき”と読めない一般の人々にとっては、お笑いコンビ納言の
「すすきみゆき」さんを示しているのではありません。

つまり”すすきみゆき”さんを必ずしも”かわいい”とか”美人”だと思っていないのです。

一般的に薄幸(うすいさち)と読み、それに該当する”女性芸能人”と言えば「不幸なイメージを
漂わせ・常に悲しげな表情を持ち・いかにも悲壮感溢れる面持ち」を表現できる”不思議”な
「魅了」を感じさせてくれる”俳優”のことであり、日本の女優陣の中でもまさに代表格と
言えるのが「木村多江」さんだと私は思います。


引用元【インスタグラム(tae_k_0316)】

なので、結論としては「薄幸(すすきみゆき)」さんが”可愛い”とか”美人”なのではなく、
「薄幸(うすいさち)」の女性芸能人「木村多江」さん等が”可愛い”とか”美人”なのです。

あしからず、宜しくお願いします。笑;


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2011年に、BSフジ系列で放送された番組”たけしの等々力ベース”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ ネット番組

・ 2019年に、Abema系列で放送された番組”スピードワゴンの月曜The NIGHT”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(太田プロ芸人情報 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
小泉 美由紀
読み
こいずみ みゆき
生年月日
1993年1月24日
仕事
お笑い芸人
出身地
千葉県柏市
所属事務所
太田プロダクション
血液型
A型




丸山礼の話|土屋太鳳や秋山顔|生徒会長|メイク可愛い|小中高校





近年!世界に猛威を振るっているコロナウイルスの影響で、”外出自粛”が余儀なくされている最中!急激に増えているのが「Youtuber芸人」です。

その中でも、先駆者的存在と言えば!漫才コンビ”キングコング”のボケ担当「梶原雄太」氏が有名ですが、モノマネタレントの中で”Youtubeデビュー”をされている方と言えば「丸山礼」さんが有名どころです。

丸山礼さんと言えば、最近!お笑いトリオ”ロバート”の「秋山竜次」氏や女優の「土屋太鳳」さんの”顔マネ”で人気を集めている注目のモノマネタレントです。

また、世の中が”自粛ムード”のため!動画サイト”Youtube”の需要も増加していることで【さらに!】人気に拍車が掛かっている状況です。

その気になるモノマネタレントの「丸山礼」さんについて、紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 土屋太鳳や秋山顔とは?
・ 生徒会長とは?
・ メイクが可愛い?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 土屋太鳳や秋山顔とは?


最近は、バラエティー番組(お笑い番組やモノマネ番組)などの、たくさんのメディア出演をされたり【さらに!】ご自身の公式SNS(インスタグラム)では!テレビで見ることが少ない”芸能人のモノマネ写真”を公開している丸山礼さんです。

また、公式SNS(インスタグラム)に限っては!他では決して見せない”スッピン”や”メイク”の写真も投稿されており!意外に大好評を得て「個人の人気も上昇中」とのことで、今!一番「ノリに乗っている女性お笑いタレント」と言っても過言ではないでしょう。

その中でも、ご自身が”最も得意”とされてるモノマネとは!お笑いトリオ”ロバート”の”秋山竜次”氏であり、顔の輪郭や鼻の大きさ【さらに!】「唇・歯・話し方…など」どれを取っても”一級品”な完成度を誇っています。


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

その”証拠”と呼べる写真は↑丸山礼さんのインスタグラムの中に投稿されており、ご覧の通り!ご自身が「モノマネを行わなくても既にモノマネしているように見える…」つまり!元からお顔のベースが”そっくり”であることを物語っているのです。

そもそも「お笑いタレント」になる”きっかけ”となったのは、高校時代に友達から「ロバートの秋山に似ているんでね~ェの」との”一言”から始まり!普段から行っていた自身のモノマネに「自信が付いた」ことから、”芸能界入り”を希望するようになったそうです。

もちろん、新人が”顔マネ”!特に「女性が男性芸人をマネする」ことや「超人気女優のモノマネをする」ことには”リスクを伴う”ので!避けるのが一般なのですが、丸山礼さんの場合!親友からの「折り紙付き」であったことから、”勇気”を持って!芸能界へと進まれた模様です。

そのお陰もあって!徐々に”モノマネ番組”からのオファーも増え始めて【さらに!】他のバラエティー番組からも引っ張りだこの、人気ぶりを見せるほどに有名と成りつつあるのです。

【しかも!】出演されたテレビ番組では「ご本人との共演」を果たされたり!【さらに!】ご本人の承諾者と!ご自身の公式SNS(インスタグラム)では、二人揃って撮影された「ツーショット」を投稿するなど!ご本人からも「支持されている様子」が窺えます。

先日は女優の「土屋太鳳」さんとの”ツーショット”に成功された模様です。↓↓↓


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

もちろん、このショットを見た”フォロワー”たちや”太鳳ちゃんファン”たちからは「サイズ感が違う!顔の大きさ違う!似てない…など」の”苦評”はあるモノの、一方の”モノマネファン”からは「おもしろ!似ている!並ぶと全然違う(笑)!メッチャ似てる!太鳳ちゃん顔ちっさ!本当に似ている…など」の、一般の世論からは「絶賛の声」が数多く寄せられていたのです。

【しかも!】丸山礼ファンたちからは「夢の共演!礼ちゃんおめでとう!ついに夢のコラボ!見ているこっちまで感動でした…など」の、ご本人よりも「予想もしていなかった出来事」に”驚き”や”感動”を覚えたファンが多数居り!自ら写真撮影に応じてくれた”土屋太鳳”さんのお人柄に「感謝するファンが続出した」のです。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


丸山礼丸山礼さんは1997年4月1日生まれの22歳(2020年)で、ご出身は「北海道」です。

ご出身の”北海道”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、丸山礼さんも(北海道)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”五歳年上の兄”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子!

幼い頃から、”モノマネ”や”歌”が大好きな少女で!周りを楽しませる子供さんであり、小学時代に上がると”競技水泳”が得意だったらしく、泳力検定が”一級”の腕前であったようです。

また、学業では「中・高校時代」に”生徒会長”に選任されていたそうで、人気や学力は「申し分のない」ほどの!生徒・クラスメート・先生達から「信頼されていた優勝な学生」とのことです。

2010年に、地元の中学校をご卒業されると!こちらも地元の高等学校ですが”北見藤高等学校(旧:北見藤女子高校⇒女子高)”にご入学されました。

高校時代も、自慢の”モノマネ”や”底抜けの明るさ”で!”新入生”にも関わらず、校内で人気を集めていたそうです。

その後、高校二学年の時に”短期語学研修”のためフィリピンに出向き!自身初の「海外」を体験したようです。

また、同年(2011年)に発生した!未曾有の災害「東北大震災」の時には、ボランティアとして復興活動に参加されて、地元(被災地)から離れ!寂しい思いで生活をされている方々の”仮設住宅”を周りながら、得意の”モノマネ”を披露されて「笑顔の復活と勇気」を与えたそうです。

この経験が生かされて!後に「自身のモノマネ人生の道筋」になったことは、言うまでもありません。

また、学校内では”チアダンス部”に入部されており!なぜ「チアダンスを始めたのか」は、定かでありませんが、約一年間練習に励んでいたそうです。

そんな頃、何気ない学生生活の中で!クラスメートから「お笑いトリオ”ロバート”の”秋山竜次”に似てる…など」と、連日のように言われ!自身も”その気”に成り始めたことから、モノマネのレパートリーに加えたそうです。

【さらに!】学園祭では、当時!自身のネタで一番”自信”を持っていたタレントの「渡辺直美」さんのモノマネをステージで披露されて、集まっていた学生たちから「爆笑を買っていた」ことから、学校中の人気者になっていたそうです。

そして、高校三年生になると「進路を決める時期」となり!将来の方向性に悩んでいたところ、ちょうど!その時に行われていた芸能事務所大手「ワタナベエンターテインメント」が主催する「オモ女グランプリ」のオーディションがあったことを知り、元から自身の”芸(モノマネ)”を試したい!と思っていたこともあり、参加されたところ【なんと!】素人にも関わらず「最優秀賞を受賞」されたのです。

【実は!】丸山礼さんは、同学年内の成績が「優秀であったことから特進クラスに入っていた」ことで、進路は”大学受験”を望む気持ちが強かったのです。

【ところが!】思わぬ”朗報(結果)”に心が揺らぎ!最終的には「若いうちに出来ることをやろう」との思いから、”進学”を止めて”芸能界”へと進まれました。

“進路”が決まると、心に余裕ができたのか!卒業までの在学中に、動画サイトの”Youtube”を利用されて、”ローカル番組”として配信されていた「オホバン」への出演が決まり、お笑い芸人志望の”女子高生パーソナリティー”との肩書で、レギュラー出演を果たしていたそうです。

そして、ご卒業を向かえた2015年に!高校卒業と同時に、すぐ”上京”を果たして!以前オーディションで”最優秀賞”を受賞した大手芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」への所属を臨むため、同年4月からお笑いタレントの”養成所”である「ワタナベコメディスクール」に、第22期生の「特待生扱い」として、入学をされました。

もちろん、たとえ”特待生扱い”で入学しても!新人なので仕事はなく、しばらくの間は”貧乏生活”を送ることになったので、”寿司屋”でお馴染み「はま寿司」や「無印良品」などで、”アルバイト”をしながら生活をつないでいたそうです。

その後、2016年2月に!事務所主催のイベント「ワタナベお笑いNo.1決定戦」に参加されて「ジャイアントキリング枠を賭けた戦い」に臨みました。

当時は、お笑い”絶頂期”でもあり!その中でも人気を集めていた「我が家・ロッチ・クマムシ・あばれる君・厚切りジェイソン…など」の”豪華面々”とのバトルを繰り広げておりましたが、唯一!女性タレント決勝戦進出を応援する、同スクールのメンバー・コースのタレントたち・先輩芸人…など」の”激励”を受けながら、戦いに臨んでいたようです。

その後、無事に養成所(ワタナベスクール)をご卒業されて!2016年4月から正式に「ワタナベエンターテインメント」に所属となりました。

養成所時代から「次世代の期待の星」として育って行ったことから、すぐに仕事に恵まれて!同年同月から日本テレビ系列で放送されていた情報番組「PON!」に出演されて、月曜日の”突撃芸人”の
レギュラーに起用されて、自身初となる”本格的”な「メディアデビュー」を飾りました。

【すると!】マスコミからは「芸歴0か月で”PON!”の突撃芸人に起用など」と伝えられ!密かにテレビ関係者から大きな注目を集めていたのです。


引用元【ツイッター(丸山礼)】

それ以降は、ご承知の通り!”お笑いタレント”としてご活躍をされて、現在は”モノマネネタ”に磨きを掛けながら、新ネタ発掘に慢心しているようです。


スポンサードリンク


◇ 生徒会長とは?


女性モノマネタレントとの中でも今!一番注目を集めている”丸山礼”さんですが【実は!】学生時代は「成績が優秀」であり、高校ご卒業後は「教育大学に進み養護教諭(保健室の先生等)」を目指していたそうです。

高校時代は、校内の学生たちから”モノマネ”が好評で【しかも!】”生徒会長”までも務めていたことから「学校中の人気者を集めていた」ことは、今では”有名な話”となりましたが!意外にも「成績が優秀であった」ことを、校内の学生を含めて知らない方が結構!多いのです。

なので、クラスメイトや周りの学生たちは!”進学”では無く”芸能界(タレント)”に進むものだと思っていた模様ですが、ご本人は「保健室の先生になることが夢であった」らしく!いずれは”養護教諭”を学びたいと考えていたそうです。

なぜ「保健室の先生になりたい」と思った理由として、後に語られておりますが「学生時代に自分が辛かった時!一番身近で元気づけてくれたから。私もそういう存在(先生)になりたい」と思ったことが、大きな”理由”のようです。

【ところが!】「母親からの一言」で、考えが変わったそうです↓↓↓

保健室の先生になるって夢に注力しようと切り替えた高3の夏に、養成所から電話がきたんだよね。「当時は年齢的にNGだったんだけど、よかったら改めて受けに来ない?」って。でも私、特進クラスだし、進学しなくちゃいけないからってすごく悩んで。だけど母に「いろいろ我慢させてきたから、好きなことやりなさい」って背中を押してもらえて、ワタナベエンターテインメントの養成所に入ったんです


母親からの”強い後押し”があったからこそ!迷いを捨て、芸能界の道(ワタナベコメディスクール)へ進まれた模様です。

なので、ある意味!一歩違っていたら(進路が違っていた)完成度の高い!「ロバート秋山竜次」氏「土屋太鳳」さん「河北麻友子」さんの”モノマネ”は、世に出ていなかった可能性が否めないのです。

何故なら!今までに、この芸人・タレントたちの「リアルなモノマネで完成度の高い作品」を提供された”モノマネタレント”や”芸人”が居なかったからです。


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】


スポンサードリンク


◇ メイクが可愛い?


丸山礼さんは、自身の「渾身のモノマネ顔」を自身の公式SNS(インスタグラム)に投稿されておりますが、モノマネ好きの間では”スッピン”や”メイク”に注目する方も多くいるらしく、その模様もインスタで見ることができるそうでう。

但し、その甲斐あって!現在(2019年)までのインスタグラム登録者数は”20万人”を超えており、【さらに!】学生時代から続けているご本人の「Youtubeチャンネル」も、”35万人以上”の登録者を抱える人気ぶりを見せて居るようです。

もちろん、メディアを通して!持ち前の”ネタ”を披露することで人気を集めているそうで、今だに登録者数が”増加傾向”にあるそうです。

そんな、人気を牽引しているインスタグラムでですが!最近では丸山礼さんが「本気の美女メイク」を披露していると話題になり、意外にも!「化粧業界」からも注目を集めて居るそうです。

なので、近い将来!化粧品会社の”企業CM”で見かけることもあり得るはなしでしょう。

インスタを閲覧された皆様のご意見としては、まずは”メイク”よりも「減量にチャレンジする」ことを、望まれているようです(笑;)。


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2015年に、スカパー系列で放送された番組”ALLザップ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(丸山礼 )】

◇ ラジオ

・ 2018年に、”Radio NEO”局が放送した番組”はなまるDAYS”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(丸山礼 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
丸山礼
読み
まるやま れい
生年月日
1997年4月1日
仕事
お笑いモノマネタレント
出身地
北海道北見市
所属事務所
ワタナベエンターテインメント
血液型
AB型




フワちゃんの話|不破遥香の英語力とは|彼氏が居る|小中高校は





近年の学生たちの「将来成りたい職業」では、必ず”上位”を占めようになった「Youtuber」ですが、その制作の”手軽さ”や、設備投資に”若干の資金で済む”ことから!多くの”芸能人たち”も、手を出すようになり始めました。

【しかも!】世界で猛威を振るってる”コロナウイルス”の感染予防のために、”外出自粛”が余儀なくされた現状も手伝い【さらに!】”Youtuber”の人気が高まっている(需要が伸びている)のです。

但し、もちろん昔から人気があった”Youtuber”も、現在でも”第一線”でご活躍されており!特にお笑いコンビ”キングコング”でボケ担当の「梶原雄太」氏や、”Youtuber”の第一人者と呼べる「HIKAKIN」氏「はじめしゃちょー」氏・・・などが、有名どころです。

一方、女性で見れば!然程多くはありませんが、”美人YouTuber”として有名な「きりたんぽ」さん、
美容系ビデオブロガーの”パイオニア”として名を馳せた「Michelle Phan」さん、大食いフードファイターとしてお馴染みの「木下ゆうか」さん・・・などが有名です。

そして最近!”ある超有名芸能人”からの「鶴の一声」をキッカケに、爆発的にメディア出演が増えて人気を集めている”Youtuber”と言えば!タレントの「フワちゃん」であることは、ご周知の通りです。


引用元【インスタグラム(fuwa876)】

以前は、ネット界ではある程度の人気があったモノの!メディアでは「無名の存在」であり、”若手芸人”でもなかったことから、芸能界では「誰も知らない一般人」でした。

なので、”ネクストブレーク芸人”でも無く!”次世代の芸人”でも無く!お笑い界では「ノーマークの一般女性」でしたが、お笑いの”才能”を見抜いていたのが「ある超有名芸能人」でもある元HKT48の「指原莉乃」さんであったのです(誰もが知る有名な話ですが…)。

その”才能”を伝えたテレビ番組こそが!日本テレビ系列で放送されている「ウチのガヤがすみません!」であり、”指原莉乃”さんがゲスト出演されている時に「フワちゃん」を紹介したことから、全てが始まったのです。

それ以降は、その”人気”を肖るが如く!挙って各バラエティー番組に出演するようになり、毎回!放送ギリギリの”破天荒ぶり”を披露されて、収録番組であれば問題ないのですが「リアルタイム」での放送では”プロデビューサー”をハラハラさせながらの出演ぶりを、見せているようです。

そんな、”フワちゃん”こと本名「不破遥香」さんですが、見た目の”天然さ”と”お笑いキャラ”で!お茶の間を楽しませている一方で【実は!】誰もが予想もしない「インテリな経歴」があるらしく、中々「掴みどころのない!一筋縄では行かないタイプ」の”お笑いタレント”の模様です。

その気になる”お笑いタレント”の「フワちゃん」について紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 不破遥香の英語力とは?
・ 彼氏が居る?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


フワちゃんさんは1993年11月26日生まれの26歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と二人の弟の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、フワちゃんさんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”四歳年下の弟、八歳年下の弟”が居て、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

なので、相当!”自由奔放”に育ったらしく、今の性格(天真爛漫なキャラ)が誕生したのは、その辺に”ルーツ”がありそうです。

父親の職業は”自営業”とのことで、ご実家では「何かの商売を営んでいた」可能性があります。

但し、父親の仕事(自営業)の関係で!小学校二年生~四年生まで”渡米”されていたらしく、外国での生活経験があることで、肩書に「帰国女子」と名乗っているようです。

ちなみに、母親は「専業主婦を行っていない」と、ご本人の口から語られていますので、恐らく!父親の「自営業を手伝っていた」と思われます。

そのため、現在の「フワちゃんのキャラ」からは想像も付きませんが【実は!】”英語”が「堪能である」らしく、日常会話は元より!ビジネス用語に至るまで、スラスラと英語で話せるようです。

もちろん「渡米経験されたこと」も大きいのでしょうけど!小学校低学年での渡米であり、在日期間も”2年間”だけと長い方ではなく【しかも!】たとえ「ネイティブな環境で学んでいた」とは言え!”ペラペラ”に話せるレベルに達するとは思えないので、その後の「学生生活での英語学習を真面目に行った」ことは、言うまでもありません。

また、”Youtuber”でのフワちゃんを見ると!やたら「外国人と絡むシーン」が非常に多く、それはご自身が「海外在住の経験がある」ことが大きいようで、その経験から「抵抗なく外国人と接することが可能」とのことです。

日本のお笑いタレントでも「外人と絡むのは奥手(苦手)な方」が多く、言葉が通じ無くても”身振り手振り”で会話する(笑;)「出川哲朗」氏以外のお笑いタレントのほとんどは、外人との絡みを拒む芸人が多いです。

【ところが!】フワちゃんの場合!積極的に外国人と絡むことで「その面白味を武器(ネタ)にしている」ことから、”Youtube”として成り立っている訳なので!そもそも論で、”外国人”と絡むのが大好きな模様です。




動画を見ると、ハイテンションのノリで絡みに行っている最中に、時折!見せる「英語力」には驚きです。

“Youtuber”とは「全ての作業を独りで行うのが一般的」なので、フワちゃんでも例外では無く!”スタッフ業”も一緒に熟している様子が窺えるので、その部分の”才能”や”特技”が無ければ、”Youtuber”にはなれないのです。

なので「人気があるから」とは言え!それなりの”才能”が無ければ、単独で”Youtuber”で活動することは、まずあり得ない(不可能)なので、簡単に成れると思っている学生諸君には「凡人では無理なことに早く気づいて頂きたい」モノです。

その後、順調に学生時代を送り、大学は東京都文京区にある私立大学”東洋大学”の「文学部」に、入卒したそうです。

“東洋大学”と言えば、毎年恒例の!正月に行われる「箱根駅伝の常連校として有名」ですが、そんな伝統大学には「お笑いサークルが無かった」のか?”インカレ”でワザワザ他校(早稲田大学)に出向き、当時!結成されていた「お笑い集団POP3」に加入されたようです。

なので、他校の「お笑いを目指す同士たち」と交流を図り!一緒に”お笑いサークル”として定期ライブやイベントなどに参加されていた模様です。

今の”キャラ”を見る限り、学生時代から「率先してクラスを盛り上げる気質(性格)であった」ことが分かるので!もしかすると、その当時から”お笑い芸人”や”タレント”になることを「夢見てた可能性がある」ため、”インカレ”でワザワザ!他校に出向いて「お笑い集団に加わっていた」と思われます。

【さらに!】当時の”ギャル友”からも「お笑い芸人になることをプッシュされていた」らしく、尚さら!ご本人も”その気”があったと思われ、大学二年生の時に”芸能プロダクション”大手の「ワタナベエンターテインメント」が若手お笑いタレントの養成所として設けている「ワタナベコメディスクール」の”第18期”として入学されておられいます。

ワタナベコメディスクールに通い始めると、同期であった「長谷川みづき」さんと”コンビ”を結成されて、「ランボランチ」のコンビ名で活動を始めます。

しかし、理由は分かりませんが!2014年1月に行われたライブを持って”解散”しています。


引用元【ツイッター(フワちゃん FUWA)】

”お笑いタレント”として養成所で腕を磨いていた2016年に、通っていた”東洋大学”をご卒業をされて、芸能活動に専念するようになって行きます。


引用元【ツイッター(フワちゃん FUWA)】

写真の中で↑どこに居るのか?言わずとも直ぐに分かって頂けると思います(笑;)。

“ランボランチ”を解散後も、同スクールには通っていたらしく!その後は、現在の”吉本興業”に所属しているお笑い芸人の「芝山大補」氏と、新たなコンビ「SF世紀宇宙の子」を結成されて、養成所をご卒業されるまで、そのコンビで活動しておりました。

ワタナベコメディスクール(養成所)をご卒業されると同時に、”親会社”である芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」に所属が決まり、お笑いコンビとして”本格的”に芸能活動をスタートさせます。

しかし、2017年度にお笑いコンビ「SF世紀宇宙の子」の”人気”が低迷を続けていたことで!あるいは、全く売れないことで事務所とトラブルになったのか?詳しくは分かりませんが!コンビ解消と共に所属事務所も「クビ」となります。

元所属事務所を退いてからは、たくさんの”知人”や”業界関係者”の協力や支援によって「Youtuberデビュー」を飾りました。

2018年になると、本格的に”Youtuber”での活動をスタートさせて、個人チャンネル「フワちゃんTV/FUWACHAN TV」を開設され、2019年6月時点で”24万人”の登録者を記録し【さらに!】メディアへの”露出度”が増え始めたことで、徐々に人気を集めるようになります。

人気がドンドン加速し出すと「Youtuber フワちゃんが確立」されて【さらに!】知名度が広まっていた最中!【まさか!】の国民的アイドルグループ”AKB48”の元メンバーで、現在は”タレント”や”アイドルプロデューサー”としてご活躍中の「指原莉乃」さんの目に止まり!フワちゃんの”作品”がお気に入りとなったらしく「フワちゃんのファンである」ことを、各メディアを通して「公言」するようになります。

【すると!】”指原ファン”たちからも注目が集まるようになり【さらに!】動画のチャンネルにも登録者が増加したことから「ブレークの兆し」が見え始めて来ます。


引用元【インスタグラム(345insta)】

そして、2019年4月に!自身を”表舞台”へと引き釣り挙げる出来事が到来します。

それは、ご周知の通り!日本テレビ系列で毎週深夜に放送されているバラエティー番組「ウチのガヤがすみません」へのゲスト出演であり、そのキッカケを作ったのが紛れもない「指原莉乃」さんご本人であり!放送前から「一押し芸人」としてスタンバイされていたらしく、指原莉乃さんからフワちゃんが紹介されると「個性的キャラ全開で破天荒な行動」で登場すると!共演者のお笑い芸人やタレントたちを”引かせた”ことで、一躍!注目を集めました。

【すると!】周りの”反響”が大きく【さらに!】定期的に出演されるようになると、見事!な「ゲストとの絡みがウケた」ことから、必然的に「不定期レギュラー」としてご活躍されるようになりました。


スポンサードリンク


◇ 不破遥香の英語力とは?


いつも、頭の悪気な”フザケ気味”の不破ちゃんですが【実は!】学生時代に、父親の仕事の関係で”アメリカ”に住んで居たことがり、自他認める「帰国女子」なのです。

フワちゃん自身も「英語には自信がある」らしく!動画サイトに投稿されているご自身の作品を見る限りでは「外人と絡むシーンが非常に多い」ことに気づきます。

【さらに!】”海外旅行”へ行った際には、動画もたくさん投稿されてたご様子で、流暢に”英語”を話している様子が窺えます。

最近は、毎日のように日本のメディアで見かけることが多くなったことで”知名度”が広がり!人気も上昇中ではあるモノの「真面目なキャラ」の方を知らない方ほとんどで「英語が堪能である事実を知っている方」は、ご自身のファンかYoutubeチャンネルを見たことのある方のみであると思われます。

もし、表舞台のメディアで!Youtubeと同じような「英語が堪能である姿」を披露すれば、意外な”才能”があることを知らしめることが出来ますが、ご本人としては「破天荒なキャラ」で居たいご様子なので、その気は無いようです。

但し、いずれ”英語”がペラペラであることが、テレビ関係者に分かれば”教育テレビ”などから「英会話番組のオファーがある可能性」もあることでしょう。

なので、別の意味で”有名”になるチャンスもあり!有り余った”才能”が開花する!その日が来ることが、非常に楽しみです。


引用元【インスタグラム(fuwa876)】


スポンサードリンク


◇ 彼氏が居る?


最近!人気者絶好調の”フワちゃん”ですが、同じ”Youtuber”の四人組団体「アバンティーズ」とコラボしたことがあり、その時の放送題名が「【ご報告】お付き合いさせて頂いております。【カップルチャンネルあるある】」とのことで、アバンティーズの三人(そらちぃ・ツリメ・リクヲ)と絡んだシーンを放送されたのです。




題名が「【ご報告】お付き合いさせて頂いております」であっただけに!それに食いついた”チャンネルファン”たちからは【ついに!】フワちゃんに彼氏が出来た!と勘違いした方が大勢!居た模様です。

しかし、動画を良く見ると!ちゃんと「説明欄」に”フィクションです”と前書きされており、”ネタ”であることを告げていたのです。

【しかも!】動画を見ていれば一目瞭然ですが、動画の中で「二人は付き合っても”秒”で別れちゃう!!」と断言されていたのです。

確かに、このコンビは!両目共に「うるさいキャラ」なので、”不釣り合い”であることは明らかです。

では、以前!”噂”された「スタッフ」とは、どうなったのでしょう?

残念ながら、そちらも”無関係”であることが判明しております↓↓↓




こちらの動画は「彼氏?いないのぉ!不破ちゃんとエース先生♂の恋愛事情」の題名で放送されており、カメラマン(スタッフ)に向かって!エース先生が「彼氏じゃないの?」とツッコミを入れると、それに対してフワちゃんが「縦にも横にもでかいんだもん(笑;」とハッキリと否定された上で、”友達”であることを宣言されたのです。

但し、俳優と女優のように「現場で陥る恋のケース」も、あり得ない話しでは無く【さらに!】日頃から「恋愛に疎い状態にいる男女」なら、共に長く仕事をしていれば”恋”の一つや二つ、芽生えてもおかしな話ではありません。

【しかも!】フワちゃんの仕事は、”カメラ”が無いと始まらない職種なので!誰よりも「カメラマンと一緒に居る時間が長い」のは当然であり、恋に落ちるチャンスも多くあるはずなのです。

しかし、動画では↑二人の関係に対してハッキリと”否定”されておりますので、カメラマン(スタッフ)」にしてみれば、それなりに”ショック”を感じたことでしょう。

なので、不破ちゃんも”恋愛”に関しては、結構”厳しい部分”があると言えそうで!あるいは、そもそも恋愛の経験が浅いために、相手に対する「恋の配慮」が分らない可能性もあるのです。

その点から見ると、たとえ「ブレークを果たしたタレント」とは言え!”人気”が収まれば「男性たちも離れて行く」ことは、”世の常”なので!その意味でも「早目に彼氏が出来ることを願いたい」モノです。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2015年に、TBS系列で放送された番組”有吉ジャポン”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(フワちゃん FUWA )】

◇ ネット番組

・ 2017年に、朝日テレビ系列で放送された番組”Aマッソのゲラニチョビ”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(てれびのスキマ/戸部田 誠 )】

◇ CM

・ 2019年に、”株式会社CHINTAI”が手がけた企業CM”CHINTAI”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(music.jp )】

◇ ラジオ

・ 2019年に、”TBSラジオ”局が放送した番組”TALK ABOUT”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(TALK ABOUT )】

◇ 雑誌

・ 2019年に、”集英社”が手がけた作品”Myojo”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(フワちゃん FUWA )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
不破 遥香
読み
ふわ はるか
生年月日
1993年11月26日
仕事
お笑いタレント・YouTuber
出身地
東京都八王子市
所属事務所
無所属
血液型
AB型




松丘夕子の話|赤プルは可愛い|旦那や子供|創価学会疑惑|小中高校





日本の”お笑いタレント”でありながら、珍しい資格「防災士」を持つ”異色のタレント”であり!業界内では「訛りが強い芸風」が持ち味で、一時は「なまりの弾丸」等と呼ばれて人気を集めていた!夫婦漫才コンビ「チャイム(旧:赤プルと旦那)」でご活躍中の、”防災芸人赤プル”こと「松丘夕子」さん。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

何やら?最近、”お笑いタレント”とは程遠い「防災士の資格」を生かした!”危機管理専用メディア”で「コラムを連載された」として注目を集めたご様子です。

いつもの、”茨城県訛り”の強い「語り口」とは一風変わった!”真面目”なスタイルで「防災意識の大切さ」などを語った模様です。

特に、災害が起こる前に!事前に避難行動を考え、”タイムスケジュール”を作成しておく「マイ・タイムライン」と呼ばれる”行動”を提唱しているらしく!実際の”災害時”に「逃げ遅れを防ぐ」ためにも事前に準備することの大切さ!などをススメているようです。

その気になる”防災意識”の高い、”赤プル”こと松丘夕子さんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(赤プル(夫婦コンビ〝チャイム〟)茨城弁フェア開催中 )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 赤プルは可愛いとは?
・ 旦那や子供とは?
・ 創価学会疑惑とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


“赤プルこと松丘夕子さん”は1977年9月26日生まれの42歳(2020年)で、ご出身は「茨城県」です。

ご出身の”茨城県”にあるご自宅で、ご両親と姉と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、赤プルこと松丘夕子さんも(茨城県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の茨城県にある”水海道市立石下小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”姉と妹”が居り、”三人姉妹”の「次女」として生まれ育ったご様子です。

茨城県にあるご実家では、”父親”が「寿司屋(ふじみ寿司)」を営んでいるそうです。

幼い頃から非常に”優しく”、”精神”が落ち着いた少女であり!”人間”味溢れた「欲の無い性格」の
持ち主であったことから、周囲から「好まれるタイプの少女」であった模様です。

一方で、非常に”第五感”に「優れた少女」ではあったモノの、行動が”単純”で分かりやすく!”裏表”のない子供として、親しまれていたそうです。

なぜ、子供の頃から!周りとチョット違った「性格の持ち主であったのか」と言うと【実は!】”日本国内”でも、非常に「稀なケース」の!血液型が”B型”の「RHマイナスだから」と、言われているそうです。

その血液型は、”海外”には結構!居るそうですが、”国内”で見ると!全体比率の「約0.5%」しか存在しないそうです。

なので、周りとはちょっと違った”性格”!あるいは、”感性”の持ち主と言えるのです。

ご自宅のある”茨城県”では、”田舎町”でありながら!茨城”市内”に近かったこともあり、然程「自然の中で生活していた」とは言えない”町並み”に育ったそうです。

小学校時代に入ると、非常に”お転婆”な少女であったらしく!”体格”が小さいながらも「家出をするような少女」であった模様です。

【さらに!】大の”イタズラ”好きで、しょうちゅう!近くのおじさんから「叱られていた」そうです。

”お転婆”で過ごした小学時代を終えると、中学校も地元の茨城県にある”水海道市立石下中学校(現在:常総市立石下中学校)”にご入学されました

中学生時代に入ると、急に!”不良”と「連む時間」が多くなり、終いには「ヤンキーのメンバー」に加わったそうです。

但し、”ヤンキー”と言っても!直ぐに”ケンカ”を行うような「暴れん坊」では無く、”義理人情”が強い!”情”に脆くて優しいタイプの「冷静沈着なスタイルをモットーにしているグループ」に、入っていたようです。

なので、昔の”地方”に多く居た「レディース」間での抗争がある場合、その原因のほとんどは「俺の方が東京に近い!vs俺の街には駅がある」などの、”地元”の「自慢対決による口ケンカ」であり!”殴り合い”のケンカに発展することは、無かったそうです。

ちなみに、この当時に”経験”された「実体験」は!後に、自身の「芸に生かされている」と語っております。

”ヤンチャ”で過ごした中学時代を終えると、高校も地元の茨城県にある”茨城県立水海道第二高校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」であり、”学科”は「普通科・商業科・家政科」の”三科”が設けられております。

但し、赤プルこと”松丘夕子”さんが「何の学科を選考されたのか」までは、分かっておりません。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この学校の”部活動”は、非常に盛んであり!各種の”運動部”から”文化部”に至るまで、様々な”部活動”が豊富に設けられております。

特に、”運動部”では「女性ハンドボール部」が歴史が深く!全国でも”強豪校”としての「知名度がある」そうです。

【さらに!】”文化部”では「演劇部」の活動が盛んであり、毎年!たくさんの”生徒”が「殺到するほどの人気ぶり」を見せている部活動とのことです。

高校時代に入っても、中学時代同様に!”ヤンキーたち”と絡んでいたらしく!常時、6~7人くらいの”仲間たち”と連み!地元の”レディース”にも参加していたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

高校の放課後に、”レディース”の「資金稼ぎのため」なのか?”深夜”になると、地元の”スナック”で「アルバイトを行っていた」そうです。

なので、”不良たち”がよく行う!弱い学生からの”カツアゲ”などは一切行わず!自分たちの”稼ぎのみ”で、グループの資金を賄っていた模様です。

一方では、”人間性”は「まだ普通の高校生であった」ことから!普通の”女子学生”と同じ様に、その当時!大人気であったシンガーの「安室奈美恵」さんに”憧れ”を感じていたらしく!”普段着”のスタイルは「アムラーファッション」をマネしていたそうです。

その意味では、見た目の”ケバさ”よりも、”中身”は「普通の高校生」であり!周りの”環境”が「松丘夕子さんを変えてしまった」と言っても過言では無いでしょう。

中学校時代と同様に、”派手な高校時代”を終えると!もちろん、大学には”進学せず”に社会人となります。

学生時代を終えて”社会人”になると、ホテルの”宴会”や地元で開催される”イベント”などに足を運び「コンパニオン」として働いていたそうです。

その当時から、抜群の”スタイル”を誇っており!恐らく、たくさんの”お客”から「指名を受けていた」と思われます。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

その後、元から”お笑い界”に「興味を抱いていた」らしく!2003年頃から、”ピン芸人”として活動をスタートさせ!”芸名”を「赤いプルトニウム」と名乗り、その年の12月に!自身初となる「ライブデビュー」を飾ったそうです。

その翌年の2014年には、お笑いコンビ「坂道コロンブス」などで活動していた!”元旦那”の「松丘慎吾」氏と”タッグ”を組み!新たに”夫婦漫才”を結成されて、お笑いコンビ「赤プルと旦那」としての活動をスタートさせます。

ちなみに、赤プルさんの”本名”とは「松丘夕子」さんであり「芸能界デビュー」を飾った”当初”に命名されていた、”芸名”の「赤いプルトニウム」とは!お笑いコンビ「いつもここから」で、主に”ボケ”を担当している「山田一成」氏が命名したそうです。


引用元【ツイッター(山田一成(いつもここから) )】

命名された”経緯”などは分かっておりませんが、後に!東日本大震災の”原発崩壊”による「放射能汚染問題」の影響を受けて!”プルトニウム”のイメージが悪くなり、縮小された「赤プル」と改名されたのです。

学生時代に”経験”された「レディース」を活用した”ネタ”が売りであり【さらに!】ご出身の”茨城訛り”を生かした「語り口調」が特徴的で!昔の”武勇伝”を語りながら繰り広げる”自虐芸”が「持ち味のお笑いタレント」です。

その後、本格的な”お笑いタレント”を目指すために!2009年からは、大手芸能プロダクションの「太田プロ」に所属され【なお一層!】お笑い界にのめり込んで行きます。

芸能事務所に所属すると、”メディア出演”などの仕事が増え始め!バラエティー番組やお笑い番組【さらに!】ラジオ番組や、その当時から徐々に注目が高まっていた「インターネット番組」などに出演されて、知名度を広めて行きます。

【しかも!】”口の悪さ”はあるモノの、意外に美魔女系の”ルックス”とスレンダーな”スタイル”が評判を呼び!”ドラマ”などの「役者業にも挑戦」し始めて、日本テレビ系列で放送された「演歌の女王」やテレビ朝日系列で放送された「アンタッチャブル~事件記者~鳴海遼子」【さらに!】TBS系列の警察ドラマ「ハンチョウ」などの”視聴率ドラマ”への出演を果たします。

日本テレビ系列で放送されている人気バラエティ番組「秘密のケンミンショー」に出演された時には、実家の「寿司屋」が話題に上り!店名である「ふじみ寿司」を、堂々とアピールされました。


引用元【ツイッター(徹 )】


スポンサードリンク


◇ 赤プルは可愛いとは?


一時は「口は悪いが可愛くてスタイルが抜群な女性…など」と、モテ囃されたお笑いタレントの「赤プルこと松丘夕子」さんですが、最近では地元の”ローカル情報番組”などに出演を重ねた結果!”全国区”の番組出演が増えているそうです。

但し、”全国区”から見た場合の「赤プルさんの存在」を知った方と言うのは、日本テレビ系列で”不定期”に放送されている”お笑い番組”の「エンタの神様」に出演されていたことで認知された方が多いと思います。

その当時は、同じ”お笑い芸人”であり”旦那”でもある「松丘慎吾」氏とコンビを組み!お笑いコンビ「赤プルと旦那」を結成されて活躍されておりました。

【しかも!】その時の”キャッチコピー”は「訛りの弾丸」であり、出身地である”茨城県”の「茨城弁」をフルに活用して、笑いの”ネタ”を披露されておりました。

“赤プル”こと松丘夕子が、デビュー仕立ての頃は「お笑いタレントの中に”美女”が居る…など」と業界内で話題となり!それが「誰なのか?」と、突き止める若手タレントたちで溢れていたモノです。

それだけ”業界内”では「注目を集めた女性…」の割には、今だに”ブレイク”を果たせずに居ることが!誰もが「不思議なこと」だと、口を揃えて言うのです。

恐らく、あまりにも!見た目の「ルックス(可愛さ)」と、生まれ付き兼ね備えた「訛りの強い口調」との”ギャップ差”に!一度は”引いてしまう”ファンが、大勢居るのでしょう。

しかし、最近では!日本の”お笑い業界”では「異色の資格(防災士)」を持つ”タレント”として注目を集めて、”震災関連”の番組に出演されたり!”災害”についてのコラムを掲載されたり!と、多岐に渡ってご活躍されている模様です。

なので、昔のような「可愛くてインパクトのある女性タレント」では無くなりましたが(笑;)、”お國”のため!あるいは、”日本國民”のために「防災の活動」を積極的に押し進めながら!正しい「備えのあり方」などを”レクチャー”されているご様子です。


引用元【ツイッター(赤プル(夫婦コンビ〝チャイム〟)茨城弁フェア開催中 )】


スポンサードリンク


◇ 旦那や子供とは?


赤プルさんは、2011年1月2日に!同じ芸能事務所の「大田プロダクション」に所属する、元”お笑いコンビ”の「くらげライダー」で”ボケ”を担当していた「松丘慎吾」氏と”ご結婚(入籍)”をされました。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

二人の”馴れ初め”などは、伝えられておりませんが!同じ事務所に所属する「先輩・後輩のお笑いタレント」であったことから、その当時から”公私とも”に!付き合いがあったらしく、それがキッカケで”交際”に至り!ご結婚までに発展したのでしょう。

旦那の結成していた”お笑いコンビ”の「くらげライダー」とは、2014年に「解散」をしており【まるで!】それに合わせるかの如く!その年の6月から、赤プルさんとコンビを結成されて!夫婦お笑いコンビ「赤プルと旦那」をスタートさせたのです。

但し、その後に!お笑い界の大御所「ビートたけし」氏の冠番組であった、”BSフジ”で放送されていた番組「たけしの等々力ベース」に出演をされた時に、”ひょんな事”から!共演していた「やくみつる」氏によってコンビ名を「チャイム」へと改名させられたのです。

恐らく、二人の間では相当!”お気に召した”のか?その後は、恥じらいもなく「チャイム」としての活動を続けていたのです。

また、二人の”プライベート”では「お子さんが一人」居るそうです。

詳しいことは分かっておりませんが、二人ともに”初婚”であることは間違いのない事実なので、その子供は「実の子」であることは明らかですが、”人数”までは分かっておりません。

但し、ご自身の公式SNS(インスタグラム)の中には!その「子供らしき女性」のショットが公開されております。↓↓↓


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

もし、ショットの子供が”実の子”ならば、現在の年齢は「小学校4年生(10歳)」のはずなので、その意味では「年齢通りのお子さん」と言えるのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 創価学会疑惑とは?


あくまでも”噂”に過ぎませんが【実は!】赤プルこと松丘夕子さんは以前から、”宗教法人”の「創価学会員」に加入しているとの情報が、ネット界で広まったことがありました。

その”根拠”とされたのが、実際に”創価学会員”の会員さんが!その”会場”で「見かけたことがある」との目撃情報から伝わり始めたモノであり!他の芸能人の中にも、”創価学会員”に入会しているタレントが居りますが、その方たちと【かなり!】「深い信仰がある…など」と、仄めかしているそうです。

しかし、創価学会員を”母体”に持っている”公明党(参議院)”は「原子力の運用」に対して、”反対派”であることから!たとえ「短縮」したとは言え、芸名に”プロトニウム”の称号を使っている人物を、メンバーに加えていることは、誰もが「疑問に感じている」はずです。

つまり、下手に”赤プル”さんをメンバーに加えていると!「プルトニウム」のイメージを”国民”や”会員”に与えかねず!大きな”批判”や”批難”を受ける「リスクが高まる」訳です。

もし、本当に会員として加わっているのなら!少なくても、本名の「松丘夕子」さんで登録していることでしょう。

なので、”周囲”が面白がって「入会名」を調べたとしても!恐らく「松丘夕子」名義によって、気づかれる恐れは、少ないのでしょう。

また、もし会場に居たとしても!現代は”マスク着用”が「当たり前の時代」に入っているので、恐らく”変装”をされていることから、その意味でも「気づかれるリスク」は低いでしょう。

なので、会員の”有無”については「ご本人のみが知る事実」との結論です。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2003年に、日本テレビ系列で放送された番組”エンタの神様”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ ネット番組

・ 2005年に、あっ!とおどろく放送局系列で放送された番組”再見!!ないと。”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2005年に、”プリンセスプリンセス”が手がけた作品”えちうら”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2007年に、日本テレビ系列で放送された番組”演歌の女王”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2008年に、”ラジオ日本”局が放送した番組”ラジカントロプス2.0″に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2008年に、”講談社”が手がけた作品”フライデー (雑誌)”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
松丘 夕子
読み
まつおか ゆうこ
生年月日
1977年9月26日
仕事
お笑いタレント
出身地
茨城県常総市
所属事務所
太田プロダクション
血液型
B型(RHマイナス)






芸人SNOBゆかジャマイカで死去!突然急死で相方つねもガッカリ!死因は?

 

吉本興業所属でお笑いコンビ「SNOB(スノッブ)」でツッコミ担当?の「ゆか(女性)」が
滞在していた「ジャマイカ」で「循環器疾患」が原因で死去していたことが分り
話題になっています。

 


引用【サイト(YOSHIMOTO公式)】

所属事務所の「吉本興業公式Web」で亡くなったことが発表されていますが、死去したのが
2019年6月14日、発表されたのが26日なので「約12日間」隠されていたようです。

そのことに対し様々な「憶測」が伝えられていますが、一番の原因だと考えられることは
数日前より騒がれている同社所属「お笑い芸人」達の「闇営業」の実態が公の場に公表され
しかもその相手が「反社会的グループ」だったことで世間からのバッシングに追われていたので
その処理のため、知名度・人気が低迷しているお笑いコンビの事情など気にも留めて
いなかったのでは?と私は思いました。

だとしたら最低な会社組織ですよね!!

吉本興業の公式サイトの発表によれば↓↓↓

弊社所属の SNOB ゆか(すのっぶ ゆか 本名:橋本由可/はしもとゆか)は、 滞在先のジャマイカで、体調を崩し、6月14日(金)に循環器疾患の為、 急逝いたしました。満54歳でした。 SNOB ゆかは、毎年、ジャマイカでDJの修行を行っており、今年も、6月4日(火)より同地に滞在しておりました。

 

 

SNOBのゆかこと「橋本由可」さんは以前から「小太り」であまり健康そうには
見えていなかったのは事実ですが、毎年ジャマイカに行き、自身が愛してやまなかった
「レゲイ」や「DJ」を通して精力的に体を動かしていたようです。

ご自身のツイッターでも亡くなる前日の13日までの更新が確認できます。

 

 

引用【ツイッター(SNOBゆか)】

 

SNOBの2人は同じ「大阪市」出身の男女で年齢も近く1987年8月に吉本興業で
催している「吉本新喜劇」に入団されておられます。

結成当初は「つね(現)・ゆか(現)・ゆみこ(旧)」の三人組トリオでお笑いの活動を
スタートさせたらしく、2年後に「ゆみこ」さんが脱退したそうです。

しかし「お笑い芸人」としての人気は今一つで、中々売れない日々を送っていた時に
自身達が好んでいた「レゲイ」に力を注ぐようになり今では「レゲエグループ」として
有名になっていました。

なので近年の若者や「DJコンビ」としてメインで活動している「ジャマイカ」の人達は
「お笑いコンビ」であることを知らない人達が多くいるそうです。

それだけジャマイカでは「DJコンビ」としての2人が「認知」されているのでしょう。

確かに「SNOB」ゆかさんのインスタグラムを見ると地元(ジャマイカ)に
染まっている事が良く分ります。

 


引用【インスタグラム(snobyuka)】

 


引用【インスタグラム(snobyuka)】

 


引用【インスタグラム(snobyuka)】

 

ちなみに所属事務所の吉本興業も「お笑いトリオ」ではなく「レゲイグループ」として
紹介するようになっていました。

ところで、ジャマイカをメインに「DJ活動」している「SNOB」でしたが、以前に
地元出身で超有名な陸上競技オリンピックメダリストの「ウサイン・ボルト」氏に
会ったことがあるらしく「DJ」を行っていた会場で「握手」を求められたエピソードが
あるそうです。

 


引用【サイト(ウィキペディア)】

 

なので、ジャマイカでは「レゲイミュージシャンのDJコンビ」として有名になっており
今回の「悲報」で一番ガッカリしているのは相方の「SNOBつね」なのかも?ですよね!

何故なら、大事な相方を失ったと同時にジャマイカで「DJコンビ」として認められて
いたのに「ゆか」さんとの「コンビ」として活動が行えなくなったからです。

「ピン」でのDJ活動は大変だと思いますが、早く元気を取り戻してジャマイカ人に
親しまれる日本人として活躍して頂きたいです。

 

スポンサードリンク

 

◇ SNOBゆかさんの死因に関して

 

この度の「SNOB」ゆかさんの死因は「循環器疾患」と伝えられていますので
「急死」ではなく治療中での死去と考えられ「循環器疾患」とのことなので疾患部位について
予想するのは非常に難しいのですが、ゆかさんのスタイルを見る限り「高血圧・肥満・不整脈・
糖尿病・心臓病」などが原因での死去と予想されます。

特に「糖尿病」や「高血圧」などの生活習慣病は「持病」である方が近年、異常なほど
増えているのでSNOBゆかさんも「持病」だった可能性は高いと思われます。

 


引用【ツイッター(SNOBゆか)】

あまりにも若過ぎるた(54歳)死去に悲しむファンが多くいるようで、たくさんの悔やみの
声が伝えられています。

 

 

・またよしもとの人が涙;
・うそ~ん!? 悲しい(T_T) もう54歳だったんか!ご冥福をお祈りいたします
・また吉本興業か。 元気にダンスを踊っていた人が、ダンス修行先で急死するかな?
・え?? お笑い芸人SNOB ゆかさん ジャマイカで循環器疾患のため死去
・若手の頃イベントでご一緒させていただいていたお姉さんでした。ご冥福をお祈りします
・SNOBゆかさん、ご冥福をお祈りいたします…
・SNOBゆかさん嘘だといって

 

この度の訃報に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

■ SNOBゆかプロフィール

本名
橋本由可
読み
はしもと ゆか
生年月日
1964年8月3日
仕事
レゲイDJ
出身地
大阪市
所属事務所
吉本興業
血液型
O型

 

スポンサードリンク

 

 



りんごちゃん今回も吉幾三ものまね炸裂!性別は?勤務先は??実家は???





2019年度に”彗星の如く”現れて、今や!飛ぶ鳥を落とす勢いを見せている”ものまねタレント”と言えば、出身地の”青森県”を代表する果物「リンゴ」を謎った芸名でお馴染みの”ニューハーフ”タレント「りんこちゃん」。



引用【サイト(イマーゴプロモーション株式会社)】

“青森県”出身の有名人と言えば「吉幾三」氏「松山ケンイチ」氏「古坂大魔王」氏「淡谷のり子」さん「新山千春」さん「細川ふみえ」さん「伊調馨・千春」姉妹「舞の海」氏…などの歌手・芸人・タレント・女優・スポーツ選手などが思い浮かびます。

なので、数多くの有名人を輩出している”青森県”ですが!今までに”ニューハーフ”としての「有名人を生み出したことはなかった」はずであり【しかも!】”ものまねタレント”として有名になったのは「古坂大魔王」氏以来では、ないでしょうか?

その気にある”ニューハーフ”であり!”ものまねタレント”の「リンゴちゃん」について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(水面月 桜雅 )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ うちのガヤとは?
・ 性別とは?
・ 勤務先とは?
・ 実家の青森県とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ うちのガヤとは?


“うちのガヤ”とは、日本テレビ系列で放送されているバラエティー番組「ウチのガヤがすみません!」であり、この番組への出演がキッカケで”ものまねタレント”として「大ブレイクを果たした」のです。

この番組は、”毎週火曜日”の深夜に放送されている「お笑いバラエティー番組」ですが!2019年度に、MCを担当する”ヒロミ”氏の紹介により、突如!「リンゴちゃんが彗星のごとく」現れて、可愛い”ハーフ姿”と、可愛らしい”声”で「ものまね」を始めた瞬間【なんと!】それまでの”イメージ”とは打って変わって「裏声の男声を響かせて周りを驚かせた」と同時に、大きな爆笑を誘ったのです。



引用【ブログ(エンタメACE)】

【実は!】リンゴちゃんは、それまでも”ものまね番組”として有名な「ものまねグランプリ」などには出演をされておりましたが、中々”ブレイク”までには至らずにおり!足掛け”約11年”の間「売れない”ニューハーフ”として銀座8丁目のニューハーフショークラブ」に勤務されて、ようやく!2019年度に、同番組に出演をされたことがキッカケで、”大ブレイク”を飾りました。

基本的に、この番組のコンセプトとは「ゲストをおもてなす」ことであり、有名タレントやピン芸人から、お笑いのコンビ・トリオに至るまで!様々な”漫才”や”コント”などを得意とする芸人たちが「得の”ネタ”を寄せ集めてゲストをおもてなすこと」を目的にしており、その中で”ものまねタレント”として「リンゴちゃんが初登場をされた」のです。

“初登場”を飾った時は、特に”ゲスト”などはおらず【寧ろ!】ご本人の”アピール”のために「設けられた場」としての登場であり、本来の”番組目的”であるはずの「ゲストのおもてなし」では無くて、この時は「リンゴちゃんをおもてなす番組」となったのです。

その”放送回”は、見事に!「大成功を収めた」らしく、リンゴちゃんの「ブレイクのキッカケ」となるばかりか【なんと!】番組の”視聴率”も【かなり!】稼いだ模様です。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


リンゴちゃんさんは1988年6月26日生まれの31歳(2020年)で、ご出身は「青森県」です。

ご出身の”青森県”にあるご自宅で、ご両親と姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、リンゴちゃんさんも(青森県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の青森県にある”十和田市立三本木小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”姉”がいて、ご自身は「長男(推定)」として生まれ育ったご様子です。

青森県十和田市にあるご実家では、”中華料理店”を営んでいるらしく!幼い頃から「美味しい料理を食べて育った」とのことです。

この”お店”は「中華レストラン順風」と呼ぶらしく、地元でも有名な「リーズナブルの店」として親しまれているそうで、最近では「りんこちゃん効果」も手伝って!連日、たくさんのお客さんで賑わっているようです。


引用元【ツイッター(多花幸 )】

“中華レストラン店”の「せがれ(推測)として生まれ育った」だけに!”得料理”も「チャーハン」であり【しかも!】最近は、仕事が忙しいことから「大量の冷凍チャーハンを冷凍庫に保存している」模様です。

また、ご自宅に”祖母”が同居していたことから!店が忙しい時は「一人姉か祖母と一緒に遊んでいた」ようです。

なので、”女性”の多い家族構成であったことから!この当時から若干「ニューハーフに目覚めるキッカケを生んでいた」可能性が否めないでしょう。

“家族団らん”の時間がある時は、得意の「美空ひばりさんの”ものまね”」を披露されて、家族を楽しませていたそうです。

その”ものまね”は、家族の中だけでは留まらず!小学校時代になると、担任であった「先生のものまね」をして、クラスメイトや同級生を楽しませていたそうです。

なので、小学校の”生徒数”も少なかったことから、相当!「人気者であった」ご様子です。

”ものまね”を行い始めた小学時代を終えると、中学校も地元の青森県にある”十和田市立東中学校”にご入学されました。。

中学校時代になっても、相変わらず”ものまね”をされて「クラスの人気者」であったご様子です。

また、この当時に大人気であった!歌手の「浜崎あゆみ」さんの”大ファン”であったらしく、”ものまね”のレパートリーに含めると同時に【さらに!】たくさんの芸能人たちの「ものまねレパートリー」を、増やして行きます。

中学校時代については、”情報”が薄いので!詳しいことが分かっておりません。

地元の中学時代を終えると、高校も地元の青森県にある”三本木農業高校”にご入学されました。

この高校の”課程”は「全日制」の「男女共学校」であり、現在の”学科”は「植物科学科・動物科学科・農業機械科・環境土木科・農業経済科」の五学科が設けられているようです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

【さらに!】この高等学校は、県内でも屈指の「歴史ある高校」として有名で、運動部から文化部に至るまで!様々な部活動も設けられております。

特に、”ラグビー部”の強い高校として有名らしく!卒業生の中には「プロのラグビー選手」が、たくさん育った高等学校のようです。

残念ながら、りんこちゃんが「どの”学科”に進学されたのか」までは、分かっておりませんが!もし、この時点で”男性”よりの場合「農業機械科・環境土木科・農業経済科」の可能性が高く、”女性”よりの場合「植物科学科・動物科学科」への進学が考えられます。

いずれにしても、全ての学科の”偏差値”は「41」なので、どの”学科”に入ったとしても!おかしくはありません。

高校時代になると、”陸上部”に入部されており!「短距離選手として活動していた」とのことです。

“実力”は、然程「早かった!とは言えない”レベル”」であった模様で!但し、今の”お姿”からは想像がつかないほど「痩せていた」ご様子です。

また、”学業”の方も「あまり得意ではなかった」と、後に語っております。

【さらに!】高校時代に、”思春期”を向かえたことや!”性”に対して「不安定な時期」を向かえていたことから、相当!学校の”先生たち”に「反抗的な態度」を取っていた模様ですが、”恩師”と呼ばる先生がいたらしく!その先生のお陰で、クラスメイトからの「性(個性)に対するイジメ」や「先生たちに対する考え方」を、”改める”ことが出来たらしく!後に出演する”メディア”で、その時代のことを語っております。

なので、この頃の自分は「毒リンゴだった…など」と、後に語っておられます。


引用元【ツイッター(とろろ )】

しかし、その”個性派”は「クラスの生徒には受け入れられなかった」モノの!”他校”の生徒からは「絶大なる人気を集めていた」らしく【なんと!】”ファン”が付くほどの「人気ぶりを見せていた」そうです。

高校三年生頃になると【かなり!】”女性思考”になっていた模様で、高校卒業後の”進路”を考えた上で「ハンバーガーショップでアルバイトをしながら”東京進出”の資金集めを行っていた」とのことです。

徐々に”女性思考”に傾いてきた高校時代を終えると、大学にはせずに”社会人”となります。

その後の詳細は不明ですが、”二十歳”頃になると【かなり!】”ニューハーフ”としての「完成形を向かえた」ご様子です(笑;)。


引用元【ツイッター()】


スポンサードリンク


◇ 性別とは?


リンゴちゃんの”性別”とは、ズバリ「男性」です。

“ニューハーフ”として自称されているので、当たり前の話ですが!初めて見る方は、その”完成度”から「女性と勘違いする人が多い」のです。

その”クオリティー”とは、こちらです。↓↓↓



引用【サイト(イマーゴプロモーション株式会社)】

最初の頃よりも、日に日に「女性に近づいている」ように思えるのは【やはり!】”メディアの力”が大きいのでしょう。

売れるに連れて、高い”化粧品”が購入できたり!可愛らしい”衣装”が買えたり!近寄る男性も増えた(笑;)ことでしょうから!【さらに!】「女性に磨きが掛かってきている」ように窺えます。

ここまで有名となれば「”ドス”の利いた男声ものまね」は必要なく!ご自身でも昔から、”憧れ”の存在と豪語していた「浜崎あゆみ」さんの”ものまね”を、解禁してもウケそうです。

【しかも!】最近では、芸能界で”ニューハーフ”として大成功を収めている!タレントの「はるな愛」さんに近づく”ご活躍ぶり”を、見せ始めております。


引用元【インスタグラム(aiharuna_official)】

なので、今ではスッカリ「ニューハーフの”ものまね”タレント」と言えば、「はるな愛」さんの名前は聞こえず!「リンゴちゃん」の名前が浮上するようになりました。

但し、最近の”リンゴちゃん”は「メディア露出」が多くなった分!”オヤジ臭”も漂い初めていることで、別の意味で話題性を与えてはいるモノの!それが逆に働いて「業界から消える事態」に陥らないことを願うばかりです。


スポンサードリンク


◇ 勤務先とは?


巷では、スッカリと”人気者”になった!リンゴちゃんですが【実は!】地元の”青森県”で通っていた高校をご卒業された頃に上京をされており、”銀座”にある「ニューハーフクラブ」に勤めていた頃から、既に「男声ものまね」を行っていたのです。



引用【サイト(Dreamers)】

“噂”では、そのクラブに通っていた”芸能関係者”の目に止まったことから!ご自身が大きく”飛躍”する事となる「番組出演へのキッカケに恵まれた」とのことです。

実際に、リンゴちゃんが勤めていた銀座のクラブです。↓↓↓

◇ ニューハーフショークラブ銀座Covvette.<銀座コルベット>
・〒104-0061
・東京都中央区銀座8丁目5 中島商事ビルB1F
・営業時間 20時~翌1時
・電話 03-6274-6617
・チャージ料金(時間無制限) 1人/5,000円
・本指名料 1人/3,000円
・場内指名料 1人/2,000円
・カラオケルーム 1人様/チャージ3,000円
※カラオケルームは初回だと飲み放題90分で10,000円のサービスあり
※1stショータイム時間 21:00~
※2ndショータイム時間 23:00~



銀座8丁目の「ニューハーフクラブ」と言えば、東京を代表する”新宿2丁目”に劣らぬ人気を博している「高級クラブ街の土地柄」ですが、そちらに”店舗”を構えているようです。

リンゴちゃんは、地元の青森県に居る時から「自身の性」に気づき!”単身”で上京をされておりますが、その時から”ニューハーフ”の聖地である「銀座に憧れを抱いていた」ことに間違いないでしょう。

このお店で働く”ニューハーフ”さんたちは「クオリティーが高いとして有名」らしく!2020年度に流行した「新型コロナウイルスの影響」がなけてば、連日!たくさんのお客さんで賑わっていたそうです。

ちなみに、リンゴちゃんの「テレビでの活躍」が手伝って!店の売り上げも【かなり!】”伸びていた”とのことです。

リンゴちゃんに対する「指名料も日に日に上がっている」らしく!今では”新規”に指名するのが「困難な状況」の模様えす。

なので、お店にとっては「リンゴちゃん様様」のご様子です。

お店での「リンゴちゃんの持ちネタシリーズ」とはこちらです。↓↓↓

・ 椎名林檎 ⇒ 本能
・ 森山直太郎 ⇒ さくら
・ 井上揚水 ⇒ リバーサイドホテル
・ 美空ひばり ⇒ 川の流れのように
・ 石川さゆり ⇒ 天城越え
・ 小林幸子 ⇒ 思いで酒
・ 吉幾三 ⇒ Dream
・ HOUND DOG ⇒ フォルティシモ(ff)
・ 武田鉄矢 ⇒ 贈る言葉





スポンサードリンク


◇ 実家の青森県とは?


日本の”収穫量一位”の「リンゴの県」と言えば、「青森県」であることはご周知の通りです。

今では、”リンゴ”を代表する芸能人と言えば!誰もが”直感”する人物とは、タレントの「王林」さんが率いる”リンゴ娘”か!あるいは、ものまねタレントの「リンゴちゃん」の名前が、浮上するほどの”人気ぶり”を見せております。

特に、リンゴちゃんの場合!普段から「赤い衣装」を身にまとい【しかも!】スタイルも「ふっくらとしている」ことから、”全体像”に「リンゴのイメージが湧き易い」ことから、それも「ブレイクの大きな要因につながった」といっても過言ではないでしょう。

メディアへの”出演頻度”が少なかった当初は、青森県の「どちらに”実家”があるのか」…など!分かっておらずに、徐々に”人気”が高まり始めると!その”芸名”から見て、県内でも”リンゴ農園”が盛んな地域である「大字田茂木野あたりではないのか」等と、予想されたモノです。

もちろん、当初は!”正確な住所”は分からず【しかも!】”本名”も「非公開」とされているので、尚さら!芸能ファンとしては「調べようがない状況」となっていたのです。

【ところが!】2019年6月12日に出演された、日本テレビ系列で放送されてるトークバラエティー番組「今夜くらべてみました」の中で、自ら”青森県十和田市”の出身であることを明らかとされたのです。

【しかも!】”実家”は「中華料理店」を営んでいることを暴露されて、”写真付き”で!詳しい情報を公開されたのです。

青森県の”十和田市”と言えば「十和田湖」が有名な土地柄なので、あまり「”リンゴ”とは関係性が浅い」ことから【寧ろ!】「観光地」として有名な土地柄です。

【さらに!】”十和田湖”と言えば、半分が「青森県」、もう半分が「秋田県」の”両県”をまたがっている「珍しい湖」としても有名です。

ちなみに、お隣!”秋田県”には、日本一深い湖として有名な「田沢湖」があります。

リンゴちゃんは、学生時代に!”陸上部”に所属していたらしく「短距離選手として活躍されていた」とのことなので、もしかすると!両県の”湖畔”で、練習をされていた可能性もあるのでしょう。

青森県は、広大な”大自然”や!美味しい”リンゴ”以外にも「農業・海産物・漁業…など」が盛んな地域なので、そこで育ったリンゴちゃんだけに「素直で真面目な、人に好まれる性格の持ち主」として、育ったのでしょう。

今後も、目が離せない”ものまねタレント”の一人です。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2015年に、TBS系列で放送された番組”有田チルドレン”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(たから )】

◇ MV

・ 2019年に、”EXILE TRIBE”が手がけた作品”DREAMERS”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(?? )】

◇ ネット番組

・ 2020年に、ABEMA系列で放送された番組”家-1グランプリ2020?お笑い自宅芸No.1決定戦?”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(【公式】りんごちゃん??マネージャー )】

◇ アニメ映画

・ 2020年に、東宝系列で放送された番組”クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
非公開
読み
生年月日
1988年6月26
仕事
ニューハーフタレント・ものまね芸人
出身地
青森県
所属事務所
イマーゴプロモーション株式会社
血液型
O型