「口は”悪い”がスタイルが”美人”」を”売り”にしている?お笑いタレントの「赤プル」こと
「松丘夕子」さんが、地元の”ローカルご当地情報番組”への出演が増えている最中!最近は
地元”茨城県”の代表として「全国番組」への”出演本数”も増えているご様子!


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

「赤プル」さんの存在を知ったのは、日本テレビ系列で”不定期”に放送されていたお笑い番組
“エンタの神様”で見かけたことで!との方が多いのではないでしょうか?

現に”私も”そうですし・・・(笑;)

確か当時のキャッチコピーは「訛りの弾丸!」であったと記憶しております。

“赤プル”さんがデビューした後から「お笑いタレントに美女が居る!」等と業界で”噂”となり
さらにお笑いスタイルが「訛りの強いギャル系」であったことから、一部のファンたちからは
「存在やネタ」は”認知”されておりました。

但し、もちろん今だに”ブレイク”はされておりませんが・・・(笑;)

あまりにも”見た目”の「ルックス」と、”方言”の強い「喋り方」の”ギャップ”が特徴的であった
ことから「一度見ると病みつきにある!」として業界では”好評”でした。

そんな”赤プル”さんですが、元から”民放”の「地上波」で放送されている”ご当地”系の情報
番組には”出演”が多かったものの、”お笑いタレント”でありながら全国放送への出演に恵まれて
おりませんでした。

しかしこの所、各局の”バラエティー番組”で田舎をフューチャーした「地域番組」が増えだし、
それに見合ったゲスト(キャスト)が注目されるようになったことから、元々田舎者(茨城県
出身)で、しかも「訛りが特徴的」である”赤プル”さんだけに”オファー”が増えているそうです。

確かに日本の”お笑い業界”の中で、極度に”訛り”の強い女性と言えば「赤プル」さんを連想され
しかもテレビ的に「インパクト」を兼ね備えた女性と言えば【まさに!】「適材適所」ですね!

今!”注目度”絶好調の”赤プル”こと「松丘夕子」さんにスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 旦那や子供?
・ 創価学会疑惑?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 赤プルさんの中高大学は?

赤プルさんは1977年9月26日生まれの42歳(2020年)で、ご出身は「茨城県常総市」です。

ご出身の”茨城県常総市”にあるご自宅で、ご両親と姉と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、赤プルさんも(茨城県常総市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の茨城県にある”水海道市立石下小学校”にご入学されたと
判明しております。

ご家族は”ご両親”と”姉と妹”がいて、”三人姉妹”の「次女」として生まれ育ったご様子!

また、茨城県のご実家では”父親”が「寿司屋(ふじみ寿司)」を営んでいるそうです。

幼い頃から非常に”優しく”、精神が落ち着いた”少女”であり、人間味溢れる”欲の無い”性格の
持ち主であったことから、周に「好まれるタイプ」の子供!とのこと。

一方で「第五感に優れた」少女ではあったものの、行動が”単純”で分かりやすく、裏表のない
子供さんでもあったご様子!

なぜ、子供の頃から”性格”がハッキリとしていたのか?と言うと【実は!】日本国内でも非常に
「稀」なケースの、血液型が”B型”の「RHマイナス」であるから!とのことです。

“海外”には結構居るそうですが、”国内”では全体比率の約”0.5%”しか存在しないそうです。

なので、”周り”とはちょっと違った「性格?感性?」の持ち主であるご様子?

自宅近辺は”茨城市内”に近かったこともあり、”田舎”よりも比較的「都会的」な街並みの中で
生活していた!とのこと。

小学校時代になると非常に”お転婆”な少女であったらしく、小さいながら”家出”をすることも?

さらに”イタズラ”が過ぎて、近くのおじさんから”しょっちゅう”「叱られて」いたそうです。

お転婆で過ごした小学時代を終えると、中学校も地元の茨城県にある”水海道市立石下中学校”に
ご入学されました(現在:常総市立石下中学校)

中学時代になると”不良”とツルム時間が多くなり、終いには「ヤンキ~」となります・・・

・・・”ヤンキ~”とは言っても「ケンカ上等!」的な”暴れん坊”ではなく「義理堅く情に
もろい!」的な”冷静沈着”なスタイルのグループであったのだとか!?

なので”レディース間”での抗争の場合、”手ケンカ”よりも”口ケンカ”になるケースが多く、
「俺の方が東京に近い! vs 俺の街には駅がある!」的なケンカ(口論)が多かったとか?

ちなみに、この当時に経験された”体験”は”後”の自身の「芸に生かされている!」のだとか?

「ヤンチャ」な中学時代を終えると、高校も地元の茨城県にある”茨城県立水海道第二高校”に
ご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科・商業科・家政科」が
設けられている模様です。

但し、赤プルさんが”どの学科”を選考されたのか?までは分かっておりません。

部活動も非常に盛んで、各種”運動部”から”文化部”に至るまで”様々”な部活が設けられて
いるそうです。

特に”運動部”では「女性ハンドボール部」が歴史が深く、全国でも名を馳せた高校とのこと。

さらに”文化部”でも「演劇部」の活動が盛んのようで、毎年たくさんの生徒が入部するとか!

高校時代になると、もちろん”中学”の延長で”ヤンキ~”の仲間達「6~7名」でツルミ!、
地元の”レディース”にも参加していたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

そのため、レディースの”資金稼ぎ”たのか?放課後の”深夜”には地元のスナックでアルバイトを
行っていたのだとか?

そのため、”弱い学生”からの「カツアゲ」などは一切行わず、強い男性とばかり付き合っていた
模様です。

一方では”それなり”の高校生でもあり、当時大人気であった歌手の「安室奈美恵」さんに
憧れを感じていたらしく「アムラースタイル」をマネすることもあったのだとか!

見た目は”ケバ”くても、中身は「高校生」であったのですね!

“中学”同様に「派手な」高校時代を終えると、もちろん大学には”進学せず”に社会人となります。

学生時代を終え”社会人”になるとイベントの「コンパニオン」などを行い、ホテルの宴会や
地元で開催される”イベント”などに足を運んでいたそうです。

当時から”スタイル”は「抜群」であったと思われることから沢山のお客様から”指名”を受けて
いたのではないでしょうか??


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

本名は「松丘夕子」さんと呼ぶそうで芸名の”赤いプルトニウム”は、お笑いコンビとして
有名な「いつもここから」で主に”ボケ”を担当している「山田一成」氏が命名したそうです。


引用元【ツイッター(総統@捲土重来の刻、来るッ!!!)】

“名付け”た「由来」などは分かっておりませんが、後に「赤プル」と改名されております。

“お笑い”に憧れを感じていたのか?までは分かりませんが、ある日から”赤いプルトニウム”の
芸名で「ピン芸人」として活動をスタートさせ、自身初の”ライブ”を行ったのが2003年
12月であったそうです。

学生時代は「元レディース」であり、相当「荒れていた!」ことから”元彼”との「武勇伝」が
たくさんあるらしいです。

その当時に経験した「ネタ」を生かして、お笑いでの芸風に「自虐ネタ」を取り入れたご様子!

特に地元特産?「口の悪い茨城弁」や、”個人”や”地元”の「自虐ネタ」さらにレディース時代に
着用していた「特攻服」を活用しての”お笑い業”を行っている姿を見ると、学生時代に経験した
普通の学生では味得ない「痛い青春?」は、無駄ではなかったのでしょう!

その後”本格的”にお笑いタレントの道に進むべく、2009年からは大手芸能プロダクションの
「太田プロ」に所属して、お笑い界の「芸能人の一員」となります。

芸能事務所に所属して”本格的”にお笑いタレントの活動を始めると、メディア出演が増え始め
“バラエティー番組”や”お笑い番組”、さらには”インターネット番組”や”ラジオ”などの仕事も
熟すようになって行きます。

さらに”お茶の間”からも人気が出始めると、テレビドラマ(女優)からのオファーも増え始め、
もちろん”主演”や”主役”の仕事はなかったのものの、日本テレビで放送された”演歌の女王”や
テレビ朝日の”アンタッチャブル~事件記者~鳴海遼子”、さらにはTBS系列の警察ドラマ
“ハンチョウ”などへの出演を果たします。

日本テレビ系列で放送されている”読売テレビ制作”の人気バラエティ番組「秘密のケンミン
ショー」に出演した際は、実家の「寿司屋」が話題に上り、店名の「ふじみ寿司」を堂々と
アピールされておりましたね!

その辺からご自身の「芸能活動の幅」を拡大し初めて行きますが、2011年に思わぬ!事態に
遭遇し、人気上昇中であったご自身の芸名”赤いプルトニウム”を「改名」する事態となります。

“改名”の理由は、2011年3月に発生した”東北大震災”の影響であり当時、震災で大問題と
なって、今でも解決の目途が立っていない「福島県第一原子力発電所」の”放射能漏れ”の
イメージと、ご自身の「芸名」で扱っていた「プルトニウム」と言う文字が、あまりにも
「リンク」し過ぎていること!、さらに何よりもご自身が”震災被害者”の「一人」であった
ことから”芸名”を改める事としたようです。

【実は!】この年の初旬(1月)に、事務所の先輩芸人であったお笑いコンビの「くらげ
ライダー」で”ボケ”を担当していた「松丘慎吾」氏と”入籍”を果たしており、幸せな”一年”の
始まりを迎えていたのにも関わらずに突如!「未曽有の大震災」を経験してしまったのです。

ただこの大きな”経験”をしたことで、後に「防災士」の資格を取得する事となります。

その後「震災」にめげずに復興に尽力し、それを応援するように「お笑い」の仕事で汗を掻き
2014年6月からは「ピン芸人」をご卒業し、旦那の「松丘慎吾」氏と夫婦コンビを結成し
コンビ名「赤プルと旦那」として新たに活動をスタートさせました。

この時は震災の当事者でもあり心が痛んでいたと思うので「ピン」から「コンビ」になった事は
ご本人の中で相当「心強かった!」ことでしょうね♪

それ以降は地元のためにと茨木県の「観光大使」や地元常総市の「ふるさと大使」等を務め、
さらに「漫才協会」への加入も果たし「人」として、あるいは「芸人」として大きく飛躍して
行きました。

また2017年7月には「防災士」の資格を取得したのですがこれは、自身が東日本大震災を
経験したうえで「防災士」の役割が非常に重要であること!

さらに、まずは自身の知恵を生かし「家庭内の防災」を一番に考え日頃からの準備を怠らぬよう
さらに必要であれば周りの防災リーダーとして市民の皆さんを牽引する働きを補うために
“資格取得”を行ったそうです。

この辺の”考え方や行動力”は【まさに!】高校時代経験した”レディース”が生かされいるのでは!

ちなみに赤プルさんは、その他に”調理師免許”や”整理収納アドバイザー1級”などの資格も
「所持」されているご様子!

これからも「有名人(芸能人)」を大いに利用して地域住民の事を考え「公私共に」大いに
ご活躍されることを期待しております。


スポンサードリンク


◇ 赤プルさんの旦那や子供は?

赤プルさんは2011年1月2日に同事務所の「太田プロ」に所属しております元お笑いコンビ
「くらげライダー」のボケ担当だった「松丘慎吾」氏とご結婚(入籍)をなされております。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

「馴れ初め」などは分かっておりませんが同事務所に所属しており、お笑いの「先輩」らしく
「公私共に」相談に応じ、それが交際へと発展し結婚までに至った・・・的な事では?

「くらげライダー」は2014年に解散しており、それに合わせるか?如く同年6月からは
赤プルさんとコンビを組み、夫婦お笑いコンビ「赤プルと旦那」として活動しております。

しかしその後、大物お笑いタレント「ビートたけし」氏の冠番組「BSフジ」で放送されていた「たけしの等々力ベース」に出演し、共演していた「やくみつる」氏によってコンビ名を
「チャイム」と改名されました。

二人共にそのコンビ名を気に入ったのか?その後は「チャイム」として活動しております。

プライベートとでは二人には「お子さん」が居るそうです。

詳しい事が伝えられていないので詳細は分かりませんが、二人共に「初婚」であるらしいので
「実の子」で間違いなく、人数は分かっておりません。

ただご自身の「インスタグラム」にはこのような写真がありました↓↓↓


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

もし写真の子供が実の子なら現在「小学校4年生(10歳)」のようです。

それが本当なら相当大きな「お子さん」がいるのですね!


スポンサードリンク


◇ 赤プルさんと創価学会の疑惑?

あくまでも「噂」に過ぎませんが、赤プルさんは宗教法人の「創価学会員」に入会している?と
ネット住民達から伝えられています。

その「根拠」とされるのが「創価学会員」の実際の会員さんが会場で「見かけた」との目撃
情報がある事と、創価学会員に入会している「芸能人」との関りが深い!とされていることが
上げられるそうです。

しかし、創価学会員を母体に持っている「公明党(参議院)」は「原子力」の運用に反対で
「原発ゼロ社会」を掲げております。

つまり赤プルさんの芸名に「プルトニウム」が使われている以上、国民や会員からの批判を恐れ
「イメージ」ダウンすることは避けるはずです。

なので、例え「赤プル」に改名した芸名での入会を希望したとしても入会は許すはずがなく、
本当にご本人が強く入会を希望していたのなら本名の「松丘 夕子」さんで入会している
可能性が高いです。

そのため周が「入会名」で調べたとしても「ご本人」とバレることは、まずありません。

また「姿形」でも相当「顔見知り」でないと「ご本人」とはバレれないはずです。

結論するとご本人に聞かなければ「分からない!」が正確なところでしょう!


スポンサードリンク


◇ 赤プルさんのプロフィール

本名
松丘 夕子
読み
まつおか ゆうこ
生年月日
1977年9月26日
仕事
お笑いタレント
出身地
茨城県常総市
所属事務所
太田プロダクション
血液型
B型(RHマイナス)